2016年09月15日

生活記録

特にどうということも無いような日常。TGS2016の情報を調べていたらM2がガレッガ制作の裏で狂った技術(大体分かると思うけどアレよ)を披露していて乾いた笑いと感嘆の声を上げたりしていたら一日が終了している。うっへーって感じ。それにしても大学始まるとゲームが出来ないなあ。ゲーセンには気軽に行けるようになったのは大きいけど。
それはさておき、TGSでグレフがなんか出すみたいな情報を入手した。これは行っておくべきなのか……?そもそも何か出すものあるのか?と言うレベルで何も思い浮かばんが。センコロVitaとか?それ以前にグレフは好きだけどグレフSTGとはどうも相性が悪いような気がするんだよな……。Gダライアスもメタルブラックも俺の中では多大な影響を与えているのに何でだろうねー。
ケイブのTwitter経由だが詳細情報を手に入れたので一応リンク(なんでケイブで引っかかったんだか…)。
http://otakumode.com/now/tgs2016
全部英語であんまハッキリわからんかったが、とりあえずケイブタイトーグレフが絡んで弾幕STG地獄への片道切符的な特集を世界向けに発信するらしいね。「Release Announcement: A Treat for Bullet Hell Game Lovers Around the World!」ってことは。どうなることやら。おそらくSteam絡みの予感がするが、ひょっとするとコンシューマかも分からん。はたしてどうなることやら。
_____

ショックガーンの影響でしんちゃんが読みたくなったので買ってくる。過去に持ってた記憶のあるまたずれ荘編を買ってくるあたり脳にバグが発生してそう。でも、良いんだ…!俺はオマタさんや四郎くん、スーザン小雪や優ちゃんに再会したかったんだから…!
で、颯爽と読んでみたけどやっぱりクレヨンしんちゃんは面白いぜ!こんなに読んでて心が晴れやかになる漫画もそうそうない。いやー買ってよかった。この巻買うの3回目な気がするけど(買ったはいいがなくすor旅先で置いてくる悪癖がある)
ついでにいずれ買いたかったけど買えないでズルズルと引き延ばされていた火の鳥太陽編も買ってくる。読むのはまた今度になると思うけどこれも楽しみ。
_____

散財が止まらない。ブックオフに寄ってみたら「ミスティックアークまぼろし劇場」なんてものが売ってるからこんなの即買うしかないだろ!と思い買いに走ったのは良いよ。100円だったし。
でもそのついでに「ICO」「名探偵エヴァンゲリオン」「12RIVEN」「ever17」まで買ってくるのは流石に何かがおかしいと思う。ああああああ、なんで買っちまったんだろうなー。いや買うこと自体はどうしようもないゲーム(原作途中までしか見てないのに買った名探偵エヴァンゲリオンとか持っているのに買ったever17)を除けば良いはずだ。問題なのはプレイする時間もないということ。これでまた積みゲーが増えてしまった。ああやっちった。しばらくは節制して新ハードでも買おうと思っていたのに。俺はもう中古屋に入るべきではないのだろうか?
_____

今日のガレッガメモ。
自殺を繰り返しランク大減少でブラックハート様の御尊顔を拝むも次のエクステンドまで残り9万ちょいで無念の負けを味わう。ぬわーッ!これ絶対エクステンドで残機増えて死んでランク下がって勝てたはずなのにー!悔やんでも悔やみきれないがそもそも超速ワインダー攻撃の避け方が分からずボムに頼ってるって時点でダメなんだけどなー。なんだか倒せそうな予感もあるんだーけーどー。
_____

某所にて気になる話題を発見した。ので自分の脳味噌の整理でもしようかと思った。
とりあえず自分の立場的にこれを語る資格は一切皆無(フリーゲームほとんどやらない&時代がWWAで止まってる)な上にあんまり蒸し返す話題でもない(反論に極論が多くて筆者さんがくたびれていた)が、自分の脳の中の整理という名目で、書いちゃう。

・プレイヤーさんをイライラさせる8のポイント
http://ktnhmv.jugem.jp/?eid=76

記事の中身は確かに納得もいく話ではある。しかし、イライラしているときは同時にゲームを楽しんでいる時でもあると思う。ストレスがあるからこそそこからの解放が気持ち良かったりするもんだとも思うし要はその塩梅が重要である、ということだ。自分はストレスのないRPGよりも試行錯誤したりするRPGや自由度の高いRPG方が面白いと思ってはいるが、その辺は好みの問題でもあるだろう。
それを言い出したらRPGのジャンル自体が相当あやふやなものだからなあ。俺は普通のDQみたいなのはもちろんとして、moonとかちびロボみたいな戦闘皆無で謎解き重視のアドベンチャーゲーム風味のゲームからガンパレードマーチみてーな与えられた役割を演じるゲームまで含めてRPGとして一括格納されてしまっている。どのタイプのゲームを目指すかってのも考えないと、そういったストレッサーは上手いこと(マイナスにならずに)機能しねーんじゃないかなーと思った。俺が極端なだけかもしれないが。

で、上の俺の話は正直どうでもいい。思ったのは「テイルズってこの要素全部当てはまってね?」ということだ。とりあえず俺がアビスなりを遊んでムカついている要素は(ATB以外)ここで述べられている。むしろそれで破綻していないで受け入れられていることが凄いんじゃないかなーと思ってしまった。よっぽど調整がうめーのかな。アビスは俺的にはかなりイラつき気味ではあるんだが、それはおそらく思想が合わないってだけだと思うし(D2チーム作品と異なりあんま好意的に見れてない)。
もう大筋の話とは何も関係ないけど、テイルズの大問題って主人公が感じる気持ちと俺(プレイヤー)が感じる気持ちにバカでかい溝があることだと思うんだけどこれはどうなんだろうか。そういうもんだと言われてしまえば納得はするが、でも色々やってきて素直に感情が一致する作品なんてファンタジアとPS版Dくらいしかなかったんだよね。俺が偏った人間なのも原因だとは思うんだが。もしかしてアニメ的な演出を目指してあえてそうしてるのかな。あくまでプレイヤーはお話の鑑賞者ですよー、みたいな。それはそれで良いけど、PS版Dみたいに素直に情が移るようなものもたまにはやりたいよ。

話は戻るが、某所にてシンボルエンカウントの小話を見て物凄く納得したと同時にアビスにあんまハマれてない理由が分かったような気がした。絵的に間抜けとはまさしくその通りだ。フリーランも正直どうよ?と思ってた違和感が消滅したような感覚がある。良かった良かった。
…じゃあグレイセスfは何であんなハマったんだ?実際に感じる感触はまた違う、みたいなことか?あとは戦闘がフリーラン至高じゃないことが大きいとか(たぶんこれだと思う)?うーむ謎は深まるばかりだ。あんま解き明かしても得が無さそうな謎だが。
_____

ファミ通買ったし読んだから感想も書きたかったけどどうにも疲れ気味なので今日はここらで。大学生活のリズムに慣れんと後々辛くなるな。起床時間が早いのがしんどいぜ……。早く明日が終わってくれないかな。

posted by グレイ at 21:17| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月の一本 シルバニアファミリー おとぎの国のペンダント

早くも定番コーナーと化しているのか、それともテンパった駄文をとりあえず書いているだけなのか、というわけで当の本人も記憶があやふやな新企画「今月の一本」はまさかの2回目に突入。今回ご紹介するのは過去にもネタにした「シルバニアファミリー おとぎの国のペンダント」。よりによってこれかよ!と思わないでもないが、ここ以外で全くと言っていいほど取り上げられることがないのだから仕方がない。いまやエポック社と言っても「エポック社ってゲーム出してるんすか?」「ドラえもんの名作があるところか」「あーガントレットレジェンド出してたところだね!」「R-TYPEDXのとこだろ?」「ああ一時期ファルコムのゲーム出してたとこだよね!」「カセットビジョンのきこりの与作が泣ける」なんて意見しか聞かないぞ(後半偏りすぎ)。ここは一発エポック社の看板タイトルであるシルバニアを知ってもらいたいもんである。
…なんて言っても当の本人もあんまシルバニアファミリー知らねえんだけどな。ゲームでの知識しかないし。そもそもエポック社自体も名作ばっかり出してたメーカーってわけでも無く割と謎めいたゲーム出したりしてたからな。もしかしたら今作もそんな部類の作品かもしれん。うーむ。なんだか急激に不安になってきたがとにかく値段が安いから皆さんもプレイしなさい(命令)
_____

DATA
発売 / 開発 :エポック社 / M.T.O INC.、ロックス
登場時期 : 1999
ジャンル : RPGアドベンチャー(私的仮称)
機種 : GB/GBC


〜エポック社看板タイトル来たる!〜

RPGと言えば泣く子も黙る人気ジャンルであることは周知の事実。そんなRPGも数が膨大になるにつれてジャンルの細分化が進むようになりもはやその線引きはよく分からなくなってきた感じもある。ドラクエのようなオーソドックスなものからアクションRPG、オープンワールドRPG、ジュブナイルRPG、果てにはあたしのためのRPGなんてものすら登場した。
そんな大人気RPGであるが、中でも非常にニッチなジャンルとして「戦闘の無いRPG」なるものが存在している。moon、エンドネシア、チュウリップなどきわめて個性的なこの手のジャンルの作品を生み出したラブデリック及びそこから分家した会社が手がけたことにあやかり「ラブデ系RPG」なんて呼ばれ方をすることもある。戦闘の無いRPGとして名高いイーハトーヴォ物語もこのジャンルであり最も古い作品(だと思う)であり実は年季の入ったジャンルでもある。
ダラダラと長くなった。今回紹介する『シルバニアファミリー おとぎの国のペンダント』もそんな戦闘の無いRPGと言えるだろう。数々の名作と凡作を送り出してきたエポック社だが自社の看板タイトルでもあるからか、その気合の入り方は尋常なものではなく、それに応えるようゲームもしっかりと作られた万人向けの良作である。エポック社の魂がこのゲームには詰まってる! 過剰なシルバニア愛を感じ取れ!(シルバニアファミリーを紹介するテンションじゃねえよ

〜ほのぼの村生活〜

今作は戦闘の無いRPGだがじゃあ何するのよって話になるのは至極当然。具体的には困っている人の悩みを解決したり元気のない花をイキイキさせていくことで経験値がたまりレベルアップするという構造になっている。前者はともかく後者は納得し辛いと思うが、ようせいさんの力でその辺は上手いことやっているのだろう。レベルを上げていくことで主人公であるアイボリーのウサギちゃんの行動時間が伸びていく。初めは家と学校の往復だけで一日一日が終了していく淡々とした悲しい生活だが次第に村の人々との交流も出来るようになっていく。果てには洞窟を散策したり気ままに釣りをしたりとのんびりとしたスローライフ生活を送ることが可能。アグレッシブに行動すればするほどその生活もどんどん身のあるものになっていくだろう。世の中やっぱり活動的な方が便利だぜ。
活動の拠点となるシルバニア村はほのぼのとした空気に包まれている。元の原作自体が幼女を対象にしているからか、殺伐とした空気や黒い一面なんかは皆無で常にまったりとした雰囲気である。しかし特徴的なのがそのマップ構造。今作、実はかなり迷いやすく作られている。元気のない花を発見してもそこへ辿りつくのに複雑に配置されたブロック地帯を抜けたりするのに悪戦苦闘。更にはそこに行動時間制限もかかってくる。行動可能時間が無くなる前までに家に帰らないとマズイ!ってことで以外とそのプレイ感触はハラハラドキドキ。しかしこうした心地よい緊張感が伴うプレイとなるので生温いだけでなく適度なバランスだとも言える。特に行動時間が伸びてシルバニア村を探索できる範囲が広がるバランスはこの手の作品の中でも最高峰のバランスだと感じる。惜しいのはこのバランスが対象層の幼女向けでは無かったということか……(結構難しい)。難しいと言えば今作、ミニゲームもあるのだがそれもかなり難しい。特に橋渡りのミニゲーム(リズムゲーム)の難易度は常軌を逸しており筆者は一度たりともクリアすることが出来なかった。しかしミニゲームは基本出来なくてもゲームクリア条件とは関係が無く、やり込みに収まっているのも優しいところ。ミニゲームクリアで経験値がたまるが、それを除いても普通にクリア可能なバランスとなっている。この辺の配慮は流石とも言うべきか。優しい作りである。
今作は一応キャラゲーに分類されるが、筆者がシルバニアファミリーを全く知らぬトンチキ野郎で「メトロイドヴァニアにあやかってシルヴァニアとか出ねーかなー」なんてほざいているどうしようもない人物なのでその作り込みがどの程度のものなのかはあやふやなのだが、非常に丁寧に作られている印象を受ける。それを感じるのがワールドマップ。なんと原作のシルバニア村をほぼ再現しているのだ! と言ってもホントか分からないんだが(意味ねえな)、公式マップなんかと見比べてみてもあるべきところにあるべき施設が配置されている。物量的には続編の2にやや劣るものの抑えるべきところは抑えており、何よりそれがゲームとして破綻せず落とし込まれている。このようなところまで配慮されたキャラゲーはあまり多くなく、開発陣のシルバニアファミリーへの愛を感じるところだ。
また、今作には単にクリアするだけでなくやり込み要素もかなり充実している。花育てや村人との交流での写真撮影、家具の模様替えなど様々なやり込み要素が存在し、極めようと思えばかなり長いこと楽しめるタイトルになっている。本編とはそこまで関係が無いが、スローライフ生活を彩る清涼剤のような働きをしてくれるのも確か。家具の模様替えなんかは原作自体がそういうもん(だと思う。やったことないから分からんが)だからか、かなり凝っており自室を自分流に染め上げるのもポイント高い。ほのぼのとシルバニア村で過ごせるギミックがそこかしこと仕込まれた、良くできたRPGである。

〜実はバカゲーかも〜

……とここまでは良くできたRPGアドベンチャーだと言うことしか述べてこなかったが、そんなもんじゃこのゲームの深淵を語ったことにはなりませんぜ旦那。なにせ今作には底知れぬ狂気が混在しているのだから。てめえさっきは暗黒面なんて無いなんて都合のいいこと言ってたじゃねえかとお怒りになる方もいると思うが、舞台となるシルバニア村は本当に優しさに包まれたホンワカまったりとして良い場所で狂気は存在しない。それが存在するのは「おとぎの国」である。
遅まきながら今作のストーリーについて語ろう。事の発端は主人公であるアイボリーのウサギちゃんがおとぎの国のようせいさんが怪我しているのを助けてあげるところから始まる。ようせいさんはお礼を言っておとぎの国へ帰ってしまうが、その時ペンダントを忘れて行ってしまう。困ってしまったアイボリーのウサギちゃんはペンダントを持ち帰り、寝床へ着くと夢の中に先のようせいさんが現れる。「あのペンダントは必要なものなんだ! だから返して! ついでにそのペンダントに5時までに家に帰って寝ないとその日の出来事が夢になる魔法がかかっているから気を付けてね!(意訳)」。かくしてペンダントを返すアイボリーのウサギちゃんの冒険が始まる……ってちょっと待てーッ! こんなのただの強迫じゃねえかーッ! しかもこちとらおとぎの国の場所も教えてもらってねーぞ!幼き乙女のアイボリーのウサギちゃんにその日の出来事を夢にするなんて衝撃的な呪いがかかってるとは、もはや血も涙もないようせいさんたちである。ゲームが進行するにつれてようせいさんの暴走もエスカレートしていく。部屋の模様替えの家具はようせいさんから買うことが出来るのだが、これが毎日のように夢に押しかけ家具の押し売りを始めてしまう始末。毎日毎日同じ内容の夢を見させられる破目になるとは……。もはや悪夢のような事態にも思えてくる。
そして驚愕のエンディングが待ち受ける。紆余曲折ありようやくおとぎの国へ辿りついたアイボリーのウサギちゃん。いよいよペンダントをようせいさんに返す時が来た……と思いきやここでようせいさんから一言。「これは、ぼくたちからの最後のプレゼントだよ!」と言って逆にペンダントをプレゼントされてしまう。今までの冒険はなんやったんやーッ!! ペンダントの呪いが解けたような描写は無くおそらくはそのまんま。これがおとぎだと言うのか。これは果たしてメルヘンと言えるのか。メルヘンと言うよりもメンヘル、シルバニアと言うよりもヘルニアと言った方が適切ではないのか。そんなことすら考えてしまう衝撃の展開が待ち受ける。

しかしこんな具合に狂気が垣間見えるもののゲーム自体は至極ほのぼのとした空気に包まれやりごたえのあるRPGとして成り立っている。上のぶっ飛んだ物語もある意味バカゲー的に楽しむことも出来るだろう。一ゲームとして、一RPGとして非常に優秀な作品であることは間違いない。悲しいくらいにマイナーな今作だが中古ショップ等で見かけた時はぜひとも手に取ってほしい。ついでに続編であり今作の正当進化でアッパー版とも言える2やナツメ開発と噂の森の仲間と踊りましょも見かけたら保護に走っていただければこちらとしても幸いである(何が?

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 今月の一本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

サイヴァリア TGS2016情報を(自分用に)まとめてみたよ

大学が始まったそうで。朝っぱらからいると言うのにろくな授業がないとか、何を取ればいいのか分からんね。この大学は何でだかサッパリ分からないけど1年を通じて取れる単位数に上限があるからあれもこれもといった具合に出来ないのが本当に迷惑。成績が良ければその上限を破れるらしいが、3科目も落としている野郎がそんなこと出来る訳もなく、順当にのんびり卒業(早く言えば留年)の道が開けていくのだった。それはそれとして大学の友人がその上限を破れそうとか抜かしてきやがった。ちくしょう流石天才は脳回路が違うぜ……
で、大学が始まったところで自分たちに何が出来るかといってもゲームの話くらいしかすることも無く得てして空虚に日々は穏やかに過ぎていくのだった。友人は明日のペルソナ5が本当に待ち遠しい感じだったな。帰りに寄ったハードオフで「3DOUがジャンクで付属品無し動作未確認で1650円……ううう……」とうなり声を上げ、30分もそこで悩んでいる姿とは格が違うぜ……。ちなみに買わなかったんだけどさ。
_____

で、今日はサイヴァリアの話でもしようと思う。
いやね、柏地下ゲーセンに大学の図書館開くまで暇だったから寄ったんすよ。そしたらサイヴァリアなんつーものを見つけてしまってね。これはやるしかないだろう、みたいな。
今回やったのは伝説の名作で自分もかなり入れ込んでたリビジョンではなく、ミディアム。遠い記憶だがおそらく最初にやったのはこっちだったはずなんだけど、ちょっと曖昧で覚えてない。最初にサイヴァリアを見た時は凄く不思議な感触だったことは覚えている。美しい、無機質な世界と、綺麗な音楽。弾にかすることを利用したシステムによって斬新さと新たな面白さを生み出したトリップSTGだった。でも、当時はそこまで良さが分からず「うーん…」とうなって離れてしまったっけ。
転機となったのはリビジョンをプレイしてからで、そっからは「これが自分の弾幕STGのトップ5に間違いなく入る作品だ!」と言うほど好きになった作品だった。サイヴァリアの良さを一言で表すなら「別世界へ飛べる」ことだろうと思う。これほどにトリップ出来るゲームも珍しいと思えるほどに。地獄絵図の弾幕地帯にあえて突っ込み、生死の狭間で脳から何かがドバドバと出てるのを感じ、トランスBGMに身を委ねる。これ以上の快楽など存在しないほど、サイヴァリアは麻薬的なSTGだった。

……つーリビジョンの記憶が強すぎたせいか、ミディアムの記憶があんまねーからか、稼働していたミディアムにそこまで大ハマりすることは無かったのだがそれでもサイヴァリアの面白さを再認識することが出来て良かった。やはりサイヴァリアは至極のトリップ系STGだぜ。クリアしたこと一回もないけど(大体頭がぼうっとしてきて4面あたりで憤死する)。ちょこちょこ寄っておこう。津田沼エースにもガレッガ入ったしで最近はかなりゲーセンライフが充実してきたな。大学生活を彩ってくれると嬉しいぜ。
_____

またもガレッガの話だが、Beep限定版は通販もあるらしいぞ。問題は俺もあんま情報を把握していないことなんだが……(いつからやるのか全く分からん)
https://twitter.com/BEEP_akihabara/status/775280412360740864
で、限定特典の詳細を早く知りたいのだが……!
_____

ファミ通がTGSの情報まとめサイトを作っていた。
http://www.famitsu.com/matome/tgs-2016/

どこに何の情報があるのかまとまってなくて殺人的に分かりにくい!流石だぜファミ通。もうちょっとしっかりして企業ごとにこんなことやる!ってのを体系的にしてもらいたい。速報サイトとしてはありなのかもしーれーな―いーけーどー、それならCOMの方で見ますわ、みたいな。
それはともかく、今年は「ぜってーこれ見る!」みたいなのが無いなあ。去年はどんなテンションで行ったか記憶が曖昧かつその後に肺炎疑惑レベルの風邪を引いたことしか覚えてないのが……(ああ、サイヴァリアの新作見たっけ。今思いだした)。VRも体験しちゃってるしでめぼしいものがないかも分からんぞ。それでも行くんだけど。
とりあえず自分用まとめ。

・スクエニ
http://www.jp.square-enix.com/tgs16/lineup/
サガに注目しとくことくらいかな注意点は。WFFはここまで来て試遊しなくても別にいずれ買うんだし後回しだな。スクエニミュージックは行っておきたいが今はお金が…

・カプコン
http://www.capcom.co.jp/tgs/
むむむむむ、マズイ、気になるものがマジで何もない。唯一あるとすればめがみめぐりだが……

・D3
http://www.d3p.co.jp/tgs2016/
アイドルデスゲームTVは時間あったらやっておくか。しあわせ草はVRじゃないっぽいから今回はいいか。あんまエロいと、そういうの苦手だし。

・ソニー
http://www.jp.playstation.com/tgs/
最優先でRezinfiniteで頭を飛ばすとして、残るはどうすりゃいいもんか。正直Rez以外は優先すべきものがないような予感が。

・コエテク
http://www.gamecity.ne.jp/tgs2016/
コーエーにもテクモにもそこまで縁がなく(それこそソロモンの鍵のBGMが好きくらいしかない)、ガストを通じた細いつながりがあるだけなのだが、何を見るべきなんだろう。気になるのは無双スターズだが試遊はねーっぽいしな……

・KDDI
http://app.famitsu.com/20160905_825257/
スペースチャンネル5の情報だけ頭に入れておこう。

・角川
http://www.kadokawagames.co.jp/tgs2016/
テーマが声優ということで若本さんくらいしか知らない俺には無縁の場所と分かったがデモンゲイズ2は気になるなあ。うーん。

・日本一
http://nippon1.jp/event/tgs2016/
プリンセスは金の亡者試遊あるやんけ!行こう。今決めた。というかこれは行っておきたい。

・コナミ
https://www.konami.com/games/event/tgs/title.html?lang=ja
ぐぐぐ、最も気になっていた3DS版パワプロは映像のみか……行く意味あんのかな。
なんて思っていたがネオアトラスとドライブガールズ(タムソフト開発のやつ)があるじゃねーか!これはいかん行っておかないと。

・バンナム
http://www.famitsu.com/matome/bne_tgs2016/
くううう〜興味をそそられたのはパックマンとマクロスか……。どうしたもんかなー。

・フライハイワークス
http://www.famitsu.com/news/201609/08115155.html
マルディタカスティーラ -ドン・ラミロと呪われた大地-
ドランシア・サーガ
あたりはチェックかな。ここは気になるゲームも多いしこの機に触れておこう。

・セガ
http://tgs.sega.jp/index.html
M2のやつは行くとして、YU−NOもここなのか?金の亡者もここにあるな。アトラスもいるしでセガは混沌としてるな…。とりあえずYU-NOは気になるからプレイしとこう。俺オリジナル版知らないけど。

・アークシステムワークス
http://www.arcsystemworks.jp/official/event/tgs2016info.html
おおバースデイズがある。いっとこう。試遊しておきたいところだ。

・プロトタイプ
http://www.prot.co.jp/news/2016/tgs2016/
縁があるのかないのか分からない(さよならを教えてのサントラ買いにキャラ1行った時たまたまAirのクオカードが当たった)が、もらえるものは貰っておくか。試遊するかは未定。

・ピグミースタジオ
http://www.famitsu.com/news/201609/13115497.html
ヴォコスカウォオオオオオオオオオオオオズッッッッ!!!!!!!ちょっとこれはやっておこう。俺が本当に遊びたいのは野犬のロデムなんだけど。地球創世記〜あなたはすでに神もなんだか気になるしとりあえずみとこう。
あとは西健一氏の新作も出展。これってピグミースタジオだっけ!?試遊しておこう。なんてたってラブデだからな。音楽は安達さん担当っすよ。でも俺の指先でまともに操作できるのかな……。昨年もそういや勇者ヤマダくんを操作出来なかった記憶が……

・2K
http://www.famitsu.com/news/201609/13115574.html
うーーーーむゲームは気になるがここが出したゲームは基本的に今まで縁がないんだよなあ。どうしたもんか。

・架け橋ゲームズ
http://www.famitsu.com/news/201609/14115658.html
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお面白そうなゲームだらけだあああああああああああ!!
特にこれなんかがいい味出してるね!3回くらい試遊してえ。遂にサイバネティックトランストリップドラッグゲームが出てきたゼッゼッゼ。うおおおおおおおお!!!!(錯乱しすぎ
『Thumper』
 没入感がハンパない! これぞテクノゲームの極致。
 宇宙を飛ぶビートルとなって、悪夢のような虚空を走り抜け、未来からやってきた狂気に満ちた巨大な顔と対峙する。リズムアクションに目まぐるしいスピードと過酷な物理性を加えた、リズム・バイオレンスゲーム。

それはそうと、インディーコーナーでは確か俺が期待していた過去の自分と共闘するパズルSTGがあったはずだが(タイトルを忘れた)、それの情報ってどうなってるんだろう。ともかくここには長くいるぞ。面白そうなゲームがいっぱいだ。うっひっひ。

・(おまけ)サイバーガジェット
http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/plena2016.html#plena2016
何かイベントがあると駅前で見かけることに定評のあるサイバーガジェットは今年はすっごく楽しそうだぞ!レトロゲームがゲットできるってのが気になるねー。有料のわなげが嫌な予感がするが、果たして輪投げ下手の俺に出来るんだろうか。レトロゲームは魂斗羅ハードコアみてーなのが当たるのを期待した方が良いのか、パチスロシミュみてーなのが当たるか、果たしてどっちか。


っつー感じっすかね。
おそらくRezとThumperで脳が溶けるまでトリップしていると思われます。んなわけでたぶん17日に行くと思われるので会いましたらどぞよろしくー。待ち時間にSTGでもやってるかと思います。むー。
posted by グレイ at 22:15| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

君のためならレイクライシス 津田沼エースでガレッガと再会 サガスカ発売日決定!

ゲームジーンを読んでいたら沸々とレイスピリッツが高まってきたのでここは一発行っておくかということでPS版レイクライシスを起動。そして電子の海で溺れ死ぬ。
レイ3部作では何かと不遇な立ち位置のレイクライシスだけど、それでも自分はレイクライシスが好きだ。確かにレイストームは計り知れないほどの傑作だった。でもストームはあまりにも難しすぎた……。それなりに時間をかけたからかろうじて6面まではいけるようになったけど1クレでどうこう出来るような難易度じゃなかった。レイクライシスはその点難易度がかなり抑えめ(ラスボスは狂ったように強いがそれはそういうものだから…)だからかなり楽しめたんだよね。そして過剰なまでに眩しい光の渦の中でロックショットを撃ちまくる。これ以上の快感なんてないさ。PS版は
あとはその斬新かつ異質なBGMこそが、レイクライシスだと言っても良い。メインの4曲の完成度の高さはもはやゲーム音楽としてもテクノとしてもTAMAYOさんの楽曲群の中で最高峰だと思う。あそこまでいつ聴いても飽きさせない音楽を作れるあのお方は本当に凄い。凄すぎる。「女の子にはセンチメンタルなんて感情はない」「生命の風が吹く場所」「ラベンダーの咲く庭」「彼女の目的」の4曲は永遠に聴き続けることだろう。TAMAYO嬢のポエムと併せて聴くとなおよし。
んで、今回はスペシャルモードを遊んでみた。まあ目的は前述したように電子の海でトリップすることと、「.BLUE -地球に棲む日-」を聴くことだったんだけどね。やはりレイクライシスは本当に面白いSTGだと実感できた。誰がなんといおうとレイクライシスは俺の心のSTGだぜ。レイシリーズは良い。それを実感できてよかった。
_____

んーっと、ここ数日ガレッガの話しかしてないような気がするけど、今日もガレッガの話。
津田沼エースにガレッガが入ったとのうわさを聞きつけ颯爽と参戦してみる。そして確かにガレッガはあった。だが……そいつは俺が在りし日の津田沼エースでみたやつではなかった……。通電スイッチも連射速度切り替えも存在せず、ただそこに鎮座するガレッガは過去に会いまみえたガレッガとは言い難かった。しかし、そこに探し求めていたゲームが有るという事実は揺るぎようのないことであり……
なんてことをダラダラ書いても面白くないから言っちゃうと、昔の「分かってる人が設定したガレッガ」が恋しいなーと、そういうことを感じてしまった再会だった。ちなみに再会時の初プレイは2面で撃沈する。ランクが上がっていた(ガレッガは起動時間によってランクが上昇していたはず。ひっでーゲームだよなー。ちなみにバトライダーは逆の模様)、というわけでも無く弾が見えなかったに尽きるだろう。ああ懐かしいぜこの感触。茶色い背景に茶色い自機茶色い敵弾に茶色い破片。うんざりするほどの茶色い世界。敵を破壊すると爆散演出が凝りすぎてて破片がばらばらと散らばり、それが敵弾と混ざり合ってよく見えない弾丸と鋼鉄の世界。俺はまたここに帰って来たんだな……
ブランクがかなり長いこともあって(Heyにも行けてないからなー)1クレ5面が最高記録だったんだけど、それでも1万点勲章を取り続けている間は脳から快楽物質が次々と生み出され迫りくる弾丸の海で確かに自分が生きていることを実感できた。やっぱりガレッガは面白いな。予約しよう。買おう。

で、それはいいんだがR-TYPEがツインビーヤッホーに変わっててショック死。お、俺のR-TYPEがーッ!ツインビーは別に嫌いじゃないんだけど、個人的な好みはパロディウスなんだよなあ。あと赤い刀が稼働しているのを見かけた。ネシカでもあるのにこれを入れるのはかなり度胸あるなー。この調子でサイヴァリアとかカラスとかまた置いてくれねーかなー。
_____

上で終わったかに見えたガレッガの話だが今しがたAmazonを見てたら限定版が予約受け付けてるーッ!!つーことで買いましょう皆さん。ざっくり1万はたけえ!なんて思っても昔1クレ4面にたどり着くまでに3000円くらい使い果たした自分のことを見れば1万は安いくらいだ!今度の冬はガレッガでウッドボール!
バトルガレッガ Rev.2016 Premium Edition 【同梱物】"バトルガレッガ2016Edition"サウンドトラックCD、設定資料集、復刻インストラクションカード&基板マニュアル -
バトルガレッガ Rev.2016 Premium Edition 【同梱物】"バトルガレッガ2016Edition"サウンドトラックCD、設定資料集、復刻インストラクションカード&基板マニュアル -
とAmazonのリンクを張りつつ、自分が予約するのはAmazonのやつじゃねーんだけどね。TGSの帰りにBeepでも寄ってみようかなあ。通販さえあればBeepで即決まりだけど、何やかんやの1983になるかも。うーむ。
_____

・PS4版グランブルーファンタジーが発表!いただきストリート、ガンダムVSシリーズ最新作も!?2016 PSプレスカンファレンスジャパン情報まとめ
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48439585.html

キッズの星プロジェクトに嫌な汗が走るが、果たしてどうなることやら。つーか今のソニーには子供受けするようなキャラがいないってことにようやく気付いたんかな。あまりにもおせえとも思うが……。まあこれを機に国内でラチェクラコレクションVita版とか!ジャックダクスターコレクションVita版とか!スライクーパーとか!スライクーパーコレクションとかを!出してくれると!いいね!つーか出せよこの野郎。今更誰もこいつらを望んでいないとか残酷な事実は知らん。知らんと言ったら知らん!

で、そんなテンパった文章はさておき「サガスカ(俺内略称、正式略称知りたいなー)」の発売日が12月15日で落ち着いたらしい。河津神は納期は守る人だとも思うから年内発売は揺るがないだろう。いやー久々にテンション上がってきたぜ。こんなもんテンション上がるしかないだろうが!なんてたってサガだぜ!こんなん買うだろ!
と俺は思ってはいるんだが、どうもなんかイマイチ起爆剤に欠けてる印象があるな……。なんか競合相手が多すぎてインパクトに欠けてる印象があるよね。それにサガだしなあ。鬼が出てくるか邪が出てくるか、読めないと言えば読めない。それがサガ!と言えばそうなのかも分からんが……。ともかく、ロマサガ2と3は自分のRPG観に多大な影響を与えたことは間違いないし、それにアレな作品こそ出すものの凡庸な作品は出さない河津神のゲームだ。期待しよう。期待して、待とう。
_____

・【先出し週刊ファミ通】つぎの『ゴッドイーター』はMMO!? 新作スクープ『ゴッドイーター オンライン』(2016年9月15日発売号)
http://www.famitsu.com/news/201609/13115338.html

すっすすすすすすすすすすーーーーーすすすすスマホデスカ!?しかもMMO!?なんかもう予想もつかない展開だな……
既に元記事は荒れ模様(というかアレ模様)だがどうなることやら。つーかだからファミ通COMあんま好きじゃねーんだよなー。よくここから情報引っ張ってくるけど。
_____

TGSのソニーブースの情報が出てた。つーかこの手の情報のまとめサイトが欲しいな…
http://www.jp.playstation.com/tgs/games/index.html

RezInfiniteは試遊あり!!!!!!うおおおおおおおおテンションが上がってきたぜっぜっぜ!!!!TGSはRezでウッドボール!!!!
他はむーって感じだな。どうも世間とずれてるな……。自分が体験した限りでは、「The Playroom VR」は面白かったっすよ。VRの破壊力を知るためにも一度私有する価値はアリ(ゲームを買うかは微妙だけど)。サマーレッスンもVRのロンチ作として手堅い作りになってるのでVRでどんなこと出来るのかを知りたいなら遊ぶ価値ありっす。
_____

・『クーロンズゲートVR』開発のためのクラウドファンディングがスタート!
http://www.famitsu.com/news/201609/13115553.html

はっはっは。クーロンズゲート熱はまだまだ盛り上がり続けるのか。すげえなクーロン。
しかしクーロンズゲートありならLSDもこういうのやってくれよー。正直プレイしたくもないけどあの世界をVRで出来るだけでもどこのだれかの役に立つと思うんだよー。これまでにない狂気体験ができそうなんだよー。だから頼むよー。
しかし実際成功したらしたらでそれはなんか怖いな……。画面中に「孤独」の全文が表示されたり、関取がダンスしながら相撲取ってるのを見るのは恐ろしくもワクワクさせるぜ……
posted by グレイ at 20:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

クインティ クレヨンしんちゃんショックガーンクリア 下半期は色々出るみたいよ

ダラダラと先週のファミ通のガレッガ記事を見つめていて思ったこと。
ミュージック表示の欄をしっかりと見てみたところ、「ARCADE Version」との文字を発見。むむむ、ということはもしかしたらここで話したホラ予想もあながち間違ってないのかも!音楽をアーケード版、サターン版、Rev.2016版、MDX版に切り替えることも!出来たり出来なかったりしちゃったりして!そうだとしたらいいなー。早く予約しておこう。
_____

ファミコンを設置しているので定例行事としてクインティを起動。やはりというか、名作はいつ遊んでも面白いね。
「めくる」という新たな動詞を主軸にし一つの全く新しいアクションゲームであるクインティ。自分はこのゲームこそがファミコン史上最も面白いアクションゲームと思っているほど、クインティは斬新かつ革新的なゲームだ。技術力とかではギミック!とか夢の泉に軍配が上がると思うが、後のゲームに似たゲームが一切ないクインティの独自性は本当に凄かった。
アーケードゲーム的な解法、運と知力とアクションセンスが絶妙に問われるゲームバランス。クインティは本当に美しいゲームだった。それを再認識できただけで良かったよ。

しかし下手になったもんだなあ。昔はほとんどミスなく行けたはずなのに序盤から死にまくる。エンディングを拝むのに2時間以上もかかっちまうとは。慣れたゲームでこれなんだから腕の無さが悲しいなあ。
_____

ついでにロックマンゼロ5ことショックガーンもエンディングを拝んだ。うーん良キャラゲーって感じだねー。動き良し難易度良しギャグ良しでケチのつけどころがない。原作愛も計り知れないほど感じられる素晴らしい出来だ。インティは素晴らしいな。
難易度面はやさしいでもそれなりに死んだから高いと思うけど全然不可能じゃない。難しいで2周目を始めたけどパターン暗記さえできればクリアは容易な部類だと思う。この辺は子供向けとしても良好な調整だろう。とはいえインティ仕込みの難易度は子供にどう映るか、という問題もあるんだけどね。
それはさておきエンディングを眺めていたらナツメの名前を発見。まさかこれナツメゲーなのか?でもどこを担当してるのかサッパリ分からん。全体的なプログラム周りとサウンドはインティだった記憶はあるのだが(ちなみにサウンドは山田一法氏が関わってた)。うーむ。
んで、上に書いたけど現在は2周目を探索中。ライフが少ない&やっかいな敵も登場と順当に難しくなっているが1周した後で見ればそこまで絶望感を感じさせない作りは流石。「次は難しいでもやれば?」としんちゃんに言われたから始めたのだがこっちでも楽しめそうだ。
それはともかくこのゲームやってたら無性にしんちゃんが読みたくなってきた。うーむ文庫版は歯抜けで持ってるんだけどちまちま集めたりしようかしら。
_____

クリプトオブネクロダンサー、なんとかメロディもクリアして今度こそエンディングを拝む……と思いきや話は祖母の代まで継続。えーまだ続くのー?
しかもこの祖母、ひっじょーに難易度が高い。ライフがなくて攻撃喰らえば即死なのはまだ良いにしても(よくねえけど)、攻撃武器の装備も出来ずリズム外すだけで即死はあまりにも厳しい。それは俺には無理な難易度なんじゃないかー?
でも一応ストーリー続いてるからこれもクリアしないといけないっぽいよな。うーむ。ストーリーが気になると言えば気になるがどうでもいいと言えばどうでもいいんだよな……。どうしたもんか。音ゲー無理野郎にとってリズム外すと死亡ってのはあまりにもキツイゼ。今年遊んだ中でも屈指の面白さを誇ってるだけにクリア出来そうにないのが無念だな……
_____

・祝!ゲームキューブ15周年!任天堂の方針を大きく変えた苦境のゲーム機を振り返る!
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48397275.html

おおっと俺のN64に次ぐ任天堂ベストハードももう15年か。月日が経つのは本当に早いものだ。ちびロボやギフトピアを遊んでいたころが昨日のように思いだされる……。
そういえば唯一ハマったマリオのサンシャインとか、先に挙げたちびロボギフトピア、カービィのエアライド、スマブラDX、ピクミンとこの時期の任天堂のゲームは本当に面白いと思えるゲームばっかだったんだよね。64時代の印象はレア社の存在があまりにも大きすぎるから任天堂=レア社のバイアスがかかってしまうんだけど、GC時代はそのバイアスが抜け落ちてもなお任天堂のゲームは面白かったと自信を持って言えるほど好みのゲームが出てたんだよなあ。あの頃は良かった……
そういえば友人宅でFFCCやってその時聴いた「約束のうるおい」があまりにも凄かったから人生初のサントラ買いにAmazonで注文したんだっけか。そういう意味でも思い出のハードだなあ。今でもちびロボとギフトピアのために起動される可能性があるんだから俺の中でも息の長いハードなのかもしれん。つーかギフトピアがやりたくなってきたな。今度起動しようかな。もう一度ナナシFMを聞いてトリップしながら島を徘徊するんだあの世界を。ハナモゲラ言語を聞きながら。
_____

・2016年下半期はこれから始まる!これから3ヵ月半はかつてないほどの期待作ラッシュ!
http://blog.livedoor.jp/kentworld/archives/48412572.html

ほほう世間一般はそういう感じだろうな。大学の友人もペルソナ買うとか言ってるし、むしろ「これから年末にかけてなんかあったっけ?ガレッガくらいしか思い浮かばん…」なんてセリフをタイトル見て思った俺の方がおかしいんだろう。とことん世間から突き放されているぜ……
一応興味自体はあるタイトルばっかりだから発売日に即買うなんてことはしないけどいずれは買うタイトルが多いことは多いのだが(DAZE2とかトリコとかP5とかVRとか)。自分が買いそうなのは

必ず買う
・バトルガレッガ限定版

出たら買う
・サガスカ

余裕があれば買う
・ポケモンサンムーン
・プリンセスは金の亡者
・WFF
・YU-NO

ハードは無いが買っておきたい
・弾銃フィーバロン
・ワイルドガンズ

無事に出ると良いが……
・ナツキクロニクル(音沙汰無し)
・シューティングラブトリロジー(出るのか?)

最後二つはあんま気にせんどいてくれ。ただ出るかどうかがすげえ不安なんだ……

それはともかく確実に買うのはガレッガくらいか?サガは出たら買うしポケモンもたぶん買うんだろうが、にしても世間とずれているように思える。人として軸がぶれたような価値観を変えたい。


posted by グレイ at 20:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/5〜9/11

今週から大学が始まるらしい。まじかよー。
つーか俺はこの夏休みの間何していたんだ?思い返せばゲームしかやってなかったような気がする。なんとも中身の無い日々を過ごしていたというのか?ううう……


・バイトの話
大学が始まるのでバイトを辞める手続きを取ったといえば取った(なぜぼかし気味かと言うと向こう側にこっちの意図が伝わってるかが果てしなく微妙なため)。勤務期間は僅か2週間。わーみじかーい。
まー遊撃部隊的仕事内容だったから楽だったしそれで安いにしてもお金が貰えるんだからそれなりの仕事だったよなあ。まあ社会勉強になったよ。
どんな仕事やってたかはほとぼりが冷めてから話すようにする。変なところから変に話題にされるのも嫌だし。

・クリプトオブネクロダンサー
メロディーを使用してラスボスまでこぎつけるも倒し方が分からずに完全敗北。クソッ!あと少しだったというのに……。

・テイルズオブジアビス
現在はロニール雪山なるところへ行って6神将なるやからどもをぶっ殺すみたいな展開になったのを見届けて宿屋で休んでいるところ。これからボス戦があると思うと気が重いなあ。D2テイルズではボス戦の度に意気込んでいたはずなんだが……

・イメージファイトFC
当の本人も予想外ながらまさかのクリアを成し遂げてしまった。うーむ清々しい。やはりイメージファイトは最高の縦STGであることを痛感した1週間であった。

・チェルのブ
脳味噌触手ボスがあまりにも強すぎて大停滞。強化してこれなんだからもうクリアは無理かも分からんな……

・シルバニア2
エンディングを爽やかに眺めて終了。しかし2年目にならないと進行できないイベントがあるとは思いもよらなかったなあ。あとぼうけんじまって時間流れないのか。誤解していたぜ。いつかRTAなんかをやるときに使えるかもな。もっともそんな日は来ないんだろうが。

・ヴァンパイアセイヴァー
難易度下から2番目に果敢に挑むも3回戦のアナカリスに完全敗北(2ラウンド先取された)。お、俺の格ゲー力はこんなものなのか!?悲しい。泣けてくる。

・オルディネス
セーブロードを駆使してクリアする。あー何とかクリア出来て良かったけど正直もうあんまり起動したくないな。なんというか疲れた。疲れるゲームだ。面白いんだけどね。

・エスカトス
アドバンスモードをイージーでALLして以降は記憶が混乱気味でよく覚えていない。うーぬ。とりあえずノーマルはもうちょいちびちびプレイする必要がありそうだな。うーむむむ。

・シルバーガン
3回コンテニューしてアーケードモードクリア、ストーリーモードは果敢に挑むもステージ4でドロップアウト。かー、いつまでやっても成長しない男だねーこの人は。引き継ぎ有りストーリーよりアーケードの方が簡単と思えてしまってる脳の状態も問題かも分からん。いや実際暗記がものをいうゲームだからその通りではあるんだけどさ。

・メタスラ3
不意にぬるぬる動くドット絵アクションがやりたくなったので起動。ステージ3までノーコンテニューでこぎつけるもその後は総崩れ。メタスラは難しいけど面白いなあ。

・ショックガーン
現在カスカベ→ワールド1→ワールド2をクリアしてワールド3に入るところ。みさえとシロ、ひまわりのお助けカードを手に入れ激進中。丁寧な作りに涙と笑いが止まらない良質アクションだ。こういうゲームに出会えてよかった。

・スペースジラフ
23面でアウト。かーそれにしても20面以降から急激に難易度跳ね上がるなー。

・わんぱくダック夢冒険
それなりに長い時間プレイするもどのステージもクリア出来ず敗北。情けない…

・メイドインワリオ
暇つぶしに起動。こういう起動のされ方をする作品は自分の中ではそう多くは無いので貴重と言えば貴重だ。
それはともかくとして色々遊び「飽きてきた」の文字が表示されるミニゲームが出たので終了。流石は暇つぶしゲーム。暇を潰せるぜ。

・ドクターワリオ
メイドインワリオ内にあるけどルールはアレなのでこちらに。いつやってもドクワリは楽しいねえ。

・シェリフ
インベーダーライクゲーと言えば、ゲーム音楽のルーツはと言えばのシェリフ。昔のゲームはどうしてこうも面白いんでしょうと言いながらプレイするシェリフは最高だぜ。やっぱシェリフは良いゲームだなあということをしみじみと感じたメイドインワリオであった。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする