2016年11月25日

生活記録

電車の中でプレイするゲームを「引ク落ツ」→「ポケモンサン」に変更した。ポケモンサンにはやることはまだまだあるんだけど、ひとまず育成環境を整えることが先決だろう、ということで。あと、流石にあの単純作業に自分がもう耐えられなくなっているってことが分かったしね。無差別にメタモンを捕まえる途方もない作業感、ケーシィを孵化しまくる途方もない時間の浪費感、これこそまさにポケモンだ。意味もなくただただひたすらにDPtで孵化しまくっていた過去が思いだされる。この作業感は確かにポケモンのそれだ。それをまた味わうことになろうとは、運命も中々に数奇なものだ。
しかしこれはこれで寝る前ゲーが引ク落ツになったのは嫌だなあ。悩み絶望したまま眠りにつきそうで。ブロックに潰される悪夢とかぜってー見そうだし。
_____

ポケモンサンの話はまだまだ続く。
Amazonでは大不評だがそれは真実ではない!と迷妄に信じて色々なところを回ってみたけど、意見は割れてるね。俺は全くピンと来なかったがシナリオが良かったという人もいたりでびっくらこいてたり。うーむ。シナリオは俺は悪くはないの枠を越えてはこなかった感じなんだけどねー。
それよりも意外なのは難易度が高いという意見が多かったこと。今作、そんなに難しいか?初遭遇のポケモンを捕まえ、トレーナーと戦っていけばレベルもぬしポケモンやトレーナーを上回ることが出来る上に回復アイテムの供給が極めて多いことから、意図的な大幅パーティ変更を行わない限りはあまり高くはないと思ったが……。ちなみに自分自身の今作のあくまで難易度に限った話をするならばXYでの汚名返上はなったが、まだ甘いといった感じかな。確かに新システム「仲間を呼ぶ」での2:1構図や初見殺しとも言えるものもたぶんにあり脳味噌を全く使わなくてもどうにかなるヘボ難度では無くなったものの、強敵と言えるものがいるかなと言われると、ちょっと言葉に詰まるかな。でもこれは俺のポケモン観の中の、初代金銀RSEでのバランス面(強敵がしっかりと存在する。具体例:ライバル、アカネ、カスミ、センリ、ナギ、各四天王チャンピオンなど)が好きだったというものに大きく影響しているわけであって、そういった少しきつめの(俺はそこまでしんどいバランスだとはついぞ思ったことは無いんだが…)調整が苦手だった人にとっては今作はかなり適正というか、適度に緊張感のあるバトルが楽しめる良調整になってるんじゃないかな。
そもそもポケモンで難易度難易度ってうるさく言ってる方(これは俺なんだけど)が間違いなのかな。ポケモンは極めて自由度が高いゲームだ。好きなポケモンを捕まえてパーティを構成して冒険をするので、人によって作られるパーティは千差万別。それに、攻略箇所に差し掛かると必ずと言っていいほど弱点をつけるタイプの解説と救済措置が置かれている。初代だとヒトカゲ選んだカスミがちょっとアレな難易度になることは事実だがだからこそカスミは放っておいて先へ別の個所を進めるという対処もあるし、アカネのミルタンクもきんにくという名の知れた救済措置が存在している。つまり攻略の幅が極めて大きいんだよねポケモンって。それでも俺の好きだった初代や金銀では一定の水準の難易度を常に保っていたからこそその切れ味のあるバランスに惹かれたのだが。
ちなみに現在サンはシンクロ要員としてケーシィを孵化中、変わらず性格遺伝用としてメタモンを乱獲中でありクリア後要素は残すところあと少し(UBの捕獲)なので感想でも書くかーといった具合に感想文作成中なんだけど、終わる気配がない上に当の本人も忘却が始まりつつあるという、何ともアレな感じな状態。早いところ感想書かないとストーリーの記憶とか飛んじゃうだけに急ぎたいところだけどねー。

どうでもいいけど、スタッフロールでサウンドメンバーを一部見逃してしまったんで知っている方がいられたら教えて欲しいデス。いやー一之瀬さんを主体にしたチームっぽいことはどうにか分かったんだけど、一之瀬さん、足立さん、増田さん、佐藤さん以外の人をどうも失念したみたいで……。もっかい殿堂入りしろと言われたらそれまでなんだけどね。ちなみにサウンドの評価は個人的には良。いいんじゃないかな。やはり慣れ親しんでいる分増田サウンドと一之瀬サウンドは自分に合っているみたいだ。景山サウンドも好きだけどねー。
_____

・家族や友だち、あの人といっしょに冒険できる。想像以上にがっつり遊べる『Miitopia』開発者インタビュー
http://www.famitsu.com/news/201611/25121408.html

こうしてインタビューとか見るとしっかり作られてそうな空気はあるね。でもクリアまでに30時間以上もかかるんですか!?それはちょっと長いんでは……。気軽に何周もするってゲームでは無く1周でどれだけ楽しませるか、みたいな割り振りなのかなー。まあ買うことは無いと思うんだけど……(ダメだ……
_____

昨日は雪騒動でファミ通逃したんで慌てて町内会と無慈悲、福満エッセイと玉吉の漫画だけ読んだ。やっぱりゲーム記事以外のファミ通記事は爆発的に面白いぜ!ゲームなんてどうでもいいぜ!(ゲームの話しかしていない人とは思えない発言だ

・箱一S
魅力に迫ると言いつつも箱一ならではのソフトを取り上げることがないのはちとまずいのではないかと思うんだけど……。ハード自体は魅力的ではあるから良いっちゃいいのかもしれないけどさ。それよりもMSの人が箱一Sの登場で日本市場での箱一のポジショニングが上げられるのではないかと正直期待していますって言ってたけど、どうなることやら。正直現状維持な予感もあるんだけども……

・トリコ
上田さんのインタビューと、超美麗トリコの画像がチラホラと。この人、かなりロジカルにゲーム組み立ててるのかもしれないねーってインタビュー読んでて思った。それでいて感性に訴えるようなワンダとか作っちゃうんだから凄い人だよなあ。俺はワンダはそこまでハマったわけではないんだけど……。というか積みっ放しのICOやらないと……。

・ニーアオートマタ
ヨコオさんがFF15の「エンジンブレード」のウェポンストーリーも書いているんだって。ホントに大丈夫か?しかしそれにしても絵作りがカッコいい作品だ。

・デジモンアプリモンスターズ
インティクリエイツ制作ということで地味ーに気になっているんだけど、正直よく分からんかった。んーこれは体験版やって考えろみたいなことなのかなー。奥深い戦闘とか言われても何が奥深いか読み取りにくいぜ。遊べば面白いんだろうが…

・アライアンス・アライブ
こっちやるのならまずレジェンドオブレガシーもやらなきゃだよなあ。うーん。小泉今日治さんのゲーム(つーかサガ)は好きだから気にしてはいるんだが、うむむむむ。とりあえず前作やってから考えた方が良さそうか。シナリオは知らんがシステム的には前作のを踏襲してるっぽいし。

・無慈悲
あんさん単行本1巻で乙女ゲーハマってましたやんか……

・福満エッセイ
腋といえばまぼろし月夜を思いだしちゃったよ。これはなげやりのネタだけど。

・玉吉
詰んでいた。

・PS3十周年
いやしかしもう10年か…実感全然ないね。持ってない俺の中では未だ現役ハードの印象すらあるんだけど。そう考えると凄い。ホントに。
そして至高のゲーム1位にデモンズが輝いたことも多いに驚き。これはもうやるしかないようだな……。

・プリンセスは金の亡者
特集から既に異質な空気を醸し出している。なんじゃこれ……。ちなみに俺はお金が入り次第買うつもり。体験版やった限りではかなり忙しいゲームだったけど感触が悪いわけでは無かったので期待大。
企画した人は大島さんで、Dは高野さんらしい。どちらも知らん人…というか俺が日本一で知っている人なんて古谷Dくらいなんだけど…、

・RPGツクールフェス
ありゃ、今作の開発ってジュピターなんか。ここって確かすばせか(すばらしきこのせかい)作ったところだよな。ふーむ。うむ。

・新作ゲーム通信
ISLANDがちょっち気になる。見た目も中身ももろに美少女ゲーのそれで嫌な予感しかしないが、「旅に出よう僕を殺す旅に…」というフレーズがあまりにも気になる。これってもしかしてライト暗黒ゲー?(そんなジャンルは無い
それ以外だとぐるみんも出てめでたいねえ。安いねえ。

・ダライアス30周年特集
来年もダライアスとは!ファミ通も粋なことをやるもんだ。とりあえずBOX何かのタイミングで予約しておかないと……
_____

・FFXVがネタバレで大騒動!?3DSソフトの累計売上がPS2、DSに続いて1億本を突破!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/ffxv-3ds.html

FF15と3DSはともかくとしてバーンアウトパラダイスが箱一互換だぁー!!??これは凄いこれは凄いよ。夢の大破壊大暴走レースゲームにして自らが意思を持った車へと姿を変えて走れるゲームが互換してくれるなんて。これはもうよくやったとしか言いようがない。あんたら輝いているぜ!!


posted by グレイ at 21:28| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

風邪を治しては風邪を引いてますよーうぷぷぷぷ 誰のためのポケモンサン?

遂にのどの痛みが治った!
と思ったら、今度は鼻水が止まらん。ぷぷぷー、いつまでたっても体調が回復しませんよー。ホントにどうにかしてほしい。何でこんな体調の中クソ寒く雪まで降ってる中大学まで行かなきゃならなかったのか。ホワイトアルバムの季節とか抜かせる余裕もありゃしない。
_____

ついにポケモンサンをクリアしてしまった。
……どーだろうね、これ。個人的にはXYほど印象が悪いわけではない(というかあれは俺の好きだった世界観にそぐわないキャラが出た状況を受け入れられなかっただけなんだが…)。しかし必ずしも褒めちぎれる出来でも無い。そして数々の要素は一体誰を対象にしているのかで話は変わってくる。
というのも、クリアしたので種族値とか調べまくるぜーということで色々調べたところ、今作の大不評ポイント「仲間を呼ぶ」にこんな特徴が。
http://blog.game-de.com/pm-sm/sm-chain/
サン・ムーン新要素「仲間呼び出し」バトルのまとめページ。
高個体値4V・夢/隠し特性・色違い入手、努力値振り…等、全て「仲間呼び出し」で行える。
これによると努力値稼ぎと高個体厳選にも使えてグレイトッ!みたいな夢広がることが書いてある。確かに努力値稼ぎのメリットは大きい。ということでダメすぎるというほどのものでも無い。…まあ、個人的にはポケリゾート放置で努力値振れるしそっちの方が楽じゃんで解決してしまったのでクソ面倒くさい夢厳選の足枷になってるんだけどね。あれ、擁護するつもりが擁護出来てない。
俺は今作は一体誰に向けて作られた作品なのかが気にかかる。数多の育成厳選難易度下降要素の存在やストーリー面での難易度の低下は間違いなく対戦ユーザーへの配慮であることは明白。しかし、ポケモンサンムーンのジャンルはRPGである。育成対戦ゲームでは無い。それらの要素こそ本流だという人が多い(つーかほとんど?)のも分かるし俺自身も第4世代と5世代で対戦に片足突っ込んだ身なのでその面白さも分かる。しかし、その根底にあるのは間違いなくRPGである。それを踏まえてみると、疑問符を浮かべたくなるような難易度調整、まるでレールに敷かれた道を進むかのような展開、悪くはないが魅せ方がイマイチのストーリーとかなり致命傷な点が多い。ゲームフリークが長年培ってきたノウハウが詰め込まれてるだけにこれらの要素を見てもなお普通のゲームと比べると格段に面白いと言えてしまうものではある。
この辺は一回風邪が治った時にでもまとめておくことにしよう。今作は一体誰に向けて作られた作品なのか、そしてもう初代や金銀のような適切な難易度曲線を持ちフィールドを練り歩く楽しさがありポケモン収集も育成も対戦も面白い一つの宝石箱のようなゲームを望むことは出来ないのか、思う所は多々ある。

話は若干それるが今作のエンディングというかスタッフロールってなんかテイルズくさくねえ?XYの記憶はちょっと無いのだが、これまで俺が見てきたスタッフロールの中では極めて異例だ。それこそスタッフの名前を確認し損ねるくらいには。これが悪いというわけでは微塵もなく(出来は極めて良い)、だけど今までのポケモンとはどこか違うということを意識せざるを得ないものだった。うーむ。JRPGっぽいなあ。
__

以下は私的用。つーか面白そうだと思ったポケモンまとめただけ。

カミツルギ くさ、はがね ビーストブースト H59 A181 B131 C59 D31 S109 570
陽気AS?

ドヒドイデ どく、みず ひとでなし、じゅうなん、(さいせいりょく) H50 A63 B152 C53 D142 S35 495
ナットゲルもどきみたいな使い方が可能?特殊受けと物理受けの両方を作っておいて試すが吉。

キテルグマ ノーマル、格闘 もふもふ、ぶきよう、(きんちょうかん) H120 A125 B80 C55 D60 S60 500

とりあえずサイクルパっつーか受けループだけでも作っておくか。んーでもXYORASやってないんだけど受けループってもう過去の遺物感ハンパじゃないけどいいのかね。強いポケモン弱いポケモンそんなの人の勝手、本当に強いトレーナーなら自分の好きなポケモンで勝てるように頑張るべき。ククク……カリンさんの名言はいつも心にしみわたるぜ……。強いトレーナーでも何でもなく、むしろポケモンを育てるためにポケモンを殺すことに罪悪感すら感じポケモンから離れてしまったヘボトレーナーと致しましては、適当にネットの情報を見ながらヘボパーティでも適当に回すことにしましょうかね……。
というか今の俺にネット対戦まで考えた育成をやってる暇なんてあるのかな。今作は個体値擬似的撤廃&放置で努力値が振れるという前代未聞のアッパー調整を受けているから結構育成面も興味あるんだけど、対戦はなあ……。あんま人と関わりたくないし(なんでポケモン買ったんだ
_____

・PCエンジンなど3機種の『夢幻戦士ヴァリス』シリーズ楽曲を77トラック収録したCDが限定発売
http://www.famitsu.com/news/201611/24121386.html

ヴァァァァァァァァァァァァァァァァァッッッッッッッリスッ!!ヴァリスじゃないっすか!!つーかこれ再販じゃないの?と思ったら再販みたいだな。TGMS2017でも普通に売るみたいだし購入検討しておこうかな。
にしても今年は2月で良かったよ。去年は留年の恐怖に怯えながらCD買ったりして楽しんでいたからなあ。今年も怯えることは怯えるんだけど、春休み中だから気は楽。思う存分楽しむことにいたします。…でもあんま所持金がなかったり。うーん。
_____

とりあえずポケモンひとまず片付いたのでイース[に戻るといたしますかね。の前に一応ポケモンサンの感想を書いておかないと。ううー、結局ポケモンサンってどうなんだろう。珍しくそれなりの値段出して買ったものにしては値段分以上楽しんだ感はあるんだけど、今年のベストゲーに入るかと言われたらまだ答えを決めかねている。そもそも俺自身がRPGを楽しめない体になりつつあるのかもなー。快楽への到達時間がRPGよりも間違いなく早いACTやSTGばっかやってるし。それでもボロクソ叩きまくるほどヒドイ出来とも思わなかったんだけど。なんだか得もしれぬ不安感でいっぱいだぜ。心霊現象かもしれん。つーか風邪がひどいだけかな……


posted by グレイ at 20:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

風邪が治らん

ポケモンサンのZ技のポーズってダラ外のヒステリックエンプレスの構えに似てねえ!?と思ったが動画で確認してみたら何一つ似てないな。風邪だともうろくなことがない。あーあー、明日までに治さないとヤバいのにこれで良いのだろうか。
_____

まだポケモンサンの話題は続く。現在パッケージのポケモンと会ってあのお方に会ったところまで。
ゾンアマではストーリーがねーみたいな意見もちらほら見かけたが、なんというかそうも言いたくなるような作りの場面に俺も辿りついちまった。一応XYみたく白ける文章のみで超速で駆け抜けるものでは無いからあれよりはマシか〜?なんて思ったけどこりゃあ怒り心頭な人が出てくるのも分かるといえば分かるよ。
しかしあれの問題は主人公が違うじゃねーかということではなく喋らない主人公制度を採用しているポケモンが苦し紛れに物語を魅せるためにああいう風にやったことの是非だろう。主人公が喋らない作品では他のキャラの語りなどで物語を進める作りに基本的にはなっている。XYは置いておくとして、BW2以前の作品はそうだった。それでも一部のキャラが目立ち過ぎずあくまで主役=自分(主人公)だった。ポケモンはドラクエやMOTHER並にその辺の見せ方が上手い作品だと俺は思ってるんだよね。俺は別にあの人が主人公とは感じていないけど、ああいう画面の切り取り方とやり取りを魅せられたらそう思う人が出てきてもおかしくはないかなーと思う。
つーかねーやっぱりねー、ムービーパートの多さとかこういうストーリーの語りのアレさとかJRPGっぽさが非常に強い作りをどう捉えるかにもよるのかねー。絵の作り自体は結構上手いと思うんだけど、3DSの性能自体が限界なのかゲームフリークが限界なのか分からないが今この2016年に言葉は悪いけど中の下の絵を見せられて進むストーリーを見せられても困る人も多いんじゃないか?俺は別にグラフィックについてはどうでもいいと思ってる人間だから見た目自体は何も思わないけど、非常に良好な戦闘画面やポケモンのグラフィック面に対してムービーパートはちょっとちゃちなものに見えてしまってる感がある。というか、それ以上の問題としてムービーパートのほぼすべてのパートで主人公が無表情なことか?主役である画面内の俺が常にどんな緊迫した場面であろうとも無の境地でも開いたかのような表情を浮かべているから、代わりにそれ以外のキャラが話の展開を助けるために前に出ることが主人公の不在感を際立たせているのかもしれん。主人公以外のキャラは表情豊かだし。んー、やっぱり俺個人としてもよくあるJRPGみたくなったのは嫌だ。あまりそっちの方向には行ってほしくなかった。やってないから知らないがORASでもJRPGっぽい話を組み込んできたと思われるエピソードデルタを見るに、大森DがこういうJRPGっぽい作風が好きなんじゃないのかなーとは思う。初代ポケモンはMOTHERの影響を多大に受けていて、金銀もその方向性を強く受け継いだ作品でありそれらを担当したのは田尻Dであり、気色は変わったものの根底は変わらなかったRSE,FRLG,DPt,HGSS,BWBW2(XYはちょっと俺のバイアスがかかりまくってるので評価出来ないが)は増田Dの作品だ。やはりその差でORASと今作で既存ユーザーを混乱の渦に巻き込んでいるんだろうなーなんて思った。俺もよく分からんけどね。田尻さんが金銀にどれだけ深く関わってたかは知らないし。
まあまだシナリオクリアしたわけではないからもう少しプレイしてから考えることにいたしましょう。クリアしてもいない人間がシナリオに片足突っ込んで話すべきではない。それに風邪で全然頭回ってないし。こんな状態で毎日うん時間もゲームしてたら風邪も治らんわな。俺の知らないところでは既に対戦とか育成の研究が進んでいるんだろうか。俺の中での今作の利点はソーシャル要素を強要させられることがなくなったことも大きいような気はするんだよねーそれで好印象に見えているというか。ソーシャル苦手としてはやりたいときだけソーシャルに繋がればいいっていう風になって本当に良かったよ。XYでムカついたのもこれのせいでもあったし。

現在のパーティ:マケンカニ、エレガノン、ガオガエン、グソクムシャ、メタング、コモルー
_____

上の文章書いてて思ったが今作のムービーパートというか絵作りがちゃちく見えるのは俺が名探偵ピカチュウを遊んじゃったことも関係してるのかなーとか思った。アレは何気に絵作りに関していえば驚異的な作品ですらあったよ。いやマジで。ゲームがまるで違うから単純比較は出来ないんだけどね。つーか名探偵ピカチュウの続編出ねーかなー。
にしてもネタバレを避けて言及するとどうしてもフワフワした文章になるな。うーん。こんな文章で伝わってるんだろうか。
_____

・ニンテンドーeショップ更新!イラスト交換日記でニッキー復活!WiiUでエースオブシーフード!3DSでぐるみん、タコ、イカなど!来週は新作9本のお祭り騒ぎ!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6208.html

絶対SIMPLE主義方面から電波を受信!New3DS用のVCは落とせないから無縁も無縁なんだけどPikiiが新作出すですってーッ!!てゆーかこれ洞窟物語の人の作品じゃないっすか!!ぐぎゃ!!とんでもないところから購入確定タイトルが出てきてしまったぜ……。つーか洞窟物語も前々から買おう買おうと思ってて買ってねーや。とりあえずこれは買っておこう。もう容量が無いから何かしらのタイトルが犠牲になってしまうが、何せ今のところ外したタイトルが一つもないPikiiの作品だからな(つーかPikiiはローカライズとパブリッシュやってるだけだからPikiiが作ってるわけでも無いような気はするが……)
ところでPS4とVitaで出るらしい2D格闘ゲーム「ヤタガラス(LEGEND OF RAVEN)」はいつ出るんすか?俺はひそかにずっと待っているんだが……

あとテクノソフト絡みのアーカイブスも復活してるみたいっす。みんな遊ぼうサンダーフォースV。
・配信終了していたテクノソフトのゲームアーカイブスがセガから復活!サンダーフォースVにネオリュードなど11作品!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6209.html
_____

・マイニンテンドーとはなんだったのか
http://kentworld-blog.com/archives/mynintendo.html

任天堂がよそはアカウント制作ってるみたいだしうちらも作らなあきまへんがな!みたいなテンションで深く考えることも無く突貫で作り上げたもの…かな?クラブニンテンドーをそのまま続投させればいいとは俺も思ったけど、それはそれで問題があったんだろうなーなんて思う。まあこれからでしょ。それにクラブニンテンドーが消えたのは痛いがそれで普通流通にサントラが乗っかるようになったことを思えばこれくらい痛くもなんともない(ホントかよ
_____

それじゃあポケモンに逆戻り。今週に入ってからメタルブラックもエルナードも、昨日からに至ってはイース[すら放り投げて進行しているのでそろそろ終わりが見えてほしいところだけどねー。どうなることやら。

posted by グレイ at 20:09| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

Pサンレビュー荒れ模様?

Pサン進行中。プレイ時間は20時間を超過。20時間も越えたんでとりあえずAmazonで評判でも見てみるかーと思って軽く流し読みしてみたけど、結構な荒れ模様だなこりゃ。
俺の現時点での感情との相違点が非常に多いのはおそらくは前提条件の違いだろうな。多くの人が「いつもの」「安定した」「変わらない良さのある」ポケモンを望んでいたのに対し俺はXYでひどくショックを受けて「もうゲームフリークには初代や金銀、あるいはエメラルド、プラチナ、HGSS、BW2のような作品を作りあげる力は残っていない」と見切りをつけ、サンムーンには誰にも確固たるものが存在しないポケモンらしさなんて全部粉砕して新たな面白さを生み出す「ポケットモンスターの完全破壊」を望んでいた。だからこそ「島巡り(ジム戦廃止)」「秘伝技完全廃止」「ライドシステム」「仲間を呼ぶ」「Z技」「アローラの姿」「ムービーパート大量投入による所謂JRPG化」「目的地の可視化」などこれまでの常識をぶっ壊されるような改変の数々を見ても別に動じることなく普通に楽しんでいるんじゃねーかなーとか思ったり。とはいっても俺も全要素に対して肯定派ってわけでもないけどね。
難易度面に関しては俺が途中から変則的なプレイ(パーティとっかえとっかえで図鑑完成を目指しつつ進行)をするようにしてからは別に違和感を覚えなくもなったが、仲間を呼ぶでの2:1の構図が無ければ今回もまた脳停止状態でごり押しクリアなんていう悪行を繰り返すことになったわけだしまーしゃーない面もあるのかなとは思っている。難易度の上げ方としてこれが正しいとは微塵も思わないが、まあ歯ごたえを出すためのものとしてアリといえばアリだろう。問題となるのはポケモンを捕まえるときだけど……、確かにムカつくことにはムカつくがそこまで目くじら立てて怒るほどのものか?苦労して捕まえてこそ感動もある、とは思うのだが……みんなぬるい難易度になれているのか、それとも俺が普段変なゲームばっかやってて感覚がマヒしているかのどっちかなんだろうが、個人的にはそこまで気にはならない。
ただ全面同意なわけでも無い。というか調整不足だと思うんだよね。俺も流石に捕獲率の低いポケモン(名指しすればダンバルなんだけど)までもが普通に仲間を呼ぶのはどうかと思ったよ。仲間を呼ぶのは捕獲率がそこそこ、ないし呼ばれて駆けつけるのはそこまで強くないポケモン、あるいは仲間を呼べるのはぬしポケモンのみなどといった調整を施せばまた話は違っただろう。捕まえる楽しさを損ねた、というかなり痛いところをついてくる意見も多く今作の反省点の一つではある。ただ個人的にはシステムだけを見るなら賛成かな。
難易度に話を戻すと今回も相変わらず低いのはエンドコンテンツユーザーに徹底配慮した結果だろうと予想しているんだけど、難易度面で話をしている人は今のところ見かけていない。ということはRPGとしての難易度にしつこくいちゃもんをつけているのは俺だけということになる。多くの人はポケモンに難易度とか求めてないのかねー。いや俺自身もXY以前並の難易度なら何も言わないのよ。でもXYがあまりにもヒドイ調整でね……
俺が結構高評価してるロトム図鑑による目的地表示の親切システムに関しても結構な賛否が分かれている。曰く目的地をなぞるだけで冒険してる感がねえ!みたいな。確かにそういう傾向こそあるもののそれに従う必要もないんじゃないかーと思って適当にその辺フラフラしてから目的地へ進むようにプレイしていた俺としてはどこに行けばイベントが始まるかが分かる良システムだと思ったが。まあシナリオの都合上一時的に行き止まりとかも多いからあんま自由度も高くないんだけどね。まあこの辺は好みの問題なんじゃないかと。
それに冒険してる感の欠如で言えば島巡りの緊迫感の無さの時点で冒険してる感が無いじゃないか。俺はジムを巡る冒険の旅から島を巡るアローラ観光物語に内容をチェンジしたんだなとすんなり思ったが。そこは変えたらダメだろうと思う人も多いだろうが、そんなもん最初の最初からそう宣伝されていなかったか?だからこそこれまでと違うシナリオを期待して、実際そういったみんなでピクニック物語が展開されているんだから文句も出ない普通の内容としか思えんが……。そりゃ、物語が滅茶苦茶面白いとは思わないよ。普通の出来だ。でも、薄味過ぎるキャラを立て並べ3000年生きた人間みたいなこれまでの美しい世界観をぶち壊しにしたキャラまで出しておいて最後に駆け足で駆け抜ける説明が足りてないシナリオに比べたら数倍マシな出来だと思うんだが。自分が紡ぎ出す物語はBW2までで終わったんだよ。そう思えば怒りもない。
それよりも俺が気になるのはなぜこうまでJRPGのようなゲームになったか、ということの方が気になる。ムービーの多さといいクエストっぽいものの存在といいレールの上を歩かせようとする配慮といい、今作はJRPGの要素が極めて強いと思う。俺はいまいちJRPGという単語が好きじゃないんだが、今作は揶揄される方のJRPGに片足突っ込んじゃった感ある作りがどうかって感じでもあるよね……。確かに誰一人記憶に残らなかったXYと比較してキャラの印象を強めるスパイスには間違いなくなっている。しかし本当にこっちの方向性でいいのか、ということに関しては俺も疑問符を浮かべながらゲームをしている。ポケモンは他にない独自性と空気感を持った誇れる和製RPGの頂点だと俺は今まで思ってはいたんだが、その独自性とか空気感を切り捨ててまでそっちに行かなきゃいけなかったのか、とは思う。

色々述べたけどまあこの辺はクリアしてからまとめようかな。今作にもしっかりとゲームとしての面白さはある。世界を回ってポケモンを捕まえることだったり、ポケモンを愛でることだったり、ポケモンに飛び乗りフラフラしたり、育ちが違えば姿も違うことを見せつけ今までの常識が通用しないアローラの姿であったり、まだ未確認だけど更に親切化して育てる楽しさも対戦の面白みもあるかもしれない。

だからこそ、現時点での「ネガティブ要素」のみを取り出して徹底的にボロクソ叩いてる構図は歯がゆくてね……。まだ切り捨てるには早すぎるんじゃないか?と。ネガティブ要素だけをピックアップして「サンムーンはダメ!」というよりもその労力を少しでもいいから良いポイントを探すor広めることに使ってはくれないかと思うんだけど……。俺もまだシナリオクリアしたわけじゃなく、シナリオがXY並ならどうすっころぶもんか分からないけど、総合的に見てもそこら辺の凡RPGと比べたら間違いなく良く出来たゲームなわけだし。みんな言ってるように仲間を呼ぶがひどいです!ダメ!なんてレビュー書いてる暇があったら少しでも評価できるポイントも…とは思うんだけど。
ただもう恐ろしい速さでネガティブ要素だけ伝搬しているみたいだし、どっかのハゲブログでもネタにされて笑いのタネになってるんだろうなー。そう思うと虚しくてゲームなんかやってられなくなるよ。他にやることがないからゲームするしかないんだけど。
_____

風邪気味の中グダグダと書いて疲れたので今回はここまで。俺は正直ORASをXYの恐怖のあまりにスルーした人間だから実は今作について語る資格があるかと言われれば無いんだけど、誰か本編シリーズ全作一通り通しでプレイしてレビューしてる人で今作のレビューしている人とかいないもんかねー。

現在のパーティ:マケンカニ(こいつの進化条件ってなんだ?)、デンヂムシ、グソクムシャ、スナバァ、イワンコ、ガオガエン

posted by グレイ at 20:20| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

生活記録

家に篭ってゲームばっかりしているはずなのに風邪を引いてのどをぶっ壊した。一体なぜこんなことに。このまま俺の小規模な休みは終わってしまうのだろうか。何もいいことがない一生だった。ということで今回は淡々と行く。
_____

ポケモンサン進行中。とりあえず18時間ほどプレイしているみたいだ。寄り道ばっかしてるから全く進んじゃいないんだけどね。レベルから判断して中盤くらいか。
シナリオの長さは現時点ではXY並ってところなのかな。でもXYよりかははるかに受け入れやすい世界観だ。それは何よりしっかりとポケモンと人間が共存した世界を描いて、かつそれを崩壊させてないところにあるだろう。俺がXYで最も受け入れられなかったのはしっかりとしたその世界に異物をぶち込んできたところにあってね……。数々の設定で一応はその世界に馴染んではいるものの、あんなの正気の沙汰じゃないとすら思ったよ。いやマジで。その点では今回はウルトラビーストみたいなトリッキーな例こそあるものの一応枠を出ようとしているのはポケモン側だからそこまで違和感は感じない。意外性こそ物凄くあるが、まあ悪い意外性じゃない。今までのポケモンとは違うぜってのを表現できててまあ良しなんじゃないのかな。
今作はムービーパートのようなものが非常に多く、また画面の魅せ方も映画的と言うかあんま良い言葉では無いような気もするけどJRPGっぽくなっている。これはかなり思い切った変更にも思える、が、個人的には好印象だ。魅せ方をしっかりやっているからキャラの記憶も残りやすいし絵も映えている。俺は今まで難易度面と台詞面からでしかキャラ立ちを評価できていなかったような気もするが、それは容量が少ない中でキャラを目立たせる工夫を凝らしていた初代金銀への思いが強すぎたのもあるだろう。XYでも結構魅せ方は拘っている感はあったが、今作と比べたら微妙の一言だ。あとアレは本当に演出面もピンと来ないものばかりだったし……。
難易度面について。今作も相変わらず軟化の傾向だがXYよりかは主体的に難易度を弄りやすいフックがあるのかなーとは思った。図鑑をある程度埋めながら進めることを念頭に置いてやると難易度はそこそこを保てる印象がある。特に進化するか否かが分かりやすくなったからそれを踏まえてパーティをコロコロ変えると難易度は結構のものになるんじゃないかなーと思った。ストーリー追うだけなら確かに難易度は低いけど、色々試しながらやるとそこそこになるって調整なんかねー。とはいえ多少難しい方が面白いのは事実。ってことで個人的に最大の難点だった部分は半解消。
それに、難易度が低いとは言ったもののぬしバトルでの2:1の構図など苦戦の場面はあることにはある。ヨワシ&ママンボウとの死闘には俺も珍しく手に汗握っちゃったよ。トレーナー戦がヘボイのは相変わらずだが、それでもXYみたく適当にごり押しすればどうにかなるみたいなヘボイ調整ではないのは確かだ。
難易度面で言えばロトム図鑑の登場によりシナリオがどこへ行けば進むのかが視覚的に分かるようになったってのも低下の要因の一つではあるかな。でもこれは優しい調整だと思う。実際恐ろしいほどに便利だ。常にマップが表示されるのは非常に大きいし、それを上手いこと世界観に落とし込んでいるのは素直に凄いよ。ロトム図鑑自体に関していえば、あいつ喋っていいの?って疑問こそあるものの、それもこれもロトムの健気さかわいらしさで全部帳消しか。いやーゲームフリークも良いキャラ出してくるじゃねえか!元々好きだったロトムが更に好きになっちまったぜ!
つーことで開始前に抱いていた不安感と裏腹にかなり楽しんでいる。素直に面白いっすよ。これは対戦もやるかも分からんねー。今のところ何一つ情報入れずにプレイしているから分からんが。
ところでいよいよ終盤に差し掛かったらネタバレに配慮しつつ書かないけないんだろうか。うーん、ポケモンだしいいかなーとか思ってはいるんだけど、どうしたもんか。


現在のパーティ:デンヂムシ、ガオガエン、マケンカニ、ベトベター、スナバァ、グソクムシャ
_____

・本日11月21日はスーパーファミコンの誕生日! 『タクティクスオウガ』、『悪魔城ドラキュラ』などNew3DS専用バーチャルコンソール13タイトルが配信
http://www.famitsu.com/news/201611/21121091.html

みょ〜〜!!タクティクスオウガが携帯機で出来ちゃうなんてヨ!これだけのためにNew3DSが欲しくなっちゃうヨ!!まあ俺はSFC版あるからいいっちゃいいんだけどね。オウガも未プレイだし。でもこれで追々ロマサガ3とか2なんかが来ちゃったらと思うと……。気がふれて買っちゃいそう。ロマサガ2に関していえばアプリ版(Vita版)が既にあるから携帯機でも出来るんだけど、使えないバグとか細かい仕様変更とかがあるからねー。オリジナル版も手放せないというか(既にSFC版持ってるけど)。丸ごとバックアップもものすげー便利だしね。3が出たら買いそうだなー。おわー。トレードが携帯で出来る日がー。
_____

・タムソフトが『闘神伝』シリーズをPlayStation Storeゲームアーカイブスにて11月22日より配信開始
http://www.famitsu.com/news/201611/21121145.html

チョロQも来ないのかねーとか思った。闘神伝は別に中古屋に行けば手に入るけど……一応デジタル化させた方が場は取らないから買った方がいいのかねー。とりあえず機会を見て、だな。あと闘神伝ってどっかで曲が良くてCD-DAって噂を見たし。
_____

・マリオRPGの新作、ニンテンドースイッチでラビッツとコラボした作品として登場か
http://ga-m.com/n/mario-rpg-rabbits-nintendo-switch/

あくまで噂の話だがその真相は果たして。出たとしても俺はUBIをあんま知らんのだけどね……
とか思ってたら開発はUBI先導なの!?ハイハイ解散解散。アルファドリーム新作じゃないのなら興味なし。
_____

本日はこれで、とっととポケモンの方に戻らせていただきます。ゲームしてりゃ病気も吹っ飛ぶ、てか。病気した原因がゲームにあるような気もするんだけどな……


posted by グレイ at 20:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/14〜11/20

一部はHeyの感想のコピペです。やっぱりアローラ地方ってカイリキー多いよねえ。


・ポケモンサン
現在は試練4つ達成して首尾はそこそこ。ゲームとしての面白さは言うまでもなく、ポケモンとしてどうかも結構いいんじゃないっすかね。RPGとしてどうか、がカギを握るかな。RPGとして売り出すならストーリー面での面白さかバランスの良さ(難しすぎずぬるすぎず)が整ってないと。

・メタルブラック
1クレ3面ボス。プレイの継続によりどうにか連射無しでもパターンを組むことによってここまで来れるように。集中力さえ続けばメタブラの死因って凡ミスか誤死だけだから何とかなると思うんだけどもー。

・イース[
3部クリアして4部。いよいよ物語も核心へ入っていくところか。難易度も順当に上昇中。これぞ職人の調整ってやつだな。ファルコムは素晴らしいぜ。

・エルナード
風のアークを手にして各地を放浪。とりあえず水のアークがあるらしい土地に来たものの調査は進んでおらず。流石にRPG3本同時進行は無理がありまくりみたいな。

・引ク落ツ
60面までクリア?残るは40面+悪魔の所業のエクストラって感じかな。あとトレーニングステージも残ってるけどあれは難易度低いからそのうち本編に詰まった時にでもやればいいでしょう。

・バトルガレッガ
1クレ7面。過去最高記録。人生初。奇跡の連発。ただただ驚くばかり。やりこみは裏切らないとはこのことなのかな。

・極パロ
1クレ6面。一応久々に大記録だがどーにも上手いこと6面まで行けないね。ベル確保が下手くそ過ぎるのか。

・ファンタジーゾーン
1クレ8面。ボスラッシュに完全敗北。ここが俺の限界か…?

・シルバーガン
ストーリーモード6−Cまで。ダメすぎる。つーかACモードでやり込んだステージ(3、2、5前半)はミス2くらいに収まっているのにも関わらずステージ4と5後半で10数機消し飛んでるってどういうことなんだよ。情けなくて涙が出る。

・特攻空母ベルーガ
電車の中&日光当たって反射して画面が見難いという数々のデメリットに苛まれながらもラスト1機でハラショー。危ない危ない。やはりベルーガは面白いということを再確認した。

・大往生(黒)
しばらくやってなかった割には黒のおかげか1クレ4面で好調。プレイしたその記憶は指先にしっかりと宿っている。やはり大往生は素晴らしい縦スクロール弾幕STGだ。胃がねじ切れそうになるほどのスリルと快感を兼ね備えている。

・ケツイ
ボムし損ねるミスを繰り返し3面で隅っこに追い詰められたりして撃沈。下手になってるな……。しかしやっぱり大往生と同じく至極の縦STGでありました。

・レイフォース
1クレ5面ボス。残機5設定でこれはヒドイ。弾が避けれてないというよりも初歩も初歩のミスを連発している。このゲーム年単位でプレイしているはずなのにー。全く情けなくて仕方がない。

・レイクライシス
1クレ3ステージ目で敗退。つーか序盤にボム押し損ねるミスさえなければぜってーDis-Human行けたはずなのに。全く成長しないねー。

・蒼穹紅蓮隊
1クレ3面で撃沈。ボムの使いこなしがカギを握ると分かっていても実行できるかはまた別の話。パワーアップアイテムを必死で避けてたら誤死っちゃったよ何度も何度も。

・カラス
1クレ3面で平凡。You can't fxxk meはいつ聴いても良し。プレイ内容は1面でまさかのミスなど非常にヘボイ。

・ナイトストライカー
レバーが純正のものではなくなっていた。ナイストは派手に動かすからなあ……。結果は1クレ4面。誘導ミサイルがねー派手に操作しないと回避出来んのよねー。

・ダライアスU
1クレ3面と微妙。ルートを間違えたような気がするな……

・スクランブルフォーメーション
実は初見。結果は1クレ代々木。当たり判定の微妙さと自機の動きの遅さ弾の視認性の妙さもあって難易度はかなり高めの印象。第一印象はこりゃ音楽と見た目以外は良くないね。
逆に圧倒されたのがそのグラフィック。時代を考えても非常に緻密に書き込まれてて見るものを圧倒させるだけのパワーを持っている。流石はタイトーって感じかな。すげーっすよ素直に。

・V・V(ブイファイブ)
実は初見。東亜プランの代表作。スラップファイト系(グラディウスみたいにパワーアップ形式)ってのは知ってたけど実際にやるのは初めて。東亜系は達人王を初っ端に遊んでたので畏怖の念が残っちゃっててね……
1クレ3面だがその完成度は極めて高いし難易度もBATSUGUNとどっこいかそれより上って感じの良心的な作りにうなってしまった。結構好みのゲームらしい。そこまで常人離れした動きを要求されることも無いのがいいな。清く正しくリーマンSTGって感じのシンプルさとアツさがいい。

・ヴィマナ
これも初見。1クレ1面?でヘボヘボ。難易度自体はべらぼうに高いとは思わないけどどうもこっちは合わないみたいだな……。悪くはないんだけど…

・バトライダー
1クレ6面で絶好調。ハッ!やはり自分の腕前でもここまでは来れるんだヨ!ということで一人で満足。ガレッガとは異なりショーティC選択とかなら難易度が下がるのがやっぱりいいね。凡人にとってはガレッガは4号機時間切れでもヒーヒー言うくらいの難易度だから……

・作戦名ラグナロク
よーやくエミュとかじゃなくてまともにプレイ出来た。最高記録は連射の力もあり1クレ7面ボス。ボムを的確に使えばエンディングまで見れたと思うんだけど、レイブ系の音楽がHeyに響き渡っているのがなんか恥ずかしくなってきたので数回やって退散。俺がもう少し肝の据わった人間だったらならなあ……

・BATSUGUN
1クレ3面で大失敗。これはヒドイ酷すぎる。弾が見えてないというか弾にあえて当たってるみたいな無残すぎる結果。今回の大反省材料の一つ。前は確かに2周目に入ったはずなんだけどなあ。

・雷電DX
通常コース(雷電U)を流れ弾を避け損ねて1クレ2面で撃沈。いつも通りといえばいつも通りだが成長してえ……

・ライデンファイターズ
1クレ3面で凡死。隠し機体を使えればまた話は違うのかもしれないが、通常だとこの辺が限界か……

・ライデンファイターズJET
1クレ6面?こっちはしっかりとフェアリーを出してプレイしていた。一回だけどれが俺か分からなくなって死んだけどそれ以外は概ね良く出来た方のはず。

・グラディウス
今回最大の収穫?AC版グラディウス(初代)なんておいちゃん初めて見ちゃったよ!!その響き渡る音色といいまさに初代だ。俺が惨めにファミコンをやってた時の記憶がよみがえる。あの夢にまでみたAC版グラディウスがここにあるとは……
ちなみに結果自体は1クレ3面としょぼしょぼ。初代は得意だった記憶があったけどそーでもないのか、はたまたパロディウス系のバランスに慣れちゃった結果なのか……

・イメージファイト
1クレ2面で即死。情けなし。ファミコン版とはやっぱり感覚がエライ違うみたいだ。FCは見て回避とか普通に出来た記憶があるんだけどこっちは操作デバイスが違うのかどうにもならんかった。うーむ。パターンは覚えていたからボスは勝てたんだけどもー。
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする