2016年08月15日

生活記録

なんということも無いような日常。テイルズオブジアビスをやったり魂斗羅スピリッツをやったりチェルのブをやったり火の鳥ヤマト編を読んだりしていたら一日が終わってるなんて。虚ろで虚無った日々。
_____

TOAを進める。とりあえず5時間ほどプレイしてみた感想としては良くもあり悪くもある。いつも同じようなことしか言ってないような気がするけど。
主人公のキャラがイライラさせられるのはおそらく演出であるとは思うんだが、それでもやはり見ていてキツイものがある。個人的な嫌悪感で言えばD2の初期のカイルよりもヒドイ。ゆえに否が応でもまともな人間へ成長してほしいという期待も膨らむのだが……。その一方で仲間キャラに関してはさしたる問題が無い。どいつもこいつもクセだらけで魅力的な面々だ。ジェイドやアニスなんかは本当にいいキャラでかなり好意的な目で見れてる。この辺は流石とも言うべきか。ただ今のところなんというか一体感に欠けるというか、そういう感じが少ない。むーまあでも十分ありだろうな。後に一致団結するやもしれんし。それよりも聖獣チーグルの声がなんか聞いてて辛い。個人的にアニメは一切見ないけれどもアニメ絵アレルギーやアニメボイスアレルギーは無いものだと思ってたが、どうやら生理的に厳しい声もあるようだ。なんというか無理に個性付けをしてる感じが余計に辛い。みんながみんなこういうのが好きだと思うなよーッ!ちくしょーッ!てか悪いのはアレルギー起こしてる俺なんだが……
シンフォニアチームテイルズ2作目(シンフォニア→アビス→ヴェスペリアの順…だよな?)ということもあり結構グラフィック面は力入れられて作られてる感じもある。だが起伏に富まない退屈なフィールドなどは相変わらずでガッカリ。D2Rもそうなんだけど、このシリーズ、かなりフィールドマップデザインがおざなりだと思うのだがそう思ってるのは俺だけなんだろうか。更にフィールドが体感的にそれら2作品よりも迷いやすくなってる気がする。それもかなり辛い。シンボルエンカウントで敵が襲いかかってくるのを眺めるもの辛い(これは好みの問題)。世の中辛いことだらけだ。ただそうは言ってもキャラ造形なんかは良く出来てると思うし、建物の造形なんかも良く出来てるとは思うんだが……
戦闘に関してはようやくこなれてきたが今作は爽快感重視の方向っぽい。D2Rのように頭の中で瞬時に戦局を見抜き戦術を構築しコンボを叩き込むような詰将棋のような高次元の殴り合いというよりかはゆるくバトルぜ!みたいな感じ。一概にはどうこうと言えないものだが(自分は間違いなく有働テイルズ…というよりD2チーム作品の方が好きな人間っぽいし)、ストーリーを追うタイプのテイルズなので十分アリだろう。PS版Dみたいな感じと言われれば納得もすんなりいく。今作は戦闘時のドラマにはそこまで過度な期待をかけない方がいいかも分からん。それよりも個人的に気になったのはフリーラン強すぎじゃねぇ?ってこと。フリーラン至高主義って噂される戦闘の意味がようやく分かった。位置取りが重要となるテイルズの戦闘でこれはやりすぎなんじゃねえの?と思ったが今作が初登場だし多めに見た方が良さそうだな。これのおかげで難易度大低落で初心者でも楽しくバトれる作品になっていることは事実だ。むやみにぬるすぎるなんて批判はするもんじゃない。全然関係ない話になるけどテイルズって作品間でセミオートかマニュアルどっちで操作した方がいいかごちゃごちゃにならない?そうなるのは俺だけか?D2RGfはセミオートだとどうにも感触が掴めなかったんだけどエターニアやアビスはセミオートじゃないとまともに出来んような気がする。エターニアの方はマニュアルでもそこそこ戦えたような気もするが、アビスはマニュアルにした瞬間まともに戦えなくなった。マージかよ。冗談じゃねえな。作品間でここまでズレが生じるなんてことは無いぜたぶん。まあ作ってる人たちが違うんだから違って当然でもあるんだが。
シナリオに関しては未だ不明。固有名詞のオンパレードで頭が痛くなるような感じに襲われているんだけどどうにかならんもんだろうか。そう思うとグレイセスも固有名詞多かったけどあれは良いシナリオだったよなーと思った。魅せ方次第、ってなわけなのかな。ルークが世間知らずの坊ちゃんってのはおそらくなんも知らないプレイヤーと知識を同じにするための処置だとも思うが、ならあんなキャラ付けにしなくても……と思えてしまう。うーむ。
まあもう少しプレイしてから考えようかな。
_____

魂斗羅スピリッツはなんとノーコンテニューで4面まで来れるように。やはりこのバランス調整は素晴らしい。神がかり的だ。うーむ美しい。
まあミサイル渡りが難しくてここで詰まっちゃいるのだが……。まあ見てて馬鹿馬鹿しすぎて笑えるので何の問題もなし。魂斗羅は良い。その一言で納得できちゃう魂斗羅スピリッツが素敵だ。
_____

・印象に残るのは「楽しい」ステージよりも「難しい」ステージ
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/43927847.html

然り……!と言いたいところだったが演出面を考えればまた話は変わってくる。何故ダライアス外伝では難しいルートである鯨やクラゲよりも難易度抑えめのマンボウステージが取り上げられることが多いのか?それはひとえに演出が素晴らしいから……と思ったんだが。まあこれには鯨もクラゲも演出がいいってオチが付いちゃうけれども。そんなこと言い出すならダラ外の演出は全て神がかり的なものだけれども。敵の地獄絵図の猛攻を掻い潜ってることよりも大気圏に突入するシルバーホークや最序盤のビルをぶっ壊して登場するオニキンメの方が印象に残ってる方も多いと思われる。STGとしては難易度が低いと称されるメタルブラックだってそうだ。数々の名演出は多くの人々を虜にしたことだろう。……うーんでもそれらは「楽しい」と言うよりも「楽」って言った方が良いのかもなあ。うーむ。メタブラに関しては2面のくそムズイ挟み撃ちパートよりも後ろから核ミサイルが飛んできて前からは敵が襲いかかってくる四面楚歌パートが個人的には印象深いんだが。
ただ記事内の反復行動の話は結構納得のいくものでもあった。そりゃあ何度も見てればステージの印象は残るよねえ、みたいな。STGで1面が心をつかむって話と似たようなものだろう(違うような気もするが……)。ミスティックアークを象徴する音楽といえば?と言う問いに即座に「母なる神の爾座」が挙がるのと同じようなことだ。魔界村の音楽がアレほど記憶に刷り込まれるのも同じことだ。何度も何度も同じ場面を見たり聞いたり、苦労して努力して、そして突破したからこそそのステージが印象に残る。まさしくその通りだ。
……でもやはり個人的には演出ってこともフックに引っかかる一要素としては挙げたいところかな。たぶんこれは自分のゲームの実力が中の下くらいなことも関係してるんだろうな。根性出せばそれなりのゲームはクリアできるが、体感する難しさはどのステージも同じくらいに感じちゃう……みたいな。1001Spikesがどれほど素晴らしくて、エキサイティングで、スーパー面白くて、感動して涙を流すほどに最高なゲームであるかは言えるけどステージ間の難しさはどいつもこいつも鬼のように難しいとしか言えない…みたいな。現に最近鬼のように難しいと感じた引ク押スもアディのおくりものもどれが難しかったとかあんま覚えてねーもんな。こうしてみると自分がどうしようもないボンクラ野郎だから演出の方に目が行く人間になってしまった、とか。魂斗羅スピリッツも同じような感じなんだよね。第一天狗党から飛び出してくる雑魚敵を見て風情を感じるとか言って笑いながらプレイしてるようなどうしようもない人間なんだよ俺は。そんなところ見てるプレイヤーなんてほとんどいないっていうのに。難しさよりも見た目のインパクトの方が優先して記憶に残ってしまう。でも良い演出を見ると「ああ良いなあ」って思えるんだよね。それに演出なら難しさという人の尺度によるものと離れて誰でも分かるものだと思うんだよね。だからこそ簡単でも難しくてもどちらでもいいから心に何かを残すような演出を、ゲームはもっとしてくれるといいなあと思った。メタルブラックみたいなゲームもっと出ないかなー。
つーかメタブラがやりたくなってきたな。今はサターンもあることだしいよいよ購入の時か……。つーか近くのゲーセンもメタブラ置けばいいのにー。


posted by グレイ at 20:41| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

8/8~8/14

モラトリアム。


・ワリオランド3
ぶっ続けでプレイし続けクリアを成し遂げる。うっへっへ。やはりワリオシリーズは素晴らしい限りであると強く感じた1週間であった。このようなイカレにイカレた素晴らしい探索爽快リアクションアクションが任天堂から長らく送り出されていないのは中々に残念な話である。メイドインも面白いけど俺は本流がやりたいぜ。まあ本流とか言い出すとマリオに戻ってきちゃうんだが。

・ワリオランド
こっちは2ステージクリアしただけで全く進んでない。なんつーか正直悪くはないんだけど気分が乗らないのにゃー。馬鹿馬鹿しさもゲームにおいて大事だということを強く感じたよ。それでもマリオに比べたらバカに溢れた内容とも思えるが。

・ヨーキーのお宝
こちらはヨーキーをぶっ殺したりして可愛いお姫様の御尊顔を拝んだりして清々しく終了。こちらもやはり素晴らしいゲームであった。定期的に起動されるしなんなら3DSに常時在中してるけど(理由は俺がアンバサダーだから)やっぱりこのゲームは面白い。GBA初期にこれほどのアクションを成立させた任天堂は凄いと思った1週間であった。Hello There……ウクレレ、みたいな…たびを…しよう……

・アディのおくりもの
こちらもエンディングにこぎつける。色々思うところはあるけど、悪いゲームでは無いよ。まあちょいと人を選びすぎな上に排他的なのが気にかかるけど、それでもこの世界観は中々並大抵の製作チームには作れるようなものではない。パズルがもう少しだけのんびり楽しめるものであれば……

・黒復活(箱)
ケツ復活がたしか4面で、黒自体は……ダメだ!思いだせん!たぶん5面中盤で苦しみながら果てたような記憶はあるのだが。うーむ。ケツ復活は稼ぎに必死なあまり5面まで生き残れないね。

・ベアナックル
3面まで進行。ハウステクノがオッシャレーみたいな感想は浮かぶんだけど、3が面白いせいで霞んで見えるぜ……。これをクリアしてから後の作品に挑むべきだったかなあ。

・ベアナックル2
3面。音楽のイカレ具合が強化されたが基本的には初代と変わらず。こっちが攻めに入ってきてるのに平然とゲームをやってるモヒカンじいちゃん(俺内通称。たぶんじいさんではないと思うが……)がいい味出してるね。

・ベアナックル3
こっちはちょっと本気を出してコンテニューも駆使して4面(あんま変わんねーじゃねえか
カベを破壊するイベントがあまりにも難しすぎて絶望気味。ゲーム自体は一番好みだが……。今作もなぜか異様な存在感を誇るオカマ(1面中ボスのアレ)がいい味出してるね。

・R-TYPE
1クレ5面。巨大戦艦戦で事故死した結果こんな中途半端な様に。うーむ自分で自分が恥ずかしい。

・Zed Blade(エミュオペラグ)
1クレ4面ボス。チャクラが開けるまで必死の形相で連射している自分は極めて滑稽に見られているだろう。まあどうだっていいさ。だってオペラグは楽しいですからねえ……。やっぱ並木学さんの音楽はいいにゃー。イカレ狂ったテクノがGoGo!みたいな感じで燃えるのにゃー。

・鋼鉄帝国
とりあえずハードもノーコンテニュークリアした。うーむハードもかなり簡単かもしれないな。とはいってもボムりまくりのプレイだからなあ。ちなみに今作のボム、なんかダラ外っぽい。そこがなんか気持ち良くてボムッちゃうんだよね。
ベリーハードも軽く下見してみたがこちらは本気で殺しにかかる難易度だった。これをノーボムか……人間には無理かもな……

・パワポケ4
表サクセスをやったり裏サクセスをやったり。音楽が最高だね!みたいな。試合の曲がアツいぜ!みたいな。サクセスの結果自体は父親が先生とくっついたりした。裏?なんかクリア出来なかったよ。虚しい。

・パワポケダッシュ
表でフェニックスの化身火鳥終…じゃねーや(勇者学ネタ)比奈鳥青空さんのエンディングを清々しく眺め、うららかに親父もあの世へ逝って終了。裏サクセスもプレイしてローグの面白さを再認識(本格的なローグとはまた違うが…)。部屋の外から弓矢飛ばしてガンダーを撲滅させるのは最高に楽しいぜ!卑怯ですみません。

・チェルのブ
どうにか4の魔神をブッ殺したがこの後どうすればいいのかが分からん。アホには厳しいゲームやー。ふにょにょにょーん。ぼえー。はにゃーん。どうでもいいが今作のボスはみんなすげえ強いような気がする。まあパターン暗記でいなしてけ!ってバランスなのでバランス取れてるけど。

・テイルズオブジアビス
現在の進行具合はジェイドが出たところくらいまで。全然進んでないね。うーむなんつーか、合わない気がするのがなあ。それでも10時間もにょもにょしたままプレイしてたら突然開眼したリバースみたいな例もあるしプレイを続けてみるが……。ストーリーもファンタジアとかデスティニー(PS)みたいにシンプル&感動みたいな感じならいいのだが。もしかしたらエターニアみたく悪くは全然ないんだけど強烈に良いわけでも無い…みたいな感じでズルズル行ってしまうかも分からん。

・エスカトス
1クレ18面が最高記録。んーん弾幕が激しい!あと15面あたりを境目にして自分では限界の予感が……

・ジャッジメントシルバーソード
1クレで処理落ち激発地帯で無念のリタイア。あそこを越える術が全く思い浮かばんな……。やはり難易度を下げる以外に道はないのか?

・ポケモンGo
トレーナーレベルが8になった。暇を見つけては街へ赴いてるが毎日ポッポとコラッタを捕まえる毎日ですみたいな感じ。こんなのポケモンじゃねえ!と思ってたらガーディなんかが出てくるバランスが心底ムカつくほどに憎い。上手いこと作ってるナー。良くも悪くも。

・ロードモナーク(SFC)
メカニックテクノを遊んでいたが今となってはデーターが消え去ってしまったのでもはや語ることも何もない……。ううう…(泣いてる

・烈火
暇で虚無だったのでなんとなく表烈火に切り替えてみた。記録自体は3面ボス2止まりだがミスをしでかさなきゃ常識的な難易度に収まってるのが極めて美しいね。やっぱ烈火は面白い。つーかガレッガやりたいなあ。あーうーあー。

・セイヴァー
ザベルのチュートリアルの最初に果敢に挑むも達成できずに終了。なんというか格ゲーの世界から拒まれてるような感覚すらあるな。コンボが少なそうなキャラはいないもんか。でもザベルさん以外にカッコいいキャラも見当たらんし…うーむ。むむむ。

・魂斗羅スピリッツ
ノーコンテニューで3面中盤。コンテニューありで5面。実は5面で2D酔いを発症してゲーム続行が困難なレベルにまで体調が悪化したので辞めざるを得なくなった。こんな情けない理由でこんな素晴らしいゲームを最後までプレイできんかったとは……
ちなみにミサイル渡りは爆笑ものだった。あんなのアリカよ!みたいな。いやーこれは真摯にバカゲーしてる世紀の大傑作だわ。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする