2017年09月01日

ミスったシフティ

んなわけでプレイ記録を書き残していなかったけどミスターシフティをクリアしちゃいました。図らずも最初のスイッチクリアタイトルとなったわけだけども感想は「面白かった!」の一言。ただ詰めの甘いところというか個人的に疑問符が浮かぶところもちょこんとあるのが難儀だけれども、買うべき価値のある一本だと思う。ゲームの紹介は、「暴力ゲームなので思うがままに暴力ふるってください」で完結するんだけどそんなんじゃちっとも響きませんという人のためにもう少し。
トップビューの一発即死アクションゲーム、暴力至高主義的な内容から世紀の良作ホットラインマイアミと類似点が多い作品だけど、最大の違いは超能力の「ワープ」だろう。約3キャラ分くらい前方にスッと瞬間移動することが出来る。これを利用して突如姿を現してかく乱したり、いきなり登場して殴り殺したり、敵の背後を取り鈍器で殴ったりとステルスアクションが楽しい。またパンチの爽快感をスイッチのHD振動が高めてくれるのも非常に素晴らしい、というかHD振動だのなんだの言ってるけどようはただの振動だろー?と半信半疑だったその印象を激変させるくらいにはHD振動って凄いと思ってしまった。ちゃんとゲームの面白さに貢献しているね。
一撃即死ながらもワープのおかげで死にアクションにしては割と死ににくいバランスになっているのがミソで、銃をぶっ放す敵に囲まれてもワープを連打して逃げることも可能というのが面白いが、ワープ連打でどうにでもなるへなちょこバランスでは無くきっちりワープを連発できるのは5回までと制限を設けているのが中々上手いバランスになってるなーという印象。初見殺しや不注意で死ぬことはあっても状況判断さえ出来れば生存しやすくサクサク進められるというのもナイスなところだろう。ギミックもダイナマイトだったりレーザーだったり火炎放射器だったりとビルの中という設定にも関わらず爆破物や危険物だらけであちらこちらで爆発してるし、そのたび振動が伝わるので迫力もマシマシ。敵も単純に屈強な大男だけでなくマシンガン撃ってくるやつや忍者、ロケットランチャーをぶっ放してくるやつやダイナマイトを出してくるやつと非常に多彩。またホットラインマイアミ譲りかは分からないが、落ちているアイテムを効果的に使うと効果的に進められるようなバランスでもあるようで、難所には必ずと言っていいほどアイテムが置かれている。一撃で敵を葬り去るデッキブラシや木刀であったり、投擲武器である矢や盾、札束やクッション(ネタでは無い)を使うと楽に進められるのが中々にいい感じじゃなかろうか。
難点はあまり戦略の多彩さがないということか……。パンチに命を懸ける男シフティが出来ることはワープとパンチ、アイテムを拾って使う、アイテムを拾って投げると色々あることにはそうなんだけど、偉大な先駆者ホットラインマイアミはワープは出来んが銃をぶっ放せるということもあったのよね。例えば敵のおびき寄せの場合どちらも手っ取り早いのは敵の前にスッと姿を現すことだけれども、ホットラインマイアミの場合銃を撃っておびき寄せることも出来た。そこを一網打尽にしたり、奪った銃を使ってまた敵を殺したりも出来た。マスクでキャラ性能が変わるのも戦略の多彩さに華を添えていただろう。ミスターシフティの場合多勢を一撃で葬り去る手段に乏しく、どうもいちいちパッと現れて誘導、パンチで粉砕、ワープで隠れる、アイテム投げる……みたいにおんなじことの繰り返しになりやすく、ステージ数も18とかなり多めなので最後までテンションを維持できるかは怪し目な気がする。敵の中心に現れてオラー!!することも出来なくもないけど、この手のゲームの常か大体そうやると即死するのも何とも……。特に終盤の難易度は高く、10回以上は間違いなく死ぬので結構おんなじことの繰り返し感が強まって作業的になってしまう。ステルスの緊張感は確かにあるのだが……。シフティに銃を使わせてしまうとただでさえワープ使えて彩京のシフティがこれ以上に強くなってしまうのでバランスがとりにくくなったり、スリルがなくなって底が浅いゲームになってしまうと考えたのか、それともパンチこそ全て!パンチ絶対主義!という思想で作られたのかは分からないが、個人的には「敵も銃使ってるんだし銃でもぶっ放させてくれねーかな…」と思ってしまった。難しいもんです。
個人的には「続編が見たい」と思わせる一作だったかな。今作である程度完成していて面白い作品ではあるんだけど、まだまだ伸びしろがあるように思える。バランス調整は中々だしパンチの爽快感はあるしワープを駆使した攻略は楽しい。だけどまだまだもっと面白くなる可能性を秘めている。ミスターシフティの印象はそんな感じでございました。1500円程度でこのクオリティなら値段相応に楽しめる作品だろうなと。
_____

桃薔薇は7面ラスボス第1形態まで。ここで死ぬのは悲しくも悔しい。しっかし3機持ち込んでタマゴで全部吹っ飛ぶとはなあ。アーケード版のクリアはもう俺には無理かも分からんねこれ。避け方のセオリーというか、どのタイミングでボムを撃つかはなんとなーく分かっているのだけども、分かっていることと実行出来ることはそりゃ違うわけで……。分かってても地獄のようなパターンを引くようなことも往々にしてあるわけで…というかそんなことしかねーよみたいな。
クリアには近づいているとは思うんだけどなあ。死に抜け突破しかないと思っていた6タマゴとか6面最終盤のロケット雑魚地帯とかも抜け方が分かってきたし。6面最終盤のラッシュとか時計回りにまわるだけ(ようは敵を狙い撃ちしてはいけない、敵を避けてはいけない)というのが何ともなあと思わんでも無い……というかこんな知らなきゃどうしようもない箇所の設計ってどうなんだろう。別にそういうのを作るのは悪いことではないんだが解法すら見出しにくいというのはちょっと。
_____

ガレッガをやりにゲーセンへ行くも嫌に調子が悪かった(最近同じことしか書いてないな)。3回ほどやってみて最高結果は1クレ6ボス第2形態。ダメです。ランク絡みで失敗しているのはもとより、なんか奇妙にヘコヘコ動いて死んでいるのが虚しすぎる。どういうこっちゃい。
ただ虚しく死んだだけでは終わらない(?)。5面スレイヤーの最後の場面で落とすボムアイテム調整すれば容易にホーミング仕込み成功させられることにようやく気付いた。死んだとしても仕込みの調整が生きる調整であるならばこれで大丈夫だろう。懸念があるとすればハート様戦で早速確認してみたところいきなり仕込み失敗したわけだが……まあやらんよりやった方がいいかな。同様に6面中ボスのところで仕込みも出来るみたいだ。意外とこのゲーム救済措置というかそういう配慮が多いな。まあ隠しフォーメーション発動させないと結構辛いバランスな時点で救済措置もクソもない気がするが…。まあサーチ入れなきゃ死亡確定気味の桃薔薇蛇地帯に比べたらマシか……
_____

・ディースリー・パブリッシャーからPS4&PS Vitaの新作登場!? カウントダウンサイト“ときめきメちゃオーク”公開
https://www.famitsu.com/news/201709/01140951.html

一体何処の誰を狙っているソフトなんだ……。これでゲームとオークがそんな関係ないってオチじゃないだろうな……
_____

・KONAMI、“TGS 2017”ブース出展情報を公開 『ラブプラス EVERY』、『METAL GEAR SURVIVE』などをプレイアブル出展
https://www.famitsu.com/news/201709/01140956.html

パッとしないなあ。ボンバーガールでも出してくると踏んでいたけどなあ。うーん。STGの電撃発表でもあれば良いけどそんな夢を見ているようではダメもダメっすよね。いい加減現実を見つめんと。
_____

・ファミ通の人気ライターが語る“ゲーム開発経験者がゲームメディアでも活躍できる理由”とは【CEDEC 2017】
https://www.famitsu.com/news/201709/01140984.html

おお戸塚さんだ。
_____

・ファミ通ゲーム総選挙 総合部門の結果が発表!FIFA18同梱のPS4本体が安過ぎて値下げフラグが立つ!?他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/sousenkyo-fifa18.html

ファミ通ゲーム総選挙 総合部門の結果が発表!

ペルソナ5一位は中々良い結果と言えるんじゃないでしょうかね。「今」のゲームが一位なのは中々よろしいんじゃないでしょうか。シェンムー10位は??という感じでもあるがまあそれを言い出したら達人王8位だったわけだし……(達人王は達人王おじさんの登場で再評価が進んだけど)。俺が投票した記憶がある「moon」「斑鳩」辺りはどうだったんだろう。特に中間発表では入っていたと言われているmoon。うーむ。moonの名が載っているといいのだけどなー。でも何も聞かなかったということは、載っていないんかなー。あー残念だが仕方のないことだ。いくらmoonが素晴らしいと言ってももう20年近くも前のゲームだしなあ。20年か……。随分と月日が流れてしまったもんだなあ……


posted by グレイ at 21:09| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする