2016年11月15日

生活記録

みんあ!ドリルコーポレーションからLINE用のスタンプ着せ替え画面が出たヨ!
https://store.line.me/themeshop/product/8f906c8d-612d-4e8c-a0a4-54585ee07bda?id=8f906c8d-612d-4e8c-a0a4-54585ee07bda
https://twitter.com/fujioka1118/status/798111365902704641

ところで着せ替えってなんだ?分かんないけど、グーグルアプリに金を補充するとき(がいつになるかは分からないけど)にでも買っておくか。今後ともゆっくりでいいので頑張ってくだされ。
_____

あとゲームジーンの続刊の情報も出てたヨ!
GAMEgene Vol.2 (一般書) -
GAMEgene Vol.2 (一般書) -
って表紙が今俺が進めてるイース[!?タイムリーなのかそうでないのか。てっきりセガ絡み(というかセガ3D復刻アーカイブスが表紙だと踏んでいた。まーちょっと写ってるけどね)かと思っていたんだが。
真価の問われるVol2だが果たしてどーだかね。Vol1はオールドマニア狙い撃ちみたいな印象があったけど今回はよりなんというか遺伝子感が強い。現代に甦ることになるガレッガRev2016とかワイルドガンズとかセガ復刻アーカイブスをしっかりと特集してるあたりが特に。こりゃ今回も注目かな。それはそうと隠し玉で日本製家庭用2Dアクションを研究し尽くした新作2Dアクションを開発中の海外開発会社に掲載が間に合うかギリギリの交渉中!とか言ってた特集の存在が無いのが気がかりだが……。勝手にウェイフォワードかどっかの特集でもやるのかなーみたいなこと考えていたがこいつの存在は果たしてどうなることやら……

つーか特集の一つにあったディスクリーチャーズが滅茶苦茶面白そうだな!!久々にやってみてえと思えるゲームが出てきたって感じだが、フリーゲームか……。本当に面白いものであればやるんだけど(ベルーガとかムラサキとか)、あんまパソコンでゲームする習慣が無いからなあ……。どーしたもんかな……。とりあえず発売を待とう。11/30はゲームジーンでウッドボール!

それはそうと切実な執筆者募集中は解消されたんだろうか……
_____

極パロに一心不乱に打ち込むもタバコ直撃で喘息の発作を起こしてわっかりましぇーんを拝むこと出来ず。久々に6面ボス手前まで行けたのにー。
_____

・かまいたちの夜が大胆リメイク!ミニファミコンが意外なくらいの大ヒット!?他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/bansheeslastcry-remake.html

かまいたちの夜はやってないので何とも…って感じ。5pbがなぜ関わってるのかが不思議なくらいだな気になったことといえば。ラノベを一本たりとも読んだことがない(か細い記憶をたどればNHKにようこそは読んだことがあったような…。ああいうのをラノベと言うのならって話だけど。俺の中ではあれは一応小説なんだけどなー)俺にはとりあえず無縁といえば無縁そうだな……。SFC版でも買っておこう……
クラシックミニファミコンは随分と売れたみたいだけどこれを喜んでいいもんやら…。喜ぶべきことではあるけども、なんか胸中複雑。間違いなくお買い得だし買うべきものではあるんだけど……。NSに繋がる何かがあるわけでも無いし……。それでも名作と名機が復活したことは喜んでおこうかな。これでSFCが出たりしてくれるのなら、それでもってN64とかも出てくれるのなら…!
_____

イース[はプレイ時間10時間を超える。とりあえず現時点でのまとまらないまとめ。

・無人島を舞台に繰り広げられる圧倒的な大冒険の面白さは健在。アクションRPGとしては非常に手堅い完成度を誇る。
・今作はシャカリキメインストーリーを進める作りではないっぽい。舞台となるセイレン島は広大かつ探索要素も豊富、更にはクエストの存在とそれに伴うサブキャラクターとの関わりがあるのでメインそっちのけで気ままに冒険できる。
・一方でメインの物語を読み進めるテンポは相当にグダグダ。何度も拠点に戻される(漂流者発見や拠点敵襲によって)のでメインの物語を進めるぜ!と気合を入れたその矢先に敵襲のために戻ったりしなきゃいけないのは結構アレ。だが拠点防衛も面白いことは確かなのでこの辺は何を重視するかで好みは分かれるか。
・アクションとしての作りはやはりファルコムなだけあって高し。だが調整はかなりキツメの印象。フラッシュムーブやフラッシュガードをガンガン使わないとアッサリぽっくり逝きかねない敵がいたりボスがそんな性能だったり。難易度としては普通。難しくはない。むしろ適度に苦戦する作りは流石の職人芸。苦労して勝つからこそ達成感が生まれる。その辺の作り込みはガチだ。
・キャラクターのキャラ立ち具合は流石のファルコム。モブキャラですら異様な存在感を誇るのは流石でございまする。ここに関しては文句なし。
・でも10時間で分かることなんてテンポとレスポンスとバランスくらいなので当てにはならない。今のところ手堅い良作って感じかねー。
_____

忙しいんだか暇なんだかよく分からない日々に移行中。明日は暇らしいから色々やっておきたいところではあるんだけれどもー。


posted by グレイ at 21:34| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 暴れん坊天狗

暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC- - ゲームサントラ
暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC- - ゲームサントラ

暴れ狂う超エキサイテングプログレ天狗サウンド。ゲーム音楽『暴れん坊天狗』の紹介。


・メーカー メルダック
・ハード FC
・作曲者 中潟憲雄、大久保高嶺
・ゲームプレイ状況 未プレイ
・サントラ状況 「暴れん坊天狗音楽集-Rom Cassette Disc In MELDAC-」に収録。所持済み。


曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより引用)

「曲名」 補足
「Suzumushi」 オープニング
「Old Nick」 プロローグ
「Military March」 タイトル
「Verge of Danger」 ステージセレクト,コンティニュー
「SE1」 ステージ決定
「Tengurila」 ROUND1-1
「Exodus」 ROUND1-2
「Desperation」 ROUND1 BOSS/自由の女神
「Clear」 ROUND CLEAR
「ZombieNation」 ROUND2-1
「Hangaragimo」 ROUND2-2
「Oyagi」 ROUND2 BOSS/ポール・バニアン
「Strontium 90」 ROUND3-1
「Delusion」 ROUND3-2
「No Problem」 ROUND3 BOSS/移動原子力発電所
「Streamer」 ROUND4
「Cream Zone」 ROUND4 BOSS/金星ヘビ
「Eiba」 ROUND5 BOSS/エイリアン・イーバー
「Song For U.S.A」 エンディング
「Love & Peace」 スタッフロール
「Pause」 ゲームポーズ
「Dead End」 ライフ残1
「Buwoon」 無念
「Game Over」 ゲームオーバー
「Delta Rap」 BEST SCORE


続きを読む
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | ゲーム音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする