2016年07月25日

Downwellクリア!!

難しい難しい自分には無理とかなんとか言っていたが、電車の中でプレイしていたらあっさりDownwellをクリアしてしまった。うおおおおおおおおおおDownwell-ッ!!
しかし当の本人も何でクリア出来たか分かんねえのよね。ラスボスをお目にかかれたと思いきや1-2で憤死している有様だし。こりゃクリア要因は運が良かったとしか思えねーぞ。こんなんでいいのか?プレイ時間にして体感5時間弱。ただ自分の感じる体感時間に大きなずれがあることがロゼで分かったから(15時間くらいやってると思ってたらクリアタイムは7時間半だった。うだうだして電源直消しの時間も分も含めて9時間~10時間くらい?)実質3時間くらいかもしれねーぞ。値段分以上は間違いなく楽しんだから問題ないと言えば無いが……
で、ラスボスの感想だけど、なんかカービィ臭い。これまでマリオマリオとうるさく言ってきたけどラスボス戦だけみょーにカービィのテイストを感じる気がする(ボスも一つ目だし……)。ただこれまでのジャンプアクションSTGがガチのSTGに変化しただけでもあるが、カービィもラスボス戦はSTGって伝統があるしなあ……。でも自分の記憶だと縦スクロールSTGは大迷宮しか無かったような。うーん何故にカービィイズムを感じてしまったもんだろうか。ラスボスでカービィイズムを感じてからというものの、どうもゲーム内容もカービィらしさを感じるようになってきた。確かに幅広い攻略法が存在するというのはカービィ的と言えばそうだ。どうやらこのゲームはマリオ:カービィ=9:1くらいの比率で上手いこと落とし込んでるゲームなのかもしれん。それにしてもマリオともカービィとも一ミリもゲーム内容が似てないのにそれらしさを感じるというのがなんとなく不思議だなーと思った。ひょっとしたら盛大な勘違いをしてるだけかも分からんが。
あと、このゲームある程度稼がないとしんどいね。斑鳩みたく稼げば楽になる(ゲームクリアの難易度と稼ぎが直接的に直結するわけじゃない。稼げばエクステンドするからクリア楽になるけどさ)というよりはシルバーガンとかローグライクRPGみたく稼がないと地獄絵図、生き残るために稼げ!って感じがする。つっても上手い人は稼ぎが甘くてもどうにでもなるだろうからこの意見も的外れなんだろうなーと思った。ゲーム下手にはどうも苦しいね……。それでも極力稼がなくてもなんとかなるんじゃねーと思わせるバランス面は上手いと思った。
なんだかんだ言っても500円なら安すぎるくらいの名作だからプレイしていない人はプレイすべきだと思った。そこまで重いゲームでもないし空いた時間にひょいとやるのもいいかも。難易度はフワフワスタイルなら常識の範囲内だと思う。それ以外だと……どうだろうね。少なくとも自分には無理な予感が……。いやまだ3時間(体感5時間)しかかけてないから分からんか。でもとりあえず試験期間突入中だからいったん終了させてもらうことにしよう。
_____

せこせことアリストテレスとプラトンについて調べる。無論大学で必要だから調べているのだが、いったい自分は何学部何学科所属何だろうか。こんなこと勉強して近い未来(具体的には3年とか4年生になった時)役に立つのだろうか。疑問に思う。
で、それ自体は心底どうでもいい。今現在問題となっているのは、哲学をやった人は分かると思うが「プラトン=イデア」であることはおなじみであると思うが、調べごとの最中頭の中で「Chapter01 - 理想 - Ideal」が鳴りやまないんだけどどうすればいいのだろうか。もはやゲーム脳末期症状だ。どうかしちまってるぜ。
それはそれとして、演算増幅器の授業を聞いていたら先生が「犬も歩けばポケモンに当たる」とか意味不明なことを言いだしてビビった。社会現象になっとるなーポケモンGO。
_____

電車の乗り合わせが悪いので津田沼丸善で暇つぶし。所持金が100円しかなかったのでハイスコアガール新刊を買うことはできず。ヒー。
それはそうとコロコロのロックマンエグゼの新装版が出ててビビった。鷹岬 諒先生おめでとうございます。当時熱心に読んでたわけではないけど(買い始めた時はもう話の途中だったからよく分かんなかった…)それでも記憶に残ってる漫画でした。しかし新装版なんてものがコロコロにもあろうとは……予想外だぜ。そのうち穴久保版ポケットモンスターも新装版出たりしないかな。
しかしエグゼは新装版出てめでたい限りだが、流星のロックマンが同じく云十周年を迎えた時漫画版流星のロックマンはぜってー新装版なんて出ねーだろうなーと思うと心が痛んだ。自分はあの漫画をクソ漫画だと思ったことは一度もなく流石はマスカレードの板垣先生だぜぃと言いながら読んでいたもんだったから……。つーかマスカレード復刊しろよこの野郎。いやしてくださいお願いします。
エグゼと言えば昔エグゼ岩男なんていうキャラが出てくる4コマ漫画を見たことがあるような気がするがアレは復刊されることはあるのだろうか(需要がねーよ)。エグゼ岩男と言えばパワポケ7には緑万高校の衛具是岩男なんてキャラが居てだな……(以下際限なくパワポケ7の話が続くので割愛
_____

・サウンドクリエイター佐宗綾子さんの「ナムコの門を叩くまで」 ——ゲーム業界、彼女の履歴書
http://www.redbull.com/jp/ja/games/stories/1331807152408/by-riko-kushida

続きが気になるインタビュー記事だ!これはしっかり読んでおきたいなー。しかし佐宗さんの写真の御姿はTwitter上で「き〇Guyの神様ー降りてきてくだせえー!」なんてことを言ってる人には全然見えない。人は見た目に寄らないということか。そういえば初めておとや見た時も佐野電磁さんの御姿に衝撃を覚えたような記憶が……。あんな人がDODの曲作ってたんか、みたいな。ナムコイカレ系サウンド軍団のお方々は見た目と言動と音楽が予想もつかないような……
_____

そういやみんなで決めるゲー音Wikiにはエキサイトバイク64の記事は無いのか?今日紹介するつもりでページを探したが、なかった。うーむ、そもそもエキサイトバイク64自体の知名度が薄いと言えば薄いかもしれないが、個人的には名曲揃いの作品だと思ってただけに意外だ。サントラが出てない(たぶん)ことも影響してるんだろうなー。あとBGMのノリも任天堂的じゃないし……
ところで、「Kyoto Japan」という曲が有って、まあ名曲なんだけど、この曲には京都も日本も思わせるような部分が一ミリもないんだが、何を思って作曲者の人たちはこんな曲名にしたんだろうか。世の中不思議なことだらけだ。
ちなみに作曲者はMatt Furniss, Chris Lambっていう人たちらしいっすよ。前にも書いたような気がしないでもないけど。この人たちの知名度も押し並べて低い(自分が知る限り)こともマイナーな原因かもしれん……

posted by グレイ at 21:01| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

7/18~7/24

今週から追い込みの時期だぎょわわわー。わ。


・引ク押ス
攻略スピードが鈍足と化し面を遊んでは寝て、次の日考えるみたいなプレイと化している(寝ている間に攻略法が整理されるだろうという睡眠学習的プレイ…もといただの現実逃避or他力本願プレイ)。それでもぜってー無理だと思ってた噴水とかナスカの地上絵をクリア出来てるんだからクリア出来るんじゃねーか?知らんが。

・Downwell
最高記録は相変わらず3-1。というか1-2あたりで常に詰まってる自分もどうかしていると言ってもいいのだが。あーやっぱこれは自分にはどうにもならないタイプのゲームなのかー?いやな予感しかしない。
あとこのゲームに登場するコウモリみたいな敵滅茶苦茶強くない?幻惑的な動きに惑わされて全然どうにもならんのだが。アリーマなんかよりよっぽど強いよ。うひー。

・チェルのブ
現時点でもまだ魔神3つ倒したところ。こっちもそれなりに難しいね。でもこっちは努力とパターン把握でどうにかなる予感がする。行き戻りを繰り返してステージを爆走する感じはカービィの鏡の大迷宮を思わせるような(メトロイドヴァニア系にはとことん疎いので勘違いしてるかもしれんが)。動きの爽快感は結構あるからおもろいね。

・ロードモナーク(SFC)
前書いたけどフラワーマジッククリアしたー。しかし最後の面の難しさは異常だった……。あんなもん無理だぜー。結局日数はマイナスになったけど、クリア出来ただけでも奇跡だよ。うん。
で、現在はメカニックテクノをプレイ中。難易度は今のところは常識内だね。しかしこんな訳の分からない世界観がいっぱいあるのにストーリーは一切無くおんなじことやるだけっていうのも中々にストイックなゲームだな…。潔いぜエポック社!でも処理スピードはもう少し速くしてほしいぜ!

・黒復活(AC)
1クレ5面ボスまでたどり着く。1面で2回死んだのにここまで来れるんだから世の中分からない。つーか半分捨てゲーとしてプレイしてたから気付いたんだけどこれってもしかしてボス戦時も烈怒レーザーで戦った方が良いのか?ランクは上がるけど素早く倒せる気がする。でもそうすると裏面突入みたいなことになりかねんからなあ(未だに条件が分かっておらず苦戦を強いられてる)

・黒復活(360)
ノーマルの方は5面ボスでまあ上場。ケツ復活も久々の5面で好調。あっはっは。えっひっひ。しかしケツ復活は理性を失いかけるほど凄まじい勢いでスコアが増えていくね。なんだかんだでハマってきてるな。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレラスボス。ボムの使いどころでしっかり使って抱え死にしなければこんなもんじゃーイヤッハー!!

・ブンブンロケット
夏の風物詩としてテキトーにプレイ中。最低難易度でダラダラプレイしているので語ることもあんま無い。

・バンガイオーHD
エクストリームステージに特攻してみるものの1面のラストにロンガイオー4体というヤケクソ気味の「どうだ!ロンガイオー4体もいりゃあムズイだろ!」という勢いを感じていったん逃亡。頭ではフリーズしてからカウンターって分かってもそれを実行に移せないからロンガイオー苦手なんだよな……。キチガイオーは体当たりして逃げまくるっていう対策が有ったからどうにでもなったけどさ。

・ダラバーCS
復帰戦ということで外伝使ってゆるーい条件でギガバイトと戯れていた。しかし外伝以外でのギガバイトの倒し方が分からんね。こんな有様でいいのだろうか。

・パワポケダッシュ
息抜きにせこせこプレイしていたが爪が当たって電源が切れるハプニングに遭遇しあえなく終了。もう誰も愛せない。
それはそうとダッシュの時期系列って7とほぼ同じだよな?荒井3兄弟がモグラーズがどうのこうのって言ってたけどこの頃はまだモグラーズだったんだっけか?7に凡田がHのマーク付けた帽子被って出てきてテンパってたことは覚えているんだけど。あーでもあの時点ではまだモグラーズだったとも考えられるな。それはそうと7のあのイベント、いつだったか忘れたけどパワポケ考察Wiki見た時に湯田の使いまわしっていう身もふたもない意見を見てビビった記憶がある。リアルタイムで遊んでた時は「だから8の球団名はホッパーズだったのか!スタッフも粋なことしてるナー」とヘンな関心を覚えたもんだが。それにしてもこんなどうでもいいことに頭を悩ませている自分は一体何なんだろうね。

・エスカトス
記憶があやふやだがおそらく17とかその辺まで進んだ記憶がある。ひっじょーに厳しー戦い。

・ジャッジメントシルバーソード
こっちは20面近くまで進んだんだったかな。ボスが強いよなーこのゲームは。エスカトスはボスは大したことない印象なんだが。


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

生活記録

やはり二度寝というのは良くない。早く起き過ぎたので二度寝を惰眠貪っていたのだが、その時に見た夢の内容が意味不明だった。近未来のサイバーな感じが漂う世界観らしいことはなぜか分かったのだが、自分のいる場所は体育館であり、そこで眠ろうと目を閉じていたのだが、どこの誰かも分からぬ輩に脳のネジを外され脳ををこじ開けられそこにナトリウムを入れられるというものであった。で、なんでナトリウムと分かったかと言うと脳を解体されている自分以外にそれを眺めている自分がいて、そいつがナトリウムだと気が付いたんだけど、「そもそも俺はどっちなんだ!?」ということに気が付いて目が覚めた。こんな意味不明な夢を見たせいか頭痛が止まらん。別にすげえ痛いわけじゃないけど、頭に得もしれぬ違和感がこびりついている。真面目に生活しようと決意した瞬間にこれとは。これはもう真面目に生活なんてするなっていう神のお告げだね!だからといって勉強してないでいても単位を落として留年するだけだしなぁ。うへーなんだかまた追い詰められてるぞ。
_____

ポケモンGOどうしようかなーと悩んでいる人向けにこんな話が。
https://twitter.com/DEARNA/status/756668045548855296
ひいぃぃぃぃ……確かにそうだよな。速度制限状態だけど落とすだけ落としておいた方がいいのかな。何故か俺よりポケモンGOに詳しい親の話を聞く限りスマホの操作に支障がある(スワイプが壊滅的で誤作動起こしまくり)自分には向かないような気もするんだが……

それはそうと、ポケモンGOは最近のポケモン(ソーシャル要素(ここで言うソーシャルとはガチャ課金とかとは無縁で人と関わる要素が))ポケモンスナップとポケットピカチュウないしポケウォーカーを足して3で割らないゲームって感じなのかな?みんなやたらと「ここに○○が居たヨ!」って言って写真上げてる感じがポケモンスナップとソーシャル要素を組み合わせてて上手いなーと思いましたねー。やってないから分かんねえけど。
_____

ふとスーファミではSTGをやったことがほとんど無いな、ということに気付く。物心ついたときからSFCが有ったわけでも無く、自分がSFCを手にしたときは中学ないし高校時代だったこともあり今までSFCではRPGやアクションばっかやっていたため機会が無かったと言えば無かったということに(主にサガばっかやってた)。
そんなわけでSTGを探しているんだけども、なんだか高騰しているようにも思える。探しゃ安いのもあるのかも知らないけど。ダライアス(ツイン、フォース)、グラディウスⅢ、スーパーR-TYPE、R-TYPEⅢ、魂斗羅スピリッツ、スーパーEDF、アスクレイ、ヴァルケン、エリア88、スーパーアレスタ、ファランクス、スーパータリカン、ダイオン、バイオメタル、スマッシュTVなどなど、こんなにやりたいゲームが出てくるとは思いもよらなんだ。因果なもんだ。
ところで、アルトロンがSFCで出したらしい「レッドオクトーバーを追え」は調べたところSTGらしいことが発覚してビビった。この頃は訳の分からねえゲームばっかだしてるなー(化学者ハリーの波乱万丈しか知らんが…)。全然関係ないけど調べてたら出てきた「バトルテック3050」が滅茶苦茶面白そうだった。この際1000円2000円のものは安いと思って買うのが吉なのかねー。
_____

思い出したがトワプリのサントラは今週だったっけか。買っとかないとな。あー魂斗羅のサントラも忘れないうちに買っておかないと。うおー。
_____

頭が痛かったので勉強も進まず、仕方がないのでDownwellをやったり。しかしあまりのヘボプレイにショックを覚え現実逃避に火の鳥乱世編を読みかえしたり。火の鳥がほとんど関係ないのに話の主軸なのが火の鳥なのが面白いなーと思いましたねー。
試験前なのにこんなんでいいんだろうか。そんな感じで今日はこれで。来週からは一気に忙しくなるな……

posted by グレイ at 21:41| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならない開始

再来週から試験だから今日は遊ぶぞ!ということで一日中ゲームをしてました(意味不明過ぎ

ほんでチェルのブことチェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならないを始めてみた。中々おもろいねコレ!この手の探索アクション、スタイリッシュに言うとメトロイドヴァニアってメトロイドが壊滅的に下手くそだったからあんま良い思い出は無いんだけど、今作は動き良し破壊良し難易度良しギャグ良しと結構良く出来てる感がある。これなら自分でも何とかなるかも。安いから買って損しないゲームやね。

ストーリーはこんな感じ。
ストーリー
第一部 油圧ショック
199X年、猫暖房を応用した猫兵器による世界猫戦争が発生し、世界は猫の炎に包まれた。
生き残った人々は弱肉強食の世界に突入すると見せかけて実は猫暖房の平和利用に成功し、人々は平和に暮らせるようになった。めでたしめでたし。

第二部 猫の呪い
それから3日後、猫暖房発電所が爆発し、その時たまたま近所にバニーさんがいた。幸い怪我などは無かったが、爆発した猫の呪いにより彼女には可愛らしい猫耳が生えてしまった。
「ああ!なんてことでしょう!可哀想なわたし!」

第三部 倒せ!恐ろしい暴れ牛!
こうして猫だか兎だかわかんない姿になってしまった彼女は、唐突に現れた太った神の使いに導かれ、トゥ~ル~ルルル~、呪いを解くために魔神の洞窟にたどり着いたのだった。
だが魔神の洞窟にたどり着いたところで、いきなり暴れ牛が襲いかかってきた。太った神の使いは必死に抵抗したがそれも空しく、ル~ルルララ~、物凄い尖った角で24回突かれてぽっくり死んでしまった。
そして暴れ牛は立ち去っていったが、困ったことに出口もわからなくなってしまった。

(以下略)
http://www.platinedispositif.net/games/bmd.htmより引用
どうでしょうかね。なんというかアレだよね!異様な熱を感じるストーリーだよね!

ところで今作、ひっじょーにオマージュが多いと思う。ゲーム開始時の「LET'S GO GO GO」というセリフはチェルノブだし(まさか略称に絡んでいるとは思わなかった…)、ゲームオーバー時の「残念!私の冒険はこれで終わってしまった!」はシャドウゲイトだし、ソード取得時の「マイソード」はファーストサムライだし、プレイ中突っ込みと笑いが止まらん。先のストーリーにもチェルノブやカルノフを思わせるような文面が……。このパロディ要素を見るためだけに買う価値があると思う。いやーヘンなところを楽しんでるな自分は。

進行具合は今のところ魔神3体倒したようなそうでないような、と言ったところ。難易度はそこそこ難しいけど、ブッ殺しまくればなんとかなるんじゃないかなーと思った。でも時止めを上手く使わないと地獄を見そうな予感もあるこたあるね。
_____

Downwellはどうにかこうにか3-1まで進むことが出来た。あと昨日言っていた1-4まで行けたという話は1-3の勘違いだったっぽい。
ある意味想像通りというか、死亡時のアンロック要素に活路を見いだせるものだったのでそこまで絶望感を感じなくはなった。フワフワスタイルを手に入れるまでは絶望の中を暗中模索で進み2-1以上の光景を拝むことはとうとう出来なかったんだが、フワフワスタイルのおかげでコンボも組めるし敵もそこまで怖くないと良いこと尽くしだった。とりあえずマリオよりかはどうにかなりそうだ。うひー。とりあえずもうちょいプレイしてみよう。
_____

ついでにロードモナークもフラワーマジックをクリアしたった。やったー。いやー最後のステージの難しさは発狂ものだね!今日だけでやり直しで2時間くらい消し飛んだよ!このゲームは時間泥棒だな。PS版はそんなこと思わなかったんだが……
これで残るはメカニックテクノ、クレイジーアニマル、ファンタジーパステルの3つかつ6-7-6のステージ数だった気がするから残り19ステージ?ぐへーまだまだクリアの道は遠いね……
_____

御緩漫玉日記の3巻を読み終えた(2巻はまだ読んでない買ってない)。うわああああ。あああ。あ。
よもやこんな漫画だとは思ってもいなかった、というわけでも無く幽玄6巻のような前例が有ったからなんとなくアレをひどくしたような感じ、とあたりをつけていたのだが、それでもひどくショックを受けるような漫画だった。面白いか面白くないかで言えば他に匹敵するものが無いくらいに面白いのだが、その悲惨な状態が生々しく感じ取れるレベルで今回は絵も文字も病的に荒れている。ハッキリ言って他人に勧められるような漫画じゃない。ひたすら絵も文字も読み辛く、更に一貫して暗い。話の内容自体はそこまで暗い話でも無い話でも絵が異常にベタで埋め尽くされていて暗い印象を受ける。読み進めるのはキツイ。精神的にも参ってくる。
それでも面白い漫画なのが恐ろしいと思った。こんな漫画他には無いぜ。自分の命をここまで削ってまで漫画を描いた玉吉センセは凄まじいマンガ家だと思い知った。
_____

・>>Dreamcastで遊べるシューティング3作品を入荷しました。「高速ストライカー 」「ラストホープ」「ガンロード」
http://game-you-ten.bit-games.com/?eid=1120

ですってよ。高速ストライカーは気になるけどどうしたもんかなー。そこまで熱狂的にやりたいわけでもないしなー。うーむ。うーん。
_____

そろそろ真面目に生活するか……
posted by グレイ at 20:40| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

Downwell開始 

息抜きにDownwellを始めてみたっス。まだ15分しかプレイしていないけど、これめちゃおもろいね!3000円くらい出して買っても後悔しない作品だった。頭の中では世紀の大傑作になりうる素質があるとの判断が出てる。いやはやここまで素晴らしいゲームだったとはねー。
と言いたいところだが、頭の中では素晴らしいと思っていても指先から感じる感覚てきなものはまた違う。そして指先から感じるそれは、やはり素晴らしいものだがそれ以上に恐怖と絶望を感じるようなものだった。そしてこれはあくまで自分だけ、の話になるのだが。このゲームからは任天堂の世紀の大傑作と同じ匂いを感じるのよね……

Downwellを一言で言うなら自分は「銃を持った下スクロールマリオ」と表現する。このゲーム、かなりマリオの影響が強いと思う。敵出現のリズム、配置、対処の仕方がプレイしてすぐマリオイズムが分かるくらいにはマリオの影響が強い。そして自分はマリオが絶望的なまでに苦手であり、劣等感や挫折感などを常に抱きながら生活している。プレイしてすぐに分かったよ。これは自分には厳しい気がするって。
もう少し突っ込んだ話をすると、X軸を合わせに行く感じで敵に対処するのがマリオっぽいなーと思った。マリオの敵への対処の仕方は基本的に上から踏みつけることであり、そのためには敵の座標めがけて踏みに行くことが必要になる。Downwellも銃ぶっ放せるけど基本的には上から踏みつけるのが基本動作になる。で、自分はこの手のアクションがすげえ苦手なんだよね。この手のというか横方向に攻撃手段を持たない&敵が出てくるアクションゲームが苦手と言った方がいいかもだけど。その理由は敵に近寄らないと倒せないっていうことからなんだけど。スーパードンキーコングやワリオランドシリーズみたいなローリングで特攻できるゲームは全く苦手意識は無いけど、危険と隣り合わせのゲームはどうにもならんのだよ。敵の破壊に自機の高さが重要になるY軸合わせのゲーム(ロックマンや魔界村、ヨッシーアイランドなど)はどうにかなるけど。ちなみに敵の破壊に軸合わせがあんま関係しないゲームとしてはカービィとかガンスターヒーローズとかが思い浮かんだ。どうでもいいが。
マリオと違ってDownwellには下方向の攻撃手段として銃をぶっ放せるって対処手段がある。これが滅茶苦茶練られているのは頭では理解できているけど、プレイしている最中足場となる予定のところを破壊してしまってキョドって死亡みたいなミスが頻発してるんだよ。「慣れろ!」って話かもしれないが、これが既に厳しい匂いを感じている。射撃によるホバリングで軸を合わせて敵を踏むって一連の流れは頭の中では非常に美しく描けていて、ゲームデザイン的に見ても非常に美しいのだが、それが自分に実行できるかと言えば足場を破壊してうあああああ、みたいな。ただこれに関しては慣れの問題だろうし、その後悔含めてこのゲームの味の予感もする。自分に厳しいことには変わりないが。
自分に合わない(わけじゃなくてとことん苦手なだけなんだけど)からややネガティブに書いてしまったけど、マリオ的なのが悪いわけじゃない。マリオで敵をぴょんぴょん連続で踏みつける爽快感はこちらも引き継がれている。自分にはそれを実行する腕がないが、マリオがうまい人なら楽しめること間違いなしだろう。また、マリオで言うトゲゾーに当たる上から踏んではダメな敵も登場する。この敵は銃でぶっ殺すことが出来るので踏みつけ行為と銃の使い分けが出来ていたり駆け引きが存在していたりと作りが非常に練られている。また、マリオ同様ある程度敵を無視しても構わないバランスになっているとも思える。この辺も極めてマリオ的で上手い作りだと思う(自分は倒す必要のない敵を倒そうとして誤死することが頻発するので辛いのだが)。

また今作はバランス面からみてもマリオ的、真のゲーム力が求められるようなバランスの匂いがする。これが自分にとって一番キツイ面。自分のゲーム実力は10数年やっているから知識と経験だけはあるもののせいぜい下の上、ないし中の下くらいだと思う。得意なゲームですら中の上くらいか。マリオに関しては初代は友人の協力(無限1UPをしてもらった(自力ではどう足掻いても出来なかった))もありなんとか独力でどうにかなったが3はワールド2を越えられない。そして恐怖のあまりマリオシリーズ自体に苦手意識を持つようになりマリオのように真のゲーム力を求められるゲームを避けて、パターン暗記や根性と努力でどうにかなるもの、ルールの裏を付けるものを多くやるようになっていった。具体的にはパターン暗記ものではSTG(斑鳩とかシルバーガンとか)とか即死暗記アクションとか、根性と努力でどうにかなるものではスパドンや大魔界村やバンガイオーHD、ルールの裏を付けるものとしてはランクSTG(ガレッガバトライダーパロディウス)など。
激しく話がずれたがDownwellにも同じ香りを感じる。ローグライクの要素を盛り込みランダムが生み出す面白さも分からないでもないが、そうするとパターン組めないしクリアも出来ないんじゃ…という気になってしまう。実際まともにプレイして1-2、逃げ腰プレイ(敵から逃げる)で1-4なんていうヘボさだ。始めたばっかりだがこんな散々な結果でどうにかなるか怪しく思えてくる。
でも、マリオよりかは根性と努力でどうにかなるような予感はする。マリオと違って銃で前もってぶち殺すことも可能だし、ローグライク要素があるのなら運さえ良ければどうにかなるという希望もある。そう意味ではもっとプレイしていく必要があるね。あと死亡時にたまったポイントでアンロック要素とかが有りそれでどうにかなる可能性も秘めている。

プレイ時間15分でこれだけ話したいことが出てくるとはDownwellはそこらにある凡百のゲームとは間違いなく違うな。もう少しプレイしてから自分に合うか合わないか決めようかな。やってくうちに苦手意識が消えるかもしれないし。

関連リンク
・「ガンブーツ」という発明がマリオを超えた。『Downwell』のゲームデザイン
http://www.moguragames.com/entry/downwell/
ニカイドウレンジさんの紹介記事。これ見る前に「こりゃマリオ的だ!」と思ってたらここでガッツリ触れられてて自分の直感もたまには結構いい線いくもんだなーと思った。つーかテストプレイに関わっていたのだったら自分にとって苦手なゲームバランスになったのはこの人の影響があるんじゃ……

・Downwellレビュー PS4/VITA  500円でもっと深くまで潜っていたい
http://blog.livedoor.jp/tukasamakoto5/archives/1059362957.html
ランダム要素について言及していたレビュー記事。
_____

うっかり失念しかけていたが、マリオは横方向に攻撃手段を持たないわけではない。カメブン投げること出来たりファイアボールブン投げたり対処手段はかなりあったりする。でも、いつでも任意に出来る訳じゃないのがね……。そういうイケイケGoGo状態が自分の腕では持続しないのもマリオに対して苦手意識がある原因なのかもしれない。
ところでこのゲームはマリオ的ゲームで良いよな?どうもこの辺は根本的なゲーム経験に乏しいのか不安になってくる。ゲームを遊びつくしてるような人にこそ、このゲームをプレイしてもらいたいものだのだが。
ネガティブに書いちゃってるけど今年遊んだ中でも格別に面白かったよ。それはホント。現時点では下半期ベストには確実に喰い込んでくるね。エスカトスやジャッジメントシルバーソードと並んで、ね。
_____

ポケモンGo大配信大開始によって大学内は歩きスマホの烏合の衆と化し暴徒に埋め尽くされる非常事態となり、速度制限で落とすことすらままならぬ自分にとってはムカつくことこの上ない暗沌とした日々となった。やるのは勝手だけど人様に迷惑だけはかけてほしくないよ。ああいう輩を見ると心が鬱屈として来るね。でも自分もやってるときは注意しないとそうなりそうだなー。
自分がプレイするのは8月第2周目くらいからになりそう。別にそこまで積極的にプレイするわけでも無いしゆるく楽しめればまあいいかな、と。それにしても再来週から期末試験と言うのにあの人たち大丈夫なんだろうか。自分と学年が違う人が今年は膨大に出てきそうだ……
_____

チェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならないの略称は「チェルのブ」らしい。…そんな略称で大丈夫か?と、とりあえず今日から始めてみる予定。うっひょー楽しみ。
_____

・『シュタインズ・ゲート ゼロ』完全版サントラのジャケットが公開
http://www.famitsu.com/news/201607/22111585.html

とのことなのでファンは買うべし。
_____

めちゃんこ遅報だがアウトランのレコードが出てたみたいっすよ。うひーこりゃたまらんね。敷居は高いけど間違いなく買いなアイテムだと思う。そんな自分は入手ハードルの高さに頭を悩ましている最中だったりするのだけど。嗚呼欲しいなあ。レコード再生機器なんて無いけど欲しいなあ。なんてたってアウトランだからなあ。

http://amass.jp/74476/
posted by グレイ at 22:17| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

VR大作戦

チェルシーさんは以下略大購入!!!イーハー!!やっぱゲームを買うのは最高だぜ!!(遊んでいる時では無くて?
で、今日の夜から始める予定だったのだが明日試験があることに4時間くらい前に気が付いたのでやむなく中止。もうこんな生活は嫌だ。
_____

・“ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪”『ポケモンGO』で政府が異例の注意喚起
http://www.famitsu.com/news/201607/21111383.html

注意喚起の割には音符マークがついてたりとノリが軽薄にも感じられるが、気にしすぎかな…。なんにせよ期待と不安でいっぱいだ。それ以上に情報が錯乱しているのがなぁ……。結局配信はいつなんだ?
_____

試験前日ということが発覚したので無駄話は止めにしてとっととファミ通の感想に入る。今週はVRに興味ある人は買い……なのか?

・白猫
やってもいないし興味もないからどうだっていいのだが、2年の歩みを振り返るっていう主題なら「事件簿」なんて言葉は使うべきではないのではないのか、と思ってしまった。なんか炎上するような話題をかっさらうことがあったのか!?と確認してみたらなんてことは無い、配信開始から今までの軌跡が淡々と載っているだけだ。それなら「歴史」とでもすれば良かったんじゃないか、と思ってしまった。ここのゲームだと黒猫のウィズは練られててスマホに合ってるなと感じたが(でもプレイしてない)、これはどうなんだか。

・bitsummit4th
かなーり雑多な情報が得られて満足。この辺の話題はネットで右から左へ流していくのではなく頭にとどめられる紙媒体のがいいやね。
特にオニオンゲームスがSTG出すらしい(Black Bird)なーんて話題は聞き捨てならない。こんなのネットじゃ見かけなかったぜ!今日ほどファミ通のゲームの情報記事を読んでて良かったと思った日は無い。あとは「Just Shapes & Beats」「OKHLOS」なんつーのもアツい気がする。インディーゲーはかなり今来てるね!コンシューマにも出てくれるといいな。
ところでBlack Birdsはカラスにラブデ色ぶち込んだみてーな作品になるんだろうか。どれに出るか分からんが(たぶんアプリゲー?)、いよいよタッチペン購入の時か……

・マクロス
むー実はアニメ見んからどれもやったことないしなんもわかりゃしないのよねこのシリーズ。STGだし興味自体はあるんだけどどうもノリが合わなそう。うひー。
どうでもいいけどパワポケ13の麻美のイベントでキラッってやつのあれがあったと思う。今唐突に思いだした。心底どうでもいいね。

・バウンド
おおおおおおおこりゃ面白そうな予感がプンプンプンプンするんじゃないのでしょしょしょしょうかかかか。なぜ舞台を妊婦の意識の中にしたのかは謎極まりないがソニーらしい独特の雰囲気を出した雰囲気ゲーってなわけでVRでやってみたいと思わせるタイトルだった。エンディングはミスティックアークのように扉が開いたりするといいな。

・カタルヒト(フリュー)
中々いい感じの企画だと思わんでもないが、客層がずれてないかフリューよ。やる気があるのは嬉しいが何とも疑問に思ってしまった。うーむこれで良いのか?新境地開拓みたいな意味合いでもあるんだろうか。

・クロスレビュー
チェルシーさんは以下略はオール7でファミ通らしい無難な評価に。つまり人は選ぶが買い!な作品だと思う(やってないから分からんが)。6180は面白そうだからWiiU買った時のために記憶にとどめておくことにしておこう。

・WFF
情報が明かされるにつれて不安が倍増増加していくものの一応FF15よか期待している作品。どうなることやら。サントラが出るといいな(音楽は浜渦さん)

・TOB
ミニゲームに配膳の存在を確認して絶望。ハロルド配膳の悪夢が思いだされる。そういえばハロ寿司はとうとう自分の力ではどうにもならなかった思い出が……。あの悪夢が再び繰り返されるのだろうか。

・世界一長い5分
来週出るがお金が無いので見送り確定。うへー。あとクラシックダンジョンの評判が芳しくなくてちょいと不安気味だし。開発が全然違うから大丈夫だと思うが。

・アイマス
PS4が無いので購入は後程。どうせベスト版が出るほど売れるだろうし、熱狂的なPでもない自分は落ち着いたころにプレイするとしよう。アケマスみたく育成シミュ要素を強くしつつライブシーンとかがかっちょよく決まっていればいいのだが、どうなるかね。真と雪歩に会えてプロデュースできるのならそれ以上望むこともないし良いっちゃいいのだが。

・イースⅧ
そういやこれも見送りだよー(涙)。つーかVのリメイク計画が挙がってたのかYo!正直そっちのがやりたかったYo!VはSFCだっけか。そういやどこかにトンキンイースが売ってたような気がするな(どうでもいいね)。へっぽこで幻惑的なサウンドがたまらないトンキンサウンドはある意味いいものだよな。

・VR
今回のメイン特集だと思う(表紙は白猫だったが)。とりあえず今まで知らなかったんだが動画鑑賞にも対応していることはナイス。ブルーレイ作品をこれで見るとそそるかも。そしてVR酔いの問題も少し述べられていた。ううう。普通に3D酔いをバンバン引き起こしたりしてる自分はダメな部類かもしれんな(なにせ引ク押ス3D機能オフにしてプレイしても1時間たつと発症してるほどのレベルだし)。吐きそうになりながら進めていたドンキー64のような体験が再び始まるのだろうか。
ローンチタイトルでは数々のゲームが出るけど、期待できるものは
・Rez
・ローラーコースタードリーム
・サマーレッスン
・イーグルフライト
・Until Dawn
とかになるんだろーか。ライブにいるような感覚を味わえるソフトもいいが、単にVRにしました!ってものではなく、現実のはるか先へある何かを感じさせてくれるゲームに期待していて、Rezやびんぼうソフトの新作には単なる体験に留まらぬなにかがある!と勝手に思ってるんだけど、なんか全然話題に挙がらないよね……。自分の趣味はやはりずれてるのだろうか。つーか最終的にはラマソフトの新作があそべりゃそれでいいよもう。

・ユーザーズアイ
ロゼと黄昏の古城が賛否両論の評価でなんだかねえと思ったが、それ以上に「クリアしても後味が悪かった」と批評している人にビックラこいた。自分はそんなこと微塵も感じなかったし、むしろわりかしいい感じに終わったと言えば終わったとも思ったのだが。後味悪かったかね?別に10時間ちょいしかプレイしてない自分の感想なんて60時間もプレイしていた人の意見にゃ勝てないけど、あれを60時間もやり込む要素あるか?と疑問に思える。どんだけ時間がかかっても20時間くらいだと思ったが……。これはおかしいよなあ……。でも載っている以上やったんだろうし……。でもなんか納得が行かない……
ちなみに他の人の批評は概ね納得して読むことが出来た。みんな「人を選ぶ」みたいなこと言ってるのにはちょっと面白かったっす。

・新着ゲーム
インターグローのPS4タイトル2本「KHOLAT」「Layers of Fear」がすっげー面白そうなので記憶にとどめておく。フィアーの方は暗黒ホラー臭が強いけどトンチキ翻訳があったら面白そう(間違った期待

・桜井コラム
やはり作り手に対して遊び手は感じることも違うもんなのかなーみたいなことを思った。でも貧乏性ともちょっと違うような…?

・ふぁみもん
技ポイント!いやーサガってホント素晴らしいですねえ。
_____

何にも追われることなくゲームがやりたいー。うー。早く試験期間が終わってくれないかな。

ラベル:ファミ通感想
posted by グレイ at 22:43| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする