2017年08月09日

旅は良い

おそらく最後になるであろう長期休暇。それを一日中家の中で何もせずただ天井を眺めて終わらせてしまっていいのか?良いわけがない。ここは一つ旅に出てみるのもいいものじゃないか。そうと思ったら早速準備。いざ、出立の時だ!!
ということで、PS3の風ノ旅ビトをプレイしてクリアした。いやーなんか外暑いし外に出るのだるいし(重症
意外にも今作がPS3の初クリアタイトルになったわけだけだけれども、うーむまさに言葉も出ない。というか言葉が出てこない。なんというか格の違い思い知らされるようなゲームだった。thatgamecompanyのゲームだとflOwとFloweryをプレイしてきたけど、それらを更に洗練させたような作品だった。圧倒的な景色を見るとそれを語る言葉が出てこない感覚に陥ることがあると思うけども、今作は清く正しくそういったような作品だろう。プレイ中はずっとスゲーって言ってたような気がするし、夕日見て涙を浮かべたり雪山のシーンで手に汗握りながらスティックを前に倒して一歩一歩進めたり、感情移入がすんなりと出来て作品に没頭できた。
評価点はたくさんあるだろう。卓越したグラフィックとサウンド、他のゲームと一線を画しながらもこれ以上にない形でオンラインならではの楽しさを提供したシステム、確かに旅をしたという実感を伴う物語、その魅せ方演出その他プレイヤーの感情のコントロールの妙etc……。特にオンライン絡みはあまりにも凄い。これまでオンラインなんて何一つ良いことないとすら思っていたけど、今作は押しつけがましくないし見知らぬ誰かと言葉を交わさずとも同じ目的地へ向かって旅をすることの面白さが生まれてる。余計なコミュニケーションを取る必要は皆無、というか取りたくても取れない。出来ることといえば発光することくらい。しかしこの発光によって、いやコミュニケーションを取る術が発光しかないからかは分からないが、ゲームを奥深いものにしていると思う。道に迷ったとしても見知らぬ誰かが発光して道を示してくれたり、逆に自分から「こっちに進めばいいんじゃないか?」と発光して示したり。途中巨大生物のレーザー砲が直撃して死にかけている時に知らない誰かがパパパッと駆け寄って発光してくれた時はなんか感動しちゃったよ。感謝の意を示すために発光したり。逆に知らない誰かがレーザー砲にやられているのを見かけて思わず駆け寄って発光したり。で感謝されて発光されたり。そういうやり取りの一つ一つがどこか楽しい。非常に良く出来たゲームだと思う。
グラフィックに関してはもはや自分には語るための言葉を持ち得ないのでここでは書かない。書いたとしても「スゲー!!」の連呼でどこか軽薄なものになってしまうから。ただ、夕日のシーンや雪山のシーンは鮮烈な体験だった。特に夕日は全然泣くようなシーンではないのにも関わらず自然に涙がこぼれるくらいには。グラフィックを支える音楽も非常に良い出来。そしてこれらを使った物語の展開も上手い。グラフィックと音楽でプレイヤーを世界に引き込んでおいての語らずに語るゲームでしか表現できない物語の数々。いやはや素晴らしいですわ……。2時間程度でゲームが完結する点もお見事。むしろ2時間であれほど濃密な体験が出来るということが凄い。Floweryをやった時も驚いたけど、それ以上に驚かされることになろうとは。
後オブジェクトとか地形の作り方が凄く上手い。世界が割と広大なのはFloweryと同じなんだけど、自機が人型になって自らの足でフィールドを歩く形式に変わったことを考慮しての起伏に富んだ地形の組み立てが良く出来てる。広大な世界がより広大に思えるような組み立て方というか、なんというかゼルダのハイラル平原を思い起こさせるような砂漠の作りがいい感じだなーと思ったり。あそこになんかありそうだ、と思ったところには何かある、というゲーム的なところも良いだろう。強制スクロールの風に乗って素早く移動するシーンではいかにもな形で潜り抜けたくなるようなオブジェクトが置かれているのも見事。潜り抜けても大した意味はないんだけど、意味もなく潜り抜けようとするのにアツくなっちゃったりして。ただ単に地形作ってテキトーに物置いてるわけでは断じてなく隅々まで作り込まれてるのがよく分かる。あと極力迷いにくい構成なのも凄いところだと思う。先へ進むにはどうすればいいのかが自然に分かる形であり、どこに向かえばいいのかも画面を観察してればスッと分かる作りも素晴らしい。ここに見知らぬ旅ビトの存在も加わるのだから「ぐわー!!どこに行けばいいのか分からねー!!」みたいに路頭に迷うことはほぼ無と言っても良い。
欠点らしい欠点が思い浮かばない傑作であり高評価の理由も分かる素晴らしい作品ではあると思うのだけど、所謂ゲーム的快感(敵を倒すとかそういうの)が薄いので人は選ぶタイトルではあると思う。ソロでプレイしたい場合は接続を切らないといけないという手間を取らせるのはマイナスといえばマイナスだが、逆に言えばそこくらいしかない。まあ、thatgamecompanyのゲームはポエムのようなゲームだし(Floweryなんてポエティックアドベンチャーなる謎ジャンルだし)、人を選ぶのもやむなしなんだろうか。合う合わないは間違いなくあると思うけど最後までやったら何か感じるものはあるゲームだと思う。遅まきながらプレイ出来て良かった作品でありました。いやーこれはABZUも楽しみだ。
___

どうでもいいけど見知らぬ誰かとコミュニケーションを取る際カイジの鉄骨渡りの交信によって人が云々みたいな話を思いだしてなんか妙な気分に。それも思いだしたのがトネガワの方だったのだからなんだかなあ、みたいな。あんま関係ないけど。
_____

エリーのアトリエもチーズケーキを無事に作ってエンディングを鑑賞。エリーのアトリエのエンディング歌はいつ聴いてもなんか泣けてくるぜ……。自分はこういう感じの歌詞に弱いらしい。何度かクリアしてるゲームなので感想などは特になし。相変わらずエリーは面白いゲームだったと。それを再認識出来ただけでも良しとしよう。また間を置いて今度は武闘大会絡みのエンディングでも目指してみますか。本音を言うとGBAで出たマリー、エリー、アニスのアトリエがやりたいんだけどなー。
_____

アルマジロが片付いたので発売日に買ったにもかかわらず死蔵にしていた8bit music power finalをようやく起動。んー、なんか今作はホントに音楽ソフトって感じだ。初代がデモソフトの一面もあったのと比べると曲数を増やした代わりに映像面は大幅にダウンしているとも見えるか(それでもスゲーことはスゲーんだけどね)。ファミコンの新作!では無くファミコンROMを使用した音楽集といった方がいいのかもしれん。元々8bit music powerはその側面があったのだけど、初代は新作ファミコンソフト第一作ということもありあんまそういう方向で売りだせなかったのかもしれん。そうなると今作のスタイルこそが8bit music powerのやりたかったことなのだと思うのだけど……。実機で聴くことこそに味のあるものだと自分は思っていたのだけどなんだかんだ初代8bit music powerもキラキラスターナイトDXもサントラ化されちゃったし、これもいずれサントラ出るんじゃないのかと思うと素直に楽しめない面もあってね……。
肝心の音楽は通しで一周聴いてみた文句なしの出来だと感じたのでいうことなし。素晴らしいです。あっでもキラキラスターナイトDXのLV2 Stage 9とか8bit music powerのTIP-TRACK 303みたく驚愕するようなものはなかった…かな?その辺はもう少し聴いてみなければ。あーあと平安京エイリアンの新作も忘れないうちに買わないと。
_____

ついでに動作確認も兼ねてキングコング2もプレイしてみた。これはビックリ。そもそもタイトル以外まるで知らないゲームで横スクロールでゴリラ動かす感じのゲームなんかなーとすら思っていたのだけどトップビューのアクションだったとは(初代ゼルダっぽくもある。内容はまるで別物だけど)。ゴリラのパワフルさが溢れるパンチを連打しておけばとりあえず無問題な道中がかなり気になるけど落下死とかボスは強敵とバランス調整は流石のコナミみたいだ。これは結構な当たりを引いたかも……
_____

その他にも桃薔薇やったりTOZやったりとあるゲームのチュートリアルを始めたりスレインを再開したりアルケミックダンジョンズの3番目(もしかしたら4版目かも)のダンジョンをクリアしたりしたんだけどダラダラ書くのもあれなのでひとまとめに。久々にゲームしてる感あるなあ。とあるゲームは最低限のチュートリアルは完走したんだけど訳の分からぬまま勝利してアイテムがどうとかステータス上げがどうとか言われて小パニックを起こしたので一時中断。説明書もなしにゲームを始めたのはやはり失敗だったか?とりあえず一周目はもう様子見としてプレイしていきますか……
_____

・ニンテンドースイッチ、任天堂のオンライン通販サイトで注文可能な日が予告
http://ga-m.com/n/nintendo-switch-tuuhan-yokoku-oct/

ようやく注文形式がマシな感じに……。でも一日の注文受付数に限りがあるって。あんまり解決には結びつかないんじゃなかろうか……
_____

・ニンテンドーeショップセール情報!セガ3D復刻プロジェクトセール開始!再来週からはアウターワールドも半額!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6753.html

セガのセールのやつはこの機に買っておかないと……。もうSDカードの容量ないけど……
_____

・Game Informerにゲームフリークの開発者インタビューが掲載!
https://ninten-switch.com/pokemon-developers-talk-game-informer1

1人1台スイッチを買ってください、っつーのも凄い話だ。あんま据え置き機でポケモンが出るのは喜ばしいと思えないけど、まあ作品で語ってくれるだろうし、出来ることは待つだけか……。サンムーンで少しは持ち直したと思ってる身なのでなんとかやってもらいたいところだけど……。出来るならば時間をかけて開発してもらいたいなあ……

posted by グレイ at 20:35| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください