2017年07月31日

生活記録

試験四日目。今回は特になんということも無かったのだが隣側のところに居た人が試験中独り言をぶつぶつと言っていてまるで集中できなかった。あんなの試験妨害だと思うが……。センター試験を思い起こさせる。あんなの有りなのか?正直退場喰らってもおかしくはないとすら思ったが……。そういや電車の中でもぶつぶつ言ったり奇声を発したり電車の中の他人に手を振ったりと見るからにヤバ目な人がいたんだっけか。「ああいうのは嫌だな」と思う一方で自分自身も「ああいうのは嫌だな」と思われる対象になっているかもしれないので仕方のないことではあるんだが、電車くらい平穏に乗らせてほしいところ。今年に入ってから電車絡みのトラブルが多いなー。
_____

相も変わらずゲームしてません。今日やったのは電車の中でのカードヒーロー、アルケミックダンジョンズ(どっちも合わせて20分くらい)とガレッガくらいで。カードヒーローに関していえばお母さんからおこずかい貰ってパック買っただけで対戦してません。ダメすぎる。金曜終わるまではこんな感じに書くことも無いままだと思われます。あと隙間時間を見つけてゲームの紹介文は紙に書いたけど、それをテキストファイルに還元してる時間が取れそうもないので来月に……。いくらこの大学が留年大学の名を欲しいがままにしているとしても、自分もダブルドラゴンにはなりたくないもんで……。ごめんなさい。生まれてすみません。
ガレッガは1クレブラックハート様mk2まで。そういや先週のプレイログにはmk2までたどり着いたと書き残したみたいだったけど振り返ってみたら7面開幕が最高だったらしい。後で書き直さんと。それはさておき今回は発狂からのワインダーを突破するところまで粘ってみたのだがそれでもなお勝てる気がしない。これはあまりにも強すぎるんじゃなかろうか。なんというか一回でも倒せれば今考えている勝ち筋で勝てる気がするのだけど、倒した経験が無いが故に決して崩れることのない壁に感じられる。ガレッガはハート様mk2までたどり着いてようやく半分、でしたっけ?なんかこの強さを見るにそれが正しそうに思えてきたなー。こんなに強くする必要はあったのだろうか。強いからこそカリスマボスと崇められているのは分かるんだが……。これでラスボスがハート様と同じくらいの強さだと絶望しかないぞ。せめて桃薔薇のバーン様程度のゆるいボスでいてほしい。バーン様も十分に厳しいボスだけれども。
ハート様の形態変化はダメージで変化するのか、それとも時間で変化するのかってところだけど、これは両方合わさっているんだな、というのが今日の最大の収穫。ジェット噴射攻撃の際ハート様中央が安置になりそこで撃ちこみ大ダメージを与えられるも、そうするとすぐさま発狂形態に入ってしまうっぽい。これはただのハート様だけだと思っていたのだけど、ハート様mk2もそうみたい。そうなるとダメージを与えるプランとしては
・第一段階
なるべく弱点部分を集中撃ちこみ。攻撃はよく見て気合で避けるしかなく厳しいが後半に比べたらマシ
・ジェット噴射1回目
右か左かに避けてオプションをリバース攻撃だ!逆にね!にして斜め撃ち。ここで正面安置から撃つと発狂へ即移行する…っぽい
・第二段階
弱点部分を集中撃ちこみ。状況に応じてボムも検討
・ジェット噴射2回目
中央の安置に入り込みショット撃ちこみ。たぶんこの後発狂。
・発狂
人間には回避不能なのでボム。ワインダーに対してもボム乱射。ボム管理がある程度完璧ならワインダー一回分は耐えられるはず。その後は倒れることを祈りつつ撃ち込み
でいいのかなあ。第一と第二で発射されるワインダーは見掛け倒しなので来たらその分ラッキーなのだが、そうそう来ないしビビって当たっちゃうし。根本的に強い上に運まで絡むのだから相当に強いボスだと思う。それでもまだかろうじて理不尽とは思えない辺り矢川氏は天才なのかもしれん。桃薔薇の7面スクランブルエッグとかに比べたら雲泥の差だと思うし(これも矢川氏だが……
_____

ようやくゲームジーンVol.3を千葉三省堂書店で発見!流石は三省堂書店だぜ!!あんたら輝いてるぜ!あんたらこそが真の本屋でありそれ以外の本屋など本屋ではない!!(滅茶苦茶
で、買ってきた感想だけどすげえデカい。意味が分からないほどにデカい。なんじゃこりゃ。これまでが割とコンパクトなサイズだったのに対して今回はファミ通とか設定資料集とかと同じくらいのサイズ感がある。なんでこんなにデカくしたのか分からん。そして薄い。といっても内容じゃないよ。ページ数がねー。なんというか薄い。ユーゲーDXみたく角の部分で殴れば人ひとり気絶させることなんて容易いんじゃないかというほどの重みのある文字だらけの雑誌というのがマイクロマガジンのこの系列の印象だったのだが、全然違うもののように思える。ページの厚さに関してはVol.1やVol.2の方が厚いように思える。本全体がデカくなっているので単純比較は出来んのだが……。
内容に関してはまだ表表紙と横からの感じと裏表紙しか見ていないので何一つ語れず、終了。というより読んでる暇がない。なにも良いことがない人生だった。これで中身のパンチが足りてなかったら値段相応のものか怪しくなるけどその辺どうなんだろう。今回の厚みの薄さはやはりいろんな意味でギリギリだったのかな……

それはともかく、ゲームジーンをAmazonあたりで検索すると出てくるこちらもオススメ書籍のOLD GAMERS HISTORYってどうなんだろう。STGを取り上げてくれる辺り稀代のゲーム誌って感じだけど、面白い話とか見れるのかねー。
_____

で、次回です。どーにもこーにも上手くいかん感じです。しんどいー。だるいー。ゲームがやりたいー。こりゃ暇になったら反動でアホみたいな買い物とかバカみたいにゲームとかを買っちゃうかも分からんな。あんま良くない傾向だが……

posted by グレイ at 21:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

7/24~7/30

オーリーキングのサントラのThe Concept of Love(The Concept of Passion Mix)を聴いてて思う。この曲は素晴らしくカッコいいのだけどどこかでこのリズムラインというか裏のメロディラインというか、それを聴いたことがある……と思い悩んでいたのだけど、これは怒首領蜂大往生の黄流だったんだなーみたいな。曲自体は180度くらい違うんだけどこのリズムラインはどこか似ていると思う。ゲーム音楽界広しといえどもこの共通性に気付いているのは俺だけだと思うぜ。誰も気付かない共通性って共通性でも何でもないと思うけど。
ちなみに時間がないのでゲームの所感は粗雑に行きます。

・マリーのアトリエGB
起動しただけ

・エリーのアトリエ
カスターニェ行ったり武器屋のおやじの髪を生やしたりなんなりしつつ3年目に突入。チーズケーキ作成は…どうなることやら。

・モトクロスマニアックス
ほぼ起動しただけ

・パワポケ7
ペナント眺めてた

・パロディウスだ!GB版
ノーマル1クレジットクリア。素晴らしい完成度です。

・カードヒーロー
プロルール進行中。勝率は中々。

・マルディタ・カスティーラ
アーケードやったりノーマルで進行したりしつつ。

・最大往生
1クレ4面

・ガレッガ
1クレブラックハート様mk2

・虫姫ふたりBLオリジナル
1クレ4面

・アルケミックダンジョンズ
2つ目のダンジョンをクリア。

・ダライアス外伝
クラゲ漁成功。

・ぐわんげ
1クレ5ボス。非常にマズし

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレラスボス直前

・桃薔薇
1クレ4面。ダメすぎる。

・メタスラX
10機設定で1クレ5面中盤


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

生活記録

柏地下ゲーセンにて10機設定のメタルスラッグXが稼働しているのを発見!初期シリーズでは初代と並んで不慣れだがここはやらんとアカンでしょということで早速プレイしてみた。シリーズ入門はごく最近(半年くらい前)なのでやり込んだというかある程度のところまで到達したのって2と3しかないのよね。PS2版の経験はあるんだけど1クレ3面程度だったが果たしてどうか!?というと規定残機数では3面落ち、10機フルに使って5面中盤(2でのジィ・コッカ挟み撃ち地帯の箇所)までだった。
ゲーム自体にケチをつける気は一切ない、というか初期メタスラは不満らしい不満が一切ない(あえて挙げるなら操作感覚が2以降と異なる初代の存在くらい。初代からシリーズ入るならなんの問題もないけど3やX辺りから入ると混乱すると思う、というかした)のでXも素晴らしいのは確かなんだけど、如何せん処理落ちと特殊武器、スラッグ配置のバランスが極めて優れていてヘボでも楽しめるバランスだった2から難易度倍増しているので個人的にはシリーズの中ではそこまで、な感じでもあったり。クソ武器クソ配置乗り物役立たずの6や地形が死んでる5と比べたらプレイして感じる楽しさは雲泥の差ではあるんだけど、2や3ほど楽しいとは思わない。おそらくパターンが作れていないからこそそう感じているはずなんだけれども、単純に厳しい攻撃が増しているのが何とも。武器配置スラッグ配置ともに優秀だと思うのだけど、キャメルの出番が一瞬で終わったり、スラグフライヤーはそもそも乗る必要がなかったりとよく分からないし、3面開幕のビッグSみたく罠くさい武器も登場するのがちょっと悩ましい感じ。スラッグに関してはこのゲームの主役は「メタルスラッグ」なのだからあれはあれで正しすぎるほど正しいとは思うんだが……。ボスに乗り物持ち越せない場面もある3(2ボスとソル・デ・ロカ)と比べるとスラッグボスに持ち込める分難易度は適切ではあると思うのだけど、道中の意識することの簡略化の図式が3に比べるとまだ甘い気がする。個人的には3よりも難しく感じる。ボスは乗り降り無敵やっときゃ勝てるのでどうでもいいのだけど(乗り降り無敵の要求が3面からと2に比べて大幅に早まってるのをどう見るかという問題はある。2は5ボスの穂積とラグネームくらいだけだが。)
とはいえストレスがたまる6よりよっぽど面白く難易度も6と比べたら抑えめだと思うのでちまちまやりたい……のは山々なんだけど試験期間が終わると柏に行く用事がなくなるのよねー。家から遠いし。あんま意味ねーなー。来月半ばまで稼働しててくれるかね……?
それよりも5面の構成が2から豹変しててビビった。メタスラ置いてくれてる配慮を効かせての暴力的な猛攻の数々が凄まじすぎる。でも、出来ることなら洞窟内にもスラッグ持ち込ませてもらいたかった……。それやっちゃうと簡単になりすぎるってことなんだろうけど。
_____

ゲームの方は上記のメタスラXと電車の中でのカードヒーロー、寝る前にエリーのアトリエやったくらいであとは何もありませんかねえ。書くことはというとこちらも無しです。赴くままにダラダラ書いても良いのだけど(先のメタスラXみたく)、そんな時間もあまりないもんで。ここ一週間ほど短くまとめてるので普段どんなこと書いているか忘れかけてたけど、普通にダラダラ長々書けるみたいだな。あんま意図的に書くことでもない気がするけど。というか短くまとめろ俺。
_____

葉山宏治アーリーワークスをある程度聴いてみたのでちょこっと感想でも書いておきましょう。これは最近(6月後半)発売された葉山さんの初期作品、未発表曲など12曲を収録したCDであり、現在完売してしまったらしいものであります。ちなみにアーリーワークス2が今日発売されたみたいなんで、気になる人は葉山さんのブログを見るべし。
さて、葉山さんといえば切っても切り離せないのが超兄貴であり兄貴サウンドだと思われます。あのネジが飛んでる常人の発想では思い浮かばないような曲構成とサンプリングボイスの数々はまさに唯一無二の音楽と言えるものでしょう。今回のCDでもそれは健在。脳に突き刺さるような音楽でまさに「兄貴の」音楽でした。ボーカルものからサンプリングものまで素晴らしい完成度です。イカレたサウンドからカッコいいものまで多数です。
またそれ以外にも葉山さんの作風の広さを感じさせる曲もあるのが特徴ですかね。如何せん超兄貴のインパクトが凄すぎたので兄貴的な曲のイメージが多い葉山さんですが、今回のではレースゲーム系の曲やホーンデット(バイオの話が来ていた時に参考用音楽として作られたもの、らしい)など兄貴的ではない曲もありそれらのクオリティも高いです。特にレースゲーム系の曲。一体なぜこれが世に出なかったんだ!?と思わせるほどに爽やかで疾走感ありと素晴らしいです。
個人的なお気に入りは
・明日は明日の風が吹く
・GENKOTSU~げんこつ~
・Be-Bap
・決意
・レースゲーム系
あたりでしょうか。超兄貴とかもそうですけど、やはり葉山さんの音楽は聴いていて元気が出る!やる気が出る!特に今回のでは決意が素晴らしいです。お前の世界決意戦う、お前の世界決意戦う、お前の世界決意戦う、お前の世界決意戦う、お前の世界 戦えエェェエエエェェエエエエ!!!!!!!みたいな感じで(実際こんな感じの歌詞)戦う気力が湧いてきました。げんこつなんかも良い歌詞で気合入ります。いやはや買ってよかった。非常に良いCDでした。アーリーワークス2も買わないと……。
_____

・日本のRPG市場を作り上げたドラクエと共に30年を歩んだエニックスの歴史を振り返る
http://kentworld-blog.com/archives/enix.html

自分の中のエニックスといえばドラクエもそうだけどプロデュース開発のアーク3部作(エルナード、ブレインロード、ミスティックアーク)を送り出したりクインテット作品(アクトレイザー、ソウルブレイダー、ガイア幻想記、天地創造)を送り出したり、せがれいじりや鈴木爆発など狂ったゲームを出したところというイメージが。そういやドラッグオンドラグーンは元々エニックス系のゲームだったという話をどっかで聞いたことあるけどどこだったっけ……
_____

時間切れで次回です。そういや今日は30日だったんすね。完全に日を勘違いしていた。間に合うかな……


posted by グレイ at 20:22| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

生活記録

世間はドラクエ一色みたいっすね。かくいう自分はというと、まともにやった本編がⅡとⅧとⅨしかやってないのと、やり込んだドラクエがキャラバンハートくらいしかないボンクラっぷりなので様子見ということで。FCのⅢとかⅣとかやってもいいんですけどね。Ⅺに関してはある程度やってる人の意見感想見てからでもいいでしょう。スプラ2もそうだけど世間の波にいつまでたっても乗れない感じだけども、思い返せばGCPS2が主流の時にN64で3D酔いを発症しながらドンキーコング64をやったりDSが盛り上がる中パワポケ7をやったりしていたので一生流行についていけない体質なのかもしれん。まあ、いずれはやることになるので問題ないと言えば無いでしょう。それよりもPS4版と3DS版どちらを買えばいいのかということの方が問題だったりして。3D酔いの問題さえ突破出来ればPS4版だけどⅧで凄まじいゲロ酔いを発症した身からしたら3DS版一択なのかなー。今作のカメラワークとかどないな感じなんだろう。
_____

ゲームプレイは、そうですねえ。大学へ赴いていたので電車の中でアルケミックダンジョンズとカードヒーローしかやってないですかね。家でぐわんげとか桃薔薇とかに触れた記憶はあることはあるんですけど、特にこれといった何がアレなわけでも無く。つまらない生活してますがゲームしてない&進展がないとこんなもんです。つまらないのはあなたがつまらないからデスの言葉の通りなのです。
アルケミックダンジョンズは2番目のダンジョンをクリアに成功。難易度は今のところはそこまで高くはないけれど、対策を誤ると危険一直線な箇所がちらほら垣間見えているので中々なもんでしょう。それにしてもこのゲーム、道具の管理が非常に難しいね。シレンとかはある程度感覚で分かるし保存の壺拾えればかなり安定するのだけど、錬金と素材の多さと所持可能道具数の兼ね合いが絶妙にいやらしく、そこが面白味でもあって。いやはや500円のゲームとは思えないアツさだ。
_____

ギリギリな感じの編集がたまらない明日はどっちだと言う言葉が良く似合う稀代のゲーム雑誌ことゲームジーンはなんかVol.3で一時休刊らしい。あまりにも早すぎる気もするが、山本編集長がアンビットから離れてしまった?(退職と聞いたけど実のところはあんまよく分かってない)ので仕方なくもあるのかねー。とりあえずVol.3は買わないと……。にしても、やっぱりこういうゲーム雑誌って厳しい感じなのかな。うーむ。需要はあるとは思うのだけど、わざわざ雑誌を買うって人はどこまで行っても少数なのだろうか。かくいう自分だって前はファミ通とか買ってたけどお金に困って止めちゃったし……。んあー、ユーゲーDXとか年刊ゲーム批評でも買おうかなー
_____

・『ドラゴンクエストXI』vsヨコオタロウ!鬼才クリエイターが「DQ」から受けた影響とは【特集第4回/電撃PS】
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5388/20170729-dq11.html

なんでヨコオさん…?と思ったけれども既に読みごたえは十分。ヨコオさんとドラクエといえばVでビアンカとフローラでどちらも選ばなかったというエピソードが印象深いと思っていたらちょこっとその話が出てきたりも。時間がある時にちゃんと読みたいもんだなあ……
_____

そういえば昨日sigma star sagaがどうのこうのと書いたけどhallyさんのゲームジーンVol.3補足資料にて情報を発見!というかこれ見たらウェイフォワード作品で次に何をやればいいのかの指標になってめちゃ分かりやすい。ありがたいことだにょ。リンクは張っていいものかちょっとよく分からないけど一応。

https://sites.google.com/site/hallyvorc/wayforward

これを見るとSTGとRPGの組み合わせが成功したかは割と怪し目な予感もするけどウェイフォワードだしなあ……。辞書片手にプレイする価値はあるとは思うし。バットマン知らないけどBatman: The Brave and The Bold - The Videogameも面白そうだし探してみますかね……
_____

こんなもんで次回です。今日も大学、明日も大学、明後日も明々後日も……


posted by グレイ at 20:36| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

生活記録

編集部のギリギリ感が伝わってくるような編集と執念を感じるゲーム情報をお届けする稀代のゲーム雑誌、ゲームジーンVol.3発売ッ!!……なのだが本屋を3軒回っても売っていなかった。いったいこれはどういうことだー!!ファーック!!ゲームジーンを置かない本屋なんて本屋じゃねえよ!!千葉三省堂書店はVol.1とゲームレジスタンス12、ゲームサイドを売っていたので許す。こうなりゃAmazonで頼んだ方がいいかな。あー、ウェイフォワード特集が気になる。あとサイトロン特集も。まあ買ったとしても読んでる暇はないんだけれども。とほほ。
_____

試験三日目。これまではあまりにも無残な結果しか出せていないが今回はというと、どうかなといったところ。まあSは堅いかな。授業を2回ほど休んでいるので(何で休んだかは全く覚えていない。病欠では決してないので前の授業が休講とかだと思うが……)、S寄りのAで妥協しておくことにしようかね。HAHAHA。
惜しむべきは、この授業で良い成績を出しても何一つ役に立たないことか……。必須科目でもないしなんなら専門科目でもない。考え方の取得には非常に有意義で、やる意味が見出せない科目を取らざるを得ない専門科目なんかよりもよっぽど面白いのに大学的には意味がないってのは悲しいことだ。自分は一体何のために何を学んでいるのだろう。
_____

ゲームの方はエリーのアトリエ、カードヒーロー、魔界カステラ、ガレッガ、ストライカーズ1945Ⅱ、ぐわんげ、桃薔薇をやったくらいですか。ゲームする時間もないと言いつつ、こんだけやってりゃ十分やってますかね。進展は例の如く無しです。書こうと思えば書くことはあるのだけど書いてる暇がないと言うか。
エリーのアトリエは無事カスターニェに到達。これで後は適当に調合しつつ質を上げていけばいい感じかな。アカデミー試験で1位になってしまってノルディスが落ち込んでしまったり、のど自慢大会に出たり、といった具合にようやくエリーの勘を取り戻しつつあるみたい。フラウシュトライトを倒してサクッとマリーにでも会って来ようかな。
魔界カステラはちまちま暇を見つけてはプレイしているのだけど結果は惨敗というかむしろ後退みたいな感じ。2面がノーコンテニューで突破出来ず、3面の綱登り地帯、4面のカメ地帯、各ボスは未だ正しい解法が掴めない。特にすげえ難しいというわけではないと思うんだけど、きっちりとした対処を求められるのでその辺の動きのセンスがない自分には厳しい印象が。ゲーム全体を通して針の穴に糸を通すような精密さを求められる箇所が多すぎると思う。シビアなゲームだ。でも一応のオマージュ元の魔界村だって十分にシビアなゲームだし、それを言い出したらカプコン製アクションは針の穴に糸通すゲームが多いじゃねえかと取れなくもないと言えばそうなんだけど……。ただロックマン2や大魔界村はヘボイゲーム力しか持ち合わせていない自分でもクリア出来たことから、カプコンのゲーム自体そこまで厳密な精密さを求められるものでも無いような気もするけど……。ある程度のゲーム力を要求してくるこの調整はコナミとかの方が近いのかなー。解が見えるまでは我慢のゲームなのかねー。暇が出来たらメタスラやってた時と同じようにメモを取りつつ攻略した方がよさそうだなこりゃ。
ガレッガは6面開幕で終了。1アップ戦車で何かを間違え位置につく直前に殺してしまいランク調整用残機が一つ消滅。更に途中で勲章落としたり事故死したりで散々な結果に。ハート様1回戦でワインダー以外のかわしやすい攻撃で死んでいるようではお話にならない。
ストライカーズ1945Ⅱは8面中ボス後ラスボス直前まで進行したはいいもののそこでアウト。ボムの抱え死には無いけど壁際に追い詰められてのアワアワして死亡とやってることが下手の典型例で泣けてくる。脳ではこんなことしたらイカンと分かっていても出来ない辺り本当に腕がないね。とほほ。
ぐわんげは記憶忘却阻止及び小雨ちゃんクリアのためにプレイしてみることに。今回は稼ぎを軽く試してみたのだけど、稼ぐのと意図的に稼がないのではスコアが全然違って面白いね(結果自体は足利凄氏まで)。特に銭カウンターが1000超えると適当に撃ってるだけでもジャラジャラ銭が降ってくるのだからこれは爽快だ。やはりケイブのスコアシステムって結構考えられているんだな。これを突き詰めていくと、大往生みたいなパズルゲームになる感じなのかね(大往生はそこに至るまでの実力を持ち合わせていない…というか置いてあるゲーセンなくて最高4面なのでどうにもこうにも……)。スコア稼ぐと敵の弾の凶悪性も増すから難易度的にはつり合い取れてる感じかな。うーむ。でも普通にやる方が楽だから普通にやろう。
しばらくやってなかった桃薔薇は4面が越えられず終了。これはちょっとまずいような気がする。運がなかっただけと信じたいところだが、根本的な実力やゲームに対する知識量が足りてないんだろうなあ……
_____

・『The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)』のNintendo Switch版が今秋発売決定!
https://www.famitsu.com/news/201707/28138158.html

おおっこれスイッチでも出るのか。大作はともかくとして、インディーゲーはスイッチにも結構出るんだなあ。非常に喜ばしいことだ。
_____

・闇の力を受け入れるか、抵抗するか。大量のクリーチャーと巨大ボスに圧倒されるダンジョン探索型アクション『Sundered』PS4/PC版が日本語入りで配信開始
https://www.famitsu.com/news/201707/28138580.html

む。
_____

・『深夜廻』発売直前セールが開催――前作『夜廻』のゲーム本編やテーマなどがお買い得
https://www.famitsu.com/news/201707/28138582.html

3600円という値段は確かに定価から見れば安いのだが……どうしたもんか。うーむ。むむむむむ。
_____

・PS4の国内累計販売台数が500万台を突破!アンダーテールの国内配信日が決定!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/ps4500-china.html

「Undertale」のPS4/PS Vita向け日本語版は8月16日に発売

日本版も海外版と同じ時期に配信みたいっすね。糸井さんのツイートで制作者の人は海外では出ていないMOTHER3をやり込んで糸井さんに会いに来たみたいなエピソード(割とうろ覚え)みておいちゃんなんかほっこりしちゃったよ。確かにショックを与えるような感じのことを話しているし、そこはMOTHER3の影響が大きいのかな。となるとMOTHERの中では好きといえば好きだけど初代や2ほどには及ばない自分に合うかは未知数ってところか。タネヒネリ島のセリフ回しとかは大好きなんだけど。ポストの中には何も入っていない、1000匹のネズミの死体以外は とか、みんながお前を待っているんだ、お前に石をぶつけて唾をかけて酷い目にあわせてやろうと待っているんだよ、みんなって……?お前の好きな人ばかりだよ とか。暗く重いけれども一度見たら忘れられないような言い回しと言葉選びがステキだ。MOTHER3で一番好きな台詞は「どうしようもないし どうにもならない」なんだけど。んーもう一回やり直してみようかな。
_____

物凄い突然だけどsigma star sagaってどうなんだろう、と気になった。これは知る人ぞ知る…というか俺は知らないのだけど、あのウェイフォワードが手がけたシューティングRPGらしいのよね。ギンガフォースをプレイして家庭用STGとはどういったものが良いんだろうともにょもにょしたのも事実であり、STGにRPGを加え更にGBAで出たこれはアーケードの血を介していない気がしてちょっとね。ゲームの完成度は昔のウェイフォワードなので分からないというか、全く噂を聞かないのでよく分からないのよね。ゲームジーンに載ってないかねー。
_____

アーリーワークスが葉山さんから届いた!明日から(つーか今日深夜から)の試験勉強のお供に聴かせてもらうことにしましょう!感想とかはまた後程。ちなみに50枚完売したみたいです。間に合ってよかった…!てなわけで次回です。来週いっぱいまではこんな具合に今週並みの雑な文章が続く感じです。でも読み返してみると文章量は減ってるけど文のアレさはあんま変化ないみたい。うーむ。いつもいつもこんなもんですいません……

posted by グレイ at 21:55| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

生活記録

信号処理で計算ミスにより核爆死。ぎょわわわわ。もう誰も愛せない。一応記述した方法論はあっているとは思うのだが果たして単位は来るんだろうか……。希望が見えない。
_____

ゲームプレイはエリーのアトリエ、カードヒーロー、ガレッガ、ダラ外をやったくらいですかねえ。進展は微妙な感じです。魔界カステラやアルケミックダンジョンズは電池切れでプレイ出来ず。
エリーはアカデミー試験があったりなんなり。妖精さんを7人雇えるようにもなったのでここからがエリー本番とも言うべき感じですかね。ここまで来れば後は適当に調合したりなんなりして時間を潰す感じかな。効率的なプレイをしようとすると後半暇になる予感もするからブレンドでちまちま高評価でも狙ってお茶を濁しておくことにしよう。
カードヒーローはロシア出身の日本語が怪しい人と対戦。今までカードヒーローには難癖をつけたり付けなかったりしていたけど、このプロルールは非常に良く出来ていて今までのムカつきポイントも全て帳消しにしてもいいほどに完成度が高いと思う。カードが増えライフが増えただけなのだけど、ライフが増えたことによって速攻最強主義感が薄れ、ちゃんと思考力勝負やアドバンテージで勝つ勝ち方が許容されているのが素晴らしい。それだけに、ヤミーがやたら強いのはあまりに惜しいと思わないでもない。戦いで使ってみたけどちょっとこれは強すぎるんじゃなかろうか。アドバンテージ奪うってのはねえ……。
ガレッガは7面開幕で事故死。というか道中の残機プランを誤り残4機にしてしまった。4面で残機3で1万勲章ループ継続時、スコア280万近くになったら適当なタイミングで死亡することが要求されるってか。いっそのこと4面開幕で死んでおいて…みたいな方がいいのかな。その辺はボンバーレベルアップとの兼ね合いを考えつつ死ぬことが要求されると。厳しいもんです。これに比べたら大学の試験なんて、なんと楽なことか(ゲーム脳)。それでも俺には死んでも無理だと匙を投げていた6面中ボス後が安定してきているのでちゃんと少しずつクリアへの道は開けているはずなのだけど。
ダラ外はなんとビックリ、クラゲを倒してしまいました。更にいうならクラゲ登場までノーミス。シャコの面で赤勲章誤取得で一時はここで討ち死にかと思われたけど諦めないって大事だねー。しかしクラゲを倒したと言えどもノーミスでは無くボムりまくりのヘボプレイだから何ともアレだけれども。でも、クリア出来ただけでも俺は嬉しいよ。なにせこれでダラ外のラスボスと全ゾーンを一通りプレイしたことになるのだから。ダラ外は定期的にやるタイトルの一つでダライアスの中でもというか全横STGの中でもパロディウスシリーズと同じくらい好きなのだけど、いつもウナギとマンボウルートしか通らないから全ボス撃破とかはあんま考えてなかったのよね。でもちゃんとクリア出来て良かった。やっぱりダラ外は素晴らしい、ということを再確認させてくれた全ボス撃破までの道のりでございました。また今度やろう。
_____

・『ぺんぎんくんギラギラWARS』懐かしのボール投げ対戦アクションがド派手に再登場
https://www.famitsu.com/news/201707/27138370.html

あのペンギンくんウォーズが帰ってきた!やったぜシティコネクション!
……しかし正直なところ名前を聞いても「これってアレか?アスキーが出したやつか?」くらいの知識しかなかったのだが、この作品ってUPL作品なのね。UPLといえば忍者くんやアトミックロボキッド、オメガファイター、宇宙戦艦ゴモラ、タスクフォースハリアーくらいしか知らなくて……。シティコネクションはジャレコ以外のゲームも積極的に出していく感じなのね。非常にありがたい話だ。このような会社が存在していることを心から喜ばしく思う。
_____

・あなたの1票がセール対象タイトルを決める! 日本一ソフトウェアが公式Twitterにてアンケートを実施
https://www.famitsu.com/news/201707/27138527.html

日本一のセールは値段が微妙なところだけれども、フォグ作品とか来たら買っちゃうかも……。これに投票する人の中ではフォグ率かなり低そうだからこなそうだけど……。一柳シリーズとか。この際セール関係なしに買っておこうかな。
_____

・『Graceful Explosion Machine』 ポップでカラフルな横スクロールシューティングゲームがNintendo Switchで配信!
https://www.famitsu.com/news/201707/27138486.html

む。
_____

・アメコミスタイルのシューティングゲーム『Dimension Drive』がNintendo Switchで発売へ
https://ninten-switch.com/dimension-drive-nintendo-switch-announcement

このゲームについて
ディメンション・ドライブ」は二重の戦場を横断するテレポーテーションメカニックを取り入れたシューティングゲーム。シューティングとパズルをいい具合に組み合わせたゲームです。「ディメンション・ドライブ」は多次元宇宙を舞台にアメコミスタイルを取り入れた
SFスペースオペラ。アシャジュール、残酷な多次元宇宙の宇宙人たちは私たちの宇宙を攻撃しています。ジャカリン・タイウード(略してジャック)として戦い、伝説の宇宙船間、マン千コアを操縦し次元と空間をテレポートしながら戦おう!親愛なる友そしてA.I.の「V.E.R.A」と共に己の過去そしてディメンション・ドライブの秘密と起源を探し出そう。

<中略>
▼四つの難易度モード:普通、難しい、激ムズ、なんじゃこりゃ!さまざまなプレイスタイルに異なる課題を提供します。普通ではシールドを使って戦い、難しいと激ムズでは昔ながらのワン・ヒット殺しで楽しめます。挑戦してみたいなら、是非なんじゃこりゃ!をお試し下さい。運試しでゲームをワン・ヒットでクリアしよう!

日本語が危うい説明文が極めて気になる上に最高難易度の表現があまりにも目を引く。日本の斜め上なSTG文化が海外にも足を広げているような気が……。危うい翻訳好きとしてはこれは外せないか…?ああ、ゲームは普通にすげえ面白そうに見えるっス。


posted by グレイ at 21:22| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする