2016年03月17日

虫姫さまふたりBLクリア! ゲームが上手い下手 風雨来記3の買い時は今か? ゲ音オフ会

なんでかサッパリ分からんが遂に虫姫さまふたりBLをクリアしてしまった。自分で自分が信じられない。ついこの前まで「3面が越えられない」とうめいていたのがウソのようだ。凄すぎる。ありえねえ。驚愕。感動。虚脱。つきものが落ちたかのようだ。ゲーム力皆無の自分でも普通の難易度のケイブSTGをクリア出来ることを証明出来て良かった(これまでは大復活しかできず、簡単と噂のデススマイルズすら完走出来なかった(ラスボスにはたどり着ける))
虫姫さまふたりBL(ノーマル)は難しいSTGと言えるだろうか?これはケイブSTGは難しいと言えるかという問題でもあるのだろうが。大往生最大往生ケツイプロギアあたりは間違いなく上級者を想定した作りだが、怒首領蜂エスプシリーズ虫姫などはそれなりの時間を割いて練習すればクリア出来ないものでもない……というのは容易いが、俺実はケイブSTGでALL経験あるの大復活と今日できたコレくらいしかないのよね。当の本人も未だになんでクリアできたのか首ひねってる有様だし。ただ、それでもあえて言うなら道中に限って言えばケイブSTGの中でもかなり簡単な方……かな?4面5面は切り返しとちょん避けさえ出来れば案外どうとでもなるということに気が付けば厳密なゲームスキルは要らないし、逆に自分はゲームスキルが皆無だからこそ1面や2面で凡ミスを何度も何度も起こすのだろうと思った。ゲームスキルがあるのなら1面2面は楽なんじゃねーかなーみたいな。
しかし1クレクリアまでにかかった年月は約2年半か。2年間ずっとこれをやっていたわけではもちろんないが、それにしてもかけ過ぎのような気もする。んなこと言ったら大往生もバトルガレッガも雷電も3年くらいプレイしてるのに全然クリアの道が開けてないんですけどねー。
ところでエンディングの「共に望む永遠」って「君が望む永遠」にタイトルが酷似してるけどなんの関係もないよな?関係ないと言ってほしい。あと2年半プレイした割にはストーリーとか何一つ知らなくて置いてきぼり状態だった。悲しいぜ。


今ってゲーム感想レビュー系サイトってどんなもんがあるんだろうとふと気になったらこの記事に流れ着いてしまった。
・ゲームが下手な人のゲームレビューに価値はあるのか
http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-2009.html

厳密にはここはゲームレビュー系サイトでは無いのだが(でも考察とかがしっかりしてて読み物として極めてハイクオリティだから読むべし)

それより記事の中身の話。ゲーム紹介において切っても切れない関係のゲームが上手いことと下手なことだけど、難しい問題だよなあ。何が難しいって、ゲームの難易度もゲームが上手いこと下手なことの定義も全部あやふやなことがなあ。個人的には下手な人でも文章力とかそのゲームの魅力が伝わってくるのであれば読みたいけど、ことはそう単純じゃないよな。
極端な例だけど、スーパーぷよぷよってゲームが有って名作じゃないですか。でも僕あれを一人抜きしかできたことがないんです。それで「このゲームは面白いが難易度があまりにもあんまりだ」って紹介したらもう明らかに避難殺到じゃないですか。そう考えると大変な話だよな。うーむ。俺もゲームが下手くそな部類に間違いなく入るのでこれは深刻だよな。他人事じゃないぜ。

ただ、今回話したいのはゲームが下手な人のレビューに価値があるかあるかどうかってことではなく、ゲームが上手いか下手かということ、つまりはゲームが上手い状態と下手な状態とは何なんだろうかーってこと。たぶん色々あるとは思うけれど大まかに2つくらいに分けられると思う。
まず「反射神経・動体視力など基本的なゲームスキル」。おそらく世間一般で言うゲームが上手いというのはこれを指すのだと思う。怒首領蜂大往生を遊んで初見でも3面まで進めてしまう人と「弾の挙動を追いきれない」と言って1面道中であえなく敗れ去った俺とでは天と地ほどの差があると言っていいだろう。先のぷよぷよの例もそう。ひょいひょい連鎖を繋げていく友人に対し階段積みすら出来ない自分。スーパーマリオ3を何年もやってるのにワールド2超えることが出来ない。ヴァンパイアセイヴァーは一人抜きすら出来なかった(というかコマンド入力すら出来なかった)。これではもはやゲーマー失格。こんなやつがゲームを語ってはいけない。
…このままだとダメなテンションになりそうなので2つ目に移る。「状況判断、状況処理・解法構築能力など」があると思う。こちらはどちらかというとRPGやパズルで求められるような気がする。例えばTOD2やTORなどはいくら基本的なゲームスキルが高くても根本的な解法を間違えた瞬間に死んでしまうゲームバランスになっている。だからこそ敵の挙動やシステムを把握することが大切でそれが面白さに繋がっていくわけで。サマーカーニバル92烈火もこの手のゲームだろう。アレは解法に気付くまでに時間が極めてかかるが、一度理解してしまえばそこまで難しいゲームではない。現にSTG技能がダメダメな自分でもクリアできるゲームの一つだし。
自分はゲームが下手だと言ったけど、それはあくまで最初のゲームスキルがかなり終わってるってだけで、「状況把握、情報処理・解法構築能力」はそれなりにあると思う。つーかそうでもなきゃ斑鳩とかシルバーガンみたいな凶悪なSTGとか1001みたいな見るからにヤバい空気を漂わしてるゲームを嬉々として遊ばないよ!
この二つの中では前者は生まれつきでどうしようもないけれど後者はゲームの数をこなしたり何度も練習することで能力を上げることが出来ると思う。特にレア社のゲームとかトレジャー製のゲームは間違いなくその辺を意識した作りになってると思うし、だからこそゲームが下手な俺でも進められてるのだろう。

……とまとまりのないことを書いてきたけど、もうちょい頭がしっかり回ってるときに書くべきことだったなこれは。虚脱してるときに書くもんじゃない。


・『風雨来記3』など日本一ソフトウェアよりPlayStation Storeにて配信中のアドベンチャー作品を対象にした値下げキャンペーンが本日より開始
http://www.famitsu.com/news/201603/16101447.html

買っておくべきなんだろうなあ。お金ないけど。つーか今日からダラバーCSのDLCが来てるらしいんだけど買うお金がないよ。見送り決定か……。まあアレはいつでもいいしまだCSモード終わってないし。Vitaのアナログスティックが死につつあってまともな操作出来なくなってからあんま起動してはいないんだけどな(それでも週3回は最低起動してる)


・まったり系ゲーム音楽オフ会2016
http://twipla.jp/events/188968

遂にゲーム音楽オフ会の詳細が公開されたみたいっすよ!定員が思ったより少なかったから即申し込みしてきたけどなんだか急に不安になってきたぜ。俺人前で喋るのアレなんだけどホントに参加していいのかな(かといって無言でひたすらゲーム音楽流すのもそれはそれで不気味だが)
だが大問題発生だ。お気に入りのゲーム音楽音源を持っていくのは可能ではあるのだが5分以内の曲という厳しい条件が課せられている。お、俺の命よりも大切なレイクライシスがーッ!!!!!!どうすりゃええねやー!!!!
つーかこれだとリッジ系(つーかRREとレイジ)もGダラのKIMERAⅡとかタイトーレトロコレクションのダラ外のVisionnerzもだめってことじゃないっすかーヤダー(記憶違いじゃなければ最初のダラ外サントラ版Visionnerzは5分内のはずなので問題なしといえば無いのだが)。あとmoonのkera-ma-goはFullはNGってことか。こいつは困ったな。とりあえずレイジの曲はもう無視して持ち込もう。どうせ10秒オーバーなんて誰もわかりゃしねえ。もう知ったこっちゃないやい(滅茶苦茶
……あとで持ち込み用リストでも作っておこう。参加されるみなさまどうぞよろしくお願いいたします。


ファミ通感想は読み終わらなかったので明日で。
posted by グレイ at 21:28| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする