2016年05月24日

Re-Volt シンプル2000 世間とのズレがずれている

今更ながらリボルトの音楽にハマり中。いやー良い音楽だねーコレ。フォーセイケンに並んでかなりのヒットだな。
音楽はレースと言えばテクノみたいな感じでテクノなんだけど、リッジ2やレイジみたいに「爆走するぜ!」って雰囲気じゃなくRREみたいな疾走感が強い感じ。曲ごとにトラック分けされてないのはかなり痛いけどそれを感じさせないほど聴いてて飽きない。アクレイムジャパンはゲームはともかく音楽は素晴らしいな(ゲームはまだ未プレイなのでどんなもんかも知らん上にドリキャスで出たやつのPS版だから魔劣化してる可能性もあり)。色々探してみよう。
_____

・「SIMPLE2000シリーズはほとんどが迷作」というニュースに、SIMPLE2000シリーズのほとんどをプレイした人が物申す
http://togetter.com/li/978669

ネットのダメダメネガティブ記事にシンプルラブのDAIKAI-6さんが立ち上がった!キャーラー油さんステキー!!
つーことはともかくとしてこんなアレな内容の記事でも通っちゃってそれに対価としてお金が支払われるとかやるせない世の中だなあ……。とりあえず中田ボンベという方の名前は記憶しておくことにしよう。
ちなみに自分はシンプルシリーズとはどうも縁が無く1本もプレイしたことがない。同系統の企画であればサクセスのスーパーライトシリーズのザンファイン(だがアーカイブス版)、D3関係であればドリームクラブZEROとバンガイオーHD(これ何でD3なんだ…?)くらいか。うーむきっかけがあればプレイしてみたいものではあるのだが……
_____

どこのゲーム系サイトなりTwitterなりを見ても「スーパータイムフォースULTRA」の高評価。そしてそれを見るたびに「このゲームを楽しめない自分はゲーム好きとして落第生なのか?」と強く落ち込む。
駄作なんて口が裂けても言えないし、むしろ良作でファミ通クロスレビュー的に言えば9点、Amazonレビュー的に言えば4つの価値があるゲームだと思うけど、でも楽しめない。ストーリーはなんだかんだでハマってきてるけど、根本のゲームデザインに関してはそんな大絶賛するほど楽しくない。
過去の自分と共闘できるってアイデアは確かに素晴らしいと思うよ。でも雑魚は硬いし強いしで爽快感は無く、何度も何度も巻き戻しを強いられる。それはそういうデザインなんだからそれで正解なんだけど、いちいち面倒なんだよ。しかも結局数の暴力で何とかなっちゃうゲームバランス(つーかそうなるようにバランス調整されてるんだけど)だから壁を乗り越えた!って喜びも少ないんだよ。勝手に壁が自壊したって感じで空虚な気分にもなる。センスの良いセリフ回しとかでそれをカバーはしてるけど。
でもこれはそもそも当の本人が共闘なんてクソくらえみたいな考えで長年ゲームやって来た上に、共闘するようなゲームを単独で遊んだりとかそんなことばっかりやって来たことも関係してるのかな。やはり自分はこのゲームに手を出すべき人間じゃなかったのかなあ。求めるものが違ってた、テメエの求めるものはここにはねーよみたいなことを言われてるような気分になる。こんな価値観がずれにずれた自分がいけなかったんだ。
思い返せばスマブラforとスマブラXもそうだった。星のカービィSDXと3もそうだった。パワポケ7もそうだった。いつもいつもみんながすっごい面白いって言う方じゃなくて賛否両論だったりむしろ否定されてたりする方のが面白かったり自分に合ってたりするし。価値観がずれにずれてる自分がダメなんだ。こんな人間ですみません。
ところで実はスーパータイムフォースはそろそろ終盤。明日までには終わるかな。面白いゲームだとは思ったんだけど、たぶんやり込み要素はやらないだろうし定期的に起動されるタイトルにはならないだろうな。これがPSPlusで無料で貰えるのであれば間違いなくお得だけど、2000円も出して買うべき価値のある作品か?と言われると……。うむむ、悩ましいね。別に駄作じゃなくてホントに斬新で面白いんだけど、遊んでて「うわ楽しい!」と感じることがないんだよ。ホントに良くできたゲームだとは思うんだけど。
ちなみにゲームにはハマるにハマれずな感じなのだが音楽は結構ハマってたりする。こういうレトロ感のつよい音楽は良いんだよねー。Steam版はサントラがついてくるらしいが、なんとアナログ盤が出てるので気になる人はチェックだ。
https://editmode.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=492
欲しいっちゃ欲しいが通帳の残高が無いのでどうしたもんやら……
posted by グレイ at 22:27| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする