2015年05月28日

ゲーム性って何だぁ~素人がゲーム性について考えるとこうなる~

ゲーム性についてぼんやり考えてたら「そもそもゲーム性って何?てかゲームって?」ってなった。ゲーム性って便利で曖昧な言葉ですね。自分も使ってしまいます。大してよく考えずに(駄
ゲーム性≒ルールがもたらす駆け引き的なことは分かるんですが、それだけでは絶対ないと思う。いやむしろもっとフワフワしたもののような気が。


そんなわけで色々調べてみて、自分なりの「ゲーム性」について考えてみる。
ちなみに自分のスペックは
・ゲームプランナーを夢見る(現状見てるだけ)二流大学1年、理系
・ヘビーゲーマーというほどゲームしておらず、かといってライトでもなさそう
・アクション、RPG、STGが好き。基本どんなジャンルでも遊ぶ
・好きなゲームは斑鳩、ダラ外、moon、TOD2、大魔界村とか。最近だとホワイトアルバム2。
・趣味は散歩、ゲーム音楽鑑賞とか
こんな中途半端なポンコツが思うゲーム性とは?



まずは自分の拙い文の前にエライ人とかのゲーム性の考えとかなんか関係ありそうな記事とか。
http://togetter.com/li/84642
業界の人のゲーム性論。結構古いものですが。
http://togetter.com/li/447128
ニカイドウレンジさんのゲーム性論。これに限らずこの人の考察は非常に練られてると思います~
個人的に納得できない部分も多いですが。
http://ameblo.jp/yokota6/entry-10194149328.html
こちらはヨコオさんの。僕自身の考えはヨコオさんのに近いです。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B2%A1%BC%A5%E0%C0%AD
ざっくりゲーム性についてまとめられてるもの。


まずはゲームの定義を確認しちゃいましょう。以下ウィキペディアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ゲーム(英: Game)とは、遊びや遊戯と訳される。勝敗を決めるなどのルールや環境または他人との相互作用を元にした普通楽しみのために行なわれる活動である。

……なんかこの時点で頭が痛くなってくるような……ざっくりしすぎじゃね?
まあいいです。これを元に考えていきます。

僕が思うゲーム性とは「プレイヤーに面白いと思わせる仕組み、構造」だと思ってます。よく「ゲーム性≒ルール」みたいなことを聞きますが、個人的にルールはあってもなくても別に構わない。けどあった方が分かりやすいねって話。
僕の持論なんですが人が何を面白いと思うかはその人が今まで生きてきて何を見て何に触れてきたかに依存すると思うんです。だから人によって面白いと思うものが違う。
人によって何を面白いとするかが違うから、当然ゲーム性についても人によって意味合いが異なる。togetterまとめにもありましたが、現に業界の人たちでも意見はあんま一致してなかった感じが。
こんだけ意見がワラワラあるんだからゲーム性を厳密に定義するのはもはや無理なんじゃねえかと。ただ、どんな構造がゲームを面白くするのかという議論自体は非常に有意義なものだと思います。

「ゲーム性」≒仕組み、構造なので「ゲーム性が高い」的な言い回しは誤用だと。ただその言い回しもなんとなく意味は分かるんですよね……
「ゲーム性が優れてる」っていうのは分かる気がする。無論その逆も。「ゲーム性が高い」っていうのは、過去のもの比較してって意味合いが含まれてるのかも。でもそれなら優れてるでいいと思うんですよね。
「ゲーム性が薄い」っていうのが一番分からん。こちらはまず何をもってして薄い濃いを決めるかが謎。

思うに、ほぼすべてのコンピュータゲームには「ゲーム性」があるんじゃねえかと。ゲームって名乗ってますし。たとえLSDみたいなやつでもね。
で、コンピュータゲーム以外のものにも「ゲーム性」は存在する。例えばジャンケン、例えばスポーツ、例えばテストとか。
でも、ややこしいのが実用ソフトみたいなやつ(DSで学ぶホニャララとかそんなの)とか選択肢のないノベルゲームとか。それらに「ゲーム性」はあるのか。
個人的に、ヴィジュアルノベルにはゲーム性はあると思うんですよね。ボタンを押して文章読んだら絵が変わるし、表示された文章に合わせて声も入るし。初めてToHEART2をやった時あぁこの仕組みおもしれーなと思いましたし。大半の人は納得できそうもない感じですが。
が、そうなるとWebでの動く漫画とかはどうなんだって気にもなります。むーん。
あと「KORG DS-10」みたいなソフトはどうなのか。自分は持ってないので何とも…って感じですが、佐野さんの紹介動画を見る限り、何らかの操作をすればいい音が鳴る→快感!面白!ってなるので(というより自分がなった)ゲーム性はありそうです。
が、そんなこと言い出したら現実のシンセは?つーか楽器全般そうなんじゃねえのか?
…となって混乱してしまいました。


結論:何書いてるのか分からなくなった(ぁ
えと、この話続くかもです。具体的にゲーム名を挙げてさらに掘り下げていく感じで。
ゲームの定義が広すぎて世の中の大半のものがゲームでゲーム性があるんじゃねえかと思いように。ほら人生はクソゲーとかよく言うじゃないですか(ぇ


しかしゲーム用語は難しいものばかりですね…
ゲームメカニクスとかナラティブとか分からん単語であるとか、ゲーム性みたいに意味がフワフワしたものが多くてわけ分からん。
ファミ通あたりでゲーム性特集でも組んでくれないかな。
posted by グレイ at 22:00| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください