2015年08月06日

ぎゃるガンヴォルト感想 

買ってクリアしたので感想です。といってもガンヴォルトのみで、えころ、ベックについてはまだ未クリア。
個人的にはかなり面白かったしオススメなんですが人は選ぶかなーって感じ。あと、安いなーと思いましたがかなり値段相応な印象。
ぎゃるガンヴォルトがどんなゲームかってのはこちらで。
http://www.galgunvolt.com/


インティ制作ってのもあってまあ見た目通りロックマンテイストの2Dアクション。ファミコン時代を意識したシンプルなゲームで音楽もその感じ。
ロックマン譲りの攻略する面白さは健在。敵をバカスカ撃って攻撃やトゲをかわしていくのはシンプルに面白い。ボス戦もかなり歯ごたえのあるもの。

その一方、ステージ数の少なさや難易度のヌルさが気になる人には気になるかも。ステージ数は、メインストーリー5(実質4)、エクストラ?ステージ4の計9個。ファミコンのロックマンに比べてもやや少な目。ですがキャラ違いで同じステージでも結構変わるかもしれないので微妙なところ。
難易度が低いのは初心者に配慮されてていい感じなんですが、ロックマン譲りの高難易度を期待してる人にはあんまりって感じですかねー。正直一回もゲームオーバーにならずにシナリオクリアできるとは思ってませんでしたし(ミスは多発した)。その原因はトゲが即死ギミックじゃないことや道中敵の攻撃があまり熾烈じゃないこと、1UPが結構出ることに依存するんですが。
僕自身もロックマン2みたいな衝撃の難易度のゲームを想像してただけにちょっと肩すかし気味。ま、面白いからいいんですケド。

思うにこのゲームの真価は縛りプレイとかタイムアタックとかスコアアタックにあるんじゃないかと思います。というのは、これらの要素を考え出すとヌルいバランスが一変して相当歯ごたえのあるものになりそうだから。このゲームにはコンボシステムなるものがありまして、10秒内に敵倒したり得点アイテム取ったりしてくとその倍率が増えてくんです。しかも、一定時間を超えると倍率が0になってスコアが伸びなくなる。だからこそその辺のこと考え出すとものすごい奥の深いゲームに豹変する。スゲーっすよ、そういう形で初心者と上級者のバランスとってくるとは。
あとはオワタ式見たくノーダメクリアとか目指したりするのも一興。惜しむべくはランキングとかが無いこと。これあればスゲー良かった気がするんだけど……


結論を言うと
8ビット、ファミコンテイストのゲームが好きかつ縛りプレイとかやりこみプレイが好きな人には超オススメ。そうでない人は500円が割に合うかどうかに依るかと…。ゲームとしては非常に面白いデス。




タグ:感想
posted by グレイ at 19:32| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする