2015年10月31日

ゲーム音楽 アームドポリスバトライダー

Welcome to violent city!ゲーム音楽『アームドポリスバトライダー』の紹介(サントラ、移植ともにないのでAmazonリンクは無いデス)


・メーカー ライジング、エイティング
・ハード AC
・作曲者 岩田匡治, 小谷野謙一, 崎元仁, 並木学, 本山淳弘
・編曲者 崎元仁, 並木学
・ゲームプレイ状況 先日、練習コースをクリアした
・サントラ状況 出ていません

曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより)
曲名 作・編曲者 補足
「Zero Cop」 崎元仁 OPENING
「Comfirm Credit」 並木学 CREDIT
「Choice Or Die」 並木学 PLAYER SELECT
「Easy To Go」 並木学 STAGE 1 (MANHATTAN CITY)
「Purple Twilight」 並木学 RANDOM STAGE (ZENOVIA AIRPORT)
「Missile Fever」 並木学 RANDOM STAGE (SKY HIGH)
「No Way Out」 並木学 RANDOM STAGE (SEWAGE SYSTEM)
「Chasing Gang, Need 4 Speed」 並木学 STAGE 5 (HIGH WAY)
「Cool Riding」 小谷野謙一, 崎元仁 STAGE 6 (ZENOVIA CITY)
「External View」 小谷野謙一, 崎元仁 STAGE 7 (BUILDING)
「Chop U!」 並木学 BOSS 1 (AIR)
「Let Ass Kick Together!」 並木学 BOSS 2 (SURFACE)
「Nimbus」 小谷野謙一, 崎元仁 BOSS 3 (RIVAL)
「Spiral Locus」 本山淳弘, 並木学 BOSS 4 (魔法大作戦)
「Devided By Zero」 岩田匡治, 並木学 BOSS 5 (疾風魔法大作戦)
「Stab'n Stomp!」 並木学 BOSS 6 (BATTLE GAREGGA)
「Drag Ster」 小谷野謙一, 崎元仁 BOSS 7 (LAST)
「Funky Dude」 並木学 STAGE CLEAR
「Ure Fired!」 並木学 GAME OVER
「Flashback」 並木学 RANKING / PRACTICE & NORMAL COURSE ENDING
「Morning News」 並木学 ENDING 1 (POLICE TEAM)
「Circus Fooligan」 並木学 ENDING 2 (CRIMINAL TEAM)
「Hyper Ventilation」 並木学 ENDING 3 (PSYCHIC TEAM)
「Sad But True」 並木学 ENDING 4 (RAIZING GUEST PLAYERS)
「Theme Of Carpet Stories」 並木学 ENDING 5 (CARPET)
「Chop Me Again」 崎元仁 STAFF ROLL
続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

レトロゲームの現状と未来

ついにYahoo!ニュースに取り上げられてしまう状態になってしまったか……
・懐ゲー求め 外国人アキバ集う
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6179262
関連リンク
http://togetter.com/li/735579

秋葉のだらけや超芋には外人が非常に多い。そして彼らは大量に買っていく印象がある。言語の壁があるRPGなどはまだマシだけど、それらがないACTやSTGは急速に減っているもしくはプレミア化していると思う。だらけにサターンのソフト探しに行ったときダラ外もメタルブラックもなくて「だらけは終わった」みたいなことを言って帰ったし。
特にヤバいのが日本では主流ハードじゃなかったもの。メガドラやネオジオのソフトや本体は店ではあんま見かけなくなったような気が。見かけても「これ誰が買うんだ?」みたいな値段だったり。
こうなってくるともう欲しいと思ったソフトはすぐ確保しておいた方が無難。後悔したくなかったら買え!ってなわけですが、そもそもゲーム機本体の寿命の問題もあるんですよね。こればかりはどうしようもない。PS2ですらもう10数年前のハードなわけですし。FCSFCMDとかは20数年前ですし。もうとっくにほぼすべてのレトロゲーム機の耐久年齢は突破してるんじゃ?

そんな危機を救う一つの策が「エミュレータ」。しかしこれにも問題がある。VCやアーカイブスなどはともかく、再現性が悪い(音が違うとか動きもっさりとか)ものが多くある。特にレトロゲーマー期待の星だった「レトロフリーク」はあまり再現性は良くなかったようで。…と思ったけどこれはソフト側の問題なのか?うーん分からん。
https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF?src=hash
だれかMADARAとかギミックみたいな拡張音源ソフトの音楽再現されてるか検証してほしいな。

個人的にはアーカイブとかVCみたいに全部デジタルデータ化して欲しいんだけど、それもそれで難しいよねえって話。やっぱりみんな本物のブツが欲しいんだよ。音楽がデジタルデータとして配信されてもプレミアCDの値段が一向に下がらないことと同じだよ(例:ルドラの秘宝、再販前のライブアライブなど多数)。でもこのままだと頭打ちだしなんとかならんもんかねえ。
M2みたいな移植専門(M2は移植専門ってわけでもないと思うんだけど…)の会社がもっと増えてもいいと思うんだよなあ。レゲーの明日はどっちだ。

…でも家庭用なだけましかあ?ACゲームの方がヤバいっちゃヤバいかもしれんしな。だから早くエイティングはとっととバトル三部作コレクションをハードはどれでもいいから移植しろよ(本筋とずれてる


posted by グレイ at 20:53| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

ゲーム現実逃避

大変だ!憂鬱なことが目の前に迫りすぎて現実から逃げるようにゲーセンに毎日のように行っていたら(何やってるんだ)アームドポリスバトライダーの練習コースをクリアしてしまった!いえーいやったートロピカルやっほーい!!まだ俺にゃ矢川STGをクリアするだけの能力は残されてるみたいだ。矢川STGは突破口は見えるのにクリアできる気がしないものばっかりだから一個でもクリアできて良かったよホント。さあ次は通常コース制覇だ!
ちなみにクリアしたときの面子はショーティ×3。ショーティが一番このゲームでは使いやすくて強いかねえ。使いやすいマリアさんのやけくそみたいなボムも捨てがたいんだけど。強いと噂のストローマンはなんか合わなかった。強いけど。


そんな感じのファミ通小感想記事。
…どうでもいいけど、ファミ通感想記事は主に僕にとって需要があるからタグでも付けて分類しておこうかな。いつも何書いてるか分かんない感じの文だけど。

・エアシップQ
ゲームについては期待してるの一言なんですが、発売前から賞を受賞してるっておかしくねえか?なーんか出来レースのにおいも感じちゃうなあ。穿った見方かもしれないけど。
そういえば「穿った見方」の本来の意味は「物事の本質をうまく的確に言い表す」であって「疑って掛かるような見方をする」ではないみたいですよ。本筋と関係ないから流すけど。

・ゴッドイーターリザレクション
ファミ通曰く、脳味噌破壊弾と内蔵破壊弾は今作も使えるらしい。やったね!ただねえ…やっぱあんまりプレイする気は向かないなあ。面白いことはバーストやってるから分かってるんだけども。レイジのベスト盤が出るまでGEは待機かなあ。お金ないし。

・ToLoveる
クロスレビューの点数見る限りなんかいつものフリュー感が出てるけど大丈夫なのか?でも僕の中のフリュー感って遠い昔に三銃士を世に送り出したってことで止まってるから今は大丈夫か?
買うことはないけど(というより原作をジャンプに載ってた時にたまに読んでたくらいなので思い入れが他の人より少ない)、評判は気になる。

・ニーアオートマタ
グラフィックイメージを中心に掲載されてました。でもこの作品はやっぱりシナリオが重要でしょう!あと音楽も!てなわけでまだまだ期待大。PS4購入に踏み出せるゲームになることを期待します。

・勇者死す
ヒロイン枠の女の子がなんというか露出度が高くて一気に購入意欲が減ってきた。本来は喜ぶべきことなんだと思うんだけれどもなんだかこういうゲームはねえ…。慣れない。別に我慢すればできないこともないからやるけどねえ…
そういやゴッドイーターも最初アリサとかナナにアレルギー反応みたいなの出たんだよなあ。何だろう僕のこのファンサービス要素に対する反応って。そしてアイマス(ACとPSP)ではそういうのは出てないんだよなあ。マジなんなんだろう。

・シュタゲ0
電脳世界で生存する彼女とかLainみたいだよねーみたいな。もしくはパワポケ12のレンBADでもいいや。シュタゲ買ったはいいけどやってないから何本かADV消費したらプレイしないと。

・夜回り
めちゃんこ面白そうだけど値段がたけえ!というわけで今回は見送り。ホタルノニッキみたいに値段が下がったら買うかもしんないっす。ホタルは買ってないけど(ダメゲーマー

・町内会
ノブの大悟煮とか卑怯だわwwww

・企画書
とりあえず保管。夜回りは企画段階から面白そうだなー。

・勇者ああああ
僕これどっかで見たことあるんすよ。どこでかは知らないけど。だからあんまり驚きはなかったかなー

・艦これ
バカ流行りしてるからandroid版来たらやるかも、ってことで記事をチェックしてみましたがああああああああ。キャラが魅力的だけどやっぱり自分とは合わなそうな。うーん。
需要は無いかもしれないけど戦闘機コレクションとかないもんかね。もちろんSTGで。でも戦闘機にはあんま興味ないんだよなあ(本末転倒

・小高さんのコラム
”タイトルに『ダンガンロンパ以外の僕の話』とある時点で誰も読んでないでしょうけどね!”とありますが僕は5回に1回は読んでますよ!(それもどうかと思うけど…

・次週
次週は今から始めるゲーム実況特集らしいですが、ゲーム実況動画でちゃんと許可取りのプロセス踏んでるものってどれだけあるんでしょうね。僕なんか画像使いたいけど権利的にアレって理由から使ってないのに。ファミ通はまずそこを切り込んで欲しいところ。
でも機材は気になるなー。機材次第ではTVモニター買う必要なくなるし(ノートPCに出力)
posted by グレイ at 21:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

陰気なゲーバカは三つ数える間に三つゲームを買う

陽気なギャング最新作「陽気なギャングは三つ数えろ」を読み終わったぞ。いやー伊坂センセの単純娯楽小説は五臓六腑にしみわたりますなあ。
感想としては過去二作とほぼ同様です。エッジのきいたキャラ、勢いのある文章、意外な結末、この三つのバランスがとにかくいい。伊坂単純娯楽小説(勝手に分類した。陽気なギャング以外には砂漠とか。)の中でもこのシリーズは滅茶苦茶面白いので本当にオススメ。
…しっかし伊坂センセのセリフ回しはホントに面白いな。響野とか西嶋とか、なんであんなしょうもないことばっかり言ってるキャラが書けるんだろう。


で、タイトルにあやかってゲームを3本ほど買ってみた。所謂衝動買いってやつですな。エクスペリエンスのセール前に何してるんだろう……。スターオーシャン2もでちったし。
一本目は『サイヴァリア・コンプリートエディション』。PS2アーカイブ版。天下のサイヴァリアの移植作。これさえあれば初代もrevisionも楽しめる!値段は1200円位だから実質一本600円が2つとも見れて凄くお得。
最大の問題はPS3無いから現状全く遊べないって事なんだよなあ。本体無いのにティンクルもグラ5も買っちまってるし。どうしたもんか。
二本目は『Machinarium』。なんか海外で賞とったりした素敵ゲーらしいですわよ。ほとんど知らないけど。前々から欲しかったので買えて満足。でもプレイするのは当分先かなー(ならなぜ買った
スチームパンク風の世界観、文字がほとんど存在しない独特の語りなど面白そうな気配がプンプン。
三本目は今回大本命にして大穴(どっちだよ)『ゼルドナーエックス2 〜ファイナルプロトタイプ〜【完全版】』だ!何が何だかわからないタイトルが特徴の横STG。何よりもサブタイトルがすごい。プロトタイプ(試作版)と言っておきながら完全版とついてるし、初めて見た時は「これ体験版なのか?それとも製品版なのか?なんなんだ?」ってなったし。最後の試作機って意味で捉えても究極の試作機って意味で捉えても「どうせなら本物とか完成品使わせてくれよ…」って気分になる。タイトルだけならちょっとバカゲーっぽい。
そんな中身は軽く遊んだ感じ意外と地味な横STGって感じ。面白い。弾幕系でもなく、かといって高速弾系でもない。サンダーフォースVと矢川STGとデススマイルズを足して3で割って、そこから演出成分と矢川成分を半分くらい抜いたような感じのゲーム。これじゃあ何も分からないか。
ランク可視化システム及び稼ぎとゲームバランスはよくできてると思う。問題点は演出がいかんせん地味なのと弾の飛び方にセンスをあまり感じないこと。だけどまだプレイ時間が圧倒的に足りないからまだ評価は早いかなー。


ブックオフに行ったら、アイマスが500円L4Uが250円ってことはこれは俺に箱を買えって言ってるのかな……。ここにきて第3の選択肢が……

posted by グレイ at 20:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

冥土の土産にデススマイル 円卓ポリスバトライダー

ハロウィンだからかなんだかしりませんが柏のよく行くゲーセンからミスタードリラーとメタスラ3が消え去りデススマイルズ(無印)と真サムに。今となっちゃメタスラ買っといて良かったぜ……
で、とりあえずSTG記念に初の無印デスマやってみたんですが、んあー、難しいっすね。MBLはかなり簡単で3回目のプレイでラスボスと御対面出来るほど、だったんですが無印は難易度が上がってるような。結果は1クレ3−2まで(残りは全部クリア)。それでもケイブSTGの中では良心的というか楽。まあ楽だから面白いってわけでもないんですが。個人的にはそこまで熱中するソフトでもないんだよなあ。鬼の難易度を誇る大往生とかケツイ、虫姫さまふたりとかの方が個人的には好きです。クリア出来んけど。
真サムはたしか幻庵いるんですよね。じゃあやろうかなー。


現在重みをおいてやっているソフトは、何がなんだか分からないと言っていた円卓の生徒。システム、世界観をようやく把握した。いかんせん派手さに欠け地味な感じがするものの凄く面白い。良くできたゲームだよ。とにかく快適。バランスも適切。
で、バトライダーもプレイしてるわけですが、こちらは攻略が絶望的な空気。通電後ランクが異常に高いことは事実らしく、無理な気がしてきた。デモを何度も流せばランクは下がるけれど、プレイもしないで何分も筐体占領するのは悪いし。かといって放置してても別ゲーに刷り変わってたりする。昨日放置してギャラガやりにいったらおっさんが飛翔鮫やってたし。いくらなんでもおっさんの飛翔鮫を奪う権利は無いし…
こうなりゃ秋葉のheyに行くしかないか?電子マネー対応で若干お得になってるかもしれないし。
posted by グレイ at 19:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

ワンダと巨像とアグロと俺と雑記

東京タワーっぽいタイトルだけど中身は全く関係ないぞ。そういや東京タワーが赤い理由はDODでしたっけ?


昨日(実質今日挙げた記事なんだけど)の考えが僕だけが思っていたことなのかどうか、あてになるかは微妙なゲームカタログのワンダ記事をとりあえず確認。
http://www26.atwiki.jp/gcmatome/pages/4130.html
載ってねえな…。まーLSDを面白いとか言っちゃってる人の意見なんか参考にゃならないですよねー。そうですねー。僕が悪かったデス。生まれてすいません。
そんなことはいいとしてかなり興味深い記述が。

ワンダと共に古の地を駆け巡り、時には協力して巨像と戦う。ゲームの孤独感を解消してくれる心の支えと言える存在であり、まさに愛すべき馬である。アグロがいなかったらこのゲームの魅力は大きく減っていたと言っても過言ではないかもしれない。


げ、マジで?今のところ僕アグロに怒りと失望くらいしか感じてないんだけど。孤独感を消してくれるってのはあるっちゃあるけれども…
あいつ巨像と戦ってるときにすげえ邪魔してきた印象がまだぬぐえてないんですよね。うろちょろして気が散るし、弓で狙ってるときに突然目の前に現れて狙撃妨害してきたこともあるしですげえイライラしながら巨像と戦ってたことが。12体目の巨像探すときにも騙されたし。
むがー、こんなこと思ってるからダメなんすかねえ。ワンダ自体は点数つけるなら10点中9,5点あげてもいいくらい素晴らしいゲームではあるんだけど、僕の好きなゲームって点数では測れないものが多いからなあ。つけるなら10点中10億とかそういうの(ちなみにこれは斑鳩)。細かい点が気になるんだよなあ。巨像倒した時の虚無感で全部チャラになるからいいかーって前までは思ってたんだけど、そろそろ限界かも。

アグロに愛着が湧かないってか愛着自体は微量ながらあるんだけれども、でもそうならば僕はトリコにも愛着湧かないことになるんですよね。それはなんか嫌だなあ。あんなに面白そうなのに。ICOはアグロ枠が女の子だから結構いいですよね。ワンダよりこっちをやりたいかも。


・『ダライアスバースト セカンドプロローグ』Google Play、Amazon Androidアプリストアで配信開始!
http://www.famitsu.com/news/201510/26091531.html

これを見た時は「おおっしゃー!!ダラバーSPキター!!とっとと1500Google買ってプレイするぜー」みたいなこと考えてたんですケド、時間が経つにつれなんだか買う気力が減ってきましてね…。そもそも指がヌメっててうまく操作できないのに派手な操作を要求されるSTGを買うこと自体が間違ってるともいえるのかもしれないんですケド。でもZUNTATAの曲をゲームで聴きたいよー。どうすりゃいいんだよー。
…でも実際買った場合ぎゃるガン体験版で身につけた攻略法をライデンレガシー以来久々に実行する羽目になるんですよね……。それは嫌だなあ。タイトーには悪いけどせっかくのSTGなのに今回は応援できそうにないっす。代わりにゲーセンでACEXやるから勘弁してくれ。

・任天堂のゲームクリエイターからゲーム作りを学べる“ゲームクリエイター講座 with SUPER MARIO MAKER”の開催が決定
http://www.famitsu.com/news/201510/26091550.html

精神年齢が小学生の僕でも参加できますか?(できねえよ

・マリオメーカーコース作成講座その2
http://www.nintendo.co.jp/nintendo_news/151022/supermariomaker/

おおおおお、今回もためになる話だぜー。でもむしろ次回の気持ちのいいコースづくりの方が気になるぜー。
どうでもいいけど任天堂ニュースのHPはなんか任天堂らしくないというより公式が病気というかなんというか…。今回も頑張りましことかもう言いたかっただけじゃねえのか?

いい加減ザナドゥ買うかPS3買うか決めないとザナドゥの予約期限が来ちゃうな。ヤバし。でも今一番気分的に欲しいのはサターンとガレッガなんだよなあ。それかLainか。なにをどうすればいいんだろう。


posted by グレイ at 20:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする