2016年08月12日

ワリオランド3クリア! アディのおくりものもクリア! たとえデータは消えても思い出はそばに… TOA開始

プロフェッショナル・ロウヤーズペイメント・レプリゼンタティヴと言えば即座にPRO-PELAとか言いだしちゃうプロペラ団工作員の皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はといえば「プロフェッショナル・ロウヤーズペイメント・レプリゼンタティヴってたぶん
professional
Lawyers payment
representative
だよな?後ろのLってどっから来たんだ?」と頭を悩ませていたら一日が終了している次第でございます。人生が無意味に過ぎていく~
…英単語がちげえのかなあ。うーむ。むむむ。やっぱり病み上がりで頭痛を起こしているとろくなことが起きないね。
_____

それはともかくとして、みんな大変だ!遂にワリオランド3をクリアしてしてしまったんだよ!
…まあ完全クリアじゃないんだけどさ(宝100個中60個前後しか集めてないし)。それでも俺は嬉しいよ。なにせワリオランド2の方は1周するのに4年近く歳月を費やした身だからね。まあその頃は俺も幼かったからね……っていうのもあるけれども。それよりも驚いたのはその密度だ。3~4日ほどやり狂っていたわけだけれども、それでも遊びつくすことが出来ずにまだ宝が40個前後もあるなんてことが信じられない。携帯機のアクションゲームとは思えないボリュームだよ。凄すぎる。それが25個という少なくはないが多いとも言い難いステージに詰め込まれているんだよ。こんな構成並大抵の人に出来るようなバランスじゃない。凄すぎる。信じられん。ありえん。
ストーリーもかなりアツい。特にオルゴール世界の真実は非常に驚かされた。嫌味になるほど表に出て来ず、でもしっかりと魅せてくれるのも中々良く出来ている。何から何まで素晴らしい出来だ。うーむ。
あとはやっぱりエンディングだよナ!実は、というほどのものでもないがこのゲームの真価はエンディングの音楽が泣けるってことだと思うんだよね。俺は初めて聴いたときそのポロポロとGB音源で響くオルゴール調の音色にやられ涙を浮かべるほど感動した身なんだが、自力で聴いてみるとやはり感動する。石川こずえさんの音楽は涙を誘われるにゃーといった具合に清々しい気分にさせてくれた。やはりワリオランド3は素晴らしい世紀の大傑作だということを認識した一日であった。
_____

そんなうららかな気分のままスーパーマリオランド3ワリオランド(訳分からんタイトルだ)の方も手を付けてみたんだが、なんというかあんまハマらんかった。んんー、悪いゲームとは全く思わないけど、偉大な続編から先に始めちゃってるから微妙に思えるのかな。スピード感が無くかったるい。ワリオランド23もヨーキーに比べればテンポ遅めの調整であったが(つーかダッシュが有ったヨーキーと比べるのもアレな話だが…)、それでもこのかったるさは無視できん。マリオとの差別化のために驚異的なアッパー調整がかけられてるのも分かるが、スピード感まで殺しちゃダメだろう。後はマリオの呪縛が解けてないのも個人的にはちょいと引っかかる。続編で一気にまったく別種のアクションゲームへと進化を遂げたのはやはり正解だったみたいだ。リアクションも地味でパンチ効いてない。むしろ馬鹿馬鹿しさと面白さを両立させた後のシリーズが凄すぎるだけだと思うんだけどな…。
やはり今作はワリオシリーズというよりもマリオランドシリーズの色がまだ残る作品なのかもしれない。ワリオランド2から始まった伝説的アクションゲームには一歩劣る、といった感じか。始まったのはバーチャルなボーイがアワゾンで秘宝を探してるあのゲームから、という意見もあるとは思うがそもそもあのゲームプレイした人がどれだけいるか分からんし……
_____

それはともかくとして、みんな大変だ!遂にアディのおくりものをクリアしてしてしまったんだよ!
…まあ完全クリアじゃないんだけどさ(パズルを全部解いたわけではない)。それでも俺は嬉しいよ。なにせ最初にパズルに出くわした時「これはダメだ俺には無理だ」と思ったゲームだったからね。
……ここまで完全にデジャヴな感じだな。
それはさておきこのゲームはどうしたもんでしょうな。個人的には口が裂けても他人にオススメできるような代物ではないと思ったんだけど(パズルがとっつきにく過ぎる&救済要素が救済になっておらず自分の首を絞めるものになりかねない)、それでも駄作か?と聞かれたら全力で否定するほどの何かを持ってる作品だとも思う。世界観は超良質、パズルの完成度と斬新性はピカイチ。そしてパズルの使わせ方の上手さは今作に並ぶものは無いんじゃないかと思わせるほどに上手い。「パズルでバトルぜ!」なんていう投げやりにパズルをやらせるゲームなどとは一線を画した、世界観とシナリオにあったパズルの使わせ方は神がかり的とも言えるものだろう。
それだけに殺人的な難易度が惜しい。頭ぱっぱらぱーの自分でもクリア出来たのだから難易度自体はそこまで高くはないのだろうが、新機軸のパズルのクセにチュートリアルがそっけないのと、救済要素が救済に働いていないのはダメだろう。せっかくの良質な世界観を楽しもうにも肝心のパズルが難しすぎるのは……。「このゲームは悪意と怨念を込めたパズルゲーマーをうならせる逸品だ!受け取れ!」なんていう売り文句でもあれば納得もいくんだが、肝心のパッケージ裏にはやさしいストーリーが待っていますなんて書かれていて「ソニーは一体どのユーザーにこのゲームを売りたかったんだ?」と思えてしまう。うーむ。
肝心のストーリーもなあ。俺は好きだがハッキリ言って「何これ?」と言われても仕方ないような話だ。登場人物はどいつもこいつもイカしてるんだがどうも全体的に話がフワフワして分かりづらいのはどうなのか。ゲーム内容もお使いを繰り返しパズルを解くだけなのに対して快適性が薄い(移動がもっさり&パズル極悪で出会った瞬間セーブ&爆弾引いたら即ロードの繰り返し)のはかなり痛い。どうにもこうにも惜しいゲームだよなあ……
何度も言うが世界観とパズルの完成度の高さに関しては他の追随を許さないほどに凄い。そこに惹かれた人は買ってもいいと思う。しかし……手を出すのならそれなりの覚悟はしていただきたい。それほどにこのアディのおくりものは手ごわい。
オルゴールのテーマ曲(タイトル画面で流れるやつ)は好きだったよ。でも、それだけだ。
_____

芥川龍之介の河童を読み終わった。歯車を読み終わった時はどんよりした気分になったものだがこちらは異次元的世界観ゆえか結構楽しんで読んでた。末期はトチ狂って鬱屈とした作品ばっかりのイメージだったがこういうのもあるんだなあ(これも話は暗いと言えば暗いが
それはともかくとして、なんか河童のエピソードの中の一つにして代表的なもの「生まれてくる河童にお前はこの世界に生まれてきたいか?」という件に既視感がある。伊坂幸太郎の小説かなんかで見たんだっけな。たしか生まれてきちゃったものはしょうがないじゃんみたいなことを言ってたような気がしたんだが。「砂漠」だったかな。それにしても河童のこのエピソードは強烈だよなあ。俺も娑婆苦に満ちたこんな世の中に生まれたくなかったぜ。生まれちまったことを悔やんでも仕方ないのだが。ゲームとかゲーム音楽みたいに楽しみがある分この世もたぶんまだ悪いもんじゃないんだろう。そう思わないとやってけないぜ。
_____

掃除機を当てた後ロードモナークでもやるかーと思いいざSFCの電源をON!っと気合を入れてみたのだが起動しない。掃除機を当てる際にカセットがずれたか?と思いカセットを抜いて端子フーフーをやってみたのだが……あああ、やっぱりそうだ。セーブデータは電子の海のもずくになっちまったみたいだ(ソレヲイウナラモクズデショー:CVガンバイク)。あまりのショックに愕然と来たよ。あれだけやり込んだ時間はもう元には戻らないのだろうか。
……まあ残るクレイジーアニマルとファンタジーパステルは完全に手つかずだったからまあいいか。メカニックテクノのラストステージはどうしようかなあ。あれだけのために残り5ステージをクリアするのも面倒くさいし……
まあ消え散ったもんは仕方ないし新たなSFCゲーでも仕入れてこようかな。魂斗羅スピリッツとかサンサーラナーガ2とかサイコドリームなんかを買っちゃったりして。ウヒヒ。

……はぁ。実機起動なんかに拘らないでレトロフリークでも買おうかな。
_____

昨日はROMセットしてくたばったが今日は説明書を読んでくたばった……なんてことは無いよ。今日は気合を入れてテイルズオブジアビスを始めてみた。
感想としては思ってたほど悪くない……かな?キャラのモデリングなんかはグレイセスfを経験しているせいでちゃちなものに見えてしまうけどまあ問題なし。戦闘もフリーラン至高主義と聞いて不穏な予感がしたが今のところはちゃんと3Dなのに2D的で分かりやすく問題は皆無。D2やRみたく遊んだ瞬間に血がたぎるほど面白いもんでも無さそうだけれども。
ただ快適性と言う意味では大いに足を引っ張ってる印象あり。TOD2TORなんかと比べるとあくびが出るくらいにちんたらとしてなおかつ頻繁に起こるロードは退屈極まりない。自分は多少のロードは気にならない身ではあるが、テイルズとしてはちょっとね。後は今作だけの問題じゃねえけどこのシリーズは訳の分からない固有名詞が多すぎると思うのだけれどみんな気にならないのだろうか。プレイ開始から数時間は頭がパンクしそうになるんだが……
評価の高いシナリオについてはまだ分からん。今のところRのような開始5分でいろんなこと起こりすぎてプレイヤー置いてきぼりとか、D2みたく主人公がお花畑発言連発&ヒロインも情緒不安定でプレイヤー置いてきぼりなんていう愚行はしてはいないと思うが、強烈な引きを感じるとも言い難くピンと来ない。PやDみたいな感じでいいと思うんだけどなー。Gfも悪くはなかったけどね。それはともかくとして、キャラ設定が尖ってるな今作は。つーかまだ1時間しかやってないから主人公くらいしか分からんが、どうやらカイルみたく大成長を遂げない限り自分が愛するキャラクターにはなりそうもないな……。個人的には苦手だ。うーむ。
posted by グレイ at 21:42| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

生活記録

何もしていないのに顔から出血したりするような日々(実話)。顔をこすった後ふと手を見ると血で薄ら汚れているのを確認するのは嫌なもんだな。しかしなぜこんなことに?休みだというのにこんな感じでいいのか?原因が分からないのが余計に不気味だ……
_____

昨日お盆に入ったら気がふれたようにゲームしてやるー!って言ってテイルズでもやるぞー!と気合を入れてたんだけど、今日自分は結局ROMをPS2にセットしただけで起動することすらしなかった。ごめんよ俺はうそつきだよ……。それでいて何度もやってるパワポケ4なんかをやりなおしてる俺は本当に大馬鹿野郎だと思ったよ……。なんというかとにかく無気力でね……
そうは言っても一応エスカトスやジャッジメントシルバーソードとかワリオランド3とかベアナックル3とか黒復活とかケツ復活とかアディのおくりものとか遊んではいたんだけどね。どれもそんな進行してないからあんま意味ねーやーみたいな感じで。あと病み上がりなのがまた風邪をぶり返してきた感じだし(たぶん原因はこっち)。ゲーム以外何をしたかが思い浮かばないくらいには空虚な生活をしてるけど、それでも電池切れになるくらいにワリオランド3やパワポケ4を楽しんでる自分は久々にゲームが充実した生活をしてるのかもしれない。あーでも明日こそPS2のゲーム崩さないとなー。あー

それはそうと真夏に手編みの手袋とマフラーをプレゼントしてくる彼女候補ってどう思いになられますか?
_____

アミュージアム茂原店からネビュラスレイが外れたみたいだ。せっかく合間見えたと思ったらすぐにすれ違い決して会うことなく離れ離れになっていく。次に会えるのはいつになるのかな。カラスは生き残ってるかな。あれさえあればまた茂原に出向く理由になるのだが。
_____

・『テイルズ オブ ベルセリア』をエンディングまで遊んで感じたこと。【ネタバレなし】
http://www.famitsu.com/news/201608/10113090.html

コメントの質がアレで物凄くアレな記事。ファミ通COMもとっととコメント機能はずしゃいいのになーと思うんだが何故にしないのか。気のふれた人たちが今日もゲームにとりつかれてる。
それはともかく自分も明日こそはテイルズの何やらをプレイしなくては……
_____

・新型PS4は9月7日に発表か?日本マイクロソフト、今後は字幕のみのローカライズへ。他ゲーム情報色々
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48194283.html

悪い知らせは、今後はテキストのみのローカライズで発売する件です。
今までの日本マイクロソフト製タイトルは
音声も日本語吹き替えに対応したフルローカライズだったんですが、
「クォンタムブレイク」から方針が変わったようで、
新発売の「Recore」や「フォルツァホライゾン3」もテキストのみのローカライズになってしまうんだとか。
ええ……
もう完全に日本は軽視モードに入ってるのかなぁ。まあ売り上げなんかを見ればそうは思えるんだが。この際ローカライズやってくれるだけでもまだマシか……
_____

突如臨時収入が入る。完全金欠状態だった自分にとってはありがたい話。これを使ってDLセールでも買おうかな。それともSFCやSSの前から目をつけていたゲームでも買おうかな。うっへっへ。へっへっへ。
とりあえずヴァンパイアリザレクションに関しては確保しておくことにしよう。あれは間違いなくお得だし。後はデビルメイクライとか?とりあえずそいつらを確保だな。他にも3DSの鋼鉄帝国とか買っておこうかな。そういえば、鋼鉄帝国はめでたく復活を遂げたがバッドオーメンはいつまで待っても復活の兆しすら見えないな。そもそも需要が無いとか?そういわれてしまえばそうかもしれないが……。なんにせよサントラだけでもだしてもらいてーところだよ。うん。
つーかゲームばっか買ってないでサントラ買った方がいいかなーと思ってしまった。うーむ。
_____

本調子じゃないから今日は早く寝ることにしよう。

posted by グレイ at 20:58| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

オヴォンはゲーム三昧? ワリオランド3 ベアナックル

風邪が治ったと思ったらクーラー病にかかったみたいで鼻水が止まらん(というか持病の鼻炎がクーラーのせいでひどくなってる感じ)。何故俺だけがこんな目に……
その他にはバイトの申し込みをしたりワリオランド3やったり360ポイントを買いに行ったり火の鳥鳳凰編を読んだりゴミを出しに行ったりアディのおくりものにキレたりヨーキーのお宝のエンディングを見たりユーゲーDX3を読んだり散歩に行ったりと平穏な日常。普通だな。ようやく人間らしい生活をしてるような気分になったよ。
それはともかくバイトの面接やらは休みが明けてからのようなのでこの調子ならオヴォンコヴォンは何の予定もない感じになりそうだ。うわーいわーい。一般的な目線で見たらオヴォンに予定無いって悲しい人間にも思えるけどとにかくようやく何も考えずにゲームばっかりできる日が取れそうだ。オヴォン休みは、ゲームを気のふれたようにやりまくってゲームにとりつかれてやるー!手始めに積みっぱなしのテイルズとかを崩しておこうかな。いひひ。

……今回のオヴォンのネタは一体どれだけの人が理解できるんだろうなあ……。一応言っておくけど元ネタはmoonのオヴォンコヴォンね。知ってる人は知ってると思うけど。つーか知らん人が大半だと思うけど。moonに登場するアニマルの中では衝撃的なインパクトを残すことで、流石にトットテルリ並とは言わんが自分の中では名高いアニマルなのだが……
_____

ワリオランド3をやり狂う。やっべこれ超おもろいね。現時点での評価は10点満点中9兆点。世紀の大傑作の予感がプンプンする。これは当時遊んでおきたかったなー。当時はまだゲームは親に与えられるものだったしその頃は金銀の方に注力してたから……
今作は偉大な前作に並んで不死身リアクションゲーム。アクションゲームなのに不死身で成立するの?という難しい命題を、いとも簡単に解き明かしその地位を確立させてしまった2の発展形といった作品になってる。バカみたいにステージ数が多かった前作に比べるとその数は減っているが、しかし個々のステージの密度が前作以上に強化されているのがポイント高い。ステージを攻略していくことでマップに変化が生じたりワリオ自身も徐々に強くなっていき(ヒップドロップやタックルの強化、敵投げなどが出来るように)、そしてそれを考慮したレベルデザインなのが凄まじい。同じステージでありながら再度訪れた時の印象は全く異なるのが化け物染みている。GBCでここまでのアクションゲームのマップを作れるとは、ただただ末期作としての凄みを思い知らされた。
不死身システムも2よりも更に過剰になっている。2はダメージを受けるとコインをばらまいたりするためそれなりの慎重さも求められたが今作にはそれが無い。何度敵に当たっても問題ナッシング。こんな調整のアクションゲームなんて無いよ。そしてそんな調整をしてるのにも関わらず難易度はしっかりと悩ませてくれるほどには高い。残機におびえる必要が無く、純粋にステージ攻略、探索に頭を使わさせてくれるこの仕様は声を大にしてYESと言おう。また不死身が故のペナルティになっているやり直し要素も、探索要素とのかみ合わせが非常に良い。何から何まで上手いこと出来てるゲームである。リアクションに関しては2と同じものも多いが(というか大体同じ?)、相変わらず使わせ方が上手いの一言。常識的に考えれば火だるまになったりゾンビになったり水中で泡に包まれたりプレスに潰されたり氷漬けにされたりバネになったりコウモリになったりデブになったりしたら死ぬもんだが(コウモリとデブ以外)、これはゲームだから問題なし。むしろこのくらい過剰な方が間違いなく面白いと言えるだろう。「こいつやりすぎだ!」というセリフが自然に飛び出すようなこのリアクションアクションは本当に面白い。それらがギャグとしてのエッセンスにもなっていながらアクションの核となっているのがこのシリーズの面白いところだろう。
爽快感は流石に奇跡的なバランスを誇っていたヨーキーと比べると多少落ちる。それでも敵をボコスカなぎ倒していく感じは健在で、そこらのゲームと比べてもその爽快感は格別。またゲーム自体のテンポが極めて良いのでゲーム中かったるさを感じにくい(戻し作業のかったるさはあるけど)。

欠点を上げるとすれば不死身が故の戻し作業のかったるさだけどそんなことは2も同じだったし、2よりかは体感的な難易度は低く感じる。でもそれくらいでゲームとしての完成度が本当に高い。万人向けゲームかくあるべしとも言えるアクションゲームだろうと思った。このシリーズは何から何まで自分に合ってるんだよな。それが再認識できただけでも良かった良かった。あとはサントラがいつの日にか出てくれることを祈るばかりだな。
_____

コミケでどうやらチュウニズムのサントラが出るとかなんとか。後でゲーマーズにも出してくれねーかなー。今回ようやくインド人が収録されたって話だしさー。インド好きのロッテルダム野郎としては気になって仕方ないようおーって感じ。ちなみに自分はコミケに行こうとすれば交通費が足りないなんていう財政状況なんで無理っすねー。ううう。
http://chunithm.sega.jp/player/news.html
_____

今の自分に足りないのは暴力性なのでは?と思ったがワリオで補給できてるな……とベアナックルコレクションを買った後で気づいた。げひょー。
それはともかくベアナックルを買ってみたんでこざいます。存在自体は知ってたんだけど(音楽が好きだから)プレイするのは初めて。ベルトスクロールアクション自体めったにやらない自分がこの手のものをやるのも珍しい。
早速3作続けてやってみたが、どれも3面で撃沈しやがった。なんだかアーケード的な難易度調整になっとるなー。コンシューマなのに良いのか?と思ったけどセガだし別にかまいやしないか……。BGMはやはり素晴らしいというかなんというか。FMでこれほどのテクノを作れちゃうってのがやっぱりすごいね。ゲーム音楽の初期テクノを支え確立させただけのことはあるよ。
具体的な中身の話はまだ分からん。好みで言えばスタイリッシュに動き回れてハードコアテクノにノって敵をぶん殴る3なんだが、3って何であんな音楽面の評価が微妙なんだ?俺は大好きなんだが……
_____

アディのおくりもののシナリオを進行しようと気合を入れて取り組んでいるのだが、シナリオ進行用のためにサブイベントパズルを解いてスコア稼ぎでもやろうとしているのだがどうにもならん。このまま行くと後々詰みそうだなー。なんでこんな仕様にしたのやら。ううううう。辛いな。パズルもゲームも面白いだけにこれは辛いな。とっとと投げた方が身のためかも分からんな。
_____

・洋画&ゲーム好きは特に注目!kentworldの友達が満点を付けた神ゲーを紹介!(チキ編)
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48188276.html

む、Xbox系列のゲームが多い。いやー箱のゲームで面白いもの探している自分にとってはかなりありがたい記事だったなー。Dust An Elysian Tailはすげえ面白そう。

それにしても……このシリーズを見るたびに思うんだけれども……STGが全くと言っていいほど挙がらないな……。俺は間違いなく誰か一人くらいは斑鳩なりダライアス外伝なりレイフォース(レイヤーセクションでも可)なりグラディウス、R-TYPEを挙げてくれると思ってはいたのだが……。やはり自分の嗜好のずれっぷりを感じるに至った、ちょっと切ない記事だった。


ちなみに自分には神ゲーなんて言葉をつかえるゲームは斑鳩以外には思い浮かばない。あのクラスのゲームでないとその言葉を使うのもためらわれてしまう。満点をつけるゲームも同じく。
じゃあ点数で測れないゲームは?うーん、話そうとすると理性が無くなりそうになるパワポケ7ドンキーコング64メタルブラックmoon斑鳩あたりを挙げとこうかな。なんというか斑鳩除き客観的に見たらわりにあれなゲームばっかだな。俺は大好きなんだが。
_____

360でヴァンパイアリザレクションが360円という狂気染みた安売り電波を受信。流石にどー考えてもお得だよな。これはちょっと行っておくしかないか。しかしPS版セイヴァーを一人抜きすら出来ずに投げ出した俺に買う資格はあるんだろうか。うーむ。むむむ。やはり格ゲーは肌に合わんという現実を突きつけられるだけかも分からんな。まともに出来た格ゲーなんてサムスピくらいだし。つーかサムスピコレクションとか出ねーかなー。

posted by グレイ at 21:30| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

アディのおくりもの ワリオランド3開始

物凄く暑い……8月のギラついた太陽が病み上がりの俺を殺そうとしている。アツイアツイアツクテシヌゼ。あと病み上がりのせいかものっそいだるい。ダルイダルイダルクテシヌゼ。
そんなダルダルでゲレゲレな中免許の学科試験で受かった帰りに近所の本屋に行ってみたら「サウンド・デザイナー最新号」が売ってねーでやんの。何考えてるんだファーック!!今月号はゲーム音楽特集だから買おうと思ってたのにー!!2万冊くらい用意しとけやこの野郎(暴論過ぎ
あっとそうそう、軽く書いちゃったけど免許取ったんすよ。いやーまさか取れるとは思わなかったね。何せ本番以外の学科試験に6回くらい落っこちてるからね。うーむ。まあなんにせよこれで免許を持ったことだしまともな人間に少し近づいたと言えるだろう。ふっ。
で、それはいいんだけど最近車に乗ると精神的に不安定になるんだけどこんな人が運転していいんだろうか。日常生活する分や車のゲームする分にはなんの支障もないんだけど、車に乗ると得もしれぬ不安に襲われて軽く動悸と息切れが発生するんだよね。ただ乗ってるだけでこの体たらくなのに大丈夫なんだろうか。あんま免許取った意味ねーなー。
_____

アディのおくりものに精を出してズンドコ進める。んーあー。
現時点での印象は雰囲気ゲーとしては最高。パズルもよく考えられているのが上手い。だが難易度調整が絶望的に下手くそ、みたいな感じに思う。難易度自体は終始くそムズイって言ってるけど、最初はとっつきにくいだけだと思ってたし現にそれはその通りでルールが分かれば案外すんなり解けるものも多いものであった。が、ここにきて裏ルールがひっじょーに足を引っ張ってる印象を受ける。その裏ルールとは「ボーナス記号とボンバー記号」ルールのこと。たぶんやったことある人にしか伝わらんと思うしそのやったことある人が極小であることが予想されるので伝わるか不安だがそんなルールがある。両者に共通する特徴はパズルの際にその記号を表示させることで効果が表れるものになってる。前者は獲得スコアを大幅増やすものでお得と言えばそうなんだけど、そもそも俺の腕前だと規定回数ギリギリかオーバーがデフォルトだからあんま意味ないんだよね。で、最大の問題は後半のボンバー記号。こちらは引いた瞬間に所持スコアがある程度減るというものであり減ったスコアはどうあがいても戻せない。このゲームにおけるスコアは試行回数と同意と思ってもらって構わない。試行回数はパズルを解く際に打てる手数と同じだ。規定回数を越えて手を撃とうとするとこのスコアを消費して行うことになる。
そうなると基本的にパズルに出くわした瞬間にセーブすることになるんだよね。つーかそうでもしないとガンガンスコアは減っていくしそれを回収する手立てがない。実際にはパズルをスタイリッシュに最短手で解けば増えるんだけど、それを実行できるのはよほどの大天才くらいしかいないと思う。つーかスコアを増やすためにシナリオとは関係なさそうなパズルやって、そこで地雷踏んでスコアを失うってやっぱおかしいと思うよ。救済措置が救済措置になってない。しかもそれに対する対処方法がパズルに出くわした瞬間にセーブするしかないってのもどうかと思うぜ。しかもゲーム内でそうしろ!って開き直ってる始末だしなあ。そうしてセーブ&ロードを繰り返すためゲーム自身のテンポは最低。快適性は無。これでいいのか。
誤解してもらいたくないがパズルのログロック自体は極めて面白く練られたものである。クソ取っつきにくいところは問題だけどアディ脳が出来始めてからは非常に解くことに快感を覚えられる出来になっている。このアディ脳が出来るまでは苦しいゲームだが、出来てからは本当によくできたパズルゲームだと思うんだよ。ただこのボンバールールだけがどうしても納得できない。せめてボーナスが出る記号はコレ!ボンバーはコレ!と明かされていればまた話は変わるのだが……

それはさておき何気なく調べていたらアディのおくりものを作ったらしい人が区議会議員をやっていてビビった。世の中いろんなことがあるもんだなあ。
_____

なんかいいことが全然ないからワリオランド3でも始めてみた。夢に出てきたし(関係ねえよ
ワリオランド2は幼き頃にそれこそ腐るほどやり込んで自分の中での任天堂アクション像を確立させるに至った偉大なる傑作だけど、今作もその匂いは感じることは感じる。つってもまだ宝2つ回収しただけだからなんも分からないと言えばそうではあるのだが。でもやっぱり自分はこのワリオランドシリーズのシステム(不死身リアクション)が好きだ。どれだけヘボイミスをやらかしても派手なリアクションを取って死なないワリオはマリオと違って動かすのに恐怖感を感じずガンガン動かせる。そして敵を殴り飛ばすという暴力的ながらも爽快な攻撃手段!さらにはリアクション変形芸!このギミックがまたパズル染みててすっげー面白いんだよね!とりあえず開始2ステージだけでそれが分かっただけでもそこには自分の求めるゲームが有ると分かったよ。ありがとうワリオランド3。
しかしGBだからか知らないが今遊ぶと処理のちんたらさが多少キツイものもあるね。むしろGBAで出たヨーキーが奇跡的なまでの重厚さと爽快感とリアクション芸のバランスを保ってたんだなあと思った。俺は不死身じゃないからそこまでヨーキー派では無かったんだが(でもヨーキーも好き
_____

そんなヨーキーを実は再プレイしていた。のは「やしのきじま」の歌詞を確認するためと、今までCDを取れてなかったほのおのどうくつに挑んでCDを取るため。そして10年越しにようやく全CDコンプリートを成し遂げた。やったったーエライエライ。これでようやくワリオランドアドバンスの音楽紹介記事を書く資格があるってもんだ。
それにしてもあのゲーム、あんなサウンドテストの仕様で納得した人はいるんだろうか。少なくとも自分は当時から切れていたような気がするのだが……。いい曲が多いのにどうしてこう斜め上のセンスを発動してしまうのか……
_____

辛うじてチェルのブが何とかボスまでこぎつける。Let's Go Go Go!!!
しかし勝てん。うーぬ。とりあえずボス戦は出来るようになるまで死ねが基本だと思うのでやるしかない。まー暗中模索で苦しんでいたこれまでと比べりゃ何をすればいいかは明解だから頑張ってみよう。うっひょー。
_____

そんなこんなでこんなところでって感じですー。ポケモンGoの話とかもあることはあるけど別に書くほどのネタもないしねえ……
posted by グレイ at 20:05| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

生活記録

休みに入ったからか、それまでにたまった疲労が溢れ出たのか風邪を引いてしまったみたいだ。せっかく休みに入ったと思ったらこの体たらく。何も良いことがない人生だった。
つーかマジでのどがイテエ!どうして俺だけがこんな目に……。とりあえずパブロン3×3錠飲んでみたけど効いてるのかがサッパリ分からん。ううううう……
_____

休みに入った&ようやく引ク押スをクリアしたので上半期の面白かったゲームのまとめ記事を作ったりしているのだが、正直あんま進んでない。
ゲームを語る上で「適切な言葉を見つける」ってのが壊滅的に下手な自分は、そのゲームのどこがどう面白いのかは頭の中で分かるんだけどそれを表現する言葉を持ち合わせていないので結局よく分からないままよく分からない文章が完成してよく分からずに終わるみたいなことがおこりまくりでどうにもなりゃしない。うへえ。それでも面白かったゲームを紹介したいと思ってはいるのがねえ……
しかし上半期を振り返ってみれば、自分は流行りのゲーム何一つ遊んじゃいないな。つーか今更ミスティックアークがアツいなんてほざいてもどこで何がどうなるってわけでも無さそうだし……
_____

意を決してアディのおくりものに再突入。ルールが分かってくると結構すんなり解ける…わけねーだろ。といった難易度なのは相変わらずだけど、とりあえず初見での絶望度ほど難易度は高くないみたいだ。最短での解法に拘るから地獄絵図の難易度になるだけで、規定範囲内でクリアを目指せばそんなに難しくはないのかも。でも最短でクリアしたら、余った分を次回以降に持ち込めるから序盤で稼いでいけ!みたいな作品なのかもなー(例えば13回以内にクリアせよ!みたいなパズルが出てきたとき、10回でクリア出来たら余った3回を次回以降に持ち越せる。規定範囲を越えて試行するとスコアが下がっていき、最終的に所持スコアがゼロになったらたぶん死ぬと思う)
それよりもこのゲーム物語がおもろいね!でもそれを味わうためには阿鼻叫喚のパズルを解かないといけないってのがなあ……。いやパズルも良く出来てるんだけどね。でもこれはちょいと厳しーんじゃねーのかーみたいなー。あんま書くと知能指数の低いバカに思われるから書かんでおこう(たぶん既にそう見られているが
_____

・『電車でGO!!』がアーケード向けに発表! シリーズ稼動20周年記念作 電車をつなげて消すアプリ『連結!電車でGO!!』も明らかに
http://www.famitsu.com/news/201608/08112828.html

おお、タイトーが頑張っている。これ結構VRに向いてるゲームだと思ったけどそういう移植もあるかもしれないっていう期待もしちゃって良い系なのかなー。JAMの復活もあったりすんのかね。Dr.Haggyって今何してるんだろう。
_____

芥川の歯車を読み終えた…と言っていいのかこれは?とりあえず読んだことは確かだけど頭の中で整理が追い付いていない。理解できたのは芥川が苦しみながら執筆していたことくらいだ。もう一回くらい読み直さないといけないな。そういや太宰のグッドバイ(文庫)もちょいちょい読んでるがこちらも理解が追い付いていない。それにしても自分の精神が安定していないのはこういった精神を病んだ作家の作品ばっか読んでるせいなのかもしれないな。もう少しゆるふわポップキュート小説でも読みたいもんだ。自分でも抽象的過ぎて何言ってるかが分からないけど。
_____

チェルのブがどーしてもクリア出来んので仕方なく動画を見てみることにしてみた。…が、動画を見ても分からん。ソンナバカナ。こんな有様でクリアできるんだろうか……
_____

ロードモナークを進める。メカニックテクノもあと一つ。残るはクレイジーアニマルとファンタジーパステルの2つだけと言ってもいい。まさかこんなに長くにわたり遊ぶゲームになるとは思ってもいなかったねえ。うーむ。むー。それにしても後半に行けば行くほど難しいにゃー。難しいのは良いんだけど時間喰うゲームなのが中々に苦しいね。
_____

実体のない何かから逃げたいけれど逃げる術も思い浮かばずただ気を紛らわせるのにゲームを少しプレイしては白い壁を見つめていた一日。早く風邪が治らないかな。ゲームする気力すらないなんて重症だぜ。うへー。
posted by グレイ at 21:24| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

8/1~8/7

実態無き不安と恐怖におびえる夏の始まり。


・引ク押ス
実は今週はこれ以外何もやってないんじゃないかーってくらいにこればっかりやってた気がいたしますね。電車の中でやり家でやり……その甲斐あって遂にクリアですよ。あまりにも長い戦いだった。しかし、俺は勝利したんだ。うおおおーッ!!引ク押スサイコー!!
でもこんなおぞましい難易度だと引ク落ツに挑む気力もなくなってしまったな…

・チェルのブ
完全に大停滞状態。迷子なのはもとより先へ進む術が全く見つからない。音を上げて攻略情報を探してみるもそんな基本的なことは書いていないようだ。ファーック!だがこの手の探索アクションはこんなものだから仕方ない。これだからこのジャンル苦手なんだよなぁ。俺にクリアできるんだろうか。

・R-TYPE
1クレ4面で大撃沈。すっかりヘボな腕前になってしまった…

・黒復活
1クレ5面ビット地帯。なーぜか裏面に特攻する羽目になって大失敗。うへー。

・Zed Blade(エミュ版オペラグ)
1クレ3面。音がなんか違うような気がしてやる気が起きず。むーむむむ。

・ギャラガ
1クレ21面(うろ覚え)。デュアルファイターをどう維持するか、それがカギになる、か。いやーギャラガの底知れぬ深さは想像以上だな。

・エリア88
1クレクリア。連射があれば中々簡単だーぜー。やっほう。

・ダラ外
カニを捕獲してめでたしめでたし。ボムりまくりだけど満足満足。

・ポケモンGo
早くも77匹を捕まえている模様。なんだかんだでハマってきてるな。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする