2015年09月04日

世界観 ゲーセン通いと課金ゲー 強い敵

前に世界観とゲームデザインで「世界観に合わないことは、やらない」みたいなこと書いてた記憶あるんですが、別に合わないことをあえてやっても面白そうな感じになるよねっていう具体例を見つけたのでご紹介。座・芸夢でもこんな話はあるのかね。

・ポケモン奈落/彼岸 http://togetter.com/li/463374
・ラブライブを自分で作るとしたらこんな感じ?的なナニカ。http://togetter.com/li/867926
・サンリオ無双 http://togetter.com/li/867936

もうこの人(ヨコオさん)なんなんだよwwww
ラブライブは詳しく知らないけど、奈落/彼岸とサンリオ無双あたりはホントに遊んでみたいです。マジで。やっぱりすごいお方やでぇ…。パッと見ただけで面白そうな設定と世界観を作れて想像できるのはすごいですー。


・課金ゲーがアウトならゲーセン通いは何が違うの?
http://saralymangame.blog98.fc2.com/blog-entry-3364.html

これ、割と根深い問題ですよ。何がどう根深いか分からないけど(ぇ
ACゲームって多かれ少なかれ100円入れてもらえないと死活問題なのでとにかく1プレイで面白さが分かるゲームが多い。たまにマイルストーンSTGみたいに1プレイでは何が面白いのかすら分からないゲームも出てきますが。
ゲーム音楽とか聴いてても1面の曲はどれもこれもクオリティ高いですし(例:グラディウス、ダライアス、魔界村、ガレッガ、あといっぱいある)
一方課金ゲーは、「課金しなくてもこれだけ面白いよ!でも課金したらもっと面白いかもよ!?」みたいなゲームが多い印象。特徴的なのは課金したらどれだけ面白くなるかがフワフワしてること(課金するまで分からない、課金しても分からないかもしれない)。そんなの人に依るから分からねえじゃねえかと言われたらそれまでっちゃそれまでなんですケド。
ボロクソに言われがちなアイマスのDLCも、僕自身はそこまでひどいものだとは思いませんし、値段設定とかかなり練られてると思いますよアレ。一個一個の値段はかなり高いですけど、組み合わせが膨大にあるので割と妥当なものだと思うんですけどねえ。流石にメールシステムとかはそれくらい無料にしてくれよと思いますが。
当人が楽しいと感じられればそれでいいんじゃないかな。それはまあ人に迷惑をかけないって条件付きですが。


同じサイトからもう一つ
・ゲームにおける「強い敵」とは何か?
http://saralymangame.blog98.fc2.com/blog-entry-3371.html

やった中で強かった敵として印象に残ってるのは
・ダラ外のシャコ
・斑鳩のタゲリ
・雷電の2面ボス
・レイストームのアラリック
・魔界村、大魔界村のアリーマ(特に大魔界のアリーマ4連戦)
・ドラクエ2マンドリル
・ポケモン金銀晶アカネのミルタンク
・TOD2のバルバトス、マグナ様
・TORのカンガルー、シャオルーン
・ロマサガ2七英雄
・ロマサガ3真・破壊するもの

あたりっすか。初見ではどうすることもできず死ぬ、でも対策法をゲームするうちに自然に把握できて把握した後はすんなり倒せるボスって感じかな。あ、対策を講じてもやはりただ死ぬかもしれないを忘れてた。あと専用BGMとか。
対策すら思い浮かばないものは強敵というより理不尽って感じ。
この中だと斑鳩のタゲリ、雷電の2面ボス、魔界村のアリーマ、D2のバルバトスあたりはホントにいい感じの強敵です。

posted by グレイ at 20:25| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする