2016年09月19日

ショックガーン難しいクリア

雨は嫌いだが曇り空は嫌いじゃない。薄暗くどんよりとした雲をぼんやりと眺めていると自分の中にある鬱屈とした何かが見えている光景と混ざり合い溶け込みグルグルと思考はまわり始め黒い雲がグルグルとまわり薄暗い感情もグルグルとまわりグルグルグルグル……
なんて勘違い感情を消し飛ばしてくれたのがショックガーンであった。つーことでハマりにハマってた「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ オマケの都ショックガーン!」をクリアした。いやーこれは凄いね!GBA2Dアクションの傑作だね!問題点らしい問題点が全くと言っていいほど見つからず、難易度は一見高く見え実際高いが不可能ではなく救済措置もしっかり存在していて、何よりキャラゲーとして愛を感じる作りだ。しんちゃんたちに与えられた役割にも違和感を感じない。ゲーム的な動作もほぼ完璧。演出面は言うことなし。バカ要素とギャグ描写も切れ味があって楽しめる。これこそ真の万人向け良質アクションと言ってもいいかもしれない。インティクリエイツは流石だぜ!あんたら輝いているぜ!
しかもただクリアしただけではなくちゃんとやり込み要素もある程度網羅した上でのクリアだ。お助けカードは全て集めたしアイテムも完全収集に成功。攻略サイトのお世話になる場面もあったが(四郎くんの場所とか…)、地道なやり込みで何気なく分かる仕組みになっていると思う。実際時間さえかければどうにかなる感じだった。お助けカードに関していえば原作の知識がいるので全く知らないと厳しいかもしれないがこちらもなんとなく分かる作り(カード交換で野原家で組み合わせると強カードに変更できたり)になっているのが良くできたところ。小さいお子様でもやり込める作りなのは尊敬に値する。
シナリオ面を見てもクレヨンしんちゃんとして違和感を感じさせず、それでいてちゃんと読ませる考えさせる作りは中々の物だろう。今作にはアニメの監督も関わっているようで、映画なりを見ている気分にもなる(と言っても俺はアニメをほとんど見ん人間なのでしんちゃんの記憶は幼少時程度で映画はあっぱれ戦国くらいしか知らないのだが……)。そしてそれがフルボイスで展開されるのが今作の最も恐ろしいところ。GBAであり多少音質は厳しいものがあるが、でもしっかりとアニメの声優の声が聞こえるその設計は本当に素晴らしい限りだ。愛を感じるよ。
総合的に見ても、キャラゲーとしてはおろか一つのゲームとして極めて高い完成度を誇る傑作であったとしか言いようがない。こういったアクションゲームが遊べて良かったと心から思ったよ。こっちが面白すぎてテイルズオブジアビスが全く進まなかったけど、それも気にならないほどの素晴らしさだ。
_____

ゲームを攻略するスタンスは各々さまざまであるが、ゲームの本質たるやプログラムとの戦いだろう。製作者が作り出したプログラムを制覇することこそがゲームのゲームたる部分だろう。
…なんて考えは古臭く時代遅れのものなのだろうか。自分のプレイスタンスはとりあえず1周目は攻略情報と絶ち、自分で試行錯誤するというものではあるが、その考えでポケモンGoをプレイしていたらなんだか永遠に楽しめないような気がしてきたんだよね。
というのも適当にプレイし続けているのを知人に見られたのだがどうも俺のプレイは明らかに異端らしい。「自分で試行錯誤することが楽しいんじゃないの?」と聞き返してみてもこっちの望む反応は返ってこなかった。どころかなんだか白い目で見られてしまった。攻略サイトを見ながらのプレイなんてただの答え合わせでしかないんじゃないか……と思うのだが。
これはポケモンGoが極めてまっとうなソーシャルゲームであることも影響してるのかね。大した情報も与えられず、周りの人とコミュニケーションを取りながらゲームについての理解を深めていくって作りだし。そこへ来て攻略情報を徹底的に絶ち誰の話も聞き入れず黙々と進めている俺がおかしいと言えばおかしいのだろうが。あーこれだから人と関わるゲームは苦手。結局どこ行っても居場所なんてありゃしない。問題を抱えているのは俺の方に他ならないんだが。
_____

Ease Yourselfは英語ポンコツ脳の自分の中では「楽にしてください」と言った意味になると思うんだが、テンペスト2000の該当曲はどう考えても楽にならないような曲調に思えてならない。聴けば聴くほど頭が覚醒してきてトリップしてくる(ということは覚醒してないっぽいな)。何を思ってこの曲名にしたのか、不思議に思えるがそれでもこの曲がいい曲であるということは揺るがしようもない事実だ。
_____

ゲームカタログでロゼと黄昏の古城の記事を発見するも判定が賛否両論でげんなり。ホタルノニッキは良作なのに?やっぱりここの判定基準は意味が分からないよ。俺だったらどっちも判定無しにするが……。
ちなみに客観的視点を完全に無視して俺の凝り固まった主観だけで良いならホタルノニッキはハッキリ言って厳しいゲームで、ロゼの方はかなりの傑作ということで落ち着くんだがいかがなもんだろうか(と書いたところであんま意味ないんだけど
_____

・[TGS 2016]ボス級のモンスターすら買収して味方にできる。日本一ソフトウェアの「プリンセスは金の亡者」プレイレポートをお届け
http://www.4gamer.net/games/353/G035313/20160918048/

俺の中でのかなりの期待作となった金の亡者のプレイレポがあるんで良かったら見てやってください。ちなみにこのゲームの推しポイントを挙げるとするなら、鬼のようなドットの小気味よい動き…ではなく、電卓を使った斬新な内容…でも無く(つーかアイデア自体はもぎチンの方が先だしね)、電卓を使ってるときのプリンセスのゲス顔だろう。可愛らしくも金命みたいなのが伝わってくる表情はまっとうなゲームのヒロインとは全く思えないが、そもそもまっとうなゲームじゃないので何の問題もない!これを見るためだけに買う価値があると言っても過言じゃない…とまでは言わんが結構見てて面白かったっす。

posted by グレイ at 21:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12〜9/18

VITATVを買おうか迷っていたが、いったんここは止めにして、PS3にしようかなーと思ったりTxKに未だに引きずられてて決断を下せない優柔不断などうしようもない人の生活記録。悩むなら最新機種で悩めよ……


・ショックガーン
残すは最終ステージただ一つ。後はやり込み要素を攻略サイトとにらめっこで進める。おそらくこの辺も自力でやった方がやった方がいいんだろうが、面倒だし、ちょこっと。ね。
原作読んでいればお助けカードの組み合わせは楽勝だと思うが、単純なステージの探索要素は難しいなあ。とことんゲームが下手くそらしいぜ俺は…

・ガレッガ
最高記録は1クレブラックハート様。うーむもう少しだと思うんだけどなー。それにしてもガレッガはホントに面白いね。1万勲章を取ってると頭から物質がバシュバシュ出てくるよ。

・アビス
現在はラストダンジョンっぽいがホントにラストかどうかの確信が無いところでヴァンをぶち殺しみたいな展開でその前でセーブしたところ。これでラストならいいんだけどなーんだかパッとしない気も…
それよりもこの作品で気になるのはストーリーだ。シナリオが素晴らしいのは明白だが問題なのはその構成と魅せ方だ。前回雪山で何やかんやみたいな話をしたが、そこでの魅せ方がこれはちょっと……と思ってしまった。敵との最終決戦!いざ鎌倉!てなテンションで意気揚々と雪山に向かったにもかかわらず、その道中でギャグムービーが挿入されるのはどうなのよって話だ。スキットのように任意で見られるものなら別に怒りもないしそういうのもアリだろう。だがこれ見よがしに大体的にムービーパートでやってしまうと白けてしまうんだよ。どうも俺はこの作品について好意的に見れないな。一つネガティブ要素があると一気にマイナス寄りに傾いてしまうのは自分の悪い癖だとも思うのだが、これに関してはちょっと看破しがたいな。序中盤であれば話は違うし、更には大本の話も暗くなければギャグパートも違和感を感じない作りになったはずなのだが……

・チェルのブ
なんかラスボスっぽい敵が出てきた。もしかして終盤!?終盤なのか?だがしかしまだやり込み要素っぽいのも残ってる上にボスがあまりにも強すぎて勝てないよー。

・Downwell
ハードモードに果敢に挑戦して3−1で溺死。うーん難しいねー。俺には無理かも分からんな。

・レイクライシス
電子の海で溺死しまくり。それにしてもPS版のアレンジモードは楽しいにゃー。こういうヘボでも楽しめる調整が効いてる作品は本当に面白いね。レイシリーズではやっぱりトップクラスに好きかも。レイフォースが継続してプレイできる環境があればレイフォースが一番になるかもだが、残念ながらその環境が無いからしばらくはまだレイクライシスがトップだぜ。ああサイバーサイバー。TAMAYOさんのテクノは心が癒されるなー。

・クインティ
コンテニューしまくりでとりあえずエンディングを拝む。うーむすがすがしいね。やはりクインティは素晴らしいゲームであることを強く実感した。

・サイヴァリアミディアム
最高記録は1クレ4面。まあサイヴァリアやったらいつもこんな感じなのでこの通り。しかしチキンプレイになってしまうのはあんまりよくないなー。腱鞘炎起こすほどにローリングしながら敵弾の中心部に突っ込んでいく覚悟を持って臨まないと。

・ツインビーヤッホー
1クレ3面でたぶんそこそこ。ツインビーは実はそこまで好みじゃなく、同じベルゲーならパロの方が好きなのだが、まあ置いてくれるだけでもありがたい話か。

・Zed Blade
チャクラが開けるまで連射しようと思ったら連射が効かないなんて不運に見舞われる。更にはスティックもふにょんふにょん。うげげげげ。それでも過去最高の1クレ5面に到達する。ボムの発動タイミングさえ誤らなければ(というか抱え死にしなければ)結構すんなり進める作品だとも思えるんだーけーどー。

・クリプトオブネクロダンサー
懲りずに祖母でプレイしてるが全然クリアできる気がしねえ。うーんなんだか悲しくなってきた。やり込みは期待を裏切らないってことを証明したいところではあるがどうも俺の腕では限界も見えるな。リズム取りって資質みてーなところもあるわけだしー。うっひえー。不定期起動タイトルにして別のゲームでもやるべきかな。

・武装警察バトライダー(エミュ)
ガレッガやってたらこっちもやりたくなってきたので颯爽とプレイするも弾の見難さがガレッガとはまた感触が違うことを思いだし1クレ3面で憤死。あとボムの発動タイミングとか勲章落としまくりで大憤死。なっさけないねーこの人は。

・グラディウス2
生まれて初めて無傷でアッパーレーザーとることに成功した。うっひょひょーい!!俺のグラディウステクニックはロードブリティッシュ級だね(何を言ってやがるんだ
まあアッパーレーザーを取ったとしてもステージ2を超えることは出来なかったんだけどね。いつまでたっても成長しないなー。

・大魔界
たまにはふらっとプレイしてみたが調子を崩しているのか1面で死にまくる。ソンナバカナ。俺の魔界テクニックは失われてしまっているのだろうか。あれだけ大魔界に費やした日々の成果はもう残っていないのか?レッドアリーマ4連戦に6時間をかけて突破したあの激戦の日々はもう帰ってこないのだろうか。泣けてくる。

・エスカトス(記憶なし)
・シルバーガン(記憶なし)
・スペースジラフ(記憶なし)
・ヴァンパイアリザレクション(記憶なし)
えーっと、360を起動した記憶はあるんすけど、何をやってたかの記憶がどうやら健忘のために消し飛んでしまったみたいっす。老化かな。老化の始まりかな。21にしてこんな情けない状況にぶち当たるとは……
で、遊んでたとしたらたぶんこの辺のタイトルっす。か細い記憶をたどると縦STGは遊んでいるみたい。縦STGっつてもエスカトスとシルバーガンの2つしか該当例が無いが。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする