2017年05月10日

カービィ2仮クリア/これだからお約束展開は素敵だ!

今週辺りから大学生活が過激化だゲームしてる時間なんてありゃしねえーッ!!ぎょわわわわー!!つーか1週間以内に50枚以内にレポート課題をまとめるって、頭おかしいんじゃねえの?いや、50枚書かなきゃいけないわけではないし(つーか50枚も書いたら逆に評価下がりそうだよ)、それを実際行動に移すのは来週なんだが、とにかく気が重い一年が幕開けって感じだ。いやもう慣れたけどさ……年々しんどくなってねえか?俺がジジイに近づきつつあるだけかもしれないけど……。ゲームの文章書いてる時間はあるのかねー。みんなも大学選びは慎重にね!いやまあこれに関していえば俺がアホなことも関係してはいるんだけどさ。
_____

星のカービィ2をクリアしちゃいました。ワーイ。よくやったぞ俺。えらいぞ俺。幾度となく悩み苦しんだけどその苦労は報われたぞ。
といっても最後のワールド(7だったかな?)の虹のしずくをゲットしていないからバッドエンド(ノーマルエンドと言った方がいいかな)なんだけどね。まあとりあえずは区切りにはたどり着いたと。デデデも倒したし。表面上のラスボスと言う立ち位置は実に良く似合い、それ相応の強さを兼ね備えるデデの旦那はやっぱりカリスマ性溢れる生命体でありましたと。ノーマルエンドの内容はもっと3とか64みたいに子供の恐怖感を煽るようなものだったり、「えぇ……ッ!」と言いたくなるようなハッとさせるものが良いとは思うけど、まあGBじゃこれが限界だったのかね。敵リストの中にラスボス仕込むのではなく、カインが怪訝そうに上を見上げるだけでなく、カインが見上げた先にダークマター直接置いても良かったんじゃないかな。まああんま言いすぎるとつまんねえことに固執する残念な人になりそうだからここで止めておくけども。重要な論点でも何でもないし。
ゲーム内容としてはそりゃもうADVとしてのカービィの面白さをしっかりと堪能させてもらいましたよと。アクションではかなりきつい面も多く、更に仲間システム前提のために敵配置としかけがえぐい上に爽快感も大してないと正直褒められた出来じゃないけど、それ以上の面白さを与えてくれるのなら文句なし。何気なく読み取れる物語性と、虹のしずく取得のためにひたすらにステージを駆け巡り、ああでもないこうでもないと頭を悩ませ、突破したときの快感は計り知れないもの。今遊んでもなおこの組み合わせやステージギミックを考え謎を解く面白さは健在だった。初めてやったカービィは64で、3を今もなおカービィの中でも良作の一作品と置いている自分にとっては非常に面白く、そして苦戦すら楽しめる作品だった。まあ流石にワールド4の謎解きは製作スタッフはこれでいいと思ったのか?ああ?となったけども、ワールド6の謎解きの良さで完全帳消し。いやあやっぱりカービィは面白いデス。謎解きをガン無視すれば難易度的には手頃な部類なのもお見事でございます。この辺は3もそうだったかな(64はすげえ難しかった記憶がある)。
さてと、まだワールド7の謎解きが残っているので、最終的な感想はその時にでもいたしますか。うーむ名残惜しいなあ。
_____

シャンティ1/2もどうやら終盤みたいですよ!海賊の呪いでは前作のラスボスと共闘!というのが売りだったようでありイマイチリスキィ・ブーツの立ち位置が見えてこなかったんだが、今作ではしっかりしてるみたいね。序盤の噛ませ犬だとばかり思っていたらとんでもない展開を見せつけてくれたよ!海賊の呪いしか知らなかった身からすれば印象が激変するくらいには。我らがシャンティ嬢も意識を失ってダーク化しちゃうし。
しかしそこからの怒涛のお約束展開に思わず涙がこぼれた。自らの精神状態の中に仲間たちの幻覚が出てきて励ましてくれる展開というのはゲームでも何でもよく見られると思うんだが、そこに至るまでの過程と意外性がしっかりと描かれているから素直に「頑張れシャンティ!」とかおいちゃん思っちゃったよ。ここの展開がヘボヘボな感じのゲームだと能面のような表情で心動かされるものは何も無く死んだ魚の目をして虚空を見つめるくらいなんだけど、シャンティはしっかり作られていたから英語であってもしっかりと話とその展開、演出にのめり込むことが出来た。ううう……良いゲームだなあ。
で、現在はラストダンジョンが出たみたいで。攻略しても良いんだけど前作の例を見ると全アイテムを集めてホントのラスボス戦って感じですかね。で、アイテムの場所がまだよく分かっていないと。まだまだシャンティ漬けの日々は終わらないみたいですな!
_____

ゲーセンでメタスラ2をやっておく。一応ちまちまと攻略メモは書いてはいるんだが、自分自身が安定した攻略を実行できていないという有様ではあんまし褒められたものにならないしねえ。一応2ボス(アッシ・NERO)のスクロール停止バグなんかを確かめてみたりしたよ。5面洞窟内のボムくれる捕虜の場所の確認はしてみたよ(うろ覚えだが5番の上だっけ?)。
プレイの方は気が抜けているのか問題だらけだった。3面の盾兵をいざ切らんと切りかかろうとして殺されそうになったりレバー攻撃したと思ったら攻撃できてなかったり、最終面でF取り損ねてハンドガンとボムでヒーヒー言いながら攻略したりと大変だったが、どうにかこうにかノーミスでラスボスまで到達。前座のダイマンジは今回は極めて良心的でLを3つも出してくれた。いつもこうならいいのに。んでもってラグネーム戦に。しかしここで大問題発生!というのも!鬼避けにしくじってメタルスラッグが大破してしまったのである!メタスラなければラグネームなんか勝てるわけがねえ!……と思っていたんだが、なんか普通に1機死んだだけで勝っちゃったんだよね。つまりは1クレALL。これが実力の進歩というものだろうか。ホーミングレーザーが普段よりも遅く見えるぜ!俺、ゾーンに入ってる!
…実際のところ弾が遅いのはただ単に処理落ちしているだけなんだが、それでも生身でも(しんどいが)勝てない相手ではないというのが分かったのは有益な情報なのかも。流石にハンドガン一丁というのは無理も無理だが、HやLを取れれば勝てない相手じゃないんだね。そこを知れたのが良かった。やはりメタスラ2は凡人でも楽しめるやりがいのあるゲームである。まー実のところメタスラを失わないパターンを守った方がいいに決まってるんだけどね。とはいえ不慮の事故はいくらでも起こりうるものだし、その時に対処を知っているのと知らないのでは大いに違うだろうと。また一歩メタスラ2が1クレクリアの安定化に近づいた…ような気がする。
_____

・先進的すぎるVR版『Rez』の到達点…VRの可能性であり、困難への先回りした解答さえ示す“傑作中の傑作”:「なんでゲームは面白い?」第七回
http://news.denfaminicogamer.jp/column01/rezinfinite

む、結構意外な作品が取り上げられてる。この人は任天堂系専門だと思ってただけに意外だ。そんなこと無いんだろうけど、任天堂作品に対する考察は素晴らしい限りだし。ということで後でしっかり読んどこう。
_____

・超絶ドラッギー! 『テンペスト2000』などを開発した奇才ジェフ・ミンターによる新作『Polybius』が海外PS4で配信開始。VRにも対応し、PC版も開発中
https://www.famitsu.com/news/201705/10132746.html

ようやく(なぜか)ファミ通COMでも取り上げられたぜPolybius!って書いてる人はアンタか!なんとなく予想は付いたけれども!いつの日かプレイしてみたいもんだなあ。というか、買ったまま未だに放置されてるTxKマジどうしよう……
_____

・『超獣ギガ大戦』 絵巻物風のケモノが活躍するタワーディフェンス、ニンテンドー3DS向けに5月17日より配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201705/10132771.html

ここってラビラビのところだっけ?ふむふむ、みたいな感じ。一応記憶しとこう。
_____

・マインクラフト、ニンテンドースイッチ版は携帯モードで少し違いが
http://ga-m.com/n/minecraft-nintendo-switch-keitai-mode/

むしろここまで違いなくプレイできるもんなんだとそっちに驚いた。自分はもっぱら携帯モードで使う予感があるが、それでも据え置きと大差ない体験が出来るのだからすげーんだろうなあ。
_____

・閃の軌跡IIIの発売日が決定!真・三國無双8の開発状況は40%!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/sennokiseki3-musou8.html

PS Plusのフリープレイラインナップが更新!

PS4/PS3/PSV「シュタインズゲート ゼロ」
PS4/PS3「ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」
PS3「SIMPLE500シリーズVol.3 THE 密室からの脱出~月夜のマンション編~」
PS4/PSV「Lumo (ルーモ)」
PSV「Severed(セヴァード)」

なんだかやけにLumoの記事に訪れる人が多いと思ったらこれが原因か!あのゲームはねえ……定期的にパッチが出てたみたいなんで、セーブデータ破壊バグなんかも治って(自分は遭遇してないので知りません)、今はまともだと思いますよ……。正直知りませんけど。ゲーム内容に関していえば、コメントを控えさせていただきます……。クリア出来てないし……。まあ、ソルスティスに思い入れがあって、無料ならやってみてもいいんじゃないですかね。絶句するほどつまらなくはないけど、心動かされるものも大してなく、時間を捨てる覚悟があるのなら、やってみなさいって感じですかね……ククク……。一応クソゲーの類ではないと思われます。面白ゲーでは断じてないと言えますけど。

posted by グレイ at 21:03| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする