2015年12月07日

Flowery感想

正直、今まで遊んだVitaのゲームの中でも一際完成度の高い作品だと思った。プレイ中感動して涙を流すほどだった。それほどの破壊力をFloweryは持っていた。
しかしこのゲームの魅力を伝えるのは難しい。語ろうとするととにかく抽象的なことしか浮かばない。どうしたもんかな……


まずFloweryがどんなゲームかってと花びらを風に乗せて操作し、次々とつぼみに当たり花を咲かせ、花びらを増やしていき、エリア内を花で満たすゲーム、とも言えばいいか。癒しゲーと言われることが多いそうだが自分はあまりそうとは感じなかった。いや正確には、4面途中まではその気があるかなーと思っていたんだが、その後の演出を見せられちゃあねえ……。
公式ジャンルは「ポエティック・アドベンチャー」。ポエムと言えば伝説と化したスクウェアが送り出したレースゲームが思い浮かばれるがああいうゲームではない。というかゲーム中一切文字が出てこない(操作変更の文字などを除けば)。物語を視覚的情報のみで伝えようとしている作品と言えるだろう。ワンダと巨像やICOが近いといえば近いのだがそれとも違う印象を受ける。風ノ旅ビトをプレイしてればああいうのって言えるんだけどね……
そんなわけで演出はどことなく詩的というかなんというか。開幕の現実世界とその後の美しい草原の対比とか、非常に言葉にし難く、また人によってさまざまな解釈が可能となるような演出が多い。そのどれもが超高クオリティなのだから素晴らしい。ゲームならではの物語を徹底してる稀有な例と言えるかもしれない。とにかくプレイしてみてほしい。きっと心に何かを残してくれるはずだ。

操作はジャイロで傾けボタンを押すことで画面奥へ進むといった感じ(タッチ操作もあったけど保護シート張ってて反応が悪いと判断し未検査)。所謂スペハリ系、ナイスト系の操作で弾を撃たないといえばいいか。
操作性はいっちゃあなんだがあんまりよろしくない。が、それも含めてこのゲームの味だとも思う。オクトダッドのように劣悪な操作が面白さに結びつくってわけでもなく、ただ煩わしいだけとも取れるかもしれないが、そもそもゲーム内容が花びらを風で操作するってもんだ。うまくできるわけないよ。この煩わしさもなんだか風に揺られる感じでいいもんじゃないか。
それより特筆すべきは爽快感があることだろう。いや自分はこの手の雰囲気ゲーには爽快感に欠けるものが多いと思ってたんだけどこれは爽快感アリアリだったんじゃよー。特に3面。風に吹かれて高速移動!そして高速でつぼみにぶつかっていきババババっと次々開花!この爽快感は中々味わえるものではない。しかも開花時の効果音がこれまたいいんだよ。本当によくできてると思う。

何より音楽!やっぱこれだろ。先に書いちゃったけど効果音含め音楽の完成度が極めて高い。癒し系の音楽…といえばそうかもしれないけれど、とにかく聴いてて心地よく、そのヴィジュアルに恐ろしいほどマッチしている。ぜひともゲームで聴いてほしい音楽だ。

難点、というかネックになる点(同じか)はその短さだろう。このゲームは所謂ゲームオーバーもなく、誘導もかなりしっかりしているのでサクサク進んでしまう。それ自体は全然問題ないのだが総プレイ時間2時間程度でクリアできてしまうのをどう捉えるかで話は変わってくる。
トロフィー集めもやることを考えればプレイ時間は伸びるだろうが少なくとも長く遊べるゲームではないと思う。が、これはデメリットでもないと思う。2時間の間であれほど濃密で他では味わえない体験ができるのであれば全く不満にはならない。


とにかく素晴らしいゲームだったことは間違いなく、高評価なのもうなずけるまさに名作という感じの作品だ。特に5面~6面の演出は素晴らしく、5面のあと6面を体験した際すげー!!としか言えなかった。これは今流行してるような実況動画を見ることだけでは一生味わえない、体験して初めてそのすごさと面白さ、快感が分かるようなゲームだと思う。一見ゲームらしいゲームには見えないけれど、ゲームならではの面白さを含んだ非常にゲームらしいゲームと言えるだろう。PSハードを持っててこれをやらないなんてもったいない!今すぐこれをやれ!って言いたくなるような作品だった。
ラベル:感想
posted by グレイ at 18:00| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

11/30~12/6

ダライアスバーストクロニクルセイバーズが海外ではもう発売されてるみたいですな。
なんか光導がずれてるって言う噂を聞いたけど、どうあれ俺は待つよ。俺はね。
でも正直海外版アカってかもう一台Vita欲しくはあるのよなー。ジェフミンターのゲームできるし完全版グラポータブルできるし。スライクーパーやジャック3もできるぜ。


・ディディーコングレーシング
ようやく慣れてきたか?現在の進行具合はドラゴンゾーンまでは完全クリア(バルーン全制覇、トロフィーレース優勝、ミニゲームクリア、ボス2戦クリア)。だがドラゴンゾーンが鬼ムズイ。特にグリーンウッド村。通常レースであの難易度ならコイン集めはもう絶望じゃねーか……
今はボス1回戦をやっているところだけど全然できない。フライングドラゴンのフライングが面白くて集中できない、飛行機の操作が難しい、コンカー遅いってのもあって勝てる気がしない。どーしたもんかなー。
ドラムスティックを使ってみたら(中古だからデータに残ってた)異常に強かったから勝った。がどうにもなんか相性が悪いような。
で、グリーンウッド村のコイン集めができる気がしないんだけどどうすりゃいいかねー。

・極上パロディウス
どうにか感を取り戻しつつあるようだ。1クレ5面。あと数十クレつぎ込めば1クレAllできそうだぜ。なんとか早くパロパロダンシング!を拝みたいもんなんだが。
4面ボスの倒し方も思い出せて満足。ちょいとメモ。
1面~2面:パワーアップは極力封印。スピードは1速、WAY弾は2~3段階くらいで抑えておくといいかも。ミサイルはとりあえず持っとく。シールドは厳禁。
3面:シールド解禁。WAY弾をパワー上げ。死んでもここならまだどうにかなるので頑張る。ボスは誘導をしっかりと。
4面:お家芸高速スクロール。とりあえず2速。シールドよりもまず赤ベル(菊一文字)の確保。出来なかったら死に物狂いでどうにか頑張る(割とランクを抑えてればどうにかなる。WAY弾のパワーがそれなりにあってシールドがあれば)。
ボスは開幕上に位置してショットとミサイル乱射。これで上下の武装が剥げるので後は煮るなり焼くなり。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレ5面。昔PS版やった時もデフォルト難易度でこんなもんだったから成長してないな。

・flowery
素晴らしいゲームだったのは確かだがこれはトロフィー集めするようなゲームじゃないよな。むしろぽけーと無心で純粋な気持ちで遊ぶのに適したゲームといえるか。

・1001 spikes
始めてみた。噂に違わぬ高難易度…というか初見殺しのオンパレード。ファナティックって言葉がピッタリだなホント。
ゲーム内容はロックマン+魔界村といったところか。難易度的にもそれらとどっこいどっこいかそれより下くらいの印象を受ける。流石にノーミスクリアとか言い出したら絶対それらより高いけど。
すり足や空中制御はロックマンと同じくらい重要で、ここは丁寧に作られてる。ギミックの初見殺しっぷりもロックマンチック。ただ大した救済措置(莫大な残機を除く)もなく死に覚えゲーであるところは魔界村っぽい。これは面白いゲーム買ったなー。年末まで退屈せずに過ごせそうだ。

・アームドポリスバトライダー
クリアしたのでいったん別ゲーに移行。さらばエミュ台!もしかしたらどうにもこうにも人生が回らなくなって帰ってくるかも分からんけど。

・メタルスラッグ3
3面の攻略法が掴めない。1クレで3面中盤まではいけるんだが……。あとボスも絶望感満載でもうどうしていいやら。

・ゼルドナーエックス2ファイナルプロトタイプ
ダラダラプレイするも全く進展なし。チャレンジモードが難しすぎる。むー。
このゲームは面白いか面白くないかで言えば面白いゲームではあるんだけど遊んでて気持ちが高揚するとかは全くなくただただ無なんだよな。もはや何でこのゲーム遊んでんのか分からなくなってきた。

・円卓
ドワーフ坑道をクリアしたよ!んなわけで次の海底神殿的スポットを探索。魔法使えないとか急に難易度上げてきたな。

・ギャラガ
確か1クレ13面だったような。全然成長が見られない。

・グレイセスf
フーリエを倒したぞおおお。だが今度はイヴィルソロモスに勝てない。これはノーマルでもキツイんじゃないのかー。

・ホワルバ2
ic屈指の鬱パートを見終わったよ!精神がぶっ壊れそうだぜ。冬こそホワイトアルバム2!

・LSD
ゲームを始めたらこんな文章が。
孤独
私はどこか遠くから
やって来た。
しかも随分疲れてる。
どうして誰も待っていて
くれなかったのだろう。
私はここでも
独りきりなのだ。
私のいる場所は無い。
そしてこれから
行く場所にも。

…なんだろう、自分のこと言われてるみたいで辛い。
肝心のゲーム内容は今回もいつも通りなんだか分かんない。壁一面にいい服がいい再び。あと赤茶漬け。赤茶漬けってのは実際にある料理名なのか?と思ったらあった。あとついでに力士にも似たような文字が書かれてた。もう覚えてないけど。


・ブックオフ
とりあえずRezと絢爛買ってきた。各々250、500円なり。
Rezはいずれやるけど絢爛は大して面白そうに見えないしやるかどうか分からんな(じゃあなぜ買った

・ゲーム音楽史
hallyさんのブログより。
http://d.hatena.ne.jp/hally/20151205
ええ~~~~!!!そんなのありかよ~~~!!!
ちなみに例の『ゲーム音楽史』については参考になったっちゃなったけど抜けは多いわ事実誤認だわでダメダメだったのでとても人にはオススメできない内容でした。で、もう売っちゃったんだけど。
何より頭に来るのは主観的な書き方をしてるのにファミコン時代音のクオリティが桁違いに高かった「サンソフト」が全然取り上げられてないことだよ!!!あったまおかしいんじゃねえの?アーケードよりじゃなくてコンシューマよりならなおさらサンソフトは取り上げるべきだろうよ!ああ?知名度がない?ばっか野郎!いっきとアトランチスがあるだろうよ!
その二つは特出して音楽がいいってわけでもないけど(え?)、ギミックやラフワールド、へべれけ、バトルフォーミュラとか音楽が同年代と比べてもヤバいほどクオリティ高いソフトがあったじゃねえかよ。なんで取り上げなかったんだよ……。
しかしこのままだと「本当の」ゲーム音楽史が発売されるにしても、それにゲーム音楽史ってつけちゃあいけないのか。なんかもう無念としかいいようがないな。僕はただ本当のゲーム音楽の歴史が知りたいだけなのにー!ゲーム音楽のルーツがシェリフにあるかどうかを確かめたいだけなのにー!(田尻さんがなんかの本で言ってた
というよりもう共著でも何でもいいからアーケード基板、PC(88とかMSXとか)、コンシューマ機のゲーム音楽の「本当の」歴史本をだれか書いてくれませんかねえ。マジで。ZUNTATAのばびーさんとか並木さんとかHallyさんあたりのハードにも基板にも知識がある人たちが集結して。
…需要がないか。ないな。未来なし。皆さんそもそも忙しいですしね。
コミケみたいな同人誌にはこーいう本もあるのだろうか。うーん社会勉強もかねて参加したほーがいいのかも分かんないな。
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする