2018年06月02日

生活記録

TOEICの試験があったんでゲームは少なめです。ピンクも当然出来ず。そろそろやらんとヤバいんだけどな…。ピンク以上にたぶんヤバいのがメルヘンメイズだと思うけど……
_____

プチカラットは死んでるプレイが3回に2回にレベルアップしつつある。かなり酷い。きつい。一応どうにかこうにか基礎力自体は上がってはいるのだが、それでも100列超えるプレイが少なすぎてきついなあと強く思う。たぶんまだパターン構築力と単なるプレイング力が足りてない。後者が絶望的なものなので、もはや頼れるものはパターンなわけだけど、下落としが決まってそのまま負けというパターンが多すぎていやーんな感じである。どうすりゃいいんだよ……
_____

時間無い中ライデンファイターズ2やりに津田沼エース行ったらフェアリー召喚でクリアまで行けてしまった。全7面構成だったのねこのゲーム…。オプション召喚してプレイした時にこれボムがミクラスかフェアリーだったらクリア出来そうだなと、想像以上にAllは近いと予想していたのだけどホントに出来るとは思ってなかったのでちょっとびっくり。しかも一回はミスでは無く序盤面(2面)で弾が見えなくて激突事故起こして死んだし……。フェアリーとかオプションが強いのは知ってたけど機体選択次第でここまで楽にできるゲームとは正直思っておらず。初代とJETよりも簡単だったかな…。STGとしてはもう文句の付けどころのない傑作としか言いようがないだろうね(弾が異様に見難いことだけが酷い)。ハイテンション大破壊大暴走STGとしてもう究極の出来といってもいいんじゃないかと。JETが今作を更に洗練させた作品でもあるけれど、勲章システムが激変しているので今作を最高傑作に置く人が居てもおかしくはないかな…。それほど完成度は高いと思う。もうホント面白い。圧倒的な操縦性と稼ぎ要素の数々、アッパーなサウンド、狂気染みた書き込みのグラフィック……。機体選択によっては初心者大安心な難易度になる点も見逃せない(通常機体はいつものセイブ開発らしいかなりの難易度)。こういう作品を名作と言うんでしょうなあ…
んで、とりあえずクリアはしてしまったので次はミクラス、その次はスレイブという感じで攻めていきましょうか。通常機体は正直初代はおろかDXですら歯が立たない自分にやれるのかどうか……
_____

・Switch用ソフト『Super Dodgeball Beats』が海外で発売決定!ドッジボールをテーマにしたリズムゲーム
https://ninten-switch.com/super-dodgeball-beats-switch-ver-announcement

ドッジボールとは一体…
_____

・ダンジョンを探索しアイテム屋を切り盛りする独創的なローグライト「Moonlighter」が遂に発売、ローンチトレーラーも
https://doope.jp/2018/0577187.html

題材的には間違いないものを感じるが……
_____

https://twitter.com/transneko/status/1002496247637217280

翻訳お手伝いしました『シャンティ: ハーフ・ジーニー アルティメット・エディション』(PS4/Switch)がリリースされました! 可愛いキャラと軽快なBGM、多彩なステージが魅力の、プレイすると元気になれるアクションゲームです。過去のDLCもすべて収録という大ボリューム!

どうやらシャンティ1/2国内版のローカライズは新規に実績ある方(オウルボーイとか担当されたらしい)が担当されたようで。TGSで体験した訳よりも改善されてるような気がする。やれば出来るじゃねえかオーイズミ!というかオーイズミがえらいというよりかはローカライズしてくれた方がえらいのだが……。とりあえずこれはもう買うしかないわめ!

posted by グレイ at 19:55| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

生活記録

某洞窟祭りっぽいものに参加して某人にサインをしてもらおうかと思っていたら持ってきたCDを間違えて代わりに無関係の謎のゲーム(N64のロムっぽい雰囲気)にサインをお願いしたところ流石にそんな関係ないものは出来ないよーみたいな雰囲気になり凄まじい気まずさ満載の空気感を味わったところで目が覚めた。これは果たして新手の悪夢に分類しても良いものだろうか……。殺される夢とか焼かれる夢とかに比べて不快感こそないけれど盛大なまでのやっちまった感が色々と辛い。にしても、ケイブ祭りは一回も参加したことないはずなのだが……。というか、改めて書き出してみてもこんなよく分からない夢を見ること自体がもう既に悪夢って感じ。
_____

ピンクスゥイーツは親が帰ってくるのが遅いということで出来ず。夜遅くまでゲームしてたら心配させることになってダメなんす。だからゲームの趣向が携帯機に偏ったという感じなんだけど(布団で出来るから)。
ロックマンクラシックスコレクションでやってる3は何故か大苦戦。思い返せばE缶なりでごり押し出来るのでちゃんと戦術固めてのノーコンテニュークリアとかはやって無いのだった。ボスの体当たりとか結構きついし……。とりあえず弱点武器忘れつつ思いだしつつのジェミニマンステージのカキ氷機にやられたりと相当にグダグダな感じになりつつも、頑張ってます。
中毒パズルレベルスは死にかけ寸前の状況でまだサンダー使わずに頑張り中。黄色パネルを9まで育てたいけれど、育てる場が無さそうなのでこのまま沈没する感じがプンプン。
プチカラットは124列の壁に激突しここで無念の敗北。5回に1回はダメダメというのが3回に1回にレベルアップしつつあって、かなりにいやーんな感じ。いじめないでー。
_____

ケツイは久々にエヴァッカニア来れたが残0ボム1で四苦八苦。というかそもそも縦穴越えた時点で残0でボムも全然ないという状態だったので、ある意味辿り着けたことが奇跡か。結果はアレだけど(蟹第一形態で死亡)、色々と見えてくるものはあってどうにかなるんじゃないかなと。
ガレッガはガイン使って鳥で大事故起こしてもはや捨てゲー寸前なグダグダを発揮したりボール降りてこなかったりで色々悲惨。ランク調整もそのグダグダが響き残4子ブラ6で6面入ったりしてそこから一気に3機ミスでランク下げたりとプレイ内容も結構アレ気味。しかし何とかハート様mk2に入ってスコアもグロウ撃破で1000万行けるかな?という感じまでは来たのだがハート様の機嫌が悪くショッキング死を一回遂げてからオプションが2個すっ飛び、これで機雷を処理できなくて死亡を2回繰り返して負けてしまった。下に下降しての機雷乱射+11WAY(だっけか)は越えたのでたぶんもう少しだったんだけどなー。スコアはこの時点で940万出していたので、鳥が120万というしょぼスコアだったことを考えれば1000万到達でエクステンド出来てたと言う感じか。もう泣きてえ…
ノリで暴走しているライデンファイターズ2はそもそも弾が見えなくて死んだりとグダグダしつつ……(結果は3面?)。オプションよりミクラス、ミクラスよりフェアリーと言う感じっぽい(ミクラスとフェアリーはJETで使ってたんだが)。とりあえずフェアリー出す感じでボスはボム撃っておけばそのうちクリア出来そうなんだけど果たしてどうか。2面で出てくる戦車は驚異的なまでのドリフトを披露していてすげえ面白い。戦車一つにここまでこだわるとかやっぱりセイブ開発って凄いメーカーだったんだなあと思うなど。
ガルーダⅡは早くも嫌気がさしてきて辞めるかどうかの瀬戸際段階。アゲハからタテハに乗り換えつつのやっぱりアゲハが良いらしいことを確認。あとエスプガルーダシリーズは初心者向け(特に初代ガルーダ)と言われるけれど、ゲーム下手向けでは全然ないんだなということを沸々と思うようになるなど。ゲーム下手向きなのはたぶんピンクとかそっちだと思う(弾避け無いし)。弾に関して自分で頑張って避けてねというのが既に辛すぎて、1面の時点で強迫されてるような気分に陥ってるので、色々きつい。この薄ら嫌な感じの印象はどっかで感じたなーと思ったら、最大往生だった。大往生やケツイは自分の中で大きい存在で、矢川は置いといてとしてエスプレイドやぐわんげ、フィーバロン辺りは好きなんだけど、中後期のケイブ作品はとことん合わんのか。
_____

・フリューが新作ゲームのティザーサイトを公開! 名作を手がけたクリエイターたちが放つタイトルは!?
https://www.famitsu.com/news/201806/01158313.html

増子津可燦さんいるし期待しかないね…
_____

・『嘘つき姫と盲目王子』企画・キャラクターデザイン担当者、小田沙耶佳氏インタビュー 「私の“好き”をありったけ詰め込みました」
https://www.famitsu.com/news/201805/31158236.html

値段が値段なだけに様子見してたんだけどこれは値段が落ち着いて来たら買った方が良さそうだな。
_____

・ああ、恥ずかしい・・・やっちまった
http://zerodiv.jugem.jp/?eid=861

ガンバード2は6月後半だにょーというお知らせが。提出はしていたみたいなので、任天堂側の販売戦略とかもあるんかな(ただでさえ毎週年末並みの勢いだし)。問題児ラスボスも修正前と修正後を選べるようにしている辺りちゃんとやってるんやな…としみじみする一方で、これモリガンは入るのかどうかの方が重要じゃないのか。なんとなく入らない気がするけど。
_____

・任天堂から生まれた『超回転 寿司ストライカー』なぜこんなゲームができちゃった!?
https://www.famitsu.com/news/201806/01158187.html

8割方何言ってるか分からねえ……なんやこの人ら……。ヤバいな寿司道。購入予定にはなかったんだがこれは急遽行かざるを得ないかもしれん……。いろんな意味でアツすぎる人が作ってるということは分かったし、開発はインディーズゼロだし何気に今年一番のダークホースに成り得るでぇ……


posted by グレイ at 21:20| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

不意打ち津田沼エース

恒例のように津田沼エース行ってるんだけどいきなりライデンファイターズ2が動いていたりエスプガルーダⅡが稼働したりでビックラコキマロ状態。不意打ちにもほどがある。驚くのはそうなんだけどそれ以上に「何で?」という思いも強かったり…。稼働した理由がマジで謎すぎて分からん……。以前いきなりセクパロが稼働したみたいにノリで稼働させたとかそんなオチじゃないだろうな……。のんきにエミュ台でバトラやってる場合じゃねえ!無くなったのは見た感じ白復活の模様。しかし白復活切ってガルーダⅡ入れるってどういう判断だ…?マニア需要?ガルーダⅡはやろうと思えばレジャラン稲毛(旧ムー大陸)で出来たがこっちは1クレ50円なのでやるとしたらここでかなあ。
ゲームの方はガレッガは置いといてバトラったんだけどまあ調子が酷い。ゴブロボだけ出して2号とカペ死んでただのバトライダーと化したりハート様降臨条件のアレが壊れなかったり。どうにもなりませんな。ガレッガやってた方がたぶん良かった気が……
ライデンファイターズ2はまともにやるのはたぶん初めてに近い状態で(一応Heyで触れたことはある)、オプション降臨させて(条件はJETと同じで良いみたいだ)ミッション2の2番目のステージまで。全部で何面構成か分からんがやっぱりオプション強し。しっかしまあ弾が見難いSTGだこと。ガレッガも見難いけどライデンファイターズシリーズは正直それ以上に見難いことがある気がする。思えばどっちも稼いでヒャッハーSTGだな……。音量が小さめで暴走し辛いのと連射がない(手連が効いてくれるのでこれはこれで良いんだが)のがちょいとマイナスだけど、割とライデンファイターズのSTGにおける暴走のゲーム性(なんじゃそりゃ)は好きなのでちょいちょいやっていきたいなあ。
ガルーダⅡは全然ダメで3ボス止まり。まあ関門の2面を越えられただけでも良しとしたいところだけど…。相対的な難易度はともかく単純な弾の嫌らしさで言えばケイブぶっちぎりの難易度だと思う。弾の飛ばし方だけを見ればピンクの方がよっぽど簡単だよ…と言いたいけどあっちはあっちで初見殺しレーザーのオンパレードなのでどっちもどっち感半端じゃない。大往生ケツイよりもこいつらが出てきた時代の方が難易度間違いなく暴騰してるよね……。
_____

ピンクスゥイーツ残1で7面突入したまでは良くて瞬時に残2で卵突卵1ミスバーン1ミスの残0Allの計画が頭に思い浮かんだまでは完璧だったんだが肝心のエクステンド地帯でまさかのショッキング死亡!結果残0卵突であえなく撃沈。死亡理由は眠かったとか集中力切れてたとか色々あるけどまあそれ以上にビビりすぎ。ビビって弾封じ失敗しているとかそんなんじゃダメっすな。ランクがMAX付近であればタイミング見計らってボム投下で大戦車2体キャタピラ剥ぎ出来そうなんだけどこれは狙う価値があるのかどうなのか。エクステンド1個出しよりかはそりゃ2個出しの方が良い…というか卵が卵なんで……。ただここで下手にパターン変えると下手すりゃ残0というのが恐ろしいし、エクステンド2個出しの参考になりそうなもの(シャスタで)って無さそうなのがなあ……。メイディミディで稼いでる人の動画見てタイミング研究でもするべきかな。
今回の収穫は残2で6面入った場合(3面以降ノーミスで6面入る場合)連射入れないと中ボスその1のミサイルが処理できなくて死ぬみたいだ。普段3面以降どっかでやらかして残0→残1とか残1→残0で6面入るのでまともなパターンで入るとランクがやらかしているとは気が付かず。驚き桃の木。というかもう普通にボム連打した方が良いのかな。
ケツイは4面突入まで完璧で4面でちょいちょいミスする以外は良く出来たのだが5面が終わりすぎてて言葉にならない。エクステンド取る前に死ぬって……
_____

プチカラットは175列付近で痛恨の下落としが決まりあえなく死亡。ビビリーキングここに降臨。あとビビってることに加えて単純に未知の領域なので経験が足りてないのが辛いというべきか。逆に言えばどんなブロック構成かが分かれば行けるんじゃねーのかと。このゲームは10回に1回はこういう傑作風味のプレイになるんだけど、5回に1回ほぼ確実にクソ以下のプレイ(1列で終了して認定不可出したり)で終わることも多くて悲惨。難しいっす。
中毒パズルレベルスは黄色10パネル無事に取得出来たが、だから何なのと言いたくなるような感じにまで陣地崩されていくら何でもここから黄色9パネル作るの無理だろ…みたいな状況。これやれるのか?というかやったところで20万出るのか?
斑鳩に関してはサントラ聴いたりして思いを深めつつ。ノーマル辺りもちょいちょい頑張ってみます。あとポケモンクエストも触れてみたけど触れただけなのでよく分からず。ゲームとしては既に良作だと思うんだけど、ポケモンってついてたら脳が良作判定出す人なんであんまあてにならないかも。
_____

・今週のSwitchダウンロードソフト新作は驚異の14本!『斑鳩』『ポケモンクエスト』からブラック企業と戦うファンタジーRPGまで大量!
http://sinplelove.jp/blog-entry-7336.html

ガンバード2配信されなかったァァァァァ!!!うーん、ゼロディブも出来たらとは言っていたが、出来なかったか……。彩京STGの中では一番期待していたものでもあったのでちょっとショック。早いうちに出てほしい。
ICEYは早いうちに確保せんとと思うし、シャンティも出ちゃったしで買わなきゃいけないものが続々出てきますな。
_____

・来週のSwitchダウンロードソフト新作は現時点で6本!『魔法の女子高生』『サムライディフェンダー』『GEKIDO』『イロ・ヒーロー』など注目作揃い!
http://sinplelove.jp/blog-entry-7337.html

魔法の女子高生が要チェックとしてイロ・ヒーローがダークホースか?システム斑鳩でグラフィックマイルシューって感じだけど……。見た目の雰囲気からしてEastasiasoftが持ってきそうなゲーム感バリバリでEast故にAsiasoftみたいな感じ(意味不明)。とりあえずこれは買おう…
_____

・Atariの新型ゲーム機「Atari VCS」Indiegogoにて予約受付開始。クラシックゲーム100本をプリインストールし、2019年7月出荷予定
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180531-69001/

ミサイルコマンドーとテンペストの表記に思わず満足していたがそれ以上にとんでもないこと書かれてる気がするぞ。
Atari VCSのローンチまでにはAtariのクラシックゲームだけでなく、さまざまなパブリッシャー/デベロッパーと協力し、独占タイトルを含む新作ゲームや、Atari やその他のクラシックゲームのリメイク作品なども提供できるようにするとのこと。その中には、Jeff Minter氏が手がける『Tempest』シリーズ最新作『Tempest 4000』も含まれる。パートナーのフルリストは今後公開されるそうだが、現時点で明かされているスタジオには、『Test Drive Unlimited』や『Gear.Club』で知られるEden Gamesなども名を連ねている。なお、クラウドストレージの利用や特定のサービスについては、サブスクリプション形式で提供するとのこと。
なんか買った方が良いような気がしてきた。
_____

・「ささやかなことをメロディでつぶやいていたい」──『FF』音楽の父・植松伸夫の幼少期から今日までの体験。何を聴き、どう曲を紡ぐのか?
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/180531

相変わらず凄いボリュームのインタビュー。じっくり読まさせていただきます…
_____

・魔界村風の2Dアクションゲーム『Battle Princess Madelyn』のTeaser Trailer「Chapter One」が公開!
https://ninten-switch.com/battle-princess-madelyn-teaser-trailer-chapter-one

むむむ。
_____

・Switch用ソフト『Yomawari(夜廻): The Long Night Collection』が海外で2018年10月に発売決定!
https://ninten-switch.com/yomawari-the-long-night-collection-announcement

なんか日本でもそのうち出そう。
_____

・アクションシューティング『メタルスラッグXX』が高解像化してPS4で配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201805/31158202.html

360版積んでる……。メタスラXXの宣伝ではXを越えた!とかよく言われてるみたいだけど、直接関係ないやろ…と思う。
_____

・『FRAMED Collection』国内外で多数の賞を獲得した、コマを入れ替えて物語を楽しむパズルアドベンチャーがNintendo Switchで発売開始
https://www.famitsu.com/news/201805/31158177.html

なんか面白そう…。ICEYとシャンティとこれとどれを優先すればいいんだ…
_____

・【Q&A】2019年後半発売予定の『ポケットモンスター』シリーズ完全新作のヒントも!? 新作発表会後に行われた質疑応答の中身が気になりすぎる
https://www.famitsu.com/news/201805/31158161.html

Q.『ポケモン Let’s Go!ピカチュウ・Let’s Go!イーブイ』のPVで、最後に“You’ll meet A Special Pokemon”の表記がありましたが、これは新しいポケモンが1匹登場するということでしょうか?

石原 細かいところまで見ていただいて、ありがとうございます(笑)。いままで出ていないまったく新しい1匹が出る、ということになります。
こういうちょっと追加は中々いい判断だと思う。なんだかんだで期待高まってきましたな。


posted by グレイ at 21:23| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

無論、斑鳩を目前に(ry

避けることも逃げることも出来るわけがあるわけないだろということで斑鳩朝一番に即購入。とりあえず大学に出向く前に一回だけプレイしてみたけどこりゃあネシカ版かSteam版をベースにした感じみたいね。プロトタイプがあったし。スイッチ版の最大の特徴でもある携帯モードでは普通にやる分にはちょっと画面構成が小さいか?と思ったがこの辺はちょこちょこ調整が必要か。それ以上にジョイコンアナログスティックがマジのアナログでとてもじゃないが操作出来たもんじゃないと思ったんだかこれは大丈夫なのか……?360版はアナログでも普通に操作できただけに不思議な感じが……。十字ボタンでやる分には問題なしだけど、方向キーや十字キーと操作感覚がえらい異なるのでこっちもこっちで慣れが必要と思われる。本気でやるならプロコンかスティック、軽く遊ぶ分には十字ボタンって感じだろうか。ちゃんとやる分にはこれホリコン待った方が言いかも分からんな……。あと世界と戦う気全然ないのでランキングとか興味もないんだけどこの辺データ転送とか設定でカット出来ないもんだろうか。
移植度自体は非常に高いと思うんだが自分の腕が落ちまくりでチェインの組み方すら忘れてて非常に難儀な出だしになりそうな感触がプンプン。4面で乙とか相当に久しぶりだぜ……。斑鳩イージーなら安定してクリア出来るとか言ってきたけどもはや言ってられないなこりゃ……。これが矢川STGばっかりやるようになってしまった男の末路よ……。

【追記】
無事にイージーノーコンテニューAll成功。十字ボタンの制約や画面が小さいことの制約こそあれどどうにかこうにかまだ脳味噌と手先は覚えていたか。やはりこのゲームは素晴らしい。究極のSTGの一つやね。しかしこれショボい記録でランキング上位に乗ってしまってなんかすげえいやーんな感じ。見ないでー!僕を見ないでー!という感じに……。
移植はどうやらZEREOというところが担当しているみたいだ。んでこのZEREOってところはandroid版斑鳩を作ってたりしたらしい。世の中不思議でいっぱいだ。
_____

今日も疲れによりピンクスゥイーツ出来ず。斑鳩も体力要るゲームだけどこれも相当に体力要るゲームなので結構きつい。汎用知識の使いまわしでどうにかなってくれることだけが救いだけど、サンダークリームの感触とか忘れてるとその後が地獄だったりするのでそろそろちゃんと触れておきたい。エブリなら何とかなるんだがなあ…
プチカラットは軌跡の100列越えで今現在160列付近でまだ継続中(ポーズ取ってスリープモード)。一発ミスったら即死亡しかない極限の状況だけどコレホントに行けるのか?物理的には可能だけどもうこれ無理やてマジで……。でもやっぱり先に進めるようになるとこのゲーム無茶苦茶面白い。基本的にゲーム下手なので中々先には進めないのだが。とりあえず100列越えで少しインターバルあってそこからのインベーダーとハートが壁になるんじゃなかろかというのはなんとなく分かった。やはりこのゲームもインベーダーが敵なのか……
中毒パズルレベルスは痛恨のミスをしでかしてもはや捨てるかどうかの瀬戸際に立たされているのだがそれでも死を覚悟してプレイ中。詰み寸前の状況からどうにか巻き返してきてはいるけれど、これは20万出んな……。
_____

ケツイ地獄絵図。1面で事故死したのが全てを物語ってる。これが地味に苦手な開幕中型機ならまだ妥協のしようがあったんだけど雑魚で[5]繋いでる時に死んだからもう死亡原因すら特定できん。死んだ瞬間「何で?」とか思ったし。こんな有様だったので2面でも死に3面でも死に4面で終了。
ガレッガはミヤモト大暴れプレイのはずが1面で死んだり勲章落とすのを連発してどうにもならず。色々と悲惨。一応ハート様mk2まで来て子ブラ6体だったのでこれは勝てるなとか思っていたのだがまさかのオプション全部画面外飛ばし発動!どうして画面中央で発狂を受けないかねーと思いつつ、オプション無しであいつに勝つのはそりゃ無理だろうと。勲章落としまくっても770万くらい出せたのが印象的。ミヤモトってホント何もしなくても稼げるんだなあ。チッタもそんくらい素の撃ち込み点が欲しかった。
オプションが画面外に飛び出ないバトライダーはあんま進展なし。2面バシで2機落として3面下水突っ込んでやる気ネェーと思っていたら被弾して終了したのが非常にナウな感じでナウが故にナウでナーウ(バトラのボイスで
_____

・ニンテンドースイッチ『ポケモンクエスト』の配信が2018年5月30日からスタート! iOS/Android版の配信は2018年6月末予定【ポケモン新作発表会】
https://www.famitsu.com/news/201805/30158103.html

基本無料でアイテム課金制ィ……。まあ腐っても仕方ないのでどんなもんか買うだけ買ってみることにします。開発ゲームフリークを信じるのです……。
_____

・ニンテンドースイッチ『ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』の詳細情報を公開!【ポケモン新作発表会】
https://www.famitsu.com/news/201805/30158102.html

んで、やっぱりこれでしょうな。ピカチュウ版の変則リメイクということで個人的には結構新鮮な感じ。従来の根本から大きく変えてきているので判断が付かないところも結構あるのだけど、RPGとしてどうなってるかが気がかりですな。Goのシステムを採用しているとなると野生戦がなくなるのでその辺でどうバランス取っていくのか非常に興味深い。後はまあ、思い出を汚すようなことは絶対にしないでくださいってところですかね……。XY以降ポケモンから離れた方が良いんじゃないのかと思い現在も割と離れているのだが、これはちゃんと真面目に追いかけた方が良さそうだ。
_____

・『ポケットモンスター』シリーズ完全新作はニンテンドースイッチ向けに2019年後半発売予定! 『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』とは別に開発中【ポケモン新作発表会】
https://www.famitsu.com/news/201805/30158106.html

増田大明神自らが言ってるということはまあ出来に関しては何をいわんやなところもあるけれどこれどうなんだろうなあ……。ポケモンの数を増やすだけでは絶対に限界が来るとは思っているところにサンムーンのアローラの姿のアイデアは非常に良かっただけにそういうものを期待したいところでもあり、一方でRPGとしてちゃんと練ったものを今のゲームフリークは作れるのかという不安もある。サンムーンはその辺ちゃんとしてただけに今作もそうであってほしいと願うばかりだが……。BW2までの頃のように文句ひとつも言うことも無い傑作!と心から言えるポケモンをもう一度、もう一度やりたいよホント。ゲームフリーク開発陣には頑張っていただきたく云々。
_____

・アケアカNEOGEO『ニンジャコンバット』(Switch、PS4、Xbox One)5月31日より配信決定
https://www.famitsu.com/news/201805/30158126.html

忍者のADK。
_____

・『ロックマン11 運命の歯車!!』の発売日が10月4日に決定! ロックマンのamiiboも同時発売
https://www.famitsu.com/news/201805/30158096.html

10月までに後7作全部クリア出来るかね……
_____

・Switch版『Dungeon Rushers』の国内配信日が5月31日に決定!ターンベースのダンジョン探索RPG
https://ninten-switch.com/dungeon-rushers-switch-ver-jp-20180531-release

むぅん…

posted by グレイ at 20:34| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

生活記録

疲れによりピンク起動すら出来ず。やっぱり一日に7面卵数回辿り着くと色々とぐったりボロボロで……。ホント体力がないって辛いですね……。ゲームを長時間好きなだけプレイし続けられる人がうらやましい。
_____

ケツイは色々あったが何とか蟹まで来ることが出来たが残0ボム1ィ……。4面突入時エクステンドで残5になったのでこれは行けるんじゃねえかと思っていたのだが5面が終わりまくり。特に縦穴後が全く分からへん。縦穴自体は何とか形になってきたのかなという感じなのだが(ボムは撃っている)、その後が全然。蟹はどうにか第2形態まで行けたが今にして思えばよく第2形態まで行けたなと思った。
ノリだけバトライダーも結構形になってきた。記録としては2回やってハート様ハヤテブルントソバット落としのエンヴィー降臨でクリアしたのと、ゴブロボ落としてソバット2ミスしたのと。クソみたいなミス(カペ居るのにゴブロボ降臨条件満たせなかったり、ハート様降臨条件のアレが壊れなかったり、ソバット2ミスしたり)もかなり巻き起こしているのだが、一応形になるところは形になって来てるのでその辺は良いんじゃないかなと。バシもツムジもハヤテもだいぶ様になってきた。バシ2もようやく全ての攻撃パターンを見切ってちゃんと勝てるようになってきた(今まではノリで倒していたので)。後はまあちょいちょいやっていけばノーマル全ボスは行けるんじゃないかなと。難所はエンヴィーなわけだけど怖いのはソバット。ソバット戦の経験が絶望的に足りてないようでそこが結構厳しい。ブルントは意外と気合で回避できる攻撃も多いのに対してソバットはほぼほぼ硬直的パターンなので、強くないけど判断が遅れたりして狂うともう死ぬしかないのが結構凡夫としては…
_____

ロックマンコレクションは3にチャレンジ。何度もクリアしてるゲームなので今更攻略がどうのこうのとはならないけれどまーちょいちょいやっていきます。このクラシックスコレクションにはターボ機能なる処理落ち軽減機能も搭載されているのだが、これで3やってみたら処理落ちが激減してなんか物凄い感動した。あれだけ貧弱だったロックマン3が、最新ハードの力によりこんなにもムキムキに!いやムキムキじゃなくてサクサクなんだけど。技術の進歩って凄いなと思うばかりで何か涙が出てきた。ただ処理落ちしないとそれはそれで難易度上がるので、3のバランスの良さはハードの制約条件とかもあったんかなあと思ったり。
Reverieクリアに到達。最後まで地味という印象がぬぐえず、ローカライズも悪くないけどなんかすげえアレな感じということでこれはオススメできるゲームとは言えないところがあるような……。いや、自分は好きだけどねこういうの。謎解きのバランスといいゲームのボリュームといい非常にハイクオリティだと思うんだが、とにかく地味。珍妙な表現も結構出て来たりする辺りがEastasiasoft。
プチカラットはもう辞めるかどうかの瀬戸際に再び立たされているのだが辞めようと思ったその時には上手いこと行ったプレイ出したりしているのでまだ場数が足りてないなと思うばかり。そもそもブロック崩しのノウハウ無いところから始めてるのでそりゃ詰まるところで詰まるわなという感じ。こればかりは時間をかけていくしないか。最高記録は80列付近でワーストプレイは40列の壁で下に落とすを3連発して終了したりした感じ。
中毒パズルもやっているのだがこれは行けるか?という段階まで来てる感あるけど言ってると遠ざかりそうだからあんまり言わない方が良いかな。
_____

・古代祐三「Early Collection BOX」登場!
https://www.akihabara-beep.com/b2ps/yk2box/

こ…これはッ!!素晴らしい!本当に素晴らしいッ!!既にアクトレイザー2がほぼ確定で、ひょっとするとザナドゥシナリオ2とかも行けたりするんだろうか……でもあれ阿部隆人さんも担当されてるからなあ……。でも入っててほしいな……
_____

・噂:傑作シューティング「Cuphead」の新コンテンツが“E3”でお披露目か、Funkoが示唆的な発言
https://doope.jp/2018/0577150.html

むむっ。
_____

ケイブシューティング史読み終えたが掘り下げが甘いところとかもちょいちょいあったりで更なる洗練されたものを望む気持ちが高まってしまったがこれはどうなんだろう。正直これを5000円で売ろうと思っていたのはすげえ強気な気もするが……。興味深い話とかは無論大量に合ったりしてそこが読めたのは良かったんだけれども…けれども…と言う感じ。虫姫さまが確か2000発弾吐けると言っていたのだけど、ピンクも同じだとはねえ。ピンクがボム無限ということを利用してバーン発狂の全方位弾幕でそんくらい弾出してて、虫姫は光点ずらしによる避けを利用してそんくらい弾出してて。そういうことを考えていくと弾幕STGに対して新たな何かが見えるかもしれない。見えない可能性の方が高い気もするが……。


posted by グレイ at 21:25| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

生活記録

To秋葉原からの大学。気の赴くままに秋葉に赴くというまさに典型的ボンクラ大学生の平日という感じだが無意味に秋葉へ出向いたわけではない。以前ちょいちょい書いたインタビューが乗らない王選手権でベスト30くらいには入りそうな著名クリエイターの矢川忍氏のインタビューが掲載されている「ケイブシューティング史」がグーグルで調べてみたところ、駿河屋秋葉原駅前店にて在庫僅少と出てきたので「ホントだろうね~」とアンガールズ田中ばりの疑念を持ちつつ特攻しに行ったのだった。秋葉に行くのはそれなりなんだけど慣れてる所しか行かない冒険心0男なので駿河屋はほぼ初めて(ゲーム館には入ったことあったような気がするが……)。迷いつつも行ってみたところホントに有ったので即購入と相成った。グーグル信じて良かったーまさにオッケーグーグル。在庫僅少侮れんな(意味不明)。値段はそれなりの値段(約6500円)だったのだが、定価が確か5000円くらいなのでまあこれくらいは必要経費かな。予想の範囲内である。
肝心の中身はまだ全然読んで無いのだが、まーなんというか矢川STGの特集は小さめというかなんというか……。いや、こっちとしてもブリキメカのアートワークが見たかったかと言われると言葉に詰まるもんもあるが……。ただ仮にも自社の歴史本なのにケイブサウンドチームのインタビューがなかったり割とアレなところが多い。内藤那津子嬢とかインタビューされててもおかしくないやろ……
とりあえずエスプレイドの紹介記事では淳哉さんの世界観へのこだわりのようなものが窺えたのでそれが見れただけでもまあ買った意味は少しはあったかなと。読み終えたら何か書くかもしれないので括目して…待たんでええです。しっかしケイブSTGというよりも矢川目当てでこの本買ってるので読者層の中では相当な場違い感が……。いや、大往生とかケツイとかフィーバロンとかエスプレイドとかぐわんげとか首領蜂とかも好きだけどね。でもその好きなタイトルが一般のケイブ好きとは微妙に離れてるのがね…
___

大学に戻るので秋葉に来たもののプレイしたゲームは最小限。最小限といってもピンク2回やっちゃってそれが最終盤まで来ちゃったからその2本だけで1時間半くらいかかってるんだけどね……。

・ピンクスゥイーツ
2回やって2回フリーズ回避して7面卵突入成功。1回は7面卵で全機消滅で辛酸を嘗めたがもう一方はバーンへ突入成功!が…ダメッ…!バーン最終形態の最初の攻撃でビック死発動で即死だった。内訳は「はっはっは、どうしたどうしたァ!!(バーン屈折レーザー乱射)→うぉおー屈折レーザーかー(マーマ!キャー!)→あれ、俺死んでる……」こんな感じ。豆腐メンタルここに極まれり。エブリ設定ならとりあえずクリアは射程圏内に捉えられていることは確認できた。何気にアーケードで7面卵勝ったの初めてだし。Heyに来た時ふらっとやったらそのうちACで1周出来るだろう。エブリ100万なら結構行けるんだけどなあ……。

・鋳薔薇黒
ランク云々の前にゲーム内容理解出来てなさすぎ。やたら弾が多すぎ&当たり判定分からな過ぎで色々と辛い。当たり判定なんて小さければいいってもんじゃねーと思うんだが……。死ぬ場面が確定的に死ぬのかそうでないのかの区別がつかな過ぎでそもそもどう取り組めばいいかすら見えてこない。いやーんな感じ。黒じゃなくて無印鋳薔薇がやりてえよ…

・バトライダー
ベストプレイはショーティBにて最終面突撃成功。最終面が分からな過ぎてそのまま死んだけどこれはそう遠くないうちにクリア出来るんじゃねえかと思えてきた。CよりBが良いらしいが、Bの場合ショットパワーアップをしてないとうっかり事故死が起こりかねないみたいなのでそこだけ注意かな。6面道中は意外とランクが低ければというか見えればどうにかなるのかなという気が。ボールの機嫌次第なところもあるが……。ただGRUBBYに対してボム4発撃って終わらせたのであいつのパターンが何一つ分かっていないのがどう響くか。というか改めて見返すとボム4発撃って終わらせたって酷いな……

・ゲイングランド
予想外の稼働に胸を膨らませてプレイ。2回やって1-6と1-3。こりゃあ完全な学習型STGだね。ルールが把握できてないのでこの辺での死亡は致し方なしというべきか。なにせ「キャラ助けたのに使えるようになってねー!(キャラつれて脱出していない)」「ジョニ男死んで助けたのに使えるようになってねーぞ!(こちらも脱出していなかった)」みたいな感じの典型的初心者以下プレイだったので……。インスト読んでプレイしろよ……。ただちょこちょこ動かして狙い撃つ快感は相当のものだし、やはり音楽素晴らしい。ただゲーセンでプレイするとなるといくら消し飛ぶかが知れたもんじゃないので、やるとしたらスイッチ版だなこりゃ。
というわけで、M2様にはなるたけ早くゲイングランドを出していただきたく思います。ありがとらのこいましたをこの目で見てみたいよ……
_____

家のピンクはどうにかこうにか7面卵まで来たがここで全滅ェ……。マジできついしホント卵終わっとる。あと試験的に6ボスのパターンを変えて第3形態をボムらずに倒す方法を模索中。なのだが最初の青弾幕+破壊可能弾幕のコンボが既に回避不可能でどうにもならない感じ。回転弾幕のリバース設置回避は自分でも出来たのだが成功率を考えるとこれもなー。安定させるまではとりあえず本編ではボム連打だな。ピンクプレイヤーは何事もなかったようにノヴァ第3形態の攻撃回避してるけどやっぱアレって血反吐吐くような努力か才能が成し得たものなんだなー。どっちも著しく欠けてる自分には回避不能ってか。
_____

ケツイ3ボスまで大体計画通りで3ボスで謎死亡を遂げてから崩れまくり。一応5面には入ったけれど入っただけでどうにもならない!1UP出す直前で死んだりしているのでもうヘボヘボ。縦穴直前で殉職。
ガレッガがチッタで出陣して稼ぎ無しで400万程度でハート様mk2に突っ込み(子ブラは確か7か8か)ワインダー回避に失敗したりしつつもどうにか残0で撃破に成功し久しぶりのグロウスクイード戦に。これでもう勝ったも同然だろうとその時は思っていた。思っていたのだが……。第2形態終盤で異変が。というのもグロウスクイードが急遽帰宅体制に入ってしまったのだ!いきなり全ての砲台を全開にして超弾幕を放ってくる恐怖!というか最初は何が起こったのか理解が出来なくて笑うしかなかった。帰宅に入った瞬間に携帯移動が起こったが帰宅攻撃回避できなくてここで無念の敗退。
ていうか、なんで?いくらチッタが火力無いといっても流石に時間切れ帰宅起こるほど火力が無いとは思えないが……。まさか今回レーザーを多く引いたり赤弾引いたりオプ3で戦ってたりしたのが響いたか?レーザー避けるのに大きく切り返したりしていたけど、あれがまさか本体に全然ダメージ通って無かったとか……
_____

プチカラットは40列の壁で斜め撃ち3プレイ連続でしくじってやる気大消失というよりも今日はもうだめだと思うなど。
Reverieの方に切り替えておそらくラストダンジョンまで進行した。ゲームとしては非常に面白いと言い切っていいと思うんだが、とにかく地味というのが……。あとボス(ラスボス?)の名前が(記憶が割とあやふやだが)「伝説の釣り」というのはこれはEastasiasoft恒例のトンチキ翻訳なのかネタでやってるのかそれともマジなのか全く分からん。心霊現象かもしれん。うーむ。
_____

・『Sa・Ga』三部作の映像付きサントラが8月8日発売、音楽と映像で思い出がよみがえる
https://www.famitsu.com/news/201805/28158013.html

うわーこれは欲しい。これでロマサガ版(特に3)とか出ちゃったらおいちゃん泣いちゃうよ……
_____

・Nintendo Switch用ソフト『わくわくスイーツ あまい おかしが できるかな?』が2018年8月9日に発売決定!
https://ninten-switch.com/wakuwaku-sweets-dekirukana-announcement

わ、わくわくスゥイーツ……。女の子の”なりたい職業ランキング” で1位に入るのが「お菓子屋さん」とか、そうなのか……。



posted by グレイ at 21:29| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする