2018年02月15日

生活記録

そういや昨日はセットヴァルエンチンだったと今日になって思い出した今日この頃。毎年なんか書いてたけど今年は全く忘れていたぜ……。忘れていたことからも分かる通りカカオの何某がどうこうみたいなのは当然無い。どころか出歩いても大学かゲーセン(最近は勉強のため図書館とマックも)、人と関わることは無し、コミュニケーションも全く取らない人にとっては何の意味もなさない日なわけであって……とかいう話はいかに自分が落伍者であるかを再認識しそうなので止めておこう。あんま自分のことを見つめなおしたくない。
そういやここ最近ゲーセンへ出歩いてて思ったけど、つい先日まで鬼のように寒い日ばかりが続いてて極寒の中で凍え死にそうになりながら外を歩いていた気がしたのに、最近はどことなくあったかくなってきた印象があるのよね。つい先日まで来ていた外着を羽織って出かけたら暑くなって汗をかいてる始末だし。どうやら知らない間にバネ持って来いの季節が徐々にやってきているらしい。こんなに寒いんじゃ春は来ねえと思っていたけどそうでもないみたいだ。うにゃー。パワポケ4でもやろうかなー(10じゃないのか
_____

シレン5はもっと不思議の原始をプレイしているんすけど死にそうになっては戻されてを繰り返しているんで特に書くことが……。根本的なバランスはひとまず置いておいて、5は道具が倍増増大したので識別にかかる労力も増えてその辺が難しくなっている印象が。月影村もGB2も道具の数は多すぎではない(少なくは無いけど)ので脳がパンクすることも無くプレイ出来たけど、5は図鑑やマゼルン識別、店主識別など識別自体が大幅に楽になる要素を仕込みながらもアイテム数が多いので何がどういう効果を持っているのかを覚えていかなければいけない段階がかなーりきつい。金食い虫を装備していてこれは行っただろうと思っていたらバクチの巻物読んで所持金0にされたりとか読んだらアカン巻物や触れてはいかんアイテムを把握するまでがかなりきつい。現在進行形できつい。まずは知識を蓄えていく段階か……。今現在はギタンマムル狩りに成功したものの封じる系の杖が無いまま黄色オーラエリガンにパンチされて(札やギタンを投げてみたがこういう時ほど外れるもんで……)あの世へ逝きかけて祝福の壺にぶっこんでいたやり直し草の効果で復活してトドでも狩ろうかーみたいなところです。正直なところ盾が弱すぎる(イチかゼロの盾3段階目、印錠前で修正値-2)上に矢が一本もない有様なので困ったもんです。クロスボーヤで矢稼ぎするつもりではあるんだけどそこに辿り着くまでに昇天しそうな気配もちらほらあるのがね……。
まあでも面白いです。寝ても起きてもシレンのこと考えるぐらいには間違いなく面白く、やっぱり不思議のダンジョンは良いゲームだと思うばかりです。
_____

彩京復活プロジェクト第何段か忘れたけどスイッチ版戦国エース配信開始とのことで早速買ってきた。で早速動作確認をしてみたのだけど、うん、中々いいんじゃないんでしょうか。元をほとんど知らないだけに何がどうとかは全く言えないのだけど、ビデオシステムのソニックウィングス感あり彩京弾ありの仕上がりで全然普通に遊べる出来だ。買って損なし。死して屍、ひろふ者なし。ベリーイージーにしてもかなり難しい辺りは気になるが彩京だしこういうもんなんかな……。少なくともゼロガンナー2-みたく何かが見るからにおかしいというのは感じられない。それにしても噂には聞いてたけど、ひっでえ世界観のゲームだなこりゃ!(褒めてます)。スタッフ全員気が狂ってるんじゃないかとすら思いたくなるような異様なノリとテンポとインパクト。純粋なる狂気がこのゲームには詰まっている。戦国でも何でもない世界観設定と何が何だかもうよく分からないおどろおどろしい飛行物体やら戦車やらダルマやらが次々と出てくるものの妙な一体感が存在している奇妙なノリ、男は読経、和尚のエアバトル、ターボ坊主天外など怪しい彩京語、不気味ながら聴き応えのあるBGMとSTG新世代を切り開いたインパクトが確かにある。ガンバードと比べると色々厳しいものもあるけれど、それでもこの狂気じみたノリを確認できただけでも今作を買った甲斐はあった。ありがとう。とりあえず1周やるくらいは頑張りますかね……
オウルボーイも購入したのだけどこちらはまだ未起動。これ以上重いゲームを同時進行は出来ないだけにどれほどのものかが気になるが……。マジになって取り組まないとどうにもならないゲームばかり同時にやっているので(シレン5、ガレッガ、UFO、ピンクスゥイーツなど)、何かがひと段落してからの方が良い気もしないでもないが……。マリオデもインバーサスもヴァルハラもアイノコクラスツも手が回らなくなってきてるもんなー。どれもこれもUFOとシレンが尋常じゃなくマジで取り組まないといけない(裏を返せば夢中で取り組ませてくれる)ものなのがいけないんや……。いや別にいけないわけではないんだけど……。とりあえずこの後起動だけでもしてみるつもりで。
それはそうとこのゲームは探索型アクションらしいけどそれが故かメトロイドヴァニア系と勘違いして混乱してる人もいるらしい。探索アクションといえどもその探索度合いは多岐にわたるので探索=メトロイドヴァニアと結びつけるのは早計も良いところだとは思うのだが、じゃあどういえばいいのヨという答えが見当たらないのがねえ……。まだ起動もしていないので探索がどうのこうのとか語る段階ですらないんだけど、こりゃ普通に「アクションアドベンチャー」で通した方が混乱を呼ばんかったんちゃうんかなーと思ったりもした。公式(というか任天堂ストア)が探索型2Dアクションと言っているので仕方ない面もありそうだが…

・『Owlboy』フクロウの少年と仲間達の一大叙事詩を描く、開発期間9年の傑作アクションADV
http://www.moguragames.com/entry/owlboy-steam-indiegame/
・【今更推す一品】:『Owlboy(オウルボーイ)』(NS/PC)
http://boxdy02.exblog.jp/29286191/

自分は先に巡回先のサイトさんの記事を見ていたのでどんなゲームかは把握できていたので探索ってもそういう探索じゃないなと思ってはいたのだが。うーむ。むむむむむ。
_____

ガレッガをやりにゲーセンへ出向くも結果はかなりのダメガレッガだった。2回やってハート様mk2と7面オチ。ハート様mk2までは辿り着けるけどそこから先へ全く進めん。ハート様の運も無けりゃ(ついでに言うならボールも上に行きっぱなしだった)、連射が適切に入っているのかも分からんし長期戦を強いられ色々とボロボロだ。なんかもうボーンナムはよく分からん。深い理解が必要ない辺りはチッタよりも全然楽だけどチッタと比べて火力面性能面(特に自機速度)で劣っている感あるのでチッタに変になれてる自分からしたらチッタの方が強いんじゃ…?とすら思えてしまう。適切な連射さえ仕込めれば案外クリアは近いと思うんだが……。何連が入ってるかすら確認できてないでプレイするのはナムじゃ結構苦しい印象がががが。連射装置をくれー。
帰りは例のごとくマック勉強。ベクトルポテンシャルの復習を終わらせた。ここ最近はガレッガポテンシャルが低いような気がするので何とか高めていきたいと思いました。ところでガレッガポテンシャルってどう高めるの?
_____

UFOは更に3体を救出して怒涛の38体救出。残るは12体でいよいよ物語も大詰めに差し掛からんとしている雰囲気が醸し出されている気がしないでもないみたいな感じ(意味不明)。101号室のダメおやじっぷりに涙したり102号室に突如現れた赤さん(小太りのおっさん。突如102号室へやってきて赤ちゃんプレイを敢行する)に驚愕したりYMCKをノリノリで鑑賞しつつ写真を撮ったり201号室のリーマンがラーメン注文した後ゲームに興じてたりするのを眺めたりと色々。宇宙人救出で歴史も変わるようで殺し屋に殺されていた黒服たちが殺されない歴史へと変化したのをおおー!と見たり本当に面白い。今回何より驚いたのはマドハンド的な宇宙人救出過程。これまでバッチシーンは撮れていたのだがなぜそれがバッチシーンかが分からないまま進行していたのだけど、じゃんけんをしていたというヒントの出し方に驚愕し思わず「ああ!!!」と声が出るほど。いやもうホント凄いっすよ…。
_____

・Switchのニンテンドーeショップ更新!「THE密室からの脱出」などが配信開始!来週は「エース・オブ・シーフード 」!再来週は台湾ホラー「返校 -Detention-」が登場!
http://sinplelove.jp/blog-entry-7138.html

Tower of Babelは確か海外ストアで見た記憶が……。噂の返校も気になるがパックマンとか海産ゲーオタ御用達のエースオブシーフードとかレジスタの作品とかの方が気になるもんでね……。しかしケムコのドラゴンシンカー、まさかあの笹井さんが音楽担当とは全く知らなんだ……。こりゃ音楽だけでも買う価値ありかね。
セールやってるものだとバトルシェフブリゲードがスイッチDLソフトでとりあえずコレ一本!とまで言わしめる傑作なので買ってやってくださいな。ブリゲード万歳!!
_____

・『嘘つき姫と盲目王子』化け物と人間が織りなす、やさしい物語
https://www.famitsu.com/news/201802/15151246.html

予想以上に強気な値段にビックリ。気になるけどこりゃいったん様子見かね……。古谷Dが関わってる感は分からんし……
_____

・『UNDERTALE(アンダーテイル)』のパッケージ版が5月24日より一般店舗にて発売決定! PS4版とPS Vita版国内10万ダウンロードを記念して
https://www.famitsu.com/news/201802/15151907.html

大変におめでたき一般販売。そして想像を超えた売れ行きに唖然。ホントに人気を確立した作品なんだなあ。
……これほどの作品が、どうしてここまで自分に合わなかったのだろう……。
_____

・Nintendo Switchでも発売される『ロックマンX』シリーズは『MEGA MAN X LEGACY COLLECTION 1・2』として別々に発売される?
https://ninten-switch.com/mega-man-x-legacy-collection-1-and-2

もしもホントだとしたら予想される2が大変にコメントし辛いぞ……。遊びやすいように修正が入ってればいいのだが……。プレイはしてないのだけど噂だけは耳にしているもんで……
_____

・Nintendo Switch版『BlobCat』が海外で発売決定!ネズミを穴に誘導するキュートなパズルゲーム
https://ninten-switch.com/blobcat-switch-ver-announcement

むむむ。

posted by グレイ at 21:18| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

原始見

シレン5PLUSもっと不思議枠の原始に手を出してみました。んでもって山彦がカッパのせいで誤発した上にいきなりゾウさんに襲われたりでとりあえず25階で脱出したり29階で脱出したりな見物プレイと化しているわけで。んーと、ムズイっすね。特にアイテムの量が自分がやって来た作品よりも倍増増大しているのでそもそもの数と効果を把握しないといけない量が多いのが難しい。頭がパンクしそう。無論これに伴って識別も長期にわたり行わなくちゃいけなかったりして色々厳しいバランスだなーと思わざるを得なかったり。それでも4みたく運任せの要素が強いわけでは無く理解すれば進めるバランスに仕上がっているんじゃないかと。モンスターテーブルを把握してそれの対策となるアイテムを用意しておけばとりあえず50階くらいは拝ませてくれそうで、以降は根拠ないけど即降り体制に入るのでこれは中々中々のもんじゃないかと。ひとまずは白紙に色々書き込めるようにしたりそもそものアイテムの把握を行ったりと調査段階ですかね。奇跡的に根絶やしは読んだからこれで以降は書き込めるのだけどどーすんべ……。セオリーを考えるならラビか大根辺りだが……そもそも乱れ大根は出てくるのか…?見かわしのお香焚いときゃいいような気もするが……。そうなるとゲイズとか?うーん……
_____

シレンに時間を取られまくりなのでそれ以外のゲームはかなり少なめ。一応ガレッガやりにゲーセンへ行ったりはしてるんすけどどーにもな感じです。そのガレッガは隣の雷電Ⅱをプレイする人の邪魔にならんようにいつもよりも離れてプレイしたら目が悪くて針弾が物理的に見えないという珍事を引き起こしての負けともう言葉が出ない有様で。ええ(単純な調子自体もダメな日のガレッガと同じ感じだった)。目が悪いながらもゲームやる時は眼鏡をかけないというポリシーが仇になってしまったか……。大ショック。これからは隣に人が居ようとも堂々といつもの位置でやろう……。肝心の結果は6面後半だけど弾が見えてねえ時点でどうにもなりませぬ。というか正直6面勘で避けてたし……
帰りはマックで勉強。磁界が分からなくて軽くパニック。そろそろちゃんとやらんといけないか、とは思いつつも明日図書館閉まってるらしいしどーにもならんなこりゃ。ならばシレンだな(ダメ人間
_____

UFOはとんとん拍子に救出作業が進み遂に怒涛の35人救出。これで残るは15人っすよ15人!ここからが終盤ともあり難しくなってくるのだろうが、人間観察はますます面白くなって来てるので無問題。画家がさらわれるシーンとかおうえぇええ!!??みたいな声を上げたし、その画家を助けたのはマッチョだったみたいなつながりがあったりでまあ本当に面白い。そこに宇宙人救出というかバッチシーンを絡ませるんだから本当にこのゲームは凄い。ゲームらしくないゲームにもかかわらずゲームでしか成り立たないゲームを構成しているのだからラブデリックは凄まじいゲームメーカーだったんだねーと思うばかりで。西さん(というかスキップ)のゲームに対して万人向けでは全く無くなってしまったのがあまりにも痛いが(正直難易度が高すぎると思うし普通の人はよほどのことが無い限り途中で諦めるんじゃないかと……)、それでも物語、映像(グラフィックとアニメーション)、音楽、時間の全てをゲームシステムとシンクロさせているその卓越した完成度はホントにもう唸るばかりであります。プレイ時間は15時間を超過。最終的にたぶん30時間くらいかかるような気はするけど、いやはやこれは良いゲームを買ったと思うばかりです。
_____

・『ひふみんRUN すすめ!棒銀一直線』加藤一二三 九段が将棋世界を爆走するゲームが登場
https://www.famitsu.com/news/201802/14151797.html

何もかもが狂気に包まれている……。将棋もあんま関係ないし……。なんだこれ……なんだこれ……
_____

・『アイドルマスター』PS Storeでバレンタインセールが開催、シリーズタイトルのDL版やDLCが最大56%OFF
https://www.famitsu.com/news/201802/14151796.html

思った以上にOFAが高くて後ずさり。いつまでもAC(360)とSPで時代が止まってちゃいかんとは常々思ってはいるのだが……。そろそろ2でもやるべきなんかなー。
_____

・Nintendo Switch用ソフト『パックマン チャンピオンシップ エディション2 Plus』の配信日が2月22日に決定!
https://ninten-switch.com/pac-man-championship-edition-2-purasu-20180222-release

HD振動に期待…といった感じでしょうか。
_____

・Nintendo Switch版『de Blob (ブロブ カラフルなきぼう)』が海外で発売決定!町に色を取り戻せ!「スプラトゥーン」風のインク塗りゲー
https://ninten-switch.com/de-blob-switch-ver-announcement

!!??

posted by グレイ at 20:14| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

いよいよ本番ですか

図書館へ勉強しに行こうとおもったらまさかの休館で大ショックで計画もぶっ壊れ。これは間に合うのか…?んで、図書館いけないのならもう何もできねえということでどこまで行ってもゲームゲームの一日。
_____

シレン5Plusクリアしました。これでとりあえずもっと不思議が解禁。ここからがシレンの本番とも言うべきところでしょうか。面白かったっす。
シナリオクリアまでを見るならば残念ながらこれまでプレイした不思議のダンジョンの中ではかなりの低め。ダンジョンバランスはまさしくシレンというか不思議のダンジョンとも言うべき素晴らしいものであるのは確かなのだが(とはいえ調整の方向の違いで疑問点は多い)、なんかシナリオのコレジャナイ感がどうにもぬぐうことが出来ず……。シレンってこんなんだっけー?と思いながらシナリオを眺めていた。4は全然違和感なかったんだけど5はどうにも……。自分がプレイしてきた作品がリーバ8獣神と深く関わりが無いからかもしれないが、それでもシレン月影村とシレンGB2とは全然違うように思える。特にリーバのキャラが…。大リーバっていうのもちょっと……。基本路線は良いはずなのだが……。死は絶対だ、安易に打ち消されるようなものであってはならない、というパワポケ6のヘルガさんの言葉を完全否定するかのような内容は別にいいのだが、なんだかなあ。
シナリオダンジョンのバランスだけを見るなら4よりも少し悪化したような印象(全体的なバランスは間違いなく4よりも優れてる)。ダメなのが夜システム登場が中盤になっていること。夜を採用するなら慣れさせるために4みたく序盤から出した方が良いんじゃないかと思うのだけどこの辺は好みの問題か(夜初登場時チュートリアルダンジョンに行けるから不親切では無いんだけど)。4はかなり熾烈なバランスで単体で凄まじい強さのモンスターがうようよいたのだけど、5はその辺はかなりマイルドに変化している(ギャザーが劇的に弱くなっていたり、スーパーシレン状態とか)。しかしマイルドになったということは適当にやっても何とかなるということでもあり、適当にやったらやったであっさりぶち殺されちゃったりするのでその辺がどーも性に合わない。4は熾烈なバランスをタグシステムやらなんやらで保証かけてくれる感じだったし、それは今作でも引き続いているのだが、一気にクリアまで行けそうでいけないもにょもにょする感じのバランスなのがね……。いやゲームとしてはそれでしごくまっとうなのだが。4のバランスでは無いのにちまちま戻ってちゃんと武器鍛えてねってのもなー。あと終盤のガラ上魔導は流石にやり過ぎなんじゃないかと……。狂戦士直撃でなすすべなく死亡みたいな突然死のリスクがあるバランスでしたかねシレンって。これがエンディング後なら別に文句も言わずそうかーという感じだけどいくら何でもこりゃねえよ。4はなすすべなく突然死の危険があるのは何だかんだ夜くらいだった気がするが(ゲイズとかギャザー+ハムポンみたいなのもあるこったあったが…)、限りなく理不尽に近いよ。いくら何でもこれをシナリオダンジョンに仕込むのはやり過ぎと言うかおかしい以外の言葉が出て来ない。喰らう方が悪いというのは最もだし対処も出来ることは出来るが、しかしねえ……
シナリオまでを見るなら正直4以下という感じなので、となるとクリア後のダンジョンを見てからまたなんか書くことにしましょうか。4はクリア後の世界がかなりイカれていたというか狂っていた記憶はあるので、こっちはまともであることを祈りますぞ……。調整の方向を見るにちゃんとしてそうな予感はあるけど。
_____

図書館の代わりに津田沼エースへ行ってみたらSTG廃人隔離施設が場所変更していて唖然。ドン判。何故かネシカがあった周辺にSTG(というかビデオゲーム全般)が大移動している。確かにドリラーとかAC版悪魔城にアクセスしやすくなったというメリットこそあるが、何でここ?つーかどうせ移動させるなら以前みたくダラバーの近くにやればいいのに。中途半端に1945Ⅱとナムコクラシックだけ隔離されているのも……。今後アカとブルーとかを入れてここで稼働させるための事前段階なら文句はないが……。しっかしこの位置は人通りが微妙なので前みたいに静かにSTG出来るのかが非常に不安視。ダラバー位置時代やつい先日までは来ようと思わないと来れない位置にあったので静かにSTGやる分には最高だったのだが、階段が中途半端に近くなっちゃったのが……。稼働ゲームは特に異常なし。ガレッガは雷電Ⅱと仲良く生存を確認。
で、位置配置が変わったガレッガはナムC選択で2回やって各々ハート様mk2まで。しかしプレイ内容はへぼいの一言。一回目は配置換えで何かが狂ったかボムMAX状態で小ボムを15個くらい取るという凡ミス以前に頭が動いてないミスをしでかしランク大暴騰。弾が多い!早い!敵(というかジャンキーモンキー)が硬い!子ブラは史上初の8体!とパニック状態。パニックを起こしつつもボムがMAXだし行けるだろーと思っていたらハート様も機嫌が最悪で針弾WAY+自機狙い針弾とかそんなンばっかりでボムを撃たなきゃ死ぬしかないみたいなのが多すぎる。ちゃんとランクを適正にした2クレ目もハート様がぶち切れ状態でボム撃ちまくりでボムが足りなくて負けという有様。ボーンナムってチッタよりも火力がないのか?というか5WAYが弱点に入ってないだけかも分からんが……。戦闘が長引くのがきつすぎる。運のリソース管理がもう少しうまく出来れば……。つーか運のリソース管理ってどうやるんだよ……
_____

UFO-a day in the life-は遂に山下清のバッチシーンをゲット。更にはストップウォッチを使うことによりタイミングを計り殺し屋が放った銃弾から出てくる宇宙人(シャッターチャンスは1秒を余裕で切るほどに短い)も撮影に成功。もはやゲームプレイとは思えないほどの根性比べの様相を示してきたがまだまだ自分は戦えるらしい。こうなりゃやれるところまではやりますぜ!んで、画家の部屋の行動可能時間が大幅に増えたのでこれで色々確認して新たな宇宙人を救出出来ればって感じですか。現時点では金髪の部屋に居るピアノ弾きとOLやマッチョの部屋をうろついているゴルファーが救出できそうなのだが、前者はピアノの音が鳴って無いからタイミングが計れんのよね……。たぶんこれハッカーの部屋から聞こえてくるみたいなオチがありそうだが……。画家の部屋にゴルフのやつがいてほしいと思うばかり。というかそこに居なかったら俺はいつティーショットのタイミングを取ればいいのか全く思い浮かばんぞ……
_____

・和風タクティクスRPGがパワーアップした『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 日本神話大戦』がリリース決定! 声優・芹澤優さんのインタビューも!【先出し週刊ファミ通】
https://www.famitsu.com/news/201802/13151743.html

実質アッパーバージョン。しかもスイッチでも販売。うむむ。むむむ。
_____

・『モンスターワールドII』が29年の時を経て復活! リメイク版がNintendo Switchで4月19日に発売決定!
https://www.famitsu.com/news/201802/13151706.html

まさかのパッケージ版販売。そしてパブリッシャーは我らがPikii!!予想外にもほどがあるぜ!!でも買うとしたらDL版のつもりなんで……。すまんPikii。今後ともNicalis作品を日本に引っ張っていただきたく思いまする。
_____

・少数精鋭で開発されたゲームの切れ味の鋭さに圧巻! “自作・インディーゲームエリア”リポート【闘会議2018】
https://www.famitsu.com/news/201802/13151744.html

そうかJAEPOだけかと思っていたけどこれもあったのか……。行っておくべきだったか…?
_____

・『Owlboy』ドット絵が美しい、Nintendo Switch用探索型2Dアクションゲームがリリース開始
https://www.famitsu.com/news/201802/13151710.html

まだ未購入。戦国エースと同時に購入予定でござんす。いかほどのものか、見させてもらいましょうか…
_____

・『E.T.』や『グーニーズ』を思い起こさせる、仲良し5人組の大冒険。アクションアドベンチャー『Crossing Souls』が日本語対応で本日配信
https://www.famitsu.com/news/201802/13151693.html

むむむ。
_____

・【UNDERTALE含む外国人クリエイター6人の証言】海外大ヒットインディーゲーム開発者は“和ゲー”を心底愛している──影響を受けた日本のゲーム、尊敬する人は?
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/180213

影響を受けた作品を見るにRiMEとOwlboyは絶対やらなあかん匂いが……。
_____

・『Shift Quantum』がNintendo Switchで海外発売決定!モノクロの電脳空間を舞台にした横スクロールアクションパズルゲーム
https://ninten-switch.com/shift-quantum-announcement

ふーむ。
_____

・『Shelter Generations』の海外配信日が2018年3月に決定!野生動物となって厳しい自然界を生き抜くことを目的としたアドベンチャー
https://ninten-switch.com/shelter-generations-201803-release

ほー。
_____

ひとまずながらガレッガ攻略文書を完成させました。んで、お暇だったらカテゴリの辺りから飛んで見てやってください。分かりにくくその上クソ長い文章になっているのでその辺は注意です。はい。

posted by グレイ at 20:21| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

がれきの塔とイカサマのダイス

投げろォォォセッツァァァァーッ!!!!きさまのイカサマをあばいて魂を抜き取ってくれるゥゥゥゥゥ!!!!(誰?
と言うことで(何が?)シレン5Plusフォーチュンタワーと運命のダイスが始める気はなかったのだが始まってしまったのであった。いやなんか動作確認がてら起動してみたら時期系列が昨年末~年明けにプレイしていたシレンGB2の続きみたいだったのでこりゃもうやるしかないかなーみたいな感じで。本音を言うなら同時に動作確認をしていたマリシアスが恐ろしくとっつきが悪く凄まじく難易度が高かった(おそらくTOD2みたく理解出来たら非常に楽しいことはなんとなく分かったのだが……)のでならばこちらに逃避することに。こんなはずでは。
んで、とりあえず徹夜しつつ一日でクリアまで行けるかなーとやってみてシナリオダンジョンのラスボスの大リーバ像(失笑気味のネーミングだが…)までたどり着くもここで死亡。タグシステムを使って再開しようにも夜システムの仕様により闇洞窟マムルに小突かれそのままあの世逝きになってしまい、これで心が折れかかけ今ちみちみと戻し作業をやってる最中といいますか。ゲームとしては盤石の面白さと言って良いんじゃないでしょうか。ただ月影村→シレンGB2と初期~初中期シレンを触れてきた身からしたらこりゃあ性質が悪い調整になっていると思わざるを得ない。はらわたが煮えくり返るほど面白いとは思うのだけど、それでもはらわたが煮えくり返ってることは事実であり。夜システムとかすいだすゾウとか理不尽と紙一重の要素がやはり多い。それでも4よりは確かにマイルドになってはいるのだが……。4は4で切れ味ある攻防が楽しめる中々の作品になっていると思うのだが、5はマイルドになってこそいるものの逆に言えばどっちつかずな出来になっているのでどう向き合えばいいかが分からん。4の時はかなり難しかったからちょこちょこ戻ったりして武器を育てたり…とやっていくんだなと調整の意図が分かったんだが、今作の場合シナリオダンジョンのバランスが正直読めず「良く出来てるのは分かるが何がしたいのかよく分からない」というのが現時点の感想であり……。
まあでもやっぱりシレンなだけあって面白いっす。その辺のローグライクよりは格段にプレイしていて面白くバランスも素晴らしいです。とりあえずは本編クリアは当然としてもっと不思議クリアくらいはやりますか……。んなわけでまだプレイ中なので今日は適当な形で済まさせていただきたく云々。
_____

んで、ほぼシレンしかやっていないのでゲームはそれ以外だとUFOくらいっすかねえ。UFOは山下清のバッチシーンを取らんと頑張っているのだが全く見当たらない。おっおっおなかが空いたんだなとどこかでそのサインを示しているのだがそれがどこかが分からない。どうしたもんかな……。それ以外だとUFO乗組員を救出したくらいですかねえ。んんんん。
_____

・『グルーヴコースター 4 スターライトロード』イベントステージリポート、人気楽曲&ナビゲーターランキング結果も発表!【JAEPO 2018】
https://www.famitsu.com/news/201802/12151660.html

む。
_____

https://twitter.com/exaarcadia/status/962185496582545408
EXA第3弾は@picorinne_soft のインフィノスEXAです!もちろん、音楽担当は九十九百太郎氏です。ご期待ください!

The 3rd release on exA-Arcadia is @picorinne_soft ‘s INFINOS EXA with music by Hyakutaro Tsukumo. More details to come!

https://twitter.com/exaarcadia/status/962555907723816966
有限会社グレフはEXAに参入させて頂きます!これからの作品ご期待ください!

G.rev joins the exA-Arcadia family of top class developer partners! Working with the fan community, look forward to more announcements from them soon!

POWER TO THE EXA!

https://twitter.com/exaarcadia/status/962598271301505025
発表の続きで有限会社セイブ開発もEXA基板に参入させて頂きます!ご期待ください!

Continuing with announcements today, Seibu Kaihatsu joins the exA-Arcadia family bringing decades of arcade experience to the modern era. Lightning will strike again!

https://twitter.com/exaarcadia/status/962600674222469121
本日の最後の@JAEPO発表です。
株式会社シティコネクションもEXA基板参入させて頂き、誠にありがとうございます!クラリスたちにもう1回会いたいでしょう。

Our last announcement for JAEPO 2018, City Connection, owners of Jaleco’s catalog, also have joined the exA-Arcadia family!

衝撃の基板デビューを果たしたEXAから衝撃の知らせが次々と。ここに来てアーケードの、そしてビデオゲームが盛り上がろうとは誰が想像できようか。一周回って遂に我々の時代がやって来たかもしれないぞ。こうなるとこのプロジェクトは本当に成功してほしい。しかしピコリンネソフトのゲームがまさかアーケード化するとはなあ……。稼働したらやってみますぜ!

posted by グレイ at 20:15| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

生活記録

二度寝して二度とも悪夢のようなものを見るような一日。しかも悪夢のようなものと言うのがミソで悪夢を見たという具体的な証拠である異様な不快感と寝汗でびっしょりみたいなものは確認されたのだが、その悪夢の具体的内容は何一つ思い出せないし思い浮かばない有様で、俺は何を見ていたのだろうという感じな目覚め。怪物に襲われるとか潰されるとかそういう具体的な悪夢よりも実体のないものの方がよほど恐ろしくも思えるのでこれは中々に嫌だなーと。毎日朝起きて3食食って外に出たりして、追い詰められてるわけでも何でもないのにどーしてこんな夢ばかり見るのかねー。LSDでもプレイせよみたいなことだったりするんだろうか。嫌々。
_____

具体的な案も何一つ思い浮かばぬままとりあえず外へ出向きそのままJAEPOに行くか悩みつつの津田沼エース。STG隔離スペースのちょうど裏側にある格ゲーやらメタスラ6やらぷよぷよやらのコーナーに人が異様に集まっており、こりゃ長いこといても居心地良い空間では全然ないなと思いガレッガ一発やって即帰ることに決定。どうも人が多いゲーセンってのは苦手だ……。Heyとかは全然いいんだけど。あーでもHeyもわざわざ平日真昼間を選んで行ってるからホントに混んでるHeyを見たこと無いんだよなー。
だいぶ話がそれたガレッガはボーンナムC選択でグロウスクイード第二形態。今回は2ボス改で降りてきたと思ったボールが上に行くという珍事に遭遇し無駄ボム一発放ちこれで全ての計画が乱れる。微妙にボムリソースが足りず、微妙に残機リソースも足りず…という塩梅でハート様mk2で残0にもかかわらず子ブラは6体とこれも微妙。なんだかなーと思いつつ攻撃を撃ち込み気合で避けていたのだが発狂ワインダー2回目でボムが切れ死んで残機0(途中の機雷にボムでエクステンドした)。んで、残機無いから無理だろーと思っていたグロウスクイードはやっぱり無理だった感じで終了。どうにも運のリソース管理が下手なのかリアルラックを持ち合わせていないのかグロウスクイードがきつい。楽な攻撃引けば勝てる気はするのだが……。まあでも、時間切れ選択よりはグロウスクイードの攻撃は目視できることは確かめられたのでこれで良しとする。後はちゃんと連射が仕込める店でやればクリア行けるでしょう。たぶん。
_____

帰りにJAEPO行くか悩むも流石に3連休で一日も勉強しないのはかなりまずいと判断しマックに勉強しに行く。とりあえず磁気学の磁界に入るところまでの復習はやったのでここさえ終わればたぶん基礎学力の何某は何とかなるだろう。日々精進。
しっかし結局詰め込み学習中なのでクイズゲームの復活はまだまだ遠い、か。クワー。何時になったらクイズゲームを再開できるんでしょう。このままずるずる行ってクイズ完敗のまま終わるのだけは避けたいが……
_____

Heyにもミカドにもいかなかったので第3の選択肢執行。ということで3000PSNポイントを追加してシレン5、ブレスオブファイア3、マリシアスを購入。とりあえずシレン5とマリシアスが買えて満足といった感じでしょうか。とりあえずシレンの面白さは盤石なのでこれで良しとしときましょう。気になるのはバランスだけどこれはどうなんだろう。一応理不尽要素と隣り合わせだったシレン4に対して理不尽要素は続行だが対処手段が増えたらしいと聞いているが……。
シレン5が一応現時点でのチュンソフト製不思議のダンジョン最終作だった気がするが(世界樹と不思議のダンジョンを含めたらそれになるのかもしれんが)、今後の不思議のダンジョンはどうなるんだろうなあ。初期の月影村はあまりにも統一された理不尽さの無い難しさだったので、おそらくはどこかからかが転機になり理不尽と隣り合わせの面白さに面白さが変質していったというのが自分の印象なんだけど、シレン5のバランスがどうなってるのかが気になるところでもある。とびとびにしかシリーズ触れてないので詳しくは知らんのだが……。でも理不尽さの兆候は既にシレンGB2でも少し見受けられたからどこからかで絶対にチュンソフトスタッフに意識改革があったとは思うのだが……。旧シレン(アスカまで)→トルネコ3、ポケダン、シレン3など→シレン5という過程を見て行くとチュンソフトが不思議のダンジョンという題材をどう考えているかが分かりそうな気がする。物凄く適当なこと言ってるけど。うーん。
_____

UFOは遂に鬼門マブッチを撮影に成功!これで救出した宇宙人は31人に上ることに。残るは19人。しかしここからが難関であり本番といった感じなのだろうか。山下清とかが救出出来ればいいんだが……。金髪の部屋に来ているので間違いなくそこにバッチシーンが隠されているはずなのだが……
ピンクスゥイーツは5面で死亡のダメピンク。ランク自体はそれなりだったのだが残0でヨウカンの処理を間違えて大敗北。WAY弾発射砲台を壊し損ねて下から上にWAY弾撃たれてそのまま沈没。ガレッガの戦艦戦もそうだけど下から迫ってくるWAY弾はきついものがあるね。その辺の処理し損ねたときのWAY弾の厳しさは矢川らしいと言うべきかなんというべきか。
ヴァルハラは五日目終了。これで後はクリアするだけかな。
_____

・『Streets of Rogue』がNintendo Switchで発売決定!見下ろし型のローグライクRPG
https://ninten-switch.com/streets-of-rogue-announcement
・『Party Hard』がNintendo Switchで発売決定!近所のうるさいパーティをぶち壊しにするハチャメチャゲーム
https://ninten-switch.com/party-hard-switch-ver-announcement

シフティ出したところの作品で覚えておいた方が良いのはこの二つかな。特にParty Hardがナチュラルな狂気に包まれてていいね。こいつら狂ってるぜ。
Party Hardでは、あなたは近所のうるさいパーティーにウンザリなどこかの誰かとしてプレイします。 警察を呼ぶ代わりに、あなたは皆殺しにした方がいいと思いました – あなたに忠実なナイフと周囲の物を使いましょう。 戦略を組んで全米のパーティー会場での連続殺人を成し遂げましょう。

開発者たちは今までカジュアルな、家族向けのゲームを作ってきました – ゲーム・ジャムに参加して、Party Hardのプロトタイプを作るまでは。 TinyBuildが原作者、Pinokl Gamesをサポートし、完全版がSteamに登場したのです!

Party Hardはセミプロシージャルな環境で、人殺しの様々な手段に重点を置いています。 隠密系ゲームの伝統に則り、最大の目標から見つかる事ではなく、自分を疑っていない被害者を一人づつ静かに始末していくことです。 疑われている時に踊ること、人混みに紛れることが重要です。



posted by グレイ at 20:33| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

生活記録

JAEPOに行くべきかその交通費と入場料をゲーム買うかHeyかミカドの遠征費に充てるべきかで頭を悩ましている昨今。無論これで頭がいっぱいいっぱいで何も手がつかず勉強は当然しておらずゲームもあんましていない。ぬがー。なんかこれだけ悩んでおいて何もしないって選択肢が頭をもたげているのでもうどうにもこうにも。日々我無気力。早く社会復帰したい。
_____

ガレッガをやりにゲーセンへ。ボーンナムを使って過去最高の860万(たぶん)をたたき出し残機2を残しグロウスクイード戦へ突入。これはもう勝ったも同然だろう(子ブラの機数も7機だったので)と高をくくっていたのだが世の中そんな甘いものではなかった…。ここに来てナムガレッガ史上最大の敵現る。その名は視認性。ガレッガ=弾が見えないというのは成り立つが、んなもん目を凝らせば見えるっしょとこれまで思っていたのだがグロウスクイードの弾幕のほぼ全てがナムのショットに隠れてなんか亜空間から弾が湧き出てるような感じになりあれよあれよと死にまくり第三形態を拝むことなく負け(第二形態はレーザーもなかったし赤弾だったので特にヤバい攻撃引いたわけでも何でもなかったのだが……)。特にモンゴリアンチョップ(回転針弾で挟み込み殺しを仕掛けてくるアレ)が何も見えん。ショット撃ち止めないとかわすことすらままならない有様。なんだってんだー!!ファーック!!これはまさか超直感で直線軌道で飛んでくるのを見越して動けっていうノリなのか?そりゃきついって!!しっかしこれまで4号機チッタミヤモトでは全然脅威に思わなかったところで苦戦することになろうとはなあ。あーあ。
しかしこれで泣き寝入りするわけにもいかず対策をネットで探してみると機体変更したらちゃんと弾が見えて倒せたというタレこみを発見。ならばあのダサイ色使いのボーンナムともおさらばじゃー!(ひでえ)、ということでそこで早速ナムC選択に乗り換えてみる。色使いのダサさはどっこいどっこいだったが幾分かはマシといえばマシ…なのか?こちらは6ボスジャンキーモンキー第三形態ですっ飛んできた小型丸弾が見えてなくて負け。この見えてないは果たしてどう見るのが良いんだ…?こうなりゃ全種類試せってノリなのか?ランクプラン的には全然無問題で、しかもハート様の発狂ワインダーもちゃんとかわせることを確認できたから後はクリアするだけなんだけどなー。連射さえちゃんと仕込めれば普通に行けるはずなんだが……。やっぱHeyかミカドかどっちかでやらなければならないのか…というか、連射が要る機体はアバウトな連射しか仕込めないここでやるのはきついもんがありまくりだな……。津田沼エースが一時期みたいに連射ダイヤル電プチ設定になればいいんだが、カラスや大往生、メタルブラック、プロギアの嵐、レイクライシス、レイフォース、シルバーガンを置かなくなり覇気が全くなくなった今のエースにそれを望むのは無理か……。正直やれるだけでもありがたいもんだしね……。とりあえず方針は立ってるから他の機体(男の3号機とかガインとか)でも使いつつナムのクリアを追いかけてみますか……
_____

ピンクスゥイーツは4面マロンボゥル地帯でボムを撃たずにボムチャージもせずに突破する方法を練習してみたのは良いのだがランクがあんま変わんなくてげんなり。これまでの「ボムチャージフレームランク異常増大」+「マロンボゥルの弾封じ」+「その前のバナナボートと砲台(名前はシナモンワッフルだったっけな)の弾封じ」+「最後マロンボゥルボム抜け&ボムで弾消し」と比べて「マロンボゥルの弾封じ」+「その前のバナナボートと砲台の弾封じ」だけになっているので上がることは間違いなくないとは言えどかなり下がると踏んでいたんだが……。弾封じのランク上昇が異様に高いんかなー。弾を封じてるつもりはないんだが……。こんな仕様じゃまさにチョーやる気ネェーだよ……。
肝心の内容はまさかの7面中盤まで。これまでのプレイで分かったことはといえば、自分に6ボス第三形態をボムチャージとショットでかわすのは不可能だということ。つまりボム乱射でどうにかしろと。たぶん破壊可能弾エクステンドも無理。そうなるとスコア300万エクステンド(エブリ100万)で残機2か1、7面固定エクステンドで残機3か2、400万エクステンド(エブリ100万)で残機4か3か2か1となるわけで、これで卵をどうにかしろと言う形なのだろう。このパターンだとエブリ100万特化内容になってしまうのでデフォルト設定ではまたパターン組み直しになってしまうがもう何もかもがどうでもいい。そもそもデフォルト設定で稼働してる店自体がほとんど存在してない社会的に「バランスがクソ」と言われてるような代物のゲームを真面目に考える意味は無いよ(錯乱気味)。しかも卵が運任せだし。しかし逆に考えれば運さえ避ければクリア出来るということでもあり……。まだまだやるしかないか……。ぅあぁっ!チョーやる気ネェーっ!俺は一体なぜこんなゲームを……
_____

UFOは30体救出で上機嫌。しかしゲームの難易度自体は大きく上がって来てるしいよいよもうわけ分からんことになってるし反射神経の勝負の箇所も出てきて厳しくなってきた。moonのジンギスカンみたいにある程度のゲームスキルを要求されるのは勘弁と思っていたが、今のところ殺し屋(?)が黒服を狙撃するときに一瞬コスモセンサーが反応している箇所の撮影がどうしても出来ない。一瞬光ってるし場所はなんとなく特定出来ているのだけど反射神経が……。タイミングもつかみづらいし何をどうしたら……。マブッチ(これはまだ救出できてない)のターンはオカンのいびきでタイミング取れたけどこれは図るものが皆無に近いぞ。おやっさんの位置でタイミング見切れみたいな?それはいくらなんでも……。流石はエンドネシアと並ぶラブデ高難易度ゲーの一角か……。こうしてみると西さんのゲームは何だかんだまともな人でも出来るようバランスとれてたんだな。正直UFOはその辺の他のゲームに懸ける労力の2倍くらいを使わないといけない代物らしく結構しんどい。その辺の他のゲームの20倍くらいは面白いんだけどね。
ヴァルハラは4日目に突入。4日目っす(書くことがあんま無い)。
_____

・北米で『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』のNintendo Switch&Steam版が発表!
https://www.famitsu.com/news/201802/10151570.html

日本はどうなんじゃー!!と思っていたら日本でも出るょと言っているみたいなので一安心。んでもVitaかスイッチかどうするべきかな…
_____

・懐かしいのに新しい!?『PONG』と『VRキャプテン翼』をタイトーブースで体験してきた【JAEPO 2018】
https://www.famitsu.com/news/201802/09151556.html

オリジナルのポンもあるとは……。うむむ気になる……。ニューポンはなんか高さが微妙に低めなのが気になるな…。その辺はいわゆるテーブル筐体オマージュみたいなもんなのか。でももう少し高い方が良いような気もするけどこればかりは実物を見てみんと分からんか。うーむ。むー。
_____

・『Legend of Kay Anniversary Edition』がNintendo Switch向けとして海外で発売決定!PS2で発売された3Dアクションアドベンチャー
https://ninten-switch.com/legend-of-kay-switch-ver-announcement

信じられないほど面白いゲームらしい。どことなくレア社の匂いと言うか洋良アクションの香りを感じるな……
_____

・tinyBuildGAMESが明日放送予定の『HelloSwitch』で6種類のNintendo Switch用ゲームを発表!
https://ninten-switch.com/tinybuildgames-helloswitch-2018-switch-games-6-announcement

ミスターシフティは面白かったから新作にも期待ですかね……
_____

・「Firewatch」、アップデートにて日本語字幕に対応
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1105393.html

パニックジャパンがジャパンでパニックを起こしていたらしい……。ゲーム自体は高評価らしい(ローカライズも8-4らしい)がそれよりも何がどうしてパニックジャパンなんて名前にしたんだろう…
_____

・海外PS4とPS Vita版「Deadbolt」の発売が2月20日に決定、Risk of Rainを生んだHopooの傑作ステルスアクション
https://doope.jp/2018/0273662.html

うーむ……
_____

・Nintendo SwitchとPC向けの新作「助けてタコさん」が遂に完成、発売日もまもなく解禁か
https://doope.jp/2018/0273704.html

安心と信頼のNicalis案件。これは購入止む無しですかね…!ローカライズはPikii辺りでお願いしやす。


posted by グレイ at 20:36| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする