2016年01月31日

くるくるくるりん スマブラ追加キャラ 特典目当てでソフトを買うのは……?

現実逃避にくるくるくるりんなんてのを開始。おお、こりゃ素直に面白い。こじんまりとした良ゲーということで自分の中では有名なシリーズ(世間では全く噂を聞いたことがないからメジャーかマイナーかどうかは知らない)だったんだけど、未プレイだったんだよねこれ。今回プレイ出来て良かった。
ルールはもろにイライラ棒で障害物及び壁にぶつからない様に自機を操作するだけのお手軽ゲーム。敷居は物凄く低くて誰でも遊べるけどゲーム自体は全くぬるくない。つーか普通に難しい。既に死屍累々だぜ。しかもタイムがめちゃめちゃ遅い。ゲーム自身にバカにされてるようだ。うーむ。とはいえ単純なゲームだからやり込めばタイム短縮とか行けるんだろうな。そう思うとこのバランスも悪くは思えない。
一番の疑問はこんな誰でも遊べるような優れたゲームを出したのが、バトルガレッガバトライダーグレート魔法大作戦などの凶悪難解STGを次々と送り出したエイティング(こいつらはライジング製だけど)だってことだな。てっきり変態システムがねじ込まれたものを想像してて、だからあんま流行らなかった(主に自分の周りで)のかなーと思ってたんだけどここまでシンプルで面白いゲームだと思ってなかった。逆に何で流行らなかったのか疑問なレベル。うーむ、シンプル過ぎてもダメなのかなー。


・『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』カムイ&ベヨネッタの配信日が2月4日に決定!【闘会議2016】
http://www.famitsu.com/news/201601/31098437.html

しまった!こいつらの存在を忘れてた!やっぱり友達とやらないとスマブラの存在は頭から抜け落ちちゃうね。つーか正直Xの方が面白かったと思ってるからかもしれないけど(ゲーム自体は納得のいく良ゲーだと思うよ)。格ゲースキルポンコツの自分でもできるようなゲームであってほしかったのだが、ゲームとしての奥深さを考えたらそうもいかないのか。
ベヨネッタやってみたいし箱でも買った方が良いのかなー。自分の中でアイマス熱が再開してきてるし都合よくソフトだけは持ってるし。HDモニターと合わせて購入を検討してみようか。PS3も欲しいけど(というか正直こっちのが欲しい)。


2月には雷電V、3月にはトワプリHDとサントラ付いてきちゃうゲームが出てしまう。のは結構なことだが問題はハードがないことなんだよね。欲しいんだけど。
トワプリに関していえばサントラのために購入がほぼ確定してしまってるのだが果たして。つーか普通に売ってくれればいいのになー。雷電の方に関しちゃそうやって特典とかつけないと売れないような気がするからまだしもゼルダなんて超メジャー作品なんだから普通にCD出してくれよお。
というか今回のゼルダのCDってどんな仕様なんだ?もしかして海外版トワプリサントラと同一のもの?それならむしろそっちを買いたいんだけど。
※参考資料http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g147293968


posted by グレイ at 18:51| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

完全にしまった!!

今日って「8bit music power」の発売日だったんだな。完全に明日だと思ってたぜ!!こいつはまずい!!8ビットミュージックを愛する者としてなんたる失態だ!!とりあえずAmazonで購入してこよう。つーか俺動作確認済みの互換機持ってない(ニューファミコンは持ってる)けど動いてくれるかしら。
posted by グレイ at 20:33| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

艦これ壊 ドラクエビルダーズ体験版 そういえばこの当時任天堂って電波なCMが多かったような……

部屋の暖房が効かないのでクソ寒い中勉強。しかし勉強中に聴く音楽が不足してるような。というより作業用に使える音楽がなんとなく減りつつあるよーな気が。
テンションを上げる音楽自体は不足してない。それはいっぱいあるんだよ。ZUNTATAとかハイスピードテクノ系ゲーム音楽(F/Aとかリッジとか)とか戦闘曲とか。だがそういうのじゃなく、垂れ流しにしてゾーンに入れるような音楽が良いんだけどそういうのはなかなか。最近買ったR:REの「Deep Resonance」「Liquid Soul」「Divas」あたりは納得の超いい音楽で集中も出来るんだけど、ふと気づくと音楽の方に集中してしまう。グルコースのCOSIO氏作曲の曲は非常に心地いいがこちらも音楽に集中してしまう(ちなみに土屋さんの曲は好きだけど作業にゃ向かないのでこういうときにはあんま聴かない)。ストイックロマンスとかはかなり集中できるけどそうしようとすると謎の会話と電波ポエムが妨害してくる。今日は普段と気分を変えるためにホワルバ2の曲をかけてみたが、ボーカル曲を聴いていたらどうしようもない切なさに襲われた。海腹川背もボーカル曲があまりによすぎて集中できず。どれもこれも全て良曲なんだけど作業用に向いてる曲とは言い難かった。
ううーん、個人的にはスパドン3の「Northern Kremisphere」「Treetop Tumble」「Cascade Capers」、メタルブラックの「Area 26-10」、ムジュラの「ウッドフォールの神殿」、moonの「父よ私に神の力をください」「THE OTHER JET」「美好的」あたりは垂れ流しにしてるとかなり集中できるんだけどなあ。最近だとザナドゥの「トレーニンググラウンド」とかもかなり良い。こうしてみると統一性が何一つないな。やっぱりどんどんサントラ買っていった方がいいのかなー。好きな音楽と集中できる音楽が違うこともあるしなー。


見えてる地雷と噂の艦これ改だが自分は本家(ブラウザ版)を知らないから画面がしょぼいと思っただけで、むしろブラウザ版もこんなのなんかなーと思っていたんですよ実は。
でも流石にこれはちょっと……
艦これ改 -
艦これ改 -
ここのリザルト画面を見てたら寒気がしてきたぜ。いや、これはちょっとひどくないか?なんというか手抜き以上の誠意の無さを感じる。いくら背景なんて誰も気にしないにしてもこれは無いだろうよ。恐ろしい。一体どんなゲームに仕上がってるんだ……。今までは流行チェックのために買おうと思ってたけど、ここまでアレな出来が漂うならクソゲーハンターの血も騒いでくるぜ。俺ハンターでも何でもないけど。


それはいいとしてドラクエビルダーズ体験版をやってみたが滅茶苦茶面白い。ウルトラスーパーデラックス面白い(そりゃカービィだよ)。
これは素晴らしいな!サンドボックス系ゲームの面白さを保ったまま、ドラクエのもつ誰でも遊ぶことができるっていう手軽さも加わってる。マインクラフト、テラリアにて敷居の高さに繋がってた「何していいか分からない」ということがちゃんとやるべきことが明示されてるので遊びやすい。クエストをこなしていくうちにクラフトの基礎を学べるのでものづくりも安心。更には設計図システムもあるので家作りも楽勝。
何していいか分からない部分を解消したは良いものの根本のゲーム内容がガタガタしてたエアシップQなんかとは比べ物にならないくらい面白い。体験版でここまで面白いってことは製品版も面白いんだろうな。これにてビルダーズは購入予定だったけど購入確定!
ただ問題点がないわけでもなくて、このカメラワークはなんとも。もーちょい何とかならねえのかなーと思った。3人称視点なのは個人手にはやりやすかったけどね。後はもう俺の問題だけど3D酔いが発生してしまった。マイクラはわずか10分でゲロ酔いして1時間くらい絶望的な体調不良に襲われたんだけど、それに比べたらマシだけど1時間程度で限界が来る。やっぱり自分にできそうなサンドボックスはテラリアしかないのかもなーみたいな。
しかしこの3D酔いを起こす体質はどうすりゃ克服できるのか。頭ではしっかりと納得のいく傑作だったDAZEもゲロゲロに酔って1時間持たないゲームだったんだよなあ。クリアしたけど1周しかしてないし(追加コンテンツ買ったような気がするけどやってない)。3D系ゲームは好きなのにどうすれバインダー!


名探偵ピカチュウ登場でニンテンマネーが余りそうだからVC探し。そういえばハッピィパネッチュはなんかVCにこなそう(傾きセンサー作品だし)な予感がしたから確保したけど、ちっちゃいエイリアンとかやっぱ無理なのかな。やってみたいゲームではあったのだが。でもホントにやりたいのは狂ったCMしか印象に残らなかった私的任天堂マイナーゲーの一つ「のののパズルちゃいリアン」のほうなんだけどなー。
つーかポケモンでパネポンをとっとと出せや。でないと遠い昔に売っぱらった(というか無くした)GBC版買っちゃうZE!というよりGBASPあるし普通に買ってもいいな。

posted by グレイ at 19:22| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

あ艦これ マブラヴとかアーカイブスとか 稼ぎプレイ

見えない地雷と(俺の中で)話題だった艦これVita版の公式サイトにスクリーンショットがあるとのことだったので早速見てきたが……
なんというか、しょぼそうな出来具合だな。でも元のブラウザゲームを詳しく知らないからかもしれないけどこんなもんかって気にもなる。これにて見えない地雷から見えてる地雷にめでたく格上げか。
開発はあの角川らしいね。この時点でもうゲーム内容はあんまり期待できそうにもないけどはたして。つーかなーんで外注にしないのかね。角川が販売してる作品は開発会社がまともなら結構面白いゲーム出してくれるのになー(例:ダラバーCS(ピラミッド)、デモンゲイズ、円卓の生徒(エクスペリエンス))。もうエンターブレイン系の人たち(TLS系)って残ってねーのかな。
こんな死臭が漂うような気配があるのにも関わらず流行りを知るためにこのゲーム買うのは辛いなあ。正直こんなゲーム買う金があったら他のゲーム買いたいよ(おでんとか勇者死すとかドラクエビルダーズとか)。でもバカ流行りしてるその理由を知るためにも買わなきゃいけないってのがなー。流行りのゲームを遊ばないとゲーム好きにすらなれないって強迫概念があまりにも苦しい。かといって過去に閉じこもりSTGとか64とかPS2とかそんなのばっかりやってるようでは未来が無いし。でも逆に考えれば極めてフラットな状態でゲームできるからもうそれでいいか……。初めからエアシップQより下回りそうな出来だと思ってプレイすれば少しはマシだろうさ。たぶん。そもそも艦これ好きな人たちは今作買わねえと思うけど。はー気が重い。こんな気分で買われる艦これVitaもたまったもんじゃないと思うだろうけど。誰が悪いかといえば全く流行りに乗らない上に訳の分からない強迫概念に苦しみながら買おうとしてる俺なんだけど。
それでもまだ心から面白いゲームを見つけて遊べるだけでも自分は救われてるのかもしれない。最近だとダラバーCS、コトバトル、去年のだと1001SPIKES、ティンクル、ホワルバ2、JSRとかか。こういうゲームができるだけでもありがたいと思わなきゃだめだな。


全然話は変わるけどPSNで今マブラヴシリーズ買うとシュバルツェスマーケンプレビュー版がついてくるらしいですよ(3/31まで)。無印はともかくオルタネイティブは面白そうなんだよな。しかし無印は(俺にとって)しんどそうなゲームだ。なんというかポップな美少女ゲーのノリを感じる。猜疑心とか裏切りとか嫉妬とか恨みとか妬みとか懊悩とか嗚咽とか鬱とか虚無とか絶望とかそういうのを感じない。もしかしたらあるのかもしれないけど。そういうのがないと安心できないんだよなあ。なんか作り物の感じがしちゃって、さ。
そこ行くと君が望む永遠は滅茶苦茶面白そうだよな。こういうゲームをどんどん出しちゃってYo!と思ったけどどんどん出たらそれはそれで嫌な世界だと思った。
久しぶりにアーカイブスが出たので軽く見てみたけどどうも一本はなんというかカプコン臭い…というかインティ臭い。このグラフィックの感じはどことなくそう思える。
…と思ったらマジでインティ制作だったらしい。マジかよー。
http://www.sonymusic.co.jp/Amusement/gunbike/
2097年7月21日。極大地殻変動後の異常大気層によって空を失った旧人類は、
侵略を続ける新人類〈ミチ〉に対し、世界規模の一大反攻作戦〈アリアドネ作戦〉を決行する。
通常兵器の通用しない〈ミチ〉の攻殻兵器を破壊する為に開発された、
自らの身体を超 高速の鉄塊と化す特攻兵器……それが、ガンバイク。
目的完遂を絶対とし、生還は許されないガンバイク特攻隊。
搭乗者のイッペー、ノウノ、アミは人類の希望の一糸を紡げるのか…。

紹介文見る限りなんだかおバカな感じがするが一体…。ここにきて面白そうなゲームが出てきてしまったぜ。つーかおバカな感じとか言ったけどぎゃるガンとかバカの塊みたいなゲームも送り出してるからあんま変わんねえか。流石だぜインティ。この期待感。早いうちにカワネバ!ついでにマブラヴかネットハイかその他のゲームも買っとこう。


・「ハイスコアを狙う楽しさ」について本気出して考えてみた
http://mubou.seesaa.net/article/433095726.html

ほほうって感じの話。参考になる。面白い。
だがそもそも自分は稼ぎなんてよっぽど面白くない限り難易度が上がるだけでしんどいだけって印象になってる。だからダライアスシリーズの稼ぎにはそっこまで惹かれるものは無かったりするんだよね。そりゃダラ外とかダラバーで鯨のドリル稼ぎやってるのを見てスゲーって感じることはあるよ。でもそれだけだ。自分もやってみようと思ったことは無い。まずできないし。
というよりたぶんこりゃ俺にはスコアを競い合う相手がいなかったってのもあるのかもしれないな。友人はほぼ全員STGに興味はなく、また俺自身の腕前も稼ぎ云々を抜きにしても悲しくなるくらいへっぽこだしね。つーことで俺にはハイスコアの楽しみはよく分からない。終了。
…と終わってしまってもいいんだけど、実はバトルガレッガとかバトライダーとか斑鳩の稼ぎは心の底から楽しいと思えるんだよね。思うにこいつらは稼ぎそれ自体がゲームデザインと密接に絡んでるからだと思うんだよなあ。バトルシリーズなんてその典型例で稼ぎと死亡によるその歪んだ難易度曲線はある意味芸術的ですらある。斑鳩の方はチェインシステムと密接に絡んで練りに練られまくった敵配置が神がかってるのが素晴らしい。特にこっちは不確定要素がほとんど無くやり込んだだけ結果に反映されるからね。こっちも基本難易度はべらぼうに高いからこそ稼いでエクステンドした残機でピンチをしのぐってのがまたアツいんだよね。そんなわけで各STGメーカーの皆様には「こりゃあ面白えや!」と思えるような簡潔でアツい稼ぎシステムを採用した作品が出て欲しいと思う次第で候。個人的には斑鳩みたいなやつとかパロディウス及びバトルシリーズみたいなやつが好みなんだけどそれはそれで人選びそうだよな。レイシリーズとかストライカーズ1945の金塊とかも中々アツいと思うよ(全然できないけど)。逆にケイブSTGとかライデンファイターズシリーズはとことんダメ。稼ぐと死する。稼ぎを抜きにすればゲーム内容は大好きなんだけどね。

posted by グレイ at 21:33| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

依存症 アイマス新作は面白そうだった

試験の出来具合があまりにもダメすぎて精神的に調子を崩し気味。あまりにも精神が荒れてるのでNoom Ad Neetorとかグルコースの怪談リミックスを流して憂さ晴らし。イヤッホーこういうテクノは最高だねー。
だがあんまり解消されなかったのでゲーセンへ。試験期間なのにゲーセンに行っちゃうこの現象はどうすればいーんだろうか。頭の中ではこんなことしてる場合じゃないってことが分かってるんだけど、実体のない何かから逃げたくてSTGやりに来ちゃうんだけどどうしたもんか。ゲーム依存症は進行中、ということか……。
ところで、昨日書いた全く中身のないSTG=音楽話はどっかで聞いたことあったんだよなーと思ってたけどゲーモクさんのとこにそれっぽい話があった。そうそうこれだよ。
http://web.archive.org/web/20050512165949/http://gmk.9bit.org/note05q2/050418-thinkabout.htm


ファミ通小感想のコーナーでございます。今週は珍しく中身が濃かったようなってか自分が気になるものが多かったって感じです。

・タイトーアミューズメント事業
なんだかんだタイトー割と大丈夫そうだな。ちなみに記事内で触れられてた電子マネー決済だけどこれメチャ便利なんだよね。僕も体験するまで硬貨の方が良いに決まってるじゃねえか何考えてるんだと思ってたけど一回使ってみたら超快適。しかもクレジット詰まりとか起きないし。タイトーには頑張ってもらいたいので今後も適当にグルコースとかを不定期に遊んでいく所存。あーHeyにも行くと思うよ。

・アイマスプラチナスターズ
一番ビックリしたのが今年発売予定だということ。おいおいマジかよ!?早すぎるぜ。これはPS4購入の時が来たか…?まだ一番期待してるUBUSUNAの情報のかけらもないけど。
ゲームとしての情報はほとんど出ておらず、アイドルの新規モデリングというかそういうのが載ってただけ(あと坂上さんのインタビューがあった)だけだからゲームとしてどういう内容なのかはあんま分からず。そこが僕にとっては重要なんだけどなー。肝心のグラフィックだけど、やっぱり綺麗なアイマス(箱マス、2、OFA)を体験してないせいか変化があったとは分かるもののすげえ劇的な変化とも言い難いような。つーかこりゃ実際やって確かめるのが重要だから別にいいか。
ちなみに劇的な変化はないみたいなこと書いちゃったけどあるこたあるんだけど俺にとってだけかもしれないからそこを念頭に置いといてくれれば、真が結構変わってたように思える。なんつーか、ちょっと女の子らしさが上がってるような気がする。箱マス→2ではかなりボーイッシュらしさが上がったように思えたけど、今作では箱マスよりも女の子らしさが高いように感じる。てか感じた。真はアイマスの中では雪歩と並んで一番好きなのでこれは嬉しい限りだね。ああ雪歩も可愛かったよ。

・なぜ俺は真と雪歩が好きなのか
ふと思ったけどアニメ見ない萌え分かんないと言いながらアイマスには割と肯定的なこと言ってるなー。しかも真と雪歩に関してはある種特別な感情が働いてるようにも思える。いったいこれはナンナノカ。普段ギャルゲーよく分かんないとか言ってるのにコレハドウシタコトカ。
といってもそこまでの深いアレはなく、単にゲームやってべらぼうにハマったのよね。やったのはSPだけど。真は最初にプロデュースしたキャラで、雪歩は初めて評価100点取ったキャラで。そういう意味でも思い入れがどうしても他のキャラよりも大きく出てしまうんだろうなーみたいな。雪歩に関しては初め苦手だったんですよ。なんだか難儀な性格だなーみたいな感じで。でも実際やってみたらやる気は凄いあるし一生懸命だしでねえ。なんとかこの娘をトップアイドルにしてやりたいって思いが出てきてねえ……。だからこそ、評価100をもらえた時は嬉しかったなあ……(泣いてる
真に関してはもっと単純で、最も女の子らしいからって理由で好きだったりします。たまーにピントずれたこと言いはなったりすることもあったけど、全体的に趣味思想が女の子らしい。それでいてもっと女の子らしくなりたがってるのがものすごく好きだったり。初めてシナリオモード完走できた時は良かったなあ……(また泣いてる
こんな風に情緒がおかしくなるくらいには俺ってアイマス好きだったんだな。むしろかなり意外だ。アケマスとSP、シャイニーフェスタくらいしかやってないのに。不安もあるけどなんだかんだ楽しみになって来たぜアイマスPt。

・テラリア
ニンテンハードでも出てくれるぞ!やったね!てか名作なのでぜひともこれを機にプレイしていただければ。
しかし3DS版は不安だ(性能的に)。New3DS専用ソフトにでもした方がよかったんじゃないか。

・闘会議
俺らのZUNTATAがライブやっちゃってワオ!みたいな。行ってる暇ないから行かないけど。しかしこうして平然とZUNTATAにCOSIOさんが加わってると一体何で辞めたんだ…?と思わざるを得ない。タイトーとなんかやってくれること自体はすごくうれしいけどね。
ちなみになんか虫姫とガンバード2のウルトラプレイが見れるんですって。はへーって感じ。最大往生で陰蜂討伐とかやった方が盛り上がりそうだけどね。

・Life is strange
時を巻き戻して組ほどいていく洋アドベンチャーゲーム…ヤバい。これ相当面白そうだ。しかもPS4で出来ちゃうとは(PS3、PCでも販売)。これのためにPS4買うほどではないけど、チェックしとこう。

・勇者死す
体験版がなんと1周丸ごとプレイできるということで嬉しい反面これなら買わなくてもいいんじゃとも思ってしまう。が、これは周回してこそのゲームバランスになってるんだろうなー。そう思うとやっぱりちゃんと買っとくべきなのかもしれない。

・ダークソウル3
そういや大学の友人からPS4買ったったーって言うことを聞いたんですよ。ブラッドボーン出来て毎日幸せだって。うらやましいっすねー。つーことでこれもPS4気になる作品の一つだけどこれやるならまずはデモンズだよなあ。

・無慈悲
さほ先生なんだか悲しい生活してたんだな。かくいう自分も祖父祖母の実家に帰ったはいいがやってたことはニードフォースピードと麻雀しか覚えてないんだよなあ。無念な生活から救われる日は来るのか。

・ドラクエビルダーズ
マイクラとかと違ってちゃんとドラクエみたく誰でも安心して遊べるように工夫してるそうだ。つーことはマイクラテラリアとはまた違ったところフォローできてる傑作として成り立ってる可能性がある。そんなこと言ってないで早く体験版を遊ばないと。

・艦これ
まさかのVita版情報無し。ば、バカなァアァア!?これで見えてる地雷か確認しようとしたらそれすら出来ないとはー!?これじゃあ見えない地雷確定じゃないかー!?
見えない地雷って言ったけど地雷ってそういうもんだよな。
そんなことはさておき美少女に興味なし&萌えが分からない自分でも楽しめるんだろうか。もはや購入動機が流行りを調べるくらいしかないんだが…。肝心のゲームシステムはおろかジャンルすらわっかんねえし。これでただ艦娘を愛でるだけのゲームなら俺の心は粉々に粉砕されもはやSTGしか安住の地は無い何もかもぶち殺したいぶっ壊したいSTGSTGS・T・G!!みたいなことになってしまうけど頼むぜホント。
android版ってどうなったんだろうなー。こっちもまさかの見えない地雷なのだろうか。いやこっちは流石に本家がやってるからまともなゲームになっているであろー。たぶん。あんま知らんけど。

・桜井コラム
読者の手紙に興味深い記述が。
(前略)
一方、遊び手はどうでしょうか。お金をかけているからと言って強者である価値観を持ち、時には不買運動を行い、匿名かつ顔が見えないことをよいことに、オンラインプレイではお互いを煽り罵り合い、メーカー公式やその関係者のSNSに不満や誹謗中傷を送る始末。作り手も遊び手も人間だからそれぞれの考えや限界はありますよね。でも、一部の遊び手は自我が強くなりすぎて、それをないがしろにしがちのようです。確実にゲームは進化してるのに、遊び手が退化し続けたら業界は無くなってしまうのではないでしょうか。

あはは、アハハハハ!!なんだか変な汗が……(そんなことした覚えは無いけど)。つーか俺はそういう煽りあいが心の底から怖いからそういうゲーム(オンライン絡み)には近寄らない様にしてるから問題ないネ!業界の進化からはおっそろしいほど取り残されてるけど。そもそも過去にさかのぼり他人に全く干渉されないSTGばっかりやってる自分には何一つ関係ない話だった。
個人的には遊べるだけでもありがたいとは思ってるんだけど(本体が動作不良起こしたりクレジット詰まったり突如フリーズしたりした経験があるからね)、遊び手は一切悪くないと言いきっちゃう桜井さんは凄い人だなーと思った。その一方でそういう煽りあい可能なシステムが搭載されてしまったスマブラ4に関しては何とかした方がいいんじゃねーかなーとも思った。罵詈雑言吐く側が悪い話ではあるんだけどね。

posted by グレイ at 22:03| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

疲れ リズム 名探偵 落ちる井戸 グルコースサントラ

うーん最近はなんだか疲れ気味なのかもしれん。そりゃまあ試験期間真っ最中だし、しかもプレッシャーによって腹を下したり鼻がおかしくなったりと散々なんだがそれはいつものことだからいいんだが、疲れが取れてないよーな気がする。
それに気が付いたのは津田沼でストライカーズ1945Ⅱをプレイしたときだ。このゲームはそこまで難易度高くなく、自分の腕前なら5面は行けるのだがどうしようもない凡ミスを繰り返し4面止まりだった。PS版にて39度の高熱にうなされてるときですら5面到達が出来てたので相当疲れてるのかなーみたいな。ちなみにその時Gダラもプレイしてみたんだけどルート分岐を間違えるなどどうも頭が回ってない印象。これはヤバいなー。

とぐってりボロボロの中ダラバーCSの話は続く。
ダラバーを遊んでいるとどこをとってもダライアスだなーとは思うんだけど、そもそもダライアスらしさって何だっけと思った。けどあんま思いつかなかった。
・魚→ダラⅡではバイオストロングやマザーホークなど魚以外のボスも登場するっていう例外がある。とはいえ魚はダライアスの象徴ともいえるけど
・音楽超高クオリティ→Rっていう異端児ってか問題児が……。本編は文句なし
・演出素晴らしい→素晴らしいことは素晴らしいけど、これって割と人に依るよなー。自分は心の底から素晴らしいと思ってるけど。
・復活がしんどい→CSはかなり配慮されてる
こんなところだが俺が言いたいのはそんな話ではない。感覚的な話になるがなんというかダライアスシリーズ共通してリズムというかそんなのがある気がする。敵の配置や攻撃や地形ギミックなど。初代についてはほとんどやってないから語れないけどダラⅡとダラ外、Gダラ、ダラバーでは根本的な中身がかなり異なってるがそれでもなんつーか共通のリズム感がある。
似たようなことは他のSTGにも言えて、例えば東亞と彩京とセイブでは大体方向性的には似たような作品が多いけど各作品間のリズム感はかなり異なる。それを説明するのはどうにも難しいけど。だから波長の合う合わないがあって理論では面白いことが分かってるけどそこまで偏執的にプレイすることがない作品もあるのかなーみたいなことを思った。波長が合った例ではタイトーSTG(ダライアス、メタブラ、レイ、ナイスト)、R-TYPE(Ⅱはなんか合わなかった)、斑鳩、バトルガレッガ、バトライダー、大往生、ケツイ、初期雷電(初代ⅡDX)、サイヴァリア、パロディウスとかか。ティンクルも入ることは入るけど含めていいのかかなり疑問。一方大好きだけど波長が合ってない感じがするのがコナミSTGとかザナックとかか?だからかなりの時間を割いても全然先に進めるようにならないのかなーみたいな。ザナックとかグラディウスシリーズは好きだけど1面の編隊すら処理できずに撃沈みたいな凡ミスを何度もやらかすのはここに原因があるのかもしれない。パロディウスはコナミSTGだけどそっこまでグラ本家とリズム感が似通ってる感じは無い気がする。そりゃあギミックとかはパロディだからグラシリーズのを汲んでるよ。でもなんというか根底のバランス取りがグラよか違う気がする。
当の本人ですら何の話をしてるのかサッパリ分からなくなってきたのでこの話はこの辺で終了。


・おっさん(?)化したピカチュウが主役!? 謎の新作『名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~』2016年2月3日(水)配信決定
http://www.famitsu.com/news/201601/26098006.html

どうしようもなく不安だ……。つーかお前(ピカチュウ)喋っていいの?アニメ版ニャースはアレはゲームとしてのポケモンとは独立した存在だったから許容も出来たしすんなり許せて大好きだが、ちょっとこれは……。これがポケモンだけの世界で完結してるものなら喋っても別に問題なしノープロブレムなんだけど人間が出てきてる以上そういうことでもないし…。
しかしポケダン探検隊でも人間(プレイヤー)とジュプトルが話してるシーンもあったから俺が過剰に反応してるだけなのかもしれない。でもあれは声がしなかったから受け入れることはできたけど、これはどうなんだ……?今のところ薄ら寒い不安感とコレジャナイ感しかないんだが。
嫌な予感はするけどゲームとして面白いのかを確かめるためにこれは買うべきなのかもしれない。どうせ初代ポケモン買うからポイント余りそうだしねー。

・井戸の底に向かって進む下スクロールアクション『Downwell』Android版が明日配信決定
http://www.famitsu.com/news/201601/27098025.html

うおっしゃー遂にandroid版も来たぜ。評判いいから気になってたのよね。勇者ヤマダくんがまさかのプレイできないという結末に陥り現状ほぼ唯一と言っていいスマホでやりたいゲーだからな。これもプレイできないならスマホは自分の中で何もかもダメな最低のゲーム端末になってしまうけどそうならないことを切に願う。
ゲームとしては面白いのかなー。つーか面白くあってくれ。グルコースは文句ないくらいには良いゲームだと思ってるんだけど、憂さ晴らしにすら使えないライデンレガシーみたいなものを見てるとホントにスマホはゲーム端末としてはほぼ落第なんじゃねえかと思えてしまうのじゃよー。だから頼むぜDownwell。スマホもなかなか悪くないと思わせてくれよ。でないと過去に閉じこもり64ばっかやる人間になっちまうぜ。

・GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK BOOST
http://zuntata.jp/lineup/zttl0078.html

う お お お お お お お!!!
こりゃマジか。早くもSATO名義の曲が登場か。これでいつでもバリバリのEDMが聴ける。おとやで聴いて以来エライあの曲にハマってしまったのよね。今度は買い逃しとかしない様に注意しておこう。いやーしかしめでたいなあ。EDM is not music!!EDM is Game!!
ところでCOSIOさんってもうZUNTATAじゃねーよな。てことはこれは単にZUNTATA時代に作った曲が収録されてるよってことでいいんだろうか。てか収録曲の時期系列見る限りそうみたいだな。


そういえばファミ通COM使うのは控えようかとかなんとか前言ってたけど4gamesも電撃もなんだかしっくりこなかったのでリンク持ってくるときはこっからにしようと思います。

タグ:ダラCS
posted by グレイ at 20:54| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする