2015年06月11日

今週のファミ通(桜井コラムとかインディーとか)

今週のファミ通は珍しく面白かった。ちょっと気にかかるとこが多かったって意味デスガ。


・桜井さんのコラム
桜井さんの関わった作品をスマブラで優遇してるんじゃ?っていう意見(ていうか怒り)に対してゴニョゴニョ書いてました。
あー!!これ桜井さんちょいキレ気味ですな。いや分からないでもないですケド。桜井さんの考えも怒ってる人の考えも。
自分もコンパチキャラ(というかブラピ)に関しては買った当初切れそうになりましたが(ピットとの差がホントに僅かしかなかったので)、今はまああんま気にしてないです。わざわざアプデで調整してくれるなら文句なんて出ないっすね。
それよりも「結局のところ、中級者が程よく楽しめる程度の狙いになっている」って発言が興味深かったです。桜井ゲーは初心者から上級者まで遊べるってイメージが強かったので意外。カービィとか。
僕がforにあんまりハマらなかったのはターゲットが違うから、なのかな(それでもそこらの凡ゲーに比べれば面白いけど)。Xは今なお面白いゲームだと思うんですが。
Xはゲームスピードも遅めで初心者向けだった気がします。何より転倒システム。これのおかげで最後まで勝負がどうなるか分からない感が出て面白かったです。
forはかなり格ゲーに寄ってる気がします。偶発性が減って直で実力が出ちゃう感じとか。
個人的にforのシステムで気になったのは致命的な一撃を出した時に出る赤い稲妻演出ですかね。爽快感はましたけど、それ以上に「これは助かるのか!?それともダメなのか!?どうなんだ!?」ってワクワク感を削がれた気がします。その演出が出ちゃうと「ああ、ダメか……」となって萎えちゃう。5回に1回くらいは復帰できたりしますが、「ダメか…」って思うことの方が多い。

うーんでも転倒システムはXプレイした大半の人がどうしようもないクソ要素に挙げてる感じだから自分のツボが一般とずれてるのかな。分かんないや。


・とっておきインディー
ファミ通でも楽しみにしているコーナーですが、今回はいまいち。いや前回は前回で「今更FEZ取り上げるのかよ!?」っていうガッカリはありましたが(記事は面白かったです)
クロッシーロードっていうゲームを取り上げてたんですが、それは見た目面白そうだったんでいいとして紹介内容に「知識豊富なゲーマーは「ああ、『フロッガー(コナミ 1981)』ね」とピンと来るはず」とありましたが、全然フロッガーを知らねえ自分みたいな人の配慮がなされてねえ(自分は1995生まれ)。せめてフロッガーの画像とか説明とかしようよ…桜井さんは以前グラディウス取り上げてた時一応説明してたよ…
ちなみにこのクロッシーロード、フロッガーを調べてからも一回見てみましたがシンプルで面白そう。Vitaとかに移植されないかしら。


・ちびロボ新作
俺はこれの詳細情報を期待して今週のファミ通を買ったのに情報がほとんどないとはどういうことだー!!ちびロボなんてマイナーなゲームは誰も気にしてないとか言い出したら俺は怒るからな!!
ちなみに横スクアクションらしい(ネットの情報)。なんだろう、なんかこれじゃねえ感じが…
posted by グレイ at 21:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 ダライアス外伝

タイトー レトロゲームミュージック コレクション1 シューティングクラスタ - ZUNTATA
タイトー レトロゲームミュージック コレクション1 シューティングクラスタ - ZUNTATA

私的ZUNTATA最高傑作、『ダライアス外伝』の紹介(画像はシューティングクラスタです)
・メーカー タイトー
・ハード AC SS
・作曲者 ZUNTATA(小倉久佳)
・ゲームプレイ状況 AC版を今もプレイ中。総プレイ時間は20時間くらい?
・サントラ状況 『ダライアス外伝(旧譜)』『シューティングクラスタ(基板版)』『ダライアスプレミアムBOX』所持(ただプレBOXについては開けてないので中身未確認です…)

曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより引用)
曲名 補足
「VISIONNERZ~幻視人~」 ZONE A 〜 ZONE B、C
「Burst Out」 ZONE H ZONE B、L、N、R、T ボス
「INDUCTION」 ステージクリア
「E・E・G」 ZONE D、E、N ZONE P ボス
「AXON」 ZONE F ボス
「投影」 ZONE K、O ZONE H、J、M、Q、S、U ボス
「FAKE」 ZONE F、L ZONE D、E、K、O ボス
「Singing in the BRAIN」 ZONE J ZONE G、I ボス
「Tranquilizer」 ZONE G、I ZONE C ボス
「SELF」 ZONE V〜Z`(最終面) 〜 FINAL BOSS
「Refrain」 ZONE P〜U
「name」 ネームエントリー
「end titles」 エンディング
「over」 ゲームオーバー

続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする