2016年01月27日

疲れ リズム 名探偵 落ちる井戸 グルコースサントラ

うーん最近はなんだか疲れ気味なのかもしれん。そりゃまあ試験期間真っ最中だし、しかもプレッシャーによって腹を下したり鼻がおかしくなったりと散々なんだがそれはいつものことだからいいんだが、疲れが取れてないよーな気がする。
それに気が付いたのは津田沼でストライカーズ1945Uをプレイしたときだ。このゲームはそこまで難易度高くなく、自分の腕前なら5面は行けるのだがどうしようもない凡ミスを繰り返し4面止まりだった。PS版にて39度の高熱にうなされてるときですら5面到達が出来てたので相当疲れてるのかなーみたいな。ちなみにその時Gダラもプレイしてみたんだけどルート分岐を間違えるなどどうも頭が回ってない印象。これはヤバいなー。

とぐってりボロボロの中ダラバーCSの話は続く。
ダラバーを遊んでいるとどこをとってもダライアスだなーとは思うんだけど、そもそもダライアスらしさって何だっけと思った。けどあんま思いつかなかった。
・魚→ダラUではバイオストロングやマザーホークなど魚以外のボスも登場するっていう例外がある。とはいえ魚はダライアスの象徴ともいえるけど
・音楽超高クオリティ→Rっていう異端児ってか問題児が……。本編は文句なし
・演出素晴らしい→素晴らしいことは素晴らしいけど、これって割と人に依るよなー。自分は心の底から素晴らしいと思ってるけど。
・復活がしんどい→CSはかなり配慮されてる
こんなところだが俺が言いたいのはそんな話ではない。感覚的な話になるがなんというかダライアスシリーズ共通してリズムというかそんなのがある気がする。敵の配置や攻撃や地形ギミックなど。初代についてはほとんどやってないから語れないけどダラUとダラ外、Gダラ、ダラバーでは根本的な中身がかなり異なってるがそれでもなんつーか共通のリズム感がある。
似たようなことは他のSTGにも言えて、例えば東亞と彩京とセイブでは大体方向性的には似たような作品が多いけど各作品間のリズム感はかなり異なる。それを説明するのはどうにも難しいけど。だから波長の合う合わないがあって理論では面白いことが分かってるけどそこまで偏執的にプレイすることがない作品もあるのかなーみたいなことを思った。波長が合った例ではタイトーSTG(ダライアス、メタブラ、レイ、ナイスト)、R-TYPE(Uはなんか合わなかった)、斑鳩、バトルガレッガ、バトライダー、大往生、ケツイ、初期雷電(初代UDX)、サイヴァリア、パロディウスとかか。ティンクルも入ることは入るけど含めていいのかかなり疑問。一方大好きだけど波長が合ってない感じがするのがコナミSTGとかザナックとかか?だからかなりの時間を割いても全然先に進めるようにならないのかなーみたいな。ザナックとかグラディウスシリーズは好きだけど1面の編隊すら処理できずに撃沈みたいな凡ミスを何度もやらかすのはここに原因があるのかもしれない。パロディウスはコナミSTGだけどそっこまでグラ本家とリズム感が似通ってる感じは無い気がする。そりゃあギミックとかはパロディだからグラシリーズのを汲んでるよ。でもなんというか根底のバランス取りがグラよか違う気がする。
当の本人ですら何の話をしてるのかサッパリ分からなくなってきたのでこの話はこの辺で終了。


・おっさん(?)化したピカチュウが主役!? 謎の新作『名探偵ピカチュウ〜新コンビ誕生〜』2016年2月3日(水)配信決定
http://www.famitsu.com/news/201601/26098006.html

どうしようもなく不安だ……。つーかお前(ピカチュウ)喋っていいの?アニメ版ニャースはアレはゲームとしてのポケモンとは独立した存在だったから許容も出来たしすんなり許せて大好きだが、ちょっとこれは……。これがポケモンだけの世界で完結してるものなら喋っても別に問題なしノープロブレムなんだけど人間が出てきてる以上そういうことでもないし…。
しかしポケダン探検隊でも人間(プレイヤー)とジュプトルが話してるシーンもあったから俺が過剰に反応してるだけなのかもしれない。でもあれは声がしなかったから受け入れることはできたけど、これはどうなんだ……?今のところ薄ら寒い不安感とコレジャナイ感しかないんだが。
嫌な予感はするけどゲームとして面白いのかを確かめるためにこれは買うべきなのかもしれない。どうせ初代ポケモン買うからポイント余りそうだしねー。

・井戸の底に向かって進む下スクロールアクション『Downwell』Android版が明日配信決定
http://www.famitsu.com/news/201601/27098025.html

うおっしゃー遂にandroid版も来たぜ。評判いいから気になってたのよね。勇者ヤマダくんがまさかのプレイできないという結末に陥り現状ほぼ唯一と言っていいスマホでやりたいゲーだからな。これもプレイできないならスマホは自分の中で何もかもダメな最低のゲーム端末になってしまうけどそうならないことを切に願う。
ゲームとしては面白いのかなー。つーか面白くあってくれ。グルコースは文句ないくらいには良いゲームだと思ってるんだけど、憂さ晴らしにすら使えないライデンレガシーみたいなものを見てるとホントにスマホはゲーム端末としてはほぼ落第なんじゃねえかと思えてしまうのじゃよー。だから頼むぜDownwell。スマホもなかなか悪くないと思わせてくれよ。でないと過去に閉じこもり64ばっかやる人間になっちまうぜ。

・GROOVE COASTER ORIGINAL SOUNDTRACK BOOST
http://zuntata.jp/lineup/zttl0078.html

う お お お お お お お!!!
こりゃマジか。早くもSATO名義の曲が登場か。これでいつでもバリバリのEDMが聴ける。おとやで聴いて以来エライあの曲にハマってしまったのよね。今度は買い逃しとかしない様に注意しておこう。いやーしかしめでたいなあ。EDM is not music!!EDM is Game!!
ところでCOSIOさんってもうZUNTATAじゃねーよな。てことはこれは単にZUNTATA時代に作った曲が収録されてるよってことでいいんだろうか。てか収録曲の時期系列見る限りそうみたいだな。


そういえばファミ通COM使うのは控えようかとかなんとか前言ってたけど4gamesも電撃もなんだかしっくりこなかったのでリンク持ってくるときはこっからにしようと思います。

タグ:ダラCS
posted by グレイ at 20:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: