2017年04月25日

生活記録

午後の授業が休講という珍事に見舞われたのでこりゃ秋葉原にでもいくしかないかーという短絡的な思考回路により昼飯も喰わずに秋葉原へ。昼飯を食べなければその分STGが出来る!という間抜けな考えはさておいて、久々にHeyに来たけどやっぱり楽しいー!!(/≧▽≦)/\(≧▽≦\)!!とばかりに普段全く使わない顔文字を使うくらいに楽しかった。やっぱり人間STGやってないとダメになるね!!
しかしここで事件が。久々に大往生に金をつぎ込むぜーとばかりに颯爽と座りクレジットを投入したら、大往生ではないがどこかで聞き覚えのある自機選択画面の曲が。これは……黒復活!?いやいやソンナバカナ!ここは確かに大往生が設置されていたはずだ!切り替えスイッチみたいなところにも大往生のシールみたいなのが貼ってある!何故だーッ!!と錯乱してみたはいいものの目の前にあるのは黒復活でしかなく、なし崩し的に黒復活をプレイする羽目に。一応5面まではどうにか行けるはずだけど……と思っていたら、大往生じゃないことのショックがデカかったせいか、1面から訳の分からないミスを連発し、まさかの2面落ち。一体何故こんなことに……。
その後もいまいちなプレイは変わらず。ACで久々にやりたかったメタルブラックはなぜか置いておらずテンションが下がり、ライデンファイターズJETで1面でミスするという珍事を起こし(一応シミュレーションレベル50くらいまで行った記憶がある)、体感半年ぶりのレイフォースも2面や3面で凡ミスを繰り返す始末(一応5ボスまでは行った)。もうお嫁にいけません。ケツイも1UPを逃し…いや、デスレーベル以外では取ったことなんて数回しかないからいつも通りと言えばいつも通りなんだけど……、それでも3ボス開幕で死ぬとは情けなしの極み。極めつけはオペレーションラグナロクで4ボスと戦っていたら地形に接触を繰り返し全滅。苦戦するところは5面からだと思っていたんだが……。がっくし。
それでも憂さ晴らしにカラスをやったり、移植決定記念にフィーバロンをやったり、あんまやらない東亜STGのV・Ⅴをやったり、地味に初プレイだった気がするバイパーフェイズ1Newをやったり、メタスラ3やったりと久々に頭が狂うほどSTGをプレイすることが出来ましたってところかな。メタスラ3はVitaでそれなりの移植が出来るからわざわざやる必要もないっちゃ無いけど、時間を持て余したのでプレイ。結果は、ロカノーミスで切り抜けるもシャッターこじ開け地帯でまさかのシャッターが開ききってないという凡ミスをしでかし、その後のフェイクマーズの初弾をかわせないとダメもダメなプレイだったが、クローン培養槽を無傷で突破してやる気大復活。脱出パートも以前のようなSが出るというよく分からない事態も起こらず何もかもが順調だった。ラスボスまでは……。ルーツマーズはなあ……いくらこちらの事故待ちが攻撃パターンだとしても詰みまがいの岩は避けれんよねえ……。F当てはあと少しで終わるところだったのに。残念。
とまあそんな具合にSTGやりまくりな一日を送っていたわけだけども、実は明日は全休なんだよね。ということで明日も行っておきたい次第で。大往生とメタルブラックが無いのはちと残念だが、ならばそれ以外のSTGをやればよい!何故か島田も稼働していたし(これよりグレート魔法大作戦の方がいいような気がしないでもないけど……)テンションも上がる!明日は普段やらんSTGを中心にプレイ出来たらいいなあ。
___

秋葉原は金さえ出せば望むものが手に入る土地としておなじみでありある種の楽園であることは周知の事実。今回は何かを買う目的は全然無かったんだけど、その魔性の土地の性質かこんなものをついつい衝動買いしちゃいましたよ……
DSC_0581.JPG
画像を見て分かる通り、これはあのシャンティ最新作ナノダ!シャンティは初代が日本で出ておらず、3作目の海賊の呪いから日本進出を果たし、最新作である1/2ジーニーヒーローは日本ではWinと箱一でしか出てないからイマイチ知名度があるのかないのかハッキリしないシリーズだが、海賊の呪いを今年プレイしてその突出した完成度の高さにウェイフォワードスゲー!って思うほどハマったんだよね。というわけでいつかは続編もプレイしたいもんだと思っていたんだけど……、海賊の呪いのローカライズが多少アレだったこと(これなら脳内で訳した方が明確)、海外版にはサントラが付くこと(これが決め手)、Vitaで出てるから持ち運んでプレイ可能ということに惹かれてこうして買ってしまった次第である。Amazonでも普通に買えるけど秋葉の然るべき場所で買った方が断然安いね。そして地味にVitaのパッケージソフトを買うのはこれで2回目だ(1回目はリトルビッグプラネットを買った)。普段DL版しか買わんからなあ……パッケージの場所に困るし。今作の場合はサントラ込みだからしかるべきところに収納するけど。
こんなわけでシャンティ最新作を手に入れたので早速脳が溶けるほどプレイ……と行きたかったがこれ以上同時進行のゲームを増やすと流石に我が身が持たない&どれも中途半端な進行になることを危惧して、しばらく寝かせておくことに。ソルトアンドサンクチュアリが終わった時にでもプレイすることにしましょう。そうしましょう。
で、ついでに秋葉サントラ事情の方も見ておこうかなーと思ったけど昼飯を食べてないからこの辺で気力が切れ「まんだらけ」しか見れなかった。一応まんだらけは見たことには見たんだけど、まだまだ例によって秋葉のゲームサントラ買える店の中では最も良心的なのかな?「交響組曲アクトレイザー」が確か8000円で売られてて正気かよまんだらけ!とか一瞬思いそうになったけど、今はこれが妥当な値段なのかなあ。それ以外はなんでしょうねえ……。アトラスの「カブキロックス」のサントラが売っていたということくらいでしょうか目についたのは(そもそもサントラが出てること自体知らなかった)。うろ覚えだけど8000円が妥当な値段かどうかは……どうなんだろう。増子司さんらしいから8000円払ってでも聴いてみたい気はあるけど、それならまずはゲームだよなあ……。ショーケースとかは未確認。ゲームの方はそれなりに確認したんだけどサントラは見落としちゃいました。多分moonのBOXか単品CDが1~3万位で置いてあると思う(憶測)。
で、そんな感じにサントラを眺めて驚いたり頷いたりしながら物色を続けて結局こんなものを購入。
DSC_0582.JPG
こ、これはあの伝説のCD、ゴーゴーポケレンジャーじゃないか!次世代ワールドホビーフェアで配布されたとされる、あの伝説のCDじゃないか!!俺は当時行けず、このCDの存在を知り後悔の念に苛まれヤフオクとにらめっこするような日々を送ったり送らなかったりしたもんだが、一体何故このCDがまんだらけに……。しかも2枚も。とりあえずこれまで探し求めていたCDなので有無を言わさず即購入した。これだから秋葉原は良い土地である。ところで、果たしてこれはゲームサントラに分類されるんだろうか…?カラオケバージョンでGBA音源で「ガッツだー!(ゴーゴーポケレンジャーの原曲)」が流れるなら嬉しいけど……
ついでに3だけ未所持だったのでパワポケ3も同時購入。これでパワポケシリーズがすべてそろったよーわーい。もっともかつて本家と違ってあんま面白くなくて売っぱらったパワポケ甲子園や集まれパワプロクンのDS甲子園はまだ回収し損ねているから完全制覇ではないのだが……それでもここまでシリーズを追った作品は自分の中ではないので貴重なシリーズだよなあ。自分がよくやるのはシリーズの変革期の678ダッシュ(特に7)だけど、これほど面白いゲームもそうそうないよ。買えて良かった。気が向いたらプレイしていこう。
そんなこんなで充実した半日を過ごしましたとさ。明日はもうちょい軍資金を持っていって何かサントラを買いまくろうかな。フレンズとかその辺も偵察しておこう。
_____

時間を見つけてはいて座。遂にラスボス戦まで安定して突入できるようになった。人間やれば出来るもんである。
しかし、ラスボスはどーすりゃいいんだこりゃ?過去にノーミスで時間切れまで粘った経験があるから決して避けられない攻撃をしているわけではないはずなんだが、たどり着くころには自分の集中力が既に切れ始めているのかよく分からない凡死をして、それでもって最終形態の弾幕ばらまき&WAY弾&突撃に入った瞬間の攻撃をやり過ごせん。初弾さえ見切ればあとは適当に左右に切り返していればクリアできる、というか左右に切り返すのがおそらく最も楽な勝ちパターンだと思うのだが、そこまでに残機2は残さないとダメとか?ひっじょーに厳しー!!
しかし3面を1ミスで突破した経験もありどうにかなる範囲なのか?しかし4ボス開幕もきついといえばきついんだよな……。俺のような凡人でもクリアが見えているだけに頑張りたいところだけど、どうしたもんかねー。
_____

衝動買いは収まること知らず。今度は360で、今話題が沸騰してるのかどうかは分からんがあのゲームを手掛けたやつらのあの作品を買ってみた。今現在ちょいとばかしプレイしてみたところなんだけど、プレイして直感で感じる面白さは今年一と言っても過言じゃないほどの傑作の匂いがする作品だったのでエンジンをかけてプレイしようと意識を固め中。時間があったら明日にでも軽く紹介をするかもしれない。しかし今年はプレイする作品で当たりが多いなあ。いて座だったりブラスターマスターゼロだったりどぎめぎインリョクちゃんだったり株トレーダー瞬だったりハコボーイだったりYU-NOだったり久遠の絆だったりシャンティだったりアイザックの伝説だったり魔神少女だったりブレインロードだったり……。大半が2Dであり、しかも今年出たと言えるのは実質ブラスターマスターゼロくらいだが(YU-NOはPC98版だし……)、それでもここまでやるゲームやるゲーム面白かったのは久々かもしれんな。いて座なんかはホントに面白いし。
_____

・【先出し週刊ファミ通】新作『ザンキゼロ』発表! 『ダンガンロンパ』チーム寺澤氏、菅原氏の新作はサバイバルRPG!?(2017年4月27日発売号)
https://www.famitsu.com/news/201704/25131776.html

サバイバルRPGと銘打ってますが、これはどう見てもSTGです。でなきゃわざわざ残機ゼロなんていう言葉を使わないでしょう。ククク……やってくれるぜスパイクチュンソフト……
……あーっと、真面目なこと言うとどーなんでしょうねコレ。その辺はファミ通を買わなきゃ分からないってか。うーん、気になることは気になるけどダンガンロンパをやったのは遠い昔だしなあ……。精神が腐り始めてる今の自分に楽しめるものなんだろうか。
_____

・【先出し週刊ファミ通】『ラビ×ラビ』シリーズ4作品がセットになりPS Vitaで登場!(2017年4月27日発売号)
https://www.famitsu.com/news/201704/25131571.html

Vitaを使う機会が多い自分としては非常にありがたい話ではあるけど……スイッチで良くありませんこれ?今までDS系列で展開されていた作品がなぜここにきてVitaに……。謎だ。謎だが、割とやってみたかったゲームではあるのでここは素直に喜んどきましょうか。
_____

・『弾銃フィーバロン』 4月28日配信決定! “M2ガジェット”など、家庭用ゲーム機向けならではの機能も搭載
https://www.famitsu.com/news/201704/24131759.html

遂に来たぜフィーバロン…って配信早くね!?俺はてっきり5月くらいかと踏んでいたが……
お値段的には他のDL系STGと比べるとそこそこだけど、フィーバロン1クレクリアするのに5万位溶かしそうな身からすれば僅か4000円弱で大往生、ケツイに次ぐケイブSTGの最高峰が手に入るので脳味噌停止させてフィーバーさせとけば何一つ問題は無い。というか正直4000円でもそれなりに安いんじゃないの?何より音楽も4つある!ハードが無いからガレッガ共々プレイすることは出来ないが俺は買っておくぞ。しかしワイルドガンズも買っちゃったし、いよいよ本格的にPS4買わんといけないみたいだな……
しかし次のショットトリガーズは何なんだろうな……。ううー気になる!早く続報を出して欲しい!そして出来れば井内さんの最新作についても……というか、井内さんが関わってるプロジェクトの名前だけでも……
_____

・【電撃PS】『深夜廻』発売決定&詳細を独占入手! より深みを増した“夜に潜む恐怖”が再び
http://dengekionline.com/elem/000/001/510/1510526/

ひょ!やっぱり夜廻りの新作ですってよ!前作比で2倍以上の広さってところに若干の不安を覚えるが(ただ広くしてスカスカになってるんじゃねえかみたいな)、とりあえずこれをプレイするまでには夜廻りをやっておきましょうかねえ……
_____

と、いうことで時間切れです。また次回次回。さてと、ではサントラの取り込みでもやっておきましょうかね……

posted by グレイ at 22:12| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

魔神が少女です

ここんところ新たにゲームを始めまくっているような気がしないでもないが、またまた新たなゲームに手を出してみましたよ。今回のターゲットは魔神少女(3DS版)。ロックマンとグラディウスを足したような感じかね。
まだ最初に挑むべきであろうボスを倒しただけなんだけどこりゃおもろいね!定価400円だとか同人製だとか、そういった部分を抜きにして本当に一つのACTゲームとして良く出来た作品だと思う。このレベルで完成された作品ならもっと早くに買っておくべきだったよ……
先にも書いた通り今作はロックマン+グラディウスといった趣のACTなんだけど、基本はロックマン、パワーアップの要素にグラディウスのシステムを採用してるってのがポイントかな。敵を倒していくと(ダメージを与えて行くと)ゲージがたまっていって、パワーアップしたい項目までたまったらそれをボタン押すことで習得できるって感じかな。このうちロックマンの成分が非常に良く出来てるね。ステージ構成、敵の出し方、ギミック、そしてボス、全てにおいて高次元にまとめられてて手堅いなと感じる。歯ごたえ大アリの難易度もいい味を出してるね。マニュアルに「パターンを覚えてください」とわざわざと書かれていることからも分かる通り、今作は「そういう」ゲームなんだろう。実際難易度は初代ロックマン並に高い気がしないでもないが、そういった死に覚えの快感を求めている自分からするとそれはもう完璧なまでに完璧なACTだ。ボスも初見では無理な感じしかしないけれど、スキがありきっちりパターン決められて、そのパターンもライフがある分を考慮して決められるっていう懐が広い一面もある。こりゃあ凄いね。良く出来てるもんだ。
ゲーム内面はそんな感じで「俺らが愛するアクションゲームはこういったやつなんじゃー!!」という気迫と怨念を感じる素敵な仕上がりなんだけど、ゲーム外面、つまりはグラフィックや音楽なんかも素敵な仕上がり。ドット絵はよく書き込まれているし、音楽ははずれが無い。絵の方向性は同人っぽさがちょいと強い可愛い系の感じだけど、世界観と調和しているからか違和感はまるで感じずいい感じにテンションを保ってプレイ出来ている。この辺のイラストと世界観の調和はデススマイルズやプロギアの嵐を彷彿とさせるね(そんな例えじゃ誰も分からんよ)。
気になるところがあるとすれば、ミスしたときのリカバリーが全然取れないところかな。特に回復アイテム的な存在が全然登場しないのはかなり疑問だ。パワーアップにあるのかなーとか思っていたが、どうもそうではないらしい。これはちょっと厳しいよ。一応ステージの最初から最後まで(というかボスまで)パターン化すればどうにでもなる問題といえば確かにそうなんだけど。あとはダメージを喰らった時にためたグラディウスゲージが失われるのはちょいとばかし意地が悪いように思える。敵があんま出ない上にこういった仕様をぶっこまれると、爽快感の欠落になりかねん。敵の数をもっと増やすか、いっそのことグラディウスみたくカプセル式でも良かったんじゃないかな?
あとはまあドリフのタライというか、ピタゴラスイッチというか、そういったように用意周到に仕組まれた初見殺しバリバリの作風をどう捉えるか、だな。リカバリーが取れないせいでこの点が顕著になっちゃってるのが人をちょいとばかし選ぶような作品とも取れなくもない。実際序盤からしてかなりムズイよ。救済措置としてこれまで集めた総合ゲージでライフ強化とかが出来るけど、それをガンガンやっていかないとクリアは厳しいと思う。いやまあロケハンしまくればクリアは出来ると思うけども。
とりあえず第一印象は「極めて良し」といった感じなのでドンドコプレイしていくことにしましょう……と言いたいところだけどまだいて座もハコボーイも終わっとらんのよね。いて座に関してはもう少しのはずなんだけどー。
_____

そんないて座は遂にリアルシュータープレイでラスボス最終形態まで到達。しかしクリアが眼下に迫ったその時、緊張のあまりに手がガタガタ震え始め、弾避けに失敗して終了してしまった。……悔しいッ!悔しすぎる。これを突破したとき、自分の中の何かが変わるかもしれないと思っていただけに悔しすぎる。自分の人生の中でも大学受験に失敗したときや浪人して希望の大学に行けなかったときの10万倍くらいは悔しいね(安っぽい人生だな
しかしクリア出来ないわけではない。次こそはいけるはず。3面も死に過ぎて逆に慣れてきた。それに電車内のプレイだから環境としてはかなりアレだ。3面の核ミサイル地帯も解が見え始めた。次は負けん!と言う思いを胸に、もう一回やってこよう。
_____

塩VitaでやっちまいましたC2エラー!!俺は何もしてねえ!俺は悪くねぇ!という叫びも空しく、今まで進めていた記録は闇へと葬られましたとさ。めでたくねえ。一応オートセーブらしいので被害は無いと信じたいが(エラーを2、3回吐いたどぎめぎは被害なかった)……
原因がまるで分からないのが不安感を煽るが、おそらくはVita本体のアップデートをしないままプレイしていたからかあ?Wi-Fi切断しないでプレイしていたのも怪しい(これをするとエラー吐くタイトルも意外と安定化したりする。Vitaユーザーなら知ってて当然の小技……かどうかは知らん)。とにかく滅茶苦茶ガッカリだった。ただでさえ合わんのにこういった要素でイライラさせてくれるとホントに精神がおかしくなりそうだぜ……。ようやく面白いボスもちらほら出てきたところなのに(人間の樹だっけ?ボス本体の攻撃よりもそれと複合した地形で殺すボスとして極めて優秀なバランスのボスだったと思う)。

教訓:エラー吐いたタイトルをプレイするときは、本体は常にアップデートしておけ。動作が安定しねえと思ったら電源切り(Notスリープ)。Wi-Fiは切っておけ。
_____

時間は無かったがメタスラ2をプレイしに行く。時間が無いので駆け抜け気味にプレイしていたところ最終面でまさかの2ミス。しかもミスした箇所が死んでい仕方ない箇所(具体的には男橋と禿親父)では無く全然関係ねえところだから笑えない。最初のミスは下からは両サイドからコロコロ弾、時たま放物線上に手りゅう弾という地獄コンボをかまされた上、Fを取るタイミングを間違えモーデン兵にFが当たらず、ミス。駆け抜け気味に適当にプレイしていたのが仇となったか……。これでやる気がぷつっと切れ火星人を脱力気味に撃っている最中でミス。結局H200ボム10というしょっぱい装備でラスボス戦へ。前座のダイマンジは、まあ倒せた。Lも出してくれたし。しかしじゃなー、流石にL100ボム2でラグネームはねえ……UFOを破壊しても特殊武器は出ず、詰みまがいのホーミングミサイルの前に散った……。もう駆け抜けはしねえ。でも駆け抜けするといつも乗る電車の時間に間に合うんだよなーどうしたもんか。悩むね。自分の進路以上に悩むね(他に悩むことないのか
_____

・日本一ソフトウェアが新作の実写ティザー動画を公開、360度全方位を見渡しながら進む不気味な夜道
https://www.famitsu.com/news/201704/24131751.html

これはどう見ても夜廻りですかね…!これが出る前に夜廻りを買っておかないとなあ。
_____

・水口哲也×上田文人対談――「芸術的」と評されるのはイヤ!? ビデオゲーム制作のベース、クリエイティブの源泉に迫る
https://www.famitsu.com/news/201704/24131087.html

いい話してるなあ。
_____

・インティ・クリエイツが京都で開催のイベント“A 5th Of BitSummit”に出展決定、新作タイトルの試遊台も設置
https://www.famitsu.com/news/201704/24131693.html

何ッ!新作発表もあるのかッ!凄いぜインティ!頑張ってるなあ。ブラスターマスターゼロはめちゃ面白かったから、こういったACTガンガン出してもらいたいなあ。無論、ガンバイクやラブ&デストロイみたいな何かが壊れたバカゲーでも構いませんことよ。
インティで思い出したがブラスターマスターゼロのサントラも明日くらいに発送予定らしいので買うがよいって感じでよろしくです。自分は今の今までうっかりしていたので注文してきます……


posted by グレイ at 21:18| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

4/17~4/23

Twitterの方でギフトピアのナナシFMの「ASTRO」というゲーム音楽を紹介して、ちょいと調べごとをしていたら、どうもこの曲を手掛けたアーティストさんのアルバムに収録されているみたいだ。ギフトピアの音楽は絶版のファンブックにしか収録されていないと聞いたのに、こういったパターンで聴けるのもあるのか!ジェットセットラジオにおけるギターベイダー曲みたいなもんかな。初めて知ったぜ!しかしどうもギフトピア好きの間では割と知られた話だったみたいだ。うーむ、まだまだゲーム音楽には自分が知らないことが多いな。今度アルバムを買っておこう。
おっと、ASTROはキュートなテクノポップって感じでかなりイカした楽曲だと思うので気になる人は聴いてみるが良いと思いますぜ。自分の中では「ラ・チートイツ」と並んでギフトピアを象徴する楽曲だと思う。


・ハコボーイ
無事にクリアまでたどり着いてエンディングを見て満足。ほろりと感動できる物語と、適度な難しさと達成感を味わえる極めて良質なパズルアクションでございました。
で、今はボーナスステージに挑戦中だがすげえ難しい。ひー。王冠無視すればどうにかなりそうだけど、こりゃようやく引ク押ス並の展開になってきたか?

・塩
進捗度合いを書き残しにくいゲームだが、ドラゴンぶち殺した辺りまで進めたという言葉で伝わるかな?このドラゴンも火の対策をすれば勝てるんだろうなーと思い、実際対策して勝てる素敵な調整なんだけど、それはそれでもっと難しくしろよ!とも思ったりも……。パターン構築させたいのかガンガン進ませたいのかがちょいとどっちつかずなゲームになっているような気がしないでもない。おそらくソウルシリーズの要素の数々が自分に合っていないんだろうが……。これが純粋なACTだったらすげえ楽しいんだろうなあ。

・いて座
リアルシュータープレイでラスボス第2形態までたどり着いた。行ける。これは自分にもクリアできる未来がある。あとは、どれだけ精度高められるかっつー戦いになるわけか。あと3面だよねえ……。ここでしか死んでないし。ぐげ。

・疾風魔法大作戦
1クレ4面。とにかく中途半端という印象が強い作品だがプレイしていて独特の心地よさを感じるのもまた事実。あとは音楽が大変よろしいので自分にとっては完璧。音楽が良ければゲームは全て救われる。

・アイザック
なんとか無事にアイザックを撃破。いやー久々にクリア出来て良かったというかなんと言うか。ほっとした。

・TOD2
アナゴとバトったりリルムとバトったりリリスとバトったりマグナ様と戯れたりと充実したプレイをしていましたとさ。またプレイしよう。

・メタスラ2
1クレALL。クリアできるという自信がつけばクリアできるゲームなんだろう。そう思えるゲームは自分の中では少数なのでこのゲームは結構貴重なんだろうな。

・極パロ
1クレ7面。パロパロダンシングは拝めたもののちちびんたリカが拝めない日々が続いているな……

・ガレッガ
1クレ6面中盤。中々先へ進めない……

・ティンクル
なんじゃもんじゃを使って1クレ6面。やるのは久々な気がするけどまだ腕は落ちていないか?女王に会えてない時点でダメな気がしないでもないが……

・虫姫ふたりBLマニアック
1クレ4面。意外と進めるってのが印象かな。もう少しプレイした方がいいんだろうか。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレ7面。かなり久々だが意外と覚えていたのが正直な感想。気が向いたらたまにプレイしておくことにしましょうかねえ。

・パワポケ6
裏サクセスをちょぼちょぼ。こちらは進展なし。

・メタスラ初代
1クレ4面。3面のジャンプアクションの要求がきついね。その後も的確にボムらないとキツイと言うのが2と違った意味で難易度高いね。ふむふむ。でもかなり抑えめだからこれはこれで良い調整なんだろうなあ。

・メタスラ4
1クレ2面。そこまで悪くはないが、ボスがやたらと強いのはちとマズいような気がしないでもない。あの凶悪と恐れられた3は緩和する策をこれでもかと用意してくれて簡易化させてくれる工夫があったけど、4はそれがなさそうなんだよねー。んー。3以上にパターンをきっちり決めないといけないみたいだなあ。

・ラブ&デストロイ
一応クリアした。インティ渾身の真面目な狂気のバカゲーを堪能させてもらえましたってところかな。ロケハンしなくちゃどうにもならん難易度はかなり人選ぶけど、それを乗り越えれば短時間に完結するバカゲーとしてはかなりの味かと。

・まぼろし劇場
まだ序盤も序盤。とりあえずプレイしていきますか……


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

生活記録

疾風魔法大作戦をプレイ中。そーれにしてもこりゃ難しいね。3ボスのトランプ伯爵のトリッキーな挙動のトランプ投げがかわせん。ホーミングと剣投げはどうにでもなるけど、それなりの速さですっ飛んでくる弾を見切るのは自分の実力だと中々に苦しい。そして4面は相変わらず訳が分からん。こうなりゃビリで1周を目指すしかないかねー。2面で1位を取れるようになれれば1面2面3面で1位の18ポイント、残り3面でビリでも総合1位にはなれそうな気がしないでもないんだけどー。どうすりゃいいんだろー。ろー。
このゲーム、細かい書き込みや演出の数々はまさしくライジングSTGであり後の爆散演出が心から美しいと思えるSTGの一つ(他には雷電とか)のガレッガにつながったんだなーとしみじみ出来たりするのはかなり良い感じなんだけど、それだけにSTGとしてもレースとしてもどっちつかずの中途半端STGで収まっちゃってるのが悲しいところだね。パターン組んでいく面白さは確かにあることはあるんだけど、パターン組むにあたってそれなりの力量を要求してくるのもかなりアレな感じだ。まあそれなりの力量要求してくるのはガレッガでもそうだったが……。それでも取り組んでいけばなんか道が見えたりするのかねー。とりあえずもう少しプレイしてみよう。いざとなったら難易度下げるって手もあるし。うーむ。
_____

塩Vitaもなんだかんだでプレイ時間を10時間を越えましたよ。ハマっているといえば確かにそうだけど、むしろハマらされているといった方がいいかな。ゲームをプレイしても面白さを感じてはいるがそれ以上にもやもやした気分になることしかなかったし。
合わない合わないと言い続けていることからも分かる通り今作は自分に合わない作りだと思うんだけど、今現在はこのゲームの根本を疑い始めている。ソルトを失ってももう一度その場に戻って回収できるシステムのことなんだけど、これがどうも自分には壊滅的に合わないような気がし始めている。
このシステムを客観的に評するなら「死亡に対して無慈悲な中にも優しさがあるシステムであり、死んだ時に失ったものを取り返せる可能性を残しておいてくれて、そこから生まれるリスク&リターン性を最大限に高めた革命的なもの」といったところでしょうか。実際探索に生まれる緊張感とかのバランスの構築に一役買ってる素晴らしいシステムでしょう。
ではこのゲームのソルトシステムが自分にとってどうかというと「なくせるなら無くしてほしい」というのが本音でしょうか。例えば塩をある程度持って死んだとしましょう。取り戻せばチャラになるので当然取り戻したいです。そうなると尋常じゃないほどの緊張感と神経を使うことになるんですね。頭の中に「ここで死んだら塩が失われてしまう絶対に死ぬわけにはいかない死ぬわけには死ぬわけにはああああああああ!!!」ということでいっぱいになるんですね。そうなると大抵そこに辿り着く前に死ぬんですよ。そうやって神経をすり減らした挙句に問題解決できないのならいっそのこと普通に経験値制にでもしてほしいと思っちゃうわけで。
あとは中途半端な難易度も気になるところ。事前に高難易度という情報さえ入れなければかなり楽しんだような気がしないでもないけど、難しいんだか簡単なんだか分からない難易度が苦しいところ。要点を覚えればどうにかなる難易度であり徹底的に配慮が効いているけど、ちょっと難易度緩め過ぎでは?とも思ったりも。少なくとも同じボス同じ敵に何十回とぶち殺される羽目を喰らった敵はいなく、インパクトに欠ける印象。死にゲーを求めていた身としてはちょっとね。
こういうと自称上級者みたいな感じになるけど、上記したように強迫観念にとらわれ穴に落ちまくり油断して死にまくりと1時間の間に最低10回以上は死んでいる程度の実力なんだよね。うーむ。極めて良く出来たゲームだとは思うんだが、ここに自分が求めるゲームは無かったという感じに落ち着きそうだ。俺には合わんのか。こうなるとソウルシリーズの影響を受けた今作よりも皿洗いとかの方が自分に向いているのかもしれない。グラフィックのノリは好みだし。もっとスピード感があったりもっと血飛沫とか飛びまくりだと爽快感もあって良くなるのかねえ。ゲーム自身がゆったりとしたテンポなのも自分のイライラを溜める要因の一つだし。
_____

アイザックの伝説でようやく久々のアイザック撃破ですよ!バースト涙(だっけ?)自模ってハートを灰色ハートに変換してくれるフレンズを自模ったのでまー負けることも無いですわよみたいな。いやー続けてみるもんだ。これだからローグライク要素のあるゲームは止められんね。まだまだプレイしておこう。
_____

インティクリエイツ2作目のラブ&デストロイもクリアしてしまいましたよ!いえーいラブ&デストロイゼムオー!
しかし今回はめちゃ苦労したね。ViViを最後のキャラに設定すると最終ミッションもViViで挑まなければいけなくなり、そのせいで難易度がえらいことになってしまうけどKiKiを最後に設定することで問題は大解決するみたいだ。このせいでもう一回最初から始める羽目になったけどそこはインティクリエイツアクション。ロケハンにさえ成功してどう攻略するかをパターン決めちゃえば楽にクリア出来て女の子とやり取りするのも楽しめるみたいだ。おお、やっぱり中々作り込まれていますな!流石はインティ。ガンバイク同様アレなゲームに違いは無いが、あれゲーで終わること無く真のバカゲーとして昇華している。
しかしじゃなー、なんかラスボスを最大最強最終奥義「ラブ&デストロイ(うろ覚え)」で倒したからかエンディングがどう見てもバッドなんじゃよー。それでいて真エンドを狙って何度もやってみたは良いんだが俺の実力じゃ無理そうなのじゃよー。流石に難易度が高すぎて無理無理の予感なのじゃよー。どうしたもんかねー。とりあえずここでこのゲームはいったん区切りをつけようと思う。アーカイブに出れば気楽にやり込み出来そうなんだけど、こなそうだしねえ。
それにしても、このゲームは展開が速すぎる。ソードマスターヤマト並に展開が速すぎるといっても良い。自然にキャラとの仲や愛を深めたかったのだろうが、悲しいことにギャグにしか機能していないのがねえ……。俺みたいな何かが壊れたゲーオタには爆笑しつつプレイできるんだけど、桂先生のキャラを目当てで型てぃとからしたら大ショックだろうなあ。だからカルト的にしか語り継がれていないんだろうなあ……
_____

で、ラブ&デストロイはいったん終了したので今度は「ミスティックアークまぼろし劇場」を進めてみるですよ。ミスティックアークの続編、というか外伝的な作品ね。
まだ15分しかプレイしていないので結論を出すのはあまりにも早すぎるが、これはアーク3部作とは別物じゃなかろうか。アーク3部作、つまりはエルナード、ブレインロード、ミスティックアークに確かに存在していた何かが確実に欠けている。その欠けた何かはまだ分からないが、欠けていることだけはプレイして、キャラを動かして分かる。製作スタッフなんかももしかすると違うんじゃなかろうか。アーク3部作の中心人物の一人である鈴木俊之さん(※)は関わってないとのことだが、この調子だと他の人も関わっていないのかも分からんな。
※ソース
http://www.d3.dion.ne.jp/~suzukixx/PROFILE.html

何かが欠けていることは別にいいんだが(いいのか?)、それ以外にこのゲームは問題を抱えている。特に操作性が壊滅的にダメなのはまずいだろう。方向キー上で歩き、左右で方向転換、下で後ろ歩きという意のままに操作出来ない形態が既にマズイ。なんで普通に上下左右でその方向に移動にしなかったんだろう。こんなんじゃイライラして謎解きどころじゃないよ。しかも3D酔いを引き起こしてしまうのが余計にマズイ。これだと俺はプレイ自体に支障が……
で、評価点を挙げるならまあ音楽かな。特にオープニングテーマは本当に素晴らしい出来だと思う。作曲者が変わっても、これは確かにミスティックアークだなと思える出来だった。幻想的で独創的なメロディと音色、絵本のような、おとぎ話のような世界観をその旋律から思い起こさせるその曲は本当に良く出来ていて素敵なんだよ。これはホント。これを聴くだけにプレイする価値があるほどだと思う。
とりあえずもう少しプレイしてみるけど、はてさてどうなることでしょうねえ……
_____

ってことで、時間切れです。今度は週まとめの方を書いておかんと……あといて座をもっかいプレイしておかないと……


posted by グレイ at 20:30| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

負けるか!俺は絶対に勝tうわぁー!

疾風魔法大作戦を始めてみました。やはり音楽が最高!捨て曲が無いってだけでももう完璧の一言!やっぱり崎元&岩田コンビは素晴らしすぎるほどに素晴らしい!
ゲーム内容に関していえばこちらも完璧と言えるほどのB級具合だ。STGとレースを合わせた結果、どっちのうま味も消滅しどっちつかずの微妙なゲームになっているとしか言いようがないのが凄いね。こんな内容で本当に良かったのかライジング&エイティング。こんな内容では初心者にも上級者にもピンと来ないんじゃないかね。うーむ。
特にマズいのがレースとしての順位を意識すると、画面上でスピードアップをすることになるわけだが、そうするとショットを撃てないんだよね。で、ショットを撃てないまま敵を避けギミックを避ける羽目になると。STGなのに弾撃てないってのは……。更にボス戦で必死にボスと戦っている最中レース相手が爆走してこちらと激突→吹っ飛ばされてボスの攻撃に直撃→ミスという流れが多すぎるのは流石にヤバい。そもそもなぜ俺だけがボスと真面目に戦闘しなければいけないんだ?不公平なんじゃねえの?レース部分を無視すれば普通のSTGとして取り組むことも出来るが、そうなるとこのゲームの独自性が失われることになるのがねえ……。ああどう見ても完全なB級STG。
しかしレースとSTGの組合せが失敗に終わったものの、そこでただでは終わらないのがライジングSTG。レースを無視すれば初心者にもおすすめのSTGに変貌するバランスは個人的にはあんまし、といったところだが(そもそもわりかし難易度高い方だと思う。そりゃまあ他のSTGと比べると低いんだろうけどさ…)、ようは新感覚のパターン構築型STGなんだよこれ。敵配置とギミックを暗記して、そこからどこでスピードアップするか、ボスは安全に行くかとか戦略を練りつつ攻略していくSTGなんだろう。そう考えるとかなりアツい作りだとも思う。例えば1面なんかはボス以外では死ぬ要素も無く1位を楽に取れるけど、2面はライバルが速くてボス戦の時に体当たりされてマジヤバだからビリで安全にいこう、その後の3面4面で取り返そうとか、そういうどういうペース配分で攻めるか?どこでボムを使って1位に躍り出るか?この面は俺の実力でも1位キープできるのか?という戦略をきっちり決めて行くSTGだと思うとかなり面白い。流石はライジング。マニアックなところで魅せてくれる。敵配置とギミック配置、果てはボム配分を覚えてからが本番な辺りハードルが高すぎる気がしないでもないが……
現在の記録は超速のミヤモトを使って1クレ4面で4面の初見のギミックのオンパレードにより壊滅死。4面は右ルートの方が緩いのかもしれないなあ。ああっと順位配分は1面1位2面ビリ3面1位って感じ。1面はどうにでもなるとして、2面はビリじゃないと俺にはどうにもならん。3面は何でか知らんけどライバルがみんな遅いから1位で安定に進めるのが嬉しいが、それはそれでレースゲームとしてどうなんだ?と思わんでもないな……。敵の攻撃はそれなりに激しいので厳しい。でもギミックの数々は「なんじゃあこりゃああ!!!!!」と声を上げるくらいには驚愕するものが多いから楽しいね(3面の回転のこぎりとか3ボスとか)。こういう驚きを与えてくれるゲームはつくづく良いゲームだと思う。こういう瞬間を見たくて自分はゲームをやってるのかもしれないな。
_____

なんだかむしゃくしゃしてきたのでTOD2に逃避してみる。確か最後に起動したのは1年くらい前か……。その時は普通に1周したような気がするな。このゲーム、基本的に戦闘してるだけでも楽しいというか戦闘が楽しいから特定箇所(アナゴ1回戦、アナゴ2回戦、アナゴ3回戦、リルム戦など)でセーブ、ないしアクラビ潜りになるから初期ハロしてそれなりの育成したら周回する必要なくなるんだよね。
で、それはどうでもいいとして忘れてないかな?と思ったがそこまで忘れてなかったみたいだ。リハビリを兼ねてアナゴ3回戦単騎をとりあえずセカンドから始めてみたけどあっさり勝利したので問題なし。さっそくアンノウンリルムに挑んでみたは良いが、流石になまったこの身ではキツイ!超速の動きとトリッキーな攻撃が厳しい!んだけどやっぱり理不尽な強さは無く、戦略立てて攻略していく感じは好きだ。ディバイン回避したら直後にディバインみたいな悲劇もあったけど、幾度目のトライで無事に撃破に成功。ああやっぱりD2は面白いです。こうして意のままに操作できて、やりごたえと達成感が気軽に味わえる作品は本当に素晴らしい限りです。
ついでにアクラビ巡礼もやっておいた。腕前がいくらなまっているとはいえノーマルじゃあバルバトス5(アナゴ、サブノック、ダンタリオン)は楽勝すぎるねえ。アンノウンリアラ単騎とかはやってて面白いんだけど、普通に戦う場合もアンノウンにした方がいいのかな。マグナ様相手にはアンノウンけしかけるのはちょっと危険かな?とも思ったのでハードで。開幕ラストバニッシャー防ぎに失敗しグダグダのまま戦闘が開幕したがあとは順調に。しかし、慈悲+ロアー乱射の手により事故死したからライフボトル撃ったら「私の背後に立つな…」連発で壊滅。うーむこういったことを味わうのも久々だ。
と、いうわけで大変面白くございました。また今度やろう。ここ最近イライラを溜め込むようなゲームばっかやってたからたまにはこういうスカッとするゲームでもやらんとね。
_____

アイザックの伝説はやってはいるけど今回もアイザック落ちだったり。今回はアイテム運がかなり微妙だったものの大聖堂までは安定していた、しかしアイザック戦に臨む時にライフが3つでは流石にねえ……。厳しいもんだ。うーむむむ。そろそろこのゲームを止める潮時なのかなあ。投げてラムラーナでも始めた方がいいかねえ。そんなことより早く塩をクリアしろよって感じでもあるけど……
_____

まだまだまだまだまだまだいて座のプレイは続く。しかしこのゲーム、とんでもなく神経を使うから連発プレイが実を結ぶなんてことはまるで無いな……。一日一日やっていくしかないのか。
今回は4ボスの第2形態まで進行。3面が無理すぎる。どうしたもんかな……
息抜きにパワポケ6をやってみると、工場での楽な仕事で事故を起こしやる気消失。楽な仕事で事故起こすなよ……。久々にヘルガの名言を聞こうと思っていたのにぃ。にぃ。
ヘルガ)そう、もはやこの世界に
未来を託すべき希望、
夢も神秘も残されてはいない。
もし、この世界から解決すべき
問題がなくなってしまったら
そこには絶望しか残っていないのだ!
主人公)なんてことだ・・・
まさか、君たちは?
ヘルガ)そうだ!人類には敵が必要なのだ。
憎み、戦い、打ち倒す。
自分たちが不幸であることの
言い訳となってくれるものが。
主人公)バカな!
そのために世界中の犯罪者と
テロを援助しているのか?
それは単に不幸な人を増やすだけだ!
ヘルガ)その苦しみが1つ終わった時、
それ以上の人間が希望を得るさ。
これで幸せになれる、とな。
悲劇と絶望なくして希望のタネは
育たんのだ!

_____

メタスラ2の攻略文章をちまちまと作成中。とりあえず一面は終わったけど、一面って攻略するところほとんど無いよね……意味なし。さて、2面以降はどうしたもんか……
_____

・シシララTVで俺の新連載がスタート!ダウンロード専用ゲームを紹介する「ラー油のゲーム受信基地」!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6524.html

むっ!DLゲーを買うことの方が多い自分にとってはチェックしておいた方がよさそうな感じ。しかしこの調子だとそのうちシシララTVで「ラー油の福袋戦記!」みたいな連載が始まりそうな感じなのが何とも……w
_____

・マリオカート8の完全版がSwitchに登場!ダンガンロンパのフォロワーも!?2017年4月第4週発売の新作ゲームソフト紹介
http://kentworld-blog.com/archives/new-game-2017-4-4.html

げ、追放選挙来週発売じゃん。いつか買うレベルのソフトだけど果たして来週中に買うべきなのかどうなのかといったところかな。日本一の新規作は多分大丈夫の法則にしたがえば多分大丈夫なはずだが、問題は定価に見合う内容かどうかってところだよな……。とりあえずもう少し考えておこう……。
_____

時間切れです。毎度毎度すいません……


posted by グレイ at 21:31| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

生活記録

血迷って伝説のB級縦スクロールレーシングSTG、疾風魔法大作戦大購入大決定。買った直後から大後悔時代って感じだけどもう何もかもがどうでもいい。俺はただ、実機で2ボスとかで流れるケチャの曲が聴きたかっただけ……!崎元&岩田コンビに外れは無い!!あと一応ほとんどやってない魔法大作戦シリーズの中ではそれなりにプレイした方だし面白いと思ったし、今更島田を置いておこうなんていう勇気あるゲーセンなんてこの世に存在するわけもないし(Heyやミカドなど超弩級マニアックゲーセンは除く)。大した需要も無いのに高騰化している現状を思えばそれなりの値段で手に入ったことを喜ぶべきだろう。よーししばらくはサターンで1周を目標にやり込んでみるぞーうわー楽しみー。楽しみすぎて夜も眠れないね(本気でそう思っているのか?
当時遊んだのがもういつだったか覚えてないがその時も感覚で面白いSTGだとは思ったような、そうじゃなかったような微妙な心持になったような気はするが、今思い返すとライジングSTGに通ずるボムをガンガン使えの精神の先駆けとも言える存在がレースで競うシステムだったような気もしないでもないので、そこも確認しておこう。ボムガンガン使うSTGと言えばバトル3部作(ガレッガバトライダーバクレイド)が有名だけど、蒼穹なんかもその類だよね。魔法大作戦シリーズは島田以外はよく分からないけど……。ライジングSTG恒例のパワーアップアイテムを取ればとるほど危険になるってのはどれが始まりなんだろうな……やっぱガレッガとか?しかしこうしてみるとパワーアップアイテムは避けろとかこのジャンルはおかしな常識しかないね。常識が危ないって感じだ。マジで。

ちなみに島田はこんなゲームね。説明は無駄に気合が入っているが……
http://www.8ing.net/prd/sipu/sipu3.html
_____

塩Vitaプレイ中。ひょっとすると、俺はとんでもない勘違いをしていたのかもしれない……
いやね、アイテムって使うと減るじゃないですか。だからあんまホイホイ使うのもなーと思ってたんですよ。でも今作ってハイポーションに当たるアイテムって拠点に戻るだけで供給されるのね。それに気づいてガンガン使うように心構えを変えてみたらもうこれまでの苦労が嘘のようにサクサク進めるようになったんですよ。これぞまさに重厚ながらも爽快感溢れるアクションでイカす!って感じだ。というか今までポーションなしで攻略していたようなものだったのかよ。まさかの初見で縛りプレイ?
で、それはまあいいんです。問題はハイポーションが強すぎるんじゃないかと……。いやいや、だってボス相手に立て続けにパターン化も出来てないのにヤバくなったらポーションで回復しつつのごり押しで解決しちゃうんですよ。んなバカな。貴様それでも高難易度ゲームかー!?いや、このゲームをそもそも難しいと思ってなかった身からするとパターン化しなくても何とかなるヨという調整もあるということが知れただけでもかなり良いんだけど……自分が信じようとしていた面白さを根底から崩しかねない調整だよこれは。特に回復の仕様がリジェネなのが良くない。これだと中途半端にゲーム慣れして変な知識を持ってパターン構築ゲーを好んでいる人(自分のことです)にとってはヤバい攻撃の前にポーション飲んどけば大体安全ってのは……。優しさに溢れた仕様ってのは確かにそうではあるんだけど……、道中はボコスカ爽快アクション、ボスはきっちりパターンアクションというゲームと前回のクレイモア発見後思っていたのでそれを切り崩されるとちょっと……。少なくとも高難易度では無いねこのゲーム。俺が妄執にとりつかれた狂人しかプレイしないような異次元難易度ゲーム(いて座とか。まああれはきっちりパターン決めれば難しいゲームじゃないんだけどね)ばっかりやってて感覚がマヒしてるだけとも取れないことも無いが……
今回の発見でゲームとしては間違いなく面白く、それでいて初心者の配慮も行き渡っている、更に爽快感もましたしテンポも改善、果てにはごり押しも通用するという慈愛に溢れたゲームなことが分かったし、俺もようやく頭が冷えてきたのか最初期よりは和解して結構面白いと感じてきてはいるんだけど……どうも判断に困るゲームだ。客観的に判断するならとりあえずお前も買ってみろ!と思えるだけの作品であることは間違いないけど、個人的には引っ掛かりを覚えるところが多すぎる。気になる部分が多すぎるがそれでも出来が良い作品、が今のところの感じかなあ。流石にコンボイやたけしと比較していたのは俺も私怨が強すぎたようだ。でも難易度が低くなるのは…いや、ゲームの難易度なんて適度に低い方が好ましいとは思うんだけど、高難易度を売りにしてこの難易度ってのはどうなんだ?と思わんでも無かったり。うーん。ソウルシリーズに影響受けた作品っていう先入観を全部捨てて始めることが最善だった気がしないでもないな。似ていることは間違いないが、別物だと思う。もっともデモンズを1時間で止めたレベルなのでもしかするとソウルシリーズもこういう調整なのかもしれんが……
_____

ちょっと気分を変えてメタスラ1と4をプレイしてみた(AC版を)。
まずは初代の方だけど、もしかしなくても初代って2以降とかなり操作感覚が違うのな。Hの斜め撃ちが入力し辛く、それはメタスラコンプリートのせいだorPS3コントローラーのせいだとばかり思っていたが、そういう仕様だったのね。慣れれば何ともないけど、中途半端に2と3に慣れてるとキツイもんがあるね。逆に言えば2で思いのままに操作出来るよう進化したとも取れるか。
とりあえず1クレ4面まで来てみたんだが、2で鬼軍曹と戦いで慣れたおかげか3面の鬼軍曹は何ともなし。いやはや自分も成長しているのか。でもその前の連続ジャンプ地帯で死んでいるので何ともならん。がっかし。んー、敵配置やプレイヤー優遇の配慮は初代から完璧だが、2の究極的なスラッグ配置を見ると2は凄かったんだなあと思わんでも無いね。しかし、それは初代の下地があったからとも言えるわけでもあって。初代もいきなりこの完成度だからねえ。凄いもんだ。
4の方は1クレ2面。難しさは体感的に3とどっこいどっこい。一目見た瞬間から救いようがないほどダメだと思った5やメタスラの上っ面をまねただけの何かとしか言いようがない(メタスラと思わなければ良作)6とかと比べると4はそこまで悪くないんじゃないかーと思っているんだけど、まだ分からんね。スラッグがあんま強くないあたりはピンと来ないが、まあ出るだけマシとも言えるだろう。んー、でもボスとは乗り物でバトらせてほしいところだな。
_____

いて座も遂に何かがつかめたかもしれん。というかパーツパーツで見ればリアルシュータープレイもクリア出来ることが発覚してしまった。あああ……マジかいね。
結果は4ボス開幕まで。12面ノーミスで3面で4ミスでラスト1機で4面突入。開幕はどうにでもなり4ボス開幕で変な事故起こして負け。最高記録を叩き出してしまったが、その後トレーニングで4面をやってみたらノーミスで突破出来てしまったんだよ。つまりは3面さえどうにかなればクリア出来ることになる。むむむ。これはもう少し詰めてみた方がいいか。選択の余地はなさそうだな。クリア出来たらなんかあったりするのかねー。
_____

・マーベラスの人気タイトルがお得な価格で購入できる期間限定セールを開催!
https://www.famitsu.com/news/201704/21131623.html

おっなんでか分かんないけどネットハイ入ってますな!あれは非常に良く出来たアツいADVなのでこの機にぜひー。見た目と題材で敬遠するにはもったいないほどの良作ですぜ。
_____

・『星のカービィ』シリーズ12タイトルが25%オフ! 25周年セールが4月27日より3日間限定で開催
https://www.famitsu.com/news/201704/21131609.html

んあー、こりゃどうなんでしょうねえ。最新カービィ以外は大体持ってる&プレイ済みだからなあ。トリプルデラックスあたりはちょっと考えておくことにしておきましょうか……
_____

・『神巫女-カミコ-』のオリジナル・サウンドトラックが4月27日に発売決定、本日より予約受付開始
https://www.famitsu.com/news/201704/20131473.html

へーこれ2083関係なんか。サントラが出るのは真にめでたいことだ。覚えてとこう。
_____

・ゼルダ一番くじが5月20日から展開!海外でマリオカート8 デラックスが大絶賛?他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/zelda-marika8dx.html

『ハコニワカンパニワークス』 超個性的なキャラクターとジョブごとに異なる戦闘システムをチェック!
古谷D作品であるからしてこの作品も期待して大丈夫だと思うけど、古谷D作品はゲームとしては厳しい部分もあるがそれを上回るほど空気感と雰囲気が良く、それを裏付けする巧みなセンスが素晴らしいと思っているだけに、ゲームバランスがどうなっているのかかなり気になるところだが……、ディスガイアのスタッフさんとかも関わってくれるなら安心なんだけどね。さあどうでしょう……

posted by グレイ at 21:43| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする