2017年01月28日

せっかくだから俺はこの赤い株を選ぶぜ!

手に入れろォ〜ビッマネ〜、悔しがるアイツを尻目に〜見せつけろォ〜ビッマネ〜。ということで(何が?)今日は積みゲー消化も兼ねてDSの株トレーダー瞬でもネタにしようかなーと。始めてみて5時間の感想としてはかなりの良質株ゲーってところだ。
株トレーダー瞬 -
株トレーダー瞬 -
カプコンが送り出した前代未聞、空前絶後、驚天動地、疾風怒濤の株アドベンチャーゲーム。株のことなんてロマサガ3の知識しかないけど大丈夫かしら(株じゃねえじゃねえか)。あらゆるゲームはパッケージ裏を見ればどんなゲームかが分かる、ということで早速見て行きましょうか。
DSC_0512.JPG
……皆さんの心には何が残りましたか?

ということで今作はカプコン製アドベンチャーなわけだが、カプコンのADV「逆転裁判シリーズ」とはまるで異なる。というのも、今作は開発がインティクリエイツなのだ。パッケージ裏から妙な気迫を感じるところとかがそれっぽい感じが漂っている。株ドラマとある通り株に魅せられた者たちのアツく狂ったノリが売り……なのかもしれない。どこの誰が呼んだか知らないが「可変走攻ガンバイク」「LOVE & DESTROY」「ぎゃるガンシリーズ」と合わせてインティクリエイツの狂気を体感できるゲームの一つである。
DSC_0513.JPGDSC_0514.JPG
狂気のノリの一例。ナチュラルにこんなやつらが出てくる。


株が題材ということで小難しい話なのかなーと思っていたがチュートリアルが親切なこともあり株知識が皆無でも安心。用語解説が載っているので分からない用語も大安心。アドベンチャーゲームということもあり物語部分も非常に丁寧に描写されているのが特徴。登場人物、舞台設定など全てが真剣なのにも関わらず何かがおかしく思えてしまうところなど、ナチュラルなバカゲーとしての素質もあり。インティクリエイツってアドベンチャーゲームのイメージ無いけど大丈夫か?と思っていた俺の不安は杞憂だった。
そして本題の株パート。簡単に言えば株を売り買いして儲けましょうというものだがこれがまー非常に面白い。ゲーム向けに簡略化してはいるのだろうがそれでも多少は複雑。流れを読んでの株を買い、株を売り利益を得ていくことを繰り返すだけだが即座の判断の要求や早めに損切りを行い大損害を防ぐorそれでも抱え持ち利益が出るまで待つ、空売りで大儲けなど戦略性を多分に要求される。チャートには法則性が存在してはいるもののランダム要素も多く絶対が無い。更にここに必殺技も絡んでくる。買い煽り(株価を無理やり上昇させる)や売り煽り(株価を無理やり大幅に下落させる)などを使いこなす必要がある。風説の流布なんじゃねえのか!?と思うが株の世界は真剣でありキレイゴトだけでは勝てないのだよ……。というか俺の知識が無いのも悪いのか普通に難しかったりする。しかし歯ごたえのある難しさだ。この辺のチューニングは流石のインティクリエイツだ。素晴らしい。更に株パートでは株バトルもある。どっちが期限内により多く儲けることが出来るか、どちらが空売りだけで儲けられるか、どちらが先に相手の心を折ることが出来るかなどとてもじゃないが正気とは思えないようなアツいバトルが繰り広げられる。株バトルはどれも手に汗握る死闘になりストーリーバトルでは負けてしまうと河原で体育座りといったショッキングなオチもある。ひぃい……

こういった具合に面白さの中に狂気が垣間見えるナチュラルバカゲーの今作だが、今作が素晴らしいのは作り込みの面だけでなく、みんな真剣なところだろうと思う。
DSC_0515.JPGDSC_0516.JPG
主人公や主要キャラはもちろんのこと、モブキャラも全員が全員株に真剣に向き合っている。上でネタにした通り出てくるやつらはどいつもこいつもろくでもない。しかし誰もが株に向き合い目を血走らせている。誰もが株に命を懸けている。それだからこそ、真面目に考えれば色々とおかしいところすら燃える展開や演出に昇華されている。狂気染みたノリと書いているが、いわばそれほど登場人物は真剣なのだ。だからこそ誰もが魅力的で誰もが異様な存在感を持ち誰もがカッコよく見える。インティクリエイツ作品はこの辺の作りが実は非常に良く出来ている(色々と突き抜けすぎたガンバイクとか)。これこそが今作で自分が一番惹かれているところだ。世の中には単なるバカゲーや狙ったバカゲーは多いが、こういった真剣に作られているがゆえにバカに見え、そのバカなまっすぐさに惹かれて自分自身もゲームに陶酔させるようなゲームは意外と少ない。いやはやこれは久々に良いゲームをプレイ出来たもんだ。しばらくは退屈せずに済みそうだ。
_____

点滴が石を穿つ……その時は来た。メタルスラッグ3、1クレジットクリア達成。最終結果はロカノーミス、クローン培養槽ノーミス、ルーツマーズまでノーミス、ラスボス撃破時残機ゼロ。遂に俺はクリアしたんだ。うおおおおおーッ!!!!!!
でも実はVita版のデフォルト設定なのよね……。知らない人は知らないだろうが、Vita版メタスラ3(つーかPS3版とPS4版もそうなんだけど)はデフォルト設定がちょいと変で、難易度は3(MVSは4)残機4という設定なのだ。つまりアーケード版の設定でクリアしたわけではないのだが……。難易度3と4の違いはルーツマーズの耐久値のみで残機4設定はロカの黄弾分を考慮しての適正難易度という見方も出来ることは出来るが……正直どうだろう。
それでも、独力でこのゲームをクリア出来たことは非常に大きい。メタルスラッグ3をクリアできるレベルのゲームスキルは残されていることが分かったのはもちろんのこと、クリア出来そうもないと思っていたゲームがクリア出来たのは本当に嬉しいよ。斑鳩と並ぶ努力すれば報われるゲームに出会った感じだ。このゲームをクリア出来て本当に良かった。これで心置きなく感想文とか紹介文が書けるってもんだ。
さて、次はアーケード条件でクリアを目指してみようかな。
_____

機動装甲ダイオンにも挑戦中。イージーにしても4面が限界ってのはかなーり厳しい難易度なのか?それよりもコンテニューが3回くらいで切れるとはどういうことだ!!思わず「あ!コンテニュー無い!」ってゲームセンターCX風に声をもらしちゃったよ。とっとと投げてマジカル魔界村でもやった方が賢明かねー。つまらなくは無く、結構面白いんだが難易度下げても太刀打ちできないってのは中々にしんどい。演出面で目を見張るところもそこまでないし……。それでも3面の巨大船に高速スクロールして追いつこうとするところなんかは結構燃えるのだがどうよ?(知らんがな
_____

忘れないうちにファミ通のアレでも。

・クリエイターが見たニンテンドースイッチ
見た感じはやっぱり日野社長のがやっぱり目立つといったところでしょうカ。ヨコオさんの縦画面モード案は俺も欲しいと思ってるので何とかしてほしいところです。テーブルモードを縦に置けないものかのう……。後は俺の気になる人(西健一さんとか木村祥郎さんとか工藤太郎さんとか)にも聞いてほしいところだが、無理か……。というかスキップとバンプールはやる気あるのかねー。

・大逆転裁判2
やはり2は出るのねー。ほほう、つーことでそろそろ初代の方を買っておいた方がいいのかねー。

・ZERO ESCAPEダブルパック
うむ。打越さんのインタビュー見る限りシナリオに関してはシステム変更による追加以外は特にさしたる変化なしとのことで、この機に買うことにしとこうかな。

・無慈悲
ええ話や……よかったのう。

・福満エッセイ
こちらもええ話や……

・VR
VRがどうなるかは未知数だが、RezみたいなVRならではの破壊力を持ったゲームが出れば…というか本体の普及も進めばねー。まあとりあえずはPolybiusが出てくれればねーみたいな感じかね。早くプレイしたいな出ないかな。

・Qgames
ほえーここってスターフォックス643Dを作ったところなんか。ふええー。

・とっておきインディー
お題目は「ボクノコミュニケーション」。雰囲気ゲーとの触れ込みだがこれは面白そうだな!!フリーゲームなのはありがたいがPCなんだよなー。どうしたもんかなー。PCでは中々やる気がねー。

・クロスレビュー
Color Guardiansっつーゲームが面白そうだったのでメモ。


posted by グレイ at 21:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: