2016年09月06日

オルディネスとりあえずクリア クリプトオブネクロダンサーもとりあえずクリア

オルディネスをクリアしたっすよ。まーちょーーーーーーっと苦戦したけどシュータークリア出来て当然だよね!
なんておちゃらけた台詞なんて吐けることも無く、推定300回以上のセーブ&ロードを繰り返した末のクリアだよ。とりあえずパターン暗記なんていう生温いことは何一つ当てにならないことは分かった。単純に人間辞めたゲーム力を持ってなきゃクリアなんて出来る訳がねえ。狂ってる。楽しむ余裕なんてありゃしない。これは流石に厳しすぎるよ。こんな人を突っぱねたようなゲームが存在するとは思わなんだ。
褒めるところはかなり多いとも思うんだけどねえ。グラフィックはSG史上最高峰でありそれを駆使した演出も凄い。画面奥から襲い掛かってくるミサイルはよもやPCEでこんな驚くような攻撃を繰り出せるとは思わなかった。スピード感あふれるスクロールやら多重スクロールなども当たり前のように繰り出されるのが凄い。それでいてステージ構造やボスに似たような構成が無いのが凄い。飽きさせない工夫に関しては大量に盛り込まれてる。
しかし肝心の難易度が……家庭用なんだからもう少し救済措置でもあれば普通に良作となれたはずだったのだが……。アイレムSTGを彷彿とさせる作りだけどアイレムSTGも阿鼻叫喚の難易度だけどそれでも楽しむ余裕が感じられるものだったはずだ。だがこちらは……。あとR-TYPEのインスパイアであることは分かるのだが(元々の開発名がR-TYPE外伝だったらしい)、フォース的なやつがどうも本家と違って当てにならないような気がする。もう少し性能を強くしてもよかったんじゃないかー。
_____

あとクリプトオブネクロダンサーもゾーン4クリアしてエンディング拝んだんすよ。といってもリズム無視できるハゲのおやじを動かしてのプレイだからまだクリアしたとはいえんのだけど。
それはともかくとしてこれは面白い。すごいゲームだ。バランスが極めて良く練られている。ちゃんと救済措置を用いればゲーム下手でもクリアできる配慮がなされてるゲームなんてそうそうないよ。素晴らしすぎる。発想力とそれを破綻なく組み立てる構成力、更にはレベルデザインゲームデザイン面でも揺るぎなく完成度が高い。最初はローグ&リズムアクションの喰い合わせがちょいとイマイチかなーと思ったけどやればやるほどこれほどかみ合ったものはそうそうないとすら思うようになった。んー、買ってよかった。インディー系ゲームの中でも相当のヒットだな。手持ちのVitaソフトの中でも1001Spikesに並ぶほど面白いぜ。
_____

その夢は突如としてM2によって叶えられた。

・【先出し週刊ファミ通】『バトルガレッガ Rev.2016』と『弾銃フィーバロン』のスクープ記事をお届け!(2016年9月8日発売号)
http://www.famitsu.com/news/201609/06114656.html

週刊ファミ通2016年9月22日号(2016年9月8日発売)では、エムツーが名作を“とことんこだわって”現行ハードに移植する新プロジェクト“M2 ShotTriggers”第1弾となるプレイステーション4用ソフト『バトルガレッガ Rev.2016』と『弾銃フィーバロン』のスクープ記事をお届け! 両作品の魅力や、“M2 ShotTriggers”ならではのこだわりポイントを解説する。『バトルガレッガ』全一プレイヤーであるT3-神威氏のコメントも掲載!


う、おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なんてことだこれは夢を見ているのかよもやこんな形で願いが叶うなんて思いもしなかったなんだってバトルガレッガだからなあの鉛色の空で鉄くずになるまで死と隣り合わせで自分が生きていることを確認しながら撃ちまくれるんだこれ以上何を望むことがあるのか何がどうあれ俺は買うぞこれは絶対に買うぞハードが無くても買うぞ金がなくても買うぞ。なんだか言語に錯乱が見られるけどとにかく楽しみ。あーもう今から楽しみで待ち遠しくて仕方がないや!これでバトライダーも移植されちまうのならもう俺はおかしくなっちゃいそうだ!
_____

なんか他にも書くことあったような気がするけどバトルガレッガの衝撃で全部吹っ飛んじゃったな。ああ、シルバニア2をはじめからやり直したことくらいか。でもそんなの書く必要もないからいいや。あーガレッガが今から楽しみで仕方がない。えひえひえひ。あー楽しみ。生きてるって素晴らしいなあ。

posted by グレイ at 23:42| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする