2015年11月22日

明後日の方向に走り出すエアシップQプレイ日記その4(たぶんラスト)

みんな!大変だ!どうやらエアシップQのPSN評価がもはやゲームとして機能してるかすら怪しいとして噂のボーダーランズ2を下回っちったらしい!うおー!なんてこったい!これは購入者ほぼ全員がエアシップQをどうしようもないゲームだと思ってることが確定してしまったってことじゃねーか!
……まあ、実際どうしようもない出来ではあるんだけどね。ゲーム部分に関してはチューニングがもう少しうまくいっていれば佳作にはなれたかもしれないんだけど……。うーん惜しいゲームだ。だがストーリーの陳腐さとその表現方法は擁護できん。
不可解なのはこんな内容で賞受賞してたことなんだよなーって思ってたら2chにてモンドセレクションみたいなもんってことを見た。うーむそういうもんかー。


で、口直しのために積みゲー消化に乗り出した。いつ買ったか覚えがないニードフォースピードVitaとスチームワールドディグをプレイ。どうでもいいけど某サイトの積みゲー管理情報によると俺は40本以上積みゲーがあるらしい。詰みゲーも含んでるにしてもいったいどうしてこんなことに……

・ニードフォースピード
普段レースゲームやらない身としてはマシンの挙動なんかはさっぱりなんだけど、リッジに比べると現実的。だけど現実的じゃない。そこがなーんかかみ合ってない感じ。この辺は慣れれば気にはならなそうだから別に良いかね。
優れたグラフィックで街を気の向くままフラフラできるのは超イイ。だがケーサツの追跡が始まったりであんまのんびりできない。この辺もなんかかみ合わなさを感じる。まあそこまで気にするほどのことでもないけど。
今のところは結構不満もなく楽しんでるけど、あえて挙げるとしたらクラッシュ描写かなあ。なんというか地味。派手さに欠ける。エキサイトバイク64で死に方の研究(何やってるんだ)をしてたほど身からするとこのクラッシュ描写の地味さはどうにも問題だろう。
うーん、こうなってくると原田勝彦さんが滅茶苦茶推してたバーンアウトシリーズの方が俺にゃ合ってるのかもなー。そういうことも含めてもうちょいプレイが必要かもな。


・スチームワールドディグ
見た目はテラリアっぽかったがどっちかってとディグダグ、もしくはパズル要素がなくRPG要素のあるミスタードリラーってところか。
これは、いいんじゃないかな!こちらもたぶんインディーゲーだがエアシップQと比べても不満が出てこない。小粒な良ゲーといったところか。
地道に地面を掘っていってお宝を回収。そして地底を探索して主人公をパワーアップ。基本これだけだがそれらに飽きが来ないよう作られてる感じはある。掘るアクションは地味だが、それ以外のアクションは爽快感がちゃんとあるし、壁キックとかダッシュもできていい感じ。レスポンスも悪くはない。どんどん主人公が強くなっていくのにはロックマンらしさを感じる。
現状大した不満もないのでこちらは良い気分のまま最後まで行きそう。楽しそうなゲームで何よりだ。


……これのどこがエアシップQ日記なんだか……
ラベル:エアシップQ
posted by グレイ at 18:00| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする