2017年03月30日

チャンス×打たれ弱い

遂にメタルスラッグ2でラスボスまでたどり着いてしまった。更についでに言うならダイマンジ(ラスボスの前座ね)撃破までノーミスだった。すなわち大問題と化していたアレン軍曹戦も男の中の男しか渡ることを許されない男橋も絶望感満載の火星人ラッシュも最終面開幕のイカミサイルも5面のジィ・コッカ地帯も3面後半の息が切れそうなほどの緊張感が包み込むライフル兵地帯も全てミスなく突破したということになる。すげー(自画自賛)。とても今日一回目のプレイでは最終面開幕で足を滑らして死亡、男橋を渡り切る箇所でちょうど窪んだ部分に挟まりそのままなすすべなく死に、アレン軍曹戦はどうにか突破したもののその後例によってSを取った後の動きが安定しなくて死んだとは思えんな。これで少なくとも自分のような反射神経が人より劣りグズでボンクラなゲーオタでもメタルスラッグ2は3同様ちゃんとやれば結果が出るということが自らの手で仮証明できたわけだ。良いゲームだぜ。
で、まあクリア出来たと有頂天になって書き込んでいないことからもクリア出来ずラグネームに大敗したことが分かるわけだけれども。いやー、どうもねーダイマンジ戦で稼いでおかないと勝てないのかねー。なんか錯乱しながら戦っていたんだけど、ダイマンジ撃破時にハンドガン&ボム16個っつーのは流石に無謀とも言えるか。一応3での戦闘経験こそあったもののあれはアストロスラッグでの即ぶち殺しでしか勝ったことが無いからまともな戦闘経験は無いしねー。どうもねー。メタスラ登場後は鬼避けで雑魚に成り果てるといえば聞こえはいいもののそこまで削らないといけないということはすっかり頭から抜け落ちていたようだ。あとは、戦闘開始時のポジション取りもよく分からんまま戦ったのが敗因か。黒UFO相手にハンドガン一丁でのんきに上撃ちで対処しようとしているのは流石にマズイと思う。かといって下からボム投げは当たらんしレーザー避けれんし。階段上ったところでボム投げしながら戦うのが吉か?明日(たどり着けたら)試してみよう。つーかダイマンジ戦でLをかき集めてから戦えばこんなことにはならなかった気もしないでもないけどね。正直戦う前に前提条件が絡むボスは好きじゃない。

以下私的メモと気になること
・Sは罠?
最終面の火星人ラッシュ地帯で救済措置として登場するSは罠アイテムじゃないかと思った。2つ補給されることから「これはどう考えてもボロボロになりながらたどり着いた人への救済措置に違いない」と思い込んでいたけど、今回Sを取らずに進めたらこれまで死にそうな思いをして実際に死んでいた箇所をいとも簡単に突破することが出来た。
Sの役割としては超火力とまとめてぶっ飛ばすことの出来る豪快な性能でガンガン進むことなんだろうけど、火星人と相性が良いかと言われるとかなり疑問が湧きあがる。これが戦車なり耐久力の高い敵なら違和感はないけれど、火星人自体そこまで耐久が高いわけでも無くハンドガンを遠距離からバンバン放つだけであっさり対処できる。それ以上に、火星人が放つミサイルに対して連射性能がそんな良くないSは対処しにくいんじゃないかと思う。というか、これまでの死亡原因の大半がS撃ってたらミサイル処理し損ねて死亡だからねえ……
じゃあなぜSが配置されたのか、ということにもつながるんだけど……なんでだろ。もしかすると自分が大の近接アクション苦手が影響しているのか?ハンドガンに比べてSは射程が短いし。近接アクションに過剰な苦手意識を持っていない場合はSを上手いこと使えるってわけなのかな。
あるいは、他に配置する武器が無かったから(下手にLやHを置くとゲームが簡単になるし)、ホントに罠アイテムとして設置した(3のゾンビ脱出地帯のDみたいに)か(3のあのDの配置はスラグノイドも大破しレベルアーマーもぶち壊されどうすることも出来ない場合の救世主として地形を上手く使って脳味噌メカをぶち殺せる意味があったから罠とは思っても無いけども)。しかし、ならなぜ2個置くよ?謎は尽きない。普通の人は上手く使いこなせるんだろうか。こういうときに接近戦アクションが壊滅的に下手だと困るなー。
・5面6面は裏テクや救済措置に気付けるかが勝負?
3はルーツマーズやジュピターキングみたいに乗り降り無敵っていう裏テクニックを前提とした攻撃が目立つバランス調整になっていて、それはまあ4作目だし裏テク使わせるバランスでもいいかーとは思ったけれども、2作目でこういったバランスってどないなもんでしょう。でもアーケードゲームだしなあ。隠し捕虜によるボム供給はともかく6面の開幕の無敵時間を利用せよは心底意地が悪いと思うけど。
・メタスラ2は難しい?
少なくとも難しくはない……と思う。その場対応能力が3よりも要求される分下手くそにはとことん厳しいけれども(逆に3はパターン構築能力が必要になるのでハードルが高い)、アクションゲームの中でも類を見ないほど段階的な難易度の上げ方に成功して、かつゲームのテーマやコンセプトを自然に理解できる作りになっているのは脱帽ものだろう(スラッグ配置は3より優秀だと思う)。処理落ちのせいで常にもっさりしているのは何ともしがたいが、それゆえ結構アレなその場対応能力でも何とかなる敷居の低さがあるし、破壊の重厚感の演出に一役買っている。

んあー、ネオジオCD版でも買おうかなー(唐突過ぎ
つーかネオジオCD版メタスラ2ってめちゃ高騰してますな……。唯一のコンバットスクール対応で処理落ちの箇所も大体同じ(かどうかは分からんがスペック的には同じだと思う……)ということが原因なのだろうか。
_____

メタスラ3復帰戦は大惨事で終わってしまったがそれじゃあいかんと気合を入れ直し再プレイ。1~4面まではどうということは…あった。4面で食人植物の胞子が直撃しまさかのモルボフ状態に。これでやる気が大減少。しかしソル・デ・ロカでとちって赤弾の時に発狂させるもそこから狼ばっかだったのであっさり勝利。やる気復活で5面へ。機銃戦も難なく突破。
んが!火星人基地でまたも開幕脳味噌メカの処理に戸惑いFを持ったまま撃沈。一体何故出来たことが出来なくなるのか……。もう後が無くなった最後の一機。気合でどうにか自爆メカ地帯を突破し、前回沈没したシャッターをこじ開けフェイクマーズ戦へ。難なく勝利しクローン培養槽も苦なく突破。これであとはゾンビ脱出パートを越えるだけ。のはずが!Fを取得しようと企んだ際左端に今にも血ゲロを吐かんとするゾンビの姿が!……そうして、メタスラ3の闘いは幕を閉じた。うーむ、久々にここまで来たせいで左にゾンビがいるときの対策を忘れているとは……
_____

アイザックの伝説、アイザックを撃破しにとっととプレイ…と思いきや、変なミスを連発し子宮で死亡。どうにもこうにも、慣れてきたと思ったらこれだよ。うーむ。むむむむむ。あーあとショップに募金をしようと思いそれを優先してプレイしているからか。どーしたらいーんでしょうねー。
_____

・Polybius ヨーロッパ配信日決定!4月28日!
https://fuwafuwax.wordpress.com/2017/03/27/polybius-%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e9%85%8d%e4%bf%a1%e6%97%a5%e6%b1%ba%e5%ae%9a%ef%bc%814%e6%9c%8828%e6%97%a5%ef%bc%81/

遂に来たぜVRの命運を分ける究極にして極限のソフトの存在が(かなり誇張気味)!
PSVRでは120fps対応、テレビでも4K解像度対応!全50面の前人未到の超高速トランスシューティングゲーム!(残念ながら日本での配信は未定…ローカライズ配信に興味がある会社の方がもしいればラマソフトにコンタクトを…)
ですよねー。それはそうと、ヨーロッパっつーことは北米アカウントではどうにもならんのか?いやまあまだPS4もVRも持ってないから何の意味も無いんだけど。つーか買ったまま放置状態のTxKどうしよう……。もう一台Vitaがあれば……
_____

・ペルソナ5がメタスコア94点スタート!タイタンフォール2の廉価版が早くも登場!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/p5-taitan2.html

PS4「ハコニワカンパニワークス」が発表!

日本一ソフトウェアが新作ソフトを発表!クラフト要素のあるシミュレーションRPGになるそうです。発売日は7月13日で、価格は7,538円(税込)。
こりゃあ高いよ日本一。しかも声優に興味がまるで無い自分からすればなおさらだ。これはどうも……。古谷D作品では買おう!と思わせる値段設定が上手かったのにどうしてこんな価格に。もしかして値段に合うだけの内容なんだろうか。
_____

・『PSVITAで発売された『サガスカーレットグレイス』の河津氏が始動したらしいというツイート記事』が掲載中。
http://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-48696.html

ただ単にロマサガ3の舞台じゃね?とも思ったが……あんま関係ないかな。新作…あるといいけどねえ。
_____

そいや、スイッチの聖剣コレクションはM2担当らしいですわね。安心と信頼のM2。これで出来に関しては問題なしと言えるでしょう。むしろバグまでも実装してバグをオンオフ出来たり……というかそもそも致命傷のバグがあること自体がおかしな話でもあるけど。ま、ROM持ってる身からするとちょいと悩ましいけれども、持ち運んでプレイ出来るしM2だしなあ。

posted by グレイ at 20:43| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする