2016年09月04日

生活記録

ういっす昨日はゲームをやり狂ってやるー!なんて言ってたけど別にやり狂うことも無く本屋に本買いに行く過程でポケモンGoやったりしてましたぜ。ようやくレベル10になったよ。進行速度が遅すぎて泣けてくる。
ちなみに買った本はと言うと星新一の「凶器など30」「できそこない博物館」、芥川龍之介の「羅生門(鼻とか入ってるやつ)」だったり。いやホントはゲームジーンを買いに行ったんだけど売ってないんだよね。もはや都市伝説なんじゃないかと思い始めてるよ(とっととAmazonで買え
それはそうと凶器など30はなんか昔に買った記憶があるけど手元にあるかが不安だったので再購入。できそこない博物館の方は当時「なんだよショートショートじゃねーのかよ!」と言って読まず仕舞いだったのだが21にもなると逆にあの膨大な数のショートショートはどういった発想論で出来てるか、ちょいと気になってしまってね……。いつどのとき読んでも面白い小説ってのも凄いよなあ。芥川の本は或阿呆の一生を理解するために勉強がてら購入。知識としてあるのは羅生門くらいだけど果たしてどうなることやら。末期の暗黒鬱小説とはまた違ったものだろうとは思うけれども。河童の「僕は生まれたくありません」、或阿呆の「なんのためにこいつも生まれて来たのだろう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ」、歯車の「誰か僕の眠っているうちにそっと絞め殺してくれるものは無いか?」に次ぐ壮絶な文章はあるもんだろうか。
_____

・【ネタバレ注意】思わず涙を流したゲームの名エンディング4選! 大学生に聞いてみた
http://gameimpression.doorblog.jp/archives/48357890.html

スレ内の中身は同意出来たりするものが多かったし、moonとか風のクロノアとかが合って安心。しかし大学生世代で最も挙がったのがレイトンだあー?なんというか予想外というかなんというか……。女性層も含めればそうなるのかな(感動したと言ってる人に女性が多かった)。ポケモンで泣けるかよーとも思うけどエンディングのちょっとうるっとくるような演出に関しては良く出来てるんだよねポケモン。と言っても最近のは分からんが。少なくともRSEの今まで出会ったポケモンが走馬灯のように駆け巡り最後に初めて出会ったポケモンがちょっと長く表示される演出は極めて素晴らしいと思うよ。あと音楽が泣けるんだよね(そればっかじゃねえか
しかし斑鳩は入っていないのか……。エンディングで号泣したゲームなんて斑鳩バガンmoon風のクロノアMOTHERMOTHER2とかしか自分にはパッと思い浮かばんのだが……。エンディングっていう条件を外せば他にも色々入ってくるとは思うけどね。
_____

クリプトオブネクロダンサーのゾーン2をクリアした。結局ものをいうのが運ってあたりが何ともローグらしいというか、そう感じる。シレンなみにガチガチにアレしてコレするみたいなこと考えないで「あー死んだかーじゃあこれまで集めたリソース使ってもっかいだな」と気楽に挑戦出来るのが楽しい。なんだかんだでハマってきてるな。最初の苦言が嘘のようだ。でもクリアにはやっぱそれなりの知識が要求されるんだなー。あとリズムに引っ張られ過ぎて事故死したりするのが……。やはり音感ヘボの自分には向かんのか?でもBGMはすげえ中毒性がある気がする……。リズムを刻みやすいというかなんというか……
_____

ヴァンパイアリザレクションは何度やっても2人抜きが限界だったので仕方が無くとりあえずコンピュータレベルを最低まで下げてみた。んでさっくりとALL。うーむこれはこれで歯ごたえが無いぜ。まあこうしてでも何度か負けてるんだが(下手すぎる…)。向かんのかなあやっぱり。
しかしこのゲームはドットが変態的だよなあ。あとリリスが可愛かった(どうでもいいな…
_____

テイルズオブジアビスを進めてみる。あー暗い話は別に良いんだけどなんというか、死亡描写に凄みが無いような気がする。味方サイドの重要人物がばかばか死んでいくのは面白いけどどうもそれが安っぽく見えてしまうのはいかがなもんだろうか。ということで過去作の記憶を探ってみたのだが、そもそも死亡描写に凄みのあった例がバルバトスとサレとトーマしか思いだせなかった。ダメすぎる。
大筋の話はすげえ面白いのにもかかわらずこういった感じで死が軽い感じなのは正直どうなのよとも思えるね。魔界の海に飲まれて死亡する子供の描写なんかは凄みもあったし良く出来ていたと思うのにどうして……と思ってしまった。むーん。テイルズはもっとえげつない描写をしても大丈夫だと思うんだがなあ。トイレ闇の試練に匹敵するほどの壮絶なものは無かった、とも言うべきか。
あとここにきて戦闘が急に難しくなってきた。やり直す必要があるほどのもんではないがこれは辛いね。特に敵の動きを見切ってどうこうのバランスじゃなくてレベルを上げることが要求されるバランスだからね……。シンフォニアチームの作品は合わないのかなあ。たった1作で決めつけることも無いと思うけど。
_____

今更も今更の情報だがVitaTVでもTxKはプレイ出来るらしい。つまり自分にとってTxk購入に残された選択は
・VitaTV(輸入版)を購入する
・Vita2000を買う
・Vita1000を買って有機ELに酔いしれる
・現在使ってるVitaを初期化→海外アカウントに同期させる

どれが正しいんだろうなあ……冷静に考えれば一番上だけど……
_____

・『ゼルダの伝説』30周年記念CD、収録楽曲の詳細や購入特典が公開
http://www.inside-games.jp/article/2016/09/02/101531.html

おお、うおおお……(色んな意味で泣いてる
なんというか、無難なチョイスだな。基本は押さえてはいるけれど、押さえているけれど……!
それでもタルタル山脈の音源化は嬉しいので買うことにしよう。あーもう分かったよ買うよ買うよ!
_____

あとこの商品日本のAmazonでも出るのね。LPだから再生出来ないんだけど、ジャケットがカッコよすぎるので余裕があったら買います。何よりメタブラだしZUNTATAだし!

Arcade Classics Vol. 1 [Analog] - ARRAY(0x1069d120)
Arcade Classics Vol. 1 [Analog] - ARRAY(0x1069d120)

posted by グレイ at 20:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする