2016年12月28日

遂にやった…

サターン版だけれど、連射無しメタルブラック1クレジットクリア、達成。美しく真っ二つに割れて行く地球。遂に、遂に俺はやったんだ……!うおおおおおおおおおーッ!!(月に向かって遠吠え

と言っても実はラストバトルで時間切れ自壊待ちっていうせこい戦術を取ってしまったんだけれども、それでも俺は嬉しいよ。難易度はそこまで高くないと頭で認識しつつもクリアに至ったことは無かっただけに、本当にそう思う。やはりタイトーSTGは素晴らしく、プロジェクトガンフロンティアは至高。そのことを再認識出来ただけでも良かったと心から思う。こんなに優れた作品もまあ無いよ。圧倒的過ぎる。もはや言葉も出ない。

いやーそれにしてもこれでようやくメタブラの信者やってもヘンな後ろめたさを感じなくて済むのか。あー良かった良かった。メタルブラックすげえ好きなんだけど今まで一度もクリアに辿り着いたことは無かったからねえ。演出面とかにほれ込んでココとかでもグダグダ管を巻いたことが何度かあったような気がするけど、その時も「クリアもしてない男がこんなこと言ってもいいもんなのかねえ…」みたいな葛藤があってね……。でも、そんな無意味な葛藤ともこれでおさらば。今、俺は成し遂げた。あらゆる苦難困難災難、全てを乗り越え無事に地球真っ二つ。これ以上何も望むことは無い。いや、正確に言えばラスボス正々堂々倒したいけど……

メタルブラックはゲームとしては佳作だのなんだの言われることがあるけど、むしろ一ゲームとして極めて高い完成度を誇る作品でしょう。ロジカルに考えれば考えるほど何もかも虚しくなっていくその内容は、ゲームはゲーム性だの論理的な面白さだの言ってる人たちの鼻をへし折るカウンターパンチとしての破壊力を最大限に高めたものであり、作家性作品性を高めた一つのゲームとしての極致であったとすら思います。ゲームにおける物語性の表現、演出技法、ゲームシステム、世界観構築の有り方を考える題材としては数あるゲームの中でもトップクラスだとすら思います。強制スクロールを逆手に取ったその見事な演出は、今見てもなお「やっぱりメタルブラックは凄かった」と言えるものだと思いまして。
売れたゲーム、多くの人に愛されたゲームが良いゲームと言うならばメタルブラックはまるで正反対のゲームでしょう(ストUブーム真っ只中に出たしあんな内容だし……)。しかし、それでも分かる人には分かる、一つのSTGとしての到達点として触れておくべき作品だと。ここからあの全てにおいて頂点レベルの完成度を叩き出してしまったダライアス外伝とレイフォースに繋がっていくということを考えるのもまたいいものです。

あーしかし年内にクリア出来て本当に良かった。これで心置きなく年を越せる。
_____

ついでにメタルスラッグ3でもノーコンテニューで5面までたどり着いてしまった。ロカ様にはSを止めてレーザーにしてみたらなんだかアッサリと。プレイ結果は3面ボス1ミス、4面ボス1ミス(発狂黄弾)、5面宇宙2ミスで惨滅したけれども。それでも、自分のようなヘボでもノーコンテニューで来れるなんてのは嬉しいねえ。やり込みは期待を裏切らないってのはこのことなのか。良く出来たゲームだなあ。
だが5面宇宙の攻略の糸口がまるで掴めない。これはどうしたもんか……。正直この後の場面もどうにもなりそうにないものばっかりな印象なんだけど……。特に火星人登場後、脳味噌ビックリメカとか巨大ビックリメカとか、フェイクマーズとか、クローンゾンビ地帯とか。ルーツマーズは時間さえかければどうにかなりそうだけど通しでプレイした場合精神的にその頃は疲れのピークな気がするな……

メタスラ3攻略メモ
5面宇宙:隕石ラッシュは第一波、第二波は右下が安置。第三波は右半分ないで動こうとして対処。画面内を縦横無尽に動いて対処しようとすると危険。中ボスまでにスラッグ失うと極めて危険なのでミスをしない。雑魚は基本撃ちまくり、岩は適当に撃って対処。
5面UFO内部:攻略出来てない
5面火星人登場地帯:Fを失わないようにする(今まで保持出来たことがない
脳味噌ビックリメカ:ボムとショット撃って速攻で沈めるが吉?
巨大ビックリメカ:目の真下辺りで上撃ちしまくり。倒したらすぐさまちょい避け(しないと死ぬっぽい
フェイクマーズ:切り返し?
ルーツマーズ:鬼避けしまくって遠くからぺちぺちor命の危険を覚悟で脳に向かって切りまくり?後者は試してみたところ本人にセンスが無くスラッグに戻ろうとして死亡、乗り損ねて死亡、スラッグが破壊されるなど散々な目に。
_____

サガスカも遂にラスボスとご対面。うわーい、ラスボスだよー。レオナルド編のこれまでの冒険を走馬灯のように振り返る演出超イカしてるよー。
で、例によって阿鼻叫喚の地獄絵図の強さを見せられてしまって大停滞中。よもや第2形態があるとは……。で、なんでか知らないけど3連戦だし……。こんなの勝てるのか…?更なるレベル上げないし武器の見直しがここにきて必要になろうとしているとは……。つーかやっぱり回復役がいるとか?術なんざ要らねーぜファックとか言いながら進めていた弊害がここにきて出てるぜ……
_____

・ニンテンドースイッチ、日本一ソフトウェアが参入。ちゃんとソフト作ってる
http://ga-m.com/n/nintendo-switch-nippon1-sannnyuu/

この会社の「ちゃんと作ってる」にどれだけ信頼を置いていいのかがかなりアレだけれども。果たしてどうなることやら。んー。まあ俺はハードは何でもいいから古谷Dの作品さえ遊ばせてくれるのなら。ひょっとするとインディー系のゲームだけ出してメインはPSなのかもよ。ってか書いててそんな気がしてきた。
_____

・『バトルガレッガ Rev.2016』発売記念ロングインタビュー エムツー初のパブリッシング作として度を超えた熱意が注ぎ込まれたタイトルは、こうして生まれた!
http://www.famitsu.com/news/201612/28123855.html

あまりにもアツい。あとでじっくり読み。
_____

それではちょいとサガスカの成長の方を……。はてさて、一体どれだけ稼げばラスボスに勝てるようなるのやら。ロールを組み込んでみたりした方がいいかも分からんねー。んー。どうなんでしょう。思い返してみればこの時代に勝つために稼ぎがいるなんてバランスのゲームもまあ珍しいもんな気がするけど……


posted by グレイ at 21:27| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ゲームの疲れはゲームで取れ

必死にメタルブラックをやり込み遂に1クレ6面に到達。だが集中力に限界が来ていたのか死ぬ場面で無いところで3ミスしでかしAllならず。おわー。やっぱり1時間もぶっ続けでやっているのがいけないのか、それとも朝から色々なゲーム合わせて6時間休みなしでゲームし続けているのがいけないのか(これの気がする)、はたまた連射装置なんてものも無いので連射で腱鞘炎を起こしかけているのかともかく集中力が切れてノックダウン。うへー。
で、疲れを取るために続けざまにメタルスラッグ3をプレイ。しかし疲れを取るために起動したゲームが精神をすり減らすようなゲームだったのが運の尽き。2面ボスで死んだり巨大ガニに刺されたり消化液喰らって服が溶けたりそもそも根本的に天から見放されているほどの運なのか発狂黄弾3連発であえなくデッドエンドを繰り返す。情けなくて言葉も出ません。ハイ。黄弾3連発してきたロカ様は後でボコす。
更に疲労回復のために久々に特攻空母ベルーガに特攻。しかし体力に限界があったのかボコボコと死にまくり。5面でゲームオーバーだなんて、もうお嫁にいけません。一応2回目で何とかノーコンテニューハラショー出来たけどさ。
いやーしかしこうして狂ったようにゲームするのもたまにはいいもんですな。普段ちびちびとしかゲームできてないだけにこういう時間が凄くありがたく感じる。それだけに、なんか眼球の奥の方に変な鈍痛を抱えたり腰が痛くなっているのがどうもね……。なんつーか老いを感じるね。切実に。誰か俺に波紋の力を恵んでくれ。
しかしこれだけやってる割には全く進行度合いはへぼへぼのぴーなんだよな。ホントに年末までに何かしらのゲーム1本でもクリアできるのか?
_____

・【先出し週刊ファミ通】日本一ソフトウェアが海外の名作インディーを輸入する、新プロジェクト“日本一インディースピリッツ”始動!(2016年12月28日発売号)
http://www.famitsu.com/news/201612/27123900.html

自分たちでインディーっぽいゲーム(夜廻りとか古谷D作品とか)出したと思ったら輸入までするのか。まあ、こちとら面白いゲームが出来りゃいいから積極的にガンガンやってくれいって感じだけれども。ローカライズとかはちゃんとするんだろうか。
_____

・『アークザラッド』、『ワイルドアームズ』、『人喰いの大鷲トリコ』などSIEのゲーム楽曲を演奏するオーケストラコンサートが2017年5月3日に開催決定
http://www.famitsu.com/news/201612/26123861.html

オーケストラでコンサートですわよ。DAZEがあるのは気になるねー。問題は俺がゴールデンウィークに暇かどうかってところだが……。年々忙しくなっているので行けるかも分からん感じなのが……。2月3月は暇なんだけどねー。んー。
_____

・「ニンテンドースイッチ 体験会」でゲームミュージックライブを開催! ゲーム音楽をジャズアレンジとロックアレンジで奏でる
http://www.inside-games.jp/article/2016/12/27/104416.html

スイッチ体験会で音楽ライブもやるですわよみたいな話。スイッチはともかく(え?)こっち滅茶苦茶気になるぞ!でも人多そうだよなあ……。そもそもその時期って期末試験に向けてお勉強しなきゃ留年の危険性もあるわけだし……。どうせ勉強なんぞしないんだからこっちに行ってもいいかもねーみたいな。ああダメ人間。
_____

・[3DS/WiiU] ニンテンドーeショップ 新春初売りセール (2017年1月1日より)
http://dlgamesale.blog.jp/archives/49166445.html

砂漠のネズミ団がこりゃ安い!ってことで年明け一発目の購入はこれになりそうです。年が明けてもゲームゲームの日々は変わりそうにありませんな。手が伸びそうなゲームの系統も変わらなそうな予感。ホントは節約してPS4とか欲しいんだけどね。気づいたら金がすり減っていくってのもおかしな話だよなあ(訳の分からない買い物ばっかしてるからだ
_____

メタスラ3のソル・デ・ロカについてちまちまと。このボスが比類なきボスであることは言うまでもないが(何言ってるんだ)個人的にはあんま好きじゃない。それは黄弾が理不尽!ってのもあるけど、それ以上に戦闘中に色々考えることが多いのがねー。アホな自分にとってはかなりしんどい。
ロカ様の攻撃で言えば回避が楽なのがコインレーザーと赤弾、半々なのが狼弾、無謀なのが黄弾なわけで、狼弾がどうも自分が苦手なタイミングを計って避けろって攻撃なんだよね。タイミングに気を取られるので攻撃の手が緩くなるか、もしくは攻撃に気をとられて死屍累々みたいな。狼弾の死亡原因が多いのは頭の中で計算がオーバーフロー仕掛けているってのもあるし。
また、ロカ様が発狂しないようにダメージを与えるのも苦難困難。計算が楽なS9発が良いよ!と思いそれを実行しているんだけど1回も成功したためしがない。そこに至るまでにダメージ計算と狼避けのタイミングがぐちゃぐちゃになって結果1ミスしたり発狂のタイミングを誤り発狂黄弾喰らったりと散々。
更に捕虜の存在がこれまた厄介。Hを避けようとして攻撃を喰らった回数は数知れず。もはや罠としか思えない。戦闘中に考えることが多すぎるんだよねー。気楽な精神状態を保てるのが赤弾くらいしかないってどういうこっちゃい。ボスとしてのアクセントは良いと思うんだけど、こうも考えることが多いとしんどくてしんどくて。純粋な弾避け力以外にもタイミングセンス、ダメージ計算能力、射撃センスまで要求されると自分には辛い。んー。
とりあえずSを持ち込む戦法を辞めてみようかな。捕虜回避で神経すり減らして疲弊して負けるくらいならダメージ計算やらかした方が被害が少ないと思うし。それに、黄弾を撃たれなきゃいいだけの話だしな!今日1/4の確立で飛んでくるはずなのに3連発喰らったけどな!
_____

果たしてサガスカが先に終わるのか、それともイース[が先に終わるのか。このグダグダなチキンレースから俺自身目を離せないぜ……。ホントはどっちか早くクリアして、放置状態に移行しつつあるエルナードに復帰したいんだけどね。


posted by グレイ at 20:56| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

お前は本当にやりたいと思ってゲームを買っているのか?

ブックオフで謎の安売りをしているのを発見したので気がふれて6本買い。こんだけ買ってもお値段480円!その内容は
・スノボキッズ(N64)
・マリオゴルフ64(N64)
・ポケモンスタジアム2(N64)
・ヨッシーストーリー(N64)
・スーパーエアダイバー(SFC)
・ワイルドトラックス(SFC)
こんな感じ。はたして俺はこれらのゲームをやりたいと思って購入しているのだろうか。ポケモンスタジアム2に至ってはプレイ済みなんやで!?自分でもどうかと思う。
更に節操なしにゲームを買いあさった天罰か遂にゲームをダブらせてしまった。ダブったゲームはよりによってワイルドトラックス。前回購入したのを動作確認すらせず積んでその存在すら忘れているとは。というかこんなのどうすりゃいいんじゃー!!
振り返ってみればここ数日で狂ったようにゲーム買ってるけどどれも動作確認すらせず積んでいるんだよな。直近で買ったのがアマガミ、Bard's Gold、Teslagrad、平安京エイリアン、どぎめぎ(3DSもVitaも)、ミッキーのマジカル魔界村、トータルエクリプス、エックスレーシング、バーニングロードといった具合か。確かニンジャガイデンも買ってたような気が。ううう……俺は何故こんなゲームを買っているのに全くプレイしていないんだ……。友人に言われた「やる気もないゲーム買ってくるなんて頭おかしいんじゃないの」という言葉が脳裏から離れないぜ……。どこまで行ってもゲームしかないのかよみたいな感じ。そしてゲームしかないんだよなあ。ああああー。
_____

・“日本一ソフトウェア 年末年始セール”PlayStation Storeにて実施 『魔界戦記ディスガイア5』、『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』などがラインアップ
http://www.famitsu.com/news/201612/26123902.html

で、そんなときに日本一がセールやるって言われても困っちゃうわけYo!!どーしよーディスガイアとか既に何本か持ってて一本たりともプレイしたことないんだけどこれもこの機に買っちゃったほうがいいのかもとか思ってたりして(もう止めろって
にしても、ホタルノニッキはセールになるのにロゼと黄昏の古城はセールにならんのか?俺としてはホタルは厳しく、ロゼはまっとうに面白いと思っただけにロゼの方が手に取ってもらいたいもんだけど……。一応ホタルノニッキも面白いヨ。完全クリア投げ出すくらいには難しいと思うけど。
_____

・DL版『テイルズ オブ』シリーズのセールが実施、最大40%OFFで販売中
http://www.famitsu.com/news/201612/26123877.html

で、何故かテイルズもセールなわけですわ。こっちはもうほとんど持ってるから今更買うものもVitaで出てるやつくらいなんだけどね……。過去にやってた2本買ったら1本無料キャンペーンと比べたらお得感が薄いよなあ。
とりあえずD2とRは戦闘系RPGとしては究極にして至高の可能性を秘めたものではあるので未プレイの方は是非とも。D2はアクラビに潜っているだけでも楽しいですよー。
_____

・『死印』謎のティザーPVが公開 ミステリアスな雰囲気が漂うPS Vita用ソフト
http://www.famitsu.com/news/201612/26123782.html

Vitaで新作か?結構珍しくそれでいて謎だらけで情報が全くないのが新しい広告って感じだぜ……。メモしておこう。
ちなみにリンク先のコメント欄ではエクスペリエンスの新作なんじゃないのーという声が。初めてあそこのコメント欄がまともに機能しているところ見たぜ……
_____

・ゲーム開発者・桜井政博氏の驚きのゲーム収納術とは?──数千本のソフトの内容は体験として記憶に残っている
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/shuno_sakurai

うっひゃーもう脱帽。土下座。ジャンピング土下座する勢い。あまりにも凄い有様でございまする。こうしたシュッとしたゲーム環境を構築できる人間になりたいなあ。足の小指を設置してあるSFCにぶつけて痛めてる場合じゃねえよ(ついさっき起きた現象
_____

今日のメタスラ3は2面で1ミス、3面で1ミス、ロカ様で黄弾飛んできて全滅。こうもプレイにメリハリがないと当の本人も気力とかが蝕まれていくな……。ノーミス(というかノーコンテニュー)で5面に来れればまた見えてくるものは違うようになると思うんだけど……


posted by グレイ at 20:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/19〜12/25

ディディーコングレーシングのクリスマス村がクリス松村に聞こえるなんてのはいい加減21歳にもなったら忘れるべき事柄だよな。なーんで重要なことは片っ端から忘れて行くのにこんなことはずっと覚えているんだろう。


・サガスカ
時間を割いてバリバリプレイ中なわけだけれども、ここに書けるようなことはあんま無いのよね。というか子のゲーム、かなりその面白さを文字にし難いし、それでいてどこまで進行したかってのはフリーシナリオだから意味をなさないし。まーもう少ししたらクリアできるもんでしょう。今年中にクリアできると良いなあ。

・イース[
迎撃戦投入のタイミングの悪さに辟易しつつもどうにか進める。のだがここにきてサブイベントとかが増え始めているという何とも言い難い事態に直面。はてさてどうしたもんでしょうカ。

・メタルブラック
1クレ5面。ビーム解放のタイミングを間違えるわ連射が下手くそになって火力で押し負けるわと散々。クリアまでの道は開けているはずなのだが……

・メタルスラッグ3
おそらく最も時間を割いてるはず。最高結果は1クレ4面ボス。何とか5面突破のとっかかりがつかめるまで、ここに来るまで安定出来るようになりたいものなのだが。んんんんんー。パーツパーツで見ればクリアいけそうなのにー。

・引ク落ツ
詰まりに詰まった108面を突破。だが今現在は110面でドン詰まり。今年中のクリアは絶対に無理だし、下手すりゃ生涯でクリアできるかも危ういゲームなのでのんびり進めるとしましょう……

・ガレッガ
1クレ6面。ブラックハート様も倒せて好調。しかし6面開幕はヒドイ地獄絵図だなこりゃ……。勲章は取れないは取ろうとすると死ぬわでもうどーにも。

・極パロ
1クレ7面ちちびんたリカ。ここまで来れたのも嬉しいところだが、どーにかクリアまで行っておきたかった…!最終面に入ったらとっととミサイル確保するのを忘れないようにしておかないとな。

・ファンタジーゾーン
1クレYA-DA-YO。遂にラスボスまでたどり着いてしまったがこれどないするのよ……。連射無ければどうにもならない気しかしないんだけどー。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

生活記録

意識改革のためにここ最近はメモにタイトルをつけようと努力をしていたのだけれど、形の無いものにつける名前なんて書けるわけもなく、単に面倒くさいだけだったので平常運転に戻す。
_____

クリスマスはメタルスラッグ3で血みどろ大殺戮を楽しんでいたり。しかしその結果は1クレ4面ボスと確かに成長が見られるものの内訳は砂漠で1ミス、ロカ戦で黄色弾が飛んでこなかったにも関わらず狼弾が回避出来ずに3ミスと無残。もうゲーマーやる資格アリマセン。涙。
やっぱり集中力の持続時間的に限界があるんかなー。頭がしっかり回っていれば3面まではノーミスで行けることはなんとなくは分かったんだけど、4面から集中の糸が切れ始め、その結果が狼弾で3ミスというゴミ以外の何物でもないプレイなわけで。まだ5面もあるんだよねー。不可能か可能かで言えば可能寄りの、理不尽な要素の無いゲームってことはなんとなくは掴み始めているんだけど、そこに至るまでに確かなゲーム力かもしくは膨大なプレイ時間が必要なのがなあ……。ゲームなんてものはそんなものかも分からんが。とはいえぬるま湯につかったかのようなゲームばかりやっていたような気もするので、ゲーオタ魂再点火のいい機会になったでしょう。こんな気分を味わうのは斑鳩、シルバーガン、1001Spikes以来かもしれないな。やっぱりゲームってのは目を血走らせて、妄執に囚われたようにただひたすらに苦行の道を練り歩くようなものだよ(違う気がする

メタスラ3メモ
5面開幕:機体はスラグフライヤーで安定。開幕左上に陣取って撃ちまくり。その後ミサイルを最優先で打ちこわし。機体が壊れても恐れない。5面開幕はスラッグ供給がやたら多いので。開幕を乗り越えれば苦戦のポイントは少ない。中ボスはミサイルを避けつつ攻撃。発狂したら画面下で切り返し連発&ボム乱射。絶対に上へあがらないこと(雑魚のアイテム供給でボムは事足りる)
5面地上ボス:機銃で鬼避けが可能。破壊可能なミサイルを最優先で壊せば問題なし
宇宙:現時点では不明。右下でじっとしているのが吉?
_____

サガスカは世界を回り「ヴァッハ神」「マリガン神」を撃破したところまで進行。ひーこりゃ難易度が高いねー。意地と知力が激しく要求される戦闘難易度。それでいて難しくは無く誰でも勝の目があるバランスなんてのは、調整者に天賦の才が無ければ出来ないもんでしょう。素晴らしい。
それは構いはしないんだけど、どーも神の威厳があんま無いのが気にかかる。ロマサガ2は物語にガッツリ絡む存在だったからこその存在感なわけで、ぽっと出の神と比較しちゃあいけないのは分かるんだけどどーにもいまいち存在感が薄い。うむむ、これで良いんだろうか。戦闘曲は極めて素晴らしく涙を流してキャーイトケン様ステキー!なんて言いたくなるような楽曲であり戦闘も燃える作りであるのに神自体が何ともインパクトに欠けるのは……
さてとこれでかなり装備も充実してきたから残る最後の土地を訪れて、ある程度キャラを育てたらラスボスのもとへゴーだな。
_____

セールでの購入品はとりあえずアマガミを確保。プレイするかと言われたら……どーなんでしょうな(ならなぜ買った
ついでに安かったという理由でBard's Gold (PS Vita用) 、Teslagrad (PS Vita用)も同時購入。Bard's Goldの方は見た感じなんてステキな2DACTなんでしょって感じがするので年明けにでも気合入れてプレイしてみよう。うっひょー楽しみー。


posted by グレイ at 20:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム音楽 バトルガレッガ

バトルガレッガ コンプリートサウンドトラック - ゲーム・ミュージック
バトルガレッガ コンプリートサウンドトラック - ゲーム・ミュージック

デトロイトテクノの伝説的ランクSTG。ゲーム音楽『バトルガレッガ』の紹介。


・メーカー ライジング、エイティング
・ハード AC、SS、PS4
・作曲者 並木学
・編曲者 SS版:並木学、相原隆行、小谷野謙一、崎元仁、佐宗綾子、細江慎治、松尾早人
      PS4版:江口孝宏、佐宗綾子、細江慎治、BUBBLE-B、DJ SHARPNEL、HIROSHI WATANABE、JAKAZiD、m1dy、quad、Yamajet
・ゲームプレイ状況 1クレ7面が最高記録
・サントラ状況  INHの『INSANITY DVD THE MADNESS BATTLE GAREGGA』、スーパースィープの『バトルガレッガ コンプリートサウンドトラック』、『バトルガレッガ Rev.2016 perfect edition』のサントラを所持


曲リスト(みんなで決めるゲー音Wikiより引用)
「曲名」 作・編曲者 補足
〜Original Arcade version〜
「Rebellion」 並木学 オープニング
「4:71am」 並木学 セレクト
「Fly to the Leaden Sky」 並木学 1面「VALLEY」
「Underwater Rampart」 並木学 2面「PLATEAU」
「Tunnel Vision」 並木学 3面「FACTORY」
「Degeneracy」 並木学 4面「PLANT」
「Subversive Awareness」 並木学 5面「CLOUD」
「Megalomaniac」 並木学 6面「BASE」
「Marginal Consciousness」 並木学 7面「AIR PORT」
「Stab and stomp!」 並木学 1,2,5,7ボス
「Thrust and Thrash!」 並木学 3,4,6ボス
「Erupter」 並木学 最終ボス
「Fatality」 並木学 ゲームオーバー
「Bluescape」 並木学 ランキング
「Blood Brothers in the Dusk (Ranking - 2nd or Below)」 並木学 ランキング(Rev.2016追加曲)
「Blood Brothers in the Dawn」 並木学 エンディング
「Rev.2016 Medley (Staff Credits)」 並木学 Rev.2016版スタッフロール
〜Saturn Arranged version〜
「Rebellion」 松尾早人
「4:71am」 並木学
「Fly to the Leaden Sky」 並木学
「Underwater Rampart」 佐宗綾子
「Tunnel Vision」 崎元仁
「Degeneracy」 相原隆行
「Subversive Awareness」 細江慎治
「Megalomaniac」 小谷野謙一
「Marginal Consciousness」 小谷野謙一
「Stab and stomp!」 相原隆行
「Thrust and Thrash!」 佐宗綾子
「Erupter」 細江慎治
「Fatality」 並木学
「Bluescape」 崎元仁
「Blood Brothers in the Dawn」 松尾早人
〜Remix 2016 version〜
「Rebellion (Shinji Hosoe Remix)」 細江慎治
「4:71am (Shinji Hosoe Remix)」 細江慎治
「Fly to the Leaden Sky (Ayako Saso Remix)」 佐宗綾子
「Underwater Rampart (BUBBLE-B Remix)」 BUBBLE-B
「Tunnel Vision (HIROSHI WATANABE Remix)」 HIROSHI WATANABE
「Degeneracy (Yamajet Remix)」 Yamajet
「Subversive Awareness (DJ Sharpnel Remix)」 DJ SHARPNEL
「Megalomaniac (JAKAZiD Remix)」 JAKAZiD
「Marginal Consciousness (Shinji Hosoe Remix)」 細江慎治
「Stab and Stomp! (Takahiro Eguchi Remix)」 江口孝宏
「Thrust and Thrash! (quad Remix)」 quad
「Erupter (m1dy Remix)」 m1dy
「Fatality (Ayako Saso Remix)」 佐宗綾子
「Bluescape (Shinji Hosoe Remix)」 細江慎治
「Blood Brothers in the Dawn (Ayako Saso Remix)」 佐宗綾子

続きを読む
posted by グレイ at 14:02| Comment(0) | ゲーム音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする