2017年05月12日

あなたがどぎめいていないのはどぎめぎが足りないからです

電車の中でスマホの充電が切れ、更には3DSの電池も切れるという不運が重なったことにより暇を持て余した時間に少しだけ「ゲーム音楽大全2」を流し読みしてみた。うむ、結構いい感じなんじゃないでしょうか。前回のものが楽しめたのなら中々よろしい本かと思いまする。内容面であからさまに引っ掛かりを覚えるところは無く、コアなところまで拾い上げているから読みごたえもあるし非常に出来はよろしいと思われます。
気になるところがあるとすればオススメサウンドトラックにタイトー系が少なかったり、リッジ(R4とか)が無かったことかな。タイトーはZUNTATA方面でフォローされてるけど、リッジは前回のナムコ特集で軽く触れたからいいんじゃねえか的なことなんだろうか。個人的には初期リッジ~R4あたりはかなりゲーム音楽的にも大きなムーブメントを生んだと思うし、それにR4のサントラはかなりゲーム音楽的にも知名度が高い部類のはずだ。人気もリッジの中でも屈指のものだと思うし。それともこの本のコンセプトである「あの頃のゲーム音楽」でイメージされる音楽とリッジは少し質が異なるからあえて取り上げなかった、みたいな感じなんだろうか。うーむむむ。ま、この辺のことは次回に期待ってところかな。後はちとばかし誤植やミスが気になったので(聴いておきたいアーケードゲーム音楽のところでダライアスを取り上げてるけど、収録サントラがシューティングクラスタで明らかにダラ外。ダラ外をZUNTATAの原点と言われるとちと反応に困る)何とかしていただきたいと思うばかりです。それよりもTAMAYOさんの新譜が気になるね!タイトルがあからさまにレイクライシス臭出しまくりでポエムってるし。
_____

どぎめぎインリョクちゃん3DS版がラスボスまでたどり着いたー!ラスボスはそのうち勝てるからまあクリアしたも同然だろう。Vita版の蓄積があるにも関わらず大苦戦しまくったけど、それでもこうして調整に調整された作品をプレイしてちゃんとクリアできるのは非常に喜ばしい限りです。今回は44面に関する小話をしてみることにしよう。一応どぎめぎインリョクちゃんの本質にかかわる話かも分からんのでプレイしていない人は見ないことを推奨。理由は、このゲームは自力での発見と気付きこそが全てだから、ってところかな。
___

というわけで本題に入る……前に、そもそもどぎめぎインリョクちゃんは激ムズアクションゲームとして名を馳せているアクションゲームであり多くの人をへし折ったゲームでもあるというのが一般的らしいです。しかし、それは本当でしょうか?どぎめぎインリョクちゃんは本当に激ムズアクションでしょうか?というと、まあ10人中10人は難しいと答えるでしょう(え?)。しかし、クリア出来ないほど難しくはないゲームだとも思います。それはゲームがあんま上手くない自分でもどうにかVita版を独力でクリア出来たこともそうですし、3DS版だって何度も「こんなの出来るのかよ!?」と思ってもちゃんと突破出来たわけですし。そういった出来そうで出来なくて、でも考えに考えた末に突破出来る極めて絶妙なゲームバランスこそがどぎめぎインリョクちゃんの魅力だと自分は思います。その極致が44面。あそこまで神がかり的なステージ構成は未だかつて見たことがありません。地形構成とアイテム配置、敵配置が全て意味を成している。そしてクリアまでの導線が一見見えなくてもしっかり敷かれている。こういう絶妙な調整がされた作品はホント数少ないです。
このゲームは基本的に死にゲーで激ムズアクションだと思います。が、ゲームに慣れるまで、つまり操作性に慣れるまでは普通の死にゲーですけど、25面以降、とりわけ40面以降は死にゲーでありながらもとりわけ調整された死にゲーだと思います。アクションゲームでは多くが1%の閃きと99%の努力を要求する、ゲームの実力をしっかり求めてくる難しさのゲームなのに対して、インリョクちゃんは99%の努力を無に帰す1%の閃きが求められる難しさのゲームだと思います。その1%の閃きを閃かすために500%くらい努力するゲームと言った感じですかね。
44面を見ると、開幕からジャンプでは到底届かない距離を飛んで向こう岸へと渡る場面が連発します。突破には確固たる操作技術が求められると思います。てか思いました。下に矢を撃ってトランポリン的に進むと。ないしは空中で上手いことトランポリンを設置して横にスッと飛ぶと。その方法でも精密に自機を動かせる技術があればクリア出来ると思います(Vita版だと滞空があるのでアバウトな自機制御でも案外何とかなる)。しかし、その場横っ飛び(真上に矢を放ち前に自機を動かして真下に矢を放ち横にすっ飛ぶ小技)に気付くことでクリアが見えてきます。最初の段は横っ飛びで向こう岸に届く絶妙な位置なのが凄いところです。そしてその後の2段目3段目は絶妙に配置されたライフを使用することで突破出来ます。最下段へ初期ライフでたどり着くことが出来ることが出来る、巧みなバランス調整が見て取れます。
この場面が真に凄いのは、閃きこそ大いに必要とするもののゲームの技術はそこまで必要とされないところにあると思います。空中での自機制御やトランポリン設置は多大なゲーム技術を必要としますが、地上ではさほど必要としません。というか、真上に放った後自機の置く場所でどのくらい飛ぶかを調節して覚えるだけで良いので精密な操作やとっさの判断などを求められず、ゲームがあんまし上手くない自分のような人間でも容易く難所を突破することが出来ます。この誰もが苦戦するけど誰もがどうにかクリア可能という作りはそう簡単に出来るものじゃありません。
更に、これはタイムアタックにも絡むことだと思いますが、ある程度の操作技術を持っているのならばルートが更に広がるということも凄い点でもあるでしょう。このゲーム基本的に解法がいくつかある面がある気がしますが、こうした多彩な攻略法が許され、初心者から上級者まで苦戦しつつもクリア出来、さらには自らの記録との戦いに興じることも出来る、こうまで奥深い作品はめったにないと言えるでしょう。
こういったように細部まで徹底に調整され、凡人でもクリアに手が届くバランス調整をしてくれた作品が出てくれるのであれば2DACTの未来は安心できるといったもんです。この作品に出会えて良かったとホントに思います。返す返すも良い作品です。
_____

ハードオフ以外何もない街パラダイスシティことハードオフ高柳に久々に行ってみる。以前ショーケースに燦燦と輝いていたネオジオの姿が無くなり、代わりにメガドラ系列のソフトが大量に入っていた。いや、それどころかソフト自体もセガ系(SG1000とか)のものがあちらこちらから見つかるくらいにはセガに侵食されている。この近くのメガドライバーが亡くなったりしたんだろうか……。セガ以外にもFCのソフトが大量に入ったりミッキーのレーシングチャレンジUSAが値段のつけ方が明らかにテキトーのまま売られていたり(300、800、1200があった。一体何の作戦なんだか……)と混沌としたハードオフを体験しましたとさ。混沌としたその場の空気にやられて自分も6本ほどゲームを買い込んじゃいましたよ。

・まじかる☆タルるートくん(メガドラ)
・グーニーズ2(FC)
・マネーゲーム(FC)
・エアレース チャンピオンシップ(PS)
・レスキュー24アワーズ(PS)
・オーバードライビンDX(PS)

これだけ買って2000円超えないんだからパラダイスシティはパラダイスだ。しかしPSのゲームはそこが知れんな。名前すら聞いたこと無い作品がまだゴロゴロあるとは。オーバードライビンは確かニードフォースピードの御先祖様だったっけ?24Hの方は初めて聞いたが面白いんだろうか。エアレース チャンピオンシップの方は音楽が凄く良いっすよとオススメを頂いて、実際凄く良くて音楽にハマっちゃったからかなり楽しみだったり。これでプレイする時間があればいいんですけどねえ(涙
ところでゲームフリーク開発のタルるートくんは確保出来たけど肝心のメガドラが無いよ。どうしよー。それとハードオフのショーケースにはメガドラの傑作の数々が置いてあるんだけど、普通のソフト置き場に「ゾウゾウゾウレスキュー大作戦」が1000円で売ってたんだけど、これってやっぱ確保した方がいいんだろうか。うーむ悩むね。自分の未来よりも悩ましい(他に悩むこと無いのか
_____

PSNから謎の10%オフクーポンが送られてきた。むっどうも4月に買い物した人に贈られるものらしい。そういや最近になってようやくPSNからのお知らせを受け取るようメールの設定を変えたんだけど、こういうの定期的にやってるのかよ。これならすぐに変えておくべきだった。こういうことは早く言ってくれないと。これでまた10本くらいゲームを買い込んじゃうかもしれないな。いひひ。でもプレイする時間が無いよ。うー。急に渡されても正直困るな……。なんかテキトーに買うゲームを見繕っておきましょうかね……
_____

・『さよなら海腹川背 VR』 20年以上の歴史を誇る名作ラバーアクションがOculus Gear VRに登場!
https://www.famitsu.com/news/201705/12132905.html

まさかまさかのVR!今回ばかりは「さよなら」の副題が裏目にでたか?とも思うけど、こうしてゲームが出るのは喜ばしい限り。VRでのワイヤーアクションって結構楽しそうだぞ。
_____

・幻のサテラビュー配信ソフト「改造町人シュビビンマン零」がなんとSFC用カセットとして6/30発売決定!
http://sinplelove.jp/blog-entry-6568.html

最近この手のROM商売多いなあ。個人的には喜ばしい限りなんだけどさ。しかしこんな形で復刻されるとは、予想外ですな!しかしこれそのままの移植(といっていいんだろうか)なんだろうか?「今の」メサイヤというか、エクストリームはハッキリ言ってあんま信用ならんと見ているので昔のメサイヤの移植なら喜ばしいんだが……さてどうだろう。
_____

・ドラクエXIはモンスターに乗って空を飛んだり壁を登ることが可能!任天堂がE3 2017に合わせてビデオプレゼンを実施すると発表!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/dqxi-nintendo-e32017.html

スイッチ『バトルスポーツ めく~る』は5月18日配信に、「BitSummit」では本作の大会が開催

前々から気になっていたので覚えておこう。

posted by グレイ at 22:53| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

カービィ2クリア/シャンティハーフジーニーヒーローも(一応)クリア

今日が確かHallyさんのチップチューンの歴史本もといゲーム音楽の歴史本の発売日かー?ということで本屋を駆け巡ってみたのだがどこも売り切れで手に入れることすら叶わず。んあー、これかなり楽しみにしてなのにー。キー。しかし津田沼の丸善も地に落ちたもんだな!あそこへ行けば全ての本が手に入ると初めて来たときは思ったもんだが全然そんなこと無いぜ!これじゃあ家の近くの千葉の三省堂書店に移っちゃうぞ。あっちは普通にゲームジーンとかゲームレジスタンス2とかを置いてくれてるし(そんな基準で選ぶなよ
一応近いうちに発売されて、こっちも買う予定だったゲーム音楽大全2は買ったんだけど、悲しいことに読んでる時間が無いのよね。とほほ。増子司(今名前違うけどこれで許して)さんのインタビューとか凄い興味津々だし、何より今回こそはサイコソルジャーが取り上げられてるのか気になるしー。
これは果てしなくどうでもいいんだが今日で22歳になってしまったので誰か誕生日プレゼントとして時間を下さい。まともに娯楽に接することの出来る時間を……。ほんの少し、ほんの少しでいいんです……
_____

昨日虹のしずくを一つ残して仮クリア状態だった星のカービィ2も完全(ではないんだけど)クリアですよ!リアルダークマターを倒して万々歳!世界に平和が戻った!虹の演出に涙!でもモノクロだから感動半減!でも俺の心のフィルターを通してみれば七色に輝いている!と感動に感動するほど感動しちゃった感動ゲーだった。
ただやっぱりあんま褒められた内容じゃないのは確かだね。ワールド6の謎解きみたいに頭を使い組み合わせを考え「ああ分かった!」という快感を味わえるようなものもあれば、ワールド7みたくただの総当たり作業であったりワールド4みたいにまともな頭してたら閃きもしないダメ謎解きもあったりする。3と比較して物語性がそこまで強くなかったり、それを読み取りにくいのもかなり厳しいところだ。GBだからしゃーない面はあると思うんだが……。難易度的には、クリアするだけなら簡単、でもやり込みを考えると歯ごたえありまくりの作りはナンバリングカービィ共通のそれであり、これはまあいい感じかね。3みたく「最近のゲームってむずかしすぎ!もっとサクサク遊びたいよね!」と煽っておきながら自らが超難度ってこともないし。完全クリアの難易度もタッチカービィみたいに凄まじいものでも無く凡人でもどうにかなるものであり中々いいんじゃなかろうか。ラスボスのダークマターも初見はマジ強い、でもパターン化超楽勝。リアルダークマターは強いっちゃ強いけどこちらも勝てない相手ではないとちゃんと調整の妙を感じる。STGじゃねえのかよ!というツッコミはあったけど、この近接ソードアクションも中々楽しめましたよと。所々の不満もあるけれど、やっぱりカービィは面白く、そしてやりがいのある素敵な作品でございました。ああ楽しかった。
で、実はまだミニゲームとかが残ってるんだけど、100%クリアにはそこまで興味も無いのでこれで区切りとさせていただきましょう。気が向いたらボチボチ進めておきましょう……。次にやる3DSのゲームは何にしようかねえ。
_____

なんだかんだでシャンティ1/2もクリアですよ!あえてアイテムを一つ逃してクリアしてみたんだけど、ラスボスっぽいものも出てきちゃったし、モード一つ解禁されちゃったからこれで正規のエンディング…なのか?大団円っぽい空気がにじみ出てるし……。俺のか細い英語読解能力でもなんかそんなことが読み取れるし……。わ、分からない……
これでクリアとしていいのかは極めて疑問だがゲーム内容の方は文句のつけようがない完成度だ。海賊の呪いとは全くの別ゲーになってしまったけど、こちらもこちらで面白く、それでいて出来が極めて良い。同じステージにも関わらずシャンティの変身能力が増えるたびそのステージの印象が激変する作りはまさに圧巻であり脱帽ものだろう。ステージもかなり広大で探索要素の盛り込みがこれまた極めて絶妙に配置されていたり変身能力の増加を踏まえて作られているのでステージに来るたびやりがいがある。1周目では怒涛の演出の嵐であり「なんじゃこりゃー!」とプレイヤーの心を掴んで離さない要素が多いのも特徴。ボスはボスでこちらもあっと驚くような多彩な攻撃を見せてくれる。こいつらやりすぎだ!滅茶苦茶だ!なんてことを思っちゃったりもしたり。そういうやりすぎ感漂うゲームは大体出来の良い作品と相場が決まっておりシャンティ1/2も出来が非常に良い作品でありました。
あとはキャラの魅力がやはり大きいかな。グラフィックがドット絵+立ち絵から3Dアニメ調+立ち絵に変わり鬼ドットを堪能することは出来なくなったけど、こちらもこちらで細部まで作り込まれているので魅力出まくり。揺れるところが揺れてるのはこのシリーズでは譲れないところなんかな?やはりウェイフォワードは変態と言わざるを得ないだろう。2面とかかなり狂気染みてたしね……。キャラクターがキュートで可愛らしく、それでいて動いて良し飛んで良し眺めて良しなので印象に強く残るのもポイント。今回はファンアートをゲーム内で眺めることが出来るから如何にこのゲームが愛されているかが分かる作りにもなっているね。ホントにキャラクター人気の高い作品なんだなあ……。
と言った具合な感じですかね。とりあえずアイテム全部手に入れたのでもう一回くらいはラスボスを倒してみて、それで100%になるかを試してみよう。全能力解禁モードは…どうしよう。あとハードコアモードはどうしよう。シャンティって基本的に難易度高くない(かといって低くも無いと思うけど)からこっちの方が歯ごたえあって面白くなるのかもしれないな。でも少し時間を置いてからにしようかしら。まずはラスボスを倒すところからだな。うーむ。
_____

ちまちま挑んでいたどぎめぎインリョクちゃん3DS版の44面に解法が見えた。うわーこれちゃんとクリア出来るよう配慮に配慮をしてくれているのねー。そこに気付けるかが勝負ってわけか。なるほどこりゃ良く出来ていますわ!これぞやりがいのあるアクションってところですな!Vita版の方が難易度マイルドになって遊びやすいと思っていたんだけど、3DS版も中々やるじゃないですか!
しかしボンクラダメゲーオタとしてライフ増殖の小技に気付いてしまい、それで突破してしまったという悲しき事実があるのよね……。一応ライフ2残して最後のブロック退けのところまではたどり着いた実績はあるんです。だから一応自分でもクリア可能だとは思うけども、クリア出来たというわけではない。正攻法でクリアしていないって悲しいね。自分は一生かかってもインリョクちゃんに足を向けて寝ることが出来ないでしょう。どころかこうして面白いゲームだと語ることすらもおこがましい…?あわわ、なんかもうごめんなさい。悪気はなかったんです。ただ、ただほんの少しだけ楽をしたかったんです……。
今は45面を攻略中。このステージも実はライフ増殖の小技が使えるけど、ここはそんなことをしなくてもクリア出来る…気がする。というか、44面をこんな有様でクリアした以上ここだけは正攻法でクリアしたい!なんとかなってほしい!
_____

・【画像追加】“PasocomMini MZ-80C”が10月中旬に発売決定 往年のパソコンの名機が手のひらサイズで復活
https://www.famitsu.com/news/201705/11132811.html

3本のソフトが凄く気になる……なんだろ。こういうミニ商品もっと出ないかなあ。今こそミニの時代ですよ!クラシックミニSFCの出番ですよ!
_____

・東京サンドボックスのインディーゲームイベント“TOKYO INDIE FEST”に架け橋ゲームズがサポートする注目タイトルが出展
https://www.famitsu.com/news/201705/11132824.html

LIGHTFIELDってめちゃ酔いそうだけどめちゃ面白そうだな。これはちょっと覚えておこう。THUMPERはVRじゃないと盛り上がらんのちゃうかーと思ったけどHD振動か。その手があったか、みたいな感じだな。うーむ。TGSでやった時は上手いことVRの視点が合わず、操作も難しく、途中で中断というバッドエンドになってしまったが、これはいつの日かリベンジ…か?
_____

・PS4の新作ソフト紹介映像が公開!Switch版テイルズは2017年度内に発売!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/ps4-switch-tails.html

バンナム、Nintendo Switch向け『テイルズ オブ』シリーズのリリースは2017年度内を予定

む、そうなのか。さてこれに有働さんが関わっているか……。遠くから見物させてもらうとしましょう……。もっとも、有働さんが関わっているから面白いゲームになるかと言うとそれはそれでまた違うとは思うけど、少なくとも自分が信じるゲームの面白さを作れる人の一人ではあるとは思うし。TOD2かTOR並の戦闘システムの完成度だといいんだけどねー。

posted by グレイ at 21:32| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

カービィ2仮クリア/これだからお約束展開は素敵だ!

今週辺りから大学生活が過激化だゲームしてる時間なんてありゃしねえーッ!!ぎょわわわわー!!つーか1週間以内に50枚以内にレポート課題をまとめるって、頭おかしいんじゃねえの?いや、50枚書かなきゃいけないわけではないし(つーか50枚も書いたら逆に評価下がりそうだよ)、それを実際行動に移すのは来週なんだが、とにかく気が重い一年が幕開けって感じだ。いやもう慣れたけどさ……年々しんどくなってねえか?俺がジジイに近づきつつあるだけかもしれないけど……。ゲームの文章書いてる時間はあるのかねー。みんなも大学選びは慎重にね!いやまあこれに関していえば俺がアホなことも関係してはいるんだけどさ。
_____

星のカービィ2をクリアしちゃいました。ワーイ。よくやったぞ俺。えらいぞ俺。幾度となく悩み苦しんだけどその苦労は報われたぞ。
といっても最後のワールド(7だったかな?)の虹のしずくをゲットしていないからバッドエンド(ノーマルエンドと言った方がいいかな)なんだけどね。まあとりあえずは区切りにはたどり着いたと。デデデも倒したし。表面上のラスボスと言う立ち位置は実に良く似合い、それ相応の強さを兼ね備えるデデの旦那はやっぱりカリスマ性溢れる生命体でありましたと。ノーマルエンドの内容はもっと3とか64みたいに子供の恐怖感を煽るようなものだったり、「えぇ……ッ!」と言いたくなるようなハッとさせるものが良いとは思うけど、まあGBじゃこれが限界だったのかね。敵リストの中にラスボス仕込むのではなく、カインが怪訝そうに上を見上げるだけでなく、カインが見上げた先にダークマター直接置いても良かったんじゃないかな。まああんま言いすぎるとつまんねえことに固執する残念な人になりそうだからここで止めておくけども。重要な論点でも何でもないし。
ゲーム内容としてはそりゃもうADVとしてのカービィの面白さをしっかりと堪能させてもらいましたよと。アクションではかなりきつい面も多く、更に仲間システム前提のために敵配置としかけがえぐい上に爽快感も大してないと正直褒められた出来じゃないけど、それ以上の面白さを与えてくれるのなら文句なし。何気なく読み取れる物語性と、虹のしずく取得のためにひたすらにステージを駆け巡り、ああでもないこうでもないと頭を悩ませ、突破したときの快感は計り知れないもの。今遊んでもなおこの組み合わせやステージギミックを考え謎を解く面白さは健在だった。初めてやったカービィは64で、3を今もなおカービィの中でも良作の一作品と置いている自分にとっては非常に面白く、そして苦戦すら楽しめる作品だった。まあ流石にワールド4の謎解きは製作スタッフはこれでいいと思ったのか?ああ?となったけども、ワールド6の謎解きの良さで完全帳消し。いやあやっぱりカービィは面白いデス。謎解きをガン無視すれば難易度的には手頃な部類なのもお見事でございます。この辺は3もそうだったかな(64はすげえ難しかった記憶がある)。
さてと、まだワールド7の謎解きが残っているので、最終的な感想はその時にでもいたしますか。うーむ名残惜しいなあ。
_____

シャンティ1/2もどうやら終盤みたいですよ!海賊の呪いでは前作のラスボスと共闘!というのが売りだったようでありイマイチリスキィ・ブーツの立ち位置が見えてこなかったんだが、今作ではしっかりしてるみたいね。序盤の噛ませ犬だとばかり思っていたらとんでもない展開を見せつけてくれたよ!海賊の呪いしか知らなかった身からすれば印象が激変するくらいには。我らがシャンティ嬢も意識を失ってダーク化しちゃうし。
しかしそこからの怒涛のお約束展開に思わず涙がこぼれた。自らの精神状態の中に仲間たちの幻覚が出てきて励ましてくれる展開というのはゲームでも何でもよく見られると思うんだが、そこに至るまでの過程と意外性がしっかりと描かれているから素直に「頑張れシャンティ!」とかおいちゃん思っちゃったよ。ここの展開がヘボヘボな感じのゲームだと能面のような表情で心動かされるものは何も無く死んだ魚の目をして虚空を見つめるくらいなんだけど、シャンティはしっかり作られていたから英語であってもしっかりと話とその展開、演出にのめり込むことが出来た。ううう……良いゲームだなあ。
で、現在はラストダンジョンが出たみたいで。攻略しても良いんだけど前作の例を見ると全アイテムを集めてホントのラスボス戦って感じですかね。で、アイテムの場所がまだよく分かっていないと。まだまだシャンティ漬けの日々は終わらないみたいですな!
_____

ゲーセンでメタスラ2をやっておく。一応ちまちまと攻略メモは書いてはいるんだが、自分自身が安定した攻略を実行できていないという有様ではあんまし褒められたものにならないしねえ。一応2ボス(アッシ・NERO)のスクロール停止バグなんかを確かめてみたりしたよ。5面洞窟内のボムくれる捕虜の場所の確認はしてみたよ(うろ覚えだが5番の上だっけ?)。
プレイの方は気が抜けているのか問題だらけだった。3面の盾兵をいざ切らんと切りかかろうとして殺されそうになったりレバー攻撃したと思ったら攻撃できてなかったり、最終面でF取り損ねてハンドガンとボムでヒーヒー言いながら攻略したりと大変だったが、どうにかこうにかノーミスでラスボスまで到達。前座のダイマンジは今回は極めて良心的でLを3つも出してくれた。いつもこうならいいのに。んでもってラグネーム戦に。しかしここで大問題発生!というのも!鬼避けにしくじってメタルスラッグが大破してしまったのである!メタスラなければラグネームなんか勝てるわけがねえ!……と思っていたんだが、なんか普通に1機死んだだけで勝っちゃったんだよね。つまりは1クレALL。これが実力の進歩というものだろうか。ホーミングレーザーが普段よりも遅く見えるぜ!俺、ゾーンに入ってる!
…実際のところ弾が遅いのはただ単に処理落ちしているだけなんだが、それでも生身でも(しんどいが)勝てない相手ではないというのが分かったのは有益な情報なのかも。流石にハンドガン一丁というのは無理も無理だが、HやLを取れれば勝てない相手じゃないんだね。そこを知れたのが良かった。やはりメタスラ2は凡人でも楽しめるやりがいのあるゲームである。まー実のところメタスラを失わないパターンを守った方がいいに決まってるんだけどね。とはいえ不慮の事故はいくらでも起こりうるものだし、その時に対処を知っているのと知らないのでは大いに違うだろうと。また一歩メタスラ2が1クレクリアの安定化に近づいた…ような気がする。
_____

・先進的すぎるVR版『Rez』の到達点…VRの可能性であり、困難への先回りした解答さえ示す“傑作中の傑作”:「なんでゲームは面白い?」第七回
http://news.denfaminicogamer.jp/column01/rezinfinite

む、結構意外な作品が取り上げられてる。この人は任天堂系専門だと思ってただけに意外だ。そんなこと無いんだろうけど、任天堂作品に対する考察は素晴らしい限りだし。ということで後でしっかり読んどこう。
_____

・超絶ドラッギー! 『テンペスト2000』などを開発した奇才ジェフ・ミンターによる新作『Polybius』が海外PS4で配信開始。VRにも対応し、PC版も開発中
https://www.famitsu.com/news/201705/10132746.html

ようやく(なぜか)ファミ通COMでも取り上げられたぜPolybius!って書いてる人はアンタか!なんとなく予想は付いたけれども!いつの日かプレイしてみたいもんだなあ。というか、買ったまま未だに放置されてるTxKマジどうしよう……
_____

・『超獣ギガ大戦』 絵巻物風のケモノが活躍するタワーディフェンス、ニンテンドー3DS向けに5月17日より配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201705/10132771.html

ここってラビラビのところだっけ?ふむふむ、みたいな感じ。一応記憶しとこう。
_____

・マインクラフト、ニンテンドースイッチ版は携帯モードで少し違いが
http://ga-m.com/n/minecraft-nintendo-switch-keitai-mode/

むしろここまで違いなくプレイできるもんなんだとそっちに驚いた。自分はもっぱら携帯モードで使う予感があるが、それでも据え置きと大差ない体験が出来るのだからすげーんだろうなあ。
_____

・閃の軌跡IIIの発売日が決定!真・三國無双8の開発状況は40%!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/sennokiseki3-musou8.html

PS Plusのフリープレイラインナップが更新!

PS4/PS3/PSV「シュタインズゲート ゼロ」
PS4/PS3「ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」
PS3「SIMPLE500シリーズVol.3 THE 密室からの脱出~月夜のマンション編~」
PS4/PSV「Lumo (ルーモ)」
PSV「Severed(セヴァード)」

なんだかやけにLumoの記事に訪れる人が多いと思ったらこれが原因か!あのゲームはねえ……定期的にパッチが出てたみたいなんで、セーブデータ破壊バグなんかも治って(自分は遭遇してないので知りません)、今はまともだと思いますよ……。正直知りませんけど。ゲーム内容に関していえば、コメントを控えさせていただきます……。クリア出来てないし……。まあ、ソルスティスに思い入れがあって、無料ならやってみてもいいんじゃないですかね。絶句するほどつまらなくはないけど、心動かされるものも大してなく、時間を捨てる覚悟があるのなら、やってみなさいって感じですかね……ククク……。一応クソゲーの類ではないと思われます。面白ゲーでは断じてないと言えますけど。

posted by グレイ at 21:03| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

10点満点か評価不能かどっちかにしろ!

なんだか俺が小旅行して龍神様に呪われていたり星のカービィ2で苦渋を味わっていたりシャンティ1/2やエイリアンソルジャーに感動し涙を流していたらいつの間にやらこんな話があったみたいですね。某所の人経由で知ったんだけど。

・「10」とはいったい何なのか――レビュワーの苦悩とIGN採点式レビューの美的な欠点
http://jp.ign.com/ign-japan/12097/opinion/10ign

このことに対する個人的な見解は……なんでしょうねえ?ポエム読解力が欠落してるのか、結論が出ない話には足を突っ込まない方が良いと脳が警告を出しているからか、どうも思う所もあんましなかったり。自分自身がありもしない面白さを妄信したり、誇張に誇張を重ねてなんてことないゲームをさもありがたいもののように崇め奉る狂人のような行為を日常的に行っているからかあんまりレビューがどうのこうのという話は中々……。特に自分がそこまで信頼や重みを置いていない「点数」の部分はなおさら……。点数じゃ計り知れないところにこそ、ゲームの面白さや楽しさはあると考えている身であり、そういったところをほじっていたり、ゲームに対する思い入れや何らかの叫びがにじみ出た(こっちの方面だと感想文になっちゃうけど)、レビューや紹介文なり評論文は見てて面白かったりするもんだけど、その辺どうなんだろう。やはり商業であったり購入対象層へ向けてのものだと分かりやすい指標が必要だったりするもんなのかなあ。高評価は知らんが低評価に信頼のあるファミ通クロスレビューは(一応)平均的な作品のはこんなもんですわと目安を出しているだけ良心的なのかねえ。
で、ポエムはともかくとして「そもそも、「10」とはいったい何なのか」とか「あなたにとっての「10」」みたいな話は興味深い。安い言葉だと「神ゲー」になるんだろうけど、そういうのは一体なんなんだろうね?俺史上最高傑作と言うは容易いけどその後にそれを越えるゲームが出てきたら?と言うのもあるし、最高傑作が同率で並ぶことが出てきた場合どっちが上なの?みたいなこともある。満点なんぞ存在しねえ!と声を大にして言うことも出来るけど、自らの中にある程度の理想のゲーム像が存在していることは大いにある話であり、そして現実はどうやっても理想には勝てない。むー。思い入れの強い作品が満点だ!と言う見方も出来なくもないが、過去の思い出は得てして補正がかかっていたりなんなりする場合もあり(パワポケ7とかドンキー64とか俺の魂のゲームはそんなのばっかりだな……)。
この話の教訓は……ゲームレビューは10点満点か評価不能かどっちかにしろ!ってことかな(もう色々間違い過ぎ
_____

シャンティ1/2は懐かしのあいつが飛び出てきましたよ!
2017-05-08-233701.jpg
スクイッド・バロン!お前5ボスにまで昇格したのか……
2017-05-08-233737.jpg
2017-05-08-233746.jpg
2017-05-08-233758.jpg
そして凄まじいまでのメタネタのオンパレード。英語を完璧に理解しているわけではないけど、こいつがとんでもないレベルのメタネタかましていることだけは分かる。ああ……このシリーズがローカライズに恵まれていないのが本当に惜しい!箱一は日本語版出ちゃってるけど、他機種はまだ出てないからどこかのローカライズメーカーさん頼む!出してやってくれ!
進行状況はハーピィダンスを手に入れ空を飛べるようになったりしたところまで。これで更に探索してアイテム探す感じですかねえ。そろそろ終盤だとは思うんだがステージが広すぎて中々骨が折れるね。でも噛むほどに面白くなるタイプのゲームであり、面白さが持続するような配慮をそこかしこに仕込んであるから退屈することが無い。つくづく買ってよかったと思うばかりである。
_____

エイリアンソルジャーもちびちび進行。短時間に完結するゲームだから隙間時間に進めやすいといえばそうなのかもね。スーパーイージーで11面、スーパーハードで5面まで進行。最初は初めのボスすら倒せないあんまりにもあんまりな有様だったがゲームの特性を理解し操作を覚え敵の対処を把握していけば道が開けスパスパと先へ進める調整が非常にイカしている。すべての操作に意味がある分敷居がめちゃ高いのはシルバーガンっぽい感じだけど、パターン暗記からの解法の自由さは斑鳩みたいな感じかな?ようは超トレジャーしまくった作品と言えるところでありそりゃあトレジャーが神格視されるのも頷けるといった感じですかね。集中力の持続時間を考慮して短時間でプレイが終了するようなバランス調整も見事。アクションゲームなのにプレイ時間がそこまで延びることが無く、短い時間でガガガっと燃えるようなバランスを維持しちゃう作りはすげえ斬新に思える。
攻略メモとしては、武器はちゃんと使い分ける必要アリってところかな?意識する情報量の減少を図るべく全部ホーミングにしたりと試行錯誤していたんだけど、ホーミング2つしか使わねえという事実に気付いてからはソードや火炎放射を使ったりしている。火炎放射はイマイチ使いどころが見えないがソードがこりゃ強いね!ホーミング2、ソードは確定で残りの一つを適当に探してみることにしよう。
_____

ゲーセンでブレイジングスターをプレイしてみる。ランクSTGということは分かったのでアイテムをガン避けしてみたのだが、根本的実力が欠落してるのか1クレ3ボスでお陀仏ってしまった。エイコムにしては難易度そうでもないぜ!とか思ってたけど普通にエイコムだなこりゃ。うーむ。もしかしてタメ撃ちの稼ぎも厳禁とか(なんかそんな気がするな)。どうもまだゲームが掴めんね……
ガレッガに逃避してみるも単発狙い撃ちをしていたはずが何かの拍子で連射が入ってしまったのか体感20連くらいの恐ろしいショット速度が維持されてしまい地獄絵図。そりゃあ雑魚をなぎ倒せますけど、倒せますけど!5面(ブラックハート様までたどり着けてない)で詰みまがいの弾が恐ろしい速度ですっ飛んでくるようになり完全敗北。つーか連射速度維持とかそんな仕様採用してるんじゃねえよ!どうも柏地下ゲーセンでガレッガをやると連射が入りやすいみたいだ。俺の押し方に問題があるのかもしれん。どんな押し方だよ!と言われると言葉に詰まるけど……。大ショック。こりゃ津田沼エースでやった方が無難だな(こっちだとなぜか連射にならない
他には怒首領蜂最大往生もプレイしておいた。最高記録は1クレ3面中ボス。Aショット強化が扱いやすいと聞いたのでCショット強化から乗り換えてみたが印象はまるで変わらず。どっちもただひたすらに息苦しくしんどい感じだ。うーむ。大往生やケツイみたいに間一髪弾をすり抜けたりちまちまパターン作っていったりと言った緊張と快楽の図式が最大往生にはあるのかがよく分からず(俺の腕前が足りてないだけかもしれないけど)、拳銃突きつけられて「生きるか死ぬかどっちか選べ!」と脅されながら弾避けしてる気分になる。むー。確かに他のゲームでは味わえない緊張感があるといえばそうなんだけど、どうも自分が好む緊張感とは質が違う気がする。やっぱ上級者向けなのかねえ……
極パロもやったけど5面中盤で菊一撃ったにも関わらず死ぬという大失態をしでかし、挙句の果てにカプチーノでミサイルとったりと訳の分からない動きをしまくり6面でエクステンドを目前に討ち死に。こんなはずでは……
_____

カービィ2は6面に入ったところまで。虹のしずくはすぐに見つけたは良いけど、これをどうとるかで頭を悩ませるわけですか。うーむ。アイスが必要なのは分かるけど謎を解くにはアイスを捨てて何かを取らないといけないと……さあどうするんだろう。もうちょいステージを見て回ってみるかな。
_____

・『ロマサガ2』リマスター版スタッフが語る! 重要なのは原作をリスペクトし、再解釈すること【Unite 2017 Tokyo】
https://www.famitsu.com/news/201705/09132677.html

Vita版ロマサガ2ってそんなに売れたのか!?サガ信者しか買わないんじゃねえかと思っていたが……結構懐かし需要とかあるのかね。まあロマサガ2は面白いですからねえ……。NewのVCとかスイッチにも来ないかな。リメイクも良いけどオリジナル版もね。そしてロマサガ3のリマスターにも、十分に期待させてもらうとしましょう……
_____

・『ルディミカル♪魔神少女音楽外伝』 人気アクションゲーム『魔神少女』シリーズのスピンオフ作品が、Nintendo Switch用ダウンロードソフトとして5月11日より配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201705/09132664.html

おっめでたい話ですな。魔神少女はすげえ面白アクションだったけど、リズムアクションのこちらはどんな塩梅なんだろう。


posted by グレイ at 21:20| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

いくら信者でも流石にこれは擁護出来ん

シャンティ1/2進行中。ドンドコ進み空中レースを片付け、今現在はお化けが出そうな(と言うか出てるのか?)ところに侵入して、スライム娘に吸収されてぶち殺されたところまで。ミミックまで出てきておいちゃんビックリしちゃったよ。このゲーム驚くことが多すぎる。プレイヤーを楽しませようという徹底した配慮と調整が効いてるね!良く出来たゲームと言うのはこういうのを言うんじゃなかろうか。ステージ構造は無駄が無いし来るたびに印象が変わるし、難易度は高いっちゃ高いが不可能な高さでは無く、ボスは軒並み「なんじゃこりゃー!」と言いたくなるような奇想天外驚天動地な攻撃方法や演出に溢れてる。アモバロンなんか思わず笑っちゃったよ。あんなのアリカよ!?
ゲーム自体は終盤なのか中盤なのかがイマイチ見えてこないのがアレだけれども、まだまだこのゲームには楽しませてもらうことになりそうですな!前作も面白かったけど今作の方がゲームとしては好みみたいだ。これで日本語がちゃんとしてればなあ……(俺がやってるの海外版だけど)。誰かウェイフォワードにまともなローカライズをつけてやってくれよー。インターグローでも良いっちゃ良いんだけどさー。
_____

星のカービィ2も進め中。4面の謎解きで頭を悩みに悩ませ、ステージを行き来してコピー能力やお供だちの関係を試行錯誤してみるもどうにも解けない。4-4でカインを連れてきてファイアを持ってくるところまではいくら俺でも閃いたんだが、ファイアを捨てないと虹のしずくがあるところまではたどり着けない。はてさてドウシタモノカ……と頭を悩ませ1時間。流石に限界を感じ、数字カービィの手厳しさを味わうことになりましたとさ。
で、屈辱を味わいつつ攻略情報を見てみたんだがこれはヒドイw ナンバリングカービィの謎解きの熾烈さと言うか悪質さは3が極致だとばかり思っていたんだが、こんなの正攻法にするのかよ。冗談キツイゼ。いやあこれは予想外。確かにプレイヤーがギリギリ思い浮かぶか思い浮かばないかの辺りを突いてきた謎の盛り込みだけどこれはいくら何でもやりすぎだよ。難易度の上げ方がむちゃくちゃと言うか、まともな神経してたらこんな常識外れのプレイは流石にしないよ。カービィ3でノーヒントでのチュチュでなでるやナゴ持ってくる必要があるのにステージ内でナゴが一切登場することが無いという衝撃の謎解きをも許容して好き好き大好きな数字カービィ好きだがこんなの擁護出来ねえよ。情報量減らして、そこからの物語性なり設定を自ら読み解いていって世界観を楽しみつつ謎を解いていく楽しさが2は容量の都合もあるのか、それともまだ発展途上だからか著しく欠けてる印象がある。ゲーム自体をみりゃそりゃまあ良作佳作(人によっては(つーか桜井カービィに慣れ親しんでる人にとっては)凡作)辺りの評価で落ち着くレベルの作品ではあるけども、ちょいとばかしこれはきつい。カービィと言えば万人向けの優しいゲームって印象だけど、少なくとも数字とタッチ(あとやったことないけどカービィボウルもか)は難易度的には地獄だね。最近のゲームってむずかしすぎ!もっとサクサク遊びたいよね!(白目
まあ時代に取り残されたボンクラとしては、古臭いこういったゲームを時間をかけてちまちま攻略していくことにしましょうかね……。流石にここまで悪質な仕掛けはもう用意していないと思うし。最終的な評価は3未満に収まることは目に見えているが、どうでしょうねえ。
_____

大学の友人が3DSを買おうか悩んでいるらしいのでNew2DSをプッシュしておいた。友人は借りた3DSでFE覚醒をプレイしていたみたい。冷静に考えなくてもNew3DSってSFCまでの歴代FEが手元一つでプレイ出来ちゃうんだからとんでもないハードでもあるよねーみたいな。トラキアまで出ちゃってますよ!テンション上がりまくり!FE一作もプレイしていない身でも浮き足立っちゃう何かがNewにはある!
というかスパドン全作あって超魔界も出来てタクティクスオウガまで手元で出来ちゃうんだからやっぱ魅力的なハードだなこうしてみると……。人に勧める前にとっとと購入の準備を進めておけよみたいな感じだ。うーむ。でもスイッチでもVCは展開されるだろうしなあ。どうなんでしょうその辺(知らんがな
_____

・レイニーフロッグが『ピクセル ライン DX』、『プランテラ ガーデンライフDXエディション』、『デッドハウス 再生』を発表 “東京インディーフェス”にも出展
https://www.famitsu.com/news/201705/08132585.html

んお!これはインディー系の面白ゲームが出ることが期待できますかね。プランテラはかなり面白かったらしい話は聞いたことがあるのでチェックしておこうかしら。
_____

・空を駆け抜ける感覚が楽しめるハイスピードアクション『Link: The Unleashed Nexus』がPS4で2017年に発売
https://www.famitsu.com/news/201705/08132587.html

これもメディアスケープ案件か。ほとんど知らん東方絡みだけじゃなくこういったゲームを出してくれるのもありがたい話だよなあ。I feel the need for speed……っつーことは常日頃思っているので、そのスピードがいかほどのものか、記憶にとどめておきましょう……。あーあーうー(R4
_____

・ニンテンドースイッチ、東方二次創作ゲームの発売が期待できる
http://ga-m.com/n/nintendo-switch-touhou-game-todr/

東方が出るのかはあんましイメージが湧かないけど、近年の任天堂はDL作品でイカした作品を送り出すことも多くなったり、斬新なゲームを出してくれたりするからそういった方面も期待できますかね…!海外ではそういったイカしたゲームが出てるらしいし(アイザックもスイッチ版が出てるみたい)、良い時代になったもんですな!だからこそもう少しガンガンローカライズして持ってきてくれないかと思うばかりですが……ダメっすかね?
_____

多少短めですが時間切れにつきこれで。気苦労なくゲームがしたいところですねーホントに。

posted by グレイ at 21:45| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

3つのショックが君を襲う!(というか襲われる

エイリアンソルジャー(PS2版)を始めてみました。ビジュアルショック!スピードショック!サウンドショック!3つのショックがプレイヤーに襲いかかる!まさに血沸き肉躍るメガドライバーの魂の一作!ということで、メガドライバーでも何でもないが16bit時代のアクションゲームに飢えに飢えている身としてはその凄さをこの目で見てみるしかなかった。
プレイしてまず思ったのは、難易度が超次元であること。開始1分も経たないうちに最初のボスにぶち殺され、ただひたすらに生き残る道を探してもどうにもならないほどの難しさ。それを乗り越えても次のボスがまー強いったら強い。ヤバいヤバい、これはガチだ。もしかしたら俺が経験したことのないレベルかも……ということで、泣く泣くスーパーイージーモードへの移行を余儀なくされたのであった(どうでもいいがこのゲームはスーパーイージーとスーパーハードしか難易度設定は無い)。しかしスーパーイージーにしてもなお難しい。他のアクションと比べてイージーがイージーと思えない。ハードとベリーハードとしか思えない、難易度設定が斑鳩を彷彿とさせるヤバさだ。
しかしやはり斑鳩を送り出したトレジャーだからか、回を追うごとに、操作が手に馴染むようになり、武器の使い道やボスへの対策を覚えて行くうちに自分の中で何かが目覚めていく。あれほど苦戦した箇所をスパスパと乗り越えられて行けるようになっていく。難易度は高いが無理ってほどではない。理不尽さは一切感じさせない調整された難しさ。敗北を積み重ね攻略法を探り、操作を体得して意のままに動かしまくり倒しまくる。ああ、これだ。自分が望んでいたアクションゲームがそこにある。こういうアツくて何もかもぶち壊せるトライ&エラーアクションがやりたかったんだよ俺は!分かってくれてありがとう……
このゲームの評価点を挙げるのなら先述したその計算されつくされた難しさ、それに加えて3つのショック、つまりはビジュアル、スピード、サウンド、だろう。まずビジュアル。これが凄い。細部まで徹底的に書き込まれ、そして敵もボスも自機もデカく超迫力。それが滑らかに動きまくるのだからもうプレイ中に驚きまくり。ボスの攻撃を見て驚き、「うわーっ!!」だの声を上げること間違いなし。戦いの中でのとんでもなさと手に汗握る死闘の演出にグラフィックが滅茶苦茶に作用している。ボス撃破時の爆発の嵐も素晴らしい限り。
次にスピード。ゲーム自体のテンポが異様なまでに早く雑魚を倒す道中はほとんど無くボス戦に次ぐボス戦の嵐。次から次へと現れるボスとの戦闘のテンポが素晴らしい。それだけじゃなく、対策が分かると道中をスピーディにすっ飛ばせるようになり、ボスもスパスパと倒せるようになっていくのでゲーム自体の展開が非常に速い。超スピードでステージを駆け巡り、ボスをもスピーディに爆殺していく。このテンポの良さがエイリアンソルジャーの特徴なんだろう。
最後にサウンド。トレジャーおなじみの半沢紀夫氏によるアドレナリン出まくりの音楽はやはりゲームを通して聴いてみると凄いね。特に1面曲のRunner/AD2025はあまりにも凄い。激しすぎ。FMでこんなアツい楽曲が出来ちゃうんだなあ……。
といった感じに第一印象はかなり戦々恐々だったけど、ちゃんと理解すれば結果が出るタイプのゲームだと分かったのでしばらくはスーパーイージー攻略を目指して頑張ってみようと思う。ただスーパーイージーですら普通のアクションと比べてもべらぼうに難しいからねえ……。現時点での最高到達地点はカニみたいなやつの後。果たして自分にもクリア出来るゲームなのか。しばらくやってみることにしましょうか……
_____

ラムラーナEXも進行中。これちゃんとゲーム内容を理解すると面白いね。探索アクションというよりはアクションの要素が強めの軽めの謎解き連発ゲーって感じだ。次々とギミックを解きまくりステージ構造を理解して探索しまくる感覚が中々に面白い。謎を解いたときの快感とかが次々とやってくるのだからこりゃ良いゲームだね。難易度はいまいち高いのか低いのか分からんが、少なくとも簡単では無さそうだ。ほほうってな感じ。次に本格的に挑むVitaゲーはこれになるかもしれないなあ。
_____

ティンクルスタースプライツを久々に。なんじゃもんじゃを使用してのレベル8ALLに成功。やっぱりティンクルは面白く、そしてやりがいのある作品でございます。なんじゃもんじゃだとこうして(一応は)ALL出来るのねー。なんじゃもんじゃでは2度目のALL成功なので喜ばしい限り。ひょひょ。そろそろ本格的に女王での攻略に復帰した方が良いのかねえ。
_____

シャンティ1/2でようやく詰まっていた箇所を抜けることが出来た。モンキー状態の時に攻撃が出来るアイテムを取得したはいいが英語が読めんからか(それとも説明された時に見逃したか)方法が全然分からず、加えてそれを使わないと突破出来ない箇所が普通に合ったせいでどうにもこうにもといった感じだったのだが、これで万事大解決。これでようやくシナリオ進められるよ。んでもってカニの攻撃手段も手に入れたので更にステージの探索がそそる!このゲーム、やればやるほど面白くなってくるなあ。さて次はいよいよロッティトップスがメインで活躍するかもしれないししないかもしれないが果たしてどうなるか。見させてもらうとしましょう……
_____

カービィ2も進行中。謎解きの難易度は今んところ普通と言えば普通だが4面で詰まっているので何ともといった感じだろうか。据え置きじゃないからかちょいと小粒感があるね。俺がやってきた数字カービィは据え置きのやつばかりだからなあ……。そして、カービィの能力を削ぐ形での調整は既に今作から始まっていたみたいだ。アクションの鬼桜井御大がいるからそれとは別の方向でカービィの魅力出しましょう、みたいな感じで今作の開発は進められたんかなあ。とはいえ普通にアクションゲームとしても面白いけどね。流石にSDXあたりと比べるとそりゃまあ…SDXの方がアクションとしては面白いけども。
_____

時間切れで、さて明日から普通の日常に逆戻り…ですかね。しかもこれからが忙しくなるみたいなんだよね……。ホントにどうしたもんやら。ゲームしてる時間は果たしてあるのかね……。エイリアンソルジャークリアしたいのはそうなんだけど、中途半端な状態で止まってるアルマジロとかミスティックアークまぼろし劇場なんかもちゃんとやりたいよ。時間が欲しい。でも時間が無い。うー。どうしてこうも行き詰るのか。世の中のゲーマーたちはどうやってゲームする時間を作ってんのかね……。睡眠を削らずにゲームする時間増やすなんてマネは絶対に出来んし……。どうしたもんやら。


posted by グレイ at 21:17| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする