2017年11月11日

アドベンチャーゲーム強化期間第五戦~パンチライン~

起きたら11時でやる気ゼロガンナーだったのでゲームだけして過ごす。ああダメ人間。
_____

俺がパンチラインと言ったらチュウリップとルールオブローズを作ったパンチラインに決まっているだろうが!というわけで次なるアドベンチャーゲームはこいつに決定。思い返してみればメタモルVも単純な勧善懲悪ものでは無くいろいろと考えさせる作品であり、マリカ真実の世界は何をどう見てもダークな物語、おまけにはーとふる彼氏も普通に遊ぶ分にはただのバカゲーだが真相ルートは重いにもほどがある、そして今進めているルクスペインも人の心の闇に焦点を当てたシナリオ、といったように何故か重い作品ばかりになってしまったのでここは軽いものでもやろうかと考えて。アニメは一度たりとも見たことがないが、アニメの内容をなぞった感じと言う事前情報は仕入れていたのである意味新鮮にゲームに挑めるだろう。たぶん。いや分からんけど。ホーム画面とホーム画面からロードした画面を見て犯罪者になった気分だと頭を抱えたが果たしてどうなることやら……
とりあえず1話をクリアしてみたけど、チュートリアルと主要キャラの顔見せ、設定面の披露が焦点なのでここで語ることは特になし…というか取り立てて語ることがない。打越マジックが炸裂するまでは衝撃を受けるような描写も無いもんなのかねえ。というか打越さんの作品ってよく考えたらメモオフしか知らんので(ソフトだけはやたら持っているのだが…)これが実質初なのだが……。アニメと一緒に作られていたからかアニメパートも非常に多い印象を受ける。使い回しかどうかは分からないけれども。2Dグラフィックのゲームでは無いことは知っていたけれど3Dモデルが上手いこと活かされているかというと…どうなんだろうね。Vitaの性能に無理があったのかそれとも低予算なのかは分からないが、モデリングの質はそこそこなのに動かし方にどうもぎこちなさを覚える出来。ダメとは言わないけどもう少し何とかなりません…?ピタゴラスイッチ的謎解きは面白いとは思うが…今後に期待といった感じかな。後は設定面での描写の少なさと俺とのかみ合わなさが強烈なのが気がかりなことこの上ないが、進めていくとしましょうか。ほえほえ。
_____

ストレスを抱えてランク調整しても仕方がないじゃない、ということで武者修行を兼ねてピンクスゥイーツ1.01の稼ぎに取り組み中。稼ぎといってもマジになってやる気はないので素人がちょっと頑張った程度に過ぎないのだが。1.01はランクが上がっても弾が異常な数になるくらいなので問題は無いだろうし、何より敵が固くなってにっちもさっちもいかなくなることは無いし。まあそれを調整するのも楽しいことは楽しいのだがいろいろ考えるしランク上げる行動を取ってイライラを募らせ挙句の果てに難易度暴騰箇所で死ぬのは本末転倒にもほどがあるだろうと。
とりあえずシャスタを使ってみて600万目前で6面中盤で勲章落としてそのまま入滅。この稼ぎペースが桃薔薇としてどうなのかは分からんが、1.01は撃ち込み点稼げないしこんなもんなのかねえ。たぶん上手いこと行けば800万くらいは辿り着けるだろう。800万は確か360ランキングのトップくらいだったしあんま稼ぐ人っていないのかなあ。と言うよりはそもそもこんなイカレたゲームをやる人なんぞほとんどいないってのが真理なんだろうなあ。俺もプレイのしすぎて感覚がマヒしてきてるしなあ。客観的に見たら救いようがないゲームという印象自体は変わりないのだが、主観で考えたら矢川STGで12を争うほどの完成度と思い込んでるし。
ともかくとして弾の多さに慣らしているもののそれで1.00が突破できるようになるかといえば…微妙なんだよね。パターンに相関性こそあれど使いまわせるかといえば使いまわせないものが自分が作成したものだと多いし、そもそも6面を突破するのにボムを節約せないかんのに5面でボム祭りを行っている時点で……。やってみたはいいがあんま意味の無いことだったかもしれん。ただ不思議と後悔はなく、1.01であっても稼ぎはいずれほんのりとはやろうと思っていたのでこれはこれでよかったかもわからん。目指すは1000万だけどシャスタじゃ厳しいかなあ。理屈上勲章落とさなければ対して何もしなくても800万くらいは行くとして、後の200万どこで上乗せするのよみたいな。撃ち込み点は敵が柔らかくて無理、パーツ破壊は腕が伴ってなくて死亡一直線ってのはねえ……。
あと4面マロンボゥル地帯は画面右に移動して一気に上に上昇して弾封じを行い後はそのまま弾を撃たずに弾避けしてればいいらしい。マジカヨ!これでボムを0発(ボタン同時押しが苦手で誤発するのでその分を含めると1発か?)に抑えることができるゼ!まさか弾を撃たないことが解法につながろうとは……。烈火みたいだな、というかこのゲームは烈火のリメイクでもあるので当然といえば当然か。うーむ唸らされるぜ

【桃薔薇1.01テキトー稼ぎメモ】
・基本方針
ランクが上がろうが敵の硬さは変わりない、弾は無限に使えるボムとボムチャージで封殺可能、敵の弾はほぼすべてが自機狙い弾ゆえに弾避け不要、であることを考えるとランクは無視してよい。ランクを下げるプレイングでは無くなるので敵弾が異常な数になるが大した問題にはならない。開幕に連射を入れて撃ち込み点を増やし、アイテムの重ね取りもガンガン行う。勲章ループを繋げれば普通に700万とか800万は出せる気がする。
パーツ破壊は腕が伴っていないので放置。ただ1面卵と3面卵は破壊可能弾を大量に出して2500破壊エクステンドに一役買ってくれるのでここのみ粘って破壊可能弾数を稼ぐこと。薔薇尻はサーチ仕込むまで常にバック。
・1面
勲章ループを繋げること自体は容易だがちゃんと勲章を取ってから次の勲章を出すことに注意。1面卵で破壊可能弾を稼ぐ。
1ボスで腕をもいでフィニッシュ。点数増やすならミサイルで粘る、本体にダメージ与えない(ボムチャージを使う)などをすればよいはず
・2面
勲章がここで1万に届くので後はこれを継続。2面卵は危険度が高いので稼ぎは無視。2面中ボスその2で破壊可能弾と撃ち込み点を稼ぐ。
2ボスでタイヤ破壊で勲章取りまくると点数的に旨いかもしれない。シャスタだと強すぎてあんまし粘れないかもしれないけども。
・3面
固定エクステンドを取る。3面卵前に確実にエクステンドを出せるようにしておく(2500エクステンドの性質上)。3ボスのボンバーで勲章が稼げるが極めて危険なので無視して倒していい。
・4面
クリアするだけならここの蛇地帯で勲章を落としてランク下げを行うのだが、稼ぐ場合はこれを取ればよい。弾が増えるのでその点に注意してボムチャージとボムを上手く使えばいい。マロンボゥル地帯はボムで。
・5面
編隊で勲章(と言うかアイテム)全部取ること以外特筆はなし。5ボスは運任せなので何とか安定させること。
・6面
勲章を落とさないようなパターンを組むこと。要検討。絶対に卵後のところまでつなげること。
・7面
卵が運任せ(ry。バーン様戦はランクが上がってボムが面白くなる反面地獄になると思うので注意する。
_____

・王道的な縦スクロールシューティングゲーム『Xenoraid』が海外で11月17日に配信決定!
https://ninten-switch.com/xenoraid-switch-eshop-20171117

これが真のゼノシリーズか……
_____

・TACS GamesがSwitch向けの新作ターン制SLG『ACORN Tactics』を発表!
https://ninten-switch.com/acorn-tactics-announcement

戦略シミュレーションか。うーむこれはどうなるかな。
_____

・カプコン、『逆転裁判』シリーズをSwitchに投入へ!
https://ninten-switch.com/capcom-2018-coming-to-gyakutensaiban

そりゃあ出るは出るだろうが……逆転裁判は一体どこまで続くんだ…?シリーズとしては続いてほしい一方で物語の畳み方と次なる一手を考えてもらいたいという気持ちもあるんだが……
_____

・Switch版『クロワルール・シグマ』など3タイトルをPLAYISMが“デジゲ―博2017”に出展
http://dengekionline.com/elem/000/001/626/1626839/

スイッチにクロワルールシグマ出るのか!あれは中々に面白かったし今後スイッチでPlayismがイカしたゲーム出してくれるのなら応援したいところだ。Vitaではあんまやり込みもせず終わっちゃったけどここらで一発やり込んでみようかしら。
_____

・M2 Shot Triggers「魔法大作戦」インタビュー前編
https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1089519.html
・M2 Shot Triggers「魔法大作戦」インタビュー後編
https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1091038.html

立体視アレスタだとッ!!というかPCからのタイトルも出したいという言葉を考えるとMSXやX68k辺りのタイトルとかを検討中なんだろうか。MSXのコンパイルSTGとか出たらいいなあ(と思うけどある程度EGGで遊べるしあんま意味ないか…?でもアレスタとかもう無いしなー

posted by グレイ at 20:37| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

生活記録

水曜締め切りのレポートを二つも抱えて大混乱中。とにもかくにも忙しすぎる。それでもって疲れてゲームもあんまし出来てないって現状でござんして。やりたいゲームは山のようにあるし、せっかく買ったゲームを死蔵にしながら過ごすのは辛いことこの上ないな。うげー。しばらくゲームしてる時間すら作れそうにないけど、それはそれで問題あるのでVitaでアドベンチャーゲームでもまた始めることにしてみましょうか。一応とあるソフトはDLしておいたのだけど。しかし意外と短いみたいなのをどこかで聞いたけど容量異様にデカかったしこれホントだろうな……。
今日はルクスペインくらいしかプレイしておらず、そのルクスペインもネタバレが割と致命傷になりかねない箇所に差し掛かっているので書こうにも書けん感じです。こんなもんですみません。たまにはこんな日もありますことです。
_____

・『Caligula -カリギュラ-』11月17日の生放送番組でシリーズに関する新情報を発表
https://www.famitsu.com/news/201711/10145826.html

もしかして新作があったりするんだろうか。
_____

・ハムスター、アイレムのアーケードタイトルを『アーケードアーカイブス』シリーズとして配信、第1弾は『ジッピーレース』
https://www.famitsu.com/news/201711/09145777.html

ッ!!来たかアイレム!後々Xマルチプライやドラゴンブリード、ガンホーキ、ギャロップ、DASシリーズ(エアデュエル、アンダーカバーコップス、ジオストーム、海底大戦争)、無論R-TYPEやイメージファイト辺りが出ると良し!というか出てほしい!ゲーセンで遭遇したことがないXマルチプライやドラゴンブリード、ギャロップにエアデュエルをプレイしたいもんだ。マジで出てほしいし初期アイレムは実はほとんど知らない(スぺランカーくらいか……)からお布施もかねて初めて聞いたジッピーレース買っておこうかな……
_____

・Nintendo Switch版『大戦略パーフェクト4.0』が2018年3月22日に発売決定!
https://ninten-switch.com/dsp4-switch-ver-announcement

システムソフトアルファースイッチに参戦するのかッ!!スイッチ暗黒ゲーの覇権を握らないことを祈るだけ祈らせてもらおう……。というかホントはゲー霧とか凄まじいゲームを送り出しているという逸話しか知らなくてゲームはやったこと無いんだよね……。一本くらいはプレイした方が良いかなあ。一応大戦略だし。


posted by グレイ at 21:18| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

なんだ! これは!

はーとふる彼氏を追う前に言っておくッ! おれは今やつの真相ルート(BBL)をほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……
あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
「おれは 乙女ゲーをプレイしていたと
思ったら いつのまにかダークサスペンスが始まっていた」
な…何を言っているのかわからねーと思うが 
おれも何をプレイしているのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…萌えだとか鳩と恋愛だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
___

というわけではーとふる彼氏クリアしました。感想は何もかもがネタバレに引っかかるので何も言うことができないのだけど、ここまでやられたらもう脱帽しかない。乙女ゲーでも何でもない気がしないでもないが、こうまでシナリオの完成度のアドベンチャーゲームはそうそうお目にかかれん。特にこれまでとはまるでテイストの違うルートの内容に各鳥のルートで謎を残したりしていた部分を凄まじい勢いで伏線回収を行う手法は本当に凄い。凄すぎる。あの時のあれはああいうことだったのか!あいつはああいうことだったのか!などもう次から次へと驚きまくり。シナリオにぐいぐい惹きこまれる。真相解明ルートの始まり方も凄い。こんなのありえねえ。狂ってるとすら思える。ネタバレなしだともうこのゲームを伝える術が自分には思い浮かばない。とにかく買ってやってくれとしか言いようがない。つーかもう買え!そしてBBLを見ろ!あのルートが始まった瞬間とんでもないレベルのバカゲーという印象は消え去ったよ。タイトルに偽りなしの怪作アドベンチャーだと思う。
それだけに、Vita版はどうしようもない欠陥品なのがあまりにも残念でならない。エラー落ちすることもあるというのはともかく、アドベンチャーゲームとして脱字のオンパレードとウィンドウに文章が収まりきってないというのは致命傷以外の何物でもない。特に脱字は本当に多く、意味の推測こそ何とかできるもののこんな出来じゃダメだろ!と言いたくなるようなものなので……。海外版を再ローカライズという手法を取っていると思うのだが、それが完全に仇になっている。この点は本当にひどい。擁護のしようがない。これさえなければ世紀の傑作として崇め奉る可能性すらあったのに……。そんなわけでお勧めしたいのは山々だけどいろんな覚悟のうえでプレイしていただきたく……。シナリオもめちゃクソ重い感じなのでその辺の覚悟も……。
_____

ルクスペイン進行中だがこのゲームアドベンチャーとしてみるとかなり欠陥が多いつくりだね。特にきっちりフラグ立てないとゲームオーバーに普通になる調整なのにセーブが章終わりしか出来ない、スキップは無い、バックログも無いと致命傷に近いんじゃないかと強く思う。特にスキップないのはアカンと思う。逆転裁判もバックログは無いけどスキップできるだろ!?見習ってくれよ!それかせめて、セーブを任意かパートごとにセーブ挟むようにしてくれ。これじゃあしんどいだけだ。シナリオに乗り切れてないうちからこんなプレイヤーを暗澹とさせる要素を盛り込まんでほしいところだ。世界観もシナリオも今のところピンと来てないだけに非常に苦しいぜ。ううう。
_____

ガレッガをプレイしにゲーセンへ。1ボスでまさかの被弾、2面でミスして残機ゼロと救いようのないプレイ感覚であったがギリギリのところで踏ん張り6面に突入。しかし6面中ボスでまさかの誘導ミスで死亡。こんなところで死ぬことになろうとは…情けない。
虫姫ふたりBLマニアックは血迷ってパルムで挑んでみたものの3面で死んでしまった。やっぱりパルムは合わないみたいだ。確かに敵配置を全て暗記して精密な操作技術があればレコ姫よりもよっぽど強いような気がするけど、弾避けスキルが死んでる自分にゃ無理だ。やっぱりレコ姫でパターンまとめた方がよっぽど先へ進めるらしい。ぐげ。
_____

・Nintendo Switch用2Dアクションアドベンチャー『Cave Story+』が2018年2月8日に発売決定
https://www.famitsu.com/news/201711/09145713.html

遂に来たか…ッ!!これまで興味こそあれど何だかんだ機会に恵まれずプレイ出来ず仕舞いだったがこれは行かせてもらうとしましょう……。Pikiiにはこれに限らずNicalis作品をバシバシローカライズしてもらいたいものだけどその辺どうなのよ。海外では既にいろいろ出てるぜよ。
_____

・Switchのニンテンドーeショップ更新!イカした忍者ゲーとネコゲーが本日登場!来週は「テスラグラッド」やケムコRPG「亡失のイストリア」など4本!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6957.html
・PS4&Switch用ソフト『Ninja Shodown』が11月9日から配信開始!

海外ストアで目を付けていた(ような記憶がある)ニンジャゲームが配信とな。購入できる時に買っておくとしようかな。しかしLumoも出るんかいな……。あのゲームセーブデータ破壊騒動とVita版の文字消失現象、ソルスティスをそのまま最適化せず持ってきた内容が合わなかった上にさんざんもさんざんだったけどリベンジでもした方が良いのかね……。一応死ぬほどつまらなくはなかったし……
_____

・[PS] PS Store 11周年記念セール (2017年11月9日より)
http://dlgamesale.blog.jp/archives/51054171.html

またセール!?なんだこの攻勢のかけ具合は……。そんなに安売りしちゃっていいのかいな……


posted by グレイ at 21:24| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

生活記録

マリオデ、ようやくちょっと楽しみ方が分かってきたかも…。どうにももやっとした書き方だけど。進め方の方針すら見出すことが出来ずに悶々としていたけど、ようやく自分なりのこのゲームに対する方針が立ってきた。まずこれ見よがしに敷かれたレールの存在を完全に無視する、次にフィールドをほっつきまわり何か怪しいところやパワームーンがありそうなところに行きムーンを確保する、出来ることがなくなって来たらレールに乗っかり指定されたムーンを取る、でいいらしい。どうもこの辺のレールに乗っかった上でアクション楽しませたいのか箱庭をうろちょろさせたいのかが曖昧で中途半端ゲーオタには第一印象が微妙に映りやすいバランスになっているよう。上級者の場合マリオはこういうものだという概念が存在しているはずであり、マリオデは概念をぶち破りつつしっかりとしたマリオなので何をどう楽しめばいいかすぐ分かるからマリオデ楽しい!となるし、対して初心者の場合もしっかりとレールを敷かれているからその中で暴れれば良し、難易度的にも割かし抑え目&精密な動きはそんな要求されることなしとマリオデ楽しい!と第一印象がスパッと決まる感じの調整にはしてるんだろうけど、中途半端にゲームやってて中途半端にゲーム慣れしてる人には結構辛い調整だな。というか中途半端の権化たる俺が自分で動かしているマリオを見ていてなんとなく惨めになる辺りがアレだ。ううう。でもこれでようやくまともに戦う準備は整ったといえよう。かかってこいやおんどりゃー!
後無理にジャイロ使わなくて携帯モードでも普通にプレイできることが分かったのも大きい。ジャイロの操作を使いこなさないといけんのだろうなーとは未だに思っているのだけどすげえ面倒と感じたのでこれはありがたい話だ。でもいずれは使いこなさないといけないんだろうな。うーんこんな調整でよかったのか…?
ゲーム自体は面白さが次々と襲い掛かってくる構成自体は素晴らしく良いと思うのだけど、どちらかと言うとある種の苦行を乗り越えた先の最大級の達成感を味わえるゲームの方が自分の好みではあるので相性悪いんかなという印象。小さな達成感を積み重ねるというのは良いと思うんだけど、なんかパンチ足らず。この辺はもう少しプレイしないと、というかボスとかクッパを倒さないと見えるもんも見えてこないか。まだ序盤だしここで印象決めるのは早すぎるにもほどがあるだろう。
ただカメラワークに関しては現段階で「かなりダメ」とまで言い切っていいんじゃないかと思うほどには苦しい。何がダメかと言うと視点があっち行ったりこっち行ったりふらふらするはマリオを見失い壁にマリオ隠れるしゲーム中やたら右スティックを駆使する必要あるしボス戦では独自のカメラワークになるしなんというか俺の望む適切な位置に調整できない。いや、意図は分かるんです。見てみてこのカッコイイカメラワークとダイナミックなマリオの動き!なんていうのは画面内から痛いほどに伝わってくるんです。でもそれが原因と化して操作の気持ちよさを半減させているようでは話にならない。更に視点がコロコロ変わったりすることから分かる通り今作3D酔いに関する配慮をしたのか正直疑わしいレベルだと思うんですけど。自分は1時間持たないですよ。しかもここにプレイスタイル次第でジャイロまで加わるんですからハッキリ言ってもう滅茶苦茶ですよ。カメラに不満があるならテメエで適切なカメラ選べ!なんていうオプションの調整もどうも好かん。今回CEROがBなのは3D酔いの対策あんましてないって意味の現れなんじゃないだろうな……。流石にマリオ64やよりかは優れているけどサンシャイン、バンカズ(ドンキー64も含む)以下という判定が自分の中では下された。いや、サンシャインもバンカズも褒めれるカメラワークとはかなり違うんすけど……。グラフィックがきれいになってるから酔いにくいといえばそうなのかもしれないけど、どっちにしろカメラは何でこんな中途半端感ブリバリな仕事ぶりなんだろう。これだけは変わることが無さそうだぜ。世間のゲーマーたちは3D酔いなんて無縁の存在だからカメラに対して不満も持たないだろうけど……。弱者は存在自体が罪、俺ら知らん、なんていう調整はあんまし見たいもんでも無かった……。ホント、この問題はどうしたらいいのかねえ。友人から言われた「ゲーム向いてないから辞めろ」という言葉が耳にこびりついて離れないぜ……
_____

ガレッガをプレイしにゲーセンへ行くも調子悪し。ブラックハート様の弾幕が回避できず、どころか2面で全滅だったりと踏んだり蹴ったり。どーしたもんでしょーこの有様はー。最高結果はブラックハート様まで。mk2のご尊顔を拝みたかった……
腹いせにストライカーズ1945Ⅱなんかもプレイしてみる。結果は1クレ8面と上々だが8面に残機持ち越して入れたのならとっととボムるべきだったなーみたいな場面が頻出して大後悔。まともにパターン作ってないツケがやっぱり回ってきてるなあ。くぁー。
虫姫さまふたりBLはリハビリを兼ねてプレイしているのだけどあんまし上手いこと行かず4面落ちだった。どうにも、いかんな。切り返しすら出来なくなってきたか。ガレッガ及び桃薔薇では出来るんだけどなあ。弾が多いとダメな病状にでもかかってるんだろうか。オリジナルはそんな弾多くない印象っちゃ印象だけど……。弾幕STGをやって基礎解法から思い出すレベルでやり直さんといけんのかねー。
そんな弾幕STGでは無く桃色STGの桃薔薇は4面の解法を間違えそのまま爆散し4面落ちだった。情けないにもほどがある。1.00はもう自分の実力じゃ無理なのかね…?あるいはプラクティスモードを使って練習せよみたいな。それよりもボタン同時押しが出来なくてボムが誤発してランク上がることの方が自分にとってきついんだけどなー。こればかりは何をどう練習したらいいか分からんぜ。こんなところで才の無さを露呈するとは……
_____

はーとふる彼氏の方は真相解明シナリオが出たっぽいこれで一区切りつけさせてもらうとしましょうか。しかしこのゲーム、見た目に反して異様に濃い設定だよね……。落ち次第じゃ現時点でのシナリオ良かったゲーに入っているマリカとメタモルVに並ぶか追い越すまであるかも分からんな。
ルクスペインはボチボチ。書こうにも何書けばいいかがイマイチ分からないゲームはこうなってしまいがちなんすかね。いや楽しいんですけどね。ネタバレとか、そもそも話あんま見えてきてないとか。キャラがあざといとかなんか妙にセクシーとかそういうのはあるんだけどそれを逐一書いたところで俺が得するわけでもないし……
_____

・3DSのニンテンドーeショップ更新!来週からアライアンス・アライブが4747円になるセールがスタート!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6952.html

めっきり3DSのeshopも寂しくなっちゃったものだなあ。アライアンスアライブは好評だし小泉今日治さん関わってるしでほしいけどどーっすっかなー。
_____

・Play,Doujin!プロジェクトに、サークル“StudioGIW”が参加! 第1弾は『ZombieVital』シリーズ最新作に
https://www.famitsu.com/news/201711/08145619.html

ぬぅーん、ちょっと面白そう。
_____

・“エムツー ショット トリガーズ”第3弾『魔法大作戦』発売記念ロングインタビュー(エムツー編) 超魔法ボンバーな勢いで制作された過激な情熱を、開発スタッフに聞く
https://www.famitsu.com/news/201711/08145584.html

相変わらず凄まじいパッションが飛び出てる集団だ!堀井社長の持ち運べるようにしたいという言葉からはスイッチで出る可能性もなくはない感じが伺えるけどその辺どうなんだろう。他ハードでの展開もそうだけど、ケツイはともかくフィーバロン学園の続報や井内ひろしさんのUBUSUNAの進行度合いも気になるところだぜ。後者はまあ数年待っても良い覚悟でいるからいいのだけども。次も出るといいなあ。達人王とかどうっすかね。


posted by グレイ at 21:17| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

生活記録

特になんということも無い日常。ゲームの進捗も一応はーとふる彼氏が各エンド一通り見たんじゃないかなーってくらいでルクスペインもアイザックの伝説も桃薔薇もむちポもそんなあれもこれもないので今回はこれと言って書くことも無い感じです。かといって日常絡みのあれこれがあるかと言うとこれもまた大して無く、それでいて追い詰められてるわけでもないので無っちゃ無です。中身無い生活してますが自分の人生なんぞこんなもんです。
_____

それだけじゃ難なのでマリオデについてでも書いておきましょうか。カメラワークのあれこれで乗るに乗り切れてない状況であり再開に気力を振り絞らないと行けなかったりする感じで、巷の好評に対して自分の気持ちがグングン盛り下がっていく感じなわけなんすけど、マリオシリーズって序盤がこんなにも微妙な感じでしたっけという気持ちが。今のところ自分の中で大部分を占めているのが「何をやらせたいのかが分からない」ということでありまして。箱庭アクションをさせたいのか、レールの上で大暴れさせたいのか、課題に対して取り組んで達成感を得させたいのか、よく分からんのです。まだ最初のステージ及びその次のステージでこんなこと言うのかなりアレなのは承知の上なんですけど。ドンキーコング64、あるいはバンジョーとカズーイみたいなゲーム内容を期待していた身からするとどうにも腑に落ちないというか、微妙なものでありまして。探索にしても先に挙げた2作品のように音符を置いたりバナナ置いたりといった、ここをこっち行けば上手いこと行きますよーとかここにええもんありますよーみたいな誘導の仕方が滅茶苦茶上手いとは感じられない(そこらのアクションよりは上手いと思うけど)。自ら道を切り開く上級者にとっては探索はこれでいいと思うけども、中途半端な実力しか持ち合わせていない俺はどうしたら?ならば初心者への配慮はどうかというと、ある程度のレールが敷かれているように思えるし問題は無い…けど、レールに従って課題を解いている感しかないわけであって。それはそれでマリオサンシャインなんかもそうだったからいいのだけど…。後は肝心のキャプチャーシステムがなんか自分の想像と違っていたのが……。なんかもっと自由度を爆発的に高めるものだと思っていたんです。普通に正攻法で行ける、けれどもキャプチャーシステムを使うことで違った解法も出来るっていうのを期待していたんです。でも、序盤の現時点では単なるギミックとギミックを解くためのパーツに過ぎないって感じで……。ティラノでボスとかに会ってぶちのめしたかった自分はどーしたらいいんでしょう、みたいな。まあそうすると規模がでかくなりすぎちゃうし、考慮することも膨大になっちゃうからそんなもん無理に決まっているのだけど、任天堂にはどこかでそれを期待していたのだけど……。もう少しプレイが必要な段階なのかなぁ。もう少しなんか発破かけてほしいところだけども……
_____

ガレッガをプレイしにゲーセンへ。チッタでプレイしてハート様mk2発狂まで。勝てそうなのだが肝心のワインダー攻撃をボムの無敵時間で回避可能かという問題はよく分からず。というか連射が相まって軽い処理落ちが発動してくれているとはいえ発狂を目視して避けることなんざ出来ねーYo!みたいな。ボムの絶対数は足りているとは思うのだけど、今回第2形態の機雷発射に合わせてボム撃ってエクステンドするってのをやってたからダメだったのよねー。何とも厳しい結果。後は結果を出せればグロウスクイードはどうにでもなると思うので勝利を見たいのだけどなあ。まだ無理かなあ。ランク的にも結構きつめなことが分かってきたものの、問題がない範囲だと思うのだが……
それなりに上手くいってるガレッガに対して虫姫ふたりBLオリジナルと最大往生はさんざんにもほどがある内容だった。虫姫の方はオリジナルにも関わらず1面で弾が直撃しやる気喪失、さらに3面のパズルは思い出せず、4面開幕に至っては切り返しすら出来なくなっておりパズルを解く前に憤死してしまった。最大往生の方はさらにどうしようもなくまさかの1面落ち。無念にもほどがある。とうとうそれなりにやったゲームすらどうにもならなくなってきたか。どうにも、こういうのは嫌だな。自分で自分が情けない。
_____

・バンダイナムコ田口社長「Switch向けに投入した3タイトルはいずれも動きが良い。Switch向けオリジナルタイトル、開発ラインを複数追加投入した」
https://ninten-switch.com/bandainamco-20171107

テイルズは有働さん関わるもんなのかねえ。オリジナルタイトルってのが気になるが……。HD振動絡みで何か面白いことやってくれりゃいいんだけどなあ。
_____

・『うたわれるもの』シリーズの1作目が最新ハードで復活、“原点はいま、新たなる出発点へ”の意味とは?【先出し週刊ファミ通】
https://www.famitsu.com/news/201711/07145470.html

PSP版を買ったまま一度たりとも起動しなかったらこんな羽目に……。俺は一体なんてことを……
_____

・ゲームミュージックの歴史を紐解くコンピレーション・アルバムのインストアイベントがゲーマーズ秋葉原本店で開催
https://www.famitsu.com/news/201711/07145576.html

ぐおおお……ライブもこれも行きたいのは山々なのに時間と余裕だけがない……ぐぬぬぬぬ……。CDは収録タイトルを読み上げるだけでも目に汗が浮かぶ代物なのでどうにかして買っておくとするか……。メタルブラックでArea 26-10をチョイスしてくるあたり渋すぎるぜ。ひょー。

posted by グレイ at 20:41| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

アドベンチャーゲーム強化期間第四戦~ルクス・ペイン~

階段使って上り下りしてたら足がマッスルペイン!っつーことで(何が?)アドベンチャーゲーム強化期間第4戦は何だかんだでこっちに決定。ポストペットDSは早解きを意識して目を血走らせて攻略する物では無くまったりとプレイするもの、という意思というか制作者の思いを受けてしばらく置いてから行かせてもらうとしましょう。んでもってDSで出来るDSならではのADVってなんかあったかなーということから白羽の矢が立ったのが今作ルクスペイン。正直な話音楽にイトケンさんが関わってること以外何一つ知らない作品だ。一応隠れた良作みたいなことは見聞きしてはいるんだけど。公式のジャンルは「伝奇ジュブナイル・アクティブADV」。……なんのこっちゃ。他人の思念に干渉する超能力をもった主人公を操作して事件を解決するぜ!といった趣で作風はDSらしからぬダークな雰囲気。
さてプレイ開始1時間程度の感想としては、うーんこれどうなんでしょう(聞いてどうする)。微妙に気恥ずかしくなるような文章や言い回し、言葉のチョイスなどが気になり物語に浸るに浸れない…のはおそらくあんまし慣れてないセンスのものだからとも取れるし、あるいは俺を対象にしたゲームでは無いということなんだろう。ラノベ読まんしライトノベル的なゲームってほとんどやってないような気がするし……。パワポケ(特に超能力が中心になった10以降か?)が最後か?一応ダンガンロンパ辺りもやったことはやったけど……。微妙に話がそれてきたので戻すとすると、言い回しというかセンスがどーもそれっぽく感じられるけれども悪いもんでは無い。ダークなそれ系のものが好きなら結構惹かれる文体なんじゃないかなーと思ったりもする。一方で気になるのが導入がかなり厳しいというか、主人公とプレイヤーに知識の差が膨大にあるにも関わらずすっ飛んでいくシナリオと、それと反する典型的冗長気味なキャラクター紹介のオンパレードともう少し何とかならないもんなんですか!と言いたくなるようなものだったのが……。専門用語のオンパレードと訳の分からないうちに使わされる能力と「なんなんスカこれは!どうなってるんですか!こいつら誰なんすか!俺は誰なんすか!」と愚痴を言いたくなるようなものであり、そこに気恥ずかしい文章が加わるのでプレイしてて「あっちゃ~」と目を覆いたくなるような感じだ。決して悪いものではないのだが(が、導入はもう少しやりようはあったと思う…)プレイしていて妙な気まずさを覚える。題材が異色でも導入がしっかりとしてればぐっとゲームにのめり込める作品もあるので(例:ネットハイなど)もう少し何とかしていただきたかった…。セーブが章終わりにしか(たぶん)出来ないのも厳しいぜ。
相当かまされてしまったがゲーム内容自体は悪くない。プレイヤーを積極的に物語に絡ませて主体的に進ませようとしてくるゲームデザイン自体は非常に面白いと思う。今作の肝は残留思念を超能力で発見しそれをもとに真実を追求していくといった感じのものなんだけど、このキャラクターが持っている残留思念をタッチペンで自ら削り出したり思念を読み取ったりするのがちょっと大変ではあるが結構面白く、テキスト読むだけにとどまらない味わいがあると思う。読み取った残留思念の演出もどことなくスタイリッシュにまとめられてて、それが気恥ずかしさを覚えるものの人が考えてたことを覗いているような楽しさやゾクゾク感もありと今までにないプレイ感覚。また2画面を極めて効果的に使った画面構成もお見事。下画面はキャラクターとテキストが表示されるいわゆる普通のADVだが上画面にはキャラクターのシルエットというか残像みたいなものが表示されており、ここに心の動揺とか感情が表示されている。他人の思念を読み取れるという設定にもきっちり合っているし、物語の没頭感も強めてくれる。DSならではのADVという謳い文句に偽りなしといった感じだ。これは中盤~終盤の終着のさせ方が上手ければかなりのものなんじゃないか?という気がしてくる。導入がどうにもダメとは言わないけどこれでいいの?と思う出来ではあるが、シナリオが進めばその問題点は解消されるだろうしこれは結構いいんじゃないかな。自由にセーブが出来ないので割と集中して進めんといかんのはきついけど、面白い作品だと思う。この先どうなるか、見させてもらいましょうか。
_____

苦戦していたナイトメアをクリアしてきみしね無事にクリアまで達成。あいつの名前はポリスメェェェェンッッ!!!!!!と言わんばかりの良作だったと思いますにょ(何言ってるんだ)。結構前回言いたいことは言い尽くしちゃったので改めていうことってないんだけど、DSの機能の使わせ方に無理を感じさせないしミニゲームは面白いし作風はシュールでバカだけどプレイヤーを惹きこませるものに仕上がってるし物語自体も中々にほろりとくる感じで良質、音楽も実にヌヌネネヌヌネノでヌヌネネヌヌネノな感じでヌヌネネヌヌネノな作品でありました。というか、あの歌ってマジでこのゲームの内容的確に言い表していたんだね……。ミニゲームの数々を見るたびにそう思ったよ。暴れた牛も100匹出てくるし、牛の出るゲームは良いゲームの法則にしたがえば良作だろう。牛もポリゴンだし(だから何だよ
難点はセガの天然調整が炸裂していることか……。ミニゲームの難易度が高いものと低いものの差が厳しい。ナイトメアはいろいろとおかしい難易度と化かしているのが何とも……。セガだからで許せる人には別になんてことも無く良作になると思うけれど、許せん人からしたら厳しい以外の言葉は無いね。後は良くも悪くもミニゲーム集に収まっているのでそれ以上の発展がないってところか。メイドインワリオみたく飽きやすくなってもまたプレイしたくなる作品となっているかと言われると、どうなんだ?と思う面はあるけれどそれに近い面はある。ただ難易度を上げてプレイしてもそんな面白くなるわけでもない感じのものなのが難ではあるし、メイドインワリオのように狂気じみた数のゲームが収録されているわけでもないのが惜しいところか。ただロンチでここまでまとまった作品に仕上げたのは流石のセガだろう。というわけでこれは素直に高評価にしておこう。中々の秀作だった。ラヴィ!
_____

ガレッガをプレイしにゲーセンへ。チッタでプレイして7面ブラックハート様mk2第2形態まで。んーハート様も勝てない相手ではないと思うのだが、厳しいことには変わらんか。第2形態の弾幕くらいは回避できる程度の素養は身に着けないとクリアさせてはもらえないって感じですか。ランク調整に関しては5面で子ブラ5体なので高いといえば高いのだがまあ許容範囲だと思うし、となると後はどれだけ道中を安定させるかってところか。ランクプランは5面まで勲章取る。一度でも落としたらピンクスゥイーツ走法で十分みたいだ。もしかしたら最初からピンクスゥイーツ走法でもいいような気がするけど、スコア的に不安要素しかないし。桃薔薇走法だと7面で350万か400万だしね……。死ねる回数が極端に少ないのがチッタの苦しいところだなー。俺の考えた戦術に問題があるのかもしれないが……。とっとと戦車エクステンドのパターンでも組めってか。ぐげ。
_____

・PS4『吾妻邸くわいだん』緊張感ある辛口なアクションアドベンチャーが、2018年上旬に配信
https://www.famitsu.com/news/201711/06145468.html

なんとなく懐かしい雰囲気。ゲームとしてはどうかな。
_____

・【特典付】NMK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.2【予約受付中】
http://claricedisc.shop-pro.jp/?pid=124451722

ぬわッ!!サンダードラゴン2!!雷龍!!これは予約しないと!!買うしかないわめ!NMKサウンドも結構出るようになってめでたいことだ。ゲームの方もなにかの間違いで復刻されないかなあ。ラグナロクが出たんだからこいつも期待したいところだけど。お願いしますぜハムスター……
_____

・ストーリー、シングルプレイ重視のゲームは終わったのか?
http://kentworld-blog.com/archives/story-game.html

納得は出来るが共感できる要素があんまりなかったのはおそらく自分がコミュニケーション型ゲーマー、ゲーオタでは無いことが関係してるんかな。人と絡むゲームはほとんどやらずコミュニケーションを拒絶し自分自身をも遠ざけている現状と、各ゲームの売り上げにも興味ないし話題のゲームは全然やらない現状の自分。何より今更ピンクスゥイーツなんて世間的にアレなゲームをマジになってやってる時点でゲーマーでも何でもないよと思わないでも無い。スイッチ流行のこのご時世にインザナ、きみしね、ルクスペインを持ち出して2画面とタッチペンを使ったゲームデザインがナイス!とか言ってる時点で何もかもおかしいもんがあるだろう。結局どこにも居場所なんてものはなく地獄の底で適当に時季外れのゲームからピンと来たゲームをし続けるしか、自分の出来ることは、なかっ、た。
という話をしたいんじゃなくて……長期的な目で見るって言うのはダメなんだろうか。自分のような後から評判を聞きつけ購入するタイプのプレイヤーだっているだろうに。良いものを作れば話題を集めそれを聞きつけた俺みたいな人が長期的に買い続けて適当に話題が持続することだってあるだろうに……と思うけれども多分そんなことは無いんだな。良いゲームを作り続けても売り上げもさっぱりでそのまま爆散四散したゲーム会社なんて山のようにある。東亜プランをはじめみんなどこかへ消えてしまった……ってこれは全然関係の無い話だった。
後はゲーム自体が肥大化しているってのもあって、ある程度やり切ったらもうそれで終わり、話題が発展することもなしなんてケースも多いんだろうか。そりゃクリアに100時間もかかるゲームを何度もやりたいかと言われたらねえ……。もう少し閉じた面白さのサイクルを持つゲーム(ある程度短時間で完結し時間をおいてまたやりたくなるようなアクション、STG、RPG、パズルなど)で勝負を仕掛けに来るところが増えてくれりゃあいいんだけど…なんて思うのだけど、厳しいのかなあ。厳しいんだろうなあ。現にそういうゲームってインディーズとかDL系しかめっきり見なくなった印象だしなあ。だから俺はDLソフトばっかり買っちゃうのかねー。斑鳩や魂斗羅みたいな魂を燃やす新規ゲームが週間200本くらい出るような世の中に行きたかったと意味不明な妄言を吐いてこの話題は終了。長々書いてみたけど何一つ有益なことは思い浮かばず。書いてる自分自身が何もかも消したくなるくらいに無益。どうみても最近のゲームをほとんどやってない自分が首を突っ込むべき問題では無かった。赤っ恥にもほどがある。

んあー、ピンクスゥイーツでもやって寝よう。

posted by グレイ at 22:34| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする