2016年09月25日

生活記録

明日までに提出のレポート課題と金曜までに提出のレポート課題×2を抱えてテンパり中。うひーこりゃおちおちゲームを買ってる暇もやってる暇もありゃしないぞー。どうしてくれやがるんだ。
そういえば夏休みにバイトしてたところでの世間話で大学生活の話したら「社畜みたいな生活してますね」って言われた。
_____

すっかり忘れていたが先週「赤い刀」をプレイしたんだった。それを今になって思いだす俺も俺だけど。
http://www.cave.co.jp/gameonline/akaikatana/

もう言わずもがなのケイブのSTG。実は初めてのプレイだったんだけど個人的にはピンと来なかった。良くできたゲームだとは思うんだがどうもバランスとテンポが合わない。
ケイブらしいハッタリを効かせたかのような演出は良く出来ているとは思うんだが、横STGなのにもろに縦STG的な作りがどうも馴染めん。でもこれはプロギアでもデスマでも感じたことだからケイブの作風と見逃しても良いしSTGとしては地形ありまくりってわけでも無く初心者に優しい作りとも言えるが、そもそも横で弾幕自体が相当やりにくいからなあ。それと新システム搭載もいいんだがプロギアと対してプレイ感覚に変化があんま無いのもなんだかいかんような気がする。これをやるならプロギアでも…と思ってしまった。
その場その場のパズルを解くってわけでも無く単純なガチ弾避けバトルなのがダメというわけではないが、それにはプロギアの嵐の存在が大きすぎたか。別に壊滅的にダメってわけでも無くSTGとしてはかなり面白いんだけどケイブならもっと上手くやれるような気もする。真は一回くらいはやったことがあると思うんだが記憶が飛んでいるあたりあんま記憶に残った作品じゃなかったんだろうなあ。そもそも俺自身がケイブに思い入れが強いってわけでも無く、大往生とケツイと弾銃フィーバロンが好きってだけだしなあ。黒復活は大ハマりしたんだがそれは矢川神の仕業とも考えられるし……
_____

輸入版はリージョン問題さえ解決すれば日本で遊んでも何の問題もないのだが、DL版ではそうもいかないというのが現状。海外アカウント作ってエセ外人になることをどう捉えるか、ってとこだよなあ。なーんでTxKはDL専売なんだよー。つーか日本でも出さないソニーはやっぱ馬……いやこれは結構ややこしい問題だからソニーを攻めるのは止めよう。にしてもTxKがやりたいなあ。どうすればいいんだろう。本体を買っても遊べないとか飼い殺しだぜクソッタレが。PS3かVITATVかどっち買うか、考えをまとめた方が良さそうだな。この話何度したことだろう。
_____

火の鳥太陽編の上編のみ読み終わった。
面白さは相変わらずだが今のところ火の鳥がまるで出てこないのが気にかかる。そんなもんかのう。設定自体はおもろいんだが鳳凰編と既視感があるのが……。まあ残りの中下でどう巻き返すか、ってところか。そういえばこれが火の鳥で一番長い話なのか。個人的には短い話のが好きなんだけどなー。
そういえばクレヨンしんちゃんのまつざか先生編も読み終えたんだよ。今まで読むのを避けていたんだけど、どうなんだろうねアレは。あまりにも重すぎるが、それでも一つのエピソードが終わって良かったのかなんというか。まつざか先生は弱くも強い素敵な女性だ。
_____

そういえばゼルダの30周年記念盤は今週出るんだったか。買っておこう。でもこういう選り抜きベスト版ってあんま好きじゃねーんだよなー。どうせなら全曲収録のBOX仕様でも良いのに。なら10万出すことになろうが俺は買うんだが……。まあそれはさておきタルタル山脈だ。あれを継続的に聴ける環境を作らずに死ぬわけにはいかん。ついでにタルタル鉱山も音源化してくれねーなーあ(これはSDK2)。あーうーあー。
_____

どうにか来週までにはアビスをクリアしたいなあ……

posted by グレイ at 20:41| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

てけてけアスミッくんワールドクリア…ならぬ完全クリア!

大学の課題をやりに出かけたはずが古本屋で哭きの竜を読んだりしているうちに一日が終わっているような、煤けた日々。時の刻みは―――――俺にだけある……ッ!
_____

そんなてけてけした日々を過ごしていたら、てけてけアスミッくんワールドをクリアしてしまった。
これは素晴らしい傑作だ!GBの最初期の怪作にして傑作と呼ぶのにふさわしい。平安京エイリアンを独自の邪念を入れ込むことにより昇華させ奥深い内容とさせた物凄い作品だ。やればやるほどにその味が出てくる。こういった作品こそが隠れた良作と名付けられるに相応しいだろう。
……と言い切っていいかが非常に微妙なのが今作の特徴なのかなあ。俺は大ハマりして表のエンディングのみならず真のエンディングまで拝んでしまったほどやり込んだんだけど、普通の人ならステージ2でその意味不明さにあきれ果ててブン投げるような気がしてならない。面白さはしっかりと保持しているのだが、それを表現するのが壊滅的に下手だったゲーム、と言うのが正しくもある。だからこそ中古価格があんなので世間的評価もあんな感じなのだろう。それでいて2周しないと真のエンディング見れない仕様は……
やり込めば非常にアツい内容ではあるんだが俺自身にそれを伝える表現を持ち合わせていないのもなあ。このゲームについて説明しようにも目に見えてダメダメな部分はすげえ多いのだが肝心の面白いさについては目に見えないし俺が妄信しているだけって可能性すらある。それに俺は難易度を気にしない人間だからいいけど多くの人は40回も50回もぶっ殺されるような難易度のボス戦なんてやりたくはないんじゃないかなあ。うーむ。どうにかこのゲームが面白いことを知ってもらいたいところではあるんだけどなー。暇ができた時にでも紹介記事でも書いた方がいいんだろうか。
ちなみに今作の2周目はかなり斬新。1周目でラスボスを倒すと「あんさん塔を上ってきたけど降りなアキマヘンガナ!(意訳)」と英語で言われ引き返す羽目になる。このゲームは全33面なのだが、1~32と昇ってきたのに対して32~1と言う形で2周目が始まる。同じステージでも開始位置が違うだけでまた異なった感触が楽しめるという中々に面白い周回プレイの形を世界観の破綻なく組み立てた好例だろう。ちなみにただでさえ強かったボスは超強化を遂げ帰ってくるので折れない心が必要だ!俺はボス戦総計で100機くらい失ってるかも分からんぞ!これだけ死んではいるが理不尽さはあまり感じなかった。のはハメ殺しが可能だからかねー。逆にハメ殺しが無ければクソ一直線の危ういバランスだが……
_____

実はアスミッくんワールドだけでなく特攻空母ベルーガにも大ハマり中。こっちは普通に超良作やね。これほど完璧でかつ斬新なゲームも珍しいというかなんというか。後で大本になったPC-6001版もダウンロードしておこう。あんまパソコンでゲームするの好きじゃないけどこれは傑作だしな。ムラサキと並んで大当たり引いた感があるぜ。今年はゲーム運強し。
_____

こうしてゲームを次々とクリアしていくと積みゲーが減ってる感があって非常に良し。毎度毎度大量買いしてるけどこうしてちゃんとクリアできるなら積みゲーも次第に減るってもんだ。
が、2本クリアした(アスミッくんワールド、カービィのブロックボール)直後に2本ゲームを買ってくるあたり頭にバグが発生しているように思えてならない。買ってきたのはセガサターン版EVEととっとこハム太郎ナゾナゾQ 雲の上の?城。どっちも欲しかったからいいんだけどー。
とりあえず次に3DSでやるのはこれにしようかな。いつまでも引ク落ツの取扱説明書ばっか見てる場合じゃないぜ。
_____

・サクセス、2016年5月期は8800万円の最終赤字…『官報』で判明
http://gamebiz.jp/?p=169533

むしろ「前の期は、2億5900万円の赤字だった」の方が痛々しい。サクセスぅ……
サイヴァリアでもダメならコットンを出すしかないわめ!VRでパノラマコットン!飛び出す湯呑!ってコットンなんて今更出されてもみんな忘れてるか……


posted by グレイ at 20:48| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

生活記録

今日も元気にバトルガレッガやりまくり!なんて感じだったのだが右腕に鈍い痛みと痙攣が発症したのでやむなく離脱。こんなジジ臭い理由でゲームを中断しなくてはいけないなんて……
_____

ファミ通に載っていたM2インタビューの完全版が出てたよ。

・気鋭の開発スタジオが満を持してパブリッシャー参入! エムツーが仕掛ける“エムツー ショット トリガーズ”という新たな挑戦【インタビュー】
http://www.famitsu.com/news/201609/23116444.html

実は今まで知らなかったのだがメガドラ版ガントレットってここだったのか(販売はテンゲン)!!そしてREVOLTERのゲームデザイナーも登場!?このインタビューは資料的価値がありありだぜ……。ファミ通とは思えんな。REVOLTERは知ってる人は知ってると思うけど、崎元氏のデビュー作でテルプシコラの音色が美しいんだよね。
後半には初見の並木さんのインタビューが。ガレッガに対するアツい思いが読み取れるぜ!あと自ら過去に作った音楽に立ち向かう感じがガレッガのストーリーっぽかった。
_____

・『アトミックロボキッド』がPS4向け“アーケードアーカイブス”にて9月29日より配信決定
http://www.famitsu.com/news/201609/23116645.html

うおおおおお!!!UPLの魂にして孤独ゲーの権化「アトミックロボキッド」が遂に登場だゼッゼッゼ!うおおおおお(うるさい
俺はアーケード版を軽くやっただけでどこかでじっくりやりたいと思ってたから配信は嬉しい限りだなあ。早くPS4買わないとなあ。
_____

・国内メーカーのPSVR対応は遅れ気味?最近の学生はスマホゲームメーカーしか知らない?他ゲーム情報色々
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48508397.html

最近の学生はコンシューマーゲームメーカーを知っておらず、
出てくる名前はスマホゲーム会社ばかり。PS4を持っている人は全体の1割も満たしておらず、
さらには「ドラゴンクエスト」、「ファイナルファンタジー」を知らない人もいるそうです。

な…なにーッ!ソンナバカナ。俺も一応大学生だから最近の学生に入るはずだが、スマホ会社なんてほとんど知らないぜ。名が出てくるところでサイゲームス、コロプラ、DeNA、グリーくらいか。うーむなんというか名の知れたところしかないな。オニオンゲームスはスマホメーカーとしては挙げたくないし……
専門学校と大学へ行っている、ということはゲームが好きだったり興味がある人が集まりゆくゆくはゲームクリエイターに、みたいな人が多いのだろうがこの現状はなあ。なんか悲しいぜ。怒り新党で似たようなテーマの話を見たが、時代がそうなっているのかなあ。ちょっと前後するけど、ファミ通の若手クリエイターインタビューも鯨岡さん(キンハーとDFFの人)しか知らなかったんだよ。みんな最近の人も知っているのかな。
……となると昔のゲームばっかりやってる俺はおかしいってことか?というか21歳でギャラガに没頭したり平安京エイリアンがどうのこうのとか井内ひろしがどうこうと言ってる時点でおかしいといえばおかしいんだーけーどー。ゲームの世界でも社会不全。社会復帰はいつなのか。

全然関係ないけど俺の大学にも来ないかな。
_____

ファミ通の完走乾燥換装、じゃなくて感想(前口上で書くことがなくなってきた)

・PS盛田さんインタビュー
気合の入ったことを言っていたような気がするがむしろ重要なのは今後の展開か?手応えがあるからこそ、その先が重要と述べていたが、どうなるか注目か。

・TGS2016
最速レポートとか言っておきながら最速でも何でもないのが泣かせるぜファミ通ぅ……。紙媒体は辛いよな。
記事を確認してTGSの情報を整理。そしてソニーブースへ行くのをすっかり忘れていたぜ……。どうやらRezの心の痛みが想像以上に大きかったらしい。

・ダウンロードタイトルTOP10
…はどうでもよくて、Fenix Furiaってゲームがすっげー面白そうだった。PS4のタイトルだとこりゃチェックだな。

・マフィアⅢ
今まであんまり気にしていなかったが、記事を熟読してみるとその圧倒的な暴力性に酔いしれてしまった。うーん暴力ってステキー。ここまで過剰だと面白そうだねー。まあどうあがいても現時点でプレイは出来んのだが……

・FFRK
む、サントラ出てたのか。買っておこう。

・無慈悲
確かに今週の無慈悲で語られている「ゲームデジャヴ」なる状況はある。でもその具体例が俺は思いだせないんだよなあ。これも老化の始まりか…?

・次世代を担うクリエイター特集
先述した通り鯨岡氏しか知らなかった俺は韜晦でもしていた方がいいのだろう。
ということはさておきゲーム業界って新陳代謝がすげえ悪いのか?ゲーム音楽界は新陳代謝が悪い、と言うよりも昔からやっている人が今でもやっているという感じなのだが、ゲーム面でも同じなのかもしれん。かくいう俺だって井内ひろしがどうのこうの、河津神がどうのこうの、有働さんがどうのこうのと言ってるからなあ。若い人にはその固定観念をぶち壊してくれるよう頑張ってもらいたい、が、そうするとインディー系のが個人的には期待しちゃうんだよねー……
とりあえず好きなゲームで「レイディアントシルバーガン」を挙げていた溝上氏のことは気にしておこう。夜廻りはまだ買ってないが気になるし。俺が本当に気になるのは古谷Dの方なんだけどなー。

・サンムーン
タイプ:ヌルの情報が載っていたがこりゃあ新タイプでも何でもなくむしろMOTHER3の合成生物に近い何かを感じるね。先祖返りってことかな(ポケモンはMOTHERをオマージュしている)。
Xにはがっかりさせられたので個人的にはポケモンらしさに拘らず色々なものをぶっ壊しているサンムーンは結構期待しているんだけど、どうなることやら。誰にも定義出来ないポケモンらしさに拘って自滅するくらいなら全く新しいアプローチから作っていってほしいところだ。

・伊集院コラム
ポケモンGoの相棒システムへの言及がすげえ面白かった。クサイハナを連れて行き体臭をクサイハナのせいにするとは!その手があったか!みたいな感じだな。やっぱりこの人のコラムは面白いぜ。
_____

立ち読みした「現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から」が面白かったから今度買ってこよう。

posted by グレイ at 22:10| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

時代は今… ブロックボールクリア てけてけってどういう意味なのか分かんないね

時代は基本無料ゲームなんだよ。もはやバカ真面目に金を払ってゲームをする時代は終わりを告げた。これだけの人が無料のゲームをぺちぺちとプレイしていることからずーーっと目を背けていたが、もう止めよう。時代を受け入れよう。基本無料だけが心を解放してくれるんだ。
……ということで「龍が如く0 基本無料アプリ for PlayStation® Vita」を540円払って買ってきた。上で言っていたことと何もかも矛盾している上に想像しているものとは果てしなくかけ離れていることへの舌打ちが聞こえてくるようで恐縮です。いやーやっぱりゲームはお金を払ってやるものだよねー。遊ばせてもらうことへの対価を払わないと不安で不安で仕方ないよ。基本無料なんてやってられるか(と言ってる割にはポケGoPLUS買い忘れてるんだが)。
で、何故こんなゲームを買ったかと言うと、それは俺が龍が如くファンだから……なんていうすぐばれる大嘘はさておき、龍が如くに興味が全くない自分が今更何故これを買うに至ったか、それは無料だから……では無くて「SF特攻空母ベルーガ(16ビット版)」がやりたかったからだ。

・SF特攻空母ベルーガ(16ビット版)参考資料
http://mtwo.co.jp/beluga/

「特攻空母ベルーガ」とは、21世紀もたけなわの2007年に突如としてあらわれた伝説的横スクロールシューティングゲームである。

1980年代NECのホビーパソコンである「PC-6001」から生まれたレトロゲーム的な映像デザインと欧州のコンピュータ文化を思わせるサウンド作り、そしてショット・レーザー・対空ミサイル・対地ミサイル・ボム・アームパンチと6種類もの武器をたった1つのボタンで制御できる画期的な操作システムは、先鋭的ゲームファンたちの間でまたたく間に人気を博し、ひとつの「事件」としていまだ語り継がれている。

このPC-6001版を16bit化した「SF特攻空母ベルーガ16ビット版」は、映像、サウンド、UFOの恐怖、すべてにおいてパワーアップした至高のSF作品である!

これで大体どんなゲームかはお分かりいただけただろう。マニアの間ではかなり話題になっていたと思うのだが、最近Windows版が出たのを知って存在を思い出したんだよね。ということで大慌てでVitaに落とした次第である。
ゲーム自体は泥臭くもアツい懐かしのSTGということでまさしく自分が期待していたものであった。ゲームバランスもアケSTGみたく地獄の一丁目みたいな難易度ではないが、死ぬときは死ぬ歯ごたえのあるものになっている。システムも革新的で破綻を感じない。そして何より爆散演出の凝りようが物凄い。これを見るためだけにこのゲームを買う価値はあると言っていい。ボス撃破時の爆発のあの様はあまりにも凄すぎる。難易度の高さに苦戦して未だ真のエンディングは拝めていないのだが、それでもVitaで12を争うSTGだと言い切って良い。540円出して買う価値はあるだろう。
_____

カービィのブロックボールをとりあえずクリアしたよ。とりあえずって言ってるのは真エンドじゃないってことね。どうやらボーダー制度を採用しているようで、各ステージごとにボーダーを上回る得点をはじき出さないと真のエンディングは見れないらしい。うわーマジカヨ!なんか万人向けのカービィって感じよりもトーセっぽさを感じるヨ!
で、ブロック崩しがあんま上手くない自分としてはここらでいったん離脱することにした。プレイ時間は3時間弱なのでまだ煮詰めれば真エンドにはたどり着くとも思うんだが、そこまで腕もないしブロック崩し大大大好き人間ってわけでもないからなあ。ゲームとしてはホントに欠点が出てこない良作って感じで面白いんだけどねえ。あんま肯定的な意見書いてないような気もするけど、でもホント面白いんすよ。
全然関係ないがリザルト画面でボーダーを越えるか超えないかの結果が出て越えてなかったとき「あーボーダーダウン!」ってぼそぼそ言いながらゲームしてる自分は客観的に見て相当にヤバいやつな気がしてきた。
_____

てけてけ!アスミッくんワールドを始めてみる。現在は3体のボスをぶち殺しステージ25以降を攻略中。ほほう。ふーむ。
開始10分の間では「これはとんでもない一本糞だ!ネタになるかもと思ったけどこんなゲーム買うんじゃなかった!アスミックを信じた俺が馬鹿だった!」と思い身投げしたくなるほどだったがルールが分かると滅茶苦茶面白いねコレ。GBのアクションゲームの中ではかなりの上位に入るよ。
どんなゲームかってと、平安京エイリアンの如く穴を掘り敵を生き埋めにしながらドルアーガの塔をやるってのが一番分かりやすいかな。その二つ知らないとちんぷんかんぷんになると思われるが、ようは制限時間内にカギを見つけて塔を上るゲーム。敵への対処が穴掘り穴埋め。
自機である我らがヒーローアスミッくんの動きは最悪なまでに遅く穴掘りのスピードも遅く爽快感なんてのはまるでない上に地面に埋まったカギの場所がノーヒントとハッキリ言って理不尽そのものなデザインになっていることが特徴で、これが原因でプレイ直後はアクションゲームとしてはヒドイクソゲーに見える。しかし「カギの初期配置はほぼ固定」「アイテムの使いこなし」「パターン把握とパズル解法」によって道が開ける。一見理不尽なそのデザインだが敵の動きも緩めで先読みで穴を掘りそこへ誘導することによる対処が可能であり、うねるようなそのステージ構造もそれを意識して作られている。さらに重要なのはアイテムの使いこなしだろう。実はアイテムを手に入れても使い方が分からなかったのでネットで情報を模索した(説明書が無かったし…)ところ、アイテムをしっかり使うことで理不尽さは全くなくむしろ奥深いゲーム性を醸し出している。例えばコンパスはカギがどの辺にあるかを指示してくれるし、レーダーはアイテムの位置をアバウトに教えてくれる。これらを基にしてカギを探すことがゲームの肝だ。これらのアイテムは地面に埋まっていたり敵が持っていたりで敵を生き埋めにしていくうちに取得が可能。更に不慮の事故や誘導ミスであの世に旅立ったとしても、カギの初期配置位置は固定なので敵に取られない間はやることが明確になる。アクションゲームと言うよりはむしろ戦略パズルゲームに近い内容だが、かなりハマってしまった。難易度は異様に高いがパスワードもあるし不可能ではない。じっくり挑めば必ずてけてけアスミッくんワールドは応えてくれる。中々の傑作だよ。この面白さはてけてけなんてもんじゃない。
それだけに面白さは持ってるのにそれを形付ける部分が壊死していることには涙を誘うね……。ハッキリ言って色々な要素に気付かないうちはクソゲーとしか言いようがないよ。そして気付いたとしても「リアルタイムパズルのようなゲームが好き」でなければ「ホントにこれ面白いと言っていいの?」と言いたくなるようなものだから……。俺は確かなゲーム技術を求められるゲームよりこういったパズル解法を要求されるゲームの方が好みだからかなり今作は面白いと思っているんだが、世間的にもどうやら意見は大割れしているようだ。このゲームを良しとする声と、核地雷級のクソを忌み嫌う声とで。そして中古価格がそれを指し示している、と言っても過言じゃないだろう(ちなみに自分は100円で買った)。ああアスミックに栄光あれ。

どうでもいい余談その1
「この面白さはてけてけなんてもんじゃない」という言葉はこのゲームのキャッチコピーかなんかなんだろうか。このゲームの情報を探した時によく見かけたんだが……。つーかてけてけって何?

どうでもいい余談その2
調べて知ったのだが今作はなんとサントラが出ているらしいぞ。ちなみに今作の音楽面は言わずもがなの全曲ALL名曲仕様だ。しかし数あるゲームからなぜこれのサントラ化が行われたのか。ああアスミックに栄光あれ。

どうでもいい余談その3
今作の正しいタイトルは一体なんなんだろうか。タイトル画面で表示されるのは「てけ!てけ!アスミッくんワールド」なのだがパッケージには「てけてけ!アスミッくんワールド」と記載されている。色々なものがぶれているぜ。ああアスミックに幸あれ。
_____

やはりと言うべきかなんというべきか。テイルズオブジアビスは終盤でも何でもなかったようだぜド畜生が。今更裏切りが発覚とか死人が出るとかそんなものはもう要らん。まだまだ事態はややこしくなるらしいぜ。かれこれ34時間に差し掛かろうとしてるぜ。体感のプレイ時間はそれ以上。テイルズのプレイ時間とは思えないぜっぜっぜ。あーうーあー。一体いつになったら終わるんだこれ……。難易度が低いことがせめてもの救いか。
_____

暇ができたら積みっ放しにしているアドベンチャーゲームでもやろう。
posted by グレイ at 20:14| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

背中の煤けたリーマンカービィ

背中の煤けたリーマンがプレイするSTGと言えば雷電の名を挙げる人が多いだろう。特に同Ⅱのリーマンレーザーは多くのリーマンを引き付けリーマンのためのSTGというその評価を確固たるものにしたというのは揺るぎない事実。リーマンゲーとしてはあまりにも有名だ。
では背中の煤けたリーマンがプレイするゲームに枠を広めたらどうなるだろうか。これはもうアルカノイドの名を挙げるしかない。シンプルなデザインに無機質な音の響きに魅了されたリーマンの数は数知れず。あの大山のぶ代嬢をして「アルカノイドは人生を教えてくれる」とすら言わしめた世紀のブロック崩しゲームの大傑作だ(別にのぶ代さんはリーマンでも何でもないが……)
で、話は現代に戻る。カービィのブロックボールをプレイしてみた。2時間ほどプレイした現在は6面。これといった不満もない良作なんだけど、カービィ好きのゲームとも言い難いのかなあ、みたいな感じで悩み中。ブロック崩しゲーム自体がどうも背中の煤けたリーマンがやるもの、と言った観念が自分の頭にあるのかカービィが好きな人が遊んで楽しめるのかがちょいと微妙な感じ。カービィと言えば万人向けのゲームではあり、今作にもその配慮をしっかりやってるとは思うんだが、コピー能力を取った後で死んだらステージが一気に難しくなる(早い話ノーミス前提)のはいかがなもんかとも思えるが。でもそうでもしないとただのブロック崩しの枠を出ないのか。トーセが開発担当だからかどうにも分かりやすい面白さが正面から伝わってこない感がある。HAL研のゲームとはテイストが違う感じか。同じくカービィ地味ゲーの中ではきらきらきっずもあったがあっちは挟んで消すという分かりやすいルールと練り込まれたパズルバランスがあったがこちらはカービィの力をもってしてもブロック崩しはブロック崩しでしかないという印象を受ける。もっとコピー能力出しまくって大暴れしても良かったんじゃないのかなー。悪くは全然ないんだけどちょっとおとなしすぎる印象があるよ。どうにも背中の煤けた人向けだ。
で、21でありながら最新ゲームについていけずギャラガをプレイしてご満悦な背中の煤けまくった自分にとってはかなり面白いゲームだと思っちゃったんですけどいかがな感じですかね。見てくれは非常に地味で淡白だが極めて良質な音楽に合わせてパワーショット打ち込み(バーをジャストタイミングで弾く(Aを押す)と強ショットに変わりブロックをズゴゴと壊せたりする)なんかをやってるとズブズブとその面白さにハマっていくんだけど。細かいところ(敵グラフィック周りとか)なんかは異様にこだわってるし、地味な点はブロック崩しはそういうもんって思えば納得できちゃうしで不満が無いって言う結構珍しいゲームだと思うんだけど。小さくまとまりすぎちゃってる印象はあるけど、携帯機のゲームとしてはかなり完璧なゲームだと思った。VCあたりで仕込んでおきたいゲームだねー。カービィのピンボール同様暇な時にダラダラやるのに向いているような気がする。特に音楽良いし(そればっかじゃねえか
_____

明日は祝日でどうやら大学もないらしい……が……なーんか騙されているような気も……。この大学は祝日にお構いなしに授業をぶち込んでくるからこそ授業が無いと言われても「なんかシステムにバグでも起きたんじゃねえのか?」という不安が抜けない。ううう、ホントに休んでいいのかな。休みだから気合でゲームを進めておくか……
_____

・VRの新たな可能性を提示する『Rez Infinite』“Area X”
http://www.famitsu.com/news/201609/21116579.html

本旨とはずれるけどチャイルド オブ エデンってキネクト専用だと思ってたけど対応してるだけなのね。つーことはとっとと買い、って話か。うーんでもなんかキネクトでやった方が面白そうでもあるよなー。

記事の中身はTGSで俺の前で整理券が切れた(まだ根に持ってる)Rez Infiniteの体験レポのようなものだろう。こんなのゲームじゃねえ(意訳)と言う言葉にはまさしく新世代のゲームが来た!という感じなのだろうか。間違ってもLSDを思い出したなんてのは言っちゃいけない。
それよりもコメント欄の「実際に体験してみないと伝わらない部分が多々あるから、これまで以上に記者の表現力が求められる」と言う言葉に中々ハッとさせられた。そうだよなあ。難しくなるよなぁ。VR自体は面白いのだけどそれを伝える術が中々ねえ……。いつしか星新一の快楽発生装置の話で読んだ「気持ちの良い空間で良い音楽流して美女と抱き合ってる快楽を何十倍にも強めたような感じ」みたいな表現(うろ覚え)が必要とされるのだろうか。うーんゲームライターさんには苦しい時代になってしまうのか、だからこそゲームライターの存在が重要になるのか、いろんな意味で注目だな。
_____

中古屋で売っていたDSのおでんくんを買おうか買わないか悩んでいた日が二日続いたがその二日とも晩飯がおでんだった。俺は呪われているのだろうか……
_____

・気まぐれゲーム雑記 第1064回:サイバーコネクトツーの松山洋氏がTGSのメーカー衣装に問題提起している件
http://dokuzen.com/column/series/tgs-costume-cc2-problem-presentation.php

おお!俺が思ってたことをこうして業界の人がスパッと言ってくれると嬉しいものがあるねー。間違いなく正論だねーと思ってしまった。美女なんていらないんだ!とまでは言わないが撮影のために通路が通りにくくなるのは間抜けの一言だよなあ。撮るなら休憩中のところを撮ってほしいもんだよ。ちょっと前にも書いたけど。
_____

早くバイト代が振り込まれないかなあ。ミッドウェイアーケードオリジンズを買おうか悩んでいるのに現在の所持金がお釈迦な状況で決断に踏み切れないよ。

posted by グレイ at 21:06| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

生活記録

雨がしとしとと降り続き台風も近づく中ギャラガなんてのを遊んでるみなさんいかがお過ごしでしょうカ、ってか何をやってるんだ俺は。さっさと家に帰れ。
_____

頭の中でのゲーム音楽の引き出しが尽きかけそうだったので最近あんまり聴いてないけど昔聴いて記憶に残ってるものを引っ張り出してきたり。自分が継続的に聴いているものはZUNTATAレア社サンソフトSTGの何かくらいでそれ以外は極めて適当に選択して聴いたりしているのだが、やはり昔良いと思ったものは今聴いてもなお良いと思えるもんだなーとしみじみ。ちなみに引っ張り出してきた引き出しはカービィのブロックボール。いつ聴いたかは定かではない(たぶん小6~中学)が、その時点でも「音楽がHAL研っぽくないね」と思っていたのだが、この度トーセが担当としれて良かった。それにしてもステージ5はいつ聴いてもいい曲やね。
_____

ゲーム音楽カルタ、なる試みは本当に面白そうだなーと思った。

※ゲーム音楽カルタ参考資料
http://trinote.info/trinote/863/
http://nijiiroleina.blog49.fc2.com/blog-entry-2407.html

かんたんに言えばイントロクイズみたいなものだが、そこにカルタの要素が交わることでこれ以上に無い面白さ&名曲の発見再確認になるあたりが特に素晴らしいと思った。
縛りを加えるとなお白熱するあたりも凄く面白いと。タイトー縛りで「む!このイントロはレイフォースのG!」「ははは甘いな!それはレイヤーセクションだ!」みたいな光景がみられることも!あったりなかったりするのかも!というかその例だと細かすぎて誰もついていけない気がするな……
個人的な意見だとファン層が広いところだと色々と面白いんじゃないかなーと思った。タイトー(ZUNTATA全盛期からの人と現在のダラバーグルコース辺りから入ったタイトーファンとで持ちうる知識量が違う気がする)とファルコム(同じくパソゲー全盛期と軌跡後とで)とかでやったりすると面白いんじゃないかなーと思った。互いに名曲を再認識したり新たな名曲を発見出来たりで。

とりあえずベアナックルビューポイントリッジF/Aオペレーションラグナロク烈火ライデンファイターズあたりで踊り狂う90年代ゲーム音楽デステクノカルタがあったら参加表明しておこう(恐ろしく疲れそうなカルタだな……
_____

そういえば上でカービィのブロックボールがどうのこうのと言っていたけど実はプレイしたことがなかったんだ、ということでハードオフに特攻してさっそく仕入れてきた。雨の日に何やってるんだか俺は。
しかし目的のブロックボールはしっかり手に入れたけど、そのついでに6本もゲームを買ってくるあたりもはや脳に何らかの欠陥でもあるんじゃないかという気分になる。一応買ってきたゲームの中には女神異聞録ペルソナだったりヨッシーのたまごだったりまっとうなゲームもあることはあるのだが、今更てけ!てけ!アスミッくんワールドとか狂気の万華鏡ことBABY UNIVERSEとか存在すら認知していなかったククロセアトロ(発売はサンソフト)と匠コーポレーションの名に惹かれて買ったお天気ころりんとかを買ってきたのは……。ホントにやる気あるのかな俺。
一応アスミッくんワールド辺りは興味があったので後悔はしていない。というより皆さんアスミッくんはご存知?知らないとは言わせないぜ!あのアスミックを代表するマスコットキャラクターのアスミッくんを!!と言ってる本人は全然知らんのだけど。でもアスミックだしそれなりのゲームではあるんだろうなあ。それなりの会社だし。アスミックは一応気にしてる会社だし。アスミッくんとは何も関係ないが、俺とアスミックとの絆をつなぐソフトがLSDただ一つという現実をワゴン前で回想してなんだか韜晦したい気分になった。ドカポンとか、だったらまだよかったんだけどなあ。
それにしてもお天気ころりんはとてもじゃないがあのナイトレイドを出したタクミのゲームとは思えんな……と思ったがもしかして東亜プランが出したお天気パラダイスと何らかの相関性でもあったりするのかな。実は東亜プランはSTGは知っているもののこの手のゲームは疎くてね……。スノーブラザーズと関係したゲームと言うことは聞いたことがあるが、ゲーム内容は関係なさそうだな(タクミの方は見た目パネポンみたいなパズルゲームだった)。
_____

どうやら終盤だと思い込んでいたテイルズオブジアビスだが終盤でも何でもなかったことが発覚。ソンナバカナ。まだあるの?長いことはボリュームがあって良しとしたいところではあるが、そうなるのは決まってゲーム部分が面白ければ、って条件付きだからなあ……。正直しんどいよ。
シナリオ自体はテイルズの中でも屈指の出来であり興味自体は持続しているからこそブン投げていないのだがどうにもこうにも肝心の戦闘が……フィールドマップが……ロードが……シナリオは良いのにその魅せ方が……といった具合にメリメリとやる気を奪われている始末なのだが、それでも今度こそ終盤だよな?そうであってほしいところだが。もうドラマは、要らない。欲しいのはエンディングだけ。
しかしおかしいな。D2チームとSチームでこんなに作風って変わるもんなのか?こりゃその思想の源流を探るためにもシンフォニア買った方がいいんだろうか。正直アビスのゲームのテンポの後で似たようなテンポかどうかを確かめに行くのもしんどくはあるが……
_____

日清ラ王 ARボイスドラマ『お湯5分、食べる3分 マジで恋する8分間』に動画制作協力しました。一緒に待とう!一緒にすすろう!
http://www.rao.jp/majikoi8/
https://twitter.com/M2_game/status/778069075100446721

なんじゃあこりゃあ。M2が攻勢をかけているのか迷走しているのか。ガレッガやテクノソフト版権取得で盛り上がる傍ら二次元美少女の胸を揉む技術と謎めいたものの制作を担当する。M2の明日が見えなくて不安になるような気がするぜ……。ともかくガレッガを買わせてもらおう。
_____

では、買ったゲームの動作確認でもやってきます(やるとは言っていない)。とりあえずカービィのブロックボールから始めるとしますかね……。Vitaと3DSで新たにやるゲームも決めんといかんなー。

posted by グレイ at 21:36| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする