2016年03月17日

虫姫さまふたりBLクリア! ゲームが上手い下手 風雨来記3の買い時は今か? ゲ音オフ会

なんでかサッパリ分からんが遂に虫姫さまふたりBLをクリアしてしまった。自分で自分が信じられない。ついこの前まで「3面が越えられない」とうめいていたのがウソのようだ。凄すぎる。ありえねえ。驚愕。感動。虚脱。つきものが落ちたかのようだ。ゲーム力皆無の自分でも普通の難易度のケイブSTGをクリア出来ることを証明出来て良かった(これまでは大復活しかできず、簡単と噂のデススマイルズすら完走出来なかった(ラスボスにはたどり着ける))
虫姫さまふたりBL(ノーマル)は難しいSTGと言えるだろうか?これはケイブSTGは難しいと言えるかという問題でもあるのだろうが。大往生最大往生ケツイプロギアあたりは間違いなく上級者を想定した作りだが、怒首領蜂エスプシリーズ虫姫などはそれなりの時間を割いて練習すればクリア出来ないものでもない……というのは容易いが、俺実はケイブSTGでALL経験あるの大復活と今日できたコレくらいしかないのよね。当の本人も未だになんでクリアできたのか首ひねってる有様だし。ただ、それでもあえて言うなら道中に限って言えばケイブSTGの中でもかなり簡単な方……かな?4面5面は切り返しとちょん避けさえ出来れば案外どうとでもなるということに気が付けば厳密なゲームスキルは要らないし、逆に自分はゲームスキルが皆無だからこそ1面や2面で凡ミスを何度も何度も起こすのだろうと思った。ゲームスキルがあるのなら1面2面は楽なんじゃねーかなーみたいな。
しかし1クレクリアまでにかかった年月は約2年半か。2年間ずっとこれをやっていたわけではもちろんないが、それにしてもかけ過ぎのような気もする。んなこと言ったら大往生もバトルガレッガも雷電も3年くらいプレイしてるのに全然クリアの道が開けてないんですけどねー。
ところでエンディングの「共に望む永遠」って「君が望む永遠」にタイトルが酷似してるけどなんの関係もないよな?関係ないと言ってほしい。あと2年半プレイした割にはストーリーとか何一つ知らなくて置いてきぼり状態だった。悲しいぜ。


今ってゲーム感想レビュー系サイトってどんなもんがあるんだろうとふと気になったらこの記事に流れ着いてしまった。
・ゲームが下手な人のゲームレビューに価値はあるのか
http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-2009.html

厳密にはここはゲームレビュー系サイトでは無いのだが(でも考察とかがしっかりしてて読み物として極めてハイクオリティだから読むべし)

それより記事の中身の話。ゲーム紹介において切っても切れない関係のゲームが上手いことと下手なことだけど、難しい問題だよなあ。何が難しいって、ゲームの難易度もゲームが上手いこと下手なことの定義も全部あやふやなことがなあ。個人的には下手な人でも文章力とかそのゲームの魅力が伝わってくるのであれば読みたいけど、ことはそう単純じゃないよな。
極端な例だけど、スーパーぷよぷよってゲームが有って名作じゃないですか。でも僕あれを一人抜きしかできたことがないんです。それで「このゲームは面白いが難易度があまりにもあんまりだ」って紹介したらもう明らかに避難殺到じゃないですか。そう考えると大変な話だよな。うーむ。俺もゲームが下手くそな部類に間違いなく入るのでこれは深刻だよな。他人事じゃないぜ。

ただ、今回話したいのはゲームが下手な人のレビューに価値があるかあるかどうかってことではなく、ゲームが上手いか下手かということ、つまりはゲームが上手い状態と下手な状態とは何なんだろうかーってこと。たぶん色々あるとは思うけれど大まかに2つくらいに分けられると思う。
まず「反射神経・動体視力など基本的なゲームスキル」。おそらく世間一般で言うゲームが上手いというのはこれを指すのだと思う。怒首領蜂大往生を遊んで初見でも3面まで進めてしまう人と「弾の挙動を追いきれない」と言って1面道中であえなく敗れ去った俺とでは天と地ほどの差があると言っていいだろう。先のぷよぷよの例もそう。ひょいひょい連鎖を繋げていく友人に対し階段積みすら出来ない自分。スーパーマリオ3を何年もやってるのにワールド2超えることが出来ない。ヴァンパイアセイヴァーは一人抜きすら出来なかった(というかコマンド入力すら出来なかった)。これではもはやゲーマー失格。こんなやつがゲームを語ってはいけない。
…このままだとダメなテンションになりそうなので2つ目に移る。「状況判断、状況処理・解法構築能力など」があると思う。こちらはどちらかというとRPGやパズルで求められるような気がする。例えばTOD2やTORなどはいくら基本的なゲームスキルが高くても根本的な解法を間違えた瞬間に死んでしまうゲームバランスになっている。だからこそ敵の挙動やシステムを把握することが大切でそれが面白さに繋がっていくわけで。サマーカーニバル92烈火もこの手のゲームだろう。アレは解法に気付くまでに時間が極めてかかるが、一度理解してしまえばそこまで難しいゲームではない。現にSTG技能がダメダメな自分でもクリアできるゲームの一つだし。
自分はゲームが下手だと言ったけど、それはあくまで最初のゲームスキルがかなり終わってるってだけで、「状況把握、情報処理・解法構築能力」はそれなりにあると思う。つーかそうでもなきゃ斑鳩とかシルバーガンみたいな凶悪なSTGとか1001みたいな見るからにヤバい空気を漂わしてるゲームを嬉々として遊ばないよ!
この二つの中では前者は生まれつきでどうしようもないけれど後者はゲームの数をこなしたり何度も練習することで能力を上げることが出来ると思う。特にレア社のゲームとかトレジャー製のゲームは間違いなくその辺を意識した作りになってると思うし、だからこそゲームが下手な俺でも進められてるのだろう。

……とまとまりのないことを書いてきたけど、もうちょい頭がしっかり回ってるときに書くべきことだったなこれは。虚脱してるときに書くもんじゃない。


・『風雨来記3』など日本一ソフトウェアよりPlayStation Storeにて配信中のアドベンチャー作品を対象にした値下げキャンペーンが本日より開始
http://www.famitsu.com/news/201603/16101447.html

買っておくべきなんだろうなあ。お金ないけど。つーか今日からダラバーCSのDLCが来てるらしいんだけど買うお金がないよ。見送り決定か……。まあアレはいつでもいいしまだCSモード終わってないし。Vitaのアナログスティックが死につつあってまともな操作出来なくなってからあんま起動してはいないんだけどな(それでも週3回は最低起動してる)


・まったり系ゲーム音楽オフ会2016
http://twipla.jp/events/188968

遂にゲーム音楽オフ会の詳細が公開されたみたいっすよ!定員が思ったより少なかったから即申し込みしてきたけどなんだか急に不安になってきたぜ。俺人前で喋るのアレなんだけどホントに参加していいのかな(かといって無言でひたすらゲーム音楽流すのもそれはそれで不気味だが)
だが大問題発生だ。お気に入りのゲーム音楽音源を持っていくのは可能ではあるのだが5分以内の曲という厳しい条件が課せられている。お、俺の命よりも大切なレイクライシスがーッ!!!!!!どうすりゃええねやー!!!!
つーかこれだとリッジ系(つーかRREとレイジ)もGダラのKIMERAⅡとかタイトーレトロコレクションのダラ外のVisionnerzもだめってことじゃないっすかーヤダー(記憶違いじゃなければ最初のダラ外サントラ版Visionnerzは5分内のはずなので問題なしといえば無いのだが)。あとmoonのkera-ma-goはFullはNGってことか。こいつは困ったな。とりあえずレイジの曲はもう無視して持ち込もう。どうせ10秒オーバーなんて誰もわかりゃしねえ。もう知ったこっちゃないやい(滅茶苦茶
……あとで持ち込み用リストでも作っておこう。参加されるみなさまどうぞよろしくお願いいたします。


ファミ通感想は読み終わらなかったので明日で。
posted by グレイ at 21:28| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

狂喜の特攻バカゲー登場!「可変走攻ガンバイク」感想

やあみんな!今日はお兄さんがご機嫌なゲームの紹介をしちまうぜ!その名は『可変走攻ガンバイク』だ!!
可変走攻ガンバイク -
可変走攻ガンバイク -
パッケージの見た目からはパッとしないB級ゲームの香りが漂ってるけどそんなことは無いぜ!このゲームを作ったのはあの『ロックマンゼロ』で名を馳せるインティクリエイツなのさ!でもこのゲームを送り出したソニーミュージックエンタテインメントは『クーロンズゲート』とか『パリ・ダカール・ラリー・スペシャル』みたいなろくでもないソフトを出していたろくでもない会社なのさ!だからかは知らないけどゲームの内容もかなりぶっ飛んでとんでもない内容になっちまったのさ!
簡単にゲーム内容を説明すると、バイク・ラリー・ロボの3つの形態に任意に変更できるめちゃすごロボット「ガンバイク」に乗り込みエネルギーが切れる前に敵や障害物がわんさかいるステージをクリアしたりボスをぶち殺したりするハチャメチャアクションゲームさ!ロボットものなのにパンチやキック、重火器などがまったく役に立たず、加速して体当たりで特攻するのが最も楽で強いっていうのがたまらないね!操作方法もバカみたいに難しく、お兄さんはトレーニングステージを完走することすらままならなかったよ!しかもトレーニングステージよりも本編の方が難易度が低かったって有様さ!お兄さんはもうビックリさ!
複雑な操作方法に慣れてきても今度は練りに練られたステージ構造が立ちふさがるのさ!無駄に迷いやすい構造に加え敵が熾烈な攻撃を繰り出してきてお兄さんのハートはもうボロボロさ!でもバイク状態でダメージを撃てると吹っ飛ばされて自らの足で走ってバイクを取りに行くってのが3Dにしたエキサイトバイクみたいで最高に愉快さ!ただその演出間もエネルギーはガンガン減っていくからダメージ受けても飛ばないラリーの方が何かと便利で扱いやすいってのがたまらないね!お兄さんはもう大興奮さ!
ステージをクリアするとボス戦なんだけどこれも油断ならない難易度になっているのさ!でも必殺技である「ガンウェポン」がビックリするくらい強いから楽勝……とはならないのさ!「ガンウェポン」を発動すると非常にカッコいいアニメ的演出が導入されテンションもハイスピードで上がっていくのだけれど、その演出間もボスは普通に動いてるから演出が終わってビームを発射したときには狙った先にボスが居ず、明後日の方向に飛んでいくビームを眺めることにもなってしまうのさ必殺技なのにあんまり役に立たないってのがたまらないね!お兄さんはもう大満足さ!
お兄さんはこのゲームをバカゲーの匂いがすると踏んで購入を決めたんだけど、そんなちゃちなものじゃなかったのさ!眼下で繰り広げられてるのは硬派で真剣なストーリーなのにプレイ中笑いが止まらないっていう恐ろしい代物だったのさ!これは所謂レーシングラグーン、メタルウルフカオス系列の「真のバカゲー」に属するゲームだったのさ!ボイスが小さくあんまり何言ってるか分からない会話に加えて説明不足過ぎて全く頭に入って来ない世界観、それなのに急展開の嵐、抽象演出と電波まみれで何が何だかサッパリ分からないエンディングがたまらないね!お兄さんは笑いが止まらな過ぎて(思いだし笑いで)昼飯を吹きだしたりしゃっくりが止まらなかったよ!この時代特有の荒いポリゴンが狂ったシナリオ(別に狂ってるわけでも無くおそらくは真面目な話なんだろうが…)に華を添えていて見ているだけでも楽しいね!お兄さんはこのゲームが面白すぎてテンションがおかしくなってしまったよ!ファーック!


狂った口調はこの辺で終了。
えーそんなわけで可変走攻ガンバイクをクリアした感想でした。断わっておくとこのゲームは断じてクソゲーではない。つーか現時点では今年遊んだゲームの中でダラバーCSと双璧を成すくらい面白いゲームだった。
初見での難易度がやけに高いことは確かではあるけれどそれはインティクリエイツの大半のゲームはそうであるしちゃんとトライ&エラーを繰り返せばクリア可能なレベルに収まってる。ぶっ飛んだ設定とシナリオは全く嫌な感じはせずゲラゲラ笑いながらプレイできるので不満もない。ここまで笑えるゲームも久々だ。ネットハイも笑えるゲームだったが今作のネジが飛んでる作風にはかなわなかったという感じか。流石はインティだぜ!

ちなみにパッケージ版は裏ジャケットも色々とアレらしい。
http://sokonuke.otoshiana.com/robo/game/gunbike.htmより引用
通常兵器の通用しない侵略新人類<ミチ>の攻殻兵器を
破壊する為に開発された、己が身体を超高速の鉄塊と化し
体当りする為だけの特攻兵器・・・
それが、ガンバイク!
速力による高揚感と破壊力による爽快感!!
何もかもをブチ壊す[体当り突破]ゲーム
時速300kmを超える超高速バイクからロボットへ変形し
敵中を突破するその衝動的な快感!!
日常の退屈と退化した感覚をブチ抜いて
狂喜の精神を開放しろ!!


'80sアニメ世代に送る
ビジュアルトリップ感覚!!
パワードスーツへと3段階に可変するバイクや
巨大多脚戦車・・・そして美少女!!!
リアルに構築された
巨大都市と迫力の兵器描写が'80sアニメナイズされた
圧倒的ビジュアルを最大加速!!!



最後に一つだけ。インティクリエイツ、デビュー作がこれで本当によかったのか?こんな超絶コアバカゲーよりももうちょっと万人向けの作品でもよかったんじゃないのか?ある意味会社第一作でこれを送り出してきたインティこそが最も恐ろしい(てかバカだった)存在なのかもしれない。俺は大好きだけど。
タグ:感想
posted by グレイ at 18:57| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

シルバーガンメモ ハンターハンター連載再開 ゲ音オフ会 

うおおおおおおお!!!遂にシルバーガン(アーケードモード)をクリアしてしまったぜ!!!!
……まあエブリ100万エクステンド、3回コンティニューっていう条件付きではあるんだけど。それでも初めてノーコンで6面に辿りつけたから嬉しいね。石は斑鳩で慣れてるから意外と苦戦しないってことを考えるとどうにもならなそうな所は佐々木功とXIGAくらいか。でも手の届かない難易度じゃない。俺でもクリアできそうなレベルだ。まだ戦える。まだシルバーガンを続けられる。
とりあえず攻略メモを残しとこう。傍から見ればゴミにしか見えないのだろうけど(それくらいショボい)
3-A
シークレット取ってその後赤チェイン。ボスまでにハイパーをためておく。ボスはハイパー2発で撃沈。
3-B
赤チェイン。上手く行けばボス到達時100万は可能。ボスはA+Cであぶる。ハイパーをためておく。
3-C
開幕B+Cその後Cを撃ちハイパーで敵を斬滅。砲台地帯はチェイン稼ぎ無理なので生き残り優先。ボスまでに出来ればハイパーをためる。ボスは開幕正面が安置。そこからB+Cでひたすら撃ちピンク弾が見えたらちょん避けしハイパー発動でダメージを与えつつ右側の壁上部にめり込む。あとはB+Cで撃沈。
3-D
正面でソード展開。赤惨滅したらすぐさま左に行き青を一体だけ撃ち黄色シークレット開始。ただ自分の実力だと黄色を撃ち漏らしたりピンク弾に当たって死んだりするので無理そうなら無理はしない。ボスはA+BやB+Cを地形に注意して撃てばそんなに強くない。
3-E
赤チェイン。凡ミスに注意。ボスは弱いが凡死が起こりやすいので嫌な予感がしたらすぐハイパー。ヘマをしてなければボス破壊で300万越えくらいはしているはず。
2-A
黄色シークレットをつなぐ。失敗が起こりやすい(特にしょっぱなの赤黄色混合編隊)のでめげない。ボスはビームを放ってないときはAで攻撃。ビーム中はB+Cで回転に合わせて左側を破壊するように動く。WAY弾発射中は右側に寄ってB+Cを使うとボーナスも入って部位破壊も出来てうまい。次のためにハイパーをためておく。
2-B
黄色シークレットをつなぐ。ここが出来るかがかなり重要なカギになる(かなりの稼ぎどころ)。シャッター地帯は無理と感じた瞬間にハイパー発動ですぐ切り抜けられるように。ボスのレツゴー兄弟の内青い方は初めに左に寄っておいてパーツを壊しておくといくぶん楽。
2-C
チェインガン無視。ボスはB+C撃ってれば勝手に死んでいくが挙動が若干厄介なので要練習。
2-D
B撃ちっぱなしで赤チェイン。ハイパーをためておく。ボスは強敵。回転形態に入るまではとにかく生き残り重視。回転形態に入ったら左上の安置に入りB+Cでボス撃沈。
2-E
回転砲台の青の配置がきついがなるべく赤を狙う。どうせ中ボス登場時に弾を避けきれなくて死ぬ可能性の方が高いので失敗してもめげない。むしろ生き残ることを重視する。ボスは開幕左に寄っておいてB押しっぱ、ハイパーで攻めると楽。
5
出来る限り黄色シークレットをつなぐ。誘導レーザーは∞を描くようにすると避けやすいけど死ぬときは死ぬのである程度割り切りながら。内部に入ったらとにかく生き残ることだけを考える。ボスの撃破は考えない(考えたら死ぬ)。ひたすらCないしB+Cやソードを出して敵の猛攻をしのぐ。
6
開幕B+Cで第一形態終了。第二は今のところよく分からない。第三はAとハイパーで。緑弾は早いが避けられないほどじゃない。第四はあんまり強くないが精細な動作を要求されるのでしっかり集中する。
1
斑鳩を思いだせばいくぶん楽。当たり判定の位置を把握してすり抜けるように動くと楽。


・「HUNTER×HUNTER」連載再開決定!詳細は次号のジャンプで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000002-nataliec-ent

いよっしゃー来たぜえええ。また再びジャンプを買い始める日々が!しかし連載再開するだけで大事件になる漫画家も珍しいな。いやおかしいのは休載ばっかしてることでもあるのだが。正直ジャンプにこだわることもなく月刊誌とかでやりゃいいのになーと思わないでもない。なんにせよ大好きな漫画の続きが読めるだけでもうれしいねえ。しっかしいつまで暗黒大陸編は続くんだろうか。俺が死ぬまでには完結してくれてるといいが……


https://twitter.com/hide_gm/status/709399812492238848
ゲ音オフ会は企画進行中らしい。3月内なら暇なんだけど、4月に入っちゃうと大学が始まっちゃうからなあ。あとは冷静に考えたらSAD気味なのにこれに参加して大丈夫なんだろうか。人が少なければって思ってはいるんだけどどう考えても多そうだからなあ……
しかしこういう後ろ向きな性格を改めるためにも参加した方がいいんだろうな。最近人とあんまり話してないし。
posted by グレイ at 19:22| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

ネットハイクリア! バーンアウトパラダイス開始 とっとこ4開始

先週1001Spikesやったのにすっかり存在を忘れてたぜ……

・1001Spikes
ティナ・ホーキンスでえーと確か8面をクリアしたところまで進めたと思う。残るは9と10だっけ?10-4が絶望的なことは記憶に残ってはいるのだが……


それはそれとして遂にネットハイをクリアしてしまった。これは面白い。単なるネタゲーなんかじゃ断じてない。新規の作品でこれだけのものが出てくるとは思わなんだ。
確かに完璧なゲームとは言い難いかもしれない。低すぎる難易度、後半の展開がやや駆け足気味で説明不足気味、リア充体験の必要性がイマイチ分からない(これは俺だけかもしれないけど)などの問題はある。だがそれらが霞んで見えるほど勢いがあってしっかりと読ませる文章力と魅力的なキャラクターが素晴らしい。特に特筆すべきはキャラクターだろう。モブキャラ含め全員キャラが立っててしかも滅茶苦茶面白いなんて逆転裁判以来だよ。こんなゲーム久々だ。メインキャラの俺氏、シル、MC、その他対戦相手のリア充たちだけでなく、コンビニの店長、牛丼屋の常連客、リア充マニア(実際にこんなやつがいる)、ママ友、アニ研などまともなグラフィックすら与えられなかった(公式サイトのコンビニの店長みたいな貧相な感じ)キャラクターですら無駄なまでに存在感を放っていて記憶に残る。
メインの話もアツい。リア充の嘘を見破って炎上させてその真の姿を特定するのが今作の大まかな流れなんだけど、相手の惨めな姿を否定したりはせずそれでいいって肯定するから炎上とか物騒なテーマを据えてるけど基本的に嫌な感じはしないですがすがしい気分にすらなるんだよね。
ネットスラングとかそういうネット文化を背景にしてるから合わない人も絶対いるかもしれないけど基本的にそれらの知識に疎くても面白い内容なのもポイント高い。用語は解説してくれるし(やや斜め上気味ではあるが)。ただ、それらの知識があった方がより楽しめることは間違いないだろう。とにかくこれは新規のゲームの中では久々の当たり作だ。興味があるなら体験版を落とすがよい。

…どうでもいいけど、今作最大の問題は宣伝が軽く滑ってることだと思うのだけどそこはどうなんだろう。空回りしてしまう非リアプロデューサーのヒッピー田中さんが可哀想でなりません。とりあえず今日も懲りずに特別ページを作ってるみたいだからリンクを残しておこう。ここ見るまで俺も今日が何の日か全く気付かなかったぜ……。なにせ今年はおろか生涯でチョコをもらった記憶がないからなァァァァァ!!!
・ホワイトデー特別ページ
https://www.marv.jp/special/game/vita/net_high/whiteday.html

あと開発を務めたグルーブボックスジャパンの最新作のページがなんか面白かったのでこっちも。
http://www.gbj.co.jp/works_top.html
…ネットハイだけ異様に浮いているような……

そういや自分は声優をほとんど知らないからアレなんだけどたぶん声優は豪華なんじゃないんですかねえ。でも俺が分かったのってKINGがTORのヴェイグの人ってだけなんだけど……。リア児とヒリ也はガチャピンとムックとのうわさだが……。あとラスボス(正確にはラスボスではないのだが)の正体にあのネタを使ってくるとは思わなかった。笑いが止まらんよ。笑える場面じゃないのに。


教習所で全然車に乗ることが出来ないのでムカついてバーンアウトパラダイスを始めてみた。
いやぁこれは最高だね!最高に狂ってる。超速で車にぶつかってぶっ飛ばしたりジャンプ台から大ジャンプを決め込んだりフルスロットルでかっ飛ばし壁に激突し爆散する車体を口あんぐりさせて眺めるとかそのすべての行動が楽しい。何よりだだっ広い街を自分の思向くままに走りまくれるのがたまらなく良い。レースを始めたければ近くの信号からロードも少なく即始められるしイライラさせる要素が全くない。とりあえず今まで遊んできたレースゲームの中だとリッジと並ぶかそれを上回るかな。NFSMWは軽く上回った。
しかし免許取るのにこんなイカレたレースゲーム始めていいのだろうか。だって超速で車にぶつかって自車がバッコンバッコンなるのを嬉々として見てるような人間だぜ?


ついでに電池切れしたら棄権扱いされたハムハムスポーツに見切りをつけとっとこ4も始めてみた。おーこっちは普通に面白い。ハムハムスポーツは最初の印象良くない作品だったんだけど、こっちはそんなことない。まだ10分しか遊んでないが現時点ではまだ3の路線に近い。でもハム語の減少は今作から始まってるからゲーム内容は全く別……てかハムハムスポーツみたいなアルファお得意ミニゲーム主体の構成なんだろうなー。単純にアニメーションの出来とかは良くなってるからこれで3路線のものを遊んでみたかったが、まあ仕方のないことではあるか。
ちなみに今作のハム太郎は普通にしゃべる。ある意味先祖返りしたんだろう(初代も普通にしゃべる。喋らないのは23のみ)。

posted by グレイ at 19:48| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

3/7~3/13

今日は山本さほ大先生の無慈悲な8Bitが発売らしいから忘れないうちに買ってこよう。


・グルコース
グルコース3の感想自体は書いたけど結果を書いてなかった。まあ評価Bとかそんなもんばっかりですよ(ノーマルで)。この手のリズムゲームはとにかく下手くそなもんでねえ……

・Gダラ
1クレクリオネ敗北。ちくしょう!あと少しだったのに……
別日に今度はALL成功…ってこれは別に書いたよな。嬉しいねえ。これでGダラが自力でクリアできることが証明出来た。

・R-TYPE
1クレ5面。3面で死んでやる気をなくしたが足掻いてここまで進行。これでその場復活制だったら発狂して嫌いになってたな。ちゃんと冷静に復活パターン構築できるゲームでよかった。

・ダラ外
1クレV止まり。連射さえあれば道中なんぞただの飾りなんだけどなあ。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレ6面。上手いこと行かない。ダメダメ。

・ゼビウス
1クレ40000点止まり。やっぱ遊んでてそこまで楽しくない。ギャラガのが面白いと思う。
田尻さんが「ゼビウスの面白さがよく分かる本」とか「ゼビウス10万点の解法」とか書いてくれねえかな。ゲームのドラマに期待できない(というより自分に合わない)以上残された道はスコア稼ぎなんだけどなあ。

・虫姫さまふたりBL
1クレ3面。いやちょっと1面で死んでやる気をなくしてしまって……
っと思ったんだけど、別日に1クレ5面まで到達。ふっふっふ。やはりここまでは自分でもなんとかなるのか。ところで、このゲームで一番キツイのは3ボス(ラーサは除く)だと思うのだけどどうよ?間違いなく4ボスよか強いと思うのだが。道中は一番しんどいのは2面だと思うんだけどこっちは同意してくれる人はいなそうだな……個人的にはここだけ全く安定しないんだけど。

・箱斑鳩
1クレ4面ラフレシア止まり。これはやっぱアレか?金をかけてやった方が集中力が増すような気がする。あとは箱コントローラーの入力が「スコーン」と暴発して精密な操作が取れないことも問題か。

・シルバーガン
1クレ650万5面。ボスでの死亡は痛くないが道中の死亡は死活問題だな。さてどうしたもんか。

・バンガイオーHD
ステージ33までクリア。難しいこたあ難しいが出来ないレベルじゃないのが素晴らしい。ゲームが下手な自分でも何とかなるトレジャー製ゲームは楽しいな。

・スペースジラフ
今回は進行しないで実績を解放してた。けどあんま実績とか興味ないんだよな。うーむ。解放したというよりも気づいたら解法されてたって感じだし。

・E4
実は先週も遊んでたんだけどここに書くべきことがないから正直困ってんだよね。とりあえず適当に遊んで飽きたら別ゲーみたいな感じでプレイしてるし。

・エグゼリカ
見切りをつけイージーに。で1クレ4面。弾の相殺が出来るって感じはカラスとかPS版FCザナック(イージー)をほうふつとさせるがそれでもこの辺が限界なあたりホントに俺ってゲームが下手くそなんだな。

・ダラバーCS
進行してるけどそのスピードは激おそ。というかプレイ時間の大半をネットハイにとられたような……

・ネットハイ
これを書いてる現時点ではKINGとバトルってるところ。果たしてこの物語の終着点は何処だ!?

・ブラストドーザー
くそムズイもうできねえと言っておきながらなんとかイージーレベルをクリアし、また一人前という評価を頂いた。が、まだまだこれからだよねぇ……

・パワポケ7
長きにわたる戦いに終止符。感無量。ああ、パワポケは素晴らしい。
んだけど、となると今の俺なら最後のミニゲームも敵無しということだ。つまりは真央ハッピーエンドや佐和田監督のエンディングを見ることが出来るということになる。はっはーこりゃ楽しみだなあ。

・パワポケダッシュ
図鑑見ただけ。電池切れなのか単にデータが飛んでるだけなのかだけでも調べるべきだったかなあ。

・ハムハムスポーツ
とりあえずハム太郎、リボンちゃん、こうしくんで金メダルは取った。つーか全然進んでねえな。しかしこれも仕方のないことなのか…?同時にゲームやるのも考え物、か。

・まわるメイドインワリオ
ジミーリミックスで50か60か忘れたけどそのくらいのスコアをはじき出した。どんどん狂気染みて早くなっていくテンポがたまらないね!メイドインワリオ好きのお兄さんはもう大興奮さ!ただ友人の家でこれをやるのは止めた方がいいかもな。なんか視線が痛々しいし俺自身も滑稽だし。

・ジャンプアルティメットスターズ
友人とスマブラする予定だったが俺含めて誰も3DSを充電してないというボンクラばっかりだったのでこれを遊ぶ。キン肉マンがある意味強かったりと当時遊んでたことを思い出して満足。でも正直まともなデッキ一つも作ってないんだよな。空白とかを利用して対戦後相手にインパクトを与えるようなデッキしか作ってないから。

・ポケモンピカチュウ
現在シルフカンパニー。教習所の待ち時間でしかプレイしてないからこんな鈍足ペースでの進行に。一体いつになったら殿堂入りできるのか。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

サブログ ゲームを色々買ってきた

どうやらseesaaブログというのは複数作ることが可能らしいことが発覚した。いや別にブログ作るのなら他のところでもいいといえば良いしそこまで作るつもりもないのだけど、実はゲームの感想置き場でも作っておきたいなーとは思っているのですよ。別にここでもいいのだけれど、ここは頭の中にあることを整理したり遊んだゲームのことを忘れない様に書いておく場所として使ってるからしったかめっちゃかなことしか書いてないんだよね。別にそれはそれでもいいんだけれど。
いやね、1001Spikesみたいな超面白いゲームがそこまで話題にもならずにあんま知られてないような感じなのでなんとかこういうゲームを広めること出来ないのかなーと思ってるんですよ。まあゲームを面白いと思ってもそれを伝えるための文章構成能力が桁違いに低いのでその辺はどうしようもないとは思ってるんですケド。もしかしたらいつの間にかスッと作ってる可能性もあるのでその時はまあ生暖かい目で見ていただければと思います。…まあ現在のやる気は3%くらいですけどね(低すぎ


そんなことより!(虫姫
あまりに暇だからゲオとブックオフを巡ってゲームを買ってきたぜぇぜぇぜぇ!!内訳は以下の通り。
ゲオ
・クリティカルベロシティ
・とっとこハム太郎4
・くるりんパラダイス
・怪盗スライクーパー
ブックオフ
・バーンアウトパラダイス
・オブリビオン
・ロボピット

…相変わらず購入傾向が分からないなあ。なんというか目についたものを買っているような。とりあえず紹介していこう。
まず最初のクリティカルベロシティはナムコ開発の車のゲーム。というか俺も詳しくは知らんのだ。あんま。おそらくはRREのような微妙なゲームだとは思うのだが……。まあ別にいいよね。サントラとして買ったんだから。180円で高質のサントラが手に入ったとすれば安いもんである。でもこのゲームゲー音Wikiに情報がなくて誰が作曲したか分かんないんだよね。リッジ組であればクオリティは保証されたのも同然ではあるんだが。
お次はとっとこハム太郎4。俺が今回中古屋巡りをしたのはこいつが原因だと言い切っていい。今までは誤解していたが今作以降がアルファドリーム製となっている(最近まで3からアルファだと思ってた)。…でも正直パックスソフトニカ時代のが面白そう…というより現時点では面白いんだよな。とはいえアルファドリームだからクオリティの方は大丈夫だろう。ところでこれでほぼ全てのハム太郎シリーズを集めたことになる(残るはDSの2作品)。このご時世にハム太郎シリーズを原作知らないのにここまで集めた成人男性はいまい。恐ろしいほどの達成感と虚無感が溢れてくるぜ……
くるりんパラダイスはくるくるくるりんの続編で、確か回転速度をコントロールできるようになったんだっけ?前作はゆるい見た目に反して大苦戦を強いられたんだけど、これも難しいんだろうなー。イライラ棒は苦手でね……
怪盗スライクーパーはおなじみサッカーパンチ製作のゲーム。幼き頃やったとは思うのだが記憶が薄らいでるので今回買い戻し。しっかしソニーはいつからこういうカートゥーンアニメ洋ゲーを軽視するようになっちまったのかねえ。ラチェクラもジャックダクスターもこのスライクーパーもみーんな面白かったのに。どうせ出しても売れないから?まーそーだろうねー。だから海外では普通に出てるVita版スライクーパー4とかジャックダクスター3とかジャックダクスターコレクションとかVita版ラチェクラトリロジーの日本版をいつまでたっても出さないんだろうねー。ちくしょう!みんな死んじゃえ!
……はっ、いつの間にか錯乱してしまった。まあ別に海外ソフトも動くから良いっちゃいいんだけどさ(いいのかよ
気を取り直して、バーンアウトパラダイス。このシリーズは初なんだけど、オープンワールドのイカレ系ぶち壊しレースゲームってことでいいんだよね?Vita版NFSMWがこのシリーズに近いことは知ってて、結構MWはハマったので今回購入。だがこれから免許取る予定の人が遊んじゃいけないゲームでもあるよなぁ…
オブリビオンはもはや説明不用の伝説のゲームだがなぜか100円という捨て値で売られてたので購入。やってみたいのはスカイリムだったんだけど……まあいいか。この手のジャンルは初体験だからどうなるか分からないな。
そして最後のロボピット。こいつは…なんというか、子供向けアーマードコア?みたいなゲームっぽい。アーマードコアやったことないけど。おそらくはド無名マイナー系ゲームの一種だろう。メーカーはおなじみアルトロン。俺が購入を決めたのはそれが原因だと言ってもいい。作るゲームはほとんど話題にならずこうして物好きにしか目を向けられないアルトロンが可哀想でなりません(ホントにそう思ってるのか?
ところでアルトロンといえば科学者ハリーの波乱万丈みたいなよく分からない洋ゲーを出したりしてるらしいんだけど、このころは内製なのかね。クレオパトラフォーチュン(移植版と続編)は開発を担当したってのは知ってるんだけどさ。やっぱり謎多きメーカーだぜアルトロン。恐ろしい……

posted by グレイ at 21:18| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする