2016年06月30日

8bit music power Next!!! ショベルとキュート

正直遅報気味だがとりあえずこいつは見逃すわけにはいかないぜ!ってことで勝手に宣伝。

・8ビット音楽アルバム作品「8BIT MUSIC POWER NEXT(仮題)」開発
http://riki2riki.com/html/0_sample_8mp2.html

8ビット音楽アルバム作品「8BIT MUSIC POWER NEXT(仮題)」開発
現在開発中



チップチューン音楽アルバム第2弾です。参加アーティストは、中潟憲雄さん、松前真奈美さんによる新曲と、他4人の音楽家による新曲をBitSummit 2016で公開します。開発が進み次第更新していきますのでお楽しみに。
ひょーう!!イヤッホー!!バンザーイ!!やったな!!やってくれたな!!待っていたぜイヤッホー!!
現在発覚している作曲家は暴れん坊天狗の中潟憲雄さん、ロックマンの松前真奈美さん、グラディウスUのミッシェル古川さんらしいですわよ!相も変わらずとんでもない面子だぜ!今最もアツいゲームハードはファミコンだと断言しよう。
しかし続編かー。いつの日にか16bit music powerとかも出ちゃったりしちゃうのだろうか。
_____

世間ではショベルナイトが比類なき話題をかっさらっているようです。しかし私は少し別の事情が発生したために買うのを今は見送る羽目になってしまいました。つーことでサントラだけでもオススメしときます。
http://virt.bandcamp.com/album/shovel-knight-original-soundtrack
作曲はあのJake Kaufmanさん!といったところでどれだけの知名度があるのか分からんが、シャンティとかマイティ―スイッチフォースで自分の中では名高いっす。日本だとたぶんケツ復活のアレンジが有名っす。

ちなみに発生した別事情とは、キュートのSTG「エスカトス」と「ギンガフォース」がセールというもの。済まぬ、ジャッジメントシルバーソードには勝てなかった……
http://www.xbox.com/ja-JP/sales
と言ってもギンガフォースは買えたら買うってレベルで、もしかしたらgeometry warsとかboom boom rocketとかギャラガレギオンを買ってるかもしれん。当の本人も全く予測がつかないぜ……


・どうでもいいことその1
今の今までジャッジメントシルバーソードではなくジャジメントシルバーソードだと思っていた。パワポケに毒され過ぎ?

・どうでもいいことその2
ショベルナイトってゼルダの伝説のタートナックに似てない?なんか引ク押スで遭遇してからそうにしか見えなくなってるんだけど。Twitter上ではmoonの勇者に見えるという意見もあったかな。俺もそう見えた。
_____

・艦これアーケードはゲーセンの救世主になれたのか
http://saidaipro.com/?p=1123

そうなのか……。そういえば津田沼エースも結局STGコーナーは相変わらず艦これ稼働前後で恐ろしいほど変化が無くいつも大して人がいない(自分が行く時間帯は)って感じだしなあ。それはまあいいとして、なんとかアーケード角界も活性化して欲しいところだよなあ。
_____

・『ゼルダの伝説』30周年を記念して京都、名古屋、東京でフルオーケストラコンサートが開催決定!
http://www.famitsu.com/news/201606/30109687.html

ほほうといった感じ。音楽が好きなムジュラの楽曲が多ければ、といった感じかなあ。滅茶苦茶ゼルダ好きというわけでも無く、むしろ時のオカリナでハマり損ねたトラウマを未だに抱え持ってるしなあ……。ホント面白いゲームだとは思ってはいるのだが。それでも新作には期待MAXなあたりやっぱりゼルダ好きなのかもしれない。
ゼルダと言えばトワイライトプリンセスのサントラも出ますよー。HD仕様ですけど全曲収録(らしい)で出るんですよー。これは間違いなく買いですよー。ザント戦がいい曲ですよー。
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD オリジナルサウンドトラック - ゲーム・ミュージック
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD オリジナルサウンドトラック - ゲーム・ミュージック
_____

・DQとFFは『クロノ・トリガー』でいかに融合したか?:「なんでゲームは面白い?」第三回
http://news.denfaminicogamer.jp/column01/chronotrigger-contribute

内容自体は素晴らしいことこの上ないのだが、非常に感銘を受ける内容だったかと言われれば多少のしこりを残すような。いやそりゃ自分がクロノはやったけどFFとDQの経験が乏しいってことが原因か。でも過去にメイドインワリオの考察を見た時は笑いながら泣くほど感動したというのに(気持ち悪いな)、今回はそこまでだったのがなあ。たぶんリアルタイムで、あの時間と空間ではプレイ出来てないってのも響いてる気がするなあ。
_____

ロゼと黄昏の古城も引ク押スもガン詰まり気味。うっひえー。気分一新を図るために積みゲー消化ノックでも始めるかいな。それはそうと引ク押スやってたらファミ通読み損ねたので明日に回します。なつゲー特集が良かったかな軽く見た感じでは。
_____

中古屋でチョコボのふしぎものがたりに遭遇。こんなの読む年齢じゃないし、21にもなってしまったら流石にギャグがキツイ…と思いながらも一気読み。あー面白かった。やはりかとうひろしセンセの漫画は面白いな。今どこで何やってるのかはサッパリ分からんが…
それはそうと児童漫画のマスカレード、推理の星くん、太陽少年ジャンゴあたりが読みたくてたまらないが、どーせもはや忘れられた存在と化してるこんな漫画たちは中古屋にも置いてないんだろうな。やはり当時買っておくべきだったのか……。一応穴久保ポケモンやデデププ辺りは歯抜けもあるけど持ってはいるのだが……
児童漫画とは一切関係が無いが、桜玉吉センセの過去の漫画は一体どこで売ってるんだ?御緩漫玉日記を読みたいけどどこにも売ってねーよ。うおー。

posted by グレイ at 22:14| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

生活記録

ロゼと黄昏の古城、ここにきて大きく物語が動き出した。うおおおおお!!これは一体どうなってしまうのかーッ!!
というわけで(まだクリアしてないけど)10点中100万点をあげちゃおう。いやーこれは大当たりだったなあ。久々の買ってよかったゲームだった。多くを語らないがホタルノニッキよりも分かりやすくなった物語表現、適度な難度の謎解き、美麗で独特で幻想的なグラフィック、クセは強いが本当に面白いと思える作品であった。
…それにしてもクリアするまでに時間がかかってるなあ……。流石に終盤に入ったと思うけど……
_____

5時限目の授業が休校だったので帰宅。そして友人と「今から勉強しないと期末試験がヤバいぜ死ねるぜ」という会話を交わす。確かにその通りであり、そして今からやらないと追い詰められることは確実。今やらずにいつやるか!俺も勉強して真人間になるんだ!
と決意したはいいものの暇だったのでハードオフに特攻してゲーム探しをやってしまった。ああダメ人間。真人間への道は遠い。
ちなみに色々な事情が重なり何も買わずに出てきた。本来の目的はロボトロンXを探しに来たんだけど、ジャンク箱をかがんで漁っていたら腰が痛くなったので別コーナーへ移行、そういやここには「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」が売ってたな、買おうかなということを思いだし探したものの見つからず、その代わりに「どきどき魔女神判!」と「とっとこハム太郎ナゾナゾQ 雲の上の?城」を発見し買おうと思ったのだが、この二つをレジに持っていくのが恥ずかしいという理由から断念、結局1時間ほど無意味な時間を過ごして家路についた、といった感じであった。むーやっぱりどき魔女だけでも買ってきた方が良かったかなあ。ロボトロンの方はAmazonあたりに頼るしかないか。正直本当に気になるのは実質後継作品のスマッシュTVの方なんだが。となると買うべきはMidway Arcade Originsってことになるのかな。
_____

・【決定版】伝説のクソゲーランキング! ファミコン版を大発表
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/4088443

これはヒドイ。本当にヒドイ。酷すぎる。こんなヒドイ記事見たことないよ。こんなのってないよ。こんな中身も無く、個々のゲームへの思いも読み取ることも出来ない形だけの記事なんてないよ。本当にヒドイ。言葉も出ない。ただただ虚しい。
いっき、スぺランカー、さんまの名探偵、魔界村辺りは面白いゲームとの評価が固まってるのにぶち込まれているのがあまりにもやるせない。みうらじゅんのことに言及し、いっきをクソと言うのは分かるし、AC版と比較して劣化が激しいという観点から魔界村をクソと言うならまだ理解が出来る。しかしそういった観点から語られることも無い。これであぶく銭を得られるなんて本当に信じられない。ヒドイ。酷すぎる。
それになあ…本当のダメクソゲーなんつー物は誰の記憶にも残ってない上にネタになるクソゲーと違って笑い飛ばすことも出来ない心持が暗沌と化していくようなゲームのことを言うんだよ!星を見る人が本当のクソゲーだぁ!?だったら今なお語り継がれてるわけがないだろ!クラリスディスクからサントラまで出てるんだぜ!しかも微プレミア化までしてやがるんだぜ!真のクソゲーがやりたきゃPSのむし太郎でもやってろ!…いや、俺はむし太郎結構好きなんだけど、なんか話題にすらならないよね……。虫嫌いなのになぜか家にあったからやってたけど、プレイするたびなんか心持が暗沌としていくようなゲームだったよ。別にクソゲーでも何でもなく、面白いけど果てしなく微妙なゲームってだけなんだが……。虫嫌いな皆さんは中古屋で見かけたとしても買ってはいけない。虫が好きなら買っても良いと思うけど。ファミコンでそういうのはあんま出てこないなぁ(そもそも生まれてないし……)

※むし太郎参考資料
http://btg.fc2web.com/okurairi/musi.htm
_____

・イタチョコシステムとピグミースタジオの共同出資によるニッポンイタチョコシステムジャパン合同会社が設立 「まったく新しい独自のゲームを提案する」
http://www.famitsu.com/news/201606/29109623.html

ひょう!ナイスだYo!しかし全然Vitaの情報が無いってことはやっぱ俺の夢だったのか?うーむ……。いざとなったらスマホ版を買うことも検討しなければならんのかなあ。
◆ニッポンイタチョコシステムジャパン 代表社員 ラショウメッセージ
今やゲームは何も見ず何も考えずに無為に時間と人生をやり過ごす為のツールとなりつつあります。ニッポンイタチョコシステムジャパンはそのことを見直し変革して参ります。まず全く独自のゲームを提案することで現行の商業ゲームに当然のように組み込まれているシステムを一つ一つ丁寧に否定して行こうかな、と思っています。そのくせ楽しく面白いゲームです。ゲーム嫌いよ来れ!この場で言っても仕方ないかもですがゲーム嫌いよ来れ!
そ、そうか?確かにそう言われればそうかもしれないが……
_____

・発売日決定からトリコの秘密、そしてVRの印象まで。上田文人氏インタビュー【E3 2016】
http://www.famitsu.com/news/201606/29109572.html

――では、上田さんの中で、『ICO』、『ワンダ』、『トリコ』と三部作のようなイメージはあるのでしょうか。

上田 何をもって三部作と呼ぶかは難しいのですが、たとえば『ICO』と『ワンダ』にはなんとなくつながりがある印象をお持ちだと思うんですが、当初『ワンダ』は『ICO』とはまったく違うゲームを作りたいというところからスタートして、リソースコストだったり、たくさんある制限を踏まえたうえで最適解を出した結果、あのような形に落ち着きました。それで、『トリコ』も同じように、メカニックや技術は同じものを使いつつも、『ICO』や『ワンダ』と違ったまったく新しいゲームにしたいとスタートして、自然に現在のようなスタイルに落ち着いているんです。

――なるほど。結果的に同じようなイメージになっていくのは、上田さんの作家性などが影響しているのでしょうか。

上田 作家性というよりは、自分の中での最適解を目指した結果なのかなと。たとえば、遺跡のような世界や、霧がかった雰囲気などでは、レベルデザインを構築するうえで、見せたいビジュアルよりも、ゲームプレイヤーが迷わないように、行きやすいように設計していくことが優先されるんですが、たとえば、こちらから光が射しているほうがプレイヤーは目的の場所へ向かうだろうと考えると、そこに窓が必要になります。ほかにも、“ここに階段やハシゴがあってもおかしくない、不自然ではないような世界観”を考えたとき、ああいう遺跡になったりするんですね。ふだん生活している現実の世界や街とはかけ離れているんだけどリアリティーを感じる、というちょうどいいバランスの最適解として、遺跡や霧がかった雰囲気のような世界を作っているのではないかと、自分の中では思っています。
いい話してるなあ。こういう確固たるゲーム信念を持ってゲーム作ってる人を見るとまだまだ日本のゲームも捨てたもんじゃないと思えるね。とはいっても自分はワンダが合わなかった身ではあるのだが……
_____

・今でもこんなに面白いゲームが世に出ているんだぞ!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(ウユニ編)
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/47807831.html

ただでさえ時代遅れ気味だからこの辺読んでまともなゲーム評価基軸を設計しておくとしておこう。それにしても自分が遊ぶタイトルはとことん世間では話題になってる感じがしないなあ……。マイナーだと分かり切ってるタイトルとか古いゲームは別にいいんだが、ロゼと黄昏の古城みたいな微妙な位置づけのタイトルはどうもね……。俺は今年出た中ではトップってくらいには面白いと思ってるんだが。
posted by グレイ at 21:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

サイバースピード ひとりぼっち惑星 危うい日本語

Cyber Speed -
Cyber Speed -


本日私がご紹介させていただくゲームはギャガ・コミュニケーションズから出たPSソフト『サイバースピード』でございます。まずはその説明書を皆様にご覧にして差し上げましょう。
DSC_0318.JPG
どうでしょう?何とも言い難い独特の熱を帯びた非常にアツいゲームの予感がプンプンとしてきますね。
DSC_0317.JPG
攻略指南の中に「マッハでゴーゴー。」なんていう脱力物の文章を惜しげもなく仕込んでいやがります。非常にデンジャーな予感を感じさせますね。お次はこのゲームを彩るキャラクターの一部を紹介しましょう。
DSC_0311.JPG
何を言ってるのかイマイチ伝わってこない文章も気になりますがそれ以上に気になるのはキャラクターグラフィックとゲーム内グラフィックが似ていないということであります。そして妙に顔つきが怖いです。更には年齢がなんと52歳!家で寝てろよと思ったのは私だけでしょうか。
DSC_0312.JPG
ゲーム内グラフィックは普通ですが、こちらも女性とは思えない神妙で怖い顔つきをしております。確実に死線を越えた目つきをしています。超こええ。
DSC_0313.JPG
こちらの男性も非常に怖い顔つき。更に横の文章が極めて危険な香りを醸し出しています。「ルーツ!ロック!レゲエ!」と来て、なぜ「うおおお」でうち止めてしまったのか、なぜ最後だけエクスクラメーションマークが付かないのか、おおおの数が少なくはないか?と疑問ばかりが出てきて止まりません。
DSC_0314.JPG

彼女のサイバーパワーは、無限大、ああ無限大、無限大、あぁ・・・もう駄目。とにかく、彼女の意識は電子と化し音速の壁を突き抜けて行く
。ラリってやがるのかてめえ。

とこの辺で突っ込みきれなくなってきたので口調を元に戻す。自分は説明書を見てるだけで大笑いしてたんだけど、読んでる人はなんのこっちゃって感じだよなあ……

ちなみにゲーム内容はゴンドラ系レースSTGとなってる。ハァ?という声も飛んできそうだが実際そうなのだから仕方ない。自機であるマシンがゴンドラ状につるされて、ミサイル撃ったりできるレースゲームを行うというものだ。言っちゃあなんだがゲームとしては面白いもんでも何でもないと思う。まだ1時間ほどしかプレイしてないが、やけに高い難易度、ぐるんぐるんする操作性から引き起こされる3D酔い、時速200キロオーバーしてるのにスピード感に乏しく、爽快感も加速も興奮もなくただただ地味単調無味乾燥といった仕上がりでゲームの出来をはるかに凌駕するサウンドくらいしか現時点では絶賛するところが無い。やり込めば変わってきたりしそうな予感もあるこたああるんだが……

と、ゲーム部分はダメな感じが否めないが今作最大の魅力はそこではない。説明書にもある通り今作はゲーム内でレースが終わるたびにCMが流れるというよく分からない仕様になっている。そしてこのCMの内容なんだが……なんというか……説明書で独特の熱を感じると言っていたが、その熱を感じるような内容であり……また嫌な予感がするという感想も同時に抱いたが、それもまたその通りであって……
結論から言ってしまえば「意味不明」といったところか。短く言えば「バカ」。一言で言えば「何これ?」といった感じ。もうとにかく意味不明。無駄にハイテンションな外人の声だけが響き渡り眼下で繰り広げられるのはもはや理解不能の世界。いや意味は分かるものもあるんだが、結局は「何これ?」としか言葉が出てこない。いったいこれはナンナノカ。本編とは何一つ関係性が無く、必要性も分からず、とにかく疑問符が絶えない。

とどのつまり「サイバースピード」はバカゲーってことで一つ。アレな内容なことはもう言うまでもないが、とにもかくにも音楽だけは本当に素晴らしい出来なので中古屋で見かけたら買っておくことをお勧めしておきます。笑いどころ満載な説明書と良質なテクノサウンド、狂ったCMが魅力的ダゾ!ゲーム内容は察しろ。擁護しておくとただ単なるおサブいクソゲーとは一線を画す出来なのは確か。そこまでヒドイゲームなわけでも無い。

ちなみに説明書にこんなものが挟まっていた。
DSC_0315.JPG
この内容ではどう考えたって現実のジェットコースタの方が迫力ありだと思うのだが。ああギャガ・コミュニケーションズに幸あれ。

※ようつべにてサイバースピードCM全集を発見。見たところで「何これ?」としか思わないであろうが一応貼っておこう。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLkQKGsfMJ6K6MvaVf1Iw__gIBxmRVoNAM
_____

先週ギャラガやってたことを今になって思いだした。後で覚えてたら追加しておこう。
_____
・【新作】突然ランキング上位に踊り出た『ひとりぼっち惑星』ってどんなゲーム?
http://app.famitsu.com/20160627_756444/

にんげんと呼べる生き物は存在し無さそうだと言っておきながらユーザー間やり取りがあり人間を意識せざるを得ないのはこれ如何にって感じだな。こういうソーシャル要素が強いゲームは苦手だが、でもなんとなくヒットするのも分かる。
ソーシャル要素が強いって書いちゃったけど、でもこれは勝手に発信して勝手に受信するようなゲームっぽいな。それはそれでどこの馬の骨かも分からないところから狂気を受信することもありそうで凄く怖い。やっぱ向いてないんだろうなあ。でも勝手に発信できるってのはちょっと面白そうかも。
ぎゃが・こみゅにけーしょんず が だした
さいばーすぴーど って げーむ が おもしろいぞ
いかした てくの に くるった しいえむ が たまらない
まさしく しごく の ぷれすて れとろ ようげー だ
みたいなよく分からない文章を送ったら受信した人がサイバースピードを知って買ってくれるかもしれない!ひとりぼっち惑星はいい意味で新たなるステマ系ソフトであると主張しておこう。たぶん本来の遊び方とはズレまくってるんだろうけど。

全然関係ないけど、トライアングルサービスの例の文章のパロディが有ったら笑っちゃうなと思ってしまった。既に誰かやってたりするんだろうか。
_____

・ファミコン、メガドラ、スーファミ、ゲームボーイなど、7種のレトロゲーム機を収録したサンプリング音源“Super Audio Cart”
http://www.famitsu.com/news/201606/28109530.html

ほうってな感じだな。これを用いた音楽が台頭してくれるとその時代の音楽が結構好きな自分としては嬉しくもあるかな。
ちなみに公式サイトでは我らの光田さん古代さんに加えてあのGrant Kirkhope氏が称賛コメントを書いていた。ほほうってな感じだな。しかし真っ先にドンキー64が代表作に挙がるとは……てっきりバンカズの方だと思ってたんだけど。
_____

・これはイタリアからの日本のアケシューへのラブレター。2D横シュー『XYDONIA』(ザイドニア)がクラウドファンディングを開始
http://www.famitsu.com/news/201606/28109476.html

海の向こうからSTGがやって来た!ヤッホーウ!超面白そう!
ってことよりもまず先に危うい日本語が気になってしまった。
反対を破壊します!!
高速アクションSTG!!

冒険が待っています!!
惑星XYDONIAのための無限の検索!!
…どうよ?何でか知らないけどアクレイムジャパンを思いだしてしまったよ。洋ゲーと言えば危うい日本語というルールでもあるのか?

ところで作曲面子が期待大(細江さんヨナオさん佐宗さん安井さん)だからキックスターターやってみようかしら。今までカードが無いから出来ないぜ!って思ってたんだけど、どうやらVプリカなるものを使えば簡易的にクレジットカードを持ったことになるらしい。ホントかよーといった不安もあるがこれは特攻する価値ありか?でも金がねーなー。でもクレカ作ればbandcampも思いのままだしノリで作ってみるのもアリかも。クレジットカードなんてノリで作るものじゃないと思うけど。
posted by グレイ at 21:39| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

生活記録

やっべ、先週ロックマン3やってたのすっかり忘れてた。でもアレ何でか知らないけどフリーズ吐いて途中終了をやむなく選択させられたんだよな(ちなみにVC版)。これが3特有の現象なのか、VC限定の不具合なのか、俺の呪われしゲーム不運人生(何それ)が引き起こしたものなのかが分からん。うへー。
_____

遂に我が家のゲームスペースの改良が終了した。スイッチ型電源タップを使用することにより発熱の危険性を減少させ、たこ足配線から逃れゲーム中発火なんていう恐ろしいことからは逃れることが出来る。更にはAVセレクターを使用することにより遂に据え置きゲーム機複数設置が現実のものに。まさしくやりたいゲームがすぐに起動できる理想の環境が整えられつつあると言ってもいいだろう。ふはははは。
…で、問題があるとすればそもそも自分の部屋に据え置きゲーム機複数置くスペースが無かったってことかな。大して調べもせず諸々のものを買ってから気付くとはバカですねー。救いようのないバカだ。一応は2台までなら設置が出来ることが発覚したので設置するけど、どうにもやるせないな。
_____

とりあえずさっそくサターンを設置してみて動作確認。おお、しっかり動いてる。ふーむなるほどねー。
動作確認に使用したソフトは『デイトナUSA』。当時の最先端を突っ走っていたポリゴングラフィックも今見るとショボい感じが否めないが、んなことは光吉さんの歌声が聴こえてきた時点で何もかもどうでもよくなった。とにかく私を加速させてくれと。そしてデイトナUSAは確かに自分を加速させてくれるゲームであった。それだけで十分だ。レースゲームとしてはもうそれだけで十分だろう。至極のレースゲームであった。
ただ当の本人の腕が無いのかヘボイ走りを繰り返しゲームクリアすらおぼつかない始末。うー、どうしたもんかねー。レースゲームはイカレ大暴走系(マリオカート、ディディーコングレーシング、バーンアウトパラダイスなど)じゃないと喰らいつくことすらままならないからなあ……。やっぱりサターンはまだフル稼働の時ではないか。動くことは確認できたから早いところ大本命のティンクルスタースプライツを入手したいところだね。
全然話変わるけどティンクルが稼働してるゲーセンはやっぱり秋葉とかに行かなきゃ無いのかね。かれこれ1年近く間が空いてしまっただけにやりたくてたまらないし無意味にアーカイブス版まで買ってるからなあ。PS3もないのに。
_____

あとついでにPS2も起動させてみた。ゲームセンターCXとかをダラダラみて終了。うーむ心が和むねー。しかし和んでる場合でもないからとっととたまりにたまった積みゲーを処理にかかった方が良いと思った。とりあえずサイバースピードあたりから手を付けてみようかな。でもアレPS2で動いてくれるのかなあ。いかんせんマイナーだからなあ……。あと肝心の中身も説明書の無駄に怖いキャラ紹介が全てだったみたいなことになりかねんのがなあ。CD-DA目当てで買ったから後悔してないし、むしろ大得してるんだが。悔いてるとしたら買う前からだから前悔だよ。
_____

600円ちょいとPSNポイントが余ったからアジトでも買おうかなーと思っていたが、DownWellを買っていなかったことを思い出したので速攻で購入。ふぃー危ねえ危ねえ。世紀の大傑作と名高い作品を放っておくわけには一ゲーオタとしてはいかんからな!
…とはいっても積みゲーが多すぎて後回しになりそうだな。一体どうしてこんなことに……
_____

ロゼと黄昏の古城、書庫で2〜4時間ほど悩んでも結局答えを見いだせなかったので攻略サイトを頼ることに。ああ……これでロゼを語る資格を失ってしまった……
しかしそんなのアリカ!と言いたくなるような解法だったので驚愕。しかし確かにヒントは明示されていた上に確認も可能という条件だったので気付かなかった&忘れていた自分が悪いという結論に。ううう。
それはそうとかれこれ8〜10時間くらい体感ではプレイしてるような気がするんだけど未だに中盤なんだけどこれは一体どういうこったい。どこのサイト見ても「ロゼはボリュームがー」「意外と短くてー」みたいなことばっかでこんなに大苦戦してダラダラ遊んでるのは自分だけなのか?という錯覚に陥る。世の中の人はやっぱみんなゲームが上手いんだなあと思いあまりにも虚しくなった。これが7時間で終わるわけないよ。
_____

https://twitter.com/kensukeShimoda/status/747019195485827072
と、とりあえずレイディアントシルバーガンやっておこうと思った。

ということはどうでもいいとして、一連の流れを確認した上では自分も下田さん派ということになるんだろうか。形態がどうあれゲームはゲームだしなあ。そして件のようなスマホゲームも一定層にゃ支持されてるわけだし。自分がスマホゲーほとんどやらないのは指がへばりついて上手く操作出来ないのがムカつくって理由だけれども、ちゃんと面白いゲームもあるしなあ(グルーヴコースターとか)。ガチャは自分は微塵も引かれないが、周りの知り合いとかがガチャの話をしてるのを聞く機会も多いしもうそういう時代なのかもしれん。んーでもコンシューマは大丈夫なんじゃないんすかね。これだけの熱意があれば。楽観視しすぎ?というか自分はもう最近の動向何一つ追えてないからファミ通くらいの知識しかねーんだよな。しかも主に偏った。
それよりもこういう文章を見ちゃうとやっぱ中古でゲーム買いまくってるのは良くないのかなあ。なにせゲーム会社には金が入らないしなあ……。会社に直で金が入るなんていう多少気持ち悪い理由でDL版を買うことが近年は増えてきたけど(それはあくまで副次的で、主だった理由は手早くゲームをとっかえとっかえプレイできる)。やっぱもっと新品を買ってかないとダメだよなあ……。でも金がねーよ。うおー。

と言う駄文とは何一つ関係ないんだけど、その話題になってる「ひとりぼっち惑星」ってのはどういうゲームなんじゃ?と思った。Googleplay見てみたけど、よく分からんかった。ソーシャル要素(人と関わる的な意味あい)があるのはもう自分の中では明白っぽいんだけど、ここは迷ったら買えの精神で特攻するのが吉なんだろうか。でもなんかあんま好みのゲームじゃねーなー。
_____

・『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』品薄のお詫びイラストとメッセージを掲載
http://www.famitsu.com/news/201606/27109434.html

ほえー。カリギュラも評判よさげらしいし気になってたゲームは軒並み大当たりというわけか。ほー。
posted by グレイ at 21:18| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/20〜6/26

電源タップを買ってきたったー。これでようやくサターンドリキャスが始動できるかな。
※なんでか知らないけど予約投稿が上手く行ってなかったみたいっす。何でだろ。


・引ク押ス
完全クリアを成し遂げエクストラステージへ移行。むーファミコンモチーフということもあってまだ難易度は常識の範囲内か。でもどうせ詰まるときは詰まるんだろうなー。

・ロードモナーク(SFC)
フーズパニッククリア!いやー最後のステージはめちゃ難しかったねー。日数繰り越しでクリア出来たのが自分でも不思議な感じ。このゲームホント面白いねー。ファルコムは素晴らしいな。
で、お次は戦乱の陣だけどこれはクリアできるのかねー。PS版に比べりゃ難易度は低いんだけど、どうなることやら。

・ロゼ
未だに図書館でうろちょろ。本を指定の場所へ戻す謎解きが全く分からずに大苦戦中。本の内容に関係があるのか、それとも背景から読み取れる情報に関係があるのかが掴めない。というか何をどうすれば解決するのかも分からん。ぐぎぎ。

・黒復活(AC)
1クレ5面ビット地帯。うーんこの辺がやっぱり限界なのか?家でやるときより緊張感はあるんだけどどうも腕が無いのかろくなことにならん。

・黒復活(箱)
ノーマル1クレ4面ケツ復活1クレ5面。ノーマルはダメだねダメ。なんというかもうダメすぎて言葉にならない。はあ……
んで、ケツ復活のほうはまあ上手く行ったかな。というかようやく攻略法を掴みかけてきた。のはいいんだけど「EVAC INDUSTRY - 審判の日」のノリがどうも悪いんだよ。もうこりゃ好みの問題なのは分かるんだけど、でもどうしてもなんか乗り切れない。Jake Kaufmanは編曲よりもオリジナル曲のが良いんでないか?と思ってしまった。シャンティとかマイティスイッチフォースがいい曲多いだけにそう思ってしまった。

・R-TYPE
1クレ6面。ハイダメもうダメ。無念。また来週。

・ストライカーズ1945U
1クレ8面。きっびしー難易度だがボム抱え死にをやらかさなきゃ結構進めると思うんだけどなあ。

・リズム天国ベスト
ごっつぁん兄弟とレスラー会見、図書ガールをやる毎日。トレインモードも進めるも2番目のトレインが何一つクリア出来ないリズム感の無さが空しい。

・バンガイオーHD
破竹の勢いで進め現在ボーナス31面。これはボーナスクリアも見えるか?ついでにパズルもやってみたがこっちはもはや無理ゲーとも思えるような難易度で流石はトレジャーと涙を流して逃亡した。

・サマーカーニバル92烈火
引ク押スの息抜きに起動。結果は裏烈火3面。意外と腕は落ちてないのか、それともこんなもんなのか。うーん。ぬーん。

・アフターバーナーUスペシャルモード
こちらも息抜きに起動。間が空いちゃったから難易度4で大破壊大暴走。なんとも素晴らしい井内STGであった。

・アンリ
通常モードでステージ2−2。これはまずはプラクティスモードでロケハンするのが得策なんだろうなあ。

・パワポケ7
しつこく大正冒険奇譚編を進める。あー面白い面白い。選手一人も作ってないけど(ランダムイベントとかでパーツ壊されたり事故死を結構な頻度でやらかしたり早い段階でのりかが登場したり)。うへへへへ。あー楽しい。

・スーパー魂斗羅
1クレだと1面道中。ひーこれは厳しい難易度。あまりにも難しすぎる。しかし魂斗羅はこんなものだから仕方ない。それよりもトップビューの縦スクロールステージだよ。これがやりたくてスーパー魂斗羅を買ったんだよね。げに楽しいなり。

・ギャラガ
1クレ29面。もはや自分で自分が信じられない結果だがそれをすっかり忘れていたとは。何をやってるんだかねえ。あとデュアルファイターの方が進めやすいことは確かだし。

・ロックマン3
フリーズしちったのでどうしようもないが、やっぱ3はバスターのみで進める手軽な難易度がいいやんね。結果はタップマン、スネークマン、スパークマンステージでフリーズ引いて終了。あんまやってねえな。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

心頭滅却すれば… お買い物

今日あったファミ通フェスは結局行きませんでした。いやアツくてアツくてねえ……。そんなアツい人が集まるアツい場所へ行ったらアツくてアツくてどうしようもないよということで。VRやRezは気になるが仕方ない。
_____

あまりにもアツいのでスーパー魂斗羅(360版)なんつーのを買ってみた。むさくるしく暑苦しい男たちが銃を撃って撃って撃ちまくる男の中の男が遊ぶ魂斗羅シリーズの2作品目。背筋が凍るような難易度が超クール!!撃て!殺せ!
しかし問題があるとすれば連射が無いことなんだよなあ。手連射では無理アリアリの難易度に思えるが、もともと高難易度思考のシリーズのイメージが強いからこればかりはなあ。あと必死に手連射してたら体感温度が5度くらい上昇してるような気がしてるんだけど……。やはり暑いときにこんな暑苦しいゲームを遊んだのは失敗だったか……
それでも当の本人はトップビューSTGステージを遊べてご満悦だったり。これだよこれがやりたくてスーパー魂斗羅買ったんだよね。魂斗羅最高ナリ。コンテニューしまくってるのにまだ2面以降の光景を見られてないけど最高ナリ。

それはそうと、魂斗羅と言えば『魂斗羅クロニクル Vol.2 The Beginning of the Legends』ですがどうっすかね?別にどうということも無く、修正版とか出るんじゃないかーってことで様子見してるンすけど買った方がよさげっすかね。魂斗羅クロニクル Vol.1の方はちょいと買い逃してたらいつの間にか高騰してるしどないなもんですかいって感じですわな。でも買っとかないとこれも高騰の匂いがするなあ。高騰とか関係なく収録内容見りゃあ涙ものの内容ではあるからとっとと買っとかなきゃいけないんだけどなあ。

全然関係ないけどチーム機知GUY関連作のロケットナイトアドベンチャー(ですよね?魂斗羅ザ・ハードコアの製作チームってことは知ってるんですけど、ロケットナイトアドベンチャーに関しては人づてで聞いた知識なんで…)にはセロニアスモンキースの安達昌宣さんが関わってるらしいです。魂斗羅スピリッツに関わってたことは知ってたがまさかこれにも……。谷口さんはハードコアの方に関わってるらしいし世の中驚くことばっかりだよ。
魂斗羅ザ・ハードコア移植とかねーかなあ。Hard Corps: Uprisingでも買ってこようかなあ。
_____

・サントラのCD枚数が多いと幸せになれるのか?
http://gmbanzai.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

非常に興味深く参考になる記事。ちょっとあとでしっかり熟読しておこう。名曲密度か……確かにそうかもしれん。同感と言えば同感だ。
_____

休みには、外の光を浴びよう
ということで散歩にでも出かけてきた。最近は散歩すら出来ないような日々が続いてたからつかの間の休日を楽しむとしようじゃないか。まあ実際には散歩と言うより中古屋ワゴン巡りなんだけど。それでも好きなゲーム音楽聴きながら太陽の日差しを浴びてダラダラ汗を流しながらその辺をほっつき歩くのは楽しいなあ。もっとゲーム音楽を聴かねば!
それはいいとして、某ブックオフ店にてロストオデッセイが250円という涙を誘うような値段で売られていたので購入。したのはいいのだがついでにアフレイドギアなんつーのも買ってきちゃうのはどうかしてると思う。いくらアスミックエースだからってこんなの買ってるんじゃねえー!どうせこんなの買ってもやらないんだろうが!!うあー!!
それでも意外にもアスミックエースにしては評判は良いみたいだ。つーかアスミックエースって開発はしてるんだっけか?自分の中ではドカポンとかレナスとかLSD(の販売)の印象しかないんだが…。ちなみに続編は今作の欠点を改良した傑作と名高いらしいぞ。ぶっちゃけアフレイドギア自体の知名度がアレな部類だからどこの世界で名高いか分からないけど……
とりあえず妙に怖いロボのパッケージから「音楽はテクノ系?」と予見したので暇な時にでもCD-DAかどうか調べてみようっと。
あとはブックオフ関係なく、PSNポインツを買ってきたのでFLAME OVERでも買おうかと企んでいたら評価がすげえ低かったので思わず躊躇。あらまビックリ。結構面白そうと思ってただけにこりゃダメな出来なのかね。ぐぬぬ。気になるがここはあえて見えてしまった地雷を踏み抜くもんでもないだろう。と思っておくことにしておこう。とりあえず本命のダンガンロンパリローデッドとソフィーのアトリエは買っておいた。暇で暇でしょうがなくなったらこの二つのゲームを進めるぞー。うわー楽しみー。

PSNポイントをコンビニで買ってたらまさかの友人のバイト先でバッタリ再会。近況を話し合ったりゲームの話をしたり。TOBはPV見たけどカメラは問題無さそうだからもう一回信じて買うとの男気溢れる言葉が。自分はそもそも裏切られても何でもないから何の気兼ねもなくお金があれば買うんだろうが、いやそれよりも有働さんが関わってるかだなあ。ポケモンも買うらしいことを聞いた。自分も買うつもりではあるが、むしろこっちのが自分は裏切られそうだよなあ。もう自分の好きだったポケモンの面影は無く、ただみっともなく初代や金銀に匹敵するようなゲームに出会えることを信じてしがみついてるだけ。もうポケモンから身も心も離れすぎてるのにどうすることも出来ずただ必死に食らいついてるだけ。XYであまりにガックリきて、オメガルビーアルファサファイアはプレイしないって選択を取ったけど、どうなることやら。俺はポケモンが無きゃダメなんだ。頼むぜゲーフリ。
posted by グレイ at 22:12| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする