2016年04月16日

地震 セイケンフォー!! その他マイナー気味ゲーのメモ

昨日から続いている地震は心配だけれども、かといって自分が出来ることはせいぜい普段通りの生活をして無事を祈ることしか出来ん。…でもさぁ、なんだか雨も降るって話だし心配だよなあ。どうなっちまうんだろうなあ。
・専門家「これ以上の本震が今後あるかもしれない」 地震連鎖可能性否定出来ない(2016年4月16日(土) 14時23分掲載)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6198049
ひぃぃぃ……
やっぱりこうも何年も大地震が起こると日本は地震大国なんだなーと思ってしまう。まあだからといってどうにもすることは出来んのだが。アイスシードをくれる魔術師なんて存在するわけもなく我々は地震とともに生きなければならんのだ(いや今回の地震が火山活動に関係してるかはちょっと情報見てないから分からんのだけど)


教習所での教習代が完全に払えなくなったので親に「何とかなりませんか…?」と消え入りそうな声で懇願してみたら「早く言えよ!」と言い何とかしてくれた。なーんだ最初っから早く言っとけばよかったよハハハハハ。
つーことでゲームを買ってきた。金を持つとすぐゲームを買いに行くこのクセを無くして、参考書を買うなり貯金するなりすればもうちょい人生は上手くまわると思うのだけれどなあ。
ちなみに購入物は以下の通り。
・ロボピット2(500円)
・フォーセイケン(350円)
・くるりんスカッシュ(350円)
・ベルウィックサーガ(500円)
・シグマハーモニクス(250円)
なんというかワゴンでおなじみのブツとそもそも誰からも目を向けられないソフトばっかりの気がするが元々自分はそんなソフトが大好きな最低野郎だからもはや誰も俺を止めることは出来ないぜ(というか誰か止めてクレ
いやーなんでブックオフとかに行くとみんなが大好きなメジャーソフトを買おうと思ってるのにこんなソフトばっかり買っちゃうのかな。今回はポイント使って買ったから全然値段のアレは無かったんだけど、ならなおさらリズム天国とかちびロボとか買えばよかったのにと思ってしまう。もう過ぎたことだからいいんだけどさー。
一応ほとんどソフトの知識があるのだけれど(どれもやったことは無い)、一つだけ全く知らなかったのが「フォーセイケン」だ。限りなく聖剣4に似てるタイトルだけど中身は全く違うと思う。というかネットで情報探してみたけどろくな情報が無い。いったいこれはどんなゲームなんだァァァ!?情報求む。
ちなみに発売は例の「アクレイムジャパン」。怪しい日本語が特徴的と言われるけど特に今回は裏のパッケージが「誇大広告なんじゃ…?」と思えるような殺し文句ばっかりなことを除けば怪しい日本語が見られなくて残念。あとなんでかサッパリだけどタイトーも絡んでた。でも説明書みたらいきなり地球が終わってたから納得してしまった!ついでに説明書に堂々とチートコード的なのが書いてあるのはどうかと思った…が、もしかしてそれを使わざるを得ないほどヤバく難しいゲームなのか?
この中でのお買い得は評価の高い「ロボピット2」なのかなぁ。そういやくるりんもロボピットも前作持ってるけどプレイしてないや。というか封すら切ってないや。全くどうしてこうゲームを積み上げてしまうのか(それはバカみたいに買ってるから)。
全然関係ないけどロボピットは両方とも音楽が良いらしい噂を聞いたのでソフトをitunesにでもぶち込んでみよう。でも内蔵音源くさいなあ。アルトロンだし(SSのクレオパトラフォーチュンはタイトー移植でソフトはサントラとして使用可能だがアルトロン謹製PSDCのクレオパトラフォーチュンは不明。でも出来がいいのはDC版らしい)。


あとフォーセイケンをAmazonで調べる傍ら新たに面白そうなゲームを次々と発見。
バトルバグス -
バトルバグス -
ファンタステップ -
ファンタステップ -
宇宙豪商伝 爆裂商人 -
宇宙豪商伝 爆裂商人 -
アディのおくりもの -
アディのおくりもの -
うーむ。こんなにも知らないゲームが次々と。アディはアーカイブスにあるらしいしそっちで買おうかな。バトルバグスとファンタステップは買う。
それとブックオフで買うか買わないか悩んで止めたソフトもAmazonで発見。
まぼろし月夜 -
まぼろし月夜 -
これは…どーだろうね。正直開発のシムスってところも初耳で分かった情報が「ナグザット」と「なんかストーリー幻想的でかつ闇が深そう」ってことくらいか。ちなみにアーカイブスにも出てるみたいですわよ。

全然関係ないけどTGLの天使同盟って面白いのかな?
posted by グレイ at 18:21| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

ゲーム祭り グラディウスU 2015ゲー音新曲ランキングとUNDERTALE

腑抜けになっている自分を奮い立たせるためにゲーム祭り大開催。サンダーフォースVにグラディウスU、グラディウス2、アクアキティDX、ダライアスバーストCSと立て続けにプレイしまくる。まともな成果があったのはアクアキティとダラバーCSくらいしかないがやはりSTGは素晴らしく面白いことが再認識出来て良かった。それにしても普段起動してるタイトルばっかだなあ。サンダーフォースVは最近やってなかったけど不定期にやるゲームの一つだし、グラディウス2はしょっちゅうやってるし。実は雷電もやろうとしたんだけど今週ゲーセンで雷電Uやったからやらなかったんだよね。
それはそうとアクアキティについて。これのアーケードモードはもうちょいパワーアップアイテムの頻度を上げたりした方がいいようなバランスだけどこれでいいのかなあ。地味にちまちま攻撃するゲームではあるんだけどイージーもノーマルも一時的なパワーアップでヒャッハーモードに成れるんだけど、アーケードモードはパワーアップ形式がグラディウスだからそれが出来ないし、グラシリーズみたいにパワーアップアイテムがたくさん供給されるわけじゃないから地味ーにちまちま戦い続けることを要求されるし、パワーアップが無いからどんどんジリ貧になるしで悪循環にハマってると思う。ただこれは俺のゲームセンスが極めて残念なことの裏返しでもあるからなあ……。未だに最初の海域を突破出来ないのはまさしくこれが原因だし。
あと先日から取り上げてるトルクルも進行中。ゲームの難易度が凶悪染みてきたけど果たしてクリアできるかなー。
一応攻略法というか困った時のテクニックを残しておくと、ヤバいと思ったら全ボタン同時押し。ないし一つのボタンだけを押し続け先へ進むといった感じかなあ。場合によりけりだけどタイミングよくボタン押してジャンプするよりかは棒が引っかかるのを利用して崖をすり抜けたり。全ボタン同時押しはこれをやると大体その場でとどまれることが多いからそれなりに便利。でも乱用すると先に進むはずが元に戻ったりみたいなことも平気で起こっちゃう。注意が必要…かなあ。


・KONAMIの名作シューティングゲーム『グラディウスII GOFERの野望』がPS4で4月22日に配信決定、海外版の『VULCAN VENTURE』も同時収録!
http://www.famitsu.com/news/201604/15103825.html


 お

 お

 お
お!!!!!!
コナミSTGがどんどん充実していくPS4アーケードアーカイブス。自分はグラUに関してはそこまで強い思い入れは無く、シリーズでは初代のが好き、コナミ横STGならパロディウスの方が好きっていう人なんだけど、それでもこれは嬉しい。この調子でVとかパロだ!とか極パロとかセクパロとか来ないっかな。トライゴンみたいな微妙STGもやってみたいから来てほしいな(需要があるかは分からんが(というかおそらく無い


ゲー音Wikiでの新曲ランキングが出てました。1位は想像通り…かなぁ。実は未だにスプラトゥーンの音楽をまともに聴いたことは無いんだけどね。サントラ買うまではあえて情報を排除してるんだけど、中々サントラが買えないからなあ。
http://www21.atwiki.jp/gamemusicbest100/pages/5747.html
それよりも12にランクインしたゲームが気になる。
http://dic.nicovideo.jp/a/undertale
MOTHERとかmoonとかそういう系のゲームらしい。うーむ。moonで人生が狂ったりした身としては凄く気になるけど。日本版が早く出て欲しいなぁ。そしてコンシューマへの配信を…!Playismさんならきっとやってくれる…!
ダラバーのFreedomは検討した方なのかなぁ……。俺の好きなAbyssal Withdrawalは129位とハッキリ言って微妙な位置にいるのが何だか悲しい(100位以内に入ってると思ってた)。やはり自分の音楽趣味は世間からずれてるのかな……
とりあえずソフィーのアトリエを確保しておーこうっと。あとリズム天国が割と入ってたけど、サントラってまだ大暴騰してるのかな。つーかなんであんな高いんじゃおんどりゃー!!レスラー会見が聴きたいけどどうあがいても手に入る気がしない現実。むー。
そもそもリズム天国の音楽(レスラー会見とか)は音楽といえるのか?ゲーム音楽とは?うーむ。むー。
posted by グレイ at 21:16| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 ディディーコングレーシング

ディディーコング レーシング - ゲーム・ミュージック
ディディーコング レーシング - ゲーム・ミュージック


64でのワイズサウンド。ゲーム音楽『ディディーコングレーシング』の紹介。


・メーカー 任天堂(レア社)
・ハード N64
・作曲者 David Wise
・ゲームプレイ状況 クリア済み
・サントラ状況 未所持。高くて買えないねえ…

曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより)
曲名 曲名日本語 補足
「Diddy Kong Racing Theme」 ディディーコングレーシング・メインテーマ
「Character Select」 プレイヤーセレクト
「Central Area Introduction」 ちゅうおうエリア・イントロダクション
「Central Area Theme」 ちゅうおうエリアのテーマ
「Lobby Theme Tune」 ロビーのテーマ
「TT's Theme」 T.T.のテーマ
「Ancient Lake」 サンシャインレイク
「Fossil Canyon」 ゆうやけキャニオン
「Jungle Falls」 ジャングルフォール
「Hot Top Volcano」 マグマかざん
「No Entry」 たちいりきんし!
「Win The Golden Ballon」 ゴールドバルーン
「Boss Challenge 2」 ボーナスステージ
「Everfrost Peak」 フローズンマウンテン
「Walrus Cove」 スノーコースター
「Frosty Village」 クリスマスむら
「Taj's Theme」 タージのテーマ
「Taj's Challenge」 タージのうでだめし
「Whale Bay」 くじらピーチ
「Pirate Lagoon」 かいぞくじま
「Crescent Island」 みかづきアイランド
「Open Boss Door」 ボスの扉
「Meet A Boss」 ボスとうじょう
「Boss Challenge」 ボスとのたいせん
「Lose Against Boss」 ボスに負けた
「Boulder Canyon」 リバーバレス
「Greenwood Village」 グリーンウッドむら
「Haunted Woods」 ゴーストウッズ
「Win Challenge Amulet」 さあシュミレットを!
「Win A Piece of the Amulet」 アミュレットのかけら獲得
「Win Amulet」 アミュレット完成
「Star City」 スターシティ
「Space Port Alpha」 スペースボールアルファ
「The Secret Tune」 ボーナストラック
「You Can't Beat Me」 キサマごときにまけんぞ!
「Wizpig Challenge」 決戦!ウィズピッグ
「Wizpig Lose 1」 ウィズピッグにまけた1
「Wizpig Lose 2」 ウィズピッグにまけた2
「Think You've Won?」 勝ったとでも思っているのか?
「Open Wizpig Door」 ウィズピッグの宇宙の扉
「Wizpig In Space」 ウィズピッグ・宇宙の果てへ
「Celebration」 祭典
「Darkmoon Caverns」 ダークムーントンネル サントラ未収録
続きを読む
タグ:レア社
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

うっかり レア話 カリギュラ ゲーム業界特集?

昨日「TorqueLは孤独ゲーだゼッゼッゼ!!」っと声高らかに発言しておいてアレですが、昨日あれからプレイを続けてみたのですが、突然箱の中に新たな子(女の子っぽい)が参戦してきたので孤独感は薄れこれでは孤独ゲームとは言えないんじゃないかーみたいな感じになってきました。といってもゲーム内での説明が無いので独特な空気感が漂う物語になってきてる。これはこれで面白いかな。やはり面白いゲームと言うのは変わらず、更に続きが気になるゲームへ変わってきた。どんどこ頑張って進めたいところだなあ。


360のソフトでも買おうかなーということで色々調べていたら、グーリーズというゲームが面白そうだった。厳密には初代箱のゲームなんだけど。ちなみにグーニーズではない。
グーリーズ ~Grabbed by the Ghoulies~ -
グーリーズ ~Grabbed by the Ghoulies~ -
開発は例のごとくレア社。正直マイクロソフト時代のレア社は疎いので、この作品のことは知らなんだだった。自分が詳しいのはSFC64時代のメジャータイトルくらいしかないからなあ……。一応コンカーリメイク、パーフェクトダークゼロ、ピニャータ、カメオあたりは知識はあるんだけどこれはホントに知らなかったなあ。まだまだ知らないことが多い。
懸念があるとすればこの時期のレア社ってガタガタしてたってことなんだよね。なんつーかやりたいことやってやったって感じじゃなく嫌な言い方するとマイクロソフトに媚びてるゲームなんじゃないかなーってのが少し不安。コンカーは開き直ってもうめっちゃくちゃだと思うんだけど。
ちなみに作曲はカークホープ氏。音楽は相変わらず桁違いに素晴らしいとしか言いようがないね。ただ数多くの曲がバンカズのマッドナイトマンションチックだからあんまその持ち味の世界観の広さを表現出来てないかなーって感じはする(ゲームコンセプトがホラーらしいから仕方ないのかもしれないけど)。世界観に統一性のある作品よりもっとごちゃごちゃしたバンカズとかドンキー64みたいな作品を任せればよかったんじゃないかなーとも思うんだけど、これはこれで良いからいいや。
ところでこのゲームはサントラ出てないのか?なんか昔のレア社の公式サイトかカークホープさんのBandcampで配信されてたって噂だけは聴いたんだけど、今更どうすることも出来ん。何もかも遅かったというのか……

話は変わるけど、Yooka-Layleeはいつ出るのか(というか日本で出るのかな)。そして、このサントラはどうやって手に入れたらいいのだろうか。キックスターターのサントラってたぶん手に入れた人は手放さないよね。うーむもうどうしようもないのかな。こうも変わらず高いクオリティを魅せつけられるとたまらなく欲しくなるぜ……
https://www.youtube.com/watch?v=jLKikiy_ZFM
https://www.youtube.com/watch?v=JRxl6KGkaDM
音楽聴けば分かるけどカークホープさんとワイズさんのレア社二大巨匠が作曲に参加してます。あとカメオの人(Steve Burkeさん)も参加してたと思う。なんとかならんものかな……。言語的にも色々ハードル高かったから日本の好事家はやったか怪しいもんなー。


・【ゲーム屋ネタ】発注会議 is 2016年6月タイトル。カリギュラ、がんばります。
http://gekicore-gamelife.com/note/gameyaneta/14116.html

ファミ通にてカリギュラ成分を補充出来なかったのでこちらで。
個人的に増子津可燦(増子司)さんが作曲してるので期待してるんだけど、でもフリューなんだよなあ。うーん。うー。売れてほしいけどなあ。むー。サントラは出たら買うけど、ゲームはなぁ。うーん。
ところで自分はペルソナを1作もやってないボンクラゲーマーなんだけど、増子さんってメガテンの人ではあるけどペルソナは担当してなかったよな?確かアトラスサウンドチームの増子さん以外の人たち(青木さんとか土屋さんとか)がやっていたような。うーむペルソナチックな音楽になるのか、それともダークさ全開メガテン音楽になるのか。これはこれで見ものだな。


先週はファミ通買えなかったけど今週は買ったぞー!!
しかし今更ゲーム業界を特集してもそんな意味ないような気がするのは自分だけなんだろうか。需要のほどはいかほど、か。

・フジゲームス
…こりゃどうなるかぜーんぜん読めないな。直感的にはダメダメな予感がするけどゲームは何が当たるのか読めないからなあ。サウンドプロデューサーにXjapanのToshiが就任みたいなこと書いてあったけど、これもなあ。自分はゲーム音楽以外の音楽にとことん疎い(Jpopも洋楽もダメダメ)から分からん。専門家に任した方が良いと思うけど一応は専門だしねえ…

・アクアプラス
うたわれの情報があるけど関連作全部未プレイなので特には語れず。でも今後も展開は続けるってことらしいですよ。あとダントラも頑張るとか。個人的にはホワルバみたいな胃痛系恋愛ゲームとか評価の高い痕や雫みたいなのがやってみたいんだけどなあ。いかにも購入層が限られそうなジャンルだもんなあ。

・ドラクエヒーローズU
…面白そうだなあ。特にトルネコ。スクショ見てるだけでなんかこう「動かしてみたい!」と思ってしまった。でもやるなら前作から、だよなあ。となるとPS4を手に入れないと……。UBUSUNAさえ出てくれれば全所有物売ってでも即買うのにー。

・イース[
…ではなくイースXの話。これってSFCで出たやつだよね?となるとSFCもEGGって配信してたのか…。つーかVCで出てないのか?個人的にそっちのがビックリなんだけど。あーでもこれが出るならトンキンイースも出てるか。
実は個人的にそこまでトンキンサウンドはボロクソに叩くほどヒドイもんでもないと思ってる派だったりする。いや原曲のがもちろん優れてるけどね。なんだかイースXの話でも何でもなくなっちゃったな。

・TOB
今のところ見た目だけは超面白そうだけど、前作Zがすっころんだのがどう響いてるか、だよなあ。面白いといいんだけどねぇ。個人的には有働さんさえ関わっていれば購入モチベーションは上がるのだが全然製作スタッフは明かされないし一体どうなっているのだろう。

・ゲーム業界特集
これ読んで業界に入れるなら世話ねーよな。それよりも隅っこの各々のファミ通編集部の入り方の方が面白かった。こうしてみるとやっぱきっかけと運が大事なのかね。うーむ。自分も暇だし冷やかし覚悟でなんかアプローチかけてみるのもいいのかねえ。興味はあるし。暇といいつつも大学の授業日程はなんだかほぼ休みなく埋まっちゃってるんだけどね……

・スターフォックス零
任天堂ユーザーからの期待が非常に高い作品だけれど個人的に神格視されてる64で「言うほど…?」といった感想を抱いてしまった感じのボンクラユーザーなので今作も面白いとは思うけど神がかり的な面白さは味わえないんじゃないかーと思ってる。でもこれはもう個人の合う合わないだからなあ。
これよりも個人的に気になってるのはGCで未プレイのアドベンチャーなんだけどね。ただこれもレア社がごった返してたころのゲームだし大して面白くもないような予感はするのだが…

・クロスレビュー
ハローキティのきらきらワクワクレースがなんと5点が付いてしまってるぜー。ビックリ。いやゲーム自体は某ブログのレビューでとんでもなくアレなことは知ってたのだが……。ハローキティは呪われてるのか?

・DLTop10
ロマサガ2はVita版だけで7199本か…この数字をどう見るかには興味ないけど、思った以上にサガユーザーって少なくなっちゃったのかな。というか今の若手ゲーマー層にはサガがいかに斬新でとんでもないゲームだったのかを知らない人の方が多い予感がするのがちょっと悲しくなった。

posted by グレイ at 22:19| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

孤独な転がりゲー 初代ポケモン(ピカチュウ)クリア 理想のゲーム環境 コメエラー?

えーっと、今日はそうですねえ……「TorqueL」なんてのを紹介しましょうかねぇ。
http://playism.jp/publishing/sub/torquel.html
例によってインディー系のゲームで、イカしたPCゲーをコンシューマにも出してくれるPlayismの作品。この前のセールの時にどんな内容かすら知らずに買って、ちょっとプレイしてみたんだけど結構楽しかったんでこの機に紹介。
最初はイメージイラストだけ見て「パズルかなんかかな」と思ってたんだけど全然そうじゃなくて、これはコロコロカービィみたいなもどかしい操作とコロコロ転がす快感に特化したゲームかなと。ルールは極めて単純で、自機である四角い箱を転がしてゴールに辿りつけば良い。
このゲームの特徴は4ボタン(○×△□)各ボタンを押すことで箱から棒を伸ばすことが出来る。この操作が極めて重要で転がりながらボタンを押し地面を押し大ジャンプを図ったり、棒を伸ばして引っかかりを作り溶岩地帯をすり抜けたりとそのシンプルな見た目に反したアクロバティックなアクションを取ることが出来る。またかなーり物理演算が効いてるような挙動も面白さに一役買っており、ただ棒を伸ばせば楽勝ということではステージクリアもままならぬ奥深いアクションになってる。まだ30〜1時間くらいしかやってないので全体的な難易度の話は分からんが、難しくは無いがぬるくは無く一筋縄ではいかないイカしたゲームと言えるだろう。妙に浮遊感の効いてるアンビエント色の強い音楽(リッジ2のGripみたいな)も極めて優れてると言えるだろう。中々良いゲームと言えるし、値段も安いのでぜひとも。
……それはまあいい。だが今作にはもっと根源的で不思議な特徴がある。それは主人公だ。いや、正確に言えば主人公の置かれている立場、とも言えるか。このゲームの主人公の紳士は箱に入っている。そして彼は出ることは出来ない。ゲームが始まったその瞬間から箱に閉じ込められ、わけも分からぬままゴールへ向かうことになる。そして、ゴールにたどり着いたとしても彼は箱から出られることは無く、すぐさま次のステージへと放り出される。ステージの中には溶岩があったり水流があったりし、彼はそれに巻き込まれる。水流はともかく溶岩は触れたら死亡だ。彼は灰になる(正確には消滅するんだけど)。何故命を懸けてまでゴールへ行かなければならないのか?そしてゴールへ辿りついても何故解放されないのか?彼は何故閉じ込められているのか?それらが解説されることは現時点では確認できてない。
このようにこのゲーム意外にかなり不条理なゲームとなっている。プレイしてすぐにメトロクロスを彷彿としたよ。あれも不条理に満ちたゲームだってことをゲーレジで知ったからね(ゲームはきっかけがなくてプレイ出来てません……)。つまりこれ、メトロクロスとかメタルブラックとかと並んで「孤独ゲーム」に分類されるゲームだったんだよ。そう思ってるのは俺だけかもしれないけど。久々にこの手のゲームを遊んだぜ。孤独ゲーの魂は姿形を変えて受け継がれてるんだなぁ、としみじみしてしまった。でもぶっちゃけシンプルで無機質なグラフィックだから孤独感は薄いんだよね。でも冷静に考えると……ね。

あとBGMが浮遊感合って良いって書いたけど、作曲者は佐野電磁さんらしいですわよ。俺も公式リンクから飛んで分かったんだけど。
となると浮遊感というかGrip感というか佐野電磁感を認識した俺の聴覚は正しかったということになる。ま、マジかよー。「新規のゲームをプレイしてそれが特徴のある音楽ないしテクノであればすぐに近い方向性の作曲者が出てくる」なんて特殊能力を持ってても日常生活で役に立つ気が全くしない。使える状況限られ過ぎだろ……


ポケットモンスターピカチュウ版をクリアしたった。やったったー。いやーたかがポケモンにこんなに時間かけて1回殿堂入りしてるのは俺くらいなもんですかねーみたいなー。まさか丸々1カ月近くかかるとは思わなかった。
普通の人なら懐かしい!ってのが出てくると思うんだけど半年くらい前に緑再プレイしてるし、それを言うなら定期的に起動されるソフトの一つだから懐かしくもなんともないって感じでした。しいて言うなら再生環境がこれまでと違ったってくらいか(GBASPで中心的にプレイしてたが今作はVC)。なんという腑抜けなゲーマーなんだろうか。懐かしのゲームを買っても懐かしめない(というか未だに現役で生き続けてる)なんて自分で自分が嫌すぎる。まあいいんだけどねーポケモン面白いし。
そういや今月くらいにサントラ再販じゃないか。買わないと。どうにかとっととバイトを見つけるべきだなー。


・これが2016年を生きるゲーマーの姿!kentworldのゲーム部屋を3年ぶりに大公開!
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/47309277.html

まず何より部屋綺麗だなーと思ってしまった。一体なんでかは知らないがどんどんほこりが出てくる俺の部屋と大違いだ。省みてみるとサントラとゲームソフト以外の私物(大学の書類とか)は床にバサーだしゲームは置き場がないという理由で本棚を潰し漫画を部屋の隅に置くなんていうとんでもプレイをやってる俺の部屋は理想のゲーム環境云々よりも人間が生活する環境から遠いのかもしれん。ちゃんと掃除はしてるんだけどなぁ……
それにしても、AVセレクターが欲しいよなあ。これさえあれば「うあー!!PS2の積みゲーが驚異的な速さで増えてるけど今繋がってるのはSFCだからどうにもならんわー!!うぎゃー!!」という現状から解放されるし「今から10秒以内に64版『バンジョーとカズーイの大冒険』をやらないと虚無死する」「魂のゲーム『クインティ』がやりたくてたまらねー!!もやは睡眠なんてどうでもいい!!」なんて状況になってもすぐにプレイできるもんなあ。HDセレクターはそもそも現在のHD機がXbox360しかないって状況を考えれば割と後でもいいんだけど、それはゲーマーとしてどうなのか。どっちかってと欲しいゲーム機がレトロよりだしねえ。セガサターンドリキャスメガドラ初代箱ジャガーバーチャルボーイ3DOPCE海外版PS64うあーどれも欲しいなー(本気で思ってるのか?
まあでも狭い部屋にモニター2つもある分自分はそこそこ恵まれてる方なのだろう。あとは配線ぐっちゃぐちゃ問題さえ解決すればなあ。携帯機もフルに使うから充電とかで場取ってるんだよなあ。いい加減GBASPなんて見捨てればいいのに切り捨てることの出来ない依存関係。単に積みゲーが多いだけなのかもしれないが。


・Seesaaブログ「コメント入力時の認証コード」の設置方法
http://pchunntouki.seesaa.net/article/45420659.html

ほとんど誰も読んでくださる方にいない「ボケネコパソコン生活」のSeesaaさんのアクセス解析のトップ(これがほとんど)が、pages/user/comments2/regist/input なのです。最近異常に増えています。
これをクリックすると、コメントのエラーなのです。
Seesaaさんに確認したところ、途中で気が変わりコメントを入れるのをやめたか、コメントの入力が分からないか、スパムコメントだそうです。だれもも読みに来ていないので(他の2つのカウンターみても日に十数人程度)、スパムコメントの確立が高いように思います。
あ、これ俺のブログのアクセス解析でもたびたび出てくるやつや!そうかこれだったのか……
でも自分のところのはエラーなのかスパムなのか判別できない感じだなあ。コメントも俺は普通に打てるし不具合なのか、それとも上記のように途中で入力を止めた感じなのか、はたまたスパムなのか……。
どっちか分からないのでコメントがうまくできないよって人はコメントしてくださいってコメントの話だよこれは。うーむどうしたもんかなー。もしどうにもならんという人がいるようでしたらTwitterの方に言っていただければなんとか対応してみます(機械音痴なんで出来るか分かりませんが…)
posted by グレイ at 21:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ネガ思考 メダルオーン!! 睡眠学習を侮ってはいけない

教習所のことを思うと気が重くなってくる。思い返せば教習所に通うようになってから生活リズムは正しくなっていったがどんどん性格は荒み自己否定を繰り返し車という媒体全てを憎しむようになっていったな。心がやすらんだのはバーンアウトパラダイスをプレイしてた時だけだったか。一体なぜこんな苦しみながら免許を取ろうとしてるのだろう。車なんて乗りたくもないのに。いい加減毎日毎日存在を否定されたり銃を突きつけられてるような思いをしながら過ごしていくのに疲れてきた。とっとと免許を取ってこんな生活を終わらせたいよ。問題は免許云々ではない可能性も高いのだけれど。なぜこんなに人生が行き詰まるのか。世の中の人は実体のない何かに追い詰められてるような思いをしないのか。こうなると教習所よりも一回休息をとって精神を安定させた方がいいのかもしれん。…まぁ実際はそんな暇ないんだけどさ。

そんな気分が重くなる話は生産性が全くなく害しか生まれないのでここは一発超朗報のニュースでもご紹介しましょうかね。ここ最近では素直に嬉しい話題が来たんだよね。


・Medarotters Store
http://medarotters.com/

何かと今でもシリーズが続いちゃってるメダロットの公式通販サイトが登場!オフィシャルグッズが販売されててワーオな感じだね。このブログ的にはやっぱり注目なのはサントラなんだけど、現時点では発見することはできず……。残念だが、でもこれは期待してもいいってことなんじゃないっすか?とりあえず山下絹代さんに何らかの形で連絡が行ってサントラが出てくれればいいなあ。特に4。俺は期待しちゃうぞ。会員登録もしちゃおうかな。俺メダロット1作もやったことないけど(ええー!?


人間は寝てる間も脳がうごめいており、その間は起きている間の諸問題を解決すべく動いてると聞く。だから徹夜で必死に出来ないゲームを進めるよりもさっさと寝ちまって次の日に回した方が良い。
…というのは自分の持論。しかしこのやり方なら時間さえかければしっかりとクリアすることが出来る。そうやって過去1001Spikesやレイディアントシルバーガン、バンガイオーHDなどの難関不落のゲームをクリアしてきた。
そして今日、大幅に時間はかかったがロックマンロックマンのチャレンジモード(ロックマン)をクリアすることに成功した。こんな激ムズステージをクリアすることが出来る力はまだ残されてたんだな。達成感もひとしおだぜ。いやーしかしこれはホントにむずかったな。難易度的には1001よか簡単なのはそうだけどリプレイ性があっちより優れてないからミス後再プレイするときにすぐ忘れて「どうにもならんわこんなもん!どうすりゃええんや!」と喚き散らすようなことが多く時間がめちゃかかった。しかしこの俺持論睡眠学習ゲーム攻略のおかげで、2週間近くかかったものの何とか、スージーステージをクリア!これでロックマンステージは完全制覇だぜ。多少の不満も残るものの素晴らしいゲームだった。流石はカプコン。流石はロックマン。おりゃもう満足だ。
しかし他のキャラはどうするかね。実をいうとロックマンクリアしてなんだか既にどうでもいい感が非常に漂ってきた。うーでもまあNew、Old、チャレンジとクリアしたしもういいかなあ。とっとと積みゲー消化に乗り出した方がいいかもしれん。毎回同じようなこと言ってるけど。
あと睡眠学習云々言ったけどやっぱ徹夜で目を血走らせながらゲームやるのもアツいよね!!意識が朦朧とし現実と非現実が一体化しまさに自分がゲームの主役かと錯覚するようなあの感じ!!睡魔は襲い掛かってるのにテンションだけはハイになり意識は消失点へと向かうあの感覚!!朝日とともに迎えるエンディング!!あーやっぱ徹夜ゲームにかなうものはないな。今後も出来る限り不健康生活していこーっと(ダメだこりゃ
…まあそうしたいのもやまやまだけどなんだかこう睡魔をはねのけるようなゲームにゃ最近は出会えてないんだよね。もしくは自分が年老いてきて無茶できなくなっているのか。昔は徹夜でロマサガなんつーのも珍しくなかったからたぶん後者の気が高いような。うーむ年は取りたくないもんだね。
posted by グレイ at 21:28| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする