2016年12月03日

いかちゃんをクリアしたよ

いかんこのままでは積みゲーの山に押しつぶされ圧死してしまう!!つーことで容量がやけに少ないから早く終わるだろうということでつい先日発売された3DS「いかちゃん」に取り掛かってみたんだけど……なんだか1時間であっさりクリアしてしまったんだが。うーむむむ、短い。300円という値段からなんとなくは察しは付いていたんだけど、これはちょっと短いよ。積みゲーを膨大に抱え持つ俺からしたらありがたい話ではあるんだけど。値段以上の面白さ、というよりは値段相応って感じだ。
しかし、短いからダメだと言いたいわけではない。むしろクリアまで1時間という短さの中に強烈な世界観と濃密な物語を組み込んできたのはもはや驚愕する事態だろう。ゲームってもんはなあ……ダラダラ長けりゃいいってもんじゃねえんだよ!!その点いかちゃんのプレイ時間バランスは10点満点中500点で大合格。プレイヤーをゲームから離れさせない配慮はその辺に転がってるゲームより間違いなく上の良質ゲームだ。

今作は洞窟物語でおなじみ開発室 Pixelの最初期の作品らしい。洞窟物語に通ずるものがあるぜ!とか言えればいいんだけど、俺は洞窟物語をプレイしていないのでその辺は何とも。しかし一ゲームとしての完成度は非常に高いと思う。ゲーム内容は主人公である我らがいかちゃんを操作して海の底を漂うというもので、箱庭タイプのシンプルなアクションアドベンチャーゲーム。シンプルでかつ世界観がステキなゲームなので目立った特徴は無いといえば無いんだけど、挙げるなら操作のいかっぽさ。ドット絵で描かれた可愛らしいいかちゃんの操作は独特で慣れを要するものではあるが、動かしている時のいかっぽさはかなりのものでアクションの肝でもある「動かしているだけでも楽しい」を抑えている。この辺は流石だ。
ゲームバランスも極めて良質。適度に存在する難所や独特の挙動の敵を出しつつも誰でも楽しめる緩めの調整。また、敵を倒したり魚を食べたりすることによりレベルアップして体力が増えるので難易度の幅の広さもある優しい作りだ。アイテムを手に入れることで行けるところが広がるというのも、アクションアドベンチャーの楽しさを抑えている。
そして世界観。謎多き深海でありながらも可愛らしいドット絵で描かれたそれは非常に魅力的であり、終盤の展開ではネタバレのために言及は避けるが、自分もこの美しい世界観を守るために真剣にプレイしちゃったよ。短い間にこれほど没頭できるようなゲームもまあ珍しい。本当に良く出来たゲームだ。

というわけで非常に大ハマりしたことはしたんだけれども、300円という値段設定は相応というのをどう捉えるかで人によっては意見が分かれちゃうかも。大本のフリーゲーム版も未だにダウンロードできちゃうし。んー、それでも不満が出てこない作りには脱帽ものだから密かに推しておくことにしておこう。面白いっすよ。洞窟物語の方もやってみたくなっちゃったよ。
_____

ポケモンサンのグダグダ話はデンジュモクのめざ氷粘りで心折れ気味なんで本日は無いっす。こればっかりはもう、こればっかりはもうとは思うんだけど……
それはそうと今更も今更だけどサンムーンどっちかにしか出ないUBがいるってひどくねえ?マッシブーン2体もいらないからそのうち1体をフェローチェに変えてくれよーとか思ってしまったがポケモンはこういうゲームだから仕方がない。カミツルギも4体出てくるとかいやな噂聞いたが……。だったらテッカグヤの方と数を交換しろと……。好きなように育てるべきだともわかるけど、やれることを考えればせいぜい2体くらいで十分な気しかしないけど……。本当にこれで良かったのか大森D。それともポケ廃人はサンムーン複数ROM所持は当たり前、3DSを複数稼働させ育てたUBだけでボックス2つくらいは埋めてくれるからその辺の出現バランス適当でいいだろうみたいな考え?どうも今作の調整はよー分からんな……。大森ポケモンは合わんのか?
_____

メタルブラックを気合入れてやるもどうあがいても4面が安定しない。連射有りなら4面なんてそんな苦戦しないはずなのに手連射&スティックじゃないのコンボでもはや自分の腕前ではその辺にある弾幕STGよりも数倍難しく思える。泡に囚われてもごもご足掻いているうちに敵に圧殺されるというのが定番の死にパターン。ぐげー。純粋な難易度は全然高くなくて、むしろ3面の方がよっぽど厳しいとは思うんだが……。どうしよー。
_____

エルナードも進行。第3のアークのありかを発見し攻略に乗り出すも今作独自の仕様「やけに攻撃が外れる」ということに苦しまれまくり。赤い蜘蛛があまりにも強すぎる。これはいきなり難易度上げてきたな……。レベル上げを必要とする度合いはミスティックアークよりも間違いなく上で、これにより地味でかったるくてやけに難しいだけのゲームということを言われても仕方がない案件を満たしてしまったか……。俺はこのゲーム凄い好きなんだが……
_____

イース[は2段ジャンプが出来るようになって色々行ったところまで進行。過去にやったことが現在に影響を及ぼすなんてのは結構よくある類のギミックだけど、うまく取り入れられててザ王道って感じだねー。攻略度的には結構中盤終盤の気がするんだけど、果たしていつ頃クリア出来ることやら。
_____

・360度攻撃できるシューティングゲーム『RIVE(ライヴ)』がPS4で2017年1月下旬に配信
http://dengekionline.com/elem/000/001/421/1421748/
http://www.rivegame.jp/

なんじゃこりゃー!!またも大破壊大暴走大殺戮が出てしまったぜー。とりあえずPS4買った時にはこれはチェックだな。
_____

・小島秀夫監督、『MGSV』開発の最後の半年間は開発チームから隔離されていた。盟友Geoff Keighly氏が当時の状況を明かす
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20161202-35214/

コンマイェ……
_____

昨日で遂に最大の難関実験及び実験レポートの提出が終わってのんびり心穏やかにゲーム出来る日々が来た!と思っていたらなんだか知らないですけど火曜までに提出のレポートが終わっておらず、更にはプレゼンの準備とかいう訳の分からないものまでありやがりますですよみたいな感じで休む暇なし。ホントにこの大学は何なんだよ。

posted by グレイ at 21:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする