2016年07月10日

温室花火少年

夏と言えば花火であることは非常に明白なことであり花火と言えば夏であることもまた明白であります。花火は非常に美しく、花火の鑑賞は夏の風物詩であるのであります。だからこそみんな毎年毎年花火大会などに馳せ参じるのであります。
しかしここで問題となるのは「外に出るのかったりーよ」と思ってしまうこと、なのであります。そんなやつは花火を見る資格はないということでもありますが、それでも私は花火を見たいのであります。そして私はなんとかならないものか、と考えに考え遂に家で花火を満喫する方法を見つけたのであります。それが今回私が紹介させていただくゲームソフト「Boom Boom Rocket」なのであります。XBLAの中でも昔から有り結構有名な部類に入ると思うのであります。

ゲーム内容は至って普通の音ゲーなのであります。音楽に乗って、流れてくるマーカーを撃ち抜く、至ってオーソドックスな内容であります。では、どこに独自性があるかと言いますと、マーカーを撃ち抜くと花火が煌びやかに光り輝くのであります。これが「ザ・花火」というほどの花火であり、次々と花火が爆発していくその様はまさしく光の洪水というほどのものなのであります。暗く壮大な空に輝く極彩色の光をただただぽけーっと眺めているだけでも非常に楽しく愉快なものであります。
また、コンボを決めているとボーナスゲージがたまっていき、ゲージがMAXになった時にトリガーを引くとボーナスタイムに突入するのであります。ボーナスタイム中は元々華麗で美麗だった花火が更に派手に過激に飛び交うその様は本物の花火では決して味わえない、ゲームならではの魅力に溢れているのであります。

一つの音ゲーとしてみると、音楽のノリ具合が微妙、ロケーションがビル街だけなので花火以外の絵は地味、日本語が危うく崩壊しまくってるなど問題点もあることにはあるのでありますが、何を言ってるのかまるで分からない狂った日本語以外は十分許容できうるものになっていると思うのであります。低価格でこれだけ花火花火しているゲームも中々無いのであります。ということで、「Boom Boom Rocket」を「真3大温室花火ゲーム」とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。
_____

というわけでBoom Boom Rocketを遊んでみた。花火がバンバカ撃ちあがるその様がステキー!キレー!って感じ。正直ゲーム内容よりも危うい日本語の方が気になるってのもどうかと思うけれども。ライズオブザロボット2とあとなんかと合わせて「真3大日本語が危ういゲーム」として危惧を促すレベルだよこりゃ。
ちなみに花火ゲーと言えばEvery Extend Extra Extremeも挙がるが(自分の中で)、もう一つがどうしても出てこないんだよなー。うーむ。花火度合いはBBRの方が強いが電子ドラッグ度合いはE4の方が強く、と言ったところか。

ちなみに昨日言った実験というのは、Boom Boom Rocketに搭載された「花ビジュアライザー」なるものを調べるため。なんてことはなく、ただ単に音楽流している間花火が見れるビジュアライザーってだけなんだけど花火が素晴らしいのは明白!ってことでテンペスト2000の音楽をぶっこんでみたんだけど、音楽のテンションと花火のテンションがどうもあんま上手い具合にかみ合わなかったんだよね。うーむもっとしっとりおっとり系の音楽の方が花火には合うのかもしれない。ついでにE4の方にも入れてみてプレイしてみた。双方のクリエイターに無礼な行為をしてるようにも思えるけど滅茶苦茶面白いからいうことないぜ!E4万歳!
_____

図書館に行って勉強して、ロードモナークやって、選挙に行って、ロードモナークやって、図書館に行って、ロードモナークをやるような日々。問題は2~3時間ロードモナークをやってるのに1面もクリア出来ちゃいないことなのだが。うー流石に難しくなってきた。これは厳しいかもしれないなー。キラキラスターナイトDXが出るまでに片付けることは出来なかった、か。仕方がないからFCを設置してわんぱくダック夢冒険とかイメージファイトでもやって気を静めておくとしておこう。いつそれを実行するかは分からないけど。
_____

西健一氏の新作が明らかになったようで。
http://game.hikaritv.net/feature/lunatan/

…とりあえず落とすだけ落としておくとしておこう。西健一&倉島一幸&安達昌宣という名を見かけてしまっては無視はできぬ。しかしこうもスマホでラブデ作品が出るとなるといよいよスマホ用タッチペンでも買った方がいいのだろうか。指先がぬめってまともにスマホ操作できない人って辛いなー。おわー。

ラブデといやあ勇者ヤマダくんのサントラが出るらしいっすよ。セロニアスモンキースが関わってるかは記憶があやふや(たぶん関わってる)のだが、ファンは期待大、と言ったところか。自分は買うと思いマス。
http://sweeprecord.com/
_____

・カルドセプトリボルト、なんというかもう物凄く面白いのでみんな買った方がいいです、というベタ褒め記事
http://mubou.seesaa.net/article/439817077.html

むう、実はリボルトじゃないのだがカルドセプトDSが安かったから買おうか悩んでたんだよ。これだけ絶賛されてるのを見るとシリーズ入門してみたくもなる。うーむ。買ってこようかな。
_____

・『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』に、『KOF』の不知火舞が参戦決定! 『進撃の巨人』とのコラボなども
http://www.famitsu.com/news/201607/09110516.html

不知火さんの参戦はまーめでたいことだと思う。が、あ、アクアプラスっすか?でもキャラクターとして参戦するわけでも無く衣装とかをコラボっただけか。むむむ。
全然関係ないけど不知火舞と不知火幻庵って関係あるのか?(ないかも、というか無いんだろうけど

posted by グレイ at 20:36| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 コトバトル 天外の守人

コトバトル 天外の守人 -
コトバトル 天外の守人 -


RPGだけじゃない。カードバトルだけでもない。コトバトルだ。ゲーム音楽『コトバトル 天外の守人』の紹介。

・メーカー アルファドリーム
・ハード GBC
・作曲者 谷口博史,竹本晃,さとうりゅういち
・ゲームプレイ状況 クリア済み
・サントラ状況 出てません


曲リスト(みんなで決めるゲーム音楽Wikiより)
曲名
1.コトバトル
2.なまえをおしえて
3.おはよう
4.コトノハのむら
5.じょうかまち
6.カゼナギまち
7.アラガネのおか
8.ゆきのまち
9.ほしふるのはら
10.いってきます
11.たんけん
12.うみをはしる
13.でくちはどこだ?
14.でかけよう
15.テンガイのしろ
16.しのびよるもの
17.めざめしもの
18.ちょっとまったッ
19.えらびとる みち
20.カナエ
21.こわされたカギ
22.よるの あしおと
23.ゲームオーバー
24.おどし4
25.いっしょにいこう
26.そらのした
27.たたかう ちから
28.たちふさがるもの
29.ぜったいむてき!
30.のりこえるもの
31.イサナ
32.かちっ!
33.ジン
34.さがしもの
35.おどし1
36.おどし2
37.おどし3
38.こどう

続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | 更新情報をチェックする