2016年08月25日

オルディネスってすっげー難しいっすねー

ゲームしたりしなかったりで暇を潰すような日常。Downwellは何でこうも暇つぶしに向いているんでしょ。しょ。空いた時間にひょいとやる分には極めて良いゲームですねー。
それはそうと仕事の打ち合わせがあったのでファミ通を読み損ねた。んで、明日に後回しです。個人的に脳に格納すべき情報はガストゲーくらいなのかなー。別にその辺ネットでもう見ちゃったけど……
_____

それはともかく今回のお題はオルディネス。知ってる人は知ってるけどこの作品はゴリゴリと味を効かせた名作STGなんだよね。知らん人は知らんけど。というか知らん人の方が多そうだけど。
開発を行ったのが元アイレム系の人たちによるものなのか(開発:プロデュース!)、開発当初R-TYPE外伝と命名されていたからか、ともかくR-TYPEの要素が結構強めであり、撃ちまくりアドレナリン出まくりでGoGo!!なんていうハドソンキャラバンSTGとは完全に一線を画した渋い作りが特徴。
オルディネスのポイントを挙げるならやはりそのグラフィックになるだろう。僅か5本しか出なかったスーパーグラフィックス専用ソフト(他には大魔界とか)の一つであり、年代を考えるとそれは驚異的なレベル。なにせSFC、MDと比較しても見劣りしない。どころか部分的なところでは勝ってるとすら思える。鬼のように書き込まれたグラフィックは見るものを圧倒させ、すぐさま虜になるだろう。これでいて処理落ちしないのが凄まじい。まさしく職人プロデュースが作ったものと感じられるだろう(と言っても俺はミスティックアークくらいしか縁が無いんだが…)。うーむ素晴らしい。
で、素晴らしいのは結構なんだけど30回以上やって2面を拝めたのが僅か1回しかないってのはどういうこっちゃい。アイレムSTGと言えば高難易度という定例はあるもののこれは流石にやりすぎなんじゃ……。難易度が高いというより暗記の粋に至るまでに平均以上のSTGセンスを要求されるってのが辛いような気がする。パターン暗記でどうにかなる難易度の予感こそあるものの少なくとも俺には無理な予感がしまくり。アイレムSTGはどんな鬼ゲーでも1面はそこそこに楽しめる難易度だとは思ってはいたんだが……ってこれはアイレム製じゃねーんだけどね。惜しいゲームだなあ。
しかしそれにしてもあと4年でオルディネスのような退廃した世界になるとは、感慨深いもんだ。
_____

オルディネスで心折れ気味なのでここらで。

posted by グレイ at 22:07| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝

ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝 -
ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝 -


GBAの正統派ワリオ。ゲーム音楽『ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝』の紹介。


・メーカー 任天堂
・ハード GBA
・作曲者 吉冨亮二
・ゲームプレイ状況 クリア済み
・サントラ状況 出てません。一応一部楽曲が「ニンテンドーサウンドセレクション Vol.2 クッパ」に収録。


曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより)
「曲名」 補足 「英題(YouTubeにある名義上のもの)」
「タイトル」 「Title screen」
「ピラミッドつうろ」 「Inside the Pyramid」
「はじまりのいせき」 「Hall of Heiroglyphs」
「Hurry Up!」 タイマー踏んだ後 「Hurry Up!」
「アイテムショップ」 「Item Shop」
「ボスバトル」 「Boss Battle」
「Sunny Side Up」 ヤシのきじま カラオケモードで聞ける 「Palm tree paradise」
「パズルルーム」 「Puzzle Room」
「おはなばたけ」 「Wildflower Fields」
「なぞのちていこ」 「Mystic Lake」
「あめのジャングル」 「Monsoon Jungle」
「あやしいこうじょう」 「Curious Factory」
「ひみつのはいきぶつしょりじょう」 「Toxic Landfill」
「-40℃のれいぞうこ」 「- 40 Below Fridge」
「ピンボールタワー」 「Pinball Zone」
「つみきのおしろ」 「Toy Block Tower」
「すごろくのくに」 「The Big Board」
「らくがきのもり」 「Doodle Woods」
「ドミノストリート」 「Domino Row」
「みかづきのゴーストタウン」 「Crescent Moon Village」
「アラビアンナイト」 「Arabian Night」
「ほのおのどうくつ」 「Fiery Cavern」
「ホラーマンション」 「Hotel Horror」
「さいごのつうろ」 普通にプレイしたら聞けない 「Gloden Passage」
「ラストバトル」 ヨーキ戦 「Golden Diva」
「エンディング」 スタッフロール 「Credits」
「あのひつじかいについてしっている2、3のこと」 サウンドルーム収録曲(以下同様) 「About That Shepherd」
「そのつぎにわからないモノ」 「Things That Never Change」
「あしたのけつあつ」 「Tomorrow's Blood Pressure」
「たちくらみのむこうがわ」 「Beyond The Headrush」
「りゅうぼくとアイルランドいぬ」 「Driftwood & the Island Dog」
「さいばんかんのあし」 「The Judge's Feet」
「つきのでんちゅう」 「The Moon's Lamppost」
「ヤワラカイこうら」 「Soft Shell」
「やっぱりねむいね……」 「So Sleepy」
「みぢかいふとん」 「The Short Futon」
「アボカドソング」 「Avocado Song」
「ハエおとこ」 「Mr. Fly」
「きのうのコトバ」 「Yesterday's Words」
「おつかい」 「The Errand」
「きみとクツ」 「You and Your Shoes」
「エーテルおじさんとプラナリア」 「Mr. Ether & Planaria」

続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | 更新情報をチェックする