2016年08月22日

今月の一本 flOw

今の自分に足りないのは情熱なんじゃないかそうだよ熱意を失っては無気力極まりない現状を打破するには情熱溢れる制作物に触れなくてはいけないんだそうだ情熱だパッパッパパパパッショーン!!なんて錯乱してる感じに過ごす一日。そんなわけで不定期開催新企画と題して本日遊んだ「flOw」なんてのをご紹介。この作品は、なんとあのthatgamecompanyが作り出したのだッ!なんて言って反応してくれる人がどれだけいるか極めて不安だが……。有名どころだと、風ノ旅ビトを作ったところッス。しかしかれこれもう10年近く前の作品なのか……(Flashゲーとして登場したのが2006年、PSNゲーとして登場したのが翌年らしい)
_____

DATA
発売 / 開発 : ソニー(SIE) / thatgamecompany
登場時期 : 2006年(Flash)/2007年(PS3)/2008年(PSP)/2014(PS4、PSVITA)
ジャンル : Zen
機種 : Flash/PS3/PSP/PS4/PSVITA
公式:http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000cusa00178_00flowplaystation4.html

(今回はVita版をプレイ)

今作は風ノ旅ビトにて爆発的な知名度を獲得した(と思う)thatgamecompany謹製の作品で同社の2作品目に当たり、更には初コンシューマ進出でもある。thatgamecompany特有の空気感は今作の時点で存在しており同社のルーツともなってるような作品である。
そんな「flOw」だが、どんな作品かってのは実は結構説明するのが難しい。なにせ流れに身を任せ漂うゲームとしか説明のしようがないのである。LSD並、とまではいかないが極めてゲームゲームしてない作品であり「ホントにこれゲームって呼んでもいいのか?」とプレイ開始した直後は思い悩み頭を抱えることになるだろう。しかしものの15分もすれば「thatgamecompany、やはりお前らは天才だ」と涙を流し感動することになるだろう(ホントかよ

ゲーム内容は至って単純。海の中をジャイロ操作でゆらゆらと漂うだけである。思うがままに漂え。以上。……で終わっちゃうとあまりにも身も蓋もないよなあ。一応クリーチャーを操作してプランクトンや他のクリーチャーを捕食しどんどん自クリーチャーを大きくしていくということや、どんどん海の底を目指し深く潜っていくっていう目的もあるが、ただそれだけ。感動するシナリオも圧倒的な敵キャラなんてものも無くハッキリ言って雰囲気が優れただけの地味で単調なゲームかもしれない。操作性もジャイロのせいでかなり悪い上にスティック操作も使えないとかなり厳しいゲームだ。
しかし何も考えずプランクトンを捕食し、深みへと潜っていくうちに、いつしか「flOw」の深みへとハマっていくことになるだろう。美しく幻想的な海の世界と優れた環境音楽のような音楽と、無機質だが暖かみのある効果音とが重なり合った世界はもはや総合芸術としか言いようがない世界。映像と音のシンクロという意味では今作に匹敵する作品も中々見ることが出来ないであろう。まさしく「ゲームでしか出来ない体験」に特化した作りである。そしてその体験こそが今作を語る上で欠かせないものになる。ゲームとしては捕食をひたすら繰り返し深海へと潜り続けるだけなのだが、そこには幾千のドラマが生まれている。一つのクリーチャーで海の底へとたどり着き冒険が終わった時、プレイヤーの心には「旅をした」というような気分にさせてくれる。この旅をしているような気にさせるゲーム作りはthatgamecompanyの十八番とも言えるものであり、これが後の「Flowery」「風ノ旅ビト」へとつながっているということを思わせる。

ところで今作の公式ジャンルは「Zen」である。Zenとは何ぞや?それは「禅」である……たぶん。一応禅パックなる謎の物がPSNにあったような記憶があるし……
それはともかく禅がテーマの今作だがぶっちゃけた話自分は禅なんぞは分からん。だがその空気感は非常に強く伝わってくるだろう。禅なんて知らない男が「flOwを遊んでいると諸行無常を感じさせる」なんてことを思う次第である。それほどに今作には何かを感じさせる力が強い。プレイ序盤は「オラオラー!それは俺のエサだてめーらどきやがれーッ!!」なんてつぶやき本体をブンブンと振り回していたが、次第に「もういい……もういいんだ……」などとつぶやき無の境地に至りながら捕食にいそしんでいる始末。プランクトンを食すのにも、クリーチャーを食すのにも次第に影を落とすようになる。巨大な自クリーチャーに手も足も出ず食べられていくプランクトンたち、無機質な音を立てて崩れていくクリーチャー、そうした生き物の命を奪い成長していく自クリーチャー。幾千もの命のやり取りがあり多くの生き物を殺して更に深海へと潜っていく。そりゃあ自クリーチャーがどんどんと大きくなっていって成長の過程を眺めるのは楽しい。しかしそのために死んでいったものも数知れず……なんてことを思いながら海の中を漂ううちに、いつしか頭の中の思考もゆらゆらと流れ漂っていく。生きるとは何か?なんて哲学的なことすら考え出す始末……なんてことを書いちゃうと流石に言い過ぎだがそれでも数多くのことを考えさせることは確かである。深海に潜っていくうちに、プレイヤーのアビス(深淵)にも潜っていくなんてテーマだけでこのレベルの作品を作りあげてしまうthatgamecompanyはやはり只者ではない。
といってもあくまでこれは自分が感じた印象でありプレイヤーごとにそれぞれ思うことは違うであろう。なんならプランクトンを避けながら深海へと潜ることも可能である。また自分のように数々のクリーチャーまでも捕食にいそしむことも可能。そういった意味で思うがままに漂うゲームである。どんなプレイをしてもプレイヤーに何かを残してくれる。それが「flOw」である。総プレイ時間がかなり短くなる作品ではあるが、それでも買う価値のある作品である。風ノ旅ビトしか知らない、なんて人は是非とも今作やFloweryもプレイをしてほしいところ。ゲームでしか体験できないことがここにある。誰にもまねできないゲームを作り上げることのできるthatgamecompanyはやはり凄腕開発会社だと強く感じた。

posted by グレイ at 20:24| Comment(0) | 今月の一本 | 更新情報をチェックする

8/15~8/21

クーラーに弱い体質とかなんとか言っておきながらクーラー全開の部屋でゲームしまくりな昨今。散歩とかしたいけどそうするとケータイに出ることが出来んよのね(気づかないから)。何にせよ早くバイトの連絡が来てほしいもんだが……


・魂斗羅スピリッツ
30機モードの話だが最終的にノーコンテニューでクリア出来た。うっへっへ。面白すぎ&バランス最高すぎだぜこいつは。あまりにも完璧すぎてケチのつけようがねえ。究極のアクションゲームだな。5面のボスで酔わなきゃ最高のゲームなんだが……
ちなみに爆裂弾とある程度のボムがあれば5面ボスもヒドイ酔いを起こす前に倒すことが可能らしいことが発覚。これは俺に通常モードもノーコンテニュークリアやれってことか?でも6面は地獄絵図の難易度だし……

・テイルズオブジアビス
現在はマルクトの王様に会いに行くとかなんとか言って、隠れたりしながら進行するところ。ムカつくほどにこれが難しくて大停滞気味。諦めて敵をぶっ殺しながら進行することにしよう。
にしても現在がどの辺なのかサッパリ見当がつかんな。いつものテイルズとして考えるのならプレイ時間12~15だから中盤だと思うのだが、雪の街が出てきたら終盤なんて格言もある(ホントかよ)。うむむ。ともかくアビスはロードが死んどるね。その辺はもう少し何とかしていただきたかった。それさえまともなら戦闘がポンコツでも(別に酷評するほどひどくなくそこそこ面白いけど)十分な良作との判定を下せたんだが。
それにしてもこのシリーズホントにマップ適当すぎじゃね?と言うより常に迷子になっている自分が悪いんだが、ともかく全シリーズ通じて迷子になってるって、そりゃあちょっとは成長してくれよ!と思わないでもないよ。こうしてみるとグレイセスの半一本道マップはある意味英断だったとも思えてきたぜ。アレは初めて見た時微妙な気分になったけど迷うことは無かったんだよね。

・ワリオランド
未だにピーチビーチでうろちょろ。それ以上に難易度が急に上がったような気がして停滞。どうもマリオ的なゲームはとことん苦手らしい。おっかしいなー……これも一応ワリオではあるはずだが……

・パワポケ6
裏やったり表やったり。うっかり未来に帰っちゃった!やさぐれてやる!
それはともかく風邪を引いてるときに幸せ島でリフレッシュ小屋に行ってまさことアレしたら風邪が一発で治ったんだが、これには何らかの相関性があると思うんだがどうか?。そういえばなんかの本で(松本人志の怒りだったかな?)人間は危険な状態ほどアレが働いて子孫を残そうとするから風邪の時は何みたいな話を見た記憶がある。そういうことか?(知るかよ

・パワポケダッシュ
こちらは表やらずに裏やったり。ローグは楽しいぜっぜっぜなんて言葉を吐けるほど運に恵まれているわけでも無く肉を喰えばマイナス能力取得で大撃沈を頻発。うひー。

・パワポケ11
こちらも裏のみ。更には仲間を集めただけで終了。これでいいのか。まー楽しかったからいいんだけどさ。

・アンリ
ステージ4の4番目くらいまで進めるようになったがどうもこのゲームはゴールがどこにあるかが分かりにくいような気がする。ボスの対処も分かりにくく問題あり。死んで覚えてね!って作風は分からなくもないが不親切だよ。スマホゲーの移植にしてはかなり面白い部類だと思うんだが、1001Spikesなんかと比べちゃうと……

・ダラバーCS
愉快にCSモードを進行中。デフォルトが難しすぎて進まねえ!あーうーあー。

・エスカトス
18面まで到達。何度もやるうちにスコアは無駄に上昇するようになったが先へ進めないので意味がねえ!どひーそんなのありかよーとか思いましたねー。

・ジャッジメントシルバーソード
イージーでは結構進めたが(月面が見えた気がする)ノーマルはからっきし。シールドがエスカトスと比べてよわよわのへぼーんな感じなのがダメやね。最もダメなのが腕がねえことなんだが……

・黒復活
ノーマル1クレ5面中盤。何故か裏面に突入して地獄絵図。涙を流すような悲惨な事態。一方のケツ復活はプレイしたが覚えてない(それでいいのかよ

・ベアナックル
ちょっくら本気を出して進行。コンテニューしまくりでとりあえず7面か8面か忘れたがそこまで到達。中々に優れたバランスかもね。
2と3と違って今作にはSTGにおけるボンバーみたいなの(使うとパトカーがロケットランチャー放ってくれる)が搭載されているのが特徴なのかな?これを利用してヤバくなったら爆殺しまくりって行動がとれるから思ったより難易度は高くなく、古代さんのハウステクノに身を委ねゆっくりと敵を殴り殺すことが出来る。最終面では舞台が舞台なだけに(高層マンションみたいなところ)ボムが使えず真の実力が求められるが辛いところだが、そこにたどり着くようになればきっと開眼してうまくなっている……
と思ったんだけど、女子二人組があまりにも強すぎて全く勝てなかったんだよね。うひーこりゃどうにもならねえかもしれないぞ。うーむ。

・DownWell
なぜかちょっくら起動。海に潜ったステージが最高記録。やっぱり難しいけど運も絡めばクリアも難しくないレベルなのかなー。うーむ。

・チェルのブ
進めてはいるんだがどうも迷子になりっぱなしで先への展望が見出せない。こりゃ困ったもんだなー。攻略サイトは見ても何書いてるのかサッパリだし。クリア不可能のまま詰んじまうかもしれねーぞ。うひー。

・ヨーキーのお宝
ちょっと所用でプレイ。エンディングの曲を聴くがこれって各エンディング(ヨーキーはマルチエンド)で流れる曲が違うとかないよな?いや実はヨーキーのエンディングって海外と日本版で冒頭の曲が違うんだけど、よく聴いてみたら俺の知ってる曲と違ったんだよねその後のリミックスパートが。それがどうも気になる。うーむ。日本版は幼女エンドの時ゴーストタウンの音楽が流れることは確認済みなんだが、これが他の場合の時どうなるかが分からん。たぶん同じだと信じたいが……
それにしてもヨーキーはお宝全部集めたエンディングよりもこの幼女が出てくるエンディングの方が良いよな!むしろ美人に価値はねえ!幼女出せ!みたいな(何言ってるんだ

・グラディウス2
たしか2面中盤まで進める。俺は一体いつになったらこのステージをクリアできるんだろうか……

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする