2016年11月20日

Pサンメモ

10時間ほどプレイしたのでとりあえず適当にメモ取ったところの写し。おそらく誰の役にも立たないので無視していただいてよろしい。

・アローラ地方、島々で構成、リゾート地
・PC上でチュートリアル演出
・ムービー多し、出来自体は良い
・フィールドは3DRPGのそれに限りなく近い、XYの記憶は飛んでるけど移動の感触は別物
・主人公はカントーから来たらしい
・小さい子供やポケモンに話しかけると主がかがむ
・守り神、カプ・コケコ
・ステータス画面が更に視覚的に分かりやすく進化
・ポケリフレ(ポケパルレの発展形)、手入れすることで状態異常も治せる、愛でる面白いさは健在
・戦闘画面の手前に自ポケ、奥に相手ポケと相手が見える。没頭感を高める良演出かつこれまでの戦闘画面の到着点、ダブルバトルで処理が重い(New3DSだと軽い?)
・戦闘時相手のタイプなどが確認可能、効果抜群なども知れる、プレイヤー側が覚えて対処するつくりから一転優しい作りになり相対的に難易度は減少
・ポケモン捕獲で経験値あり、学習装置も序盤で手に入り難易度低下傾向は相変わらず
・ボール系が手に入りやすい(スーパー、ハイパーも序盤でそれなりの数が手に入る)→その一方でわりに序盤からそれなりの捕獲難度のポケモンも存在(デリバード、タツベイ、ミルタンク、ケンタロスとか)、ボールはガンガン使えって調整かも
・小遣いが3万と破格→コーディネートしろって配慮の予感、コーディネートは多種多様、ヘアサロンもあり
・ジム戦廃止、島巡りに、ぬしポケモンを倒すなど普通のRPGっぽくなった
・フェス通信、通信は完全に切り分けされて本編を遊ぶ上では誰かに干渉されることはなくなった?
・6体連れてポケモン捕獲すると手持ちに入れることもボックスに送ることも出来る
・ロトム図鑑、ロトムがタウンマップの役割も果たす、喋る、目的地が常に表示されるので分かりやすい、便利
・ポケファインダー、ポケモンスナップみたいな遊びが出来る、インスタグラムっぽい(やったことないから分からんが)
・戦闘中ポケモンが仲間を呼ぶことがある
・全体的に回復ポイント、回復アイテムの量多し
・ライドシステム、ポケモンに乗れる、だけでなくこれを使っていけなかったところに行ける→秘伝マシンの互換のようなもの、これに伴い秘伝技のやりくりという部分は完全消滅し難易度下降、だがしかしライドシステム自体は圧倒的な利便性更にポケモンとの共存の姿が描けてて良し
・クエスト的存在(何々を図鑑に登録して!みたいな)がある
・カフェ、ポケリフレで使えるアイテム貰える、ポエムっぽい深い言葉も聞ける
・ジガルデキューブ、ジガルデセル、集める
・使ってくるトレーナーによってボールが異なる(コレクターだとプレミア、セレブだとゴージャスみたいな)
・預かり屋、育てやの互換、レベルは上がらないが卵は見つかる
・フィールド上でポケモンの鳴き声が聞こえやすい
・カンタイシティにゲームフリーク社がある
・試練は最終的にはバトルだがその形態はさまざま。ガラガラダンスクイズなんてのもある。

地方が違えば生態系も違う、ということを端的にかつデフォルメして表現したアローラの姿は個人的にはかなりの好感触。これまでとはまた違った感覚でプレイ出来てると同時に変わらない良さもあるのが安心なところ。
全体的に見てもゲームバランスは軟化、だが俺がZ技を一切使っていないのもあるのかも分からんがXYよりかは難しさはある感じ。登場キャラの個性も強めになっているのでXYでの「バランスがぬるすぎてインパクト薄し→誰も記憶に残らない」といった愚行は避けられている感じはある、のかなあ?敵のスカル団とか博士のククイとかリーリエとかグラジオとか、絵作りというか魅せ方をきっちりしてきたせいか今のところは記憶には残っていている。ポケモンを捕まえる育てる面白さは健在なのでまーどのみち良作なのは変わらんでしょう。操作性の難も完全解決して快適になったのでXYでローラースケートの操作性に泣いた人も安心して買っておけ。
育成面はまだサッパリ分からんが、「すごいとっくん」による個体値擬似撤廃で厳選難易度は超大幅に下がったようだしよーやく普通の人でも対戦に手を出せるようになったんじゃないかなーと。対戦面のバランスもまだ分からず仕舞いなのでサッパリだけど。

これはどうでもいいことなんだけど、アローラ地方ってやけにカイリキーいねえ?穴久保ポケモンを彷彿とさせるくらいに日常にカイリキーが溶け込んでいるんだが……

現在のパーティ:マケンカニ、ケラパッパ、アブリー、ディグダ、ベトベター、ニャヒート
_____

ついでにイースⅧも第3部をクリアして4部に入った。いよいよシナリオもダーナ編とリンクを見せ始めているのでここからが本番という感じかな。敵もやけに強くなりだして苦戦を強いられるようになってきたぜ。
_____

実は明日も休みなんだけど、流石に無理難題をやらずにゲームしてる場合でも無いので時間を大幅に割けるのは今日までかねー。つーことでポケモンとイースⅧに戻らせてもらいます。ゲームしかしてないと別にここに書くことないんだよね。

posted by グレイ at 20:20| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

生活記録

久々に長時間外出した影響か、はたまたゲームのやりすぎか目と頭が痛い。ううううう。どうしてこんなことに……
_____

ポケモンサンムーンいいかも。無論、俺の中でのポケモン観とは多大なずれが生じてはいるものの、それを踏まえ破壊した上で新たな面白さを提供してくれるのであればなんの問題もない。現時点ではZ技解禁したくらいで感想なんて書けるレベルではないので思うことは多々あるけど、まあそこそこ好印象としておこうかな。
問題は、XYの時も序盤はすげー好印象だったってことか……。あれは客観的に見れば見るほど良く出来たゲームだったが、中盤くらいから悪感情が支配し始めエンディングで遂に「嫌い」とすら思えてしまう出来だったからなあ……。これは俺と開発陣及び世間とのポケモン観のズレが大きいんだと思うけど。エンディング見るだけではポケモンやったとは言えないという意見も分かるけど、本編が面白くなけりゃエンドコンテンツなんてやる気は起きないよ。
後は現時点でも既にXYでの俺をげんなりさせた低難易度化の影響はひどく大きく出ていることがどう響くか、だな……。ポケモンはRPGとしてみれば間違いなく簡単なゲームだけど、だからと言っていたずらにぬるいだけのゲームなんかでは決してない。強敵ジムリーダーやライバルがいるからこそそのキャラのインパクトは凄まじく記憶に刻み込まれる。BW2までは確かにすげえ難しいとは断じて思いもしない簡単なゲームだったが、それでもヒリヒリするような戦いはいくつもあった。今作は極めて親切にシステムを示してきた分基礎難易度は上げる方向なのかなーとか思っていたけれど、現時点ではあんまその傾向は見られない。この辺はもーちょいやってから考えようかな。
あとこれはあんまり関係ないけど、ポケモンってこんなにムービーパートみたいなの多かったっけ?XYがどうだったかの記憶はすっぽ抜けかけているから語る資格は無いんだけど、どうも巷で言うJRPG感が強くなっているような……。俺自身はもちっとテンポがいい方が好きだ。

とりあえずエンディングまではプレイするとして、面白ければ対戦まで考えるって感じか。その前に自分のポケモン観を整理してまとめておかないとな……。どうでもいいけどポケモンを語っている人って対戦面のみ抜粋している人が多くねえ?ゲームとしてどうかを言ってる人を見かけないのは俺の巡回範囲が狭いからなんだろうか。うむむむむ。うーむ。

現在のパーティ:マケンカニ、ケラパッパ、ニャース、ディグダ、ベトベター、ニャビー
_____

・『ポケモンGO』“ポケモン”と“リアルワールド”を結びつけた30歳の若き開発リーダーが見つめる現在
http://app.famitsu.com/20161119_896463/

ちょっと後でちゃんと読んでおこう。今はどうも頭痛が痛いみたいな、馬から落馬みたいな感じだから。
_____

・ターゲット層から外れた人のレビューも大切!
http://kentworld-blog.com/archives/target.html

つーことは俺が原作何も知らずに惨めにやっていたシルバニアファミリーとかとっとこハム太郎もどっかの誰かには需要があるってことか!でもそもそもそれらのターゲット層ってネットでゲームの情報調べたりし無さそう。何もかもが無意味で虚しいな……。
それよりも自分の立ち位置をハッキリさせた方が良いってことの方が重要なのかねー。上で無駄に「ポケモン観」って言葉を多用しているのも実はそういう意図があるのよね。ポケモンを対戦ツールとしてとらえていたりする人が多いからこそ、その立ち位置に立ってない俺がボケた意見をかます可能性もあるわけだし、逆に対戦派にとっては「クソどうでもいい」ことに拘るかもだし。
立ち位置ねえ……。個人的にはハッキリ書いてないけど、文章から見え透ける人のは非常に魅力的だと思うけど、でもそういう人って少ないイメージだからなあ……
_____

目が痛くなってきたのでこの辺で失礼させていただきます。なるべくポケモン早くクリアしたいところだけどメモを取りながらのプレイだから速度も早くないしなあ。イースⅧも序盤なのか中盤なのか分からないしどうしよー。


posted by グレイ at 20:28| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

HeyでSTG ポケモンサン買いまして

数か月ぶりにHeyに行ってきた(≧▽≦)!!久しぶりだとやっぱ楽しいーッ!!以下戦績。

・大往生(黒)
しばらくやってなかった割には黒のおかげか1クレ4面で好調。プレイしたその記憶は指先にしっかりと宿っている。やはり大往生は素晴らしい縦スクロール弾幕STGだ。胃がねじ切れそうになるほどのスリルと快感を兼ね備えている。

・ケツイ
ボムし損ねるミスを繰り返し3面で隅っこに追い詰められたりして撃沈。下手になってるな……。しかしやっぱり大往生と同じく至極の縦STGでありました。

・レイフォース
1クレ5面ボス。残機5設定でこれはヒドイ。弾が避けれてないというよりも初歩も初歩のミスを連発している。このゲーム年単位でプレイしているはずなのにー。全く情けなくて仕方がない。

・レイクライシス
1クレ3ステージ目で敗退。つーか序盤にボム押し損ねるミスさえなければぜってーDis-Human行けたはずなのに。全く成長しないねー。

・蒼穹紅蓮隊
1クレ3面で撃沈。ボムの使いこなしがカギを握ると分かっていても実行できるかはまた別の話。パワーアップアイテムを必死で避けてたら誤死っちゃったよ何度も何度も。

・カラス
1クレ3面で平凡。You can't fxxk meはいつ聴いても良し。プレイ内容は1面でまさかのミスなど非常にヘボイ。

・ナイトストライカー
レバーが純正のものではなくなっていた。ナイストは派手に動かすからなあ……。結果は1クレ4面。誘導ミサイルがねー派手に操作しないと回避出来んのよねー。

・ダライアスⅡ
1クレ3面と微妙。ルートを間違えたような気がするな……

・スクランブルフォーメーション
実は初見。結果は1クレ代々木。当たり判定の微妙さと自機の動きの遅さ弾の視認性の妙さもあって難易度はかなり高めの印象。第一印象はこりゃ音楽と見た目以外は良くないね。
逆に圧倒されたのがそのグラフィック。時代を考えても非常に緻密に書き込まれてて見るものを圧倒させるだけのパワーを持っている。流石はタイトーって感じかな。すげーっすよ素直に。

・V・V(ブイファイブ)
実は初見。東亜プランの代表作。スラップファイト系(グラディウスみたいにパワーアップ形式)ってのは知ってたけど実際にやるのは初めて。東亜系は達人王を初っ端に遊んでたので畏怖の念が残っちゃっててね……
1クレ3面だがその完成度は極めて高いし難易度もBATSUGUNとどっこいかそれより上って感じの良心的な作りにうなってしまった。結構好みのゲームらしい。そこまで常人離れした動きを要求されることも無いのがいいな。清く正しくリーマンSTGって感じのシンプルさとアツさがいい。

・ヴィマナ
これも初見。1クレ1面?でヘボヘボ。難易度自体はべらぼうに高いとは思わないけどどうもこっちは合わないみたいだな……。悪くはないんだけど…

・バトライダー
1クレ6面で絶好調。ハッ!やはり自分の腕前でもここまでは来れるんだヨ!ということで一人で満足。ガレッガとは異なりショーティC選択とかなら難易度が下がるのがやっぱりいいね。凡人にとってはガレッガは4号機時間切れでもヒーヒー言うくらいの難易度だから……

・作戦名ラグナロク
よーやくエミュとかじゃなくてまともにプレイ出来た。最高記録は連射の力もあり1クレ7面ボス。ボムを的確に使えばエンディングまで見れたと思うんだけど、レイブ系の音楽がHeyに響き渡っているのがなんか恥ずかしくなってきたので数回やって退散。俺がもう少し肝の据わった人間だったらならなあ……

・BATSUGUN
1クレ3面で大失敗。これはヒドイ酷すぎる。弾が見えてないというか弾にあえて当たってるみたいな無残すぎる結果。今回の大反省材料の一つ。前は確かに2周目に入ったはずなんだけどなあ。

・雷電DX
通常コース(雷電Ⅱ)を流れ弾を避け損ねて1クレ2面で撃沈。いつも通りといえばいつも通りだが成長してえ……

・ライデンファイターズ
1クレ3面で凡死。隠し機体を使えればまた話は違うのかもしれないが、通常だとこの辺が限界か……

・ライデンファイターズJET
1クレ6面?こっちはしっかりとフェアリーを出してプレイしていた。一回だけどれが俺か分からなくなって死んだけどそれ以外は概ね良く出来た方のはず。

・グラディウス
今回最大の収穫?AC版グラディウス(初代)なんておいちゃん初めて見ちゃったよ!!その響き渡る音色といいまさに初代だ。俺が惨めにファミコンをやってた時の記憶がよみがえる。あの夢にまでみたAC版グラディウスがここにあるとは……
ちなみに結果自体は1クレ3面としょぼしょぼ。初代は得意だった記憶があったけどそーでもないのか、はたまたパロディウス系のバランスに慣れちゃった結果なのか……

・イメージファイト
1クレ2面で即死。情けなし。ファミコン版とはやっぱり感覚がエライ違うみたいだ。FCは見て回避とか普通に出来た記憶があるんだけどこっちは操作デバイスが違うのかどうにもならんかった。うーむ。パターンは覚えていたからボスは勝てたんだけどもー。

あとHeyに寄る前に19XXもプレイしてたんでその戦績。

・19XX
1クレ6面でそこそこ。ちゃんとボムを使いきるってのが重要か。緻密な戦術構築はさほど必要はない印象。でも最後の方はもうちょいつめないといけないか。うーん。
__

やっぱり人間弾幕の間をすり抜けるように生きていないとダメですねーってことで、久々に気合入った感じ。STGは楽しいなあ。

それはともかく秋葉へ向かった本題はザナドゥサウンドコレクションの確保だったんだけど、品切れだったみたいだ。これだけのために秋葉へ7時間近く飯も食わずに滞在していたことを考えると何か虚しいな……。しかしちゃんと次回いつくらいに入荷されるかの目安の情報は覚えておいた。次は逃さん…!次はまあたぶん通販で頼むことになると思うけど。
_____

秋葉原でポケモンサン購入。やべーな。買っちまったよ。これ以上同時進行のゲームを増やすのは危険でもあるのに。
そして謎なのはついでに6本もゲームを買っていることか……。いったい何考えているんだろうねこのボンクラは。遊ぶ気があるのかないのか分からないゲームをバカみたいに買ってるんじゃないよ。
購入物は以下の通り。
・機動装甲ダイオン
・メガロマニア
・宇宙レース アストロゴー!ゴー!
・バロック
・パワポケ1
・パワポケ2(ダブり)
一応気になるゲームを買ったという面目ではあるが……にしても、本当に買うべきものだったのかは分からん。一応秋葉原は金さえ出せば欲しいものは手に入る土地柄ってのはまだ継続しているみたいだな。うーむ。エルナードクリアして暇で暇でしょうがなくなったら機動装甲ダイオンでもやるか。パワポケはそのうちにやっておかないといけないね。2は持ってたソフトがセーブデータのイカレたジャンクだったから今回ので動いてくれるといいが。

あと一応ゲームサントラ系の店も巡回。安定のまんだらけに加えてトレーダーも良心的ないいお店かな。特にまんだらけは前見た時ろくなもんが無いっていう記憶があったけど、今回は妥当な値段設定で品ぞろえもかなり復活気味だった。いいお店だよ。何も買わなかったけど(買えよ

ポケモンは暇ができたら始めるかも。なんかプレイするの怖いなー。これでXY並のゲームだったらと思うと怖くてパッケージの封を切ることも出来ない。ううう。
_____

おファミの感想でも一応書いておくか…

・日野晃博&吉田直樹対談
文字が多すぎたので流れを追えず。あとで確認か…

・マリオメーカー3DS
WiiU版とほぼ同内容のコース作りが楽しめる!か……。WiiUで出来ることなんてしょせん3DSでも出来るぜみたいな感じにも聞こえてWiiUは本当に不憫だな。ゲームとしては面白いこと確実だが、WiiUがなんだか可哀想でならない。

・ミートピア
こっちはまたトモダチコレクションみたく波及する内容になる、のかあ?正直印象は微妙。確かに面白さがあることは知っているものの、これが今更またトモコレ並みに支持を得るとは思えんのよね……。一部の濃い任天堂ファンの間では支持を得そうだけどさ。どうなることやら。

・かまいたち5pb.リメイク
スパチュンはあくまで開発協力監修なのかよ!?それはちょっと不安に思えるな……。開発のエスチュアリウムはよー分からんがあかべぇそふと2のところなのかね。この辺の知識は無いからシナリオへの期待感もよー分からんな……。竜騎士07さんも関わってるらしいがどうなることやら。

・クロスレビュー
プリンセスは金の亡者、ほぼ全員が値段がーと苦言を述べていたな……。こういう新規に新しいゲーム作ってくれるところは貴重なだけになんか切なくなった。いや俺もたけーなとは感じてるけどね。

・無慈悲
言いたいことも言えないこんな世の中POISONだぜ!言いたいことを言えた試しがねえ!

・ポケモンサンムーン
で、これか……。とりあえずDは大森氏ってことは覚えておくか。でも俺大森氏が手がけたオメガルビーアルファサファイアやってないのよね。ORASの評判はかなり悪いが、それは無理なスケジュール設定とリメイクってことでの軋轢だと信じたいところで、面白いゲームに仕上がっていることを祈りたいところだが……。ポケモン観や思想のずれがあることは仕方がない、がまだ俺はこの人の手掛けたポケモン(つーかORAS)をよく知らんからねぇ……。この人が前に出だしたのはXYの頃の記憶もあるけれど。とりあえずお手並み拝見といたしましょうか……

・VR特集
やっぱりみんなRez面白いと思ってるんや!やっぱりVRはRezがNo1や!

・福満エッセイ
なんか無慈悲感ある話っすね。所謂クリア出来ない症候群か。うーむ。

・なつゲー
お題目はスーパードンキーコング3。そしてハードモード(つーかチートモード)のことにも触れられていた。俺もたまにはハードモードでもやってみるかー。

・VVVVVV
VVVVVVまさかの大特集!!俺がひねり出した文章よりも数倍分かりやすくまとまっている辺りプロの仕事感があるぜ……

・桜井コラム
お題目はミニファミコン。夢の泉の話もちろりと。ミニファミコンを楽しむのは時代背景も込み、今のゲームと比べるのは野暮ってもんですか。うーむなんだかVCとか実機でいーじゃんとか思ってた俺も名作の数々をミニファミコンでやってみたくなったような。記念碑的なハードでもあるわけだしなあ。
_____

・PS4向け“アケアカNEOGEO”『メタルスラッグ』の配信日が11月24日に決定
http://www.famitsu.com/news/201611/18120955.html

おおメタスラ。めでたいめでたい。骨太アクションが出るのは喜ばしい限り。でもこれ3普通に移植出ちってるけど3まで出してくれるよな……くれるよね?出す意味ねーと言われればそうかもだけど。
そういや最近ようやく某所から紹介されたメタスラの人のブログの文章を全て読み終えた。ゲームに対する深い洞察はあまりにも素晴らしい限り。閉鎖したのが残念無念ですな……
_____

・エムツーのテクノロジー“E-mote”の魔術とは? 2次元のイラストをそのままのテイストでVR空間に再現する“2.5次元”の表現方法に迫る
http://www.famitsu.com/news/201611/18120094.html

M2の謎技術の話。これが知りたいがために原作全く知らない『プラスティック・メモリーズ』を買おうとしている俺がいるぜ……
_____

サンムーンはのんびり進めることにいたします。色々と思う所もあるし。とりあえずの主軸はイースⅧで。サブにメタルブラック、エルナード、ガーヒー、ポケモンサンみたいな感じでやっていくのかなあ。とりあえず動作確認だけでもやっておくか。

posted by グレイ at 21:28| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

夢を見ているかのような ロボボサントラ 明日にはポケモン新作が発売されますね

バトルガレッガでここ最近3面落ちを繰り返す虚しい日々を送っていたんだけど、これじゃあいかんと気合を入れて1クレだけやって帰るのではなく新規にもっかいコインいっこ入れてみた。
その結果まさかの人生初7面に到達。おおおおおなんか6面もクリアしてしまいましたよ!!??いやホントマジで!?あのバトルガレッガを!?もはや夢でも見ているかのようだ……。しかもしかもしかもだねえ、ブラックハート様もノーミスで倒すことが出来ちゃったんだよ!!自分で自分が信じられない。ありえねえ。凄すぎる(自画自賛
でもなんでクリア出来たか自分で検討が付いていないんだよな……。6面で不慮の事故で勲章落っことしてそれ以降気合避けのことしか頭は考えてなかったから……。とりあえず思考停止して左右切り返しでどうにかなることは分かった。分かったけどこれはロジックでは回避出来そうにない…というよりここまで来るのに四苦八苦だからどうなるかも分からんなー。虫姫ふたりBLの5面みたく切り返しさえ出来ればあとは感覚で動いてどうにかなる難易度の予感もするが、弾と弾の間を縫うように動くのは神経を使いすぎで疲労感が危ない。よく6面を気合だけで突破出来たと自分でも思うよ。直前のプレイで2面で勲章取りこぼした上に3面で残機全消滅した身とは思えんな。
6面の攻略法はあんまり見えないけれども、とりあえず6面で勲章落とした時はどうするかについては考えた方がいいかも分からんな。1~5までならまた取り返せばエクステンドが救ってくれると希望も持てるが、ここで勲章また集め直しだとランクは上がるわで地獄しか見えない気がする。そこに気が付けばもー少し安定して動けたような気もするんだけどー。一応やるべきことがやたら多い1~5面に比べれば切り返しで弾避けてヤバくなったらボムッてアイテム全無視と割り切るのが最も効果的なのかなあ。ボスはランクさえ低ければどうにか自分の腕でもどうにかなるっぽいし。
しかしそれにしても充実した時間だった。随分久しぶりに目を血走らせて奥歯をカタカタ言わせて手先の震えを押し殺して神経を尖らせてゲームしたように思える。こんな集中というか熱中したのはいつ以来だろう。こんな思いをするようなSTGは斑鳩とか大往生くらいしか思い浮かばない。そういうのばっかりやってても疲弊しちゃうけど、たまにはこうしてマジになれるゲームが出来て良かった。ガレッガはやっぱり面白いな。
_____

イースⅧ、遂に2章をクリア。御約束ながらも予想外の展開は痺れるものがありましたかね。
ところで重要キャラの死亡シーンで雨が降るって演出は王道なのだろうか?思わず「雨が降って来ちゃったよ」とケラケラ笑っていたのだが、冷静になって見つめ直し思いなおすとこれらのシーンに笑える要素は一つも入っていない。しかもシリアスな笑いでも何でもない。重要キャラだとはいっても一応序盤も序盤だし、泣かそう泣かそうという意図が込められているわけでも無い。だが、少なくとも笑わそうという意図だけは間違いなく入っていないはずだ。なぜこんなシーンで笑ってしまったのか。もう自分は真人間へは戻れないのだろうか?
で、それ自体はまあいいんだけど、ダブル主人公の触れ込み通り2人目の主人公ダーナが出てきたんだけど、そのあまりにも恥ずかしい恰好に思わずめまいを起こした。いや……一応そこまでグラフィックの質が滅茶苦茶高くない(低いとは言っていない)ことも幸いして耐えられることは耐えられるんだけど、どうもこういうのは苦手だ。そういうゲームと割り切れるエロゲーとかは苦手だけど平気といえば平気だし、ケイブSTGの大復活みたいなシュールな路線とかマイティースイッチフォースみたいなあっさりエロ(そんな言葉は無い)なら全然大丈夫なんだけど……。俺はこのゲームの客層じゃあどうもないみたいだな……
_____

・『星のカービィ ロボボプラネット』のオリジナルサウンドトラックが12月15日に発売決定
http://www.famitsu.com/news/201611/17120731.html

おおおお!!??なんか普通にサントラ出ちゃってますよ!!??これはめでたいめでたい。カービィサントラはひょっとすると今後定期的にポコポコ出してくれるかも。
一般流通で出るのであれば、在庫切れで一躍地獄絵図……みたいな未来は無いと思うけど、そうは言ってもプレミアから逃れられないのがカービィサントラでもあるからなあ……。64みたいな例外もあるけど。夢の泉、きらきらきっず、ベストセレクション、大迷宮、Wii、トリプルデラックスらの、数々の金では買えなくなってしまった者たちを忘れるわけにはいかない……と思うのなら買っておいた方がいいかね。つーかカービィだからこんな訳の分からない想念に思いつめられる前に買うべきものであることは確かなんだけどね。
でもその日はサガスカ購入予定だからおそらく金ないんじゃー!!とことん意味ねーな。とほほ……
_____

所用で電話のやり取り。だが俺の言い方も悪いのか要領を得ないやり取りの応酬で精神をすり減らしぐったりモードに。しかも問題は解決していない。電話で話すなんて簡単なことすら大苦戦する自分は一体何なのか。いつの日にか、社会復帰したい。
_____

あと大学の講義中腹痛でトイレに駆け込んだらGが出現した。もはやこの世に安住の地は無い。呪われたように苦難困難災難が押し寄せてくるな……
_____

・PS4版『INSIDE』が11月24日に配信決定! 『LIMBO』開発スタッフによる横スクロールアクションアドベンチャー
http://www.famitsu.com/news/201611/17120798.html

おおやっぱり箱一だけじゃなくてこれでも出るんかいな。うーん。面白いことは確実。あとはいつやるか、に尽きるわけだな。PS4、なあ。うーん。うーん。ガレッガも出ちゃうしホントに考えておかないと。
_____

・『ポケットモンスター サン・ムーン』初回出荷本数が世界累計で1000万本を突破!
http://www.famitsu.com/news/201611/17120824.html

そしてポケモンも明日発売か……。実はどうにか工面すれば買えなくもない。しかし、どうしたもんかって感じでもあるのよね……。数々の変革をゲームフリークは頑張ろうとしていることは分かるし、それによりゲームが面白いものになってくれるのなら万々歳だ。だが、その前にXYというあまりにも深い傷を与えた論理的客観的に見たら良作、個人の偏った主観で見ればこれは酷すぎるとしか言いようがないゲームがあってね……。あれの再来となってしまう恐怖が……。その恐怖は根強く、ポケモン本編は必ず買うという信条があった自分でもORASをスルーしたほどに恐れの念があるのよね……。どっちに転ぶとしてもいずれやることは確実なのであれば、買えたら買っておくか……。とりあえず誰も定義できないポケモンらしさに拘って自爆したかのような出来の作品を送り出すくらいなら完全に破壊した上で新しいポケモン観を作りだそうとしているサンムーンの方向性自体は結構応援したい思いもあるんだけど……。どうもポケモンにはパワポケ同様歪んだ愛情があるから、面白くあってほしいんだが、どうなることやら。これでRPGとしてのポケモンの出来がXY並だったら…と思うと不安しかないが、そこはもうゲーフリを信じるしかないか。頼むぜゲーフリ。対戦面での面白さを推し進めるのもいいけど、まずは一RPGとしての面白さを。なにとぞ。
_____

ま、明日はHeyにでも行ってみることにします。ゲームショップサントラ販売店徘徊はやらないかなー。でも、ザナドゥサウンドコレクションを探すだけ探してみることにするか。うむむむむ。

posted by グレイ at 21:10| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

なんで19XXは家庭用移植がないんじゃー!!

私的メモ:柏地下ゲーセンに連付き19XXの存在を確認。このゲームは努力すればクリアできる!!といった気合の入ったポップが眩しい。
___

というわけで、実は未プレイだった19XXをプレイしてみたんだけど、あまりの面白さに3時間くらい「ふっひゅあー……」と恍惚してしまった。いやはや、このゲーム凄いねー。第2次(もしかしたら第3次?)STG黄金期(ダラ外&レイフォース~レイクライシスあたりまでの時代)のゲームなだけはある。19シリーズだとどうも彩京の方を先に触れた影響でそっちの方を意識しちゃってカプコンの19シリーズ(ミッドウェイ海戦とか)はそこまで触れる機会もなかったのよね……

今作は一発即死のオーソドックスなSTGで、シンプルイズベストを貫き、かのストライカーズ1945Ⅱや雷電DXに匹敵する分かりやすさと完成度を持つ作品だと感じた。今作のバランスはプレイヤーを絶望させないその極まったバランスの良さにある。同時代のガレッガが地獄の業火のようなハードコアSTGだったのに対してこちらは初心者から上級者まで飽きさせないバランス取りが出来ていると思う。
今作の特徴はなんといってもタメ撃ちにあり。更に溜められるのはショットだけでなくボムも可能だったりする。まずショットのタメ撃ちはというと、ロックオンショットになる。敵を捕捉して超火力の攻撃をこれでもか!というほどに叩き込む。それをテンポよくポンポンと出せるのだから気持ちが良くて仕方がない。更に上手いのがそのタメ撃ちを積極的に使わせる敵配置。中型機大型機にはこのタメ撃ちが刺さりに刺さりまくる。群がる雑魚を連射撃ちでいなし、中型機をタメ撃ちで即破壊!そのテンポの良さ気持ち良さは計り知れない。次にボムのタメ撃ち。むしろ今作の肝はこれなんじゃないかなーと。押した瞬間に敵弾を消滅させるので緊急回避に使えるのはもちろんのこと、そこから溜めることによって1段階2段階3段階とボムレベルが上がっていきボムが強力になる。1段階でも画面全体を炎上させるといった感じに強力だが3段階だと脳震盪でも起こすんじゃないかと思うほどの爆撃が眼下に展開され、そのあまりにも胃にズシリと来るボムの重圧に酔いしれ恍惚としてしまった。その破壊力は無論超最強。ボスもあっさり沈んでいくほどの火力だ。ボムの演出ではセイブ系のゲームに勝るものはもうダラ外くらいしかないだろーとか思ってたけど、ここにそれらに匹敵する胃に来るような衝撃的な爆破演出があったよ……。話を戻してボムだが、最初に押した時に弾消し効果が存在し、タメて離した時にも弾消し効果が存在する。つまりは1ボムで2回弾を消すことが出来る。これにより積極的にボムを使えば非常に爽快かつまっとうなバランスになっている。タメ撃ちとタメボムの力に気付かないうちは2面で撃沈して「面白いけど難しいよ!」とかなんとか思ったりもしたがボムを積極的に使うようにしたら初見にも関わらず6面まで来れてしまった。この辺の調整の上手さはカプコンSTGって感じだろう(カプコン製STGは概ね難易度適切の印象。エリア88とか)。
カプコン19シリーズとしての演出の妙も健在。健闘ヲ祈ルや撃沈といった文字が踊り狂うのは見ているだけでテンションが上がる。ミッドウェイ海戦と比べると今作は世界観が混沌としている(というかオーバーテクノロジー感もあったりで彩京っぽい)。が、その統一のとれた混沌さのおかげもあって戦場のバリエーションは豊富かつ見ていて飽きない。3面の滝下りのシーンとか思わずすげーとか思っちゃったよ。列車が登場するステージも非常に面白かった。素晴らしいカッコいい。
更にはスコア稼ぎまでアツい。勲章もアホほど降り注いでくるわボスの即破壊がアツいわ稼ぐと階級昇進が起こってなんだかそれを見ているだけでも楽しいわともはや文句のつけようがない。攻略にも稼いでエクステンドはボムの強力さもあってかなり有効と感じた。生き残るために稼ぐのも、稼ぐために生き残るのも、どちらにせよ稼ぎが極めて面白いのは紛うことなき事実。
音楽も文句なしで良曲揃いで最高。捨て曲無しの完成度が高くSTGのアッパーさを際立たせるそれは素晴らしいの一言。
ということであまりにも面白すぎるSTGでございました。こんなゲームを置いてくれるなんて柏地下ゲーセンは輝いているぜ!ろくなゲームが無い柏デパ地下巨大ゲーセンとは格が違う!地下ゲーセンこそがNo1!そういや去年のベストゲーの一つティンクルスタースプライツもここで出会ったんだよな……。こういったSTGに好意的なゲーセンには逐一行っておかんといかん。距離が遠いから大学図書館が開いてない時くらいしか行ってなかったんだけど、こりゃ津田沼エースばっかり行ってるわけにもいかないな。

しかしこのゲームが家庭用に移植されてない(らしい)のは返す返すも無念だ。人気はあるはずなのにー。今からでも遅くねーから19シリーズみたいな括りで移植されないかねー。
_____

・下呂温泉のリポートもアリ!kentworldと伯爵が選ぶ癒しのゲーム特集!
http://kentworld-blog.com/archives/gerospa-healinggame.html

ゲームセンターCXのたまゲーみたくパラダイスと化した時の止まった温泉ゲーセンの話か!?とか思ったらこりゃまるで関係が無いな。残念。そういや浪人時代に塾の勉強合宿みたいな企画でどっかの温泉旅館にいった時、まさにそこはパラダイスだったが(ターボアウトランとかわにわにパニックが置いてあったような…)、周りに遊ぶような人は誰一人としていなかったからプレイすることは出来なかったのだが……。無念過ぎる。プレイ出来なかったこともさることながら勉強合宿に来てもゲームのことしか考えていない自分が特に。未来無しって感じだ。
癒しゲーに関しては普段嫌死ゲーしか遊んでないような気がするので何とも……。癒しかは分からないけどゲーセンでカラスとかレイクライシスとかをだらだらプレイしてるとなーんか心が落ち着くんだよな。これは癒しと呼んでもいいのか?わ、分からない……
_____

・連載:気まぐれゲーム雑記 第1080回:ブラウザ向けMMORPG「カオスサーガ」が1日でサービス終了するというカオスを垣間見た件
http://dokuzen.com/column/series/chaos-saga-1day-service-end.php

ひいいいいぃぃぃぃ……。こんなこともあるのか……。なんというか色々とアレだ……。
_____

ほんじゃまーまた次回ですさてイースⅧと引ク落ツ。時間が余ったらエルナード……
あと今更先週ポラーラプレイしてたこと思いだした。思いだしたからなんだって話でもあるけど。

posted by グレイ at 21:04| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

生活記録

みんあ!ドリルコーポレーションからLINE用のスタンプ着せ替え画面が出たヨ!
https://store.line.me/themeshop/product/8f906c8d-612d-4e8c-a0a4-54585ee07bda?id=8f906c8d-612d-4e8c-a0a4-54585ee07bda
https://twitter.com/fujioka1118/status/798111365902704641

ところで着せ替えってなんだ?分かんないけど、グーグルアプリに金を補充するとき(がいつになるかは分からないけど)にでも買っておくか。今後ともゆっくりでいいので頑張ってくだされ。
_____

あとゲームジーンの続刊の情報も出てたヨ!
GAMEgene Vol.2 (一般書) -
GAMEgene Vol.2 (一般書) -
って表紙が今俺が進めてるイースⅧ!?タイムリーなのかそうでないのか。てっきりセガ絡み(というかセガ3D復刻アーカイブスが表紙だと踏んでいた。まーちょっと写ってるけどね)かと思っていたんだが。
真価の問われるVol2だが果たしてどーだかね。Vol1はオールドマニア狙い撃ちみたいな印象があったけど今回はよりなんというか遺伝子感が強い。現代に甦ることになるガレッガRev2016とかワイルドガンズとかセガ復刻アーカイブスをしっかりと特集してるあたりが特に。こりゃ今回も注目かな。それはそうと隠し玉で日本製家庭用2Dアクションを研究し尽くした新作2Dアクションを開発中の海外開発会社に掲載が間に合うかギリギリの交渉中!とか言ってた特集の存在が無いのが気がかりだが……。勝手にウェイフォワードかどっかの特集でもやるのかなーみたいなこと考えていたがこいつの存在は果たしてどうなることやら……

つーか特集の一つにあったディスクリーチャーズが滅茶苦茶面白そうだな!!久々にやってみてえと思えるゲームが出てきたって感じだが、フリーゲームか……。本当に面白いものであればやるんだけど(ベルーガとかムラサキとか)、あんまパソコンでゲームする習慣が無いからなあ……。どーしたもんかな……。とりあえず発売を待とう。11/30はゲームジーンでウッドボール!

それはそうと切実な執筆者募集中は解消されたんだろうか……
_____

極パロに一心不乱に打ち込むもタバコ直撃で喘息の発作を起こしてわっかりましぇーんを拝むこと出来ず。久々に6面ボス手前まで行けたのにー。
_____

・かまいたちの夜が大胆リメイク!ミニファミコンが意外なくらいの大ヒット!?他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/bansheeslastcry-remake.html

かまいたちの夜はやってないので何とも…って感じ。5pbがなぜ関わってるのかが不思議なくらいだな気になったことといえば。ラノベを一本たりとも読んだことがない(か細い記憶をたどればNHKにようこそは読んだことがあったような…。ああいうのをラノベと言うのならって話だけど。俺の中ではあれは一応小説なんだけどなー)俺にはとりあえず無縁といえば無縁そうだな……。SFC版でも買っておこう……
クラシックミニファミコンは随分と売れたみたいだけどこれを喜んでいいもんやら…。喜ぶべきことではあるけども、なんか胸中複雑。間違いなくお買い得だし買うべきものではあるんだけど……。NSに繋がる何かがあるわけでも無いし……。それでも名作と名機が復活したことは喜んでおこうかな。これでSFCが出たりしてくれるのなら、それでもってN64とかも出てくれるのなら…!
_____

イースⅧはプレイ時間10時間を超える。とりあえず現時点でのまとまらないまとめ。

・無人島を舞台に繰り広げられる圧倒的な大冒険の面白さは健在。アクションRPGとしては非常に手堅い完成度を誇る。
・今作はシャカリキメインストーリーを進める作りではないっぽい。舞台となるセイレン島は広大かつ探索要素も豊富、更にはクエストの存在とそれに伴うサブキャラクターとの関わりがあるのでメインそっちのけで気ままに冒険できる。
・一方でメインの物語を読み進めるテンポは相当にグダグダ。何度も拠点に戻される(漂流者発見や拠点敵襲によって)のでメインの物語を進めるぜ!と気合を入れたその矢先に敵襲のために戻ったりしなきゃいけないのは結構アレ。だが拠点防衛も面白いことは確かなのでこの辺は何を重視するかで好みは分かれるか。
・アクションとしての作りはやはりファルコムなだけあって高し。だが調整はかなりキツメの印象。フラッシュムーブやフラッシュガードをガンガン使わないとアッサリぽっくり逝きかねない敵がいたりボスがそんな性能だったり。難易度としては普通。難しくはない。むしろ適度に苦戦する作りは流石の職人芸。苦労して勝つからこそ達成感が生まれる。その辺の作り込みはガチだ。
・キャラクターのキャラ立ち具合は流石のファルコム。モブキャラですら異様な存在感を誇るのは流石でございまする。ここに関しては文句なし。
・でも10時間で分かることなんてテンポとレスポンスとバランスくらいなので当てにはならない。今のところ手堅い良作って感じかねー。
_____

忙しいんだか暇なんだかよく分からない日々に移行中。明日は暇らしいから色々やっておきたいところではあるんだけれどもー。


posted by グレイ at 21:34| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする