2017年06月22日

予想を裏切る良い結果

ファミ通を買ってきてさっそくSTG総選挙の結果を確認してきました。結果を全部ここに書くのはアレな気がするので印象に残ったタイトルを書いておくとして、一位のゴシックは魔法乙女におおっ!となり8位に達人王が躍り出ていたのにおおっ!?となりましたかね。一位は良いんだけど達人王はなんというか渇いた笑いが……。まさかあの人々を絶望のどん底に陥れたSTGがね……。いやまあいいんだけど……ホントに良いのかな。達人王おじさんの登場による再評価が進んだ結果なのかな。俺も達人王やりたいけど千葉に稼働してるゲーセンがあるか分からないにょ……。助けて達人王おじさん……。
ネットで反響を漁ってみたところ一位がスマホのソーシャルゲーという点でかなり賛否を招きなんというかかなり混沌とした具合になっているような。全くもってシューターは罪深き生き物だと思わんでも無かったり。自分はスマホゲームやらない(というか体質的に上手いこと操作出来ないのでやりたくても出来ないが正確)けれども、ケイブが携帯事業でちまちまと積み上げてきたものがしっかりと評価されて新規層を開拓して支持を受けているというのは素直に喜ばしいことだと思うし、こういったSTGが評価されてるのであればSTGは過去の遺物なんかではなくまだまだ発展の余地がある気がしますし。素晴らしいことです。何より、ちゃんとゲームを遊んでこういった企画に参加するほどの熱を持ったユーザーを持つSTGなんて数少ないはずです。そうなるとゴ魔乙が一位を取ったのは納得がいくかなーと。
ただ気になったのは近年のタイトルが異様に少なく往年のタイトルだらけということかな。個人的にはエスカトスは入ってるだろーと思っていただけに、ゴ魔乙とダラバーACくらいしかないのがちと残念気味でもあったり。自分もサジタリウスエースターと特攻空母ベルーガ16bit版に入れるか悩んで結局入れなかったけど……
ゴ魔乙や達人王の躍進を見るに、最近はSTGがツールとしてとらえられてる感じがあるのかなあ。血眼になって生き残りの策を探したり地獄よりも地獄の中を駆け巡り一時の快楽に身を投じるようなことではなく、話題のタネにしたりネタにしたりといった具合にカジュアルに楽しんだりする感じでSTGが使われてる印象がある。頑なにACや1クレジットクリアに固執するのはもう古いってことかな。時代遅れの頑迷なゲーオタたる自分はこの流れに対してどうするべきか。そうですねえ……とりあえずぐわんげとかピンクスゥイーツでもクリアしてから考えますか。
にしても、自分が投票したティンクルスタースプライツはダメでしたか……。20位以内に入ることはおろかコメントで言及されることも無いなんて……。あまりにも悲しいよ。あれほど良く出来て初心者から上級者、ゲーム下手でも楽しめるような奇跡のバランスの作品なんてめったにないのに……

他に特筆すべきことは、投票者の65%が30~50年代、自分含む20代が25%ってところですかね。これはSTG王レイヤー層とある程度かぶっている気もするのでそりゃ往年のタイトルが挙がるわなあと思ったりも。2005~2017の作品は16%しか投票されていないという事実は、STGが出てもみんなプレイしていないか、そもそも出てることを知らない、というのが多いんだろうなあ。かくいう自分もスマホ系はほとんど無知、サジタリウスエースターみたいなステキゲームもあるけど存在に気が付いていなかったとかそんなんばっかりだし。STGは消費期限が長いタイトルが多いからこうなってしまうのもやむなし、なのかなあ。メーカー別ではタイトーがトップを取ってなんか嬉しかった。メーカーからのコメントではIKDのありがたいお言葉やトレジャーの生存が確認出来てホッとするやらなんやら、でした。しかし投票したけどまさか斑鳩2位とは。滅茶苦茶人選ぶだけに入っても5位だろーと思っていたのだけど……。こんなに高くて逆に良いのかな……
_____

ぐわんげを集中的にプレイしている昨今。ここんところ桃薔薇をプレイする分をこっちに回しているのはラスボスが倒せそうで倒せないから練習すれば行けるだろーというものでありまして。で回数こなしているわけです。
最高到達地点だけで言えば尼魏主最終形態まではこれてるんだけど撃破には至っていない。6回くらいやって、6回とも6面にはたどり着いていて、尼魏主最終形態まで来れたのが3回くらいか。もう少しのはずだけど、尼魏主最終戦はハッキリ言って割と運な気もしないでもないから、むしろここまでに余裕を持ったライフ調整を成し遂げろってことなのかも。しっかしなあ……どうすりゃいいんだか。鬼ごっこ地帯で無意味に被弾したりするのよね……。やっぱり思考停止でボムるべきなんだろうか。勝手に逃げて行くと踏んでいて、実際逃げて行くのはそうなんだけど心臓に悪いし怯えて変な動きして死ぬことが多すぎる。むー。
あと船→鬼ラッシュ→戦車ラッシュ→目魚地帯→牛車地帯の箇所がよく分からん。もっとも効果的な対処は牛車でボム一つ撃つとしてどこかでボムを撃ってやり過ごす方法だけど……。ライフゲージ2つ残して6面突入出来た場合は蜘蛛地帯直前で自害してボム調整を行う必要性がありか。うにょー。
_____

どきどきポヤッチオも一応ちまちま進めておりますです。前回はまだゲームの特性が掴めんと言っていたけど今作結構面白いのかも。特に住民同士が交流している様子をちゃんと見れるのがいいね。おいっすとみんなに挨拶しているだけでも楽しいので、後はイベントなんかがもう少し間髪入れずに連発してくれるといいもんなんだけどなー。あとキャラとの会話をもう少し充実出来ればってところかな。うにょー。とりあえずまだまだプレイしないと見えるもんも見えてこないかな。フルボイスや25ものキャラが全員意思もって生きている感じにプログラムされてるあたりからしてかなり気合の入った作品な印象なだけにまだまだこんなもんじゃないだろう?期待してるぞ!という思いもあり。まあまったりプレイするとしますかね……
_____

ガレッガで再びブラックハート様mk2と会い見える。一度目はあまりの発狂具合に極殺されてしまったが今回は負けるわけにはいかん!と気合を入れ闘いに挑む。
……で結果は無論負けたわけだけど勝てるのかこれ?ランク云々の前に根本的な強さが異次元染みている感がありまくりなんだけど……。ここの攻撃に対してしっかりパターン作るしか道はないのかねー。後は苦手なワインダーが更に凶悪になっていて絶句状態。いやワインダー見た時は絶句と言うよりも笑いしか出てこなかったんだけども。見てて面白い攻撃出してくる分テンション上がるんだけど、アレに立ち向かうとなると……
とりあえず
・下に下がりながらの機雷放出は右か左に誘導してハート様ごと大きく避ける
・まともな攻撃チャンス(というかある程度避け方が分かり安定して動けるとき)はウェイ弾発射時くらいなのでこの時は真剣に避けて撃つ
・危ないと思ったら即ボンバー
・ワインダーは兆候が見えた瞬間に自分が画面の右か左かどちらにいるか把握→画面位置の逆方向に向かってコンコンと動かし回避する。ボムが通用しない(緊急で撃ったら流れ弾が直撃し死亡した)ので避け方を体得すること
くらいが現状思い浮かぶ対策か?確かなゲーム力を要求されるとダメダメな自分だけど果たしてこいつには勝てるのかね……。一応2度目の登場ということもありある程度避け方の法則性をハート様一回目で体得していれば死ぬほど難しいけどクリア不能と言うほどではない感はあるのでなんとかなりそうだけど……
_____

引ク落ツのトランペットステージをクリアし残るは3ステージ。遂にこのゲームの終わりが見えてきた。が!遂に恐れていた掟破りの星5が登場し阿鼻叫喚状態。先鋒カブトムシはブロック数がやたらと多く既に頭が大混乱状態。どうもイラスト系は苦手だ……。ここで長期にわたって詰まっちゃうのかな……。こうして考えるとパズルステージは方向性が見えやすい分楽なのかな……。ドツボにハマったステージって全部イラスト系の記憶があるし……
_____

・『オーシャンホーン - 未知の海にひそむかい物』のNintendo Switch版が配信開始――心温まるアクションアドベンチャーゲーム
https://www.famitsu.com/news/201706/22136084.html

おお最後の方に架け橋ゲームズの名が!ということはローカライズは盤石、かな。ちょっとこれ覚えておこう……。あんましゼルダ好きな方でも無いのだけど、気になるし。
_____

・濁流のような3000体のドブネズミが姉弟を襲う! 圧巻のネズミ描写がすごいアクションアドベンチャー『A Plague Tale: Innocence』【E3 2017】
https://www.famitsu.com/news/201706/22136096.html

うわーなんだこれすっげーロマサガ3のアルジャーノンイベントみてー。これはちょっと気になるぞ……
_____

・セガのクラシックゲームをスマホで配信! “SEGA Forever”がスタート【海外ニュース】
https://www.famitsu.com/news/201706/22136094.html

配信されたゲームがいつもの面々でなんというか苦笑い。しかし

・SEGA ForeverはSwitchでも可能性がある
https://ninten-switch.com/sega-forever-nintendoswitch-release

こういった話もあるので何かと期待できそうなのかも。しかしこれってセガ限定でセガハードのサード作品は来ないもんなのかな……。手元でエイリアンソルジャーとか魂斗羅ハードコアがやってみたいみょ……。セガで言うとクライング亜生命戦争辺りは……無理かな……。
_____

・Nintendo Switch本体は7月~8月の出荷量が増えることが判明! 「スプラトゥーン2セット」の継続出荷も。
https://ninten-switch.com/nintendoswitch-zousan-07-08

任天堂から直々に「ごみーんなんか出荷足りなかったわゲハハ悪いな!」という声明が出ましたよ(意訳しすぎ)。しかし出荷量が増えるったって、スプラトゥーン2が出るしその分のこと言ってるんじゃないんですかね……みたいな邪推が。なんにしても普通に買えるようにしてもらいたいもんです……
_____

・アンチャーテッド 古代神の秘宝の国内発売日が決定!3DS版ドラクエXI/モンハンワールドの詳細情報が公開!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/antya-dqxi-mhw.html

「Xbox One X」日本発売時期は2017年内予定と判明

日本でも出てくれるのか。まずは一安心。しかし……現状のXboxOneの動向を見るに何らかの値下げがある気がするようなしないような……。互換ありということで購入は大確定なんだけどどうしよう……。


posted by グレイ at 21:51| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

どきどきしながら、ゲームしてる?

どきどきポヤッチオを始めてみました。踏み出そう、プエルコルダンへ。どきどきしてる?
……事の始まりは数年前に遡る。こう見えても自分は割とラブデリック好きであり戦闘の無いRPGが好きだったりするのである。しかしこの戦闘の無いRPGと言うのは案外少なく、ラブデリック及びラブデ関連会社以外の作品だとあんましパッと思い浮かぶものも無い(イーハトーヴォ物語とかシルバニアファミリーとかが自分の中では代表例の類として挙がる)。そんな中どきどきポヤッチオが戦闘のないRPGとして有名なことを知り興味が湧いたものの中古屋を探しても売っておらず更にはAmazonなどでも中途半端な値段で手を出すに出せない状況でもやもやしながら過ごしていた。しかし昨年突然アーカイブス化され狂喜乱舞な具合に喜び即購入。これで楽しみにしていたどきどきポヤッチオをプレイ出来るとワクワクしていたのだった。
……あれから何故一年も月日が経っているのか当の本人にすら分からない有様である。なんというかね、なんで楽しみにしているゲームすら積んでいるのか……。もはや自分で自分が悲しくなる。一体どうしてこんなことに……。で、流石にこれはイカンとばかりに今回始めてみた次第である。積みゲーを増やしすぎるとこんなことが起こるから悲しいよ。
で、肝心のどきどきポヤッチオの中身だけどまだ1時間しかプレイ出来ていないからよく分からん。というか、このジャンルは1時間で面白さが見えるようなものでは無いのでじっくり付き合う感じだろうね。キャラや世界観は中々良好なんじゃないんだろうか。スタジオ最前線開発ということでキャラは可愛らしく、また川背さんっぽい。作中の空気感もほえほえした感じでゆるい感じだし。キャラクターは総勢25人も緻密にプログラムされて実際に「生きている」と言う辺りはまさにラブデリック系RPGらしくもある(どうでもいいがプログラム担当がM2で腰を抜かした)。まだ始めたばっかりだからそれを確認出来てはいないのだけど。お使いを繰り返して、お使いが終わった後の自由時間で街のことや住民との交流を深めたりしていく感じの内容かな。気になるのは導入部分がちと弱いかね。moonやギフトピアみたく世界に引き込むフックがあんまし感じ取れず、それでいてラブデリック作品ではよくあるアクが強いキャラなんてのにも今のところ見れてないのが気にかかる。のんびりほのぼのひと夏の甘い思い出みたいな世界観でアク強いキャラ出してもしょうがない気がしないでもないけども。あとは時間の進み方が結構早いので割と忙しないかな。もしかするとデジタル表示だからかもしれないけど。時間の流れ具合はデジモンワールドやmoon辺りを参考にしてもらいたかったかな。ただデジタルもめちゃ分かりやすいって特徴はあるし、何時何分にあいつはここにいると言うのが知れる分この方がいいのかも分からん。
このゲームの面白みは、ラブデリックRPGというよりはガンパレードマーチなのかなあ。とにもかくにももう少しプレイしてみなければ。
_____

ガレッガは調子が戻ってきたのか6ボス最終形態まで。しかし6ボスに残機を持ち込めないジンクスでも抱えているのか何度やってもボス直前で残機ゼロになってしまう。解決策は、勲章ループを繋げることかなあ。しかし6面はハッキリ言って勲章なんぞ気にしている場合ではないんだが……。一応6ボス第2形態に対しての何らかのパターンみたいなのが見えたのが大きいかな。いつもめんどくさいからボム投げて終わらせればいいやーと雑に戦っていたのだけど、大きく切り返しで大丈夫みたいだ。が、それでも弾と弾の間をスッとすり抜ける場面が多発しているので何かを間違えると……、怖いな。
レイストームは2ボスでまさかの死亡、3面の中型ロボットを全ロックすれば上手いこと行けるかな?と思い試してみたら予想通り失敗し死亡。こんな有様でも5面まで来れてるのだから過去に血がにじむ思いでやり込んだ指先に宿る力は凄い。しかしレイストームはやっぱり難しすぎるよ。独特の視点や一部弾の見えにくさもあり敷居は高い上に根本的な難易度が高すぎる。それを克服したいほどの演出の良さなんだけど……。パターン熟知しているのは当たり前、その上で確かな実力が要求されるのでキツイキツイ。5面の難所(クレイジービット)にすらたどり着けてないのだけど、どうしたもんかね……
_____

ぐわんげは今回は尼魏主第一形態まで。船地帯で判断を誤りボムを躊躇して大ミス。そしてその後の目魚でパターンが崩れて大崩壊。牛車地帯はボム撃ってもどうにもならず。クリアは近いはずなんだが……。クリアが近いので桃薔薇をいったん中断してまでこちらに特化しているのだけど。
そしてここにきてまさかのコントローラーのスティックに変な具合が。基本的に上手いこと操作出来るんだけど、たまーに左に入力が入りっぱなしになってしまう。他のゲームなら別にどうでもいいんだけど、STGだと致命的だぞ。どうしよう。またコントローラー買い替えか?
_____

引ク落ツの136面(雪男、イエティ)をクリアしてしまった。なんとビックリ、解法が見えやすい作りで難易度がやけに低い気がするがこんなんで本当に良いのか……?
次のステージのトランペットも難易度は低いかなーと思ったが解が見えた!と思ったら一段足りなくて、調整してこれでどうだ!と思ってもやはり一段足りないと一段に苦しむバランスになってる感がある。これはこれできついがやることが明白な分だいぶ楽なステージだと思うのでちまちま進めるとしますかね……。
_____

・シシララTVでフライハイワークス代表へのインタビュー記事が公開!フライハイのルーツはセガにあった!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6656.html

バーニングレンジャーが社名の由来だったのか。ふーむ。しかし良い話してるなあ。フライハイワークスは結構おもろいゲーム出してくれるので今後もちろっとチェックしておこう。
_____

・【対談:「ゲームキッズ」渡辺浩弐×赤野工作】「そのゲームが面白くないなら、遊んでるヤツがつまらない」ゲームレビューの文学性とメタフィクションの可能性とは?
http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/170620

記事内容自体は非常に良し。しかし記事タイトルはもう少し上手い言葉は無かったのかと思わんでも無い。そりゃセンセーショナルな見出しにした方が人目を引くだろうけど……。
この話の教訓として、とりあえずつまらないボンクラヘボゲーオタとしてはチョーやる気ネェー!!と言いながらピンクスゥイーツでもやっておくことにしようかな。なんにせよ客観的にアレなゲームでも本人が面白いと思うのが一番っすよ。多分。分からんですけど。

posted by グレイ at 21:38| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

生活記録

うへー、どうにかレポートが9割5分終わった。今回もしんどかった。というか、学習していない離散フーリエ変換とか高速フーリエ変換とか窓関数のハミング窓とか正直知らないよ。こちとらフーリエとか言われてもTOGのフーリエさんしか出てこないYo!高速で未知なる道を切り開いたり離散的にシアンディームエクシード撃ってきたりしちゃってるのかも!ハミング窓はハーモニーハミングさんがボンバー連呼したりしてるのかも!
……とかいう感じにゲームのことしか出てこない辺りが本当にゲーム脳。早く社会復帰したい。しかしハミング窓だあ?ハミングと言えばチルタリスがハミングポケモンだっけか。また今度エメラルドでも再プレイしようかな(もう話がずれてる
_____

ぐわんげは再び1クレ尼魏主最終形態まで。今回はゲージを丸々一本残したことに加えてボム一丁あったので行けるかなーと思ったが世の中そんな甘くはなかった。これはゲージ二本は必要な相手なのかー?となると、自分の実力では牛車地帯辺りで基本的に討ち死になので一本無くなり、鬼ごっこ地帯をノーミスで突破すれば尼魏主第一形態から回復アイテム強奪して全回復、と上手く行くもんなのかな。しかし鬼ごっこ地帯をノーミスなんて出来る気がしないんだが……。最後のラッシュの時はボムを撃つ必要はなくあいつら勝手に帰っていくことは分かったので尼魏主とぐわんげさまに緊急ボンバーが撃てるのは大きいけど根本的な解決に至ってないし。やっぱりぐわんげさまと命の練習か、はたまた尼魏主最終形態においての弾避け技術の向上を図るしかないのか。正直弾避けせざるを得ない状況に追い込まれてる時点で希望が無さそうだが……。でもラスボスだしガチンコ弾避け勝負のバランスなのかね。極端な暗記がほとんど必要とされず、高度なプレイングスキルも全く必要なく、自分のような凡人でも1クレジットクリアが見えかけてる作品だと思うのだけどやっぱりラスボスは相応に強いっす。ケイブの御婦人ボスは強いもんだ。尼魏主は婦人でも何でもないような気がするが……
_____

久々にメタスラ3。忘れてるかな?と思ったら恐ろしいほどに記憶の忘却が進んでいた。最終結果こそロカ黄弾で負けとそこそこ(?)なのだが問題はそこに至るまでの過程。1面は問題なく、2面もマクスネル&ゾンビ交錯地帯もCを上手く使って対処成功。2ボスの前でゾンビ化することもしっかり覚えていて問題なし。事が起こったのは3面中盤。盾モーデンとバズーカモーデンが湧いてくる箇所でボムを投げることこそ覚えていたもののボムを大量に投げる(正確には左側の敵を一掃するまでボム投げる)ということを欠落していて一個しか投げておらず、盾兵が切りかかってきたりバズーカ弾がすっ飛んできたりでミス。ここでミスするとレーザーも無くなるので必然的に次の箇所で戸惑いまたミス。更にレベルアーマー乗り込み後、敵の湧き具合やどこでどんな敵が出てくるのかの記憶がすっ飛んでいたり、レーザーを取るのはどっちで取るのかで混乱したり(自戒のためにメモすると人間:L、スラッグ:S)とヒドイプレイングを露呈。3ボスこそどうにかなったものの4面砂漠地帯でも悲惨なプレイは続き、乗り降り無敵やアドリブ避けなどを連発する羽目に。そういえば2をやってからは3はいったん置いていたからパターンで避ける癖が抜け落ちちゃったのかね……。2と3で難易度はそこまで変わらないと自分は思っていて、難しさの方向性がかなり異なる(2はアドリブが通用する一方アドリブ下手だと普通に死ねる、3はアドリブで動くとまず生き残れないけどパターンをなぞれば生存が保証される)ものだと思っているのだけど、そういやメタスラ3はこういうゲームだった。これはちまちま定期的にやっておかないといけないかもねえ。レベル3はクリアしたけどデフォルト難易度の4はまだクリア出来てないし……。Heyで1回やった時ルーツマーズまでたどり着けてるからクリア自体は出来ると思うのだけど……
_____

ガレッガをプレイするもいまいち調子の上がらないプレイ。最高到達点は6面中ボス。しかもここにきて変なところでランク調整ミスが発生すると捨てゲーの文字が脳を走るようにまでなりつつある。こりゃ捨てゲーかなーと思ったプレイで6面中ボスまで来ているので諦めない心があれば大丈夫というか、そもそもランク調整を数回間違えた(ショットパワーアップを小コインでやったとか変なタイミングでオプションとったとか勲章落としたとかボムレベルアップをやらかしたとか)くらいでゲームクリアが不可能になるわけなんぞあるわけないのでこんな思考回路をどうにかしたいところ。今度からは捨てゲーはしないことを心に留めてプレイすることにしてみよう。あとムカつかないようにも。
最大往生は2面中ボスまでノーミスだったのでじゃあ救済措置を使おうとハイパー撃ってものの数秒でオートボム誤発。結局3面道中で討ち死に。はぁ。
仕方がないので傷ついた心をレイストームで癒すことに。ゲーセンでやるのは恐ろしく久しぶりだったけども、PS版で泣きながら生き残りの策を探し続けたことはしっかり指先に宿っているのか、1クレ5面だった。しかも懸念していた4面暗記レーザーは道中は全て対処成功。完全に忘れてると思っていただけに凄いぜ。ボスでは安置合わせに失敗してそのまま2回死んじゃったけど。それにしてもやっぱりレイストームは面白い!あまりに高すぎる難易度に挫折してしまい、ゲームとしてはレイクライシスほどのマイルドな難易度の方が好みなんだけど、こうして演出がしっかりとして美しいSTGはやっぱりプレイしてて楽しい。最大往生よりもしばらくこっちをプレイしておこうかな……。クリアは正直絶対無理だと思うけど、それでもやってて楽しいのと胃が痛いのではプレイの質が大幅に違うし。
_____

引ク落ツの135面のバイキンをクリアした。うむむ、これはエキストラステージの中でも一際見事な難易度星4つのステージじゃないですか!底意地の悪さを全く感じさせず、ちゃんと観察して考察すればクリア可能な絶妙な難易度に収まっている。プレイヤーを路頭に迷わせるようなおぞましい難易度なんかじゃない。うーむ素晴らしい。これで残るは5つ。前代未聞のエキストラ完全制覇が近づいてきた。
で、136面の雪男がマジ分かんないんですけどこれはどうしたら(お約束

気が向いたのでパワポケ6をプレイ。今回の目標はランダム女王のアルバムを出すこと。だけどもまー気楽にテキトーにやればいいやーと言う感じで腑抜けてプレイが進行し、彩さんのイベントは一つも起こらず、代わりにウンダバダーイベントを最後まで完遂したりマニアショップに通い詰めてイベントを確認するプレイに変更。しっかしマニアショップのイベントは作り込まれてるんだかいないんだか分からんな(作り込まれてるんだけどね)。あれほど短く終わるにも関わらず毎回取り上げる題材が変わるっていうのはねえ……。しかし寝る直前にプレイしていたからか、寝ぼけて大帝国キラーズに負けてしまった。負けたら正史。こうなりゃ裏サクセスもやっておこう。
_____

ジャンプで大絶賛連載中のシューダン2話目を読んでみたので小感想。横田先生の作品はと言うと女の子が魅力的でかわいいというのが特徴でもあるけれど、今回の扉絵は卑怯なり。いやいや、完璧です!というか可愛すぎです!晶ちゃんの狙ってるポーズと構図もさることながら、主人公がちらちら見てるのがいい感じです。見てるこっちがそわそわします。
肝心の中身はちゃんとサッカーしていた1話と異なり今回は日常パートといった趣。前作や読み切りではむしろこちらの部分を楽しみにしていた身としても期待していたのだけど、その期待に応えるかのような面白さだったと言えるでしょう!徐々に仲が深まっていく感じもよく、最後に程よくオチが付いているのも中々なもんです。爽やかな読了感が非常に良い感じです。
…で、それ自体は良いんだけど、主人公であるソウシの部屋にニンテンドースイッチの存在が…ッ!!何故だ!何故お前がそれを持っているッ!!いつの間に手に入れたんだ!これが持つものと持たざる者との違いか……。といった具合に軽い嫉妬を覚えるほど腰を抜かした。先生やアシの方たちはスイッチでゲームを楽しんでいらっしゃるのかしら。アイザックの伝説面白いっすよー(よりによって勧めるのがそれかよ
_____

・『Sea of Thieves』プレイ動画を公開 自由奔放に遊べ、お宝探しや沈没船発見、PvPをしてもよし!【E3 2017】
https://www.famitsu.com/news/201706/20135859.html

レア社新作は来年、ってところなのかな。音楽はロビン・ビーンランドさんが担当、でいいんでしたっけ。サントラとか出てほしいなあ。
_____

・“シューティング総選挙”結果発表! 1位に選ばれたのは縦か横か、それとも……!?【先出し週刊ファミ通】
https://www.famitsu.com/news/201706/20135816.html

今週のファミ通は金欠でも無理して買うべきかな……。一位は何だろ。斑鳩が1位は多分無いとして(もしかしたらあるか?でも斑鳩ってかなり人選ぶし…)、ダライアス外伝ならあるかな。レイフォースも考えられる。グラディウスも怪しい。怒首領蜂大往生も……。なんなら怒首領蜂だって……となると分かりませんな。ゼビウスやスターフォース、スターソルジャーだってあるかもだしR-TYPEだってありうる。何故かここにきて再評価が進んでいる達人王も…いやそりゃねえか。ともかく何が1位に躍り出たのか、そしてティンクルスタースプライツは上位に入り込めたのか、注目ですな……。メタルブラックとか、上位だと嬉しいなあ。
_____

・『ハコニワカンパニワークス』 6月24日より、豪華プレゼントの当たるスクラッチキャンペーンを秋葉原の飲食店5店舗で開催
https://www.famitsu.com/news/201706/20135896.html

一体このキャンペーンでどれだけ古谷D及び日本一ソフトウェアにうま味があるのかよく分からないが、秋葉に行く機会があったら行くだけ行ってみようかな……。古谷D作品だし。
_____

・弾幕系シューティングゲーム『Danmaku Unlimited 3』がNintendo Switchで発売決定!
https://ninten-switch.com/danmaku-unlimited-3-announcement

ほえーみたいな話。ゲー音Wikiからの情報だと海外=大味の法則から外れた日本的弾幕STGらしい。ちょっと覚えておこうかな。
_____

む、レポが上がってるみたいなんでこちらからも一応リンクを張っときましょう。先週末はこちらにお邪魔させてもらってました。参加された皆様お疲れさま&ありがとうございました。

・会議室を貸し切って総勢13名での大規模ゲームパーティを実施しました!
http://kentworld-blog.com/archives/game-room-2017618.html

……にしても、自分の記事だけデレンの話が中心に置かれてて浮いてる感じが。別個に分けた方がよかったかな。
_____

そろそろなんか新しいゲームでも始めよう。ゲームする時間が欲しいなあ。

posted by グレイ at 22:24| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

あまぎすぎす

ぐわんげで遂に尼魏主最終形態まで1クレジットでたどり着いてしまった。行ける。これはいける気がする。少なくとも自分の実力でも間違いなくクリアまで到達できる難易度のはずだ。今回の勝因は5ボスにゲージ3つ持ち込めたことだろう。こうなると後は精度を上げるだけ。頑張りたいものだ。
……ということでいつもやる桃薔薇を止めてぐわんげに特化してみたのだけど、一回のプレイで既に気力が切れていたのかまるでダメなプレイの連発だった。STGは極度に集中力を使用するから一日一回が俺のゲーム気力だと限界なのかー?それはそれでなんか悲しいな……。弾幕STGだからダメなんかねー?弾と弾の間をすり抜けるシチュエーションもちらほらあるし(4ボスとか)。ぐぐぐぐぐ。ちゃんとクリアしたいのだけどどうなんだろうかねー。

ぐわんげ攻略メモ
・6面
開幕右端に式神当ててその後すぐさま鬼に式神当てる。その後は敵の弾を避けつつ硬い敵目掛けて式神を当てていけば良し。弾に当たることを恐れてはいけない。
蜘蛛地帯に辿り着いたら鬼をガン無視して蜘蛛にひたすら式神で攻撃。全回復アイテムを強奪すればひとまず安心。
船に対してはまずコウモリに式神を当て、発射口手前に式神を配置(間違っても船の中心部においてはいけない)すれば式神の火力で弾止め中に弾消しが間に合う。
目魚は目魚の攻撃を式神で止め、左の方にいる子目魚を当てて弾消し、で対処。牛車地帯はボムしかない。鬼ごっこ地帯は基本逃げ回りで対処し最後にボム。
・尼魏主
右側と左側からボムと回復アイテムを強奪。転がってくる弾みたいなやつを最優先で倒せば弾幕はほぼ無視できる。
・ぐわんげさま
突進と火炎にボムを打てば残りの攻撃は良く見て回避が出来る部類なので意外とそこまで苦戦はしない。問題はボムが無い場合。どうにかしてボムがなくても倒せるパターンを確立する必要があり。
・命
ヤバくなったらボムしかない大変な相手。
・尼魏主最終形態
八相弾はもうこの際無視して青弾のみを集中して回避。
_____

ガレッガをプレイするも3面で憤死する悲惨な有様。2面終盤で勲章落としてテンションがガタ落ち。更にボールの機嫌が最悪に近く阿鼻叫喚の地獄絵図。最終的にランク云々の前に実力の欠如で負け。はあ……。また明日やるしかないかしら。

最大往生を気分転換にプレイしてみる。これまでと違い意識を変えてとにかく生き残ることを重視して、ケイブが設定したであろう2面中ボスで溜め込んだハイパーを使ってエクステンドしろということを無視して進んでみた。そうしたら3ボス発狂まで到達。ようやく分かったことは、このゲームに救済措置なんぞ無いからとっとと死ぬがよいみたいな感じなのかな。
確か大往生2周目に対して制作者の方々は「怒首領蜂大往生の2周目において、楽しめる人を狭めすぎたことを反省していました。」って言っていたんでしたっけ。その言葉、そっくりそのまま最大往生に突きつけてやりたい気分だ。
……まあ、一応やればやるほど先へ進める感があることにはあるから良いゲームなのは分かるのだけど、それでもきつすぎるよ。3面中ボスを覚え次第でノーミスで突破出来る調整にはなっていることは称賛すべきことだと思うけど。
_____

※注意!多少気分の悪い話を含むのでここを読み飛ばしていただいて構いません!

朝の電車の通学時間に小ハプニングが。単刀直入に言えば、目の前にえずいた人がいたというか、ハッキリ言えばゲロってしまった人がいて車内が小パニック状態に。それ自体はまあいいのだけど(あんま良くも無いけど仕方ないし……)、問題はもらいゲロの危険性が。それを危惧して慌てて電車を変えて遅刻しそうになりながら登校して事なきことを得たけど、しばらく気分が優れなかった。何よりこんな体調不良では引ク落ツが出来ないじゃないか!アレもそこそこに酔いやすいから短時間しか出来ないのに!どうしてくれる!(知らんがな
しかし今年に入ってから電車絡みのトラブルが多いなあ。トラブルと言うか、自分にとってあんまよろしくない出来事だけど。満員電車の中でアホなカップルがいちゃついてたり、死ねとか殺すとかぶつぶつ言ってる人が車内に居たり。またまた電車の時間とか乗る号車とかを変えないといけないかなあ……。去年までは別になんもなかったのになぜに今年になっていきなり電車でトラブルを抱えているのか……
_____

・『はなたーかだか!?』、『ニンジャウォーリアーズ』などの楽曲を収録したサントラが発売
https://www.famitsu.com/news/201706/19135806.html

ちょっと待て!ニンウォリってPCEで出てたのかッ!!??メガCD版が出てたのは知っていたけど、初めて知った……。これは買わないと……。HuCARDっつーことはかなり音楽違う気もするしなんかすっげー気になってきたぞ……。はなたーかだか!?は山下絹代さんでしたっけ。
_____

・【ゲームジャンル別総選挙 第5回】アドベンチャーゲーム総選挙の結果発表! 1位は科学アドベンチャーシリーズのあのタイトル!!
https://www.famitsu.com/news/201706/19135833.html

ぐおお、おぉぉぉ……フォグのゲームが、ゲームが無い……。自分の中では数少ない非常に良質のADVを作ってくれるところなのに……。久遠は微妙なところだけど、風雨来記は入っていて欲しかったなあ……。レイジングループは面白いらしいし買っといた方がいいですかね……。にしてもこのジャンルはホントに自分は縁が薄いなあ……。たまにちょこちょこやるようにしてるけど、こん中でやったことあるのが逆裁シリーズとダンガンロンパ、YU-NOくらいしかないのが……。また今度アドベンチャーゲーム強化期間でも開催しておこうかな。
_____

ということでテンパり気味な感じなので次回です。明日はちゃんと引ク落ツやりたいなあ……

posted by グレイ at 22:28| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

6/12~6/18

ZUNTATA新メンバーにあの下田さんが参戦!ということで期待が高まる昨今。他社(下田さんはインティ→ガスト→フリーでしたっけ)からのタイトー移籍というとTAMAYOさんと似たような境遇なのかしら。ともかく現行ZUNTATAも要チェックな感じです。またちょっとしたらグルコースでもやりに行こうかな。ライブにも行きたいところだけど、暇が中々出来ないにょ……。この大学レポート多すぎだぜ……


・ミレン
シレン→デレン→ミレンとクリア。GBでもしっかりと不思議のダンジョンであり、多少の独自色こそあれど驚異的な完成度を見せつけた不思議のダンジョンでありました。過去の不思議のダンジョン歴からしても上位どころか最高峰に位置付けても良いほどの完成度とシナリオの良さ、そして月影村出口のバランスの良さでしょう。いやはや何とも素晴らしいゲームでした。

・桃薔薇
変わらず1クレ4面中ボスが限度。一応1クレ5面に辿り着いたことはあったけど、ここまでの大苦戦ぶりを見るに多分まぐれだろう。悲しいぜ……。

・引ク落ツ
134面まで到達し残り6ステージ。点滴が石を穿つその日まで、我々の道は険しい……

・ガレッガ
遂にブラックハート様mk2の御尊顔を拝むことに成功。バンザーイ!BANZAAAAI!!後はもうブラックハート様に勝てる実力を身に着けるだけですな!……どうやって?でも、あれほど遠く手の届かない存在だったクリアが見えてきたのでちまちま頑張ろう。

・最大往生
2面で沈没。ある程度頭が冷えたら、ちゃんと真剣にプレイしてみることにしよう。そうしましょう……

・ぐわんげ
1クレぐわんげさままで。6面を要練習として問題はぐわんげさま。ケイブSTGのラスボスとしては破格の強さとグロさを併せ持つボスなだけに何とか正気を保ちつつプレイしたいところだが……。突進にボムを撃つ、火にボムを撃つという方針で攻めるとして、問題は命と尼魏主。命はどうにでもなりそうだけど尼魏主は……式神でのごり押しか?

・虫姫さまふたりBLマニアック
1クレ4面。適当にプレイしてもここまで来れているのでなんとか5面くらいまでは来れるようになりたいもんだなあ。

・レイストーム
久々にプレイして1クレ4面でとほほな結末。なんともまあ切ないもんです。こりゃしばらくやった方がいいかな。

・レイクライシス
こちらも割と久々にプレイして1クレDis-human。BGMは彼女の目的。これが流れるときは基本的に結構上手いこと事が進むみたいだ。曲の好みだけで言えば女の子にはセンチメンタルなんて感情はないとかなんだけども。また今度.BLUE -地球に棲む日-を聴くためにプレイしようっと。

・マリオカート8DX
やり込んだ7と比べるとかなり派手になっている印象が。スイッチ体験会では周りの熱気であんまし細かいところは見れてなかったのだけど、こうしてみると携帯モードでここまでのクオリティのソフトが遊べちゃうのが凄い。ゲームとしてはアイテム飛び交いまくり度が増しているけれど、ダブルダッシュみたいに明らかな便利お助けアイテムが無いから何やかんや実力差が出る作品になっているのかなあ。こればかりは軽くプレイしただけでは分からんか。あえて下位スタート→プレイテクニックで上位に躍り出て一位でスター抱えるなんて状況は防がれてる感あるので多分これでいいんだろう。とりあえずスイッチの定番ソフトとしての風格は確かにある感じ。

・12スイッチ
1人ではどうにも遊べないというとパックマンVSが思い返されるけど(かなり古いな……)、人数が集まってやると非常に面白い作品の予感が。しかしそうなると、基本は家かゲーセンで心静かにゲームをやることが多い自分との相性はあんまし良くないのかも。でも、一つあると何かと便利で役に立つソフトの類だという印象。特に凄いのはルールのシンプルさと画面を見ないこと。目と目を合わせてゲームとかホンマかいなと半信半疑だったんだけど、これは凄く良く出来てるね。Wiiのゲームよりも取っつきの良さが更に上手くいってる印象がある。半面、HD振動は……なんというかあんまり感じ取れなかったり。おそらく期待しすぎなのかもしれなかったのだが、真剣白羽取りゲームでパシッと竹刀取った時に竹刀取ってる感ある振動を起こすのはやっぱり難しいもんがあるよね……。効果音の臨場感は凄かったんだけれども。
ゲームは色々やったけれども、先の真剣白羽取りが個人的にはお気に入り。ジョイコン回しでは60度しか回せないヘタレプレイでマジすみませんでした……。正直みんな180度くらい回せる、回していいなんて知らなかったんですよ!

・アームズ
のびーる腕でボコスカ殴る格闘ゲームだけど、こりゃ予想以上に格闘ゲームだね。任天堂らしくテキトーに動かしてもそれなりに戦える作りになってるけど、スマブラ以上に慣れんと戦えない未来も見える。いいね持ちでふんふん腕を動かすのは楽しいのはGoodだけど、スマブラX並に初心者配慮してくれないとヘボヘボな自分からすると野試合するほど楽しめるかは中々に難しそうな気が。あとこのゲームはテーブルモードでプレイするのはわりに難儀な感じ。ちっちゃい画面では無く大画面でプレイした方が殴る時の迫力が増すような気がする。テーブル画面向きのゲーム(俺の中ではスニッパーズがその該当例なんだが……)とTV画面用のゲーム、携帯機用のゲームとそれぞれに適した形態に合わせる必要がある感じなのかなスイッチは。ふーむ。
ただ非常にルールを覚えやすい作りは流石の任天堂と言う感じ。敷居は低く、奥は深くというバランスにしている感触があるのでハマれば楽しい作品なのかもしれん。んー。これってストーリーモードとかグランプリ(というのか?(むしろチャンピオンシップといった方がいいのかもしれん))とかあるのかな。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

Final Chapter~未練(regret)~/スイッチを体験させてもらいました

風来のデレン、クリアしました。最終的には35階以降一時しのぎと透視の組み合わせでどうにか逃亡成功。ゲイズ対策が完璧だったので何の気苦労も無く探索が進み、戦闘向けに成仏の鎌やらドレインバスターやらを合成して突破成功。お疲れさまでした。素晴らしいゲームをありがとう、チュンソフト&アクアマリン。
DSC_0649.JPG
…しかし、なんというか幸運に身を任せてクリアした感じなのだけどこれでいいのだろうか。むー、まあ不思議のダンジョンは得てしてこういうものなのかもしれん。寝不足になったりこれに時間とられ過ぎて他のゲームがまるで手が付かなかったけれども、そうさせるだけの力があった作品なのは間違いないものです。少なくとも自分がやってきた不思議のダンジョンの中ではトップクラスに置いていい完成度の作品といえるものでしょう。特に長期戦になりやすいもっと不思議をこうして短くしつつもその分密度を濃くしたダンジョン構成と難易度バランスは大変に素晴らしいものです。特に理不尽さを一切感じさせない難易度バランスは驚異的ですらある。もっと不思議は自分もすげえ強いけど敵もぶっ飛んで強いバランスだと思っていたのだけど、こうして適度に難しく試行錯誤の妙(とあと運)で突破可能という適度な難しさを保ってバランス崩壊起こしていないのは本当に凄い。よくこれをGBで出したもんだよ。
ということでしばらくの間楽しませてもらったシレン月影村はこれにて終了……とするか、フェイの問題までやり切るかはまだ未定。シレン4もそうだったのだけど、あんまし不思議のダンジョンルールでパズルをやるのは自分には合わないようで、そこまで面白いとも思わなかったのよね。GBだから仕方ないけど、もう少しダンジョンが欲しかったっす(自分で何かしら縛る作風なのかな今作は)。んーどうしよう。ひとまずは当初の目標だったミレンは一応出せたのでこれで一時終了として、他のゲームに移らせてもらうとしますか。感想とかもしっかり書きたいのだけどここ最近はみょーに忙しくて……。書いてる暇はあるもんかしら。
_____

スイッチが買いたい!でも売っていない!でもやりたい!ということで、禁止された町で行われた雑談したりスイッチのゲームをプレイする集まりに参加してみた。というか、こりゃオフ会だね。前日デレンのせいで徹夜&中断してきたので割と気もそぞろで頭も割と回っていないという体たらくだったけど、最近のゲームの動向を知れたりスイッチ体験出来たりと普段古いゲームとマイナーゲームばっかやってる身からすると非常にいい刺激になりました。感謝感謝です。
プレイさせてもらったのは「マリオカート8DX」「12スイッチ」「アームズ」の3本。携帯モードになったりテーブルモードになったりでおおっ!とか驚いてました。

・マリオカート8DX
やり込んだ7と比べるとかなり派手になっている印象が。スイッチ体験会では周りの熱気であんまし細かいところは見れてなかったのだけど、こうしてみると携帯モードでここまでのクオリティのソフトが遊べちゃうのが凄い。ゲームとしてはアイテム飛び交いまくり度が増しているけれど、ダブルダッシュみたいに明らかな便利お助けアイテムが無いから何やかんや実力差が出る作品になっているのかなあ。こればかりは軽くプレイしただけでは分からんか。あえて下位スタート→プレイテクニックで上位に躍り出て一位でスター抱えるなんて状況は防がれてる感あるので多分これでいいんだろう。とりあえずスイッチの定番ソフトとしての風格は確かにある感じ。

・12スイッチ
1人ではどうにも遊べないというとパックマンVSが思い返されるけど(かなり古いな……)、人数が集まってやると非常に面白い作品の予感が。しかしそうなると、基本は家かゲーセンで心静かにゲームをやることが多い自分との相性はあんまし良くないのかも。でも、一つあると何かと便利で役に立つソフトの類だという印象。特に凄いのはルールのシンプルさと画面を見ないこと。目と目を合わせてゲームとかホンマかいなと半信半疑だったんだけど、これは凄く良く出来てるね。Wiiのゲームよりも取っつきの良さが更に上手くいってる印象がある。半面、HD振動は……なんというかあんまり感じ取れなかったり。おそらく期待しすぎなのかもしれなかったのだが、真剣白羽取りゲームでパシッと竹刀取った時に竹刀取ってる感ある振動を起こすのはやっぱり難しいもんがあるよね……。効果音の臨場感は凄かったんだけれども。
ゲームは色々やったけれども、先の真剣白羽取りが個人的にはお気に入り。ジョイコン回しでは60度しか回せないヘタレプレイでマジすみませんでした……。正直みんな180度くらい回せる、回していいなんて知らなかったんですよ!

・アームズ
のびーる腕でボコスカ殴る格闘ゲームだけど、こりゃ予想以上に格闘ゲームだね。任天堂らしくテキトーに動かしてもそれなりに戦える作りになってるけど、スマブラ以上に慣れんと戦えない未来も見える。いいね持ちでふんふん腕を動かすのは楽しいのはGoodだけど、スマブラX並に初心者配慮してくれないとヘボヘボな自分からすると野試合するほど楽しめるかは中々に難しそうな気が。あとこのゲームはテーブルモードでプレイするのはわりに難儀な感じ。ちっちゃい画面では無く大画面でプレイした方が殴る時の迫力が増すような気がする。テーブル画面向きのゲーム(俺の中ではスニッパーズがその該当例なんだが……)とTV画面用のゲーム、携帯機用のゲームとそれぞれに適した形態に合わせる必要がある感じなのかなスイッチは。ふーむ。
ただ非常にルールを覚えやすい作りは流石の任天堂と言う感じ。敷居は低く、奥は深くというバランスにしている感触があるのでハマれば楽しい作品なのかもしれん。んー。これってストーリーモードとかグランプリ(というのか?(むしろチャンピオンシップといった方がいいのかもしれん))とかあるのかな。

という感じですかね。Owlboyとかアーケードアーカイブスを持ち運んでやりたいと思っていたけれど、特に12スイッチなどあれば便利で楽しい作品が多かったのでまたスイッチに対する印象が少し変わった感ある。いやはや体験出来て非常に良かったです。
あとはこれで普通に出回ればいいんですけどねえ(泣)。腑抜けたゲームショップと大したゲームを置かない家電量販店しかない街に住んでると困ったもんです。
ちょういなかとしCしてぃ。ここにはにんてんどうすいっちはない。あるのはじきはずれのしんさくとりゆーすてんのぶっくおふだけだ。
___

あとちらほらここの話題が出たりして目が泳いだり何なりと。人様にお見せできるような文章を書いてる気は全くしない散文が脈絡なく飛び交う書いてる本人から見てもアレな場ですが、アレな感じで今後も書いていくと思われるのでどうぞよろしくです。参加された皆様お疲れさま&ありがとうございました。
_____

デレン(現ミレン)で手一杯だったので昨日の夜~今日のゲームプレイは暇を見つけてバトルガレッガをやったくらいですかねえ。2回やって2回とも6面開幕で事故死して終了。こんなはずでは……。しかし、もしかするとこのゲームってあんま稼ぎに固執しないほうがいいのかねー。勲章落とした方がプレイが安定するってのも不思議なもんだ。が、それはそれで勲章落としてテンションがた落ちなので結局は6面開幕までは必死に勲章集めた方がいいのかもしれん。
むしろボムを撃つとランクが上がるということを考えると、あんまむやみにボムらない方がいいんだろうか。4面で勲章を落とした場合はボムを撃たずに勲章集めで問題ないと思うのだけど。勲章は点数が低いときの方がランク上昇率が高いというのもかなりキツイシステムだけど、それ故にその場その場での戦略が要求される緻密なバランスになっているのかなあ。ランクがある程度分かって脳内でどんな感じに攻めるかを瞬時に構築するのは滅茶苦茶面白いし。うーむやればやるほどガレッガは奥が深く面白いもんだ。
_____

と、ここらで時間切れにてまた次回です。水曜までにレポートを書き上げないと落単だぎょわわー。そろそろちゃんと文章書いたりする時間が欲しいもんです……

posted by グレイ at 21:00| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする