2016年12月31日

難易度下げてゲームをクリアするのは負け組も良いところ、と思ったけれど

何度やっても勝てないのでサガスカのラスボス戦をダメダメなことに選択肢変えて難易度下げて挑んでみたらクリア出来てしまった。んーなんつーかゲームに負けた気分。エンディングもなんつーか悲し気な音楽が流れてたし。まあなんにせよ、サガスカ年内にクリア、完了。これで心置きなく年を越せるってもんですわい。
……とかなんとか言ったけど、「これちゃんとやれば勝てるんじゃねーか?」と思い直し選択肢を変えて再挑戦。そして何度かの再トライの結果、きっちり撃破。彩京状態のラスボスを倒したトロフィーも手に入れてしまった。エンディングもちゃんとしっかりしたものに。うーむ素晴らしい。
ということでサガスカもちゃんとクリア出来ましたとさ。あー良かった良かった。それでは今度こそ良いお年を。感想については来年にでもちょこちょこと……
posted by グレイ at 20:19| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

今年(2016)のゲームプレイ総括

数が膨大かつ古いゲームばっかりの混沌としたまとまってないまとめ。ゲーセンで1クレ投入した程度のものですらプレイに含めているので数は膨大です。あと順不同。


作品(機種・今年出たかどうか):状況 でまとめ。

新規プレイ
イースⅧ(VITA・今年):クリア
エルナード(SFC):プレイ中
サガスカ(VITA・今年):レオナルド編クリア(バッドっぽい→ちゃんとしたのも見れた)
メタルブラック(SS(他機種版経験あり)):1クレALL
VVVVVV(3DS・今年):本編完全クリア
Lumo(VITA・今年):未クリア
マイティースイッチフォース(3DS):完全クリア
マイティースイッチフォース2(3DS・今年):完全クリア
いかちゃん(3DS・今年):クリア
テイルズオブジアビス(PS2):1周クリア
魂斗羅スピリッツ(SFC):30機モードノーマルクリア、初期条件では5面
スーパー魂斗羅(XB360):イージーコンテニュー解禁でクリア
スーパー魂斗羅(VC-FC):バックアップありクリア、なしで確か5面とか
ガーディアンヒーローズHD(XB360):全キャラ出してないけどエンディングは結構見た
SF特攻空母ベルーガ16bit版(VITA):ノーコンテニュークリア
SF特攻空母ベルーガ(Win):2面
メモリーズオフ(PSP):唯笑、かおる、小夜美さんルート読了
作戦名ラグナロク(AC):1クレ7面
ハードボイルド(PS):未クリア(2面)
ムラサキ(Win):クリア(やり込みは手つかず)
Geometry Wars RE(XB360):30万くらい
Geometry Wars2(XB360):Sequence完走
チェルシーさんは7の魔神をぶっ殺さねばならない(VITA・今年):クリア(バッドエンド?)
ジャッジメントシルバーソード(XB360):1クレ23面くらい?
エスカトス(XB360):イージークリア、ノーマル1クレ19面くらいで停滞
ギャラガレギオンズDX(XB360):タイムアタックモード以外全クリア
ワリオランド(VC-GB):未クリア
ワリオランド3(VC-GBC):クリア(完全ではない)
カービィのブロックボール(GB):ノルマクリアが達成できておらずエンディングを拝んだ記憶なし
ハイパーゾーン(SFC):1周クリア
ポラーラ(VITA):未クリア
ヴァンパイアセイヴァー(XB360):難易度極限下げでガロンクリア、通常状態で2人抜きが限界
コナミワイワイレーシング(GBA):クリア(やり込みは手つかず)
てけてけアスミッくんワールド(GB):完全クリア
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶおまけの都ショックガーン(GBA):完全クリア
Downwell(VITA・今年):ノーマルフワフワスタイルクリア、ハードは停滞
クリプトオブネクロダンサー(VITA・今年):ケイデンス、メロディでクリア
ポケットモンスターサン(3DS・今年):ストーリークリア
イメージファイト(FC(AC版経験あり)):コンテニューありでクリア
オルディネス(PCE-A):セーブ&ロードしまくりでクリア(実質クリアでも何でもない?)
flOw(VITA):クリア
アンリ(3DS・今年):プラクティスモードクリア
逆転裁判3(GBA):クリア
ベアナックル(XB360):未クリア
ベアナックルⅡ(XB360):未クリア
ベアナックルⅢ(XB360):未クリア
ツインビーヤッホー(AC):未クリア(1クレ3面?)
アディのおくりもの(PS-A):クリア
鋼鉄帝国STEEL EMPIRE(3DS):ベリーハード以外はクリア
引ク押ス(3DS):完全クリア
エリア88(AC):クリア
ナノテックウォリアー(PS):未クリア
ブンブンロケット(XB360):全曲遊びきっていない
ネビュラスレイ(AC):1クレ3面
シルバニアファミリーおとぎの国のペンダント(GBC):クリア
デイトナUSA(SS):どのコースも1位になった経験なし
サイバースピード(PS):未クリア
リズム天国ザベスト(3DS):ストーリークリア、チャレンジトレインは手つかず
宇宙生物フロポン君P(PS):未クリア
ポケモンGo(android・今年):未クリア(クリアは一応全ポケモン図鑑登録とする)
TAMA(PS):イージーコンテニューありでクリア
19XX(AC):1クレ7面
引ク落ツ(3DS):通常100面クリア、エクストラ進行中
メタファイト(VC-FC):未クリア
ダライアスバーストCS(VITA・今年):CSモード途中で停滞、一応ギガバイトは倒した
ミスティックアーク(SFC):クリア
ロードモナーク(PS-A):青、赤はクリア、緑のフォックス編で停滞
ロードモナーク(SFC):クレイジーアニマルとファンタジーパステル、メカニックテクノのラストステージを残してデータ消滅。そこまではクリア済み
E4(XB360):クリアの概念が無い
バンガイオーHD(XB360):通常モード、ボーナスモードクリア、残るはパズルとエクストリーム
可変走攻ガンバイク(PS-A):全ルートクリア。ノーコンクリアはまだ。
スペースジラフ(XB360):22面くらい
ロゼと黄昏の古城(VITA・今年):クリア(トロフィーコンプではない)
アフターバーナーⅡのスペシャルモード(3DS):クリア
1943ミッドウェイ海戦(XB360):初心者安心モードクリア、ノーマル未クリア
ホタルノニッキ(VITA):クリア
シグマハーモニクス(DS):クリア(ただボーナスの1章はまだ)
スーパータイムフォースULTRA(VITA・今年):本編クリア
まわるメイドインワリオ(GBA):クリア、ジミーリミックスで114点叩き出した
ジェリーボーイ(SFC):クリア
機械の少年ピーノ(SFC):1周クリア(2周目はまだ)
Deemo(VITA):未クリア
みちのく秘湯恋物語Kai(PS-A):クリア
メタルスラッグX(AC):未クリア
ザンファイン(PS-A):タイムエクステンド200にしてクリア
アクアキティDX(VITA・今年):クリア
トルクル(VITA):クリア(1周)
ロマンシングサガ2(VITA・今年):クリア(1周)
ロックマンロックマン(PSP):New,Oldクリア、ロックマンチャレンジモードクリアで他は手つかず
クロワルールシグマ(VITA):クリア(完全じゃない)
バーンアウトパラダイス(XB360):クリア(完全じゃない)
ブラストドーザー(N64):挫折
とっとこハム太郎3(GBA):ハム語コンプリート以外全てクリア
とっとこハム太郎4(GBA):クリア
とっとこハム太郎ハムハムスポーツ(GBA):未クリア
とっとこハム太郎なぞなぞQ(DS):未クリア
ネットハイ(VITA):クリア
アイドルマスター(XB360):美希クリア
テイルズオブエターニア(PSP):クリア
くるくるくるりん(GBA):隠し以外クリア
コトバトル(VC-GBC):クリア
エスプガルーダ(AC):未クリア
名探偵ピカチュウ(3DS・今年):クリア
8bit music power(FC・今年):クリアの概念は無い
キラキラスターナイトDX(FC・今年):ノーマルクリア、ハードは未クリア
ガンフロンティア(AC):未クリア
R-TYPEⅡ(AC):未クリア
海底大戦争(AC):未クリア
エスプレイド(AC):未クリア
ニードフォースピードUG(VITA):クリア
レイディアントシルバーガン(XB360(AC版経験あり)):エブリ100万でAC完走、残機19でストーリー完走
トリガーハートエグゼリカ(XB360(AC版経験あり)):未クリア
斑鳩(XB360(AC版経験あり)):イージークリア済み、ノーマル進行中
怒首領蜂大復活BL(XB360(AC版経験あり)):全部未クリア
スクランブルフォーメーション(AC):未クリア
ヴイファイヴ(AC):未クリア
ヴィマナ(AC):未クリア
グラディウス(AC(他機種版経験あり)):1クレ3面
トリガーハートエグゼリカ(XB360(他機種版経験あり)):未クリア

コラムス(VITA(龍が如く0基本無料アプリ内)):触りだけ
TFFAC(AC・今年):こいんいっこ入れただけ
シューティングラブ。2007(AC):コインいっこ
NoeL2(PS-A):途中放棄
スターツインズ(N64):ゲロ酔いで実質未プレイ
フォルツァ2(XB360):同上
ザナドゥ(Win):PCでのプレイ意欲が起きず停滞
艦これ改(VITA・今年):6時間プレイしてみたが遊び方が分からず放棄、後に買い戻し予定
マリオパーティ8(Wii):友人宅プレイ


継続プレイ、再プレイ
パワポケ4(GBA):完全ではないがクリア済み、正気を保つためプレイ
パワポケ6(GBA):同上
パワポケ7(GBA):同上
パワポケダッシュ(GBA):同上
パワポケ8(DS):同上
パワポケ10(DS):同上
パワポケ11(DS):同上
パワポケ12(DS):同上
バトルガレッガ(AC):1クレ7面、過去最高記録
ファンタジーゾーン(AC):1クレ8面、過去最高記録
オーダイン(PS-A):1クレ3面
ガンスターヒーローズ(3DS):クリア済み
レイディアントシルバーガン(AC):XB360にプレイを移行
斑鳩(AC、ネシカ):イージークリア済み、ノーマルプレイ中
極上パロディウス(AC):1クレ7面、移植版はクリア済み
ギャラガ(AC):1クレ22~26のどれか(記憶なし)
ダライアスⅡ(AC):未クリア
ダライアス外伝(AC):クリア済み
Gダライアス(AC):起源ルート初クリア
ダライアスバーストACEX(AC):クリア済み
アームドポリスバトライダー(AC):上級1クレ6面
サイヴァリアミディアム(AC):1クレ4面
ポケモンでパネポン(GBC):イージーとノーマルをクリア
グラディウス2(PSP):1クレ2面
XEXEX(PSP):1クレ3面
メイドインワリオ(3DS-GBA-A):クリア済み
レイクライシス(AC,PS-A):PSはクリア済み、ACは確かDis-Human
クインティ(FC):完全クリア
大魔界村(AC,PCE-A):クリア済み、AC版1クレ4面
シルバニアファミリー2色づく森のファンタジー(GBC):初クリア(10年以上越し)
メタルスラッグ3(VITA):1クレ5面
わんぱくダック夢冒険(FC):未クリア
怒首領蜂大復活BL(AC):未クリア
風雨来記(PS-A):滝沢さんルートクリア
風雨来記3(VITA):逢沢なぎざルートクリア
逆転裁判2(GBA(DSでクリア済み)):クリア
R-TYPE(AC):1クレ6面ボス
サマーカーニバル'92 烈火(VC-FC):表烈火クリア済み
テイルズオブリバース(PSP):クリア済み
ストライカーズ1945Ⅱ(AC):未クリア
ライデンファイターズ(AC):未クリア
ライデンファイターズJET(AC):ノルマ下げで一応完走、ノーミスは全然
カラス(AC):未クリア
ロックマン3(VC-FC):クリア済み
ホワイトアルバム2(VITA):クリア済み
プロギアの嵐(AC):未クリア
バルーンファイト(VC-FC):クリアの概念は…あったっけ?バルーントリップのみ
グラディウスⅡ(AC,PCE-A):未クリア
ストライカーズ1945PLUS(AC):未クリア
雷電(AC):未クリア
雷電Ⅱ(AC):未クリア
雷電DX(AC):初級クリア、ほかは未クリア
サンダーフォースV(PS-A):Kidsはクリア済み、ほかは未クリア
ポケモン黄(VC-GB):クリア済み&再クリア
怒首領蜂大往生BL(AC):未クリア
ケツイ(AC):未クリア
あすか120%(PS-A):ストーリーモードはクリア済み、勝ち抜きモードは一人抜き止まり?
レイフォース(AC):1クレ6面
メタルブラック(AC):1クレ4面
MOTHER2(GBA):クリア済み&再クリア
とっとこハム太郎2(GBC):クリア済み&再クリア
虫姫さま二人BL(AC):今年初クリア
ゼビウス(AC):5万点くらい
ジャンプアルティメットスターズ(DS):友人と対戦
K.O(GBC):プレイ済み(クリアしたかの記憶はない)
1001Spikes(VITA):クリア済み
テイルズオブデスティニー2(PSP):クリア済み
スマッシュブラザーズfor3DS(3DS):友人と対戦
ドンキーコング64(N64):今年初クリア(10年越し)
BATSUGUN(AC):初1周クリア
蒼穹紅蓮隊(AC):未クリア
イメージファイト(AC):未クリア
弾銃フィーバロン(AC):未クリア
ナイトストライカー(AC):未クリア
ハッピィパネッチュ(GBA):パネ王の前にして挫折
レイストーム(AC、PS-A):未クリア
セクシーパロディウス(AC):未クリア
魔界村(AC):未クリア
風雨来記(PS-A):クリア済み(残るは隠しルートのみ?)
沙羅曼蛇(PSP):未クリア
パロディウスだ!(AC):未クリア

トマトアドベンチャー(GBA):クリア済み(今回のプレイはレム迷路、ノンレム迷路を彷徨ってただけだから実質未プレイ?)
ストリートファイターⅡ(AC):友人と1回対戦?


その総数は驚異の200本以上。過去のゲーム人生を振り返ってもこれだけの本数やったのは無いかもしれん。数えている俺が引いたくらいだもん。
こうしてみると、意外とクリアしたゲームも多いもんだね。すっかり記憶からすっ飛んだゲームが結構あったヨ。ビックリだネ。
しかし自分は本当に重いゲームをやってないな。新規に始めたゲームはやたらと多いけどどれもこれも軽いor古いものばっかりだし。最新のゲームにもついていってるぜとか言おうにもついていってる方向がインディー系だしなあ。こんな男がゲーマー、ゲーオタを名乗りゲームを語っていいんだろうか。あんま良くないかもな。
とりあえず新規にやった中でベストを挙げるとすれば候補に入ってくるのは
・特攻空母ベルーガ16bit版
・バーンアウトパラダイス
・バンガイオーHD
・ムラサキ
・クリプトオブネクロダンサー
・Downwell
・VVVVVV
・ショックガーン
・魂斗羅スピリッツ
・19XX
・マイティースイッチフォース&同2
・Geometry Wars2
・ジャッジメントシルバーソード
・逆転裁判3
・ミスティックアーク
・とっとこハム太郎3
・アフターバーナーⅡスペシャルモード
・まわるメイドインワリオ
・引ク押ス&引ク落ツ

とかかな。うーん、なんというかいかにもな腐れオタクがしそうなチョイスだな。まあもうどうでもいいかーアハハハハアハ(投げやり

以下、各タイトルに対する与太話。
・特攻空母ベルーガ16bit版
今年一番遊んでスゲー!となったタイトルは?というと、悩むけどまーこれかなーと。斬新かつ革新的な操作方法とそれを極めて自然にゲームに落とし込んだ仕様。何度遊んでも飽きの来ない、それでいて初心者から上級者まで飽きさせることのない神がかり的な難易度曲線。そして確かにあの16bitの時代に実現できそうなその手触り感と、言葉も出ない爆発演出の極致。ゲームデザイン、システム、グラフィック、サウンド、それらを複合した演出全てにおいて頂点レベルの完成度を叩き出してしまったVITA史上最高峰のSTGであることは言うまでもなく、これが540円で他にも龍が如くのミニゲームとか(1回もやってないから詳細は知らん)コラムスがついてくるのはもはや買ってない方がおかしいと言える。買ってないなら臓器を担保にしてでも買ってこい!!むしろなぜ買わない!?その方がどうかしてるぜ!!俺も買ったの今年だけどさ。

・バーンアウトパラダイス
楽園は、確かにここにあったんだ…!と言わざるを得ない内容。たどり着いたその先は、車たちが意思を持って走り出す世界。スクラップ寸前になってもなお走り続ける車たちに思わず涙もこぼれる。極限まで突き詰められたリスク&リターン性にサイヴァリア的トリップ感を見出したらバーンアウト中毒。クラッシュ時の憑き物が落ちたかのような虚脱感に病みつきになったらバーンアウトシンドローム。もっと速く、もっと先へ、心臓が張り裂けるようなリズムを刻んで走り、一瞬の気のゆるみですべてが無に帰してしまうような極限の状態の中、何かから逃げるように車たちの間を走り抜けるのは本当に楽しい。無論、パラダイスシティを思うがままにフラフラするだけでもどこかトランキライザーとして機能するのが楽園たる理由かと。

・バンガイオーHD
大破壊大暴走大殺戮STG。おとぼけ漫才は姿を消してしまったが、攻略するゲームとしての面白さと歯ごたえは相当なもの。無論何も考えずに「ヒャッハー!!4000発カウンターを喰らえい!!」とやって圧倒的な大破壊に酔いしれるのもまた面白いもの。攻略するゲームとして考えれば地獄絵図の難易度ながら、しっかりと見つめ考えれば解が見える作りはトレジャーお家芸の職人芸。千思万考の果てにパズルを解いて辿り着いたその解の味は、他のゲームでは到底味わえないほどのものであり、最終ステージをクリアしたとき感動の涙で前が見えないことでしょう。パズル解法型STGの中では屈指の完成度かと。

・ムラサキ
弾幕パズルSTG。斬新なシステム面と弾を撃つ、弾を避ける、弾をかき消す、得点アイテムを集める快感は数あるSTGの中でも屈指のもの。統一性のある美しい世界観の中でパズル解法しつつこれらの行動をとるだけでも面白いってのは、非常に素晴らしいことでありまして、それでもってこれが無料なんてのは常識がおかしいとすら思えてしまいまして。音楽面でのクオリティの高さも涙を流すほど。5面のラストバトルへの演出が泣けるんだよーッ!!ちくしょー!!個人的には久々に狙い撃ちの快感を思い出させてくれたところを最大限に評価したい。去年もティンクルスタースプライツがそんな理由でベストゲームになったし。

・クリプトオブネクロダンサー
ローグライクに音ゲーを重ね合わせた革命児。ローグライクの1000回遊べる面白さに1000回聴いても聴き飽きることのない優れた音楽が合わさるのだからもうそりゃ向かう所に敵無し。高難易度ながらやればやるほど先に進める職人気質なバランスも魅力。心地よい緊張感の中ノリにのってダンジョンを彷徨いまくるのは中々どうして面白いものであり、そこに瞬間瞬間の判断と頭の中にある知識で攻略をしていくのは本当に楽しい。ケイデンスとメロディでしかクリア出来ていないので残りのキャラと祖母でのクリアもそのうちに……

・Downwell
そのゲームデザインにマリオ的ジャンプアクションの文脈と縦スクロールSTGの文脈を見出したらもう逃れることの出来ない井戸の深みに落ち続けるだけ。シンプルながら完成度の高いゲームデザインは中毒性が高く、ローグライクのようなランダム性が猿のようにプレイを継続させてしまう。無駄を一切合切削ぎ落したゲームの核のようなものが詰まったゲームであり、そういうゲームが好物の自分と致しましては声を大にして「Downwellしゅごい、しゅごーい!!」と叫び続けるもんであります。

・VVVVVV
超高速即死アクション。トゲだらけの狂った世界を超速で駆け巡り、死に覚えのプロセスをたどるのはトライ&エラー系ゲームのそれなんだけど、何が凄いかって言えば死に覚えゲーの負担を軽くするイカしまくった音楽と、これまであまり見られなかった重力操作型の操作方法、これまでのゲームとは一線を画すスピード感、完璧にして究極的なローカライズ。タイミング一発勝負のギミックが多く、それでいてリトライまでにかかる時間は極小も極小、なおかつチェックポイントが多いのであそこまでたどり着けば……と、ふと気が付いたらVVVVVV中毒。1ミリの狂いもない操作と0.1秒の狂いの無い判断を繰り返し、超速でステージを駆け巡りそして死にすぐさま復活する、この過程は他のゲームでは味わえない魅力。独特のセンスで構成される部屋の名前もいい味出していてプレイしていて驚くことばかり。

・ショックガーン
キャラゲーだからといって侮ることなかれその一。インティクリエイツ魂のクレヨンしんちゃんゲーは、その完成度と難易度含めてロックマンゼロ5と名乗っても何一つ違和感のない衝撃的完成度。演出面を取ってみても、ペットボトルロケットを乗り移って攻略するステージとかぶっ飛び過ぎで面白すぎ。それでいてしんちゃんの世界観を逸脱していないのが本当に恐ろしい。ゲームとしての動きも、キャラゲーとしての愛も、物語の完成度も何もかもGBAのトップクラスと言っても良い。動かしているだけでも楽しい、そんなゲームは問答無用で良いゲームです。

・魂斗羅スピリッツ
大破壊大暴走大殺戮アクションSTG。前々からその噂は聞いてはいたもののこうしてプレイしてみるとその衝撃的完成度に脳震盪を起こしかけるほど。目まぐるしく移り変わる戦局とそこをノンストップで駆け巡りボスをぶち殺しまくる流れは数あるACT、STG含めても並ぶものが無いほど。もはや笑っていいのかそうでないのかの境目が分からない過激過剰な演出も斗羅の魂を刺激する(例:3面ボスの首チョンパ、4面のミサイル渡り)。何やってるんだこいつら!やりすぎだ!と微笑ましくゲーム出来ること間違いなし。難易度は高めだけれどもそこは清く正しくパターン系アクション。エクステンドがホイホイしたり30機モードがあったりと初心者大安心。手元に残しておきたい優れたSFCゲーム。

・19XX
タメて出すのは気持ちが良い。それを前面に押し出したゲームの中での究極系なんじゃないのかなーと。中型機に向かってマーカーを付着させて「オラオラー!!俺のタメにタメた一発を喰らえやッ!!」と叫んだりボスに向かって「よくもあの時は回避出来そうにない弾を出してきやがったな!!この脳震盪でも起こしそうな爆撃を喰らえやーッ!!」と叫びつつプレイするのは本当に楽しい。更に勲章、これもアホみたいに降ってくるので「ヒャッハーそれは俺の金だてめーらそこどきやがれーッ!!」とプレイしてしまうこと間違いなし。プレイしているとライデンファイターズシリーズ並に理性を失い知能指数がガンガン減っていくのを感じるけど、中型機をタメ撃ちで破壊するサイクルを考えるのに適度に頭を使わなきゃいけないバランスが最高。なんでこれが家庭用移植されてないんだーッ!!

・マイティースイッチフォース&同2
セクシー系パズルアクションの極致。ロックマンライクな操作(2では独自の放水操作)で各ステージでスイッチを切り替えつつ5人を救出したりとっ捕まえたりするゲームだけれども、そのステージを攻略していく過程やタイムアタックにアツくなる絶妙なノルマタイムの設定が最高すぎる。ゲームの潤滑油となる音楽も申し分ないクオリティで全曲捨て曲無し。にじみ出るあっさりとしたセクシーさも、このゲームの魅力を引き出していると言えるわけでもあり。鬼のようなドット絵で描かれる彼女らが素晴らしすぎる。2ではフーリガン5姉妹を水浸しに出来るぜ!意味もなく濡らせ!(外道

・Geometry Wars2
皆殺しのスマッシュTVをビジュアルを極限まで強化してみよう、とのコンセプトかは知らないけれども送り出されたそれはまあ良質な電子ドラッグ。敵を破壊すれば一面に広がる極彩色の電子の花火。トリップしちゃいそうな画面に酔いしれながらただひたすらに敵を撃ちまくるのです。初代と比べて半ばヤケクソ気味に追加されたモードの数々が君を襲う!個人的なお気に入りはWAVEとSequence。気にいったモードを猿のようにやり込むのも良し、またただただその電子ドラッグっぷりに酔うのも、どのようにしても良く出来たゲームは楽しいものです。

・ジャッジメントシルバーソード
噂は前々から聞いていたがこれはなんとまあ完成度の高いシンプルなSTG。エスカトスはそれはもうダイナミックなカメラワークを除けば完全無欠のゲームであるんだけど、カメラワークの不満点すら克服しているのがこちら。これがまさかワンダースワンで動いていたとはねえ……。集中ショットと拡散ショットの使い分けの妙、高速で敵を倒すアツさ、トリッキーな敵の挙動に凄まじい威圧感を誇るボスたち。これぞSTGでありこういうゲームがやりたかったんだよ俺は!とうなってしまうほどの完成度の高さに虜になってしまいました。

・逆転裁判3
旧逆転裁判の集大成。システム面では目新しいところは無く、それでいてこうして数多の人から支持を受けるのは何でだろうなーとか思っていたけど最終話を見て納得。あんなの魅せられたらそりゃもう、こんなの素晴らしすぎますわよみたいな。最終話以外の話にパンチが欠けているのは何ともしがたい(2はサーカスとか最終話を喰うくらいの面白い話あったし…)が、それもこれも出来の良さ、集大成感の強さで帳消し。何度もやりたいと思わせてくれるほどのADVでしたと。

・ミスティックアーク
孤独RPGの極致。寡黙。ただひたすらに寡黙。誰もいない神殿を、母なる神の爾座をバックに、ただひたすらに彷徨う。仲間も一言もしゃべらない。イベントもどこか薄暗いものばかり。おとぎ話のような世界観で繰り広げられるそれは、あまりにも異質で、プレイヤーの心を蝕んでいくかのよう。頭をハンマーで殴られたかのような衝撃を受けるエンディングが君を待つ。卓越した世界観と心を奪うグラフィックと演出、神がかり的な音楽以外は地味で無味乾燥といわれても仕方のないレベルのゲームだが、そんな客観的な見方ではミスティックアークは語れない。個人的には生涯忘れることのない作品になった。それほどまでにこの孤独な世界は居心地が良かった。母なる神の爾座を聴いてるときだけ、どこか自由になれた気がした。気がしただけで十分。

・とっとこハム太郎3
キャラゲーだからといって侮ることなかれその二。任天堂+ハム太郎+パックスソフトニカで幼女殺しの方程式が成立!総当たりアドベンチャーゲームの傑作にして頂点!鬼のように小気味よく動きまくるハム太郎とリボンちゃんを操作して、カップル成立させてリア充ハムたちを作り上げるのだ!といった具合のアドベンチャーゲームだが、コマンドを入れた時に行うアニメーションが極めて良く出来ていて見ていて飽きることがないのだから総当たりが楽しくて仕方がない。難易度自体は(対象年齢を考えると)ちょいと高めだけど、こういったアニメを魅せる配慮だと思えば不満も消し飛ぶ。お話の内容も丁寧でお兄さんも大安心!見た目に騙されてはいけないキャラゲーの代表格。

・アフターバーナーⅡスペシャルモード
大破壊大暴走大殺戮STG。元となったアフターバーナーⅡ自体はそこまでハマらなかったけれども(当時俺生まれてないし……)、井内ひろし氏が手がけた(らしい)スペシャルモードはこれはなんて優れたイカレ系大暴走STG。敵配置にメスが加わり連鎖爆撃を狙いやすく、ザ・ワールドで世界を止めて撃て撃て撃て撃て撃て撃てーッ!!!と理性を失ってしまうほど。しかもザ・ワールド中に連鎖爆撃をしまくればゲージがたまってまたザ・ワールドを発動出来たりも。爆炎と破片が飛び散る空中をアフターバーナー発動で駆け巡り稼ぎまくってエクステンドしまくれるそれは、3DS史上最強の大破壊STGだ!!

・まわるメイドインワリオ
回す、そのアナログ操作により無限の可能性を見せたプチゲーム。ゲーム自体の完成度の高さはシリーズ屈指のものであり、操作している感もシリーズ屈指のもの。やり込み要素が多分に追加され長くダラダラ楽しめるように。独自の操作形態を持ちながらもこれほどの完成度を保てるのはもはや天下の任天堂様様といったところでしょう。テンポの良さとその爽快感は一度ハマったら抜け出すことは出来ない螺旋階段を転がり落ちて行くかのよう。ただひたすらに回しまくれ!

・引ク押ス&引ク落ツ
激ムズ地獄絵図パズルアクション。思考型パズルゲームの中でもとりわけ思考型。考える、もっと考える、答えが出るまで。僅か1段の高さを作り上げるために全脳を働かせ、それが溶けた時の快感といったらもう言葉じゃいい表せないですよ。引ク押スは常識の範囲内の難易度だけれども引ク落ツはプレイヤーの精神を破壊しにかかっている難易度だから気をつけろ!


それでは、良いお年を。来年も面白いゲームがプレイ出来ると良いなあ、とか思いつつ。

posted by グレイ at 01:00| Comment(0) | ゲーム総括 | 更新情報をチェックする

今年のボツその2 Geometry Wars: Retro Evolved

なんか漁ったら出てきたので。見た感じ下書きもいいところだけど……、乗っけてしまおう。うん。はい。にしてもパニクった文章しか書いてないというか書けないね自分は。とほほ…
_____

DATA
発売 / 開発 :Bizarre Creations / Microsoft Game Studios
登場時期 : 2005
ジャンル : ツインスティック全方位STG
機種 : Xbox360



~XBLAの覇者~
Geometry Wars: Retro Evolvedはプロジェクトゴッサムレーシング2に登場した初代(Retro)と、ビジュアルを大幅に超強化しドラッグトリップSTGへと変貌を遂げた(Evolved)の二つを収録したツインスティック全方位STGである。ツインスティックSTGというジャンルにそこまで馴染みが無い人もいるかと思うが、操作は単純で左スティックで自機の移動、右スティックで傾けた方向に射撃、これだけという極めてお手軽な操作形態で昔から一定の支持を得ているのである。例えばこのジャンルの偉大なる代表格である「ロボトロン2084」とか、皆殺しの狂気のビッグマネー・ビッグプライズ「スマッシュT.V.」とか。Geometry Wars: Retro Evolvedもこれらの作品と同様に大量の敵を倒しまくるシンプルで取っつきやすさを持ち、そして一度ハマったら抜け出せなくなるほどの中毒性を兼ね備え、見るべきものを圧倒させるビジュアル面で高い評価を得ている。XBLAにて長期にわたりヒットを遂げた作品でありXBLAの代表作とも言える存在であり「一箱一ジオメトリ」という格言も飛び出すほどの覇者である。今作が発売されたのはもう10年前(!)にもなるがその面白さは色あせることがない。

~撃って撃って撃ちまくれ!~
ゲーム内容としては残機が無くなるまで無限に湧き続ける敵を倒し続けるだけというものであり、そこには予想もつかない引き込まれるストーリーもカッコいいキャラクターたちも存在しない。ハッキリ言って中身はかなり地味なゲームだ。しかしなぜGeometry Wars: Retro Evolvedに魅了されるのだろうか?それはひとえに「STGの楽しみ」が凝縮された作りだからだ。
まず撃つ快楽。無限に湧き出してくる敵は一発即死なので倒すのも爽快感アリアリ。そしてものの2分もすれば敵の数はフィールドを覆い尽くすほどになりある種の敵幕を構成する。これをバシュバシュとバカスカ撃ち抜いていく爽快感は他のゲームでは味わえない。更に破壊描写。これこそが今作及びこのシリーズを傑作へと押し上げた要点である。敵を撃ち抜くと美しい光を放ち敵は消滅する。さながら花火を見ているような感覚に陥る。これが先の敵幕と組み合わさるとどのようになるのか?連鎖的に次々と爆散していく敵と宇宙に広がる無数の光、ワイヤーフレームの世界で光り輝くそれは圧倒的な視覚に訴える力を持って脳を揺さぶってくる。電子ドラッグという表現がぴったりだ。こうして文章にしてみると半分くらい何言ってるか分からない文章になってしまうが、言葉では表現し尽くせないものを無理やり表現しようとしても虚しくなるだけだ。それほどまでに今作のビジュアル表現は「美しく」「素晴らしく」「カッコよく」「スタイリッシュで」「That's Cooooooooooool!!!!!な」「エレガントで」「劇薬的な」「いやもうこりゃ降参ですわ」といったものなのだ。お分かりいただけただろうか。というか分かりなさい(命令)。思考停止してとにかく撃ちまくれ!さすれば道は開ける。
そんな感じで(どんな感じだ)撃つ快感はあるとして、避ける快感はどうかと言うと、こちらもかなりのものだ。今作の敵は弾を撃たないため確かに弾を避けると言う部分は他のSTGに比べると落ちるかもしれない。しかし多種多様の敵がゲームプレイを彩ってくれる。ただフラフラと漂うものからこちらをゆるく追尾するもの、こちらの弾を避けるものや破壊されると分裂するもの、へびのような姿をしたものからパックマンのような姿をするもの、攻撃を与えると場を歪めてくるブラックホールなんてものも存在している。これらが文字通り幕を作り襲い掛かってくる。これを一瞬の狂いもない繊細な左スティックの操作と瞬時の判断で右スティックを傾け捌いていく感覚は清く正しくSTGの姿だ。昔懐かしき狙い撃ちの間隔が残されているのもポイントが高いところだ。当たり判定が意外と大きいので敵と敵との間を潜り抜けるのにも緊張感が走り、だからこそ一時の安心を得られた時の快感は何物にも代えがたい。


……が、今作は極めてストイックな作りでありしたがって難易度もかなり高い。油断するとアッサリ死んでしまうかなりキツメの調整がなされている。かくいう自分も撃ちまくれ!とは言ったものの捌ききれずに「おわー!モウダメダ―!」という情けない悲鳴を上げて2万点なんてことを頻発させている。ランダム要素が強くパターン構築が難しいことも影響し真のゲーム力が求められる作りだ。そのためGeometry Wars: Retro Evolvedの快楽を味わう前に投げ出してしまう人もいるかもしれない。
しかし裏を返せば緊張感のある戦いを味わえるというもの。自分はこの電子の宇宙の海でただ自分が生きていることを確認したいだけ。実績なんぞ取得出来なくて結構!撃って撃って撃ちまくれ!撃てばわかるさ!
posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 今月の一本 | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

イースⅧクリアしたーッ!!

今年のゲームは今年中に、ってことでイースⅧ真エンドに到達しクリアしました。いえ~いやった~トロピカルやっほ~い(TOGのパスカル
うーん、言いたいことは山のようにあるし一概に欠点の無いゲームとも言い難いけれども、終わった後に「ああ面白かった」という言葉が自然に出てしまうゲームは良いゲームの法則にしたがえばイースⅧは紛れもなく良いゲームであり良いRPGといえたもんでしょう。動いて良し話良しバランス良しとゲーム部分は極めて良質。パフォーマンスとテンポで多大な問題を抱えてる気がしないでもないけど、それもこれも丁寧な作りですべて帳消しか。アドルさんの冒険譚と攻略王の実力をしかと見させていただきました、みたいな感じかな。
しかしこれで残るはサガスカのみか……果たして今年中にクリアできるんだろうか。
_____

本日のメタスラ3は
・1回目
2面ボスで弾回避し損ねて撃沈
3面中盤で奇怪な行動取ってしゃがんだ雑魚を倒せなくなってスラッグ破壊されやる気消失
・2回目
4面でラクダがメタスラアタックであの世へ旅立っていき壊滅寸前
ロカで発狂黄弾→END
・3回目
2面ボスで弾回避し損ねて撃沈
4面で戦車の流れ弾貰って撃沈
ロカで発狂黄弾
5面空中戦で流れ弾に当たって撃沈
といいところなし。どうにもこうにもなりません。
それ以外にも5面宇宙のロケハンを敢行してるんだけどまるで解法が見えて来ない。弱った。隕石ラッシュ第3波は安置がないっぽいというか純粋なゲームスキルが求められるタイプのものかよクソッタレ。これじゃあいつまでたっても宇宙を越えるなんて夢のまた夢だぜ?だってここで毎度毎度スラッグボロボロor大破してるし。そしてスラッグが無ければ中ボスに勝つこともその後の壁ギミックを破壊することもままならない、か。どうも限界は無いと思われたメタスラ3だがここにきて物理的限界が垣間見えてきたぜ……。このまるでどうにもならない完全敗北感はブラストドーザーを彷彿とさせる。誰か俺に5面攻略の糸口を見せてくれー。天啓を与えてくれー。
_____

ひたすらサガスカで能力上げ。普通のゲームだとかったるいよ作ったやつはふざけてるのかと怒り心頭状態になりそうだけど、稼ぎすら面白いのがまたサガって感じなもんでしょうな。
ちなみに稼ぎ場は野いちご道場。詳しくはこの辺見ればいいと思う。説明するのだるいし(え?
・【サガスカ】第5回 野イチゴ食いつつレベル上げろ~~~い!
http://mtg60.com/archives/sagasuka-ichigo.html

それよりもラスボス戦をどうするかだよなあ。実は長年ちまちま見ている某やり込み系の人のHPにて俺より後に始めたにも関わらず倒しているのを確認して絶望感に打ちひしがられていたんだけど、そこでなんかスタン有効って情報を見ちゃったんだよね。むむむ、どーしましょって感じだ。つーかラスボスがスタン有効ってのも割とアレな気がしないでもないけど……。その異端っぷりがサガって感じだぜ!!でもスタン要員が準備できるかまるで分からないからどーしたもんでしょって感じー。
_____

・連載:気まぐれゲーム雑記 第1091回:2016年のゲームをざっくりと振り返ろう[1月~6月編]
http://dokuzen.com/column/series/prequel-that-will-loosely-look-back-the-2016-games.php
・連載:気まぐれゲーム雑記 第1092回:2016年のゲームをざっくりと振り返ろう[7月~12月編]
http://dokuzen.com/column/series/roughly-the-2016-game-to-the-look-back-will-sequel.php

物忘れがひどくて「今年なんかあったっけぇ?ダラバーCSとガレッガRev.2016が出たことくらいしか覚えがないが…」みたいなドボンクラやろうにとってはこの手の記事はありがたい限り。今年も色々あったのねー。とりあえず俺もクリプトオブネクロダンサー推しときます。
_____

ダラダラ先延ばしにしていたら2016年も終わりに近づいていて、プレイしたゲームの振り返りがまるで出来ていない有様。果たして今日中に終わるのかねー、ということをうだうだ書いても進展はないので、今日はこの辺で。ダッシュ。

posted by グレイ at 20:10| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

今年のボツその1 てけてけ!アスミッくんワールド

今月の一本用に文章を書いてみたけどなんか上手くまとまらなかったというか、テンパった文章にしかならなかったので自戒の意を込めて、あと今年の膿を出すためにもここに残しときます。いつものことじゃねえかと言われたらまーそうなんだけどね。ああ救えない。
_____

DATA
発売 / 開発 :アスミック
登場時期 : 1989
ジャンル : 平安京エイリアン+ドルアーガの塔
機種 : GB


~名作+名作=迷作?~
アスミッくんワールドは一部の人にはおなじみ、それ以外の人には全く知られていない、いわば孤高の作品である。GBの初期も初期に発売されておきながら、そのあまりに人を突っぱねるかのような作りに面食らった人も多いのではないかと思われる。実際自分も初めて遊んでみて「こ、これは……」と絶句するほどであった。
ゲーム内容は全33ステージある塔を平安京エイリアンをやりながらドルアーガの塔を上る感じのゲームである。もう少し分かりやすく言うと、地面に埋められた次の階へ行くための鍵をノーヒントで掘り当てる、その間襲い掛かってくる敵を落とし穴を掘り生き埋めにして対処するゲームだ。平安京エイリアンはゲーム黎明期における記録的な傑作の一つであり複数のフォロー作を生んだ。ドルアーガの塔もゲーセン文化を語る上での一つの重要な作品であり記録的なゲームでもあろう。この二つは紛れもなく名作だ。ならばこの二つを上手いこと足し合わせてみたら……?という発想で生まれたかは分からないが、今作はその二つを足し合わせたかのようなゲームである。そして、仕様の違うゲームを足し合わせるのは難しかったのか、何とも言い難い珍妙な出来具合の作品に仕上がってしまった。子供はおろか大人ですら手を焼く、凶悪難度のアクションゲームとして……
しかしそれはあくまでアスミッくんワールドの表面的な部分でしかない。一つのまっとうなゲームとして評価するならアスミッくんワールドはどうしようもないレベルのゲームであるがその実態は正しくない。その理不尽さに耐え抜くことで、アスミッくんワールドに秘められた奥深いゲームデザインを垣間見ることが出来る。なんなら言ってしまおう。今作はGB初期における一つの隠れた傑作だと!

~リアルタイムに戦略パズル~
アスミッくんワールドは見た目から受け取れる面白さに欠け、それが故に時にはクソとすら言われることもある悲しきゲームである。そりゃそうだ。主人公であるアスミッくんの挙動は驚くほどに鈍足、穴を掘るスピードも鈍足、更にはカギの場所もノーヒント、こちらの都合を無視して平然と敵は襲い掛かってくる、ボスは超高速起動に加えて圧倒的火力で圧殺。こんなもん理不尽以外の何物でもない。
しかしめげずにプレイを続けることによって見えてくるものがある。今作攻略のキーになるのが「カギの初期配置は固定」という事実である。幸いにしてコンテニューは無限なのでカギの配置さえ覚えていけば攻略の方針が立つ。カギの発見に役立つのがアイテムの存在。埋まっているアイテムの位置を音で教えてくれるレーダーやカギの位置を指し示してくれるコンパスなどを使うことによってカギの位置は特定することが可能。また敵も地面を掘り起こしたりしていて、その時にカギやアイテムを掘り起こしそのままフラフラしていることもある。そいつらを穴に埋めカギを入手するのも一つの解法の手だ。このように「こんなだたっ広いところでカギなんて見つかるわけねーよ!作ったやつは何考えてるんだ!」と思われがちなカギノーヒントなデザインだが、むしろ「あそこにあるカギをどうとるか…?」「あのアイテムを取ってどう探していくか…」といったように戦略性の高いものになっているのだ。惜しむべきはこの点に気付く前に大半の人はブン投げそうな気がすることか……
また、カギを見つける戦略性に気付くとさらなる奥深さに気づくだろう。うねるようなステージ構造になっているのがアスミッくんワールドの特徴の一つではあるのだが、だからこそ先読みで敵を穴に埋めこんだりすることが容易なデザインになっている。穴を掘るのが遅いことは単純にデメリットではあるが、それ故に否が応にも戦略性は高まり高度なリアルタイム戦略パズルゲームをプレイしている気分になる。アイテムの確保、ゴールへ辿りつくまでの経路設計、敵への対処など考えることは非常に多く、我らがアスミッくんもポンコツな性能だがだからこそ恐ろしいほど緻密な解法を有するデザインに昇華されてしまっているのだ!こんなゲーム今まで無かった…
通常コースはこのように奥深いものを秘めていたが、ボス戦はどうか? こちらも一見すれば理不尽なものだろう。しかしこちらもアイテムの位置が固定であることを利用することにより優位に戦うことが可能である。自機のスピードを上げるローラースケートを掘り起こさなければまともに戦えないのは問題とも思えるが、しかしボス戦直後はボスがしばらく待っていてくれるという何とも紳士的な姿勢を見せつけてくれる。この隙にアイテムを確保して敵の攻撃を見切り戦うアツい内容になっている。ボス戦のアツさもかなりのものである。
また、操作体系にしても意外にもかなり考え抜かれたものである。GBというボタンが少ないハード上にて如何にその場方向転換を表現するか?という問いに最初期でありながら極めてスマートに破綻なく解法を導いた操作(穴掘り+十字キー)は意外と凄いと言えるのではないだろうか。細かいところではあるがかなり革新的な操作だ。

~てけてけなんてもんじゃない音のクオリティ~
そうは言っても理不尽に思われるような要素を持っていることは確かなことであり、自分自身もありもしない面白さを妄信しているだけかもしれない。しかし!こと音楽に関していえば声を大にしてオススメであると言おう! GB最初期でありながらハード特性を知り尽くしてるんじゃないか?とすら思えるそのてけてけした明るい曲調! 捨て曲が無い全曲ハイクオリティ仕様! 理不尽なゲーム内容に対して釣り合ってないとすら思えるその音楽性の高さはガチだ。音楽の良さは本物ということの証明として、知名度がアレなゲームの割になんとサントラまで登場してしまっている。アスミッくんワールドの音楽はCD化されるほど良いものということが当時から理解されていた、と言ってもいいだろう。ちなみにオススメはエリア3(ステージ17~23)とボス戦だ。エンディング曲も良し。この音楽のために買う価値のあるゲームであることは確かだ。幸いにして多くのゲーマーがこの面白さに気づかなかったのか中古屋に山積みされていることもある。君も今すぐにゲットだ! ついでにゲーム内容にもハマってくれるとこちらとしても幸いである(それでいいのか?

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 今月の一本 | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

おきのどくですが、本当におきのどくなのはどっちだ?

なりふり構わずイースⅧを進行中。しかしプレイのし過ぎで3D酔いを発症し大停滞。この体質さえなければクリアまでこぎ着けられたかもしれないのに……。ううう……。
更にあろうことか、Vitaを酷使しすぎた弊害がここにきて出始める。左スティックが何もしていないのに下に入力が入るように。まさにおきのどく状態。くわー、遂にイカレてしまったか。2年か3年か分からないけどそのくらい酷使し続ければそりゃあぶっ壊れるよなあ。でも思い返してみれば買った当初から左スティックおかしかったけど、放っておいたら治ったし、ダラバーCSで酷使していた時もしばらく放っておいたら治ったし、今回も放っておけば治るだろう。無問題(本当かよ)。それに、メタスラ3とイースⅧをやる分には支障はないっぽいし、支障が甚大に出るのはダラバーCSくらいだし、いいといえばいいんだけど……。いいのか?これで。なーんか軽い支障に慣れ過ぎて頭がマヒしているような気が……。むしろこんな風にそのうち治るだろうって考えてる頭がおきのどくのような気がする。
_____

そんなイースⅧはラストダンジョンの3体目のボスを倒したところまで進行。今日の夜にでもクリアできるでしょう。ハイ。…3D酔いさえなければの話だけどね。

メタスラ3は1クレ5面空中戦パートで御臨終。まるで成長が見られません。なんつーかもうゲームやる資格なしみたいな感じー?笑い事じゃねえ。ロカ様への対処はなーんとなく慣れてきたは良いけどそれ以外の箇所で凡死をやらかしすぎなんだよねー。自分にもう少しだけ集中力があればなあ。

ついでに3D酔いの疲れを取るためにパワポケ6なんかをプレイしてみたり。やっぱり6の裏サクセスは最高だーぜー、みたいな。僅かな時間でサクセスを楽しみたいとき、実に6は馴染む。この辺のバランスが極めて良いから、こうして手元が何か開いている時に起動されやすいんだろうなあ。これはパワポケ7とかでもそうなんだけど。DS時代の骨太ストーリーもいいけど、ちょいと重いものは疲れるときに適した軽さでいて、それでいて飽きさせることのない体験が出来るゲームってのはそれだけ貴重なものなんです。自分がこのシリーズを偏執的にやり続けているのはこういう手に取りやすさがあるから、だろうなあ。
_____

・フライハイワークスの3DS&Wii Uダウンロードソフトがおトクな価格で購入できる年末年始お年玉大セールが本日より開始
http://www.famitsu.com/news/201612/28124054.html

忘れないうちに魔神少女買っておかないと……
_____

図書カードをもらったのでこれを使ってファミ通でも買いに行こうかなーと思い使ってみたところ「磁気が弱くて反応しねーよファック。とっとと首でも吊って氏ね(意訳」と言われ泣く泣く現金で支払いしてる人のファミ通感想。しかし困ったな……今月と来月は1500円で済ませるつもりだったのにこのせいで既に1000円切ってるぜ。来年も極貧生活はまるで変わらず、か。食生活とか健康状態を犠牲にしてまでゲームを買うのも考え物なのかもね(つーかまともな頭してれば健康犠牲にゲームやるのなんて愚行でしかないんだけど

・2016年ゲーム業界重大ニュース
片っ端からあらゆることを忘れて行く自分にとってはこういうまとめはありがたい話……なんだけど、VRが一位に驚愕。正直言って言葉は悪いけど今のところ好事家の高価な遊びの範疇に収まってる感しか見受けられないんすけど。これは俺が最新据え置きハード何一つ持っていないし買う金も無いことが影響してるのかも分からんけど、VRVRって声も以前よりしなくなってるしで正直そうとしか言いようがないでっせ。まあ俺は死ぬまでにPolybiusがプレイ出来ればそれでいいんだけど……

・DQ11
まあ、これでしょう。ドラクエはある種の義務ゲーみたいなところがありますから。発売日に買わずとも、いずれは必ずプレイしなければいけないのであって。
見た感じ買うとしたら3DS版かねえ。迫力のバトルよりも、慣れている方が自分には合いそう。あと、自分が最も重要視するのはやりたいときにサッと出来るか、だし。据え置きだとどうもね……。それはそれとして、ロトゼタシアにはロトって付いてるけどこれはロト3部作に何らかの関連があるのかねえ。すぎやま大明神のインタビュー記事は読む価値あり。
あと3DS版の開発を(スクエニと一緒に)務めるトイロジックって色んなゲームに関わってんのね。おいちゃんスマブラXとか真パルテナにも関わってるってこと知って腰抜かしちゃったよ。

・日本一&インディー
ニーズヘッグってどこかで聞いたことあるとか思ってたらこれファミ通のインディー紹介記事で乗ってたやつじゃねえか!これは買いだな。
吉田Pと新川さんのインタビューはちょっと文章が長かったので後で…

・無慈悲
インサイドヤバいらしい。くわー。LIMBOすげえ良かっただけにこれは気になるな…。息が詰まり夜も眠れぬような残虐演出もそうとう気になる。LIMBOの時点で相当精神を抉られるものだっただけに。

・ダンガンロンパ3
で、これなんだけど2やってないからネタバレ厳禁なために読めず仕舞い。せめて過去作品とのつながりがあるか無いかだけでも…でもあるんだろうなあ。果たしていつになったらプレイできるのやら。つーか1やって面白いって感想抱いてリローデッドも買ってるのにプレイしてない方がおかしな話なんだけどねー。

・メーカーの年賀状
ケイブが相変わらず斜め上なんだか下なんだか分からない年賀状を作っていて安心なのかそうでないのか。頑張っていただきたいもんです。
それにしても……自分はスマホ系のメーカーはとことん名前を知らないな……。そもそも覚える気が無いのか。んー。だからこそ大学で話がまるでかみ合わない人が多いんだろうなーと思った。

・著名人とクリエイターがハマったゲーム
P5を挙げている人がすげえ多い。これもまた、義務ゲーか……。その前に積んでいるP3とP4Gの存在が……。嗚呼……

・桜井コラム
初見力が試される遊び……というのは非常に面白そう。ゲームを膨大に持っている人だからこそできる遊びですねーみたいな。
それよりも隣に仲良く置いてあるダンガンロンパの小高さんのコラムが次回で終わるってのも気になるが……
_____

今年ももう終わり…ってことで、今年の膿は今年に出しておくかねえ。お蔵入りにした何らかの文章でも年内までに出しておこうかな。
あと今年のゲーム総括記事をどうにか完成させないと……。まだ個別のゲームについて話したりてねー。うひー。
※追記:バグって記事飛んだりしてやる気激減中。もう、このブログサービスの下書きだのなんだのはまるで信用ならんのねー。結局全部メモ帳に書いてコピペで対処しろってことかよクソッタレ。もう何も信用しねえ。

posted by グレイ at 19:57| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする