2016年08月31日

魂斗羅スト

やらなきゃいけないことをほっぽり出している皆さんいかがな感じでしょうカ(つーかこれは俺のことなんだけど)。私はと言うと100均にドライバーを買いに行き千年家族復活大作戦を敢行しようと思ったのですが買ってきたドライバーではネジを外せないという根本的な問題にぶち当たってしまいしょげしょげでほげほげな一日を過ごした次第でございます。最初から調べていくべきだったなあ。反省。次からはこの辺読んで必要なものを整理してからやろう。というかやっぱりもの買うのはAmazonしかないのー?あんまAmazon好きじゃねーんだけどな……

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126262886
http://ch.nicovideo.jp/tekito56/blomaga/ar517279
_____

昨日のコントラストの記事の掘り返し。今回のタイトルに深い意味はない(毎回生活記録なんて付けてもアレだなーみたいな)

・[CEDEC]ゲームの面白さを司る「コントラスト」とは?
http://jp.gamesindustry.biz/article/1608/16082902/

確かに良くできたゲームってコントラストというか、緩急とかそういう部分が上手いんだよね。ネタで魂斗羅ストって書いちゃったけど、魂斗羅もその辺が極めて上手いこと作られている作品だと思う。魂斗羅スピリッツとかハードコアがその典型例とも言えるのかな(ハードコアは未プレイなんだが)。道中、ボスのその緩急のつけ方及びテンポと演出が極めてメリハリのあるものになっていてやるたびに「なんじゃあ~こりゃあ~!!??」なんて情けない声を上げながら愉快に撃ちまくるのがホントに楽しいんだよね。単純にコントラストと言っても数々のものにそれが含まれているってのはホントにその通りだ。
リスクリターンのコントラストは桜井さんが良く述べていることだが(ゲーム性のお話とかで)、やはりこの辺をしっかり組み立てることが大切なんだなーと実感。そのほかのも無意識のうちに意識しているものではあるがこうして文章化されたものを見ると「うんうんそうだよな」と再認識することが出来る。
ナラティブのお話もちょびっと出ていたのでしっかり記憶。風ノ旅ビトの例が出てきたけど、これってthatgamecompany作品に共通することなのかな。いや自分は風ノ旅ビトだけプレイ出来てないんだけど、flOwもFloweryも大したストーリーは無いんだけどそこにしっかりとした物語は存在して「ちょっと旅してきた」みたいな経験が味わえるような作風なんだよね。こうして「プレイヤーにこんな感情を抱かせる」ことから逆算してレベルデザインとかを行っているのなら流石としか言いようがないな。アーティステックなんて言葉では切り捨てられないほど考えられたゲームなのかもなー。
_____

・【島国大和】開発者から見た「Pokémon GO」。無理無理,こんなの作れません
http://www.4gamer.net/games/316/G031663/20160826149/

基本的にはおさらい記事で「うんうん凄いよねー」と言った感じ。でも一番すごいと思ってるのはゲーマー層以外を膨大に取り込んだところでもあったり。流石にこの規模でプレイしているゲームなんてそうそうないよ。それが一番すげえと思う。ホントに。それでいてつまらなくない。究極に面白いか? と言われたらちょっと言葉に詰まるけど(俺に合わんだけかもしれないが)、誰でもその面白さを理解出来うる可能性があるソフトってだけで凄いよ。
まあそうは言ってもまだ自分レベル9なんですけどねー。起動こそしてるものの全く進んでいないことを証明してしまった。いやねー、小鳥と子鼠と芋虫ばっか捕まえても大して面白くもねえよ! みたいな感情が湧いてきてしまってね……。だからこそちょこっと珍しいやつが飛び出てくるとそれがまた嬉しくなるから困ったもんではあるんだが……
_____

どうやら仕事場で聞いた話だが我が大学は世間的に見て引くほど休みの日数が少ないらしいぜドちくしょうが!そうだよなー間違いなくそうだと思ったもん。大学生にもなってその辺の中学生と同じ日数しか与えられないとか狂ってるよなー。
それはそうとコミュニケーション不全なのによくもまあコミュニケーションがそれなりに必要とされる仕事を選んじまったもんだ。割と暇なのはありがたいけどこの先どうなることやら。話せる話題がゲームとゲーム音楽しかないと苦労するな。うーむ。あーゲームやりてー。散財してー。アホみたいにゲームをやりまくりてー。ゲームサントラ買いまくりてー。

posted by グレイ at 23:27| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

生活記録

風雨来記3のなぎささんルートをクリアしたらしい。一発バッド引いちゃったけれども。屈辱的ダ!パワポケの彼女候補を初見で何人か攻略した過去もあるというのに!
それはともかくとして、なんというか、ハッキリ言って、無難な内容だった。悪くはないんだけど正直悪くない以外の言葉があんまり出てこない。良い終わり方だとも思うけれども、初代ほどインパクトがあったわけでも無し。うーむ。やはりこのシリーズは一人旅の方が面白いのか?難易度だけがやたらと高くて、そこで待ち受けるのがこうも無難な話だと……。と言うとシナリオが面白くない様に聞こえてしまうけど、面白いんすよ。でも衝撃的かつしっかりと読ませる力のあった初代の話に比べると……、どーだろうね。旅ゲーとしての進化はしっかりと感じられるものの、それが劇的に面白さに絡み合っているとも言いにくいのが個人的な意見。なんなら初代の時点で旅ゲーとしての完成度は既に本物だった。3になり全土行けるようになったしグラフィックも向上した、が、でもそれだけでもあるんだよ。作品単体で見れば間違いなく名作だが、偉大な前作を持つのも辛いところ、なのかもしれないな。
_____

それはともかくいったん風雨来記3は置いておくとして、次Vitaでやるゲームはどうしよう。オルディネスは大停滞、チェルのブも進行速度が鈍足、かといって仕事も始まった今更ダンガンロンパなんて重いゲームも出来やしない……。とりあえずダウンロードリストからまた適当に本体に仕込んでおくか……。クリプトオブネクロダンサーとかにしようかな。いへへへへ。あー楽しみ。
_____

大学から某科目の成績を出しておいたヨという知らせを受けたので戦々恐々しながら見てみる。どうやらなんとか落単は避けられたらしい。いえーい!
しかしじゃなー、肝心の科目は分からず仕舞いなんじゃよー。そして分からない科目は落としていること確定なんじゃよー。なんでいっぺんに出さずに学生を苦しめているのかねー。まあこの際どうだっていい。大学生活が伸びるだけの話だ。そう考えれば気は楽になるものだ。世間的には白い目で見られるけど。
_____

・[CEDEC]ゲームの面白さを司る「コントラスト」とは?
http://jp.gamesindustry.biz/article/1608/16082902/

ひっじょーに参考になる話。とりあえず今は時間ねーからあとでしっかり読みだな。
_____

・古いIPを復活させて海外で成功させるには、ファンの心情を理解せよ!【CEDEC 2016】
http://www.famitsu.com/news/201608/30114410.html

こちらも同様ーッ!時間ねー。明日に内容でも整理しておこう。
_____

・【先出し週刊ファミ通】『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』飛び出すセガの名作のシリーズ第3弾!(2016年9月1日発売号)
http://www.famitsu.com/news/201608/30114287.html


そのほか、『アフターバーナーII』や『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』など、配信中の5タイトルも遊べます。

アフターバーナーII!
アフターバーナーII!!
アフターバーナーII!!!
アフターバーナーII!!!!
アフターバーナーII!!!!!
アフターバーナーII!!!!!!
アフターバーナーII!!!!!!!!


ぎょえー!やったー!いやーマジか!あの3DS史上最も面白かったソフトがラインナップに入ってるなんて!これを機会に是非ともスペシャルモードの楽しさを知ってもらいたいもんだ。ゲームはグラなんていう人がいるならプレイして「ゲームはグラフィックじゃない」ってことを知ってもらいたいもんだね。グラフィックがまるっきり同じなのに中身は何もかも違うんだから。あれはもう芸術的な作品だよ。凄すぎる。
_____

そいや夏休み終了までに終わらせなきゃいけない課題があったことを今思いだした。あー夏の終わりはかくも儚いものか……
posted by グレイ at 23:35| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

生活記録

いっぱいいっぱいな日々。お仕事は忙しいんだけど勤務時間の半分は虚空を見つめるような仕事だからねえ(どんな仕事なんだ?
まあこんな仕事でもそれなりのお金が貰えるだけありがたいよ。これで新ハードとかサントラとかごきんじょ冒険隊みたいな中途半端に値段が高いソフトとか買いたいもんだねー。
_____

・29980円[税込]でXbox One(HDD500GBモデル Halo: The Master Chief Collection 同梱版)を購入できるキャンペーンが9月1日より開始
http://www.famitsu.com/news/201608/29114346.html

新型の小型版に興味が無い自分にとっては相当デカい情報。エリートが一万値引きってのも大きいなーこれは欲しくなっちゃうなー。
ただ、個人的な期待はスコルピオ一択だったりするので現状はどうもこうも微妙な感じ。One対応ゲームがそこまで多くないのも痛いかねー。自分が遊びたいゲームは基本360で間にあっちゃうしなー。360もまだ買ったばっかだし…
_____

・タイトーの新旧ゲーム音楽をリミックスしたアルバム“TAITO GAME MUSIC REMIXS”が11月9日に発売
http://www.famitsu.com/news/201608/29114342.html

ありゃZUNTATAは?と思いきやZUNTATAもしっかり参加。ふぃー。アレンジにはそこまでハマるものが無い自分にとってはこれはどうするかねー。オリジナルバージョンにメガドラ版ダラⅡとかマスターシステム版ダラⅡとか入るんなら話は変わってくるんだけどもー。あとアレンジに小倉久佳音画制作所さんとかがいれば話変わってくるんだけどー。というか何故にOGRさんを呼ばんのじゃい。新作制作中で忙しいとか?
_____

・PC向けシューティングパズルゲーム「GHOSTUS」がTGS 2016に出展
http://www.4gamer.net/games/354/G035424/20160829014/

む、超面白そう。とりあえずTGSで情報をチェックだな。「時間を繰り返し、積み重なる自身のリプレイ(GHOST)と共闘してパズルを解く、 シューティングパズルゲームです(2D横スクロール)。」ってのが不安と言えば不安だが……。似たコンセプトの「スーパータイムフォースULTRA」が個人的に全然ハマらなかったのがねー。ちょっと怖いねー。パズルSTGだからそんなことは無く期待できると思えるが……
_____

・カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発
http://www.inside-games.jp/article/2016/08/26/101287.html

全然関係ないけどタイトル見てこれを真っ先に思いだした。

・「ゲーム開発しくじり先生」タグに寄せられた傑作ツイート集
http://togetter.com/li/985487
この中に無いけど元マイルストーンのk.h.d.n.、林康さんの「会社がバイオエタノール開発事業に手を出した」が一番笑えるものだったかな(笑い事じゃないけど

それはともかくそんなこと企画段階で分かんなかったのかよーとも思えてしまう。しかし、「面白いゲームを作る」「面白いゲームであることを伝える」「面白いゲームであることを伝える手法を確立する」ということは確かに大切であり自分たち遊び手も面白かったら面白い!クソつまらなかったらクソつまらねえ!と声を大にして言うことが重要、かもね。
_____

マイルストーンのこと書いたらカラスがやりたくなってきた。うー。サクラフラミンゴってパッチとか出てるんかな。出ても買う価値があるのか微妙なところではあるような気もするが……
ドリキャス買ったしドリキャス版カラスでも買おうかねー。うーむ。むむむ。
_____

テイルズも風雨来記3も終盤、だー!が、そんなときに母なる神の爾座を2時間ほど垂れ流しにしてる自分はつくづく時間を無駄にしているかもと思ってしまった。本日はこんなところで!
posted by グレイ at 23:37| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

8/22~8/28

仕事で手一杯。早くゲームジーン読みたいなあ。
※seesaaサーバーエラーで記事が飛んだのでうろ覚えのまま書いてます。


・テイルズオブジアビス
現在は湿原を越えたところまで。キャラの掘り下げとかシナリオとかは良く出来ていると思うんだけど、如何せん快適性が終わっていること、難易度曲線が微妙(序盤激ムズ→その後結構ぬるい)なのも相まって微妙な感じに。うーむ。テイルズと言えば中盤が難しい印象があるんだが……。こんなもんなのかな。

・flOw
あんまり書いてはいなかったけど実はクリアしたんですよね。まあクリアしても滅茶苦茶すげえエンディングとかあるわけでもないからアレなんだけど。
それはともかくとして、やはりこうしてプレイヤーの心に何かを残すような作品は良いねーと思ってしまうね。普段の刺激ありまくりゲーム感満載ゲーよりもたまにはこういうアーティステックなゲームをやるのもまた一興、みたいな感じ。最終的に悟りを開いたかのような気分になれるこのゲームはやはり素晴らしいと思った。ま、人選び過ぎな感じはあると思うけどねー。むしろ風ノ旅ビトがなぜあそこまでヒットしたのか、個人的にはそっちのが不思議だったりして。

・風雨来記3
攻略情報とにらめっこしながらなぎささんルートを攻略中。こんなの自力で気づくわけがねえ!シナリオ自体は今のところ可もなく不可もなくみたいな無難な感じに。急変するのは終盤、だろうなあ。果たして斎藤姉妹クラスの感動があるのか!無いかも、というか無いような気がする……。なんか、今のところの雰囲気だと。

・チェルのブ
パンプキンヘッド2回戦に何をやっても勝てなかったので仕方なくショップ解禁(今まで存在に気付かなかった)。ショップの力を借りて10数回の挑戦で撃破!しかしその後セーブポイントにたどり着く前に息絶えすべては無へと帰った……。心が壊れそうだよー!

・アンリ
今となってはクリア出来たこと自体が不思議な感じだが、パターン暗記ゲーのサガか、覚えればそんな難しいわけでも無いね。むしろステージ2のボスが強すぎることを除けばそこまで劇的に詰まるところもないんじゃないかーと思った。
まあかくいう俺もプラクティスモード(99機モード)じゃないと歯が立たなかったわけだが……。積極的にはお勧めしないけど面白いっすよ。でもこれ買うなら1001Spikesの方を勧めるかなー。

・Downwell
2回クリアまでこぎつけた。なんだかんだ最初やった時は「こりゃマリオ的な確かな実力が求められるゲームじゃねーか!こんなの無理だ!」と涙を流していたのに普通にクリアまで行けるような実力を身に着けたな。というかすべてはフワフワスタイルのおかげなんだが(これ以外だと途端にヘボくなる)。
それにしてもDownwellはおもろいにゃー。スコアアタックとかタイムアタックとかは死ぬほど興味ないけど毎回違うプレイが出来るってのはやっぱり面白いね。不思議のダンジョン的な面白さがあるよ。本当に完成度の高いゲームだ。

・オルディネス
何回やっても1面が越えられねえ!俺のオルディネスライフはここで終わってしまうのか……。根本的なゲームセンスの無さがしみじみと感じられて痛いな……

・逆転裁判3
なーぜか再プレイしてゴドーに指を突きつけたりしていましたとさ。やっぱり最終話はおもろいにゃー。これまでの一切合切が全てケリが付くカタルシスがあるのにゃー。2と違って凶悪難易度でもないしね。

・ベアナックルⅡ
愉快に殴り合い。1クレ5面。進歩はしているものの向いていない感触は相変わらず。うーむむ。音楽が好みなだけにこれは辛いね。

・シルバニア2
攻略情報の力を借りて愉快にクリア。しかし基本的な物語は大雑把には覚えてはいるんだが、もっかいやり直した方がいいかな。面白いし全然知られてないからなーこのシリーズ(1と2しか知らんが)。しかしシルバニア村のことを何一つ知らないのによく10年以上もこれをプレイしていたよな。むしろそっちの方が不気味だったりして。

・パワポケ6
蕪崎詩乃ちゃんを攻略しようとしたものの雅仁さんがなぜか全然出なくて攻略失敗。うげげ。それにしても詩乃は属性が多いにも関わらずあっさりしているのが可愛らしいね。詩乃が出たら話しかけない!が鉄則。だね(雑な締め方

・パワポケダッシュ
裏やったり図鑑見たり。裏はマイナス能力引きまくって絶望して終了。運も何もねえ…

・パワポケ8
表でアカネともにょもにょしたり白瀬のバッドエンド眺めたり。裏もちょぼちょぼやるも悲しいことに5面を越えることなく撃沈。藤岡さんの新作が「新ハードは地雷やで!」みたいな感じでマインスイーパーだったら嬉しい悲鳴だな。意味間違ってるけど。

・パワポケ10
Pカード育成を試してみるも肝心のPカードが全く勝てずに終了。ギャンブルしてて野球が上手くなるほど世の中甘くはない……!ってことか。うーむ。

・パワポケ12
裏を立ち上げてクエストバグが使えることを確認して終了。実質遊んでないがこれで良いのか?よくないかも。というかよくない。もうちょっと真面目に遊べ俺。

・ミスティックアーク
立ち上げて母なる神の爾座を無限ループさせてただけなんで実際にはプレイしてないっす。まさかパワポケ6のアルバムテーマ(幸せ島クリア時に流れる曲)と同じような使われ方をするような作品になるとはねー。ここまで自分にとって必要な作品になるとは思いもよらなんだ。森彰彦氏は素晴らしいな。

・ヨーキー
エンディングのリミックスパートの法則性を調べる!という崇高な目標を掲げ難しいに挑むも全くできずに撃沈。情けない……。そして謎は解けてない……

・黒復活
ノーマル1クレ5面その2、ケツ復活1クレ3面。腱鞘炎になるほどにケツ復活に集中していたはずがこの様。自分で自分が恥ずかしい。

・エスカトス
1クレ7面あたりで撃沈して意気消沈。もう誰も愛せない。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

格ゲー苦手 チュートリアル 賊

お気楽にゲームをやっていた一日。母なる神の爾座を垂れ流しにして本を読んだりTOAをやったりベアナックルⅡに苦しめられたりエスカトスが全然ダメだったり風雨来記3をやったりDownwellをハードモードでやって撃沈したりとヘボヘボな一日だった。
それはそれとして、どうやら自分は格闘ゲームが壊滅的に下手らしいことが発覚した。つってもこれはベアナックルⅡを遊んでの感想だから対戦型とはまた違うと思うけれども。どうも対戦型やこの手の格闘アクション問わず、敵との間合いのとり方や投げ範囲の認識能力、的確にハメる技術が乏しいような気がする。思い返せばスマブラもすんなり順応できたのはXだけでそれ以外は好きな割にはヘボプレイしか出来ないような実力だったし(初代は対戦経験が皆無なので何とも…)。ベアナックルⅡでもそれは顕著で、虚空に向かってジャブやアッパーを放ったりしてげんなり来たり、これは喰らわないだろうと言える間合いをとってもボコボコにされるし、スピーディーな猛攻に太刀打ちできずアワアワして残機をすり減らしたり。面白いことは面白いんだけど自分との相性が悪いような気がしてくる。と言うよりもゲーム下手な自分を意識させられるようで辛いというかなんというか。STGは撃って避けるだけだからそこまでヘボイ戦績を残してもショックにはならないんだけど、こっちは一方的にボロボロにされる様を眺めるのが辛いという感じがなあ。俺にもう少しゲームの才能があれば……。ううう……。一応ゲームへの慣れで1クレ5面にはたどり着けるようになったけど、ボス戦に入るたびに気が重くなる。どうしたもんかなー。コンテニューしても大して結果は変わらない(ボスが倒せない)というのは分かっちゃったし。この辺が自分の限界なのかもしれないなー。あー。
_____

腱鞘炎を起こしかけるほど必死の形相で何かから逃れるようにケツ復活をプレイしていた昨今。手が痛くなるほど真剣にゲームをしたのも久々だ。たまにはこういうのも悪くはないかも。でも手のしびれが消えない上に結果は散々だったから今日はもういいや。それにしてもケツ復活のヤケクソ気味な自機の火力は素晴らしいね。こりゃ手がしびれるまで箱10稼ぎをやっちゃうもんだよ。
_____

・「そんなものあったっけ?」が理想となるチュートリアルを,どのようにデザインすべきか
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160826146/

どうでもいいが中古で買ったファミコンのゲームとかスーファミのゲームは説明書が無い上に特に詳しい説明もなく放り出されるから手探りで操作とか覚えていった思い出が。

それはともかく記事の内容はめちゃんこおもろいねー。チュートリアルが重要ってのはまさにその通りだと思う。そしてやはりマリオの1面が出てきてしまったか。あれは素晴らしいと思うばかりだよねーみたいなー。個人的にはドンキーコング(AC版)なんかも挙げたかったりして。しょっぱなに目的(初代ドンキーコングにさらわれた姫さん救う)をバーンと見せて上へ上へと昇っていく。黎明期のゲームであれほど丁寧に作られた作品も珍しいよ。記事内のポケモンGoの話は艦これとかにも当てはまるのかな。というかアレは誰とも関わらずに孤独に艦これ改をやっていて訳が分からずにブン投げた自分が悪いってだけの僻みなんだけどさ。

チュートリアルがあったか疑わしいゲームと言えばワンダと巨像かな?でもなんか天の声に指示された記憶も若干あるな……あとはSTG全般か?でもそれは「当たると死ぬ」みたいな常識を例の如く適応してるだけだし……。あっ、もしかしてパロディウスみたいな「裏ルール(ランクシステム)」に気付くゲームとか?いやでもなんかそれはチュートリアルでも何でもないような気がするな……。そういえば昔どこぞのエミュ台でガレッガをやった時音楽しか知らなくて連射速度高速で遊んで即死した過去があるな(どうでもいいね
印象だけで言えば任天堂の作品とかこの辺の導入が極めて上手いと思うんだよねー。逆に壊滅的に下手くそなのがテイルズとか?D2とかは結構上手い部類のような気もするけど(戦闘中に仲間がアドバイスしてくれる)。アビスは個人的にダメな部類だったな…。いやゲーム本編は面白いんだけどね。
_____

・みんなが絶賛しているものを自分だけ楽しめなかった時にとるべき行動
http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-2153.html

なる、ほど。生き難い世の中になったもんだなぁ……

ホントに恐れるべきは「意見すら言えなくなるような環境」になることだよなあ。意見が違うだけで袋叩きにされてしまう。それが怖いから誰も意見を言わずうすぼんやりとした感想しか言わない。おお現世こそ地獄。もう少し少数派の意見が尊重されるような世の中になってほしいもんだが……
自分を振り返ってみるとそもそも世間で大絶賛されてる作品を遊ぶことが少ない上にボロクソ言われてる作品の方が好きだったりする(例:パワポケ7、ドンキーコング64、マリオサンシャイン、TOD2)上にほとんど交流を持たないからそんな被害に会うことはこれまで無かったが、でも世間で好評の作品を「言うほど…?」と思うこともしばしば…というかかなり多くあるわけだしなあ。ゼルダの時のオカリナなんて「凄いことは分かるけどそんな凄い?」って言って誰もが見放したドンキー64ばっかりやってたわけだし……
結局最後の、「自分が楽しめるもの」は自分で探さなきゃならないってのが大事なのかなあ。というかなぜみんな(俺も含めて)人の意見にこうまで左右されるようになってしまったんだ?もはやそっちの方が不思議だ。これが人間の性か……。ゲームくらい自分の感性で面白いけど埋もれてるゲームを掘り起こす努力をしてもらいたいもんだけど……
_____

ムジュラの仮面サントラは海賊版が出回っていることは周知の事実だがもしや俺が持ってる北米版クラニン特典ももしかしたら幻想なのでは?との想念に駆られたのでVGMdbにて調べてみたところ存在するらしい。ふぃーあぶねえ。
http://vgmdb.net/album/40479

ところでこの手の海賊版って音質とかどうなんだろう。2chのゲ音版でここ数カ月の間でそれらしき話題は見たのだが記憶には残っていない。うーむ。それはともかくとして海賊版の被害を減らすためにもVGMdbのこのページは目を通しておいた方が良いと思った。
http://vgmdb.net/org/297


posted by グレイ at 20:23| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

生活記録

変な時間に変な仕事が変な感じに始まったのでここに書き込む時間もねえ!みたいな。まあ毎日なにか書かなきゃいけないってわけでも無いんだけれどもね(開始当初は不定期更新の予定だったし実は今もそう)。
…実際には時間があっても大して書くことないんだけどね。あんま意味ねーなー。
_____

パワポケ8をやったり6をやったり風雨来記3をやったりアビスをやったり。仕事が始まってもゲームする暇はあるみたいだな。
それはともかくブラッドバタフライにはどうやれば勝てるか未だに全く分からんね。もう数年プレイしているはずなのだが……。今回は大帝国キラーズに負けて正史ルートを辿りましたとさ。あーあ。うー。
アビスは何でか知らないけど戦争が始まってしまったところまで進行。結局むき出しの悪意の前には善意も無意味ってか?それにしても狂信者の件はテイルズらしからぬ暗さを誇っていたな。まあそれでもグロくもエグくもなく収まってるのは流石テイルズみたいな感じなんですかねー。個人的にはFFT並にドロドロして凄惨な方が好きなんだけどなー。
_____

最近知ったRPGシリーズ「ダークシリーズ」がちょっと面白そう。知ってる人は知ってると思うが「ダークロード」「Wizap! -ウィザップ 〜暗黒の王-」「DARK LAW 〜Meaning of Death〜」の3部作?ね。4択クイズを作るなら間違いとして「ダークハーフ」を入れたいところだな(何言ってるんだ
それはともかくこれらは硬派な高難易度RPGとして名を馳せてるらしい。うむむ、実に興味深いところだ。ウィザップは安いから買ってみても良いかもしれないな。ダークロウは音楽がいいんだよね。なんというかしぶーい感じで。サントラなんてどうせ出てないだろうけどこれらの音楽が良いことは保証できるでございますぜ。
_____

雑だけど今日はこの辺でっでっで。明日は完全フリーだからゲームをやり狂うぜー。
posted by グレイ at 23:30| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする