2016年11月15日

ゲーム音楽 暴れん坊天狗

暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC- - ゲームサントラ
暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC- - ゲームサントラ

暴れ狂う超エキサイテングプログレ天狗サウンド。ゲーム音楽『暴れん坊天狗』の紹介。


・メーカー メルダック
・ハード FC
・作曲者 中潟憲雄、大久保高嶺
・ゲームプレイ状況 未プレイ
・サントラ状況 「暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC-」に収録。所持済み。


曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより引用)

「曲名」 補足
「Suzumushi」 オープニング
「Old Nick」 プロローグ
「Military March」 タイトル
「Verge of Danger」 ステージセレクト,コンティニュー
「SE1」 ステージ決定
「Tengurila」 ROUND1-1
「Exodus」 ROUND1-2
「Desperation」 ROUND1 BOSS/自由の女神
「Clear」 ROUND CLEAR
「ZombieNation」 ROUND2-1
「Hangaragimo」 ROUND2-2
「Oyagi」 ROUND2 BOSS/ポール・バニアン
「Strontium 90」 ROUND3-1
「Delusion」 ROUND3-2
「No Problem」 ROUND3 BOSS/移動原子力発電所
「Streamer」 ROUND4
「Cream Zone」 ROUND4 BOSS/金星ヘビ
「Eiba」 ROUND5 BOSS/エイリアン・イーバー
「Song For U.S.A」 エンディング
「Love & Peace」 スタッフロール
「Pause」 ゲームポーズ
「Dead End」 ライフ残1
「Buwoon」 無念
「Game Over」 ゲームオーバー
「Delta Rap」 BEST SCORE


続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

生活記録

イースⅧをしつこく進める。今現在のプレイ時間は8時間ちょいで2章の途中。ゲーム的にはまだまだ序盤なんだけれども、その圧倒的な王道感というかなんというか、複雑な感情を抱えて熱は少し冷め気味。一度ネガティブな方向に振り切れると一気にマイナスに傾くのは自分の悪い癖でもあるんだけど、イースⅧもそれに引っかかりそうな予感がして嫌な感じ。
といっても出来が悪いわけでは全くない。むしろ出来自体を見れば間違いなく良作。手堅い出来の安定のファルコムクオリティの作品だ。だがそれ以上に王道感というか、なんか薄ら寒い何かがゲームのそこかしこにあるのも事実だ。イースⅧの物語は無人島にして謎の島「セイレン島」に、例によって船が転覆して島にたどり着いたアドルが冒険しまくりっていう、まあよくあるものというか普通に王道なものだ。最初の導入部分での「これぜってー船転覆するだろう」みたいな読める展開なのはまあいい。それはもう王道の味なはずだし実際それは結構楽しんだ。
でも……なんか仲間を集めて行くうちにだんだんと冷めたものを感じてきているんだよね。結局みんな生きているのかよ、みたいな。それが見え透けているのがなーんかちょっと……。船が大転覆したのに結局ほとんどみんな生きててリアリティに欠けるような気がしてね……。王道のゲームはそんなものと言われれば確かにそうかもしれないけど、何か薄気味悪いものを見ているような気がしてならない。現在の予想だと船で絡んだ連中は全員生きているとみた。
仲間たち及びモブキャラは本当に魅力的だよ。それは本当だ。軌跡シリーズとかでの丁寧な掘り下げは今作にも顕著に表れていて違和感は全く感じられず素晴らしいことは間違いない。でも、なにか薄っぺらいものを感じてしまう。それが何なのかはぼやけてて分からないんだけど。軌跡シリーズでもイースⅦでもこんな思いを感じたことは無かった。これは年月を経るうちに価値観とかが歪んだ証拠だったりするんだろうか。そう思うとそれはそれでなんだか夜逃げでもしたくなってくる。

一応その点以外は王道RPGとしてかなり楽しんでいるんだから問題は無いといえば無い。無いが、なんか嫌な感じ。どうしたもんかな……。久々の王道ものだから脳が対応できてないのかな。直前にやってたジアビスでは妙な違和感を覚えることは無かったが……。とりあえずなんだかんだ楽しんでいることは事実。変な違和感こそあるもののゲームとして面白いのならそれでよし。それもまた王道の味として受け入れることにしましょ……
_____

・ニンテンドースイッチの値段、トイザらス カナダは26000円と表示
http://ga-m.com/n/nintendo-switch-price-toys-r-us-ca/

カナダってのがまた分からないが……日本でもこのくらいの価格なんだろうか。そうだとすると結構勝負に出たなーみたいな感想なんだけど。あーでも税込みで3万切るくらいと想定していたからこんなもんなのかなー。税抜き価格だとすれば結構妥当な値段のようにも見える。
しかし値段なんぞ二の次。面白いゲームが出来るか、出るかにかかっているわけでありますので、えー、とりあえずVCが有るか無いかだけでもハッキリしていただけると。それさえ分かればもう少し動きやすくなるんだけどなあ。理想を言えばe-shop継続なんだけどもー。というかWiiがぶっ壊れた影響で買いそびれてるペンギン生活とか魂斗羅Rebirthとかの扱いがひっじょーに気になるんだけれども―。
_____

・ケイブの弾幕系シューティング『怒首領蜂 Unlimited』がリリース決定! 事前登録&配信時期が明らかに
http://app.famitsu.com/20161114_889400/

なんだなんだ新作か新作か!?でも見た感じ最大往生のキャラが普通に写ってるな……。どうもケイブの展開はよく分からんな……。
スマホがまともに動かせない体質の人間にとってケイブSTGはまともに操作出来なくてかなり残念ではあるもののせっかくの新作だし落とすだけ落としておくか……。そういやandroidだから一面番長はどうすることも出来んかったな……
ケイブとはまた違うけどスマホでケイブSTG的弾幕STGが結構いい感じみたいな記事をどっかで見たけど(タイトルは失念)アレの対抗馬になるか、それとも意地を見せられるか……実感できないのは無念だが注目かな。
_____

・“ダライアス30周年記念 大漁祭”が12月2日に配信 ZUNTATAの石川氏、MASAKI氏によるミニライブも!
http://www.famitsu.com/news/201611/14120535.html

小倉久佳音画制作所さんがゲストに登場しちゃってワーオ!みたいな感じ。なのは結構なんだけどその日はクソ忙しくてのんきに見てる場合でも無さそうだ。どうも無念だな……。非常に中身は気になるが……

abemaTVのZUNTATAリンク
https://abemafresh.tv/zuntata/
_____

ファンタジーゾーンで遂になぜか8面へ辿りつくことに成功。今作の秘訣はケチケチせずに金はガンガン使え、だったのか。そりゃあ今までクリア出来ないわけだよな……
しかしボスラッシュの驚異的な強さに絶望気味。もはや俺の腕前ではこれは厳しい気ががががが。YA-DA-YOを聴きたかったがそれはどうも無理そうだな……
_____

・【特別対談】映像美が必ずしも購買意欲に繋がるわけでは無い?PS4が必要とするライトユーザーの性質とは?
http://kentworld-blog.com/archives/ps4-break2.html

実は自分の中ではスマホゲームをやっている人たちも最近は超コアユーザーに見えてきてるんだよね……。だって、もう何やってるのか分からねーもん。あそこまで目を血走らせてゲームすることなんかめったにないよ俺。コアユーザーとライトユーザーの線引きはどこにあるのか、それが長年生きてきてもまるで分からないのが不思議だ。そもそもコアユーザーとは?ライトユーザーとは?分からん。サッパリ分からん。
最もよく分からないのが最新のゲームの情報だけは追ったり一応ゲーム買ったりしてるけどゲームをしているかと言われればそうでもなく、時季外れのゲームばっかやってる俺みたいなユーザーだよな……。一体何をしているのだろうか。自分がしていることはゲームのためになっているのだろうか。非常に疑問に思う。
……特攻空母ベルーガでもやってこんなことはとっとと忘れるか。コアもライトも関係ない。面白いゲームがやれればそれでいいや。
_____

さてと今日も今日とて徹夜でイースⅧイースⅧ……。思えば徹夜してでもやりたいと思わせる力はあるんだからやっぱ面白いんだろうな。ゲームのために睡眠を犠牲にするような生活は久々だしある意味ゲーム熱復活に一役かった作品かもしれん。うーむ。っと、こんなこと書いてないでイースⅧイースⅧ。


posted by グレイ at 21:14| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

11/7~11/13

ザナドゥシナリオⅡのKlepsydraは実に良いなと思う今日この頃。Beepが出したザナドゥのサントラが売れてこっちにも着手してくれるといいなあ……


・イースⅧ
現在プレイ時間4時間2章で鍛冶場作成まで。遊ぶほどに王道感というかファルコム感が強まってくる。イースだ。これはイースだ!そこがいい。
アクションの方も今のところは文句なしなんだけどまだ操作がガチャついているので覚えが足らない感じ。この辺は慣れるしかないかねー。それでもすんなり馴染む作りは流石だ。

・ガーヒー
ガンスターヒーローズに出てきたあいつを倒した。こいつは実績解除に関係していたんだな……。VSモードは数回やっておいて慣らしておいた。慣らすといってもキャラランダムでやってるから慣らすもクソもないんだけど。
そいやガーヒー、Oneに対応したみたいっすね。めでたいめでたい。この調子でバガンもよろしくお願いしたいもんです。

・Lumo
亡霊が踊ってるエリアの一つはクリアし残りおそらく3つ。だがしかし人間辞めざるを得ないような仕掛けの連発にハートブレイク。古き良き超難度アドベンチャーを遊んでいるかのような面白さはあるんだがこれは……。いや難易度もそこまで絶望的に高いわけではないっちゃ無いんだけど……

・マイティースイッチフォース2
完全クリアを成し遂げ完全勝利。今作も素晴らしい出来栄えでございました。アクションの多少の変更とパズルの難易度の上昇はあったものの総合的な難しさはさほどのもんでも無く前作同様万人からコアゲーマーまで飽きさせない作りが素晴らしいものでした。ステキです。

・アフターバーナーⅡ3DS版
電車で手持無沙汰になった時にちょいとプレイ。そして爆炎の中を駆け巡る。やはり3DS史上最高峰のSTGであることを強く実感した次第でありました。

・ガンスターヒーローズ
こっちも同様の理由で起動。途中で止めちゃったけど大破壊してフィールドを駆け巡る快感はやはり素晴らしいものでした。いやはや良く出来たゲームだ。

・引ク落ツ
とりあえず34までクリアを成し遂げる。うひー。これはもう引ク押スの難易度の次元じゃないねー。本当に恐ろしいほど難しい。なぜこんなにも難しいのかもうよく分からん。これをノーヒントで解くのかよ。冗談キツイゼ……

・とっとこナゾQ
しばらくやっていなかったらすっかりなぞなぞの記憶が飛んじゃってクリアできる気がしないYo!「まままの魚」みたいなショボい問題ならノーヒントで解けるんだけどそうじゃないガチンコ発想力記憶力の問題はもうお兄さんの足りない脳味噌では限界気味だYo!こいつもハムハムスポーツ同様積み(というか詰み?)の道を歩むことになるのか…?

・とっとこ3
とりあえずやり残したことであったラブ完全制覇は成し遂げたものの、紹介文でも書こうかナーなんてぼんやり思っていたがそもそも今作のストーリーが脳内から全部消し飛んでいるという事態に直面して絶望気味。もっかいやり直してみてもいいんだけど、どうしたもんかなー。あと俺普段この手のアドベンチャーゲームほとんどやらん人だからなあ。そんな人が書く紹介文もいかがなもんかって感じだ。ひょっとすると自分は生まれなかった方が良かったのかもしれないな(飛躍させ過ぎ

・ガレッガ
1クレ5面。勲章落とすとやる気が激減する悪い癖があるな……。諦めずにやればどうにかなると思ってやらないと。

・極パロ
1クレ5面。こっちは3面で残機つぶしの前にしくじったりと散々。上手いこと回らんねー。

・ファンタジーゾーン
1クレ7面。こなれてきたのかここまで来れるように。これはたぶんまだ難易度がマシな頃の作品ってのもあるのかな。じっくり挑めばそこまで難しい作品でも無かったのか。うーむ。

・メタルブラック(SS)
1クレ3面。進展のほどは微妙。連射が無くともなんとか進めるようにはなりたいところ。そのためにはビームの使いどころの見切り及び敵の出現位置の暗記とパターン化かねー。手練のダラ外よりはマシな難易度だと思うが果たしてどうなることやら。

・エルナード
風のアークを見つけるもそこからどうすればいいのかで困惑中。総当たりで街の人に話を聞きどうにか風のアークがあった洞窟に行って入り口を開ければよろしいみたいな展開にはなったみたい。それにしてもラックスは滅茶苦茶強くて頼りがいがあって鉄人なんだけど、歩行音がうるさいな……。街以外では気にならないからいいっちゃいいんだけど……

・メタファイト
とりあえずエリア1のボスを片付けることに成功。やればやるほど今作のバランス面の完成度の高さが身に染みる作りに感動。一見滅茶苦茶難しそうに見えるけど、しっかり挑めば大して難しいわけじゃない。これはまさしくファミコンの味…!ギミックみたいな超難易度のゲームを出したとは思えないほど難易度面は素晴らしい……と思ったけどギミックも序盤はそんな難しくなかったなよく考えてみたら……。じゃあこの後がヤバいのか?

・シルバーガン
ストーリーモード最高6-C。残機は増えているのに先へは進めない厳しい現実-Reality-。今回はカメにやられちゃったよ。


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

生活記録

寒いと思ったら暑くなったりする訳の分からない日々。イースⅧを徹夜で進めるも途中体力の限界でダウンし、更にゲーム疲れを起こしていたので昼間に4時間ほどあてもなく散歩していたら一日が終了している始末。これ普通に徹夜しないで昼にゲームやってた方が良かったんじゃないのー
_____

そのイースは進んでいるのかといえばそんなことは全くなく、むしろようやく鍛冶場が出来たくらい。今作は無人島が舞台なのか街が無いみたいやねー。思い切った構成……なのかな。今のところはさして不満もないのでドコドコ進めて行きたいところ。
_____

・PolybiusはPS4Proではない通常PS4でも120Hz、2倍オーバーサンプリング対応!
https://fuwafuwax.wordpress.com/2016/11/10/polybius%e3%81%afps4pro%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e9%80%9a%e5%b8%b8ps4%e3%81%a7%e3%82%82120hz%e3%80%812%e5%80%8d%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa/

これはつまりProじゃなくても大丈夫だぜべらんめえみたいなことなのかねー。対するRezの方がProで真の力だしますとか言い出してるからどうしたもんかな……。うーん。うーん。
_____

PSNセールでは同時にこんなキャンペーンも実施中とのこと。
http://www.jp.playstation.com/psn/store/cp/PSstore10th/index.html?tkgpscom=psstore_web_20161111-storetenth

これは倍率がどんなもんか分からないけどお得なのかな……。でもいざ何かが貰えるとなると言われると何が欲しいか分からなくなるものなのよね……。なんか適当にただで貰っていいものをとりあえずお気に入りにぶっこんでおこうかな。このシステム一回も使ったことないのよねー。
_____

来週末(というか実質今週)は大学祭により授業が無いので一部のサークルとかやっていないかつ愛校心の無い人たちにとっては非常に暇になるありがたい日々だったりする。んで、サークルにも入っていなければ愛校心なんて欠片もない自分にとっては暇な日々になってくれるんだけど……、普段大学でしか勉強しないから意外と困ってしまった。うーん。
たしか去年はトライゴンがあると噂されていたアミュージアム市原へ出向きに行ったんだっけか。結局トライゴンこそ無かったものの宝の山のようなレゲーセンであり、あそこが潰れてしまったのは非常に残念なことではあった。一部のゲームはアミュージアム茂原に引き継がれたけどね。うーん今年はどうしようかしら。今年はあんまり行けてないからHeyに行ってみようかしら。ついでにBeepあたりにザナドゥのサントラを探しに行くとか。通販の在庫は切れちゃってるけど、現地にはあるかしら。
Heyに行くとしたら作戦名ラグナロクは置いてあるだろうか。たぶん普段全然行くことのない3階にあるような気がするけど、あるのかねー。Heyに行ったら怒首領蜂大往生とかケツイとかカラスとかレイフォースとかナイトストライカーとかダライアスⅡとか蒼穹紅蓮隊とか雷電DXとかライデンファイターズを腱鞘炎起こすまで遊んでやるんだ。
つーかトライゴンがやりてえよー。もうどこで遊んだか覚えがないしトライゴン自体も微妙なSTGとしか言いようがないけどトライゴンがやりたいよー。現実逃避したいよー。
_____

散歩に出向くもなんだか名前も分からぬ虫がブンブン飛び回ってる中を歩くのに疲れたので中古屋に逃げ込み。それでいてカイジを読んでトネガワの元ネタを再確認なんかをしているのは実にアレだ。
しかしそれにしてもカイジの破壊録は面白いな。チンチロとパチンコだけでこんな面白いマンガを書けるなんていうのはやはり只者ではない。沼の終盤はいつ見ても面白いね。
_____

3DSのパワプロヒーローズは体験版配信だとさ。
https://www.konami.com/pawa/heroes/

パワポケスタッフが関わってるかどうか、これを遊ぶことで分かるかは分からんがやっておくだけやっておいた方がいいかな。公式サイトを軽く見た感じ外藤さんは出るっぽいが、俺の知ってる個体とは違うんちゃうかなー。
でももう容量が無いんだよねーみたいな。うーむむむむむ。野球面は変わらずおもろいんだろうが、問題は物語面とかそういった方を求めている自分にとってはどうなることやらって感じだな。つーか野球を求めてるならアレな出来のパワポケ7を未だにやったりしないよねーみたいな。
_____

大して書くことも無かったのでまた次回でイースⅧイースⅧ……


posted by グレイ at 20:32| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

イースⅧ開始

イースⅧを始めてみたよ。ここまで王道のRPGをやるのもなんだか久々な感じといえばそんな感じ。一応つい最近までテイルズオブジアビスをプレイしていたけれども。
イースⅦはそれこそナイトメアクリアまではやったんだけど、セルセタはやっていないので進化の度合いはよく分からないといえばそうなるかな。
___

第一印象はやはりイースはイースであったという感じ。ここまで安心して遊べるシリーズ作品もまあ無い。安定した面白さと分かりやすさを兼ね備えている。安心のファルコムクオリティだった。
イースⅦと比べると相当グラフィック面は綺麗になっている。キャラのモーションとかにも違和感を感じない。Vitaの中ではそんなでもないかなーとは思うけれども、それでも綺麗な部類ではあると思う。見た目に重みを置いている人でも楽しめそうな作りかな。
それよりも、イースといえばやはり動かすアクションとしての楽しさ。イースⅦでのキレのある移動と攻撃はあまりにも素晴らしかったが、今作でもそれは健在。多少の操作体系の変更はありカメラの制御などでハードルが若干上がった感もあるけど、それでも初心者から上級者まで安心して遊べる作りは流石と言わんばかり。敵の攻撃を緊急回避!そしてその勢いのままバカスカ敵を殴りまくり!切れ味抜群のアクションRPGは相変わらずだ。
セルセタで既に搭載されていたようだけど、フラッシュムーブもなかなかの味だ。フラッシュガードはナイトメア攻略においては最重要かつこれこそがイースⅦの味とまで言わしめる、防御は最大の攻撃ともいえるシステムで自分も命を投げ捨てるかのように戦場へ飛び込みガードしまくったもんだけど、かなりハードルの高いシステムであったことも事実だ。失敗した時の被害の大きさがかなりのもんだったからなあ……。それに対してフラッシュムーブはそこまでリスクは大きくない。攻撃を喰らう直前に入力することは同じではあるもののこっちは失敗しても普通に回避できるだけなのでローリスクであわよくばハイリターンが得られるっていう良いシステムかな。初心者も大安心だし、ノーマルクリアに関していえばこっちのが使いやすいと思う。
今作でも三すくみ的バランス取りは健在。アドルだけを操作するのではなく、自然に多数のキャラを動かすことが出来る良システム。今のところまだ2章の最序盤なので大してその3すくみを実感できているかと言われれば極めて微妙なんだけれども、それでも中々に楽しめている。
新規アクションとしてジャンプが追加されたことも新たな点かな(フェルガナにはあったっけ…?)。ジャンプ→回避によるスタイリッシュな移動が出来たりして快適な一方で戦闘でバリバリ使えるかと言われるとなーんか微妙な感じ。アクションの幅こそ広がったものの、それが面白さに結びついているかと言われると言葉に詰まる。決して悪いわけじゃなく、悪くないねっていう言葉以外に出てくるものがないんだけどね。この辺は鳥系の敵に襲われるとかがないとまだ見えてはこないかねー。
音楽に関していえばやはりファルコム。安定の出来でありかつこちらの想像を軽々と越えてくる良楽曲の数々を見せてくれる。本当に素晴らしい限りだ。戦闘曲(つーかボス曲)もフィールド曲も拠点の曲も素晴らしい限り。ゲーム音楽はゲームの潤滑油であり増幅剤であり一音楽でもある。単体で聞いてもゲームとともに聴いても素晴らしいものを作ってくるのは流石だ。
シナリオに関してはまだ2章なので割愛するとして、第一印象としてはこんな感じかな。気になったことがあるとすれば、キャラ紹介の時にキャラ名バーン!!声優名ドーン!!みたいな一体何処の誰に向けての演出なのかサッパリ分からないものが入ることかな……。別にこんなことくらいでイースの評価が落ちるなんてことは無いんだけど、俺はこのゲームのターゲット層でも何でもないみたいなことを突きつけられているみたいで悲しいぜ……。声優さんの名前も正直全くピンと来なかったし(これは単なる知識不足

と、いうことでまだ最序盤ながらやはり面白いゲームです。PSのセールはイースがアツい!かもね。
_____

忘れる前に買っておこうということでアームドブルーガンヴォルトとメタファイト、メタファイトEXを買ってきた。これでブラスターマスター0迎撃態勢はバッチリだぜハハハハハ。
あんまりやる気はなかった(というかこれ以上同時進行のゲームを増やしたくはなかった)んだけれどもとりあえず1面の曲は名曲だから聴いておこうということでメタファイトに手をつけてみたけどこのゲーム滅茶苦茶面白いぜ流石サンソフト!と言わんばかりだった。アクションSTGなのかランアンドガンアクションなのかそれともただの横スクロールアクションといえばいいか分からないけどとにかく面白すぎる。難易度はピリ辛だがコンテニュー無限かつ死に覚えと慎重な操作でどうにかなるレベルだし撃ちまくりの爽快感はあるし探索要素は面白いしサイドビューもトップビューも面白いし戦車は重厚かつ爽快感を兼ね備えてるしで文句が全く出てこない。やってくれたなサンソフト!あんたら輝いているぜ!
とはいえこれにインティが絡んでどうなるかが読みにくくなったというのもまた事実。どういった調整を施してくるか、かなり見ものな感じ。とりあえず期待MAX。来年期待のソフトはこれだ!
_____

暇を見つけてはメタルブラックとエルナードをちびちびと進める。メタルブラックは一日一回はやるようにしてるけど全く進展なし。連射が無くとも3面に来れることは分かったけど、分かっただけじゃどうしようもないよねーみたいな。
エルナードの方は風のアークを手に入れた。これは所謂キメラの翼みたいなもんなんだろうか。しかしアークを見つけても「遂に見つけました!」みたいなテンションでも何でもなく極めて淡々としているのが妙にアレだな……。だから前の持ち主はこの辺で投げたのかな……(今14レベルなんだけど、前所有者のセーブデータの記録は13レベルだった)。俺はこういうゲーム嫌いじゃないが……
_____

まったりとシルバーガンなんかを堪能している最中、何故か親に心配される。曰く、部屋からうめき声やら独り言が聞こえているらしい。つまり、弾に当たったり敵の猛攻をしのいだりパズル解いたりしている時の自分の苦しみの声は全て筒抜けだったってことー?うひー、こういうのって身投げしたくなるほど恥ずかしいな。ひょっとするとゲーセンでゲームしてるときも周りから奇怪な目で見られている可能性もあるってことか。今後は寡黙にゲームしよう……
_____

・勢いに乗るポケモンシリーズ最新作が登場!新感覚のVRレースゲームも!?2016年11月第3週発売の新作ゲームソフト紹介
http://kentworld-blog.com/archives/new-game-2016-11-3.html

ちょっと待て、ポケモンって来週だったのか!?完全に1週間違えた。つーか金が無いよ。いやあることはあるんだけど流石にかなり使ってるから節制しないといかんのだが。うーむ困った。こりゃあ発売直後には始められないね。ひー。開始されるのは順当に行けば11/25以降かな。しかしその時期はひそかに期待しているプリンセスは金の亡者も出るわけであって……。ひー、こりゃあ何かが積まれること確実って感じだな。普段からゲーム積みまくりだから別にどうでもいいといえばどうでもいいが(よくないけど
_____

所用でマイティースイッチフォースシリーズに調べてたんだけど、どうも海外(というかSteam)では新作Mighty Switch Force! Academyが出ているらしい。海外はいいなあ……。移植はされんのかなあ。
_____

そろそろVitaの充電もたまったみたいなんでまた次回デス。さてイースⅧイースⅧ……

posted by グレイ at 22:01| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

生活記録

あまりにも寒すぎる。ということでロマサガのアツい楽曲(四魔貴族バトルとか七英雄バトルとか)なんかを流してみて血を滾らせてみたり。やっぱりロマサガの楽曲は最高だーぜーみたいな。そういや今現在ロマサガ2Vita版のセールもやってるんだよな。この機に是非。多少の差異があろうともサガはサガだ。おススメです。
_____

中古屋にあの詳細不明のアルマジロを発見し、思わず心が揺れ動く。ゲー音Wikiで見て以来あまりにも惹かれていたタイトルではある。しかし、540円という値段が適切価格かがサッパリ分からない。ううううう。ううう。うう。う。
結局買わずに出てきたんだけれども、やっぱり買った方が良かったのかなぁ。ゲーム自体はどうでもいいけど(よくねえけど)音楽がめちゃ良いらしいという話は確からしいし。うーん。今度行ったときに残っていれば買っておいた方がいいのかな……。それと近くにあったコンボイの謎も買おうか悩んだんだよな。あれこそ買うべきゲームなんかじゃないけど、それでも。
_____

ちなみに本来の目的でもあるPSカードを手に入れ、イースⅧを買ってきた。今晩から開始するつもりでござんす。その高評価の理由、しかと見せていただきましょう。
……懸念があるとすればプレイ時間が長いらしいことか。長くて演出とかがヘボーんな作品だと途中でだれちゃうんだよな……。50~60時間かかるとかいう話も出てるし不安でいっぱいだ。つい先日40時間ほどのテイルズオブジアビスで大苦戦を強いられた俺に果たして最後までアッパーにプレイすることは出来るんだろうか。イースⅦみたいな感じであれば最後までアッパーなテンションは持続すると思うが果たしてどうなることやら。ファルコムだしあんまりクオリティ面は不安はないんだけど、プレイ時間の拘束がちょっと厳しいかも分からん。とりあえずプレイしてみてから考えようかな。
ちなみにこれによりLumoは一時的、というか今後しばらく停止。流石に俺の腕前ではアクション要素の強い操作を要求されるステージはどうも無理みたいだ。辛うじてVitaぶっ壊そうかとすら一瞬思ったシャボン玉フワフワゾーンを突破したものの、蜂の猛攻を避けつつジャンプ台を適切な位置に持っていきジャンプして次のフロアを目指すところはもう厳しいかもしれん。それにしてもこのゲームは情報が全く出回ってないな……。俺以外話題のタネにしている人がいないとか?
_____

大学の友人は実験の課題レポートに追われて悪夢見まくりらしい。俺も似たようなことが頻発しているから気持ちは分かる。この大学はどこかおかしい。
だが真におかしいのは悪夢の中ですらゲームに侵されていることだろう。友人の夢の話はまるで理解できなかったが、ゲームに脳が侵食されていることだけは分かった。夢の中でさえゲームから離れられないからこそ我々はいつまでたってもボンクラ学生なのかもしれない。
悪夢で思いだしたがまだNeverending Nightmares買ったけどやってないや。うーん、こういうホラー苦手なんだよな……。これもそのうち手をつけんといかんなー。
_____

・Wii Uが近々ついに生産終了!?本日はPS3発売10周年!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/wiiuend-ps310years.html

なーんか対照的な記事…ってことよりも、WiiUがあの世へ行こうとしていることの方が問題だ。いや、真の問題はWii時代からの資産でもあろう。WiiWareとかWiiUダウンロードソフトにも欲しいタイトルはある。パッケージソフトは買っとけば何とかなるが、こっちはNSが対応するか不透明な現状どうなるかサッパリ分からん。ぐぎぎぎぎ。
手遅れになる前に何とかしたいのは山々だが今現在CDを注文したりしちゃって購入資金が尽きている。どうも色々なことが空回り気味だな……。とにもかくにも滅びゆくハードは確保しておかなければならん。ソフトはそのうち買ったり何ならDL版を買えば済む話だが。しかしなあ。4年なあ。あまりにも短いよ。
一方のPS3はまだ長寿な感じがするんで大慌てで買わなくても大丈夫な感じなのかな?こっちも手遅れにあんる前に買わんといかんよねー。
しかし世間がPS4だVRだXboxOne Sだニンテンドースイッチだなんだ言ってるのにここでは旧世代機の話しかしてないな。とことん世間とのずれを感じるぜ……
_____

エルナードもちびちびと進行中。あのミスティックアークに登場し役に立ちまくりで準エース的存在であった鉄人ラックスが今作にも登場(世界観共通ではないので別個体ではあるんだけど)!やけにフレンドリーな感じで話しかけてきたので即座に仲間に!これでアークを探す旅も非常に夢溢れる素晴らしいものに!戦闘も楽に快適に!
となったのは良いんだが、ラックスの歩行音「ガシャコン!ガシャコン!」があまりにもうるさくてこれ一人旅のがいいんちゃうなんて思い始めている昨今。しかし志同じとする仲間たちと協力し合い競い合うってのをかなり自然な形で表現できてるな。未だアークは見つかってないんだけど、これもミスティックアーク程度の時間はかかるもんなのかな(たしかミスティックアークは25時間くらいかかった、ゲーム内時間の話だから実際はもっとかかってるけど)。
_____

・「PS4 Pro」×「Rez」=即昇天!ドワンゴVR部「このタイミングでのリリースはソニーの陰謀」
http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/ps4_pro

ほう。ほう。ほう。やはりProのがいいんかねー。うーん。でもなーんか自分がやりそうなのってガレッガとかその辺のタイトルだけっていう悲惨なオチになる気がしてならんしな。どうしたもんか。ドウシタモノカ。とりあえずブラッドボーンだけでも買っておこうかな。今安いし。
_____

今週末はようやく激務から解放された!…のかあ?は微妙だけどとりあえずゲームに没頭する時間だけはありそう。イースⅧだ!メタブラだ!エルナードだ!ポラーラだ!引ク落ツだ!いやもうこの際何でもいいからとにかくゲームだ!つーことでイースの世界へ行ってきます。面白いといいなあっていう、その期待をぶっ壊すほどに面白いといいなあ。

posted by グレイ at 21:09| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする