2016年04月20日

どきどきポヤッチオ急襲! 津田沼MVS アクアキティDXクリア

緊急速報!緊急速報!
どきどきポヤッチオ、ゲームアーカイブスで復活!
http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0067npjj00746_000000000000000001.html
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!
遂にツイニついにどきどきポヤッチオがアーカイブスに登場!!!!!!!!うおっしゃー!!!!!こんなに嬉しいめでたいニュースは久々だ。まさかホントに出るとはね。こりゃもう買うしかない。
実をいうと色々テンション上がって煽ってる割にはきっかけがなくてプレイ出来てなかったんだよねこのゲーム。2年くらい前からmoonっぽいゲームって噂だけは聞いてて「やりたいなあ…」と思ってただけに手軽に遊べるハードで手軽な価格で遊べるようになってホントに良かった。スタジオ最前線、あんたら最高だぜ!今後も面白いゲーム作ってくれよな!
______
<これまでのあらすじ>
来る日も来る日も津田沼エースで憂さ晴らしにSTGをやっていたグレイは「公式Twitterにダラ外に連射を付けろみたいなメッセージがあったりしないかなあ」とよく分からないうわごとを発しながら大学の休み時間を過ごしていた。そこに「MVSを入れたから遊びに来るんだベイベー!」との電波を公式Twitterから受信した。ネオジオは別に世代でも何でもなく、どころか格ゲーがダメダメなので思い入れも薄いのだがティンクルスタースプライツと作戦名ラグナロクが遊べる可能性があるのなら…!ということで今一度津田沼エースへ乗り込むのだった。果たしてMVSと出会えるのか?そして思い出のゲーム、ティンクルスタースプライツと再会できるのか?

…などという上滑り気味の前置きはさておき、MVSが稼働したということで早速様子を見にいってきた。
のはいいんだけど実はMVSの仕様が全然分からなくてそもそもこれは切り替え可能なタイプ(複数スロット?)かどうかすら分からず、サムスピかどうかもよく分からない格ゲーを眺めて帰ってきた(意味ねーッ!
うーむあれが1スロット型ならティンクルとラグナロクは無いということになってしまうな。非常に残念だが、まだ決まったわけじゃないから今度いった時もっかい見てくるか。
ちなみに店の人に言えばソフトはガンガン切り替えてくれるらしいですよ。自分が見ただけでも20本くらいのイカしたSNKのゲームが有ったような気がしますぜ。餓狼とかサムスピとかKOFとか。STG好きにはメタスラとかソニックウイングスが熱いぜ!!
あと津田沼エースの生きる伝説として語られることが多かったストライカーズ1945PLUSの存在も確認。Heyでもお目にかかれなかったソフトがお目にかかれるのは津田沼エースだけ!津田沼エースでレッツ弾幕彩京STG!高速弾+弾幕=逝ってこーい!!(そりゃガンバードだ)
_____
アクアキティDXのアーケードモードをクリアした。やたー!!これで全モードクリアだ!!
いやーこりゃ難しいね。裏技っつーかセーブ絡みの抜け道を使わなきゃ一生自分の実力じゃクリア出来なかっただろう。抜け道があってよかった。ちなみに抜け道ってのはセーブはステージクリア時のみされることを利用して失敗してゲームオーバーになったらアプリ再起動して前回のセーブデータで再挑戦をクリア出来るまで繰り返すだけなんだけど。
肝心の中身に関してはもー言わずもがなの地味STG…ってのは毎度毎度言ってるような気がするので止め止め。今作の面白いところは普通のSTGとしては難易度低めなんだけど、拠点防衛っていう要素が絡んでいてこれのおかげでただ単に敵をぶっ殺せばそれでいいゲームでは無くなって、いかに効率よく敵を倒していくか、素早く敵弾を避けて攫われていくネコを救出しに行くかなど考えることも非常に多くその場その場の戦略構築も求められる地味なだけで終わらないイカしたSTGに仕上がってる。パワーアップしない限り真正面にしかショット打てなかったり、パワーショットが弾数制限がありそれもかなり厳し目ってのもこの仕様を後押ししてる感あり。なんだかんだ素晴らしいSTGであった。
問題点はやっぱり地味なのは否めんよなあ……。数あるSTGの中でも一際ちまちましてやがるしねえ……。懐かしのレトロ調グラフィックは別に結構なことなんだけど、それが今回は更に足枷になっちまってるって感じなのかなあ。なんならライデンファイターズみたく爆散演出に拘りまくっても良かったように思えるんだけどね。いや俺はこのグラフィックも含めて好きなんだけど、とにかく華がなく地味なんだよ。もったいないよなあ。
posted by グレイ at 20:51| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする