2016年07月20日

生活記録

うだるような暑さに加えて朝っぱらから雨、ずぶぬれで満員電車に乗り込み蒸し蒸しの地獄絵図状態を味わい、挙句の果てには僅か1時間で雨が止んでいやがり鞄と服がびしょくそ状態&傘ものすっげー邪魔なんていう理不尽な仕打ちを受け心も体も荒んでいく今日この頃。気力がメリメリと削がれゲームで発散しようなんて気も積極的には湧いてこない。引ク押スは心を荒ませるだけだ。ロードモナークは如何せん地味で爽快感に欠ける。STGは自分の無力感をヒシヒシと感じるだけだ。こんな時はどうすればいいのだろうか。そんなもん決まっている。ゲームだ。ゲームを買えば救われる。ここは一発ゲームを買うのだ!
ということで、怒り心頭状態であったが「明日ってチェルシーさんは7の魔神をブッ殺さねばならないの発売日じゃなかったか?」ということを思い出し何とか復活。そういやキラキラスターナイトDXが延期しちゃったから今月は買うゲームが無かったんだよね。ここは一発買っておくに越したことは無さそうな感じ。一番やってみたいのはワンダースワンのダイシングナイトだが、逆に言えば高評価なアレを作ったところならクオリティは期待してもいい感じそうだし。うっひょーう楽しみー。2週間後に(つーか実質1週間後に)期末試験控えている人の行動とは思えないけど。問題はPSNポイントがねーんだよな。別に2000ポイント払えばいいんだが、通販あたりでやたらめっさら散財したい気分でもあるし……
とりあえず買ったら真っ先に遊んでみる予定。買わなかったら代わりにダイオンとかアジャイルウォーリアーやカオスコントロールとかラティスなどを買っている可能性大。それにしても代わりにこんな微妙なゲームばっか買おうとしてる自分は何なんだろうな。もしかすると自分はゲームを手にとってはいけなかったのかもしれない(飛躍させ過ぎ

全然関係ないけど長年の使用で自分のVitaの背面が異常な汚れ具合になってしまっている。汚れているのは正確には保護シートなのだが、その惨状は魔界村とも言うべきか。人によっては大や超が付くかも分からんが。
それはともかくコレとってもいいかなあ?これさえ取ればキレイになるし。背面パッド今更最大級に使用しまくったゲームなんてあんまでねーだろうし。しかしこんな惨劇が起こるとはなあ。白を買ったから目立ってるだけかもしれないが。今度買うときは黒と白は避けるようにしよう……。本体の手入れはちゃんとしてるつもりだったんだが……。あと前面もなんか最初にぺらっとめくるところだけなんか破れてる(削れてる?)んだよ。これも買い時かねー。あんま無駄な出費はしたくないんだが……
_____

それはそうと。
みょーに珍妙な名前で今回目に留まったアジャイルウォーリアーだが、音楽が良いらしいという噂を聞きつけたのでBGM動画のリンクを張っておこうと思った。
https://www.youtube.com/watch?v=xrTeMTz4nBI
どうっすかね。なんとも洋ゲーって感じのハードロック調の楽曲がイカしてる!って思ったんですが。ゲーム自身はチートを使うと面白いという身もふたもない意見を見てしまったのだが、それでいいんだろうか……。洋ゲーはチートが付きものなんだろうか。そうといえばそうかもしれないが(スパドン3とかバンカズとかもそうだったし)、うーん……
_____

ポケモンGoの配信はいつなんじゃーと翻弄されまくりなのだが、それ以前に既に速度制限に引っかかっていることに気付いた。ダメじゃーん。終了。つーかネット閲覧とアプリの更新をしただけですぐに速度制限に引っかかる現状がダメなのかもしれない。でも別に最低限電話と連絡手段さえあればいいしなあ。そもそもまともに動かせなくて電話かかってきても出れないし(それはそれでどうか
どうでもいいけどポケモンGoとエルヴァンディアゴーって似てない?共通点はゴーだけだけど。評価も桁違いだけど。
_____

・合コンでコンシューマーゲームの話をするのってアリなのか試してみた!
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48023462.html

ここのブログはこんなコラムもありやがるのか……もはや予想がつかないぜ……
そういや自分の大学はそういう飲み会に行ってる人から自分と違う学年になっているような……。ちなみにお察しの通り自分はそういうとこには行かないっす。酒飲めないし、そういうアッパーな友人もいないし。
しかしそれにしてもここの結果を見る限り自分の好きなゲームは絶望的だな…。ただでさえ同年代ですら話が通じないし(自分が振る話が魔界村とかギャラガとかそんなんばっかなのが原因なのかもしれないが。そりゃダメだよなあ)、誰もが知ってる万人受けのゲームなんてほぼ無いし、どうしようもないのかもしれない。ゲームがダメとなるとインドア話だとアニメってのはやっぱそうなのか?でもアニメ一切見ない自分が話せるものなんてミュウツーの逆襲くらいなものだし絶望的だ。あとは音楽か?でも自分はゲーム音楽しか聴かないし濃い話は無理な予感もする。F/Aやビューポイント、リッジ、オペレーションラグナロク、ベアナックルなどを発端として始まった(ラグナロクはちょい時期的にずれるよな気がしないでもないが)テクノ音楽ブームがアツいっすよね!なんて話したら引かれそうだ。
やはり自分はそのような場所には向いてないんだろうか。共通の趣味を話すゆるーい会みたいなのは非常に楽しそうなのだが、こういう機会は中々無いものだしなぁ(自分が探していないだけかもしれないが)。なんにせよもう少し社交性を身につけたいところですね、ととりとめのないことを思って終了。
_____

さー今日も少しだけSTGやった後ロードモナーク進めるぞー。うあー楽しみー
posted by グレイ at 22:34| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

逆転裁判3クリア! 御緩 

遂に逆転裁判3をクリアしてしまった。ほんっとに面白いですねーこのゲーム!!特に最終話はヤバいね!過去と現在が複雑に交錯し、12の話を拾いつつその上で3としての話に決着をつけたその物語構成力はあまりにも凄すぎる。何故自分は持っていたのに当時やらずに2ばっか再プレイしていたのだろうか。自分で自分が恥ずかしい。

といった具合にめちゃ面白って評価はそうではあるんだけど、完璧無欠の作品とも言いにくい。第一話での成歩堂ボンクラ化はともかくとして、最終話は今作から入った人にとってはなんのこっちゃってならないか?あそこまで過去の伏線バンバカ出されては…と思うが、いきなり3から入る人も少ないだろうってことなのかな。だろうな。

今作を一言で言うなら「ファンサービスと逆転裁判の一区切り」ってことになるのだろうか。前述したけどとにかく12経験者を対象としてるのが分かる。前作前々作の登場人物が再登場を果たすだけでなく、既プレイ者が滅茶苦茶ワクワクするような仕掛けがメインに喰い込まれている。綾里千尋を操作しての裁判であったり御剣を操作しての弁護(検事なのに)など。特に御剣弁護パートは対戦相手があの狩魔冥ちゃんであり狩魔2大対決と大興奮である。冥ちゃんは2と比べてもかなり精神的に大人になっているのでその点も大安心。なんともはや素晴らしいファンサービス。それを破綻なくシナリオに組み込んでいるのが凄すぎる。こりゃ天才的だよ。
でも、それが分かるのは12をプレイした人だけなんだよ。12はつながりこそあるものの両方とも単体で作品として見事に成り立っていた。が、3は成り立っているものの「うーんDL6号事件ってなんやねん。あの鞭振り回すねーちゃん誰やねん。あの目が怖いオバハン何でそんなこと考えとんねん。」みたいなことはやっぱり過去作プレイしてないとキツイと思うんだよ。だからそこが、ねえ。ちょっと複雑。いきなりシリーズものの3から始める馬鹿野郎なんていねーよで切り捨ててもいいんだけど、うむう。あと今作で逆転裁判は一区切りついたことは知っていたんだが、それは非常に強く思えるものだった。綾里家の因縁に一旦決着がついた、と言っていいだろう(といって後々続いてたらめちゃビックリだけど…)

難易度は2に比べたら大幅下落したものの相変わらず俺推理(このタイミングでこの証拠出せば上手く行くのになー的なこと)との乖離が激しいところもあるのでヘンな難易度の高さは相変わらず(俺がアホな推理してるだけかもしれないが…)。2最大の問題であった理不尽ギミックが減ったのが非常に大きい。今作にもあることにはあるのだが数が少なくなっているのでいい感じのアクセントになってると思う。緊張感も高まるのでこの調整は問題なしだと思う。

物語は3から入った人には厳しいとは何度も言ったので言わないが、逆に言えばそうでなければ変わらず非常に良くできていて素晴らしい。どこかで3はコミカルな話が多いとは聞いたものの、全体通してみれば暗さは2とどっこいだと思う。人によってはシリーズ1暗いと言ってもいいかも。特に4話のやるせなさはなあ……。5話も血で血を洗うような暗く陰惨とした話と言えばそうだし……。むしろなぜコミカルと言われたのかが不思議に思う。3話くらいじゃないかコミカル感があったのは。ボスも間抜けだし。
逆裁おなじみの発狂シーンは良く出来ているものの、大絶賛とまではいかなかったかも。ぶっちゃけると2のが衝撃がでかかった。1話のボスと最終話の黒幕(ラスボスではない……ややこしいな)の発狂は良かったもののそれ以外どうもパッとしないような……。2のように精神的に追い詰められてトチ狂った行動をとって凄みと狂気を感じさせ笑えるほど滅茶苦茶な行動をとった人はいなかったようにも思える。自分で自分の首絞めてうっ血してぶっ倒れたり、自分の顔面をズタズタに切り裂いて有罪有罪と叫び散らすような異常なカリスマ性に満ち溢れたボスは残念ながら一人しかいなかった(ネタバレになるから言わないけどあいつっす)。
キャラクターは今回もキャラ立ちが良く決まってる…が、所謂普通の人が12に比べて少なく感じた。まー別にいいっちゃいいんだが。今作のキーマンであるゴドー検事は分かりそうで分からないたとえ話と数々のお笑いモーションでこちらを爆笑の渦に引き込んでくれた。御剣、狩魔(豪、冥)と比べても遜色ないほどのカリスマ性でまさしく名キャラクターであると感じた。キーマン以外だとアイガとかチナミが良かったすかねえ。
推理のトリックは事件自体がかなり複雑化したのでそれに伴いなんじゃこりゃ感は薄れてる(と自分は感じた)。最終話の空を飛ぶ人間トリックは「そんな上手くいくもんなのか…?」と半信半疑だったが、少なくとも逆転サーカスみたいな「んなわけねーだろなんじゃこりゃーッ!!」と言いたくなるようなものは無かった。でも逆裁自体トリックが重視されない作品だと思ってるから細かいことは良いだろうと思うね。ゲームとしての面白さの前にはトリックも無力…

とにかく3は素晴らしい作品であった。最高傑作に挙げる人が多いのもうなずける。自分の中での順位はまだ僅差で2が勝ってるものの、良くできたゲームには違いない。だが、12経験してないと辛いという問題点もアリ、といった作品であった。あー久々に徹夜しまくってゲームしたもんだ。楽しかった面白かった。
_____

遂に津田沼ブックオフにて桜玉吉「御緩漫玉日記」発見!当然即買いする。遂に追い求めていた幽玄の続きが……
ということで、さっそく読んでみたわけだが、なんというか、読むのがつらくなってきた。話のダウナーさは幽玄以上に感じる。流石に幽玄末期の鬱まみれ状況と比べたらマシだが、読むのがしのびない。ううう、最後はどうなってしまうんだろう。幽玄以上の鬱エンドって聞いたけど……(たしか鬱が悪化して離人症、多重人格障害までもが発症して自我崩壊しかけて終わったんだっけか。全部聞いた話だから分からんけど…)
過去と現在が交錯する独特の空気感こそこれまでにないほど引きが強い漫画でもあるのだが、ここまで読み進めるのが辛いものだとは思わなかった。どうなるのやら。
ところで2巻だけ無いんだけどどうすればいいんです?1巻から鬱まみれの予感漂う3巻にいきなり飛ぶのもこええしどうしよう…
_____

・『エアシップQ』のSteam版『Wondership Q』が本日より配信開始
http://www.famitsu.com/news/201607/19111217.html

……マジで?
・・・・・・マジで?出すの?アレを?
と言ったところで既に出てるものは仕方がないし、出るって噂も知ってたけど、ホントに出すのかと嫌な汗が出てくる。Vita版を発売日買いしたものとしては胸中複雑だ。パッチを一発も当てぬうちに止めたから今どれだけ改善されてるかは知らないけど、褒めるところが極端に少ない凡作だったよ。笑えるほど悲惨なクソゲーでも無く、ただ単に出来が悪い作品だった。別に死ぬほどつまらんというわけでも無く遊ぼうと思えば遊べるゲームではあったが……。出すのは俺の知らぬ所に需要があるからだろうけど、どこに需要があるのか分からん。世の中分からないことだらけだ。
_____

・『ペルソナ』シリーズ初のオーケストラコンサートの追加公演の開催と体験型展覧会“ペルソナ20thフェス”の詳細が発表
http://www.famitsu.com/news/201607/19111230.html

うむ!ということでファンの方は是非どうぞー。
自分はペルソナになじみが無なので行くアレもないかなーと思ってたり。シリーズ自体は持ってはいるんだがなあ……。なんかノリが合わなそうなんだよね。面白いとは思うんだけど。
_____

逆裁3を遊んで虚脱状態に陥り勉強に集中出来なかったのでゲームショップ散策。今日は豊四季にあるハードオフに行ってきた。
この店こそ微妙。褒めて良いのか貶していいのか分からない。品揃えはかなりのものと思えるけどコレ!と言いたくなるようなものは無く、かといってダメだこりゃーと言うほど悪くない。メガドラやディスクシステム、PCEが売ってたし中々のものとは思える。しかし……
つーかなんでどこも機動装甲ダイオンが売ってねーんだよ!あれがコンパイルSTGとなんかしらの関係性を持つのを見つけ出したいだけのに!キー!この際自棄を起こして狂ったようにSFCのゲーム片っ端から買ってやろうか(生活出来なくなるけど
_____

とかなんとか言ってたら今日提出の課題を今思い出した。うへー。この大学は課題多すぎ。自棄を起こしてゲーム買っちまうぞこの野郎。早く真人間になりたいー。

posted by グレイ at 21:13| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

生活記録

勉強に集中できなかったのでゲームショップ新規開拓を目論見美浜ハードオフに出かけてみた。のだがなんというかでかい割にパッとしない上に通いにくい(移動手段がほぼ徒歩なので)と言った感じでダメダメ。ブックオフも御緩漫玉日記置いてなかったし魅力無しって感じかー。あーうー。鎌ヶ谷ハードオフとか高柳と違って無駄に貴重なソフトとか異様なカリスマ性を誇るソフト(例えばハイパーゾーンとか)もないしもうがっかりだよー。うわーんわーんわーん……
しかしこんな感じで貴重な休日が潰れていくのはどうかと思った。これなら家にこもって逆転裁判3を終わらせにかかった方が良かったな……
ちなみにそんな逆転裁判3は本日終わる予定であると思われる。裁判が首尾よく進めば、の話だけどね。
_____

ロードモナーク、デモンズワールドをクリアしたった。うけけけけけ。キシャー!
しかし後半へ行くほど簡単になるバランス調整はどないなもんだろうか。むー別にそこまでの不満もないこたないんだが、あんま親切じゃないよね。まーPS版に比べりゃマシか。メガドラ版はどうなんだろう。
それにしても結構時間割いてるような予感はするんだが終わる気配が無いな。果てしないボリュームのゲームだぜこいつは。もしかしたらただ単に処理スピードが遅いだけなのかもしれないが。
_____

ロゼと黄昏の古城をクリアしたのでVITAで進めるゲームの整理。ダラバーCSに復帰するのは既定事項だとしても主軸にするゲームはどうしよう。Down Wellでもやろうかな。それとも積み上げっぱなしのゲーム(アトリエとかテイルズとか)でも崩そうかな。うーむむむ。悩む。そういやDeemoとかアディのおくりものも進めなきゃいけないな。うへー。アディはともかくDeemoは手汗がひどくて操作が全然出来ないからタッチペン使おうにもあれか、2本同時スタイルみたいな感じなんだろうか。やった感じ良いゲームであることは分かったんだけどとことん自分に向いてないな……。どーすりゃええもんか……
_____

とかなんとか言ってるけど逆転裁判3が佳境なのでこの辺で失礼させていただきます。果たしてこの物語の終着点はどうなるのかーッ!

posted by グレイ at 20:31| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

7/11~7/17

Twitter検索で何気なく知ったけどプロペラ団って実際にあるんだな。んーでもなんか悪の権化みたいな団体じゃなくてガッカリ(間違えすぎ


・逆転裁判3
1234話は読了。ということはどうやら1週間弱で膨大な時間を割いてプレイしているみたいだ。いやはや、こんなに熱中してADVやるのも久々だな。相変わらずおもしれーっすよ。

・引ク押ス
遂にきてしまった大停滞状態。某所の言葉をお借りするなら「ゲーム攻略スピードが亀のように遅くなった」でも言おうか。それでも1週間に数個ステージクリア出来てるからまだいい方だとも思うのだが……

・ロードモナーク(SFC)
怒りに身を任せデモンズワールド終盤。キラキラスターナイトDXが出るまでに終わらせてやるんじゃーおわー!!それにしてもまっさかPS版よりもやり込む羽目になるとはなあ。でもホント面白い作品だからしゃーないね。PS版もおもろいが、こっちのが好みだったらしい。

・ロゼ
めでたくクリアしたが、実は手記とかが抜け落ちてたりするのよね。とりあえず暇な時に回収だなこりゃ。トロフィー集めは……やらんでもいいかな。それをやらなくてもロゼの価値が落ちることもねーだろうし。

・斑鳩(箱)
1クレイージーALLだがそうなるまでになんかヘボイミスをやらかしたりして4面落ちとか物体落ちとかそんなのばっかりだったんすよ。だからクリア出来た時に涙がね……。やはりこのゲームに勝てるゲームなんて無いようだ。本当に心の底から傑作だと思えるね。

・黒復活(AC)
1クレ5面ビット地帯。あっひゃーこりゃ厳しい。うー。

・黒復活(箱)
プレイしたもののノーマルもケツ復活も内容があまりにもヘボすぎて語る資格なし。うう……どうしてこんなことに……

・R-TYPE
1クレ6面ボス。うっひょー遂に成長が見られたぜ!ってなったのはいいがどうすればいいか分からんな。無念過ぎる。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレ8面。どうにかこうにかスランプからは脱出気味らしい。良かった良かった。

・極パロ
1クレ5面。高速スクロールの突破の仕方は覚えちゃいるがどうやらSTGオールスターステージの抜け方とモアイ戦艦の倒し方は度忘れしているようだ。うううー。菊一を上手く使えば良いってのは分かるんだが、頭で理解していても実行できれば苦はねーよ。うおー。

・バンガイオーHD
パズルステージ攻略中。しかしどうにもならず。うー。先にエクストリームモードやった方がいいのかな。名前からして不吉だが…

・ブンブンロケット
花火がどっかーんということで緩く家庭内花火大会開催中。ボタン4つも使うのでイージーすらどうにもなってないのだが花火の美麗さで帳消し。たまにはこういう緩い音ゲーも良いもんだな。

・エスカトス
ノーマル1クレ(という概念は無いっちゃ無いが…)20面。なんか慣れてきたカモ。相変わらずカメラワークに対する不満はありありだが、それ以外の部分は超一流だからなこのゲーム。やっぱ面白いぜ。

・ジャッジメントシルバーソード
エスカトスが上手く行ったと思ったらこっちが詰まり始めた。記録はノーマル1クレ10面くらい(覚えてない)。初見の時はもう少し進めたはずなのだが

・ネビュラスレイ
1クレ3面。初見でここまで来れるってことはそこまでべらぼうに難しいってわけでも無いカモ。問題はこれ連射に頼りまくった結果だからなあ。連射ナシなら1面突破すら怪しいかも……
映像面音楽面はかなり良し。流石ナムコ。

・ライデンファイターズJET
1クレレベル50。あーちゃんとボムを発射できりゃもっと進めたかもしれないのにー!!キー!!とアツくなれる良いSTGであった。フェアリーを使うとどれが俺か分からなくなるね(だったら使うなって話だけどこいつが一番強いよな気がするんで…

・カラス
1クレ3面ボス撃破寸前。久々にやった割には今まで太刀打ちできなかった3ボスの攻略法を見出したような……!つーことはもっとやれってことかあ?うーむ……

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

アミュージアム茂原でネビュラスレイ

休日にやりたかったことの一つとして自分の中で挙がっていた「アミュージアム茂原店」に行くことを実行してきた。

・アミュージアム茂原
http://www.amuseum.jp/store/mobara.html

感想としては今は亡きアミュージアム市原の意志を受け継いでるような気もするけど、更に遊びやすくなってるような印象も受けるね(カラスの隠しアイテムの場所の解説があったりとかライデンファイターズJETにてフェアリー系選択の方法のやり方を解説してくれてたり極パロに手連射と連射ボタン両方完備してたりとか。あと何故かゲーメストがいっぱいあった)。魔界村のヤバい人たちが遊びに来てたりグラディウス系に無駄に強いのは相変わらず、と言ったところか(グラⅡⅢⅣ沙羅曼蛇沙羅曼蛇Ⅱ極パロが有った)。1クレ100円なのが、1クレ50円の安ゲーセンである津田沼エースや柏地下ゲーセンに劣るが、十分許容範囲だろう。ということでグラディウス遊びたい方は是非ともアミュージアム茂原店に!(俺何者?
で、そんなグラディウスがアツいゲーセンで自分はいったい何をやっていたかと言うと、ネビュラスレイとライデンファイターズJETとカラスばっかやってました。つーかここに来た最大の理由はネビュラスレイの御姿を一度は目にしたいって理由だったからだよ!これはF/Aと同じく移植がねーからねえ……

ネビュラスレイ……それはナムコから放たれたもう一つのRAY……
つーことで感想でも書こうと思ったんだけどー、うーん、まーそのー、あれっすよ。雷電を難しくしてしんどくしたようなゲームって感じっすね。噂だけは知ってたが噂に違わぬ、って感じでもある。別にそれが悪いわけでも無く、例えばグラフィックのこだわりとか無駄に味のあるサウンドは流石ナムコって感じで素晴らしいと思うよ。でも1994ってとタイトーのもう一つのRAYであるレイフォースが有ってね……。それと比べちゃうと……。結構悪くはないゲームだとも思うけどね。面白かったし。雷電とレイフォースっていう競争相手さえいなければ主流作品としてのし上がった感もある。
…でも、なーんか継続プレイしてみたい印象を受ける作品だったなあ。まー今更こんな微妙なゲーム入れる勇気あるゲーセンなんて無いんだろうが……
_____

・松本人志:「ポケモンGO」に懸念 「任天堂大好き芸人なのでうれしいけれど…」
http://mantan-web.jp/2016/07/17/20160717dog00m200000000c.html

ゲーマーということで自分の中では名高い松本さんが何か言っていた。確かに、そうだよなあ。怖いよなあ。期待も大きいけど、それ以上にそういう心配がある。どうなることやら。サンムーンよか期待してるから早く来てほしいんだけれどもー。もー……
_____

メダロットサントラ予約完了!ククク……後は届くのを待つだけだぜ……

…あ、届くまでにお金貯めておかないと。

http://medarotters.com/
_____

某所からのタレこみだがまんだらけ大まん祭りにてゲームサントラ大放出とのうわさを聞いた。パンフレット見る限りワクワクが止まらないって感じなので興味がある人は行ってみると良いかも。行って来たらレポでもおねげーします。自分は金欠気味なんで……
https://www.mandarake.co.jp/content/daimansai/sale.html
_____

逆転裁判3はいよいよ第5話へ(今日の夜から開始)。うーむむむ、果たしてどうなるのか。ゴドーの正体とかにゃ見当がつき始めているのだが。3はどっちかってとある人を主軸にした話なのかな。12ともまた違う印象を受けるような。うーむ。うーむむむ。
_____

忙しー時間がねーってことで今日はこの辺で。時間が無い原因は逆転裁判3にあるのだが……

posted by グレイ at 21:22| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

生活記録

 休日、なんと楽しい響きではないか。人生にちらばる、美しい星々や珠玉のようだ。輝きにみち、充実し、のんびりと自由で、どこか物たりなく、ほろにがさもあり、夕刻になるとちょっぴり悲哀もある。
こんな人間的な感覚がほかにあろうか。人生とは、休日で織りなされるべきものなのだ。
人間から休日を取ったら、なにが残る。あくまで、まもらなくてはならない。そのためには、ほかの日々に薬を飲んで、勤労感を味わわなければならないのだ。
あしたは、そのすばらしい休日なのだ。どう過ごそうかなとあれこれ考え、エヌ氏はうれしそうな表情になった。

『あすは休日:星新一より引用』
そんな休日を勉強しようと思ったら寝過ごしすぎて仕方ないから一日中ゲームしてたり、その挙句に何度もプレイしているはずの斑鳩を遊んで涙してる自分は一体何なのかねーと思わないでもないがなんだかんだ充実してたからそれはそれで良かった、のかなあ?
あ、ゲームだけじゃなくて本読んだりしてたぞ。この前買ってきた『盗賊会社』を読み終えた。感想はと言うと8割方読んだことある話だったとしか言いようがないんだが。うー、星新一の本は無秩序に買いあさってるんだけど、話のダブりまでは見分けがつかんのよなあ。一応これは持ってないから買ったが、読んだことある話が大半で新鮮味が薄かったぜ。ドちくしょうが。
それでも残り2割は面白かったし、昔読んで面白かった話は相変わらず面白かった。先のあすは休日とか雄大な計画とかサンタクロースの話とかアダムとイブの話とか快楽発生装置の話とか。新たに読んだ話だと善意の集積はめちゃ面白かった。ああいう斜め上の鬱エンドの話を読んでると嗚呼星新一の話だなーとすごくしみじみした気分になるね。しみじみというよりガックリと言った方がいいかも分からんが。いやはやたまには読書するのも良いもんだな。また色々買ってこよう…
_____

逆転裁判3、立て続けに2話3話をクリアする。不満もさしてなく間違いなく名作だ。滅茶苦茶面白い。というかもう出鱈目に面白い。流石はカプコン、巧舟さんと言ったところか。
現時点までだと、やけに犯人にクズが多いというところが引っかかるが、ありったけの憎しみをぶつけて精神的に追い詰めるゲームでもあるしこれはこれで良いのかな。2みたく納得できなくもない犯人が居た方がゲームとしては幅も広がるもんだと思わんでもないが、ゲームとしては面白いしなあ。うーん複雑。あと難易度が2ほどではないけど高いのもどうか。これはこれで良いのかもなあ。
それにしても3話の犯人はアホだなあ。思わずゲーム止めて大笑いしちゃったよ。こういうのも悪くはないね。流石でございまする。
_____

バンガイオーHDのボーナスパズルステージを遊んでいるのだが、ステージ1がもう何をどうやればいいのか全く理解できん。何故だ。こんなのクリア出来るものなのか。
この世に解けないパズルは無い、とも思うのだが、それでも解法が全く思い浮かばないのはどうしたものか。うー。攻略Wiki見てみてもショボい情報しか載ってないし、ドウスレバインダー!誰か、攻略の指南を……
_____

・“史上初のサンドボックス型戦略的穴掘りゲーム”『宇宙最大の地底最大の作戦』がPLAYISMより、『魔女ボーグメグリロ』がSteamより、それぞれ配信開始
http://www.famitsu.com/news/201607/15111070.html

あ、これ知ってるぞ古代さんが音楽担当するって話のやつだろ!と思ってたらホントにそうだった。ううーむ、コンシューマでもでて欲しいもんだが。魔女ボーグメグリロの方は面白そうだが、なんかラジルギ似てるような似てないような…。気のせいの気もするが……
_____

どうやら昨日はファミコンの日だったらしい。……そーなの?キラキラスターナイトDXはこの日に発売されるべきだった…といってももう後の祭りだが。…ああ、だからもしかしてNES-Miniの情報が出たとか?
で、それはいいとして某所でファミコンとは思えないファミコン音楽の紹介記事を見てしまったので自分もいくつかそういうのについて整理。というか、末期作の音楽良かった作品について勝手にまとめてるだけなんだけどね……

・フォリン兄弟関連(ソルスティス、シルバーサーファーが有名)
・コナミ矩形波倶楽部(悪魔城伝説、SUPER魂斗羅、MADARA、ラグランジュポイント、バイオミラクル、グラディウスⅡとかいっぱいある)
・暴れん坊天狗
・サンソフト(ラフワールド、ギミック!、バットマン、グレムリン2、へべれけとか)
・Skate or Die 2
・昔のキッド?(烈火とかキックマスターとか。うーんでもこれだと塩田さん作品になっちゃうか…)
・夢の泉
・メガテンⅡ
・FF3
・バトルトード
・ナツメ(KAGE、ソルブレイン、鳥人戦隊ジェットマンとか)
・メタルスレイダーグローリー
・リンクの冒険

うーんこんなところか?ちなみに一番ファミコンっぽくない音楽はSkate or Die 2であります。ボイスまで利用したその音楽はファミコンという枠をぶち破り気狂いしそうなほどトリップできるチップチューンのようにも思えるのであります。いい曲ではあるんだけどね。ホントに。オススメは無論サンソフト作品であります。ギミック!の音楽は自分の中で永遠に語り継がれるであろう……
ちなみに逆にファミコンっぽい音楽といえばヘクター'87や熱血高校ドッジボール部、マリオ、ドラクエ、FF、ロックマンとかじゃないっすかね。ファミコンと言えば真っ先にヘクター'87のような音楽を思い浮かべる自分は世間とずれてるような気がしないでもない。

※リンクの冒険を忘れてたので追加。あーこういう抜けがまだありそうだなー。つーかFF3あげるならDQ4もあげなきゃダメかな……
posted by グレイ at 20:45| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする