2015年05月28日

ティンクルスタースプライツ

今日は1、2限が休講だったので大学の図書館が開くまでの時間柏の大魔界が置いてあるゲーセンに行ってました。そこでまさかのティンクルスタースプライツを発見。ちょっと前までは忍者ゲーだったはずだけど…
大魔界のついでにプレイしてみたらものすごい革新的な傑作でした。今年やった中ではナイスト、ケツイ、ホワイトアルバム2と並んで超絶面白かった。
STGとしても対戦ゲーとしてもこれめっちゃ優れてますよ。特にシステムが初心者にも配慮されてて優秀。ライフ性を採用してて、雑魚敵に当たってもわずかなダメージを受けるだけですむってのがいいです。
軽く遊んだ位なのでよくは分からないけど、とにかく連鎖爆撃すりゃいいんだろっていうことも分かりやすいです。やり込めば更に戦略性が増しそうな気配がプンプン。
キャラもぷよぷよみたいにポップでキュートなので馴染みやすいです。プレイするとき若干勇気が要りますが。
難易度もかなりいい感じの調整。数回やれば1クレallできそうです。初回でラスボス的なのとご対面しましたし。
かといって生ぬるいゲームでもなくかなりシビア。初回以降は3面とか5面までしか行けませんでしたし。
これが何故流行らなかったのか全く分からないです。こんなに面白いのに。やっぱり見た目がアレだからでしょうか。でもぷよぷよみたいにポップでキュートだから気軽にプレイできると思うんだけどなあ。
対戦ゲーとしての戦略性、STGとしての撃って避ける爽快感、初心者にもそれなりに分かりやすいシステム、キャラクターと世界観、難易度調整、耳に残る優れた音楽……
このゲーム作った人たちは、並大抵のクリエイターではない。


ちなみに大魔界は1クレ4面中盤まで。しばらくやってなかった割にはなかなか。
posted by グレイ at 19:53| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください