2015年06月21日

これからは孤独ゲームの時代in2015

昨今のゲーム情勢といえばみんなで協力とかゆるく繋がるオンラインとかみんなで楽しくワイワイとか…
ソーシャルゲームとかアプリゲームとかもやってる人同士でつながってる感があります(ゲームだけでなく現実でも)
ファミ通とかを見ててもそんな感じのゲームが多いような気がします。そうじゃねえ!!ゲームってのは基本一人で遊ぶもんなんだ!!
ってなわけで、今だからこそ故・原田勝彦さんがゲームレジスタンスで提唱した「孤独ゲーム」を考える。
世の中には社交的な人とそうでない人に分かれ、社交的な人は上記したみんなでワイワイ系ゲームをプレイしてるイメージ。ということは残りの人たちにターゲットを絞った「孤独ゲーム」が出てもいいはずだ!!



そもそも孤独ゲームとは、原田さんによると(以下ゲームレジスタンスから引用してます)
「主人公自身が孤独で、理不尽に悲惨な状況に投げ込まれてるようなゲーム」とのこと。
また、「現実世界で孤独な生活を送っている人ほど、ゲームの中では人とのつながりやぬくもりを求めるのでは?と思う人もいるかもしれないが、それは違う。主人公が自分自身と似たような境遇にいるからこそ感情移入できるのだ」とも綴ってました。まさしくその通りだ!
実際に原田さんが挙げていたゲームタイトルとしては「メトロクロス」「アトミックロボキッド」「マックスペイン」など。

個人的にイチオシの孤独ゲーとしては「メタルブラック」と「LSD」。
メタルブラックは演出ゲーの開祖としても有名ですが、特にステージ2の演出がすごい。横にスクロールすることを利用した演出表現は度胆を抜かしました。
前からは倒すべき敵が攻めてきて、後ろからは地球側が主人公を殺すために放った核ミサイルが飛んでくる。主人公の孤独な戦いを文字を極力避け背景演出だけで語っているのはもはや圧倒的。
ステージ2だけでなく、1面やラストステージもすごいデス(そこまでたどり着けないけど)

LSDは奇妙かつ不気味で吐きそうになるようなオブジェクトを歩き回ってただ見るだけのゲームなんですが(内容がアレなので今なおゲームかどうか疑わしいといわれてます)、非常に面白い。というか斬新。理解できないことに面白さを見いだせるのであれば、の話ですが。
狂ったようなイベントの数々(前から人が来た、と思ったら生首落下とか)と意味不明な世界観。「なんだよこれこええよ」と言いながら黙々と進め、進んだ挙句虚無しかないっていうことが分かってもついたまにやっちゃうゲーム。これぞ孤独ゲー。
こういうゲームは、ヘッドマウントディスプレイとの相性は抜群だと思うけどなあ。


原田さんは孤独ゲーの時代が来るって言ってましたが、結局来たかどうかは微妙なところ。でもきっといつかは来てくれるはずだ!!
ちなみに自分は孤独ゲーもすごくいいけど、みんなでワイワイやるゲームもまあいいよねっていう考え。信念ブレブレ。
posted by グレイ at 22:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする