2016年11月28日

ネット見ないでゲームしてるとこういうとき恥ずかしい思いをするかも分からんね

明日舐められないためのポケモンサンムーン豆知識!これを知ってれば君も愉快にゲームに憑りつかれた気のふれた狂人の仲間入り!
BW2まではタマゴおじさんが呼び止めたのは周知の事実(XYはそこに至る前に挫折したから知らん)!今作では呼び止めてくれることは無くなり親切じゃねえぜゲーフリ!なんて思う方もいるかもしれないけど、実はタマゴ姉さんの立ち振る舞いでタマゴが出来たかを判別することが可能!頬杖を突いているかのような構えをしている時はタマゴが出来ちゃっているぞ!ケンタロスグルグルを使ってもこれで判別が可能で孵化効率がアップ!気になるあいつにこれで差をつけよう!
___

というわけで、今日ケンタロスグルグル孵化に気付いた(これは一応ギリギリノーヒントで気づける配慮があるのか?)ついでにタマゴ姉さんの法則も気が付いちゃったんだけど、これってもうみんな知ってたりすることなんだろうか。発見したときは感動で電車の中で15秒くらい放心状態になったんだけど、これが「んなこと知ってるわ常識だろ」的状態だったら赤っ恥も良いところだよねーみたいなー。とりあえず孵化は放置でやる主義なのでリゾート放置タイプなんだけど、タマゴの発見が早まる技が見つかったのは個人的に便利かも。なんだ意外と育成環境いいじゃん。
_____

まだまだまだまだまだポケモンサンの話は続く。
今現在感想記事を構成中なんだけど、どう書きだしたもんかなーみたいなところで既に躓いているのと、ここにサンのネタを書いてあっちにもまた改めて書くみたいなのは無駄な気がしてきたので、感想のネタをこっちにも分散させてみることにした。しかし俺がここでサンについて書き連ねてることって重箱の隅をつつくようなことばっかで誰の得にもならんのだよなあ。
つーことで、んーと、じゃあグラフィック面での話でもします?しますか。何かお題を決めんと話しにくい。
___

以前グラフィックがちゃちなものと述べたような気もするけど、それはあくまで今現在2016年が終わろうとしている中、コンシューマの据え置きと携帯機の水準をみて考えるとの話であり、戦う場を3DSのみに絞るのであればそれはもう3DS史上空前絶後の出来と言っても過言ではないだろう。過言だろ!という声も飛んでくるだろうが、ポケモンのモデリングとかその質感はおそらく最高峰であり、体感的にはXYを越えてる感もある。フィールド画面は確かに普通の出来といえば出来なんだけど、これまでのマス目で区切られたかのようなものから脱却して全く新たなテイストに挑んだのにもかかわらず破綻が無いのだからやはり凄いんじゃないかな。キャラのモデリングとかも極めてよろしい。表情豊かになったキャラクターたちは本当に魅力的だ。
が、それが影響してかバトルで処理落ちを起こしているのはいただけない。シングルバトルでは気にはならないんだけど、ダブルでは相当に気にかかる。今回ダブルバトルの相手が思ったより少ないことに違和感を覚えたけど、やっぱりどうにもならなかったのかなあみたいな。ポケモンプレイヤー全員にNewでやれというのも酷な話だし(俺は初期型でやってるのでNewだとパフォーマンス絡みがどうなるかは知らん)。
フィールド面では起伏に富んだ構成が冒険を楽しませてくれることはもう言うまでもなくそうであり、これまでゲーフリが培ってきたものが集約されているといっても過言じゃなかったけど、意図をくみ取りにくいものもあったりするのも気にかかるかも分からん。これは腐ったゲーオタのいちゃもんかもしれないが、4つ島がある意図が読み取りにくいんだよなあ。南国で自然豊かでアローラなアローラ地方はハワイをモチーフにしているらしいんだけど、ハワイ感に欠けるというか、水の場面が足りない気がする。いや場面自体はそれこそかなりあることはあるんだ(海とかスイレンの場所とか)。けど、個人的にはホウエン地方のような海の感じは無い。海に解放感が無い。ハワイの海はそんなもんと言われればそうかもしれないけど……。4つ島があるのは構わないといえばそうなんだけど、移動がかったるい以外に4つ島があることの特徴が思い浮かばんのよ。せめて同一マップにまとまっていれば空を飛ぶの移動もかったるくはなかったろうと思うんだけど。
グラフィックとはまた少し違うがビジュアルもグラフィックといえばグラフィックなのでここで述べておくかな。今作の特徴といえばもうアローラの姿であろう。カントー地方のポケモンがアローラ地方では姿が変貌。その衝撃の姿は多くの人に衝撃を与えたことだろう。個人的な印象で言えば、良。育ちが違えば姿も違う。それを端的にかつエキセントリックに、それでいてポケモンらしさは残っているのは流石とも言うべきか。新ポケモンのビジュアルも、BWの時みたく疑問符を浮かべるような「こんなのありー?」みたいなビジュアルのポケモンはいない。一方今作の裏の顔でもあるウルトラビーストはそのビジュアルはかなり奇抜というか、ポケモンらしくないビジュアルだが……。俺個人の意見で言えばこれもまた有りなものだと思う。やつらは異世界から来たということを考慮すればこういったある種無機質的ビジュアルもある種納得が行くかな。一方の人物キャラのビジュアルは文句なし。

ちょっとダラダラ長くなったのでムービー的なあれこれは次回に後回し。次回があればの話だけど……
_____

・『ライブ・ア・ライブ』、『マリオのスーパーピクロス』などNew3DS専用バーチャルコンソールタイトルが追加配信開始
http://www.famitsu.com/news/201611/28121568.html

う、うわああああああああ!!!!今、俺の中でNew3DSがWiiUを凌駕した。WiiU買ってもおそらく自分が最もやるであろう物は過去作の気がしてたんだけど、でも、LIVEALIVEにトラキアだなんて。それが手元で出来るなんて。しかもしかもドンキーにMOTHER2に魂斗羅スピリッツにゴエモン雪姫、超魔界、パネポン、タクティクスオウガ、ロマサガ、これらが持ち運べて出来るなんて夢のハードすぎる。これは非常にヤバい事態だ。なんかもう笑いながら泣きたい気分だ……
これはもうNew3DSは買いってことなんだろう。買う気は全くなかったけど、こうまでされると……ねえ?だいぶ前に携帯型SFC互換機を使って持ち運んでロマサガ3なんかをやってた時期があったけど、それのバックアップ電池を気にせず出来る日が来るなんて、ねえ。
……問題は購入資金は無いことか。いやーあるといえばあるんだけど、ちょっと一瞬の気の迷いで買えない値段だしなあ。どうしたもんやら……。あと、一応SFCのROMで持ってるものも多い……というか大多数はそうなんだけどそれも冷静に考えたらどうよって話だよねえ。でも電池の呪縛から逃れられる方法の一つではあることだし……悩むねー。悩。
_____

・祝!Wii10周年!何もかもが異質だったゲーム機の10年間を振り返る!
http://kentworld-blog.com/archives/wii.html

そうかもうWiiも10年経つのか。どんどん色々なものが過去になっていく……。地震直撃でWiiがあの世に旅立ったのが遠い昔のように思い返されるな。まだまだ遊びたいゲームはあったのに……
Wiiの動向で一番気になるのがやはりその資産。Wii ウェアやアーケードVCなど保護するべきものは大量膨大にある。俺自身もM2リバースシリーズやペンギン生活を遊ぶことなくあの世へ行ったことが心残りで、それ目当てでWiiUを買おうと今なお悩んでいる次第。NXが引き継いでくれれば万事大解決なのだが任天堂からその声明は無い。どうすればいいもんか……。手をこまねいているともはや電子の海のもくずになってしまう可能性すらある(それを言うなら藻屑でしょー、CV:ガンバイク)。手を打つなら早めだけど……。最悪友人か誰かに「俺が金を払うからこれを買っておいてくれ!」と頼むのもあり?それをやったらやったでそれこそネタでなくマジでゲームに憑りつかれた気のふれた人に思われそうな気も……

posted by グレイ at 21:56| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: