2017年03月13日

3/6〜3/12

どうでもいい話だけど春休みの間にジョジョの奇妙な冒険の3部と4部を読み終えた。うーむ、まさしく奇妙な冒険譚を体験させていただきました、という感じか。異端ながら王道を行くその作風は唯一無二で数多の人が好きな作品に挙げるのも分かる気がする。これでFFYレベル63人攻略の元ネタが分かったと言えるものである(なんじゃそりゃ


・シャンティ
遂にクリアしてしまった。しかしこれは面白いな!ウェイフォワードは素晴らしいな。プレイしてきた2Dアクションの中でもトップクラスだぜ。

・メタスラ3
1クレルーツマーズ。久々に中身のあるプレイが出来てホッとするならなんとやら。あとは勝つだけなんだからパシッと勝てればいいんだけどねー。実力を要求するところがほとんど無いバランスなのはありがたい話だ。

・メタスラ2
大苦戦した5面中盤の前後からジィ・コッカを突破して1クレ5面終盤。遂に5面クリアの道が見えてきたか!?が、3と違ってそれなりにゲームの実力が要求される作りは厳しいもんだ。ここが自分の限界なのかもしれないな。

・アイザック
心臓を5回破壊。難易度が上昇したらしいが今のところそれはあんまし感じていない。うーむ。

・ブラスターマスターゼロ
アンリミテッドモードとか通常モードの2周目とか。気軽にプレイ出来るアクションとしては非常に良質なのが良いけれども、クリア後のデータを起動するとラスボス戦の途中というのは止めていただきたかったと思わないでもない。……いや、ま、展開が燃えるからいいんだけどね。

・アルカノイド
1クレ3面。人生はかくも厳しいものなのか。思った通りにことが運ばないぜ。

・ガレッガ
1クレブラックハート様。ワインダー攻撃が避けられん。こりゃスランプ状態だな。ううー。

・極パロ
1クレ6面。こちらはスランプでも無くただプレイングスキルが低いだけだと思う。

・ティンクル
ストーリーモード1クレメヴィウス。パーフェクト連鎖は結構出来ていたのが救いといえば救い。ところでパーフェクト連鎖の得点の増え方ってバグでもあるんかな。コンテニューでもしないと下一桁は増えないと思っていたら増えていた。んー。エミュ特有のバグなのか、元々こうなのかが気になるね。

・グラV
1クレ3ボス。はたしてこいつはどう倒せばいいもんやら……

・どぎめぎ
30面まで進行。残り20……、本来はまだ、120もあるんだけどね……。こんなおぞましい難易度のゲームが世の中にあるとは……。調整の妙が効いているのが恐ろしい。

・ローグレガシー
何度かやってみたらある程度解が見えてきた。要するにロマサガ2みたく使えねえと思ったやつは謀殺して使えるやつを自模ったら慎重に進めるのが良いみたいだ。ふーむ。でも全体的なバランス調整はクリプトオブネクロダンサーの方が好みだ。

・コラムス
L0〜L12まで。縦に積んでいくよりも斜め消しを狙った方がいいのかな。どーも寝る前の頭がアレな状態の時にプレイしているせいか速度が速くなると脳の処理が追いつかん。ぐー。

・ベルーガ
ハラショー。今回は一機残しに成功。しかし得点もランクもヘボヘボ。にしても当時自分は50万を越えたらしいけど一体どんなプレイをしたんだか……

・パワポケ7
裏サクセスを進行。しかし紀香が襲来したりと何一つ良いところ無く終了。俺が何をしたというんだ……

・ああ無情
お金が余っていたのでちょいと購入。確か当時DSiを持っていた時プレイしたことあった気がするが……再プレイして「こんなんだったっけ?」と思っているので記憶が危うい。うむむ。ゲーム自体はケツイデスレーベルで名をはせたアリカのSTGなだけにおもろいんだけど、気軽に出来るカジュアル弾幕STGって感じだ。それ自体は素晴らしくもあるんだがスコアアタックに興味があんま無い自分にとってはそこまで引きが無いゲームにも思えてしまった。だから記憶に残っていないと言えるのだが……

・エスカトス
ノーマルを1クレラスボス。あと少しのはずなんだけどねー

・ブレインロード
氷のダンジョンを攻略中。つるつるすべる床自体はどうでもいいが飛び出てくるとげが恐ろしい。それよりもいちいち「どうだ!この飛び出るトゲにはびっくりしただろう!」とか書置きを残してるこのダンジョンのボスが可愛すぎて仕方ないんだけど(苦笑い

・メタスラX
1クレ2面ボス。こりゃヒドイ。自分で自分が恥ずかしくなるほどに。


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ルドン・レガシー

流石に2分で止める訳にも行かないのでローグレガシーを1時間ほどプレイしてみた。少しはこのゲームの面白みが分かってきたかな……?
まずローグライクという素潜りでもそれなりに勧めるという先入観を完全に捨て去り、アンロック要素をガンガン開放していくことを考える。次に、使えねえと思った主人公はルドン送りの如くどんどん謀殺して使える主人公が来たな!と思ったら慎重に進める。これに気付いたらランダム性の強い2Dアクションゲームとしては結構いい感じに面白いゲームなんじゃないかなと思えてきた。なーる。これなら高評価も頷けるよ。
が、一方でアンロック要素を解放しないとどうにもならないバランスはハッキリ言ってどうかと思わないでもない。この辺はもう好き嫌いの問題になってくると思うけど、自分はクリプトオブネクロダンサーのようにプレイの幅を広げたり救済措置として機能するようなバランスの方が好みだ。あれも初見じゃどうにもならないローグライクだったけれども、プレイの度にちゃんとプレイヤー自身の指先に宿る何かがあったし、もっとアクション寄りのアイザックの伝説もこちら側の調整だ(というかアイザックはアンロックを解放すればするほど難易度が上がっていく奇妙な調整でもあるんだが……)。ある程度稼がなきゃいけないゲームと割り切って遊べばそれなりに面白いと思うんだけどどーも引っかかるところが多い。
で、それは良いとして目玉のボスが強すぎて勝てないんだけどどーしたらいいんだろう。もっと武器強化なりHP上昇なりをしないといけないんだろうか。なーんか納得いかないなー。
_____

遂にシャンティ〜海賊の呪い〜をクリアしてしまった。バッドエンドを3回くらい拝む羽目になったけど(リスキィ・バットが見つからんかった)、しっかりとちゃんとしたエンディングも拝むことに成功。ラスボスがどことなく魂斗羅っぽいのはウェイフォワード作品の共通事項なのかな……
それはともかくとしてこのゲームは素晴らしい。適切な難易度調整、軽快なレスポンス、爽快感溢れるアクションの数々、奇想天外なギミック、飽きさせることのないテンポの良さ、怒涛の演出とストーリー展開、狂気を感じるほどの鬼ドット、変態性がうかがえるほぼ全キャラに仕込まれた乳揺れ&3Dおっぱい、Jake Kaufman氏による最高のBGMetc……。何もかもが高次元でまとまっている。こりゃあ凄すぎるぜウェイフォワード!あんたら輝いているぜ!
それだけにインターグロー側のへっぽこローカライズが非常に惜しい。この際改行がダメすぎて「んだ!」という珍妙なセリフ回しが目立っているということは置いておこう。でもシャンティの台詞が突如男口調になるのはダメだろう。そりゃねえよインターグロー。訳せば良いってもんじゃないよ。自分はトンチキ翻訳好きだから許せるけど(トンチキ翻訳とは狂った日本語が露呈していたり、誇大広告を思わせるものであったり、分かりそうで分からない固有名詞を並び立てるような翻訳を指す。90年代中後期の古洋ゲーに多く見られる。アクレイムジャパン製の大半とか)、ローカライズがこんな有様ではシャンティ自体の価値を下げかねないよ。マイティースイッチフォースシリーズやスチームワールドディグでは別に何とも思わなかったけれど、台詞が多いシャンティだからこそ目立っているのが残念といえば残念だ。VVVVVVのようにしっかりとしたローカライズが行われているゲームを見たことがあるだけに心が痛むよ。
あとは完全にシリーズものとして作られていて前作ネタとか平気でやっているのにも関わらず(どうも前作のボス的存在であるリスキィ・ブーツとの共闘!というのがコンセプトらしい。んなの知らんがな……)、それらのフォローが無いのも何とも。これもインターグローが悪いんだけど、先にリスキィ・ブーツの逆襲を出しておけばよかったんじゃないのかねーと思う。今は普通に出てるから良いけれども、販売計略にもなんかダメな空気を感じるぜ。

とはいえインターグローのへっぽこローカライズも裏を返せば、シャンティの評価点を際立たせていると言えよう。ローカライズがアレな分、元々際立っている部分が更に引き立つというか。そう思えば納得も出来る。でもヘボ翻訳に納得がいかない人だと評価は下がるんだろうなあ……。なんにせよ、前作にも新作も「やってみよう!」と思わせるほどには素晴らしい2Dアクションでありましたよ、と。このレベルのゲームはあまりお目にかかれないだけに貴重だと思う。セールに買ってよかったな。続編も近いうちに買いたいもんだ。
_____

好機の後にはピンチあり?メタスラ3でロカ黄弾2連発、その後の機銃戦でミスで終了。この方が自分らしいといえば自分らしいが、せっかくだからラスボスまで行きたかったというのが本音である。がっくし。
またメタスラX(メタスラコンプリート)もやってみたものの2面で全機消滅というヘボ以外の何物でもないプレイを露呈。PS3のコントローラーでは上手く操作出来んというのか?そりゃ、まあスティック操作に比べたら雲泥の差ではあるけれど……、Vitaではそれなりに上手く操作出来ているだけに不満タラタラ。
……じゃあ、ティンクルはなんで普通に操作できるんだ?世の中は分からないことだらけだ。
_____

ちんたらプレイしていたらいつの間にやら新作SFCソフトまでに終わるかが不安になってきたブレインロードは新たなダンジョンへ進行。そういやもうじきFCの新作も出るんだよな……。早いとこ片付けんとこりゃああかんな。
それはさておいてブレインロードの話だけど、まさかの仲間と協力してダンジョンへ乗り込むという感涙もののシーンに遭遇して目が泳いだ。普通のRPGならなんてことないシーンだけれど、まさかこんなシーンがあるなんて……。もはやこのゲームは孤独RPGとは呼べないのかもしれないな。実質前作のエルナード、実質続編のミスティックアークが、仲間をぶっ殺してアークを手に入れたり仲間が気がふれて裏切ったり(エルナード)、誰一人として喋ることなくしかも強制的に一人で挑むことになるダンジョンもある(ミスティックアーク)とかそんなんばっかりだったからこういう普通のRPGっぽい要素を見ると感動してしまう。プロデュースのRPGはシステムとかオーソドックスで受け入れやすいのにも関わらずバランスがアレだったり雰囲気が孤独だったりでこりゃあ全く人には勧められないぜ……と思っていたけれど、ブレインロードは3部作の中では人に勧めやすそうだ。でも勧められたらそれはそれでバランスの酷さにブチ切れる人続出かもしれないな……。ミスティックアークだけが知名度突出しているのは奇跡的にバランスが普通だったということも大きいのかもしれないな。うーむ。あれもあれでデスナイト×3とか滅茶苦茶だと思ったが……
_____

エスカトスのノーマルモードでラスボス第2形態まで到達。ラスボスまで残機を溜め込むというのはやはり10面までにどこかしらで1回はミスをする自分の腕前では厳しいみたいだ。なんか悔しい。しかしボスの攻撃は初見で絶望を味わった時ほどはかわしやすい素直なものの気がしたので(ボケてるだけかもしれないけど)、もう少しプレイしてみることにしよう。それはそれとして、なーんかラスボスの攻撃はシルバーガンを思わせるんだけど……俺だけ?
_____

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの購入を迷っている人へ!Q&Aで素朴な疑問にお答えします!
http://kentworld-blog.com/archives/breathofthewild-qa.html

自分が気になるのはズバリ!3D酔いするかしないか!であります!とはいえ過去の経験からすると今作も酔いそうな気配はあるけれど、ゼルダの当たり前を見直したと豪語するならその辺もやってもらいたいと思わないでもないであります。
でもまー正直3D酔いに配慮してないゲームでも名作とかは多いからねえ。時のオカリナも吐きそうになりながらも3D黎明期にこれだけのゲームをよく作れたと思ったし。むしろすぐにゲロ酔いする自分が悪いとも言えなくもないんだが……。でもある種コアに割り切っている作品たちと違ってゼルダはまだ一般層へ訴えかける力も強いし、その辺調整してあることを祈りたいが果たしてどうか。これでカメラ揺らしまくりとか酔いを起こさせる作りだったらがっかりだがそれはそれで時代の流れなのかもしれん。
_____

そろそろアドベンチャーゲーム消化期間を再開することにしようかな?ということで寝る前ゲーを来週からメモオフ2ndに戻しておこう。ついでに今回の本命も本体に落として準備は万端…!では無く中途半端に隠しヒロインの攻略を残しているあのゲームを進めようかとたくらみ中。本日はまあ、そんなところで。ひょっとするとどぎめぎの魔の手に囚われてプレイしないかもしれないけど。

posted by グレイ at 22:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

やる気ゼロスフォース

ヴァー、ヴァーとうわ言をつぶやいているような気力無しな日々。それはどうでもいいとして、左足に変な痛みが走る。別に痛くはないんだけど、なんか妙なおもりを引っさげているような感じ。それでいてやけに冷たい。家でじっとゲーム機の電源をつけたり消したりしてるだけの生活を今日は送っていたのにどうしてこんなことに……
_____

あまりに暇だったのでローグレガシーを始めてみたけど、開始2分で撃沈して終了。こりゃあどう見てもスルメゲーだな……。現時点では一度死んでから起動していないので何も言えないが、アクションの操作感が合わない感じなのと、自分の苦手なバリバリの近接系アクションだったので評価が0を通り越してマイナスへ突き抜けている。おそらく繰り返しプレイすれば味が分かると思うんだけど、第一印象は最悪に近い。これなら同コンセプトながら何もかもが地味で存在すら認知されることなく沈んでいったBard's Goldの方がまだ面白いんじゃないかということが弾き出された。願わくばここから挽回してもらいたいもんだが……、一度悪印象が付くとやる気がめきめき減っていくんだよな。デモンズソウルみたく3D酔いを引き起こして面白いか面白くないか判別する間もなく終了、なんてオチは2Dゲームだから無いだけに頑張りたいもんだが……。ローカライズがちゃんとしているのもなんとなく鼻についてムカつくぜ(これはただの八つ当たり
どうでもいいけど、8−4がローカライズ担当した作品は自分はあんまし相性が良くないんかな。ローカライズ自体は文句のつけようがないんだけど、スーパータイムフォースULTRAといいこれといい世間の評判ほど面白いとは思えんかった。そこらへんに転がってるゲームに比べればそりゃ面白いんだけどさ……。
_____

シャンティ海賊の呪いは毒の島に到達。砂漠の島ではあんなイベントがあったりこんなイベントがあったりでウェイフォワードが変態を通り越した変態だと強く実感する物だったが、この島は遂にやつらが本気を出してきた感じ。セクシー要素で釣っていた野郎どもを粉砕するかのような難易度の上昇に思わずうなってしまった。マイティースイッチフォースを作ったところにしては簡単だなーと思っていたがどうやらその認識は変えないといけないみたいだ。いつもの感じで安心。
で、安心は良いんだけど探索アクションとしても難易度上がってきたのはどうしたもんやら。謎を解くためにあっちこっちを探し回ったりしていたんだけど、自分が解けない謎に当たるとどーにもならん。30分近くかけてようやく下から風が吹いているということに気が付く程度の観察力の無さではこの先不安である。そういえばチェルのブも大苦戦していたなあ……。俺に謎解きと探索アクションは合わんのか。パズル解法は得意というか、反射神経とかその他もろもろの技術が人より下だからこれくらいしか出来んのだけど、パズル解法以外のゲームは出来ん性質なのか。それはそれでなんか嫌な感じだ。
_____

そのパズル解法のゲームの代表例グラディウスVに手を出して、ノーミスで3ボスまでたどり着いて3ボスで壊滅して終了。弾を避けつつオプションをボスにめり込ませ降ってくるブロックを避けボスの斑鳩レーザーを避け砲台の弾を避けつつ砲台を破壊しボスの足を見切りその股の間に上手く入ったり出たりするなど、どーにもこーにもやることが多すぎて脳がパンクしそうなボス戦だ。3ボスでこの強さってマジカヨ。曼蛇復活を戻り復活にしてコンマイコマンド有りという条件で挑んでるけど、とうとう難易度変更までしないとどうにもならんのか…?ゲームの面白さは文句なしだけど、精神疲労度がグラディウスにしては異常なレベルだし、怒涛の演出と展開のわりにどうもまったりとしたテンポで進行するのが合わん。やっぱり井内さんにはオリジナルSTGがよく似合うと思う。斑鳩のように絶妙なバランスと先の見たくなる作りだったり、シルバーガンのようなパズルを強め深みのある作品と比べるとどーもしっくり来ない。たぶんまともに向き合っていないからこういう感じの結論だと思うけど。ただクリアするまでにあと60時間くらいかけないとどーにもならんバランスは……
_____

メタスラ3も忘却を防ぐために起動。ロカまではどうということも無く。さて今回のソル・デ・ロカは……赤弾の時に発狂させるという失敗をしでかすもそこから赤弾3連発だったので難なく勝利。最後に黄弾を発射されるもこちらの攻撃が上回りノーミス突破。クリアが見えてきた。苦手の機銃戦も今回はスパッと突破。よしよし。自爆メカもフェイクマーズも順調に進む。
しかーし!クローン培養槽手前の脳味噌メカ多発地帯でまさかのメタスラアタック暴発!生身ー!?とパニクっていたらクローンに切られてしまった。うごぇあああー、俺のボムがー!!その後錯乱状態になりながらも鬼軍曹とともに激闘を繰り広げここを突破。クローン培養槽に。しかしそこでまさかのミス。いや、ここでミスをすることはわりかしあるから仕方ないとも言えるけど……。最後の一機になりテンションがた落ちのまま進みいよいよUFO脱出パートに。スラグノイドに乗り込みこれで準備は万端……と思ったその時!どのゾンビからそれが出たのかはまるで分からないがSを取得してしまったのである!!ここでSが出るなんて話は聞いたことがないが……というか!Fがなきゃルーツマーズに勝てねーよ!これで脳が小パニックを起こし脳味噌メカを画面内に入れるミスをしでかし、仕方なくレベルアーマーに乗り換え、その後錯乱気味に武器を乱射しつつ進行しどうにかボスへ。Sが20発以上、ボムは20。果たしてこんな有様で勝てるんだろうか。
地味に久々の最終戦。最初は「Fじゃねーからどうせ勝てねーなー」と思い脱力気味にSをまき散らし鬼避けしつつ攻撃。するとSが出るのですかさず取り乱射。更にFもきたので「ありゃこれはひょっとすると勝てるのかー!?」と思い真面目に攻撃開始。味方UFOもきたのでメタスラでキャノンも織り交ぜ攻撃。何か今日は行ける気がする……と思ったその時!赤岩がすっ飛んできて終了。残機さえあれば勝てたかもしれない。そう考えるとあまりに惜しい試合だった。
それよりも脱出パートのSが気になる。一体全体なぜSが突如として現れてしまったのか……。これのせいで脱出パートが安定しなくなったら困りものである。
_____

ティンクルレベル8ストーリーモードに挑むもメヴィウスで完全敗北して終了。ミンナワタシニチカラヲカシテという虚しい叫びだけがこだました。どうもなー、スプライツも悪い性能じゃない(どころか禁止レベル)と思うけど女王の販促気味な強さを見てしまったら……
_____

アイザックの伝説も5回心臓を倒したことにより新たな次元、未知なる領域へ。残り5回倒してからが本番、その光景見させてもらうとしましょう……。それにしても最初の頃はオカンを倒すだけでも四苦八苦していたのに自分も成長したもんだ。なんだかんだでこのゲームにも慣れてきたな。
_____

・「Oh, What a Kusoge!!」日本の名だたるクソゲーを紹介する企画にアメリカのハードコアゲーマーたちが熱狂した夜【PAX EAST 2017】
https://www.famitsu.com/news/201703/11128780.html

みうらじゅん、みうらじゅんじゃないか!それにしてもこのライターさんが書く記事は特徴があったり今回のように飛ばしていたりとおもろいね。
_____

・ゲームメディア側の視点からアフィブログ問題を語ってみる。ゼルダ95分で全クリという誤報の大拡散から考える、現代のメディアのありかた
http://news.denfaminicogamer.jp/weekly-ranking/weekly-ranking20170311

良いこと書いてるところが報われない、というのが今のネットでのゲーム語りの難点であったり課題であったりするもんなのかねー。「よいものを作り続けていれば報われる」と言っていた東亜プランが盛大にあの世へ旅立っていったりなど、昔からその事実は変わらないのかもしれないけど。ところでそろそろ東亜作品の移植なりが出てほしいと思うんだけどー。
といったようにネットの記事からテキトーに取捨選択して咀嚼もせずに言葉尻だけを捕まえ自分の話したいことを極めてテキトーに脈絡なく話すようなゲーム語りは流石に終わっていると自分でも思った。何もかもが虚しい。
_____

んじゃま、今日はそんなところで。にしてもどぎめぎインリョクちゃんはとんでもなく難しいゲームだな……。これは2Dアクションでも史上最強レベルかも……。クリアできる気がせーへん。


posted by グレイ at 22:50| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

生活記録

無気力極まりない今日この頃。なーんかねー、やる気とかねー、気力とかねー、そういうのがねー、失われているというかなんと言うか。こんな覇気のない生活はだーめだねこりゃ。
_____

シャンティは3つ目の島をクリアしたところまで進行。脱力系ローカライズを除けばすべてがほぼ完璧ということなしの素敵ゲーであり現時点では何もかもが素晴らしいとしか言いようがない感じ。難易度も許容範囲だしアイテムによる救済措置も多いから自分みたいなヘボゲーマーでも安心みたいだ。ふむ。
普通のアクションだけでなくイベントアクション(説明が難しいな。ゾンビ娘を家まで送り届けるやつなんだけど)も中々に素晴らしい。同じことの繰り返し感の無い飽きの来ない怒涛の展開は流石といったところだ。これは最後までアッパーなテンションを持ちつつプレイ出来そうだな。
難点はローカライズか……。許容範囲といえば確かにそうだけどさ……改行に関してまるで考えられてないのはダメだろう。そりゃ無いよインターグロー。これなら海外版買った方がいいかも分からんねー。続編は海外版を買うことにした方が賢明かな。日本語版は箱一で出てるらしいけどこれの訳はどないなもんなんだろう。
あと2作目のリスキーブーツの逆襲は良いとして、初代は一体全体どうやってプレイしたらいいもんなんだろうか。通販を探ってみたけど全然売ってねえ。海外版3DSでVC買うのが賢明か?スイッチでVC配信とか来ねーかなー。
_____

んでもってアイザックの伝説もプレイ中。オカンの心臓の撃破に成功(4つ目)。あと6回倒すと何かが起こるらしいけどどーなんだろう。プレイするたびに謎が深まるってのもなんというかアレなゲームだ。それと最近は寝る前にコラムスをやってるんだけどコラムスに入る前にこれをやっているからか寝つきが悪い。それでも最初期に比べるとクソまみれな世界や血飛沫と蛆虫がわんさか出てくる世界観に激しい嫌悪感や抵抗感が薄れ、何の感情も無くショップの店員を爆殺したりボス撃破後の血まみれグチョドロ映像に酔いしれていたりする。ホットラインマイアミは最後まで馴染めなかったがこちらは馴染めているのか…?馴染めば馴染むほど、もう元には戻れないような気がしないでもないけど……
_____

ブラスターマスターゼロもなぜか軽く進行中。とりあえず2周目4面まで。今作は気軽にアクションが楽しめるような作りなのかな。インティクリエイツにしては鬼の難易度じゃなくてホッとしたけれど、挑戦しがいのある難易度ではないのがちょっとねーと思わないでもないけれど、ショックガーンやマイティガンヴォルトのように気軽にスパッと良質アクションが楽しめるという方向性の予感がする。どうもロックマンゼロの印象が強くて「ロケハン必須の阿鼻叫喚地獄絵図アクション」という印象を持ちがちなんだけど、あんがいそうでも無いのかもしれないな。
どうでもいいが作成中の文章もようやく終わりが見えてきた……のだが、またダラダラ書いてしまったと自己嫌悪中。文字数なんてのは多ければ良いってもんじゃねえんだよ!なんでそれが分からねえんだよ!うわー!
_____

節操なしにゲーセンへ行っていたら遂にゲーム代金が尽きてしまった。最後のクレジットを握りしめ極パロをやりに行く。結果は、1クレ6面。前半で稼ぎ過ぎ&デッドポイントで残機つぶしが決まっていないという2重のミスをしでかし、ランクが中途半端なまま5面へ突入してミス。そしてカプチーノでまさかの凡死をしでかし、息絶え絶えで6面へたどり着いたが、操作を誤りギミックにぶつかって死亡。何の良いところも無くプレイは終了した。うーむ。虚しい。
_____

ここ最近はファミ通を買っていないので愛読している漫画が読めずに困っていたのだが(ハッキリ言ってゲーム記事はどうでもいい)、山本さほ大先生の無慈悲な8bitはネットでも読めるという事実に驚愕-Panic-な感じ。ということでさっそく読んでみる。
http://www.comic-clear.jp/comic.aspx?c=35

おお変わらず面白いじゃないか。やっぱりこの人の書く漫画は面白いぜ。しかしこうしてネットで漫画が読めるとなると……ファミ通を買う存在意義は皆無と言っても過言じゃないかもしれないじゃないか。まだ福満先生の漫画と玉吉先生の漫画があるから買うけどさ……。早くこの貧困状態から抜け出したいもんである。
ところでe-sports情報発信者といえば自分がたまに見るブログもそういえばそうだったな。これまではあまり知らないゲームだし……ということで見てはいなかったのだが、たまにはそういうのも見てみるか。うーむ。
_____

・Xbox Live Creators ProgramやBeam、Xbox Game Passなど、今後のXbox OneとWindows 10 PCのアップデート内容をプレビュー【GDC 2017】
https://www.famitsu.com/news/201703/10128712.html

自分が箱一買うときにどれだけ使いやすくなっているか、か。うーむ。むむむむむ。
_____

・ガスト作品のグッズを最大50%オフで買える“春の大感謝セール”がスタート
https://www.famitsu.com/news/201703/10128720.html
https://shop.salburg.com/product/2017spring/#titlebar02

サントラがお安い値段になっているといえばなってますよ!ガストサウンドに関していえばここで今更いうことも無く素晴らしいのでこの機に是非とも。
_____

そろそろゲームに集中することにするか……


posted by グレイ at 20:41| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

この思考回路を少しはどうにかしたい

ブラスターマスターゼロのレビューを発見したので読んでみる。

・ブラスターマスターゼロ Review
http://jp.ign.com/blastermaster-zero/11980/review/

述べられていることに対しては特に異論はなく、自分のようにありもしない面白さを妄信しそれにしがみついているような節も無くしっかりしている。評価も高いし。しかし……
とはいえ、もっと現代風にしてもよかったのではないかと思える部分も多く存在する。特にソフィアのアクションは気になる点が多い。ソフィアはゲージを消費することで追加武装や空中ホバーを使うことができるわけだが、このゲージの回復がとにかく面倒なのである。ゲージはアイテムを取るか時間経過で回復するのだが、アイテムは大量に出るわけでもないし待つのもかなり時間がかかる。セーブポイントでも全回復しないので、セーブしたあとわざわざリスタートしたほうがマシということになってしまっているのだ(死亡したりリスタートすると全回復して最後のチェックポイントからやり直せる)。

ほかにも、奥に行っても通常のアイテムしかないダンジョンがあったり、ジェイソンの落下耐性がファミリーコンピュータ版「スペランカー」並だったり、通常射撃が当たらない芋虫のような敵が必要以上に出てきたり、リフトを渡り続けるだけの退屈な場面があったりと、レトロ風だと解釈しても厄介な部分は多い。題材となる作品がある以上ゆずれない部分なのかもしれないが、過去を知らないプレイヤーからすると長所だとは思えなかったというのが事実だ。
この文章に思わずハッとさせられた。自分は原作であるメタファイトを知っているから(というか直前にプレイしていた)こそその凄まじいまでの進化を体感することが出来たけれど、普通に考えれば今更ファミコンのゲームなんぞやりたがる野郎なんて誰一人としておらず、そもそもメタファイトなんて誰も覚えてはいない(暴言)。メタファイトを知らなければ普通の良く出来たゲームにしか映らず、それでいてレトロな欠点が目に付く作品にしかならないだろう。それ自体は、まあいい。インティクリエイツもある種そういったゲームを目指して作った節があるし。ただ、自分が凄いと思っていたところが普通の人から見れば何の変哲もないどころかただの欠点にしか見えない可能性があることに気が付いてどうにもならないやるせなさを覚えた。
思考はさらに巡り原典であるメタファイトに行きつく。ブラスターマスターゼロをプレイして、メタファイトをやったこと無い人が興味を持ちプレイしたらどう思うだろう、と。バカみたいに広いマップ、やけに高い難易度、いちいちホバー残量などを回収しなくては先へ進めないバランス、新作以上に湧き出てくるイモムシ型の敵、セーブもなければパスワードも無い(これはVCでやれば解決するけど)、物語もほぼ存在しない……。ダメダメなゲームにしか思われないんじゃないか?そう思うとどうにもならない無力感に苛まれる。というか既に思われている可能性もある。

……ま、不安がっても仕方がないな。新作をやった後で旧作に遡るような自分みたいな脳に何らかの欠陥を抱えた大馬鹿野郎なんて空想上のものだと思うことにしておこう。そんなゲーマーなんて世の中には一人もいないと思えば少しは気は楽だ。それにゲームについてどう思おうと自由だし。90年代から脳がちっとも進歩していない自分のような腐った意見に惑わされることなくフラットな気持ちでブラスターマスターゼロと超惑星戦記メタファイトをプレイしていただきたいと思った。世間と自分の評価が違うなんてのは昔っからそうだしそれを今更嘆いても仕方がない。それに自分が面白いと思ったゲーム(パワポケ7とか)は全てありもしない面白さを妄信したようなものばかりだしな!それはそれで虚しいけど。

※ピンポイントな重箱の隅
ゲームオーバーになれば戦車のサブウェポン全没収、ホバー残量もゼロ、生身のガンパワーもゼロになるという仕様やホバー残量は自動回復せずいちいち敵を倒すなりダンジョン潜って回収に行かなければいけないという原作と比べると、今作のサブウェポンとホバーを統一して更に自動回復まで付け加えて回復アイテムも惜しみなく出している作りは仏の所業と言えるほど。イモムシ型の敵に対してバリバリとサブウェポンで攻撃できるように調整しているのが分かる作りになっている。サブウェポンが出しやすくなっているのもポイント。だからと言ってメタファイトを遊んでそれを体感せよ!とまでは言わないけど……
___

それはそうとこのレビュー書いた人がたまによく見るブログの人でビックリした。こんな仕事もしていたんだなあ。
んなことより自分もとっとと文章を構成しなければ……。幸か不幸か「オリジナル版への敬意」ってところがものの見事にかぶってるんだけどどーしたもんやら……
_____

そんな風にネガティブな気持ちを吹っ飛ばしてくれたのがシャンティ海賊の呪い!とりあえず2つ目の島をクリアしたところまでプレイしたけどこりゃ面白いね!鬼のようなドット絵と奇想天外なギミックと謎解きが見事にハマっている。これは素晴らしい。
素晴らしい一方でゲームの難易度は未だに分からず。自分が近接系アクションが大の苦手ということもありステージでは死屍累々。バランス的には適度に難しいクラスなんだけどどーなんだろうねこりゃ。序盤でこういう印象を持つと最終的には難易度が跳ね上がるような気がしないでもないけど……。しかしウェイフォワードはそこまで無茶な難易度を設定してこないメーカーのはずだから適度に難しいを保ってくるのかな。
あと物語もよー分からん。なんとなくは理解できているけれど、やはり前作のプレイは必須みたいだ。なんか少し残念。そんなことくらいではこのゲームの価値が落ちることは無いと思うけど。それよりもローカライズがへっぽこなのが……。訳がアレなのは全然我慢できるけど改行は何とかしてくれよ!これのせいで文章が変に間抜けに見えるんだよ!そんな笑いこっちは欲しくねーよ!
_____

メタスラ2に挑み続けるも今回はジィ・コッカのところに辿り着く前に死亡。モーデン兵が強すぎる。そしてボムを出し惜しみすれば瞬間にミス確定というバランスはあまりにも厳しい。誰がなんと言おうと3よりも圧倒的に難しいと思う。アドリブが効くバランスといえば聞こえはいいけど、逆に言えばアドリブ力がなければ死ぬばかりじゃん。どうも納得がいかないぜ……。確かな反射神経と精密な操作技術が人よりはるかに劣る自分はここが限界なのかー?
_____

アイザックの伝説はサタンに会ったが勝つことが出来ずに終了。しばらくはサタンと戦うんじゃなくて、心臓を破壊してちゃんとクリアすることを念頭に置いた方が良いのかねー。心臓は楽に勝てるんだけどサタンはどーもこーも。アイテムのツモがカギな気がするから一概には言えないけど。うむむむむ。それはそうとプレイすればするほど色んなものがアンロックされてどんどん難しくなってくるバランスは何とも言い難いね。安定攻略を求めている身としては結構キツイ。
_____

・音の弾幕襲来! 究極のサウンドを体感せよ!『サイヴァリア リアセンブル オリジナルサウンドトラック』 新レーベル「CuEeen!」(※) より4月29日(土)発売!
http://claricedisc.shop-pro.jp/?pid=114763912

なにー!サイヴァリアのサントラ再販に加えて新たなものまで出るだとー!?
※新レーベル「CuEeen!」始動
「CuEeen!」は、さまざまな世代のゲームサウンドトラックを「クラリスディスク」よりリリースしてきたシティコネクションと、多くのゲームタイトルを手掛けてきたオーディオ制作部を持つサクセスによる共同レーベルです。
ドギューン!!みたいなレーベル名に一抹の不安を抱くが(というかこれを見た時にドギューン!!を思い出す方がどうかしていると思う)、期待しておこう。
_____

・(Windows PCソフト)鋼鉄帝国-STEEL EMPIRE- 初回限定サントラCD 1983限定特典セット
https://shop.1983.jp/shop/shop.cgi?order=&class=all&keyword=%8D%7C%93S%92%E9%8D%91&FF=0&price_sort=5&pic_only=&mode=p_wide&id=16801&superkey=1

と思ったら鋼鉄帝国のPC版にもサントラが付いている始末。どーしよーメガドラ版までついてくるとは完全に想定外。どうせならGBA版も付けてヨ!なんてことも思ったけどこれは買いなのか?サントラだけが欲しい身としてはかなり複雑だぜ……。値段的にはサントラの値段とどっこいどっこいだけど。
_____

・『クロワルール・シグマ』PS4パッケージ版が発売開始、インディーゲームとのコラボ衣装も本日より配信!
https://www.famitsu.com/news/201703/09128577.html

おっ発売されたのか。面白かったのでそれなりに売れてほしいもんだけどどーだか。
_____

・NHK放送でTwitterのトレンドを席巻。話題のゲーム音楽交響楽団JAGMOに会ってきた 「音楽家って実はゲーマー率高いんですよ」
http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/jagmo

むむむ。名前は聞いたことあるが行ったことは無い。こういうオーケストラに気兼ねなく参加できる手持ちがあれば……
_____

とまあシャンティとかが忙しいので本日はこんなところで。


posted by グレイ at 20:52| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

色々飛び出してる

インターグローのセールでシャンティ〜海賊の呪い〜を買ったぜー!わーい3Dであれもこれも飛び出してるぞー!という知能指数が下がりそうな発言はともかくとして、シャンティを買ってみた。これまでは4000円近い価格に悩まされ何ともなーと思っていたがこの度2000円という結構お買い得な値段になったのでスパッと購入。
現時点では15分くらいしかプレイ出来ておらず、なおかつチュートリアルが終わったくらいなので何とも言えないところだが、少なくとも今年初めてプレイしてきた作品でトップに位置付いている「ホットラインマイアミ」「マシナリウム」「ブラスターマスターゼロ」「アイザックの伝説リバース」らと遜色のない、いやそれ以上の可能性すら魅せるほどの傑作の感じがしている。ここで「株トレーダー瞬」や「ブレインロード」の名を挙げるとシャンティの威厳が一気に失われそうだけど、自分の中ではこれらと並んでプレイして楽しい作品だ。こんなことならとっとと買っておくべきだったな……
開発はウェイフォワードでローカライズは例によってインターグロー。作品の方向性としては探索要素強めの近接攻撃系2Dアクションといったところかな。特徴としては執念を通り越した怨念と気迫を感じるドット絵を挙げておこうかな。病的なまでに書き込まれ、それが止まることを許されずぬるぬると動くのはメタルスラッグやヴァンパイアシリーズを彷彿とさせる。それ以上に凄まじいのが女性キャラの動きだろう。主人公のシャンティの動きは生き生きとして可愛らしく、そして胸が揺れている。いや、シャンティだけじゃない!その辺の女性モブキャラに始まり敵ですら揺れている!?ば、バカな!なんだこのゲーム!?細かいところに力入れ過ぎなんじゃねえのか!?そしてドット絵だけにとどまらず立ち絵は立ち絵で全員エロ可愛く、3Dで飛び出すところが飛び出す処理がされている。ウェイフォワードはアホだ。狂ってる。マイティースイッチフォース2で自分の中では変態企業と認識されたが、更に「ド」をつけなければいけないレベルだったとは……。自分はわざとらしかったりこれ見よがしにセクシー要素なりをぶち込んでくるゲームは嫌いだけれど、シャンティはそういったゲームとは異なり天然の感じがする。こういった無駄に気迫と執念が溢れるこだわりがある作品は嫌いじゃない。むしろかなり好きな部類だ。ウェイフォワード以外ではTOD2以来久々に見た気がするぜこういうゲーム。
まだ序盤も序盤なので難易度などは分からんが、それでもステージ内での怒涛の演出の凄さに思わずうなってしまった。攻撃のド派手さやギミックに関しても何一つケチのつけようがない。自分は近接攻撃系アクションが苦手なので結構ダメージを喰らいながら進めているが、回復アイテムの供給も適切と完璧だ。ボスも初見では何をどうするかは分からないけれどしっかり動きを見れば解が見つかる作りってのも素晴らしい。ボスを撃破したときに魂斗羅バリに爆発が起こるのも魅力。何から何まで素晴らしい。アクションの動きは良いわ爽快感はあるわ探索する楽しさはあるわとこれはもう完璧すぎて困っちゃうくらいの作品ですね!
で、ゲーム内容は真に素晴らしい限りなんだが、ローカライズは低品質だね。訳が恐ろしくおかしいところは今のところないけれど、改行がテキトーなのはダメだろう。序盤ですらローカライズがアレと分かる限りこの先も結構アレな出来なんだろうなあ。しかし、自分がよく見るサイトの温厚そうな人をブチ切れさせるほどのローカライズなのか……と戦々恐々しながら始めただけに意外と普通って感じだ。少なくともライズオブザロボット2のパッケージ裏に書かれていたような、日本語が崩壊した文章は見られていない。そういう意味ではトンチキ翻訳ファンには残念な出来とも言えよう。まあ日本語にしてくれてるだけでもありがたい話ではあるんだけどね。でも……、VVVVVVのように凄まじい気迫を感じる日本語訳のゲームを見てたりすると残念ではあるね。
それ以外にもいきなり3作目から始めた弊害か話がよく分からないというのが何とも。2作目も配信されたことはされてるんだけど、ハード的にプレイ出来ないしねーということで気にせず始めてみたんだが、こうまで話が繋がってるとは思わなかった。うーむ。前作もやるべきなんだろうなあ。それを言い出したら初代は…?

ともかく、インターグローのへっぽこローカライズ以外はほぼ完璧な作品なのでしばらくは退屈せずに済みそうだ。にしても、「ホットラインマイアミ」「マシナリウム」「アイザックの伝説リバース」といいハマったゲームが洋ゲーばかりというのはどうなんだろう。自分が心動かされるゲームは海外にしかないのか…?あっでも「ブラスターマスターゼロ」は純国産か。ブラスターマスターゼロクラスの作品がポコポコ出れば自分も日本のゲームに食いつくんだけどなー。

あとどうでもいいが今作はインティクリエイツの絵師さんが関わっているんだっけ?狂気に溢れた企業同士なにか通じ合うものがあったんだろうか……。それと自分がおもしれー!となった作品に大抵インティの名があるのはナンナノカと苦笑い気味。まあ良いことだと思っておこう。

おまけ:崩壊した日本語で有名なライズオブザロボット2のパッケージ裏の文章
君も完全武装だ:ヘッドにマウントした冷凍レーザ、プラズマディスラプタ、
電気グランドスパイク、分子歪曲ブロー、酸性唾液、
アーム装着用3ミリ・ウランアンモ・ツインガンなど!
18体の次世代ロボットと300種以上の破壊ムーブによって、
たとえ絶滅は免れたとしても、少なくとも「再生」が許されることはない!

_____

そういやブラスターマスターゼロで思い出した。サントラ発売への動きが見られているようですよ!ってことでここで宣伝。自分のツイッターでRTとかしても良いんだけどこっちの方が見てる人が多そうなんで。

https://twitter.com/ippo_yamada/status/838810932490838018
【拡散希望】ブラスターマスター ゼロのサントラ出たら買うって人、レスポンス下さい。100越えたら検討します。200越えたら作るべく動きます。【需要調査】#blastermaster
買ってくれる人は「いいね」、応援してくれる人は「リツイート」。「いいね」の数で判断いたします、とのことですよ。自分は無論「いいね」をしときました。まあ興味がある方は是非とも。なんてたってブラスターマスター!まさに超惑星戦記!8bitでありながらも現代的なサウンドの血沸き肉躍る夢の世界!といった感じであります(そんな説明じゃ何も分からん

音楽の方向性はこちらで参考にせよ。
【公式】ブラスターマスター ゼロ ー 紹介映像(Nintendo Switch版)
https://www.youtube.com/watch?v=qWRQUGzc8qg
_____

メタルスラッグ2で遂に前後からジィ・コッカラッシュの地帯を突破!!うおおおおおおおお!!クリアの可能性が見えてきたー!!その後の電車ラッシュで連射力が足りずに(ジィ・コッカの時点でテンパりすぎてボム全部使ったのも影響大)一機ミスったけど初めて自爆メカ地帯まで来れた!!まあそこでミスってゲームオーバーになっちゃったけど。3面でヘボイミスさえしなければ……。モーデン兵は生物系の敵と違って頭が良いから嫌なんだよなー。9割大丈夫だけど1割で殺しにかかる敵がわんさかいるゲームはどうも苦手だ。自分が3を難易度そこまででも無いと思ってるのはこの辺に理由がありそうだな。
自爆メカ地帯ではSを取ってしまったがためにメカを処理し損ねて爆死という悲惨な末路を辿る。このSは罠アイテムなのかな。自爆メカをもろともしない人にとってはおそらく次のボスで活躍させられる未来があるんだろうが、自爆メカが苦手な人にとってはスルーした方が賢明といったところか。クランク回さないと取れない辺り計算済みな配置か?うむむむむ。悩。とりあえずここのSは取らない、という方針で攻めてみよう。どうせならL置いても良かったんじゃないかねー。流石に終盤だから開発側もデッドポイントの設置でも企んでいるんだろうか。
_____

アイザックの伝説は最後のボスにサタンが降臨。しかしオカンを一撃で葬り去ったアイテム「聖書」を使ってみたところこちらが一撃死。あーん?このゲームは謎だらけだな……。普通に戦えば勝てそうだっただけにがっくし。
キャラはやはりアザゼルが良いみたいだ。浮いていることによるトゲと穴の無力化とは大きく、無効化できる情報量が他のキャラとは段違いで使いやすい。でもこのキャラに慣れたが最後、アイザックとか使ったらへぼへぼなプレイをしそうだなあ……
_____

・『カルドセプト リボルト』の楽曲をリミックスしたサントラが3月29日に発売決定
https://www.famitsu.com/news/201703/08128500.html

む。
_____

・Polybius最新スクリーン!
https://fuwafuwax.wordpress.com/2017/03/06/polybius%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%81/

スクリーンショットを見ているだけで期待で胸が高まる!まさにうぁぐぐぐぉおあぇ!って感じで、いつもの感じとも言えますし、いつもの感じとも言えますな!(何言ってるんだ
しかしそれにしてもこの人は本当に昔から作風の変わらない人だ。それが最も驚くべきことなのかもしれないな。
_____

・Nintendo Switch『アケアカNEOGEO NAM-1975』3月9日配信が決定!
https://www.famitsu.com/news/201703/08128536.html

むむ。アケアカは途切れることなく供給していくみたいだな。良いことだ。
_____

近所の古本屋に行ってみたら、なんとあの太陽少年ジャンゴの姿が! あの!とか言われてもそんな漫画知らねーよ!という人が大半かもしれないが、自分にとってはわりかし愛読していた(わりに単行本を持っていないのはまあ児童漫画だし読んでたのも当時の話だし……)ので早速読んでみる。
……む。やっぱりちゃんと面白い。やっぱひじおか誠先生のこの作品はおもろいぜ。しっかり読むと原作の僕らの太陽とはまるで異なりやりたい放題な話の展開だけど、読ませるに値するほど設定や世界観は練られてるし絵も迫力がある。この漫画が人気があったのかはまるで分からんが、少なくとも当時面白いと思って今もなお面白いと思わせる漫画は少ないよな気がするので貴重な存在だ。これは良い原作クラッシャー作品だな。原作に忠実な作品よりもこうしてある程度破壊した上で自分の色を出していく漫画(穴久保ポケモンとか)は読んでて面白いぜ。つっても板垣先生の流星のロックマンはやりすぎだった気もするが……というかあれは適材適所を守らない編集部側のミスだろ!
それはさておいてこういう人気があるのかないのか分からない漫画はやはり確保しておいた方がいいんだろうか。ジャンプ作品とかなら別に中古屋を巡れば出会える可能性があるんだけど、児童漫画はどーもねー。カルトな人気を誇る電撃ピカチュウなんかはいずれ買おうとはいつも思ってはいるんだが……。児童漫画じゃねーよというツッコミはさておいておくとして。話はそれたけど、いつまでマスカレードや推理の星くんみたいな愛されてるんだか愛されてないんだかサッパリ分からない(俺は好きだけど)作品があるか分からないしな。いつの間にか古本屋から消え去ったフープメンの悪夢を繰り返してはいけない(これはジャンプだけど)。
これはどうでもいいことだが、その本屋には「ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語」も置いてあった。この漫画は確か電撃ピカチュウほどアレな感じではないがそれでもどちらかというとアレな感じな漫画だった記憶があるが(別にそんな目で見なくても普通に面白い漫画だけど)、カルトな人気が無い感じ誰からも忘れられているんだろう。というか、なんで児童系ポケモン漫画はこんなエロアグレッシブなものが多かったんだ……?制約があればあるほど燃えるものがあるとか?
_____

上のようにダラダラと忘れられた漫画について語ってる暇があったらとっととシャンティを進めろよな、と自分でも思う。

posted by グレイ at 21:36| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする